« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月29日 (金)

イカ団子

 

このぐらいの気温だったら、揚げ物も嫌じゃないんですけど…。

ビールと一緒にいただきたいイカ団子です。

 

140720_01

台湾料理のイカ団子と違って、色がついているのは、するめイカを使ったから。
記憶曖昧なんですけど、胴は皮をむいて、げそとえんぺらは皮むかないで使ったかな。
冷凍のイカで作ってもいいんだけどね。

時々作るイカシュウマイのたねと同じで、1/3はミンチにした豚肉と玉ねぎが入ってます。
あとは塩と酒と砂糖少々、それに生姜と小麦粉。
シュウマイには片栗粉ですけど、このときは小麦粉にしてみました。

 

 

 140720_02

はい、断面ショー。

イカは2回にわけてフープロにかけ、食感を少し残すのがポイント。
…なのですが、ちょっと細かくなっちゃいましたね。

でもなぎや混ぜ物が少ないんで、豚肉入れてもいかの風味がたのしめます。
ビールもう一本追加したくなります〜。

 

 

140720_03  

他にはきくらげと卵と野菜の炒め物とか、枝豆とか、野菜の塩もみとか。
毎日こんな簡単なものばかり。

関東は今日?明日?梅雨明けらしいので、さらに手抜きの食卓になりそうな予感(笑

 

 

今日は久しぶりに帰国する友人のホームパーティーにおでかけしてきます。
懐かしいメンバーも集まりそうで楽しみ。

オットには塩もみ野菜と、煮豚と煮卵作っておきました。
あとはそうめんでも茹でて(←自分で)食べておくれ〜。
 

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

NinkiBlogbanner03 
いつもありがとう!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

プチトマトのジンジャーシロップマリネ

 

一昨日もプチトマトのマリネと麻婆豆腐を食べたのですが、写真を撮らずじまい。
古い没画像を引っ張り出してみました。

 

 

140825_01  

以前からプチトマトをリンゴ酢の効いたシロップ液でマリネして、シロップごと食べていたのですが(元はこのレシピ)、シロップ液を作るときにスライスした新生姜を入れたのが気に入って、今もカレーの日や麻婆豆腐の日の定番メニューになっています。

  (水100ccにグラニュー糖大さじ1、生姜スライス3〜4枚を1分煮立たせ、リンゴ酢大さじ1+1/2〜2を加えて火からおろして冷まし、湯むきしたプチトマトを2時間〜1日袋などにマリネする)

夏の和食の先付けとしても、汗をかいて帰ってきた時、爽やかな酸味と甘みがいいかなと思うのです(こんな雰囲気でね)

で、リンク先でも書いてますが、そのシロップを食べる少し前にバットに入れて冷凍し、シャーベット状にして出したら、暑い日にすごーく喜ばれまして、以来こんな風にひんやりデザートみたいに出してます。

すぐ溶けちゃうんだけどね(^-^;

 

この日は黄色いプチトマトも使ったのか、色がイマイチで没にしてたのかも。
別の日に作った赤いプチトマトだとこんな感じ。

 

151228_02a

ノンオイルなので、サラダや他のマリネとかぶらないのが献立的には合わせやすいかな。

 

 

140825_02

  <だいぶ前の夏の晩ごはん>

  • プチトマトのジンジャーシロップマリネ
  • キュウリとパプリカとセロリのサラダ クコの実入りの中華風
  • 芝海老の唐揚げ
  • 麻婆豆腐

 

写真なんか撮ってると、もう溶けてきてるし〜(笑

一昨日の麻婆豆腐も花椒をゴリゴリすってたっぷり入れました。
体調が良くないと言っていたオットですが、麻婆豆腐を食べたらスッキリしたらしく、薬膳だなと言ってました。

そんなわけでまた近々作ろうと思うのですが、でも次回はクックドゥのレトルト黒麻婆を試してみるつもり。美味しいかな〜?

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

NinkiBlogbanner03 
いつもありがとう!

 


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月14日 (木)

鶏のパセリコーン

160523_01_2  

  <だいぶ前の晩ごはん>

  • 鯵とセロリとオレンジのマリネ
  • トマトの新玉ドレッシング
  • チキンのパセリコーンソテー

メインはパセリがたっぷりあったので、チキンと合わせることに決定。
その前に、お魚のマリネと冷たい白ワインだなーと思って、鯵を1尾買ってきました。

 

 

160523_02

早く帰ってお店によると、三枚におろしてもらえるので助かる〜。
夏場は特にね。

冷蔵庫に小さいオレンジがあったので、セロリと合わせて大好きな組み合わせ。

これで白ワインを開けたら、ほら、カリフォルニアの風でも吹いてくるような…
っていうのは気のせいだな(笑

 

 

160523_03

こっちも大好きなうちの定番組み合わせ。

一口大に切って下味をつけた鶏肉を、少量のオリーブオイルで皮目から焼きます。
フライパンに隙間を開けたところにバターとニンニクのみじん切り、しめじとコーンを炒めてから、たっぷりのパセリを加えて醤油とブラックペッパーで調味。

 

160523_04  

ニンニクの風味のパセリと甘いコーンが合う合う。
子供にも喜ばれそう?

ニンニク使ったけど、とりわけておいて、お弁当にも入れちゃった( ´艸`)プププ
メインをお弁当にスライドできる日は助かる〜

でも夏場は気をつけないとね。

 

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

NinkiBlogbanner03 
いつもありがとう!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月11日 (月)

しそ餃子

 

体調が戻ったら、毎晩のビールが美味しくて困っています。
クライアントの男性で、夕方4時以降は夜のビールのために水分をとらない方がいらっしゃいましたが、その気持ちもわかります〜。

さて、前記事の梅に続くのは紫蘇。
先月作った『しそ餃子』です。

 

160620_02

 

私、餃子にはキャベツより白菜派なんですが、この時期のしそ餃子にはキャベツですね。

餅粉入りの大判餃子の皮20枚分に、大葉を20枚使ったから、一個に一枚の計算。

 

160620_03

この日は鉄フライパンで焼いてみたので羽なし。
断面ショーをご覧いただきたかったのですが、ニラとの違いがよくわからなかったよ…(汗

あと10枚ぐらい入れてもいい感じかも。

でもおいしー!

 
 

160620_01

 

副菜たち。
この日は今年初めてのとうもろこしを堪能。プチトマトは黒ゴマ和え、キュウリとしらすと茗荷の和え物。他はいつもの通り簡単にすませちゃった。

餃子は馬路村の柚子増量バージョンのぽん酢しょうゆの試食を兼ねて楽しみました。
しそ餃子にはポン酢であっさりがいい感じ〜。

そして今週あたりまた食べたい気分で、今日も餃子の皮を買ってきているのです(*^m^)



 
 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

NinkiBlogbanner03 
いつもありがとう!

 


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

もずく梅

お久しぶりです。
ちょっと体調を崩したり、バタバタしたりで、なかなかアップできませんでした。

先々月の炭水化物祭り(?)の最後をしめくくる記事をアップしたかったのですが、
すっかり暑くなってしまったので断念(揚げ物なのよ〜)。
かわりにアップするのは、いつぞやのごはん記事。
暑くても、体調が悪くても食べられるもずく梅です。

 

150811_02

昨日は七夕でそうめんを食べたおうちが多かったでしょうか。
夜の炭水化物控えているので、そうめんの代わりによくもずくを食べてます。

これも麺つゆを薄めに希釈して生もずくにかけ、貝割れ大根とたたいた梅をのせただけ。
大葉や茗荷みたいな薬味でもいいですよね。


 
 
 

150811_03
ちょっぴりですが、これでも一応この日のメイン。
少しだけ残していた豚バラで作ったの。
ズッキーニとプチトマトの豚バラ巻きです。 
オットにはもう少し多く出したんだけど、やっぱりもっと食べたいと言われてしまった。
だよねー、だよねー。
豚バラがなかったのが悔やまれました。
私のバラ肉ならたくさんあるんだけどね…(涙)



 
 
 
 

150811_01

  <だいぶ前の晩ごはん>

  • 枝豆
  • 甘エビのお刺身
  • もずく梅
  • キュウリと干し鱈の酢の物
  • ズッキーニとプチトマトの豚バラ巻き
  • オットは焼きおにぎり

 

二人ぐらしだから、体調が悪い時はごめーんって感じで適当なもので済ませちゃう。
でもお母さんたちは大変だよね。
体調悪くすることなんて滅多にないので、考えたこともなかったけど。
うちの母はどうだったろうと思い出してみても、ごめーんなんて日が思い出せない。
焼くだけとか、何かしら並べてくれたせいかな。
田舎の野菜料理ばっかりで、晩酌をする父が「なんか肴っぽいものはないのか?」とブツブツ言っていたのは覚えているけど(笑

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

NinkiBlogbanner03 
いつもありがとう!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »