« 久しぶりの和食といつもの漬け物 | トップページ | 春と食卓 »

2012年3月31日 (土)

青柳とわけぎのぬたと献立

120326_1b

 

牡蛎のシーズンが終わって、今年も3月末には青柳が食卓に登場しました。
からし酢みそを作ってかけると、我が家の食卓にも春がきたーと、自分で嬉しくなります。

わけぎを茹でてから切って絞り、だし汁に薄口醤油を加えた地をつくり、
ボイルされた青柳や貝と共に通してから器に盛ります。
からし酢みそを作ってかけますが、貝に使う時のお酢はリンゴ酢と米酢を半々が私好み。
最近は酢みそも付いてたりもしますけどね。

 

ところでその『酢みそ』を作る場合、、、

市販の美味しく作られた白味噌に、手軽に酢や砂糖とからしを加えるだけでもいいですが、
私もここ数年は春一番に『玉みそ』を仕込み、酢やだしでのばしたものを作ってます。
やはり玉味噌から作ると春らしい鮮やかな黄色で、味もコクがありながらまろやかですよね。
和食の基本の玉味噌ですがレシピもいろいろ。
私は300g入りの白みそ(西京みそ)を買ってきて、そのうちの半分で作ります。

玉みそ

 西京みそ150gに卵黄1個、砂糖大さじ1、酒大さじ1→2、みりん大さじ1を加えてよく混ぜ、弱火にかけてぽってりするまでじっくり練ります。冷めたらラップして冷蔵庫で保存し、使う時に酢、和がらしを加えてのばします。ゆるくする場合は、だし汁も加えます。

 (*2014年レシピ修正)

ちなみに残りの白みそは、お豆腐や野菜と合わせてお椀にして、期限内に使い切る予定。
 (リンク先でお椀じゃなく丼ぶりで食べてる自分にビックリだよー:汗)

 

 
 
120326_image

<3月26日の晩ごはん>

青柳とわけぎのぬた
鶏の利休焼き(ごま焼き)とエリンギ焼き
菜の花のおひたし
蕪と昆布の塩麹漬け
豆腐のお吸い物

 

 

玉味噌に使わない卵白の方は、肉や魚に塗って胡麻をつけて焼きました。
弁当にも使ったので、そのうちすっかり忘れかけた頃にアップすると思います(笑

 

NinkiBlogbanner03 
いつもありがと!

  

|

« 久しぶりの和食といつもの漬け物 | トップページ | 春と食卓 »

コメント

sunminさん

たいしたお料理じゃないですよ〜。
でも毎回記事のオチを考えるのが楽しくて悩ましい(笑
minさんにそんな風に言ってもらえると
励みになりますー♥


投稿: ★minさん | 2012年4月 3日 (火) 02時30分

sunここちきさん

アサリなんかは一年中でまわってますが、
春は貝が美味しい季節ですから、
いつもと違うものを試してみてもいいかもよ。
ボイルしてある青柳ならどこでも売ってますが、
だし汁と醤油でさっと洗うように通してたべれば
お安いボイルものも美味しく食べれると思います。

酢みそ、作ってたよ。
玉味噌作らないことの方が多かったけどね。
胡麻焼きは又今度ね。

投稿: ★ここちきさん | 2012年4月 3日 (火) 02時27分

毎回思うのですが、本当に一流のご飯どころというお料理、そしてプレゼンテーション、本当に素晴らしいです。 そして、うらやましい!というのが本音。食べてみたくなっちゃって。大拍手です!

投稿: min | 2012年4月 1日 (日) 17時30分

お邪魔します。
この時期は青柳の季節なんですね~φ(.. )メモメモ
日本は季節によっていろんな食材がありますが、
やっと少しわかってきていたところ。
青柳…すら食べた事がない!
確かにお魚コーナーで青柳が並んでいました。
最近酢味噌も食べていないので、
酢味噌和え、私も作ってみようかな。

しかしtomyさんはいつから酢味噌を作っていたんですか?
私は酢味噌なんて買うものだとばかり思っていました。

残った卵白で胡麻焼き、目から鱗です。
胡麻大好きにはたまらない焼き方です~。

投稿: ここちき | 2012年4月 1日 (日) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/54359348

この記事へのトラックバック一覧です: 青柳とわけぎのぬたと献立:

« 久しぶりの和食といつもの漬け物 | トップページ | 春と食卓 »