« チェリーコンポートとアイスクリーム | トップページ | 穏やかな日曜日 »

2012年7月20日 (金)

紫蘇ジュースと甘酢漬け

120600_07b

先月アップしわすれた画像その2。

いつもの紫蘇ジュースです(母レシピの煮ださない灰汁のない方)。
ここ数年は、私より先に「今年も作ったよー」とマイキーちゃんからお知らせいただき、
それから私もあわてて赤紫蘇を買いに走ります。
紫蘇ジュースだけは欠かしませんが、オットがまた晩酌できるようになったので、
今年は梅のサワードリンクはつくりませんでした。 

 

120600_05

 

先月アップしわすれた画像その3。
こちらも毎年作っている茗荷と新生姜の甘酢漬け2種。

新生姜の甘酢には、先に茗荷の甘酢漬けを作り、その甘酢を使うと赤い色が保つと、
以前も書いたのですが、それでも一年長期で保存するものは色がさめてしまいます。

そこで、ここ数年は紫キャベツのマリネを作った時のマリネ液を少し加えています。
ほんの少しでも、とてもキレイに発色して長持ちします。
紫キャベツや赤紫蘇の葉を少しだけさっと茹でて、一緒に甘酢に入れてもいいのかもね。

暑い夏、焼物に添えたり、ごはんに刻んで簡単酢メシのお弁当にと、今年も大活躍。
今年の甘酢茗荷は酢2:酒1:砂糖1弱に塩少々加えた甘酢ですが、まあまあの色かな。
一昨年はみりん入り
また週末の晩酌には、おつまみがわりに茗荷のお寿司を作ろうかなーと思ってます。

  

NinkiBlogbanner03 
いつもありがとう!

  

 

|

« チェリーコンポートとアイスクリーム | トップページ | 穏やかな日曜日 »

コメント

sunsaiko3さん

一晩から1日、冷蔵庫でクエン酸水に漬け込むだけです。
煮だすとどうしても紫蘇の葉の灰汁がでて色も少し濁りますね。
できればクエン酸を使うと、このスッキリ感が活かせますよ。
とても美味しいの♪
私もこちらがお気に入りです。

投稿: ★saiko3さん | 2012年7月26日 (木) 13時14分

sunquesoさん

すごくきれいな色なんですよねー。
お砂糖もいっぱい入ってますけど(笑)
でもクエン酸のすごくスッキリした味で、炭酸やサワーともよく合います。
茗荷大好きなので、冬も冷凍しておいたものをずっと食べてますが、
この甘酢漬けは夏の間だけのおつまみですね。
ごはんに混ぜてもいいし、なにかと使えて便利ですものね。
そろそろ作ってみてくださいね。

はい、monちゃん大きくなってきてますよー。
毎日昼間写真が撮れないのが悲しいの〜。

投稿: ★quesoさん | 2012年7月26日 (木) 13時11分

煮出さない紫蘇ジュース!
こんなレシピもあるのですね。
煮出して作ったら灰汁っぽくなっちゃってdownだったのですが
来年はこのレシピで作ってみたいです。
お母様、ありがとうございます!です。

投稿: saiko3 | 2012年7月22日 (日) 08時42分

紫蘇ジュース、爽やかなピンク色がいいですね~
確かにこれでサワーも美味しくサッパリ頂けそうです。
茗荷も価格が安定してきましたし、私も甘酢づけを作ろうかなーと
思っていた頃です。
忙しい時の「とりあえず」的つまみにも重宝しますし。
夏野菜の美味しい時期だし、朝ごはんにも夜の肴にも野菜を使った
1品は欲しいですよね。

monちゃん、決めたのですね!
すくすく育っているんだろうな~。また掲載してくださいね(^^)♪

投稿: queso | 2012年7月21日 (土) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/55230418

この記事へのトラックバック一覧です: 紫蘇ジュースと甘酢漬け:

« チェリーコンポートとアイスクリーム | トップページ | 穏やかな日曜日 »