« 初角煮と疲労回復の黒 | トップページ | おでん »

2012年12月20日 (木)

牡蛎と蕪のみぞれ煮

121211_1

今年は大好きな牡蛎も12月に入ってから食べ始めたところで、
これからたっぷり楽しもうと思っているところ。

これはお酒にも合う碗物ですが、この日は休肝日の汁物(椀)仕立てにしました。

で、初めてだったかなーと思って写真を撮ってみたんですが、
ここでもお正月の雰囲気で、大根の鬼おろしを使って作ってました。

あー、最近ホーント記憶がね…。大丈夫だろうか、私。

こちらは蕪を鬼おろしでおろしたものと、下茹でした蕪葉を使いました。
牡蛎の旨味がお出汁や蕪の甘みと合わさって、
シンプルだけど、しみじみ美味しいなーと思ってしまいます。

 

121211_image

 

< 12月11日の晩ごはん>

鯵の干物 茗荷と生姜の甘酢漬け
ほうれん草と人参としめじのクルミ和え
柚子白菜
牡蛎と蕪のみぞれ碗
白米ごはん

 

久々休肝日。普段夜に食べない炊きたてごはんが楽しみだったりします。
疲れた肝臓にも胃袋にも、ぐっとくるお椀でしたー。

 

NinkiBlogbanner03 
いつもありがとう!


 

|

« 初角煮と疲労回復の黒 | トップページ | おでん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/56357415

この記事へのトラックバック一覧です: 牡蛎と蕪のみぞれ煮:

« 初角煮と疲労回復の黒 | トップページ | おでん »