« もつ鍋風鶏みそ鍋 | トップページ | プチおもてなしと揚げ大根のカニあんかけ »

2015年2月23日 (月)

鯵のごま天と蕪の天ぷら

150129_1

去年までは、よく釣果の鯵をいただいたっけ。新鮮な鯵、美味しかったなー。
今はお仕事で釣りに行けなくなったようで、我が家の食卓にも影響大。
その上、今年は鯵が獲れないそうで、ちょっと高価な魚になってますね。
干物以外はあまり食べてなかったので、食べたいと思っていたのです。

すると翌日に鯵が特売。「祈りが通じたよ〜」とほくそ笑んで帰りました(笑

で、王道鯵フライと悩んだ結果、珍しく天ぷらに。
知人が蕪の天ぷらが美味しかったと言ってたので、一緒に揚げる事にしました。

3枚におろしたものに軽く塩をふり、10分ほど置いて水分を吸い取りました。
鯵の半分は胡麻をつけ、天ぷら粉を打ち粉代わりにに茶こしで極薄くかけます。
その後天ぷら衣をつけて揚げました。
蕪の方は表面の水分を吸い取って、天ぷら衣につけただけ。

お弁当を作るようになってから、市販の天ぷら粉を良く使うようになりました。
弁当用の簡単揚物は、水溶き天ぷら粉→パン粉で済ませると便利なので。
天ぷらも打ち粉をつける行程を省いても、けっこう上手く揚がりますよね。

鯵はふっくら、蕪は甘い!蕪の風味が凝縮された感じ。
厚さや時間で食感が異なると思いますが、7mm位で揚げたら甘くとろける感じ。
高温でさくっと揚げてすぐ食べるとまた違うかもしれません。

鯵の胡麻は切り胡麻にすればもっと胡麻の風味がよかったでしょうね。
菜種油に胡麻油を混ぜる、天ぷら専門店の天ぷらを妄想できるかも(笑

 

 

150129_2image

<1月29日の晩ごはん>

菜の花のからし和え
蓮根の梅肉和え
鯵の天ぷらと胡麻天、蕪の天ぷら
ささみと銀杏入りの茶碗蒸し

 

早く春の山菜の天ぷらも食べたいですねぇ。 


 
 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

NinkiBlogbanner03 
いつもありがとう!

 


|

« もつ鍋風鶏みそ鍋 | トップページ | プチおもてなしと揚げ大根のカニあんかけ »

コメント

suncommonさん

お天気がいい日はホント温かくなったと感じますね。
もう3月。今日は桜餅を買ってきておやつに食べました(^^

おやきレシピ、100人100通りって感じですが、
焼きのふっくらおやきと違って、蒸し焼きの水分があるシットリタイプはどうでしたか?
私の田舎や長野市のあたりはそれが主流なんですよ。
惣菜とよく合う気がして、私は好きなんですけどね。
いつか、commonさんのおやきを食べさせてください。
私よりよく作って研究してらっしゃる!楽しみです
私も久しぶりに作ってジッカデリにしようかな〜。

投稿: ★commonさん | 2015年3月 3日 (火) 15時47分

Tomyさん
ありがとう。今日のメニューも素敵でおいしそう。

少し春っぽくなると、Tomyさんの鯛の昆布締めが食べたくなります。
春気分でピンク色に染まる街並みが待ち遠しい。
山には、たらのめ、こごみなど出番を待っています。

おやき、2011年のレシピだったね。
過去ものがあったはずと…思ってたけど探し切れずに。
クックパッドから持ってきて、粉と水の分量を調べたけど
みんなまちまちで、お湯だったり、水だったり。
薄力粉、強力粉、もろもろで。

Tomyさんのおやきのレシピ、ふわっとしておいしそう。
こんなに上手にできないです。
で、このレシピで今週末もう一度、トライ。

いつか、こんなんできました!って、Tomyさんに食べてもらいたい。
な~んてね。

投稿: common | 2015年2月26日 (木) 14時33分

suncommonさん

はい、藻塩で食べました!
いいですね、蕪の天ぷらも。
揚げ具合で食感が違うか、もう少し試してみたいです。

傷の方はもう大丈夫。
こんなに飲まないってホント久しぶりでした〜(笑

地粉でつくるおやき、素朴で私も大好きです。
私は実家の方の蒸し焼きのしっとりタイプ風に水分多めに作っちゃいますが、ふっくらタイプにも使えますよね。
http://healthytomy.cocolog-nifty.com/dairy_cooking/2011/10/post-fada.html
おやきも地粉もお店や場所によっていろんなタイプがあって、自然とその人やその土地風になりますね。
ご主人がコネコネ?山荘で作ってるのかしら?
いいですねー。
師匠がちゃんと主婦、、、
身体の事も考えてくれてるとちょっと安心します(笑

投稿: ★commonさん | 2015年2月26日 (木) 14時11分

今日はあったか。青空がもどってきました。

蕪の天ぷら、そうね、7mmぐらいがあんばいよさそう。
これは塩がいいね。

ところで、もつ鍋のコメント、「傷?」「化膿止め?」大丈夫?

それから、山梨・山荘・道の駅で地粉(中力粉)を見つけたので
お焼きづくりに再挑戦。フィリングは、きんぴらと切干大根。
甘い系もほしかったので、カボチャで餡を作りました。
旦那さんがコネコネしてくれて、餃子みたいに仕込んでくれました。
たくさん作ってフリージング。
原稿を書きながら、スナック代わりにチンして楽しんでいます。
地粉はいいです。粉ふるいで空気をいっぱい入れると、薄力粉+強力粉より素朴な感じでgood。

ありがとう、Tomyさんに感謝。また教えてください。
最近、ちゃんと主婦やってます。

投稿: common | 2015年2月23日 (月) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/61182100

この記事へのトラックバック一覧です: 鯵のごま天と蕪の天ぷら:

« もつ鍋風鶏みそ鍋 | トップページ | プチおもてなしと揚げ大根のカニあんかけ »