« 豚肉の白菜巻き煮と菊花 | トップページ | けんちんと秋鮭のフライ »

2012年10月30日 (火)

生くるみとくるみ割り器

121000kurumi_1

数週間前に信州へ行った帰り、いつも行くお店にくるみやリンゴを買いに行きました。
ちょうどお客さんに頼まれたところだと、おばちゃんが生くるみを詰めているじゃないですか。
「私も生くるみほしいのー」とお願いして、昨日とってきたばかりの物をわけてもらいました。

 
 

121000kurumi_2

綿をかぶった緑色の実から、足で削り割ってこの殻を取り出して、池で殻を洗ったの。
石やトンカチで割ってやーっと食べれたおやつ。
特別美味しいものではないんだろうけど、なんだか楽しくて嬉しかったね。
子供の時を思い出します。

 

121000kurumi_3

中の実はまだしっとり白い薄皮に包まれていて、それでもほーんのり渋みがあります。
スルスルっと薄皮を剥いて、日々変わっていく、なんとも微妙な味を楽しむのが好きです。

それにしても、今年の信州クルミも大きすぎて、またくるみ割り器が壊れました。
毎年これを買ってるんですけど…(涙
新しいのを買うまで、少し干しておきました。

 

 

121000kurumi_4

で、やっと買ったクルミ割り器…じゃない。(やーめーれー!)

もちろんこの後monにも1個進呈し、相当追いかけて楽しんでいただきましたよ。

 

 

 

121000kurumi_5

そしてこの無骨なのが新顔。

もうちょっとかわいいナッツクラッカーもあったんだけど、
念のためにと持って行った、この信州クルミが大きすぎて入らなかったので仕方なく。

でも、「すごーい!簡単!きれいに割れるー!!」
もっと早くから買えばよかったと思いました。ハハハ

 

121000kurumi_6

新しいクルミ割り器を入手するまで、少し干していたので薄皮も茶色になってきて、
今度は僅かに香ばしさを伴った味わいに変化してきました。

オットもすっかり生クルミの味わいがクセになり、毎日おやつや晩ごはん前のおつまみに、
ガリカリッ。 

あー、また食べたいなー。

 

NinkiBlogbanner03 
いつもありがとう!


|

« 豚肉の白菜巻き煮と菊花 | トップページ | けんちんと秋鮭のフライ »

コメント

sunquesoさん

遅くなりましたー。

クルミって、洗ったりするのがとても手間らしく、
国産のものは特に少なくなってきてますね。これだけでもけっこう高いの(汗。
毎年これが食べたくて買うんですが、今年はまた不作らしい。
ローストしたり、揚げたりしていない生のクルミは、
殻付きだとまた特に脂が酸化してないクルミらしい味で、
私はすごく好きなんですよー。

monは動画でも追いつくのが大変ですー。

投稿: ★quesoさん | 2012年11月 5日 (月) 11時09分

sunマイキーちゃん

殻が剥いてあるのは、ローストしたものが多いのかな?
製菓材料の生くるみもあるけど、
殻から剥いて食べるのは風味も格別だよ。

緑の実が茶色っぽくなって落ちるんだけど、
灰汁なのか、洋服や靴がすごーく汚れるんだよ。
妹と庭で、トンカチしながら無心で食べたのが懐かしい^^

投稿: ★マイキーちゃん | 2012年11月 5日 (月) 11時01分

胡桃、子供の頃は食べた記憶があるのですが、最近はさっぱり・・・。
あまり販売されているのも最近はありません。
お菓子に入っているなぁというイメージですが、あの独特な風味は
胡桃ならではですよね。

monちゃん、きっと胡桃と一緒に機敏な動きを見せてくれたのでしょうね~
動画向きな感じかな?

投稿: queso | 2012年10月31日 (水) 20時32分

生でそのまま食べるの??
それは食べたことないなぁ。きっとおいしいね。
胡桃ってどんな状態で成るのか知らなかったよ。
画像検索しちゃった。キレイな実なのね。

投稿: マイキー | 2012年10月31日 (水) 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/56005731

この記事へのトラックバック一覧です: 生くるみとくるみ割り器:

« 豚肉の白菜巻き煮と菊花 | トップページ | けんちんと秋鮭のフライ »