« TW 筍と椎茸の春巻きと献立 | トップページ | 炒り豆腐と手羽先の塩焼き »

2015年5月19日 (火)

pasta collection 2015 spring


夜の炭水化物を控えているので、休日のお昼や平日の朝ごはんによく麺を食べます。

仕事でお昼ごはんが遅くなりそうな時はオットから必ず『朝からパスタ』のオーダー。
腹持ちがいいんだとか(笑

そんなわけで、ちょこちょこ朝ごはんに食べたパスタを写真に収めてみました。
最近(2月〜5月)のパスタコレクションから。

 

150200pasta_02
 『蕪とツナのパスタ』
 ニンニクとアンチョビ、唐辛子、タマセロペースト入り。

ちなみにオットは朝からパスタ120〜140g!「普通より多めで!!」って言うんです。 
そしていつもペロッと食べて、120gだと物足りなさそう〜な、うらめしそう〜な顔されます。
「これ、ホントに多め???」とか言っちゃって…。

いい歳して食べすぎだよねぇ。(ノ∀`)・゚・。

 

150200pasta_01  
 『春菊とごぼうと自家製ベーコンのパスタ』
 ニンニク、唐辛子入り

私もオットも、オイルもソースもたっぷりチュルチュルって食べれる感じが好み。
打ち合わせでもなければ、平日朝からニンニクもしっかり入れてしまいます。
ニンニクが入れられないなら、オイル系じゃないものにしちゃいます。

 
 

150300pasta_01  
 『セロリとシラス干しとプチトマトのパスタ』
 アンチョビ、ニンニク、唐辛子、プチトマト、タマセロペースト入り。

タマセロペーストというのは、玉ねぎとセロリをオイルでよ〜く炒めてペーストにしたもの。
イタリアンの隠し味に使われる『ソフリット』というもので、本来は人参も入るらしい。
でも私は玉ねぎとセロリだけで作って冷凍して小さいブロック状にしています。

数年前に、野菜料理が得意の美味しいレストランでパスタを食べた時に感じた旨み。
桜えびのオイル系のパスタだったのに、エビではない微かな野菜の旨み。
それがこれだと気がついて以来、真似っこしてます。


 
 

150300pasta_02  
 『しめじとベーコンのトマトソースパスタ』
 ニンニク、唐辛子、トマトソースにはセロリと玉ねぎのみじん切り入り。
 セロリがない時は、セロリの葉だけでも香り付けに入れたい派。

シンプルなトマトとニンニクとオイルだけのパスタもよく作りますが、
それはホール缶だけで作るより、ホントはフレッシュトマトで作りたいんですよね。
徳用トマトが手に入ったら必ず作りたいものの一つです。


 
 

150300pasta_03  
 『春キャベツとツナのパスタ』 
 ニンニク、アンチョビ、唐辛子、タマセロペースト入り

春キャベツのパスタはこの他にもウィンナーやジャコと合わせたり。
今年はもう3回ぐらい食べました。
もう一回食べれるかな?


 
 

150400pasta_01
 『ちょっと大人のナポリタン』
 ウィンナー(香燻)、ピーマン、玉ねぎ、フレッシュトマト入り。

特別な事はしてないけど、白ワインとケチャップだけでなくフレッシュトマト1個使う、
ちょっと大人なナポリタン。仕上げには牛乳も少しね。
私のナポリタンもけっこう美味しいと思っちゃってるんですが( ´艸`)、
オットの評価はオイル系の方が上なんですー。

そういえば、私、ナポリタンの玉ねぎは生っぽいのが苦手です。
しっかり火を通したのが好きなんですが、以前、食の好みをお聞きした時に、
同じ事をおっしゃった男性がいてビックリ!きっと食の好みが完璧に一緒。


 

150500pasta_02  
 『たっぷりアサリとプチトマトの贅沢ボンゴレ』
 ニンニク、唐辛子、タマセロペースト、ベランダパセリ入り

これは休日のランチでした。
贅沢に二人でアサリ400g!! たっぷり大きな身でめっちゃ美味しかった。

 

 
 

150500pasta_01  
 『小松菜と鮭缶のパスタ』
 ニンニク、唐辛子、鮭醤油、タマセロペースト少々入り

葉物はこれが最後の食べおさめかなーと思って最近作りました。
そういえば、菜の花のパスタも沢山食べたんですが、写真一枚も撮ってない〜?

 

 
 

150500pasta_03_2  
 『茄子とベーコンとプチトマトのパスタ』
 ニンニク、唐辛子入り

パスタに限らず、オリーブオイルはEXヴァージンオイルを使ってますが、
美味しいオイルを吸った茄子がこれからは美味しい季節。
先日食べた時もすでに美味しかったし、昨日あたりは夕方日が沈むのも遅く感じて、
夏がすぐそこまで来てるなーって思いました。


 
  

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

NinkiBlogbanner03 
いつもありがとう!

 


 

|

« TW 筍と椎茸の春巻きと献立 | トップページ | 炒り豆腐と手羽先の塩焼き »

コメント

sunquesoさん

quesoさんならご存知だと思ってました。
以前ブログでもおっしゃってましたものね。
私は旨みの強いベーコンの時はアンチョビ入れないのですが、
ささみや豚肉を切って入れる時は、魚醤みたいな旨みがあるといいですよね。
そうそう、今度うちの自家製ベーコンも食べてみる?
でも夏になるからちょっと持って行くのも厳しいなー。
寒くなってからにしましょう(^^

投稿: ★quesoさん | 2015年5月22日 (金) 12時26分

sunきょうぽんさん

4、400gですか〜〜〜!!
上には上がいるのですね(^^;
でも二人でってことは、きょうぽんさんも150g位は食べちゃうってこと?
若い!!(笑
私も結婚する相手の条件は、好き嫌いなくよく食べる人、でした。

投稿: ★きょうぽんさん | 2015年5月22日 (金) 12時21分

私も具だくさんのパスタが好きです。
野菜もタンパク質もしっかり入れて・・・。
キャベツを使ったパスタも好きなのですが、今年はこのキャベツが
本当に高くてなかなか使えません。
茄子などの夏野菜も早く美味しくなって値段が下がってくれるのが
待ち遠しい・・・。

ソフリットは私も行きつけのイタリアンで教えてもらいました。
そうそう、人参はなくとも玉葱とセロリがあるだけでぐんと
ソースの味が深くなりますね。
あとは、肉系のパスタの時にアンチョビや魚醤を少々入れると
こちらも奥行がある味になりますよね。
そして白ワインを呼ぶ・・・

投稿: queso | 2015年5月22日 (金) 06時20分

パスタの好みや雰囲気が、我が家とそっくりです!
主人は ものすごくパスタ気分♪の時にリクエストしてくるので、
二人暮らしだというのに、400gは茹でるんですよ~^^;
そして、その大半は 主人の胃の中へと吸い込まれていきます!
まぁ...明らかに食べ過ぎですが、美味しそうに食べてくれるのは嬉しいものです^^

投稿: きょうぼん | 2015年5月19日 (火) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/61611473

この記事へのトラックバック一覧です: pasta collection 2015 spring:

« TW 筍と椎茸の春巻きと献立 | トップページ | 炒り豆腐と手羽先の塩焼き »