« 本格春巻きを目指して | トップページ | ゴーヤと桜えびと白滝のちゃんぷるー »

2013年7月18日 (木)

柚子胡椒バターポン酢のカレイのムニエル

130625_1

久しぶりに見つけた油カレイのきれいな剥き身でした。

冷凍のフィレも余分な水分をとってフライやムニエルにすると安くて美味しい。
たまに買うけど、アブラカレイとカラスガレイは同じ魚だと思ってたのに違った。
どっちもエンガワになるみたいですけど、目の間が広いとか、
微妙に違う魚だったことを最近知りました。
そんなわけで私にはまだ味の区別がついてないんですけどね(汗

これは塩こしょうしと小麦粉、そしてオリーブオイルでムニエルにしたもの。
その後柚子胡椒を溶かしたポン酢をフライパンで温め、
バターをちぎって溶かし入れたものをかけました。
油カレイにバターってメタボな響きですが旨かったです(笑

 

130625_2

お魚にポン酢がけだったので、副菜のもずくは麺つゆで仕立てでとろろがけ。
三つ葉が合いますし、お好みでわさびも。

 

130625_3

レタスに千切りの新生姜をたっぷり混ぜた塩揉み。
塩と言っても半分は刻み入れた『紫蘇の実』の塩分も利用して。

今年も早々に穂紫蘇を3パックほど買って塩漬けにしました。
香りと味のアクセントに、お漬け物や浅漬け、お茶漬けや炒め物にも便利です。

穂じその実をしごいてはずし、重さを測って洗います。
塩揉みして(灰汁が少しとれます)、さっと茹でて冷水にとって冷まします。
水分をよく絞って20%ぐらいの塩で塩漬けにすると、かなり長い期間保存できます。
冷蔵庫保存なら15%でも平気かも。

蕪、キュウリ、キャベツにレタスなど、刻み昆布や新生姜と一緒に使えば、
さっぱりした香りの良い浅漬になるので、毎年かかさず作ってます。

 

 

130625_image

<6月25日の晩ごはん>

もずくとろろのそうめん風
新生姜と紫蘇の実の香りのレタスの塩揉み
くずし奴
柚子胡椒バターポン酢のカレイのムニエルと焼野菜(ズッキーニ、赤ピーマン)

 

 

豆腐は枝豆ジョニー。
私的に、これには絶対茗荷が必要だわっ。
最初塩で、半分は出汁醤油で食べてますー。

 

NinkiBlogbanner03 
いつもありがとう!


 

|

« 本格春巻きを目指して | トップページ | ゴーヤと桜えびと白滝のちゃんぷるー »

コメント

sunquesoさん

今拝見したら肺炎って!!
でもだいぶ良くなったようでよかったですねー。
お互い過信しないで、労りながら遊んだり飲んだりしないとね(笑

quesoさんも茗荷好きなのね。私も〜。
このところ150円近いので去年あたりの1.5倍ですね。
穂紫蘇なんかも一緒に使うと風味倍増でいいですよね!
おにぎりに…。いいですねー、まねっこします。

投稿: ★quesoさん | 2013年7月20日 (土) 15時54分

この時期、豆腐に茗荷は欠かせませんね。
最近猛暑のせいかちょっと高騰していますが、それでも夏に茗荷の
ない生活なんてできません!

穂紫蘇、美味しいですよね~
昔よく母がおにぎりに入れてくれました。これまた美味しいッ!!

投稿: queso | 2013年7月18日 (木) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/57813336

この記事へのトラックバック一覧です: 柚子胡椒バターポン酢のカレイのムニエル:

« 本格春巻きを目指して | トップページ | ゴーヤと桜えびと白滝のちゃんぷるー »