« サーモンとネギとえのき茸のバターポン酢 | トップページ | チーズフォンデュの簡単晩ごはん »

2015年2月12日 (木)

イナダの幽庵焼きと献立

 

普段私が帰る時間ではスーパーや対面販売のお魚屋さんの調理時間が終了。
一尾買いをすると自分でさばかねばならないので見送ることも多いのです。

でもオフィスの近くに魚屋さんができて、いい魚に会えば3枚にしてもらえます。
オフィスの冷蔵庫に入れ、帰りは保冷バックで持ち帰えることも多くなりました。

以前はA4書類が入るバッグっていうのがバッグ選びのポイントでしたが、
今は『魚や野菜が入る…』に変わってたりします( ´艸`)

 

150118_2_2

 

この日も太ったイナダ一尾買い。柚子があったので『幽庵焼き』にしました。

幽庵焼きの名前の由来についてはこちらを
酒と醤油とみりんが同割りに柚子を入れたものがオリジナルのようですが、
アッサリしたイナダにはちょっとアレンジして甘めに。

イナダに軽く塩をして10分程置いて水分を拭き取ります。
みりん3:醤油2弱、酒1+柚子果汁少々と柚子皮の漬け地に30分〜40分漬け込み。
弱火〜中火で、途中一度漬け地を塗って焼き上げました。仕上げにも柚子を。

みりんが多いので焦げやすいですけど、ってか、端が焦げましたけど美味しい。 


 

150118_1

<1月18日の晩ごはん>

秘伝豆(青大豆)のおひたし
春菊と豚しゃぶの胡麻和え
イナダの幽庵焼き
切り昆布とお揚げの炒め煮
オットはお茶漬け

 

 

150100bento_07

一尾でしたから、翌日のお弁当にも入れました。
他に卵焼き、秘伝豆のおひたし、えのき茸と豚肉の生姜焼き、ブロッコリーの胡麻和え等。
これはいつものオット弁ですが、私も珍しくお弁当持参でした。
沢山詰めたつもりなんだけど、オットと同じでペロリと食べちゃった。

 

 

見たよ〜がわりに↓クリックいただけると嬉しいです。

NinkiBlogbanner03 
いつもありがとう!

 

  

|

« サーモンとネギとえのき茸のバターポン酢 | トップページ | チーズフォンデュの簡単晩ごはん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/61122977

この記事へのトラックバック一覧です: イナダの幽庵焼きと献立:

« サーモンとネギとえのき茸のバターポン酢 | トップページ | チーズフォンデュの簡単晩ごはん »