« 牛すじカレー | トップページ | 鯛と菜の花のおぼろ昆布和え  »

2012年2月26日 (日)

酒の肴とそば米雑炊

120211_image

<2月11日の晩ごはん>

長芋のソテー カマンベール七味と大葉みそ
タコの和風紫蘇マリネ
白菜とほうれん草のお浸し
ホッケ半分づつと大根おろし
なめこのそば米雑炊

 

このところ帰りが遅くて、家で食べたり食べなかったり。
簡単な酒の肴ごはんが続いています。

グリルを使って魚を焼いただけ、この日はマシなわけです。(笑)

食べる時間も遅いのですが、それでもお腹は減ってるわけでー、
ごはんも食べたいけど、、、なんて時は、またそば米(そばの実)を炊いたりしています。

 

120211_1

 

 

以前も『割りそば』というそばの実を、鍋の〆の雑炊にしていたのですが、、、

いただきものの、この『そば米』は、水に浸さず5分程で煮えてすごく便利。
冬の間の鍋の後の雑炊や、ごはんを炊いてない時、〆にちょっと食べたい時にお役立ちで、
白米より若干安心して食ベてしまうわけです。

 

この日もホッケを納得するまでつつき終えてから、そば米を5分ほど水で炊きました。
だし汁もなかったので、そこにお湯+麺つゆと薄口醤油半々で調味した煮汁を加え、
洗ったなめこを入れて一煮立ちさせたら、〆の雑炊ができあがり。

ちなみに、そば米雑炊が徳島の郷土料理だったって、さっきまで知りませんでした。
アレンジいろいろ楽しめそうです。

 

120211_2

肝心のそば米(そばの実)が見えてませんでしたねぇ。

この日はさらに蕪を粗く刻んだ物も一緒に炊いて、ローカロリーな〆にしたのでした。
大根もいいですが、蕪の風味と蕎麦もよく合って美味しかったですー。

 

そんなわけで、和洋おつまみなご飯ネタに、しばらくおつきあいくださいね。

 

NinkiBlogbanner03 
いつもありがと! 

 


|

« 牛すじカレー | トップページ | 鯛と菜の花のおぼろ昆布和え  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/54077885

この記事へのトラックバック一覧です: 酒の肴とそば米雑炊:

« 牛すじカレー | トップページ | 鯛と菜の花のおぼろ昆布和え  »