2017年2月10日 (金)

ちぢみ小松菜 ちぢみほうれん草

 

冬のほうれん草は、ちぢみほうれん草ばかり好んで買っています。

霜にあたらないとあの糖度が出ないらしいけど、特に1月〜2月のちぢみほうれん草は甘くて美味しい。

普段は小松菜の方が食卓に並ぶ回数が多いのだけど、この季節はちぢみほうれん草の方が断然多いのです。

そんなとき、ちぢみ小松菜も見つけました。

 

 

170120_01

少し生で食べたけど、柔らかでアクがなくて美味しいっ。

煮る予定を変更して、ベーコンとニンニクでさっと炒めるだけの一品にしました。

酒を少しふったけど、塩こしょうだけ。
美味しかったよ〜。

21時の帰宅だったので、まずはこれとビールでとりあえず乾杯。
あとは飲みながら、残りの料理を作るというパターンです。

青菜炒めは、冬が一番美味しいとりあえずの一品。

 

 

 

170123_04

もちろん、ちぢみほうれん草も毎週食べてます。

和え物以外にも、これはひよこ豆とプルーン(セミドライ)と合わせたサラダ。
プルーンの甘さだけでなく、さっと茹でただけの、茎がしっかり食感で甘いっ。

 

170208_01

先日の休日には、玉ねぎとちぢみほうれん草のカレー。しっとりチキンソテーのっけ。

炒めた玉ねぎを、大好きな『印度の味』と水で煮て、仕上げにさっと下茹でしたちぢみほうれん草を加えてます。

お正月あけの朝食カレートーストでも作ったけど、カレーに負けないちぢみほうれん草の味わいと食感。好きだなぁ。。。

 

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

ビーツとさつまいものゴルゴンゾーラグラタン

 

前記事から数日後、残ったビーツでつくったのがこちら。

 
 

161022_02b  
クルミ入れ忘れちゃった〜(涙
食べる時にはフライパンで炒ったくるみをのせました。絶対クルミはあった方がイイ!

ビーツは蒸したのを冷蔵庫で保存してたもの。
この日はさつまいもを水にさらしてから蒸して、ビーツと一緒に塩コショウ。
バターをぬった耐熱皿に入れて、クルミをのせ(忘れたけど)、
生クリームと、ゴルゴンゾーラチーズをちぎってかけ、オーブンで焼いてできあがり。

ゴルゴンゾーラはケチらずにもっと使えばよかった(^^;
下にソースがたまっているので、それに絡めていただきます。

やさしい甘さとチーズの塩気が美味しいーーー!

さつまいもだけはレンジ調理が美味しくないので、必ず蒸してます。
きっと缶詰のビーツでも、これなら美味しく食べられると思うんだけどなー。

 

ちなみにこれまでアップしたビーツの登場の記事はこちら。

蒸したビーツとワインのおとも

ホタテとビーツと春カブのサラダ

サフラン風味の白菜のポタージュとムニエル

スモークビンチョウのたたきとグリル野菜



 

22時の遅い晩ごはんには簡単で大助かりだったけど、もしかしてけっこうな糖質???
(でも芋はOKにしているの)

 

 
 
 

161022_01    

<10月のある日の晩ごはん>

豚バラとキャベツのトマトソース煮
ビーツとさつまいものゴルゴンゾーラグラタン 

 
 

時間がなかったので、冷凍してたバラ肉とトマトソースで簡単な晩ごはん。

でもワインは1本空いた(笑


 
 
 

*****

 

先日、買い物忘れのための防止策として教えていただいたボイスメモですが、、、
できましたよ!ボイスメモ。
でも、店ではiphoneを見るのを忘れてしまいました(汗

買い忘れたのは鍋をするためのカセットコンロのガスボンべ。

翌日、「今日こそは!」と朝のうちは思っていたのですが、、、
帰りに店に寄るのを忘れてしまいました。

ダメな私。。。


 


見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月26日 (土)

ビーツのマリネ

161019_01

<10月のある日の晩ごはん>

ベビーリーフとパプリカのサラダ 粒マスタードドレッシング
グレープフルーツとビーツのマリネ
豚ヒレ肉のポルチーニクリームソース

 

 

ビーツってご存知ですか?

ロシア料理のボルシチに入っていたりする、あの赤い色の素で、蕪のような形をした赤い根菜です。
水煮の缶詰が一般的かな。
信州あたりの道の駅でときどき(生のものを)買ったこともあるんですが、最近は近所の駅ビルの青果店でも取り扱ってくれるようになりました。

大きさはいろいろで、私が買ったのはとても大きい直径15cmくらいのもの。
硬い野菜で、皮ごと茹でる下処理だと1時間は煮ないといけない気がしたので、大きい一口大に切って塩を少しまぶし、圧力鍋で10分ほど高圧で蒸したらちょうどでした。

皮は剥いてから蒸したんですが、後から簡単にむけるので、そのまま切って蒸してもよかったかも。
用途によりますが、蒸した後すぐに酢をまぶしておけば、翌日以降も幾分色がきれいかもしれません。

 

 

 

161019_02  

近所のお店で、ビーツと黄桃のマリネを食べておいしくて、他にグレープフルーツとビネガーでサラダにしてもいいですよと教えてもらったので、さっそく合わせてみました。

シンプルにワインビネガーとオリーブオイル、グレープフルーツの果汁と塩こしょう。

最初は美味しいって食べてたんですが、この組み合わせだったら、量は少しで良かったと思いました。

グレープフルーツとビネガーの酸味が、ビーツの甘さを感じさせるけど、特有の土っぽい感じをけっこう際立たせちゃうので、それが好きじゃない方は苦手に感じるかも。
少しなら平気だと思うけどな…。

 

 

161027_01

ということで、ビーツは甘みのあるフルーツと合わせる方が私は好きみたいで、、、

数日後、柿と合わせてみました!

塩をふったビーツに、バルサミコ酢とオリーブオイル、黒コショウ、そして柿を合わせてマリネ。リンゴ酢でもよかったかも。

やっぱりこっちの方が好きだなー。美味しい!

 

 

161027_02

 

お店で食べた黄桃との組み合わせも良かったけど、柿とビーツの優しい甘さがいい。
ビーツの旬は梅雨時と11月〜12月らしいので、出会いものですね。

これからなら、薄く切って、りんごと合わせるのもいいかも。
マヨネーズとリンゴ酢でサラダにしてみたいなぁ。
妄想が止まらない。。。

 

そしてビーツの残り最後は、、、
遊びに行く時間になっちゃったので、また次の記事で!

 

皆様もよい週末をー。

 

 

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月 5日 (月)

すだちと秋刀魚とイベントの休日

160904_02

昨日は目黒のさんま祭りでした。

オットが並ぶと言って起きたのですが、「3時間も立ってるの無理だからー」とだだをこねて、二度寝しました(爆

でも毎年恒例のすだちのつかみ取りには、朝ごはんを食べてから二人で行きました。
今年は一人100円づつで29個!おまけもしてもらったけどねー。

徳島の神山町の皆さま、感謝します! 

 


 

160904_03

さんまは駅ビルのお魚屋さんへ買いにいきました。
一尾200円。今年はおいしい秋刀魚が安くいただけるといいんですけどね。

ついでに小イワシ30尾近く入って一盛り200円だったので、それも買って帰り、
手開きしまくって、すぐにオイルサーディンを仕込みました。汗だく〜!

そして小腹が減ったので、収穫したすだちをたっぷり並べてそうめんに。
この日まですだちを買わずに我慢してたので、やっと食べれた〜という感じ。
さわやかー!

  


 

160904_05

午後はお友達のKyokoさんのタイ料理をいただけるイベントへおでかけしました。

実は私、パクチーがちょっと苦手。
でも長くタイ料理を勉強されたKyokoさんのお料理は全然大丈夫だった!!

写真は秋刀魚と紫玉ねぎのサラダだけど、日本の食材もうまく取り入れてらっしゃる。
心地よい辛さに、こなれたハーブのバランス。甘さもなんだか優しい。
私のタイ料理のイメージをくつがえす洗練された味でとーっても美味しかったです!

ちょい飲み参加だったのに、美味しすぎて悶絶のグリーンカレーまで食べてすっかり虜。
一人で行ったのですが、他の皆さんとも、美味しく楽しい時間を共有させていただきました。
Kyokoさん、ありがとー!!

 

 

 

160904_04

で、夜はちょっと早めの休日晩ごはん。

今年お初の塩焼きでまたもビールをグビグビでした。

 

 

 おまけ。

 

 160902cat_02

Macの前で、かまってちゃんのモン♥

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

NinkiBlogbanner03 
いつもありがとう!

 


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

ミニオムレツの練習といちごジュース


 

平日は、そりゃもう手抜きの簡単な朝ごはんしか作らないのです。
お休みの日はゆっくり食べたりもするのですが…。

そんな休日の朝ごはんに時々作る、卵1個のオムレツ。
以前から練習する宣言していたのに、間があくと全然うまく作れない…。




160400brunch_01

4月からGWの間も、久しぶりに作ってみたのですが、見事にひっくり返す時に失敗(;д;)
敗因は、ちょっとバターが少なかったせいかな。


 
 
 
 

160400brunch_02   

2度目は中にチーズ入り。だからちょっとふっくら。
すぐ固まらないように、ちょこっと牛乳も入れてみた!

18cm以下の小さいフライパンがあれば牛乳なんていらないのになぁと思う。
小さいスキレットでもきれいに焼けるんだろうか…。
あ〜、物欲。

オットにヨーグルトを器に盛ってもらったのだけど、残りがすくなかったようで、
ちょっと残念な感じ(笑


 
 
 
 
 

160500brunch_02_2
これはプレーンオムレツ。
3度目にしてやっと少しまともな形になってきたかな。

これでまた間があくと、一から同じことの繰り返し。進歩しませーん。
練習あるのみ?

 
 
 

そういえばGWに、今年最後のいちごジャムを作ったり、いちごジュースも作りました。

 
 
 

160504_mg_1363
おしゃれなミントも、コースターも、なんにもない写真でシツレイ。
次にもっと美味しいのを作るための自分メモ。

これは牛乳入りの方。
いちご180〜200gくらい、牛乳150ml、小さじ1杯のグラニュー糖かハチミツ。
これくらいの牛乳の量だと、いちご感はしっかりありました。
(私は牛乳だけで飲めないオンナなので、ミルク感はあまり要らない…)

ハンディブレンダーで作ったので、材料を冷やしただけで、氷を入れてなかったのです。
氷二つぐらい入れたらいいかなぁ?
ヨーグルトでスムージーにしてもいいよね。ミキサー欲しいなぁ。
あー、またしても物欲。

 
 
  
  
 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

NinkiBlogbanner03 
いつもありがとう!

 


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

緑の食卓とたけのこ料理いろいろ

 

160418_01
  <4月のある日の晩ごはん>

  • ふきの青煮
  • 花わさびとアボカドのレモン醤油和え
  • たけのこの木の芽和え
  • 鯵酢と塩もみキュウリ
  • たけのこの姫皮と三つ葉をわかめの卵とじ

 

地味だけど、季節の美味しいものが並んで緑色の食卓になりました。 

花わさびも今年お初だったし、ふきも食べていたけど青煮は久しぶり。
前日が休日で、野菜の下ごしらえが済んでいたの。
だから鯵酢を仕込んだ以外はあっという間にできた肴ばかり。
ゆっくりおいしくお酒をいただきました。

 

 

160418_02

若竹煮を作るとき一緒に炊いて、とりわけておいたたけのこを使って木の芽和え。

ベランダの山椒が大きくなって、ちょうどのタイミング。
すり鉢でスリスリあたって、玉みそとだしでのばした木の芽みそで、煮たたけのこを和えただけ。

姫皮はわかめと一緒に卵とじに。
この翌日は前記事のハッセルバックタケノコを作ったのでした。

 

 

この翌週、またたけのこを茹でまして、、、

 

160426_02

そのときの姫皮は、ホタテ(缶詰だけどね)とわさびマヨネーズ和えにしました。
わさびは少しだけですけどね。おいしかったなー。

この日は他にうどと鶏肉の炒めもの、クレソンとわかめのおひたし、春蕪とキュウリの浅漬けなど。 

 

 

 

160425_02  

また別の日ですが、バター醤油炒めも作りました。

醤油は鰹節を入れてレンジで一煮立ちさせてしぼったもの。
バターで炒めて、そのかつお醤油とみりんを少しとコショウで調味。木の芽をふりました。
 

麺つゆもあったなーと、後で思ったのですが、その副産物の鰹節でもう一品。

 

 

160425_01

いんげんのおかか和えです。

ゆでたいんげんに、かつお醤油を少しと絞った鰹節、ごま油をまぶしただけ。
ごま油の風味でまた別のおいしさでしたよ。

他にはベビーリーフと生ハムとくるみのサラダ、サワラのアラの自家製塩麹焼き、
春かぶとキュウリの浅漬け、デザートにはアイスクリーム。

 

 

160426_01

あとね、今年はたけのこご飯でなく、初めて筍のおこわを作ってみました。
筍ごはんの時は油揚げ入れますが、こちらはたけのこと姫皮で。

いつもよりちょっと濃いめかな。でももちっとしたおこわとこのたけのこの柔らかい食感がめっちゃおいしい!いやー、もう来年からたけのこのおこわにしようと思いました。
やっぱりおこわが好きだわ〜。

たけのこのおこわ2016メモ (来年のための自分用メモ)

 <材料>
 もち米2合、うるち1合、たけのこ小2本(今回は姫皮1本分入れて300g位)
 煮汁: だし2カップ、 薄口醤油大1、酒大1、塩小1/2、みりん大1
 炊飯用: 薄口醤油大1/2(好みでなくてもいい)、だし汁 煮汁の残りと薄口を合わせて520cc

 <作り方>
 煮汁の材料で食べやすく薄く切ったたけのこを4〜5分煮て少し冷まし、煮汁をきる。
 もち米とうるちは洗ってざるにあげ15分置く。
 煮汁と薄口を合わせて520ccになるようだしを加えて軽量する。
 炊飯器に米と軽量しただしを加えて普通モードかおこわコースで炊く。
 炊き上がり12分前ぐらいにたけのこをのせてさらに炊く。
 炊き上がったら混ぜて10分ほど蒸らす。木の芽を添えていただく。

 

夜はお酒を飲んでご飯を食べないので、朝早起きして3合炊いて朝ごはんに食べました。

オットのお弁当にもいれて、わたしは午後から出かける予定だったので、自宅でお昼を食べて、おかわりまでしちゃったんですけど、なぜかその時点で3合が終わってしまったという…。

うっそ〜ん(/ー\*)

 

今年のたけのこ料理いろいろでした。

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

NinkiBlogbanner03 
いつもありがとう!

 


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

緑の宝石

 

160410kitchin_01

4月10日。嬉しかったこと。

ゆでたスナップエンドウを割いてみたら、中の豆がとってもぷっくり〜。
まるで緑の宝石みたいですよね!

膨らんだものを買ったつもりでも、なかなかこんなにぷっくりしたものに出会えないのだ。

豆の香りがふわんと広がるゆでたてに、マヨネーズつけてたべました。


 
 
 
   

*****

 
 

熊本地震の余震が続き、また今日からの雨が心配されます。

私にできることはわずかで、ニュースで様子を見守るばかりですが、
1日も早く、被災された皆様に心休める日が訪れますよう、お祈りしています。


 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

自家製ツナのこと

 

紫陽花の咲く頃になると、未だに夜な夜なマグロを煮ていた頃を思い出します。
身体の芯までズッシリと染み渡るような、この湿度がそうさせるのかも。


120330_01

初めてツナを作ったのは2008年、安い赤味の切り落としを煮たんだったかな。
病気で食欲がなくなっていたzizi(先代の猫)のためでした。

最初の振り塩も控えたし、水で煮ただけのそれは魚特有の臭みがあって美味しくなく、ziziにも受け入れてもらえませんでした。

その後は酒を入れてみたり、塩を強くして塩抜きして煮てみたり、アレコレやってもダメで、そのうち自分たちで食べるならとスープで煮なおしてみたけど、それでも美味しいツナはできませんでした。(猫にスープは絶対NGです!)

それがある時赤味ではなく、ビンチョウマグロで作ってみたら臭みがなくて美味しくて、
そういえば缶詰ってホワイトミートだよねって気が付き、ziziも食べてくれて嬉し泣き。
それ以来、ツナはビンチョウ(ビンナガ)マグロで作るようになりました。

でも、翌年にはそのツナをほんの少し食べたとかで一喜一憂して台所で泣きべそをかいてたし、その後ツナの画像もなんとなくアップしそびれて…というか、なんというか。

 

トップの写真はその後自分たちの為に作るようになった自家製ツナです。だいぶ前の写真(笑
超特売のビンチョウに出会わないとそうそう作れませんが、塩をふって一晩おいたものを、香味野菜の屑やローリエ、オリーブオイルを入れた水で煮たものです。

3〜4日の間に食べてしまうので、そのまま煮汁に入れて冷蔵庫で保存してます。

 

 

120330_02

夜のおつまみにはもちろん、朝ご飯にはセロリと自家製ツナのホットサンドもお気に入り。

(この写真は何か朝ご飯のところでアップしてたかも???)

 

140601_01

そのうちにオイル煮も試してみたのです。
同じく塩をふって一晩おいてから塩を洗い流して拭き、密閉袋の中にオイルとハーブと入れて炊飯器にお湯と一緒に入れて保温。

オイルは少量で済むし、ほったらかしでできて手軽で美味しいですが、うーん、どうだろう。
わたし的には、このコンフィより水煮の方が好みかもしれません。

 

 

121226_1

これも前の写真ですが、たっぷり自家製ツナサラダを白ワインで楽しんだ夜のこと。

 

121226_image

<アップしそびれてた数年前の晩ごはん>

自家製ツナと香味野菜のサラダ
白花豆とベーコンと野菜のトマト煮込み 
ブルーチーズ
バゲット

自家製ツナを楽しむ晩ごはん、これは冬だったようですが、昨日あたりは煮込みものが嬉しいくらいでしたね。

 

121226_2

白花豆を煮るなんて私にしては珍しいのですが、たっぷりツナサラダにたっぷり煮込み。
2品ですがボリュームいっぱい素材もいろいろですから満足度高いです。
美味しく出来たのも覚えてるの。
やっとアップできてよかったー。

 

ziziはささみに興味がなかったのでマグロでしたが、今はモンにささみを煮ています。
オカサンの懐事情的にはかなり助かってるよ(笑。

 

150630_02  

雨が続いてアンニュイで、忙しくてかまってもらえなかったので甘えっ子モードのモン。
モンを抱えてキーを打ってみたけどやっぱ無理!
オカサンもうちょっとお仕事しないといけないんだけどなぁ。。。(泣

(*ところで、この時なぐさめるように声をかけてくれた近所の猫
もしかしてモンのおかあさんじゃ???なんてずっと気になってるのですが、
まあ、そんなわけないっか〜。 )

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

NinkiBlogbanner03 
いつもありがとう!

*お手数ですが、スマホでご覧いただく場合は、
PC表示にてご覧いただけるといい感じで見れると思います。ごめんなさいっ


 


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

アスパラ!アスパラ!2

 

前記事の続編、大好きなアスパラ特集です。

 

150621_021

王道、グリルアスパラの温玉添え。パルミジャーノたっぷりがけです。

 

150621_031

とろ〜ん。チーズと卵ってアスパラと合うよな〜と言うオット。
私が写真を撮ってる横で、一足早く食べ始めて喜んでおりました。

私が食べる時になって、美味しく食べるために、スプーンで食べたほうがいいというので、短く切って絡めて食べたら、なんだかいつもの卵とじみたいなビジュアルになってしまいました。
こんな時は温玉の硬さをもうちょっと硬くしたら絡めやすいの?

でも義父からジッカデリのお礼にもらった美味しい白ワインとバッチリで美味しかったです。

 

 

150620_011

土曜日は豚肉で巻いてフライにするつもりだったのに、以前鶏ハムでアスパラを巻いていたのを思い出し、急遽鶏胸肉でアスパラ巻きチキンカツに変更しました。
特売で胸肉を買ってしまったからという理由もあったのですが…(^^;

が、、、これは衣がはがれやすくて弁当にも入れづらかった〜(泣
切ると中の水分が溢れて衣に吸われるので、この組み合わせは鶏ハムのほうがいいみたい。
決して不味くはないけど、やっぱり豚もも肉を薄く巻いてフライにすればよかったなーという反省をここに記録。

 

 

150611_01

で、最後は牛肉巻きで。

牛肉で巻く時は照り焼きと違い、ちょっと割烹風を真似て出汁醤油か出汁を使いたい。
時々作っているのですが、これ、ブログ開設した9年前から同じこと言ってたわ(笑

時代も好みも変わっていくし、柔軟でありたいと思っているのに、ずっと変わらない部分もあって、そういう意味では私はけっこう頑固ものかもしれないと思ったりします。

付け合わせの野菜を焼いて取り出し、続いて塩胡椒と片栗粉をつけた牛肉の表面を焼いて一旦取り出します。
だし汁2:醤油1:みりん1にきび砂糖少々で煮立たせて、肉を戻し、仕上げに野菜もあわせてたれをからめて盛り付け。木の芽を散らしました。

 

150611_02

<6月11日の晩ごはん>

モロッコインゲンの胡麻みそマヨネーズ和え
トマトのマスタードドレッシングマリネ
キュウリとわかめとしらす干しの酢の物
茶碗蒸し(海老と銀杏)
木の芽風味のアスパラの牛肉巻きとヤングコーンの焼き物

 

 

でも人並みに食べる量はだいぶ減ったみたいな気がする…(笑

 

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

NinkiBlogbanner03 
いつもありがとう!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月20日 (土)

アスパラ!アスパラ!

仕事がひと段落ついたところで、ジッカデリやら実家の法事やら。
ゆっくり自分の時間がとれないまま、また次の予定がっ…www

でも田舎では甥っ子とたっぷり遊んで、おふろで背中も流してもらったし(笑、
北海道の知人や実家からたっぷりアスパラをいただき、日々アスパラが食卓に!

私の田舎はアスパラの産地で、大好きなアスパラを沢山食べて育ちましたが、
こちらではわたし的に若干高級食材の扱いなのでめちゃめちゃ嬉しかったです。


150606_01
そんなわけで、このところのアスパラ祭り?のいろいろです。

これはいつもの肩ロースのハーブマリネのステーキの付け合わせのアスパラ。
生のままフライパンでオリーブオイルで炒め、ニンニクのみじんぎり少々にアンチョビ、そして白ワイン極少々と塩胡椒。

太さもあって、肉に負けない存在感。


 
 

150607_01
イカとのバター醤油炒めも大好物。
これはゲソだけなんですが、新鮮な身があるなら、ワタをちょっと入れたバター醤油なんてまたお酒のおともにサイコーですよねっ。

 

 
 

150609_01
炒め物って言ったら、やっぱり海老やベビーコーンとも合わせたい!
大好きな中華のお店風に、湯どうしして、中華鍋で油とスープをまとわせる。
ぷりっぷりで仕上げたお気に入りの炒め物。
生姜と紹興酒、隠し味程度に入れた自家製の五香油がいい香りでした〜。

 
 
 

150617_01  
和食でもいろいろ食べました。
ド定番のボイルしてマヨネーズ醤油ってのは田舎でもたくさん食べてきましたし、
写真はないですが、胡麻和えやゴママヨネーズ、白和え、おひたしも食べました。

アスパラが見えないこの写真は『アスパラと豆腐の和風ピリ辛グラタン』。

バターを塗った器にアンチョビ(もしくはナンプラー)と炒めたアスパラを入れます。
水切りしてすりつぶした豆腐に味噌を加え混ぜたものをかけました。
上からたっぷりチーズと七味少しかけてトースターで焼きます。
豆腐が温まって、チーズがこんがり焼ければOK。

この日は「和素材で白ワインを飲もう!」がテーマ(妄想とも言う)で、サブメニューも好評。
でもオットも私もお腹が減りすぎて、途中で撮影中止したことが今見ると悔やまれる〜。


 
 

150523_01
もちろん肉巻きも忘れてませーん。
去年の今頃ここでも言ってますが、太アスパラには豚バラを巻いた塩焼きが好き。

アスパラ3本の肉巻きは、、、
えーっと、ごめんなさい。時間がないので明日アップします。

晩ごはんの準備もしなくっちゃ〜。
ちなみに今夜はもも肉でアスパラの肉巻きフライの予定〜♪

 

(次回に続く)


見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

NinkiBlogbanner03 
いつもありがとう!

 


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧