2017年2月 2日 (木)

トマト鍋の副菜*長芋と桜エビのチーズグリルなど

170122_04

トップに鍋画像3連投、しつこくてごめーん(笑
 

時々、外のスタジオで一仕事終えて帰る途中、『太陽のトマト麺』を食べに行きます。

最初は、おいしいけど感動するほどではないかな?なんて思ったのですが(ゴメンナサイ)、後からじわじわ「身体が喜んでる気がする〜!」という満足感。疲れた身体がスッキリするので妙に癖になってしまい、また食べに行きたくなります。

ニンニクやトマトのパワーもありつつ、鶏ガラや野菜の素材の美味しさなんでしょうか?
洋風じゃなくて、ラーメンに合う感じもちゃんとあるのがいい。

私はあさり入りのトマトラーメンを毎回決まって頼むのですが、そんなわけで、トマト鍋を作るときは、太陽のトマト麺を妄想しながら作ってしまいます。(笑

じっくり鶏ガラのだしをとることはそうそうないのですが、あさりや魚醤を入れたりするのがちょっとこだわり。
この前日はあさり300g酒蒸しにした蒸し汁があったので、それを使いました。

今度は魚貝メインの、洋風ブイヤベースにするのもいいねー。

 

 

170122_02  

そんなトマト鍋の副菜に作るのが、長芋とチーズのソテー。
この日はカマンベールと桜エビをのっけました。

桜エビは酒少々で湿らせてフライパンでちょっと乾煎りして取り出します。
1.2cmぐらいに切った長芋に塩コショウしてオイルで焼き、柚子胡椒を溶いた醤油を少しかけます。
その上にカマンベールと桜エビをのせて黒胡椒をかけ、グリルかオーブンでちょっと焼くか、フライパンの蓋をして蒸し焼きにし、カマンベールが少し溶けてきたらできあがり。

チーズは普通のチーズにして、柚子胡椒はお好みでなくても。

めっちゃ古い記事にも、「長芋とカマンベール」がありました。
そら豆が安く出回ったら、また作ります〜。

 

 

170122_03

もう一品、よく作る定番の副菜。

セロリとリンゴのサラダです。この日はヨーグルトドレッシングで。

マヨネーズとヨーグルトで簡単に作る時もあるんだけど、オイルと粒マスタードであっさり作るこっちの方が好きかな。
くるみ入れ忘れたし、セロリを分厚く切りすぎたけど、とりあえずレシピメモ
 

★レシピメモ 

セロリ1本とリンゴ1/2個は食べやすく5〜6mm厚さに切る。
くるみがあれば粗みじんで適量用意。
ヨーグルトドレッシング(ヨーグルト大さじ2、リンゴ酢大さじ1/2、粒マスタード小さじ1、はちみつ小さじ1/2(なくてもOK)、オリーブオイル大さじ1、塩ひとつまみ、こしょう適宜)をよく混ぜて、食べる前に和える。
(*ヨーグルトは、余分な乳清をのぞく)

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

塩豚のポトフ

 

161210_01

我が家でポトフといえば、豚肩ロースで塩豚を作って煮る塩豚のポトフばかり。

いろいろ根菜集めて、たっぷり食べます。


 

塩豚は、豚肉をフォークで刺して、塩をよく刷り混んでペーパータオルで巻き、さらにラップで包んで3〜4日冷蔵庫で寝かせてます。
ペーパータオルは毎日取り替えて。

肉は洗って圧力鍋でかぶるくらいの水と酒を少し入れ、15分高圧で加圧して自然放置。
生姜やネギの青いところを入れたり、もしくはローリエを入れたりしています。

肉は煮汁に入れたまま一度冷やして(ベランダで)、浮いた脂をとりのぞきます。
ポトフやスープにするなら、昆布を加えて野菜を煮て、塩や少しの薄口醤油などで味を調えています。コンソメ要らず。

 

塩の濃度は2.5〜3%くらいが3日で熟成させやすく、ペーパータオルを取り替えるなら、塩抜きもほぼしなくていいくらいで好みに仕上がります。

3%だと500gの肉に対して天然塩大さじ1が目安。

スープをアレンジしたいなら、薄味の2.5%にするときも。
これだと塩ぬき不要で、野菜たっぷりならスープにも塩を加えるくらい。

2.5%なら、肉100gに対して小さじ1/2だから、肉の重さに応じて計算しやすいかもね。

 

 

161210_02

この日のジャガイモは、北海道産の「デストロイヤー」という品種。
皮は赤紫系で中は黄色。ねっとりしていて甘みがあります。
これはそこそこ煮崩れもしにくいし、煮物にいいね。私はすごく好き。

 

実はこれ、12月に食べたポトフの画像で、昨日も塩豚で大根を煮たところ。

今日は半分残った塩豚で、白菜のクリーム煮にしようかなって思ってます。
器も温めて、あったかいのを盛ってあげようね。

私はやけどしそうな熱いのが好きなんだけど、ポトフはそうはいかない。
猫舌オットにはちょうどいいみたい 笑

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

スペアリブと白いんげん豆のトマト煮込み

 

161121_10  

11月の終わりくらいから、冷凍庫整理を兼ねて冷凍した食品を消化していました。

一番かさばっていたのは茹でた白いんげん豆。
大きくて上質な豆でしたが、これに今回合わせたかったのはスペアリブ!

豆と一緒に煮るのは、ベーコンをちょっと入れたくらいじゃ物足りない。
パンチのあるお肉の方が好きです!

 

 

161121_09

大豆なんかは浸した水で茹でるって教わった気がしますが、人や豆(料理)によって、豆のゆで方も違いますね。

これは一晩水に浸してから、その水を捨てて、新しい水とつぶしたにんにく、ローリエで下茹でしたもの。その代わりにゆでこぼしなしの丸山久美さん流。

豆の煮汁も少し使いました。

とりあえずのメ備忘録レシピですが

 → ★recipe スペアリブと白いんげん豆のトマト煮

 

 

 

161121_08

副菜のサラダは白菜とりんごのサラダ。

リンゴ酢とEXVオリーブオイルのドレッシングにマヨネーズと粒マスタード入り。

 

 

161121_07

 

<11月のある日の晩ごはん>

りんごと白菜のサラダ
アンチョビポテト(長芋だったかも:汗)
スペアリブと白いんげん豆のトマト煮

 

写真に写っているワイングラス、リーデルのヴィノムシリーズのもので、確か8個買ったの。

でも昨日、ついに残りが1個になってしまいました。 (´Д⊂グスン

この数年間でオットが4個で、私が2個、1個はどちらか不明な感じで割ったわけですが、いづれも酔っ払って倒したとかじゃないんですよね。

私の場合は、グラスを拭いていて、いきなりステムからボウル部分をもぎとっちゃったんですよ。バキッて。

昨日なんかは、手を入れて拭こうとして、パリン。
割れたっていうか、裂けた。

どんだけ怪力?

クリスマスには、安くてもっと丈夫で、ガサツな我が家に耐えられるグラスを自分にプレゼントしようと思います。

 

何がいいかなぁ。。。 

 

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月 8日 (木)

牡蛎とかぶのグラタンと献立

 

161125_01

<11月25日の晩ごはん>

春菊とりんごのサラダ
牡蛎とかぶのグラタン
ローズマリー風味のサツマイモのグリル
ポークウィンナー入りミネストローネ
 

 

今年2度目の牡蛎でしたが、グラタンにしてみました!
そして悩ましいグラタンの日の献立。

 

まずはシチューやクリームものにぴったりな、うちの冬定番のサラダから。

 

161125_03  

「晩酌ごはん本」にも掲載の春菊とりんごのサラダです。

レーズンとりんごとビネガーと、甘さや酸味が層になって感じられる大好きなサラダ。
乾煎りしたクルミの香ばしさもたまりません。

 

 

161125_02

蒸したサツマイモを焼いたのが美味しかったので、今度は直接グリルパンで焼いてみました。

水にさらしてから、塩こしょうとオリーブオイルをまぶして、ローズマリーと水を少しだけふりかけ、グリルパンの蓋をして蒸し焼きに。

魚焼きグリルで7分くらいだったかな?

すごーくホッコリおいしく焼けたんですが、もう少し水をふってもよかったかも?
私、のどがつまりそうになるホッコリしたものが苦手でー。
もっとオイルをたっぷりかければ良かったかな。

決して水っぽい芋やカボチャが好きなわけではないんですが、なんていうか、、、。
うーん、水分がないと死にそうになるっていうか(笑

パンの代わりに焼いたんですが、よく考えたら、この日私は自宅で仕事をしていて、オットにパンを買ってきてくれってラインで送っていたのを忘れてました。

せっかくなのでパンもちょっと焼き、しかも、残り物野菜のミネストローネに、残っていたイマイチなパスタを入れちゃったので、めっちゃ糖質オンの晩ごはん(^-^;

 

 

161125_04

久しぶりに作ったグラタンは美味しかった!

焼いたかぶの甘さと牡蛎の旨味に、サラダで使わなかった春菊の茎を茹でて入れたのがちょうどよかったんです。

ホワイトソースはいろんな作り方してたけど、しょうこさんちのたかシェフのホワイトソースを見て感動してからは、時間が許すときは基本に忠実に真似をしています。

レシピだけでは、あんなに長く丁寧に炒めることがわからなかった。
動画、ありがたいなぁ。

そうそう真似できないんですけど、なめらかなホワイトソースが美味しくて満足でした。

 

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 

 

Bansyakugohan_3

  Tomyの晩酌ごはん(文化出版局)発売中。 

  
  → amazon   

  
  → 楽天

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

ビーツとさつまいものゴルゴンゾーラグラタン

 

前記事から数日後、残ったビーツでつくったのがこちら。

 
 

161022_02b  
クルミ入れ忘れちゃった〜(涙
食べる時にはフライパンで炒ったくるみをのせました。絶対クルミはあった方がイイ!

ビーツは蒸したのを冷蔵庫で保存してたもの。
この日はさつまいもを水にさらしてから蒸して、ビーツと一緒に塩コショウ。
バターをぬった耐熱皿に入れて、クルミをのせ(忘れたけど)、
生クリームと、ゴルゴンゾーラチーズをちぎってかけ、オーブンで焼いてできあがり。

ゴルゴンゾーラはケチらずにもっと使えばよかった(^^;
下にソースがたまっているので、それに絡めていただきます。

やさしい甘さとチーズの塩気が美味しいーーー!

さつまいもだけはレンジ調理が美味しくないので、必ず蒸してます。
きっと缶詰のビーツでも、これなら美味しく食べられると思うんだけどなー。

 

ちなみにこれまでアップしたビーツの登場の記事はこちら。

蒸したビーツとワインのおとも

ホタテとビーツと春カブのサラダ

サフラン風味の白菜のポタージュとムニエル

スモークビンチョウのたたきとグリル野菜



 

22時の遅い晩ごはんには簡単で大助かりだったけど、もしかしてけっこうな糖質???
(でも芋はOKにしているの)

 

 
 
 

161022_01    

<10月のある日の晩ごはん>

豚バラとキャベツのトマトソース煮
ビーツとさつまいものゴルゴンゾーラグラタン 

 
 

時間がなかったので、冷凍してたバラ肉とトマトソースで簡単な晩ごはん。

でもワインは1本空いた(笑


 
 
 

*****

 

先日、買い物忘れのための防止策として教えていただいたボイスメモですが、、、
できましたよ!ボイスメモ。
でも、店ではiphoneを見るのを忘れてしまいました(汗

買い忘れたのは鍋をするためのカセットコンロのガスボンべ。

翌日、「今日こそは!」と朝のうちは思っていたのですが、、、
帰りに店に寄るのを忘れてしまいました。

ダメな私。。。


 


見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月26日 (土)

ビーツのマリネ

161019_01

<10月のある日の晩ごはん>

ベビーリーフとパプリカのサラダ 粒マスタードドレッシング
グレープフルーツとビーツのマリネ
豚ヒレ肉のポルチーニクリームソース

 

 

ビーツってご存知ですか?

ロシア料理のボルシチに入っていたりする、あの赤い色の素で、蕪のような形をした赤い根菜です。
水煮の缶詰が一般的かな。
信州あたりの道の駅でときどき(生のものを)買ったこともあるんですが、最近は近所の駅ビルの青果店でも取り扱ってくれるようになりました。

大きさはいろいろで、私が買ったのはとても大きい直径15cmくらいのもの。
硬い野菜で、皮ごと茹でる下処理だと1時間は煮ないといけない気がしたので、大きい一口大に切って塩を少しまぶし、圧力鍋で10分ほど高圧で蒸したらちょうどでした。

皮は剥いてから蒸したんですが、後から簡単にむけるので、そのまま切って蒸してもよかったかも。
用途によりますが、蒸した後すぐに酢をまぶしておけば、翌日以降も幾分色がきれいかもしれません。

 

 

 

161019_02  

近所のお店で、ビーツと黄桃のマリネを食べておいしくて、他にグレープフルーツとビネガーでサラダにしてもいいですよと教えてもらったので、さっそく合わせてみました。

シンプルにワインビネガーとオリーブオイル、グレープフルーツの果汁と塩こしょう。

最初は美味しいって食べてたんですが、この組み合わせだったら、量は少しで良かったと思いました。

グレープフルーツとビネガーの酸味が、ビーツの甘さを感じさせるけど、特有の土っぽい感じをけっこう際立たせちゃうので、それが好きじゃない方は苦手に感じるかも。
少しなら平気だと思うけどな…。

 

 

161027_01

ということで、ビーツは甘みのあるフルーツと合わせる方が私は好きみたいで、、、

数日後、柿と合わせてみました!

塩をふったビーツに、バルサミコ酢とオリーブオイル、黒コショウ、そして柿を合わせてマリネ。リンゴ酢でもよかったかも。

やっぱりこっちの方が好きだなー。美味しい!

 

 

161027_02

 

お店で食べた黄桃との組み合わせも良かったけど、柿とビーツの優しい甘さがいい。
ビーツの旬は梅雨時と11月〜12月らしいので、出会いものですね。

これからなら、薄く切って、りんごと合わせるのもいいかも。
マヨネーズとリンゴ酢でサラダにしてみたいなぁ。
妄想が止まらない。。。

 

そしてビーツの残り最後は、、、
遊びに行く時間になっちゃったので、また次の記事で!

 

皆様もよい週末をー。

 

 

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月11日 (金)

秋刀魚のソテーとワインの晩ごはん

 

やっぱり数年前と比べると、今年の秋刀魚もちょっと小さい気がするね。
去年より価格が落ち着いてたようだけど。

オットも私も塩焼き大好きだから、飽きるほど食べないとあまりアレンジできない。

それでも晩酌ごはん本にも載せた酢味噌焼きとか、このソテーも食べました。

 

161007_01_2

<10月のある日の晩ごはん>

柿とマスカルポーネと生ハム
ほうれん草ときのこのケークサレ
秋刀魚のソテー バルサミコ酢のソース
バターナッツカボチャのバターソテー
しめじとパプリカのガーリックソテー

マフィン型のケークサレは、友人が焼いてくれたいただきもの。
実はおなかが減っていて、ごはんを作りつつワインをちびちびやりながら、既に1個食べているという。けっこうおなかいっぱいになるね。

秋刀魚との強引な献立(笑

カロリーさえ気にならなければ、自分でもいろいろ焼いてみたくなっちゃう。
最近バゲットさえも控えているけど、ホントは粉もの大好物。

 

 
 

161007_03 

マスカルポーネをサンドした柿と生ハム。

  
 
 

 

161007_04_2

バターナッツカボチャをバターと塩で焼くだけで、とろっと美味しい!

水分のないホコホコのカボチャや芋は苦手だけど、油と水分が入れば大丈夫。
バターナッツは水分たっぷりかぼちゃだから、バターだけね。

やっぱり美味しいもんは脂肪と糖でできてるんかなー。

 

秋刀魚は3枚おろしに塩胡椒して、薄く小麦粉つけてオイルでやきました。

バルサミコ酢にみりんと、少しだけ醤油を加えて煮詰めたソースを添えました。

 

塩をした秋刀魚を軽く燻製(7〜8分)した「瞬間燻製した秋刀魚」がすごーく美味しくて大好きなんだけど、今年はまだやってなかったわ。

焼き物一通り食べたら、梅煮とコチュジャン煮を作る予定。

私の秋刀魚BEST5はこちら


  



見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 


 

Bansyakugohan_3

  Tomyの晩酌ごはん(文化出版局)発売中。 

  
  → amazon   

  
  → 楽天

 

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

友人を招いて晩ごはん

 

久しぶりにいろんな友人と会って食事をしたり、イベントもあって楽しかった10月が終わり。
若干放心気味だけど、弁当画像も仕事もたまりまくり。
頑張ろう〜〜。

そんな10月半ばの晩ごはん。
この日はお土産を買ってきてくれた友人を招いたのでした。

 

161011_01

<10月のある日のぷちおもてなし晩ごはん>

柿と生ハムとくるみとベビーリーフのサラダ
秋の吹き寄せチップス
バゲット
秋鮭ときのこのガーリックバター醤油のソテー
トマトの肉詰めと万願寺唐辛子のグリル
バターナッツかぼちゃのプリン
コーヒー

 

前夜に決まったぷちおもてなし。
気心の知れた友人なので気張ったものはなく、いつものごはんにちょっとプラス。

野菜が高くて、作りたいものが限られたけど、秋の演出で吹き寄せを揚げてみました。
さつまいも、レンコン、かぼちゃ、にんじん。

 

161011_04

柿とクレソンのサラダの予定だったけど、スーパーの目玉商品だったベビーリーフに。

バルサミコ酢とリンゴ酢を各1:EXVオリーブオイル4、塩、コショウのシンプルドレッシング。
リンゴ酢の代わりにレモンでもいいけど、柿にはリンゴ酢の方が好み。

香ばしく乾煎りしたくるみも加えました。

 

 

161011_02

きっとサンマは食べてるだろうなぁと思ったので、秋鮭でガーリックバター醤油のソテー。
正解!たっぷりパセリと数種のきのこです。

これは材料準備して、到着する前に作ったもの。

後が控えているので、女子は2/3切れにしました。

 

161011_05

で、こっちは先日アップしたトマトの肉詰めグリル

トマトもチーズも焼けて、でもトマトがぐずぐずにならないフレッシュさもあっていい感じ!
見た目よりもさっぱりした感じで、意外にペロリと平らげてしまいます。
彼女にも喜んでいただけました。

最初に見せたくて到着直前に焼いたけど、詰めておいて、食べ始めるときに焼けばちょうどアツアツを出すことができます。
  

 

そしてさらに先日アップしたバターナッツかぼちゃのプリンもしっかり食べて、満腹。

 

お持たせには栗おこわを。

たくさんお土産いただいて、いろんな話もできて、気持ち良く酔っ払ってご機嫌でした!
いつもありがとう〜。 

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

トマトの肉詰め

 

トマトのシーズンは終わっていますが、
普段のご飯からおもてなしまで、オールシーズン作りたいトマトの肉詰め。

夏から秋にかけて、3回くらい作ったかも…

 

160825_01  

<だいぶ前のある日の晩ごはん>

生ハムいちじく
キャロットラペ
かぼちゃサラダ
ズッキーニ(とベーコン?)のスパニッシュオムレツ (←忘れてしまった)
トマトの肉詰めグリル
くるみとラズベリー入りのパン

 

ラベとかぼちゃサラダは作り置きというか残り物。

メイン皿のふた品をこの日は作りました。

 
 
 
 
 

160825_02

以前も作ったことがあるんですが、少しづつ変えて何度か作ってきたトマトの肉詰め。
汁気のないミートソース状の肉だねを詰めて、チーズやパン粉をかけて焼いたもの。

中の肉だねを食べやすくしたくて、肉を加熱しないで入れて焼いたり、マッシュポテトを混ぜたりしたこともありました。

でも煮込みとは違って、適度にトマトのフレッシュさも残したい。
ということで、また加熱した肉だねを入れて、簡単にチーズをかけて焼く形に落ち着いています。

そんなトマトの肉詰め とりあえずの備忘録。 

 

<材料と作り方メモ>

トマト中玉(完熟でないものでいい)……2個
合挽き肉……120g
玉ねぎみじん切り……1/4個分
にんにくみじん切り……1/2片
パン粉……大さじ2
ワイン……大さじ1
中濃ソース……大さじ1
ナツメグ……適量
オレガノ……適量
オリーブオイル……適量
チーズ……適量
塩、こしょう……適量

 

トマトのへたから1cmくらいのところでカットして中をくりぬき、中身は粗みじんに切る
(出た汁気もとっておき、後で中身と一緒に加える)。
大きいフライパンにオリーブオイルでにんにくを熱し、香りがたったら玉ねぎを炒める。
合挽き肉と塩こしょう少々、ナツメグを加えてさらに炒める。
トマトの中身、ワイン、中濃ソースを加えて、汁気がなくなるまで煮詰める。
パン粉、オレガノをふってさらに炒め、塩でやや濃いめに味を整え、火からおろして少し冷ます。
トマトの中に汁気がたまっていたらのぞき、肉だねをしっかり詰める。
耐熱皿にのせてチーズをこんもりのせ、220度くらいのオーブンで10分ほど焼く。
(トースターでもOK)
トマトのふたは途中で加えて焼くくらいでいい。

*写真はちょっと焼きが浅いので、もう少し焼いたくらいがいい感じ。

 

 

で、これをお友達にも食べてもらったという話はこの次の次くらいで。。。


 


 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!


 


 

Bansyakugohan_3

  Tomyの晩酌ごはん(文化出版局)発売中。 

  
  → amazon   

  
  → 楽天

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

自家製オイルサーディンで その2

 

160913_05

  <9月のある日の晩ごはん>

  • パプリカとベビーリーフのサラダ
  • 海老としめじのソテー
  • ナスとオイルサーディンのトマトソースのグリル
  • バゲット
  • デザートにドライフィグのワイン煮マスカルポーネ添え

 

前記事から数日後、作り置いたオイルサーディンの残りでまたしてもワインを飲んだ夜。

 

 

 

160913_01

なすを塩水に浸してからサーディンのオイルで炒め、温めたサーディンと器に盛りました。

この時点では、ネギとポン酢をかけて食べるつもりだったのですが、ここでオットから電話。
「カイザーの前を通るけど、バゲットいる?」と。

「いるいる!」と言って電話を切り、急遽サーディンはパンに合わせてトマトソース味に変更することに。

 

160913_04

小分けに冷凍しておいたトマトソースを使って、チーズと一緒に焼きました。

こんなチーズとトマトのアツアツメニューは一年中食べたいけど、なすの季節が終わったら、レンコンや根菜なんかと一緒に焼いてもいいですよね。

 

 

160913_02

サイドメニューにはサラダ。それから海老としめじのソテー。

500円のスキレットを買ってみたの。
だからコンフィにしたかったんですが、オリーブオイルがもったいなくて、結局ソテーに(笑

ニンニクと赤唐菓子を入れたオイルでそれぞれソテーしてから合わせ、白ワイン少々。
ベランダのパセリを枯らしてしまったので、ドライですませちゃいました。
コンフィでなくても十分満足でしたが、パセリは惜しかったなー。

 

 

160913_03

デザートというか、食後にもまだワインを飲むおつまみというか…。

冷蔵庫ですっかり忘れさられていたセミドライの白いちじくを発見して、ちょうど使いたかった甘口のワインがあったので、ワインと水と少量の砂糖、それにシナモン、クローブで煮て、仕上げにレモン汁を加えたワイン煮にしました。
冷やしてマスカルポーネも添えて。

その甘口のワイン、義父が旅行先のワイナリーからワインを送ってくれたのです。

どんなのがいいかって聞かれたので、
「辛口のワインね!辛口だよ。辛口のワインってお店の人に聞いてみてね!」と、
シツコクお願いしてのですが、甘口のワインが届いちゃいまして…(笑

ダークチェリーをコンポートにしたり、フィグを煮たりするにはちょうどよく、デザートになりました。

 

普段あまりデザートやお菓子を作らない私ですが、この連休はプリンも作ったり。

みなさんもよいお休みをー!

 

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧