« モンの午後のベッド | トップページ | お弁当いろいろ その10 »

2016年12月 8日 (木)

牡蛎とかぶのグラタンと献立

 

161125_01

<11月25日の晩ごはん>

春菊とりんごのサラダ
牡蛎とかぶのグラタン
ローズマリー風味のサツマイモのグリル
ポークウィンナー入りミネストローネ
 

 

今年2度目の牡蛎でしたが、グラタンにしてみました!
そして悩ましいグラタンの日の献立。

 

まずはシチューやクリームものにぴったりな、うちの冬定番のサラダから。

 

161125_03  

「晩酌ごはん本」にも掲載の春菊とりんごのサラダです。

レーズンとりんごとビネガーと、甘さや酸味が層になって感じられる大好きなサラダ。
乾煎りしたクルミの香ばしさもたまりません。

 

 

161125_02

蒸したサツマイモを焼いたのが美味しかったので、今度は直接グリルパンで焼いてみました。

水にさらしてから、塩こしょうとオリーブオイルをまぶして、ローズマリーと水を少しだけふりかけ、グリルパンの蓋をして蒸し焼きに。

魚焼きグリルで7分くらいだったかな?

すごーくホッコリおいしく焼けたんですが、もう少し水をふってもよかったかも?
私、のどがつまりそうになるホッコリしたものが苦手でー。
もっとオイルをたっぷりかければ良かったかな。

決して水っぽい芋やカボチャが好きなわけではないんですが、なんていうか、、、。
うーん、水分がないと死にそうになるっていうか(笑

パンの代わりに焼いたんですが、よく考えたら、この日私は自宅で仕事をしていて、オットにパンを買ってきてくれってラインで送っていたのを忘れてました。

せっかくなのでパンもちょっと焼き、しかも、残り物野菜のミネストローネに、残っていたイマイチなパスタを入れちゃったので、めっちゃ糖質オンの晩ごはん(^-^;

 

 

161125_04

久しぶりに作ったグラタンは美味しかった!

焼いたかぶの甘さと牡蛎の旨味に、サラダで使わなかった春菊の茎を茹でて入れたのがちょうどよかったんです。

ホワイトソースはいろんな作り方してたけど、しょうこさんちのたかシェフのホワイトソースを見て感動してからは、時間が許すときは基本に忠実に真似をしています。

レシピだけでは、あんなに長く丁寧に炒めることがわからなかった。
動画、ありがたいなぁ。

そうそう真似できないんですけど、なめらかなホワイトソースが美味しくて満足でした。

 

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 

 

Bansyakugohan_3

  Tomyの晩酌ごはん(文化出版局)発売中。 

  
  → amazon   

  
  → 楽天

 

 

 

 

 

|

« モンの午後のベッド | トップページ | お弁当いろいろ その10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/64597997

この記事へのトラックバック一覧です: 牡蛎とかぶのグラタンと献立:

« モンの午後のベッド | トップページ | お弁当いろいろ その10 »