« お弁当いろいろ その6 | トップページ | 自家製オイルサーディンで その1 »

2016年10月 4日 (火)

お祝い旅行とイタリアン


いつも旅行や外食での写真がアップできないまま。

先月も美味しい食事をいただく機会があったのですが、この旅行のことは載せておこうかなと思います。

 

かねてより計画していた旅行は、両親の金婚式のお祝い記念旅行でした。

海鮮料理が食べたい母と、半身麻痺の父の負担を考えて、長野の実家から新潟まで。
両親と妹夫婦と甥っ子、そしてオットと私の7名でレンタカーを借りて一泊の旅行です。

妹があれこれプランを練って、とてもいい宿を見つけてくれたのでした。

行きは、時代劇好きな父のために上杉謙信ゆかりの春日山城跡を経由。
お昼に海鮮丼を食べて向かったのは、新潟の岩室温泉、「ゆもとや」さんにお世話になりました。


160917_09  

改装前のキャンペーンで、3世帯が泊まれる特別室での宿泊と、古民家を改装したイタリアンレストランでの食事がめっちゃお得な価格でセットになっていたのです。

改装前って、どんだけ古いのかと心配していたのですが、清潔できれいなお宿でホッとしました。特別に色柄の浴衣を選んだり、きんちゃくまでいただきましたよ。

そしてお部屋はこちら。(ホームページの画像お借りしました。)

 

160917_10

みんなが集まれる部屋と、父にはベッドも必須で、その条件をまるっとクリアするお部屋が、この日だけ空いていたのはラッキーでした。

温泉の露天は少し硫黄の香りがする気持ちがいいお湯で3回も入ったし、貸し切り風呂も借りて、父を本当の温泉に入れることもできました。
まあ、それはけっこう大変だったのですが(汗、オットが手伝ってくれたので助かりました。

 

で、夕食は宿から車でちょっとの、古民家をリノベーションした「小鍛冶屋」さんというイタリアンレストランに連れて行ってもらいました。

 160917_11

古民家で入り口に段差とは聞いていたのですが、まあオットや妹の旦那さんもいるので、車椅子ごと持ち上げて入り、心配でご機嫌斜めだった父も、テーブル席の部屋を貸し切り状態でいただけるとわかりほっとした様子。ご機嫌が戻りこっちもほっとしました。(;´Д`A ```

ウェルカムドリンクはブランデーベースの自家製梅酒をサービスしていただき、両親の挨拶で乾杯。

そして自家製パンと、なすのすり流しにカダイフを巻いた海老からスタートです。

 

 

160917_12

独創的な器に盛られた前菜は、季節の素材3種を盛り合わせ。

いろんな海鮮に甘酢のジュレの取り合わせは、ちょっと真似したくなるような一品(無理)。

 

 160917_13

宿とセットでの価格だったのですが、あまりにもリーズナブルだったので、大食い家族を妹が心配して、お料理と最後のケーキは追加でお願いしていました。

こちらも追加でいただいたのどぐろの酒蒸し。

ふわりと口の中に消えてしまったかも。すっごいおいしかったー!

 

160917_14

後のお料理に備えて赤をいただく。

 

160917_15

こちらも多分追加オーダーによるみゆきのもち豚とエゾジカの自家製ソーセージ。

みゆきのもち豚は、長野県の北信のみゆき豚と、新潟のもち豚の美味しい豚の掛け合わせですね。

蝦夷鹿はステーキで何度かいただいたことがあるのですが、こうしてハーブとソーセージでいただくのが一番好きでした。下にはレンズ豆のトマトソース。
食べやすくて父も喜び、美味しかったですが、オットはジビエにあまり興味がなかったよう…。

 

160917_16

もっちもっちの手打ちのパスタはカニとアスパラ。上にはからすみがトッピング。

 

 

160917_17  

メインはお魚とお肉が選べました。
魚は上品な白身が美味しいオーブン焼きの近海鮮魚となす。えー、魚の名前失念(涙。
ズッキーニのソースと合わせるのがとても美味しかったです。

私が選んだお肉は炭火焼と思われる牛肉のイチボのステーキ。

でもこの時点でとにかく腹パツになりまして、もう写真を撮り忘れてしまったという失態。

 

 

160917_18

でも最後に鶏のスープで炊かれたとうもころしのリゾットが。

この炊き加減が絶妙で、腹パツなのにのどを通っていくー。

と思ったら、ツルっと食べれたのは、卵かけごはん状態だったから。
リゾットじゃなく、とうもろこしごはんを卵で和えているのかも。
もう絶対、無理ーってくらい、たっぷり美味しくいただきました。

 

160917_19

 

最後は季節のフルーツをふんだんに使ったお祝いのケーキで、50年ぶりのケーキ入刀。

みんなで記念写真を撮ったりして、膨らんだお腹をなでながらお宿に帰りました。

ふうー。

 

あわただしい旅行でしたが、宿では気持ち良く過ごすことができたし、帰りには寺泊で好きな魚も買うことができて、満足してもらえたかな。

体の都合もあり、どうするこうすると一年ぐらい決まらなかった旅行でしたが、これでちょっとお役目を終えた感があって、ほっとした私。

そんな旅行の美味しい記録でした。

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

Banner_03
いつもありがとう!

 

 

|

« お弁当いろいろ その6 | トップページ | 自家製オイルサーディンで その1 »

コメント

suncommonさん

この行事も終わって、ほっとしました。
私は帰りの道の駅で、大好きなみょうがを安くたっぷり買えて、
市場で買った干物でお酒をちびちび飲めたので満足です(笑

 

投稿: ★commonさん | 2016年10月 7日 (金) 12時56分

Tomyさん、
幸せな時間が、ゆる~く静かに流れていたようです。
おいしさとやさしさが伝わる、素敵な食リポでした。

投稿: common | 2016年10月 6日 (木) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/64291708

この記事へのトラックバック一覧です: お祝い旅行とイタリアン:

« お弁当いろいろ その6 | トップページ | 自家製オイルサーディンで その1 »