« ネギとチキンのグラタン | トップページ | お弁当(中華風弁当-3) »

2012年2月18日 (土)

小松菜の酒粕煮

110622_1_2

小松菜やターサイ、チンゲンサイ、
美味しい青菜をたっぷりの酒粕で煮て食べるのも大好きです。
いりこ(煮干し)だしがまた良く合います。 お酒のおともにも、旬野菜のおかずにも。

 レシピはこちら→★recipe『小松菜の酒粕煮』

 

信州の田舎で、暖かくなってきて野沢菜漬けが酸味を増してくると、それを切って塩出しし、
たっぷりの酒粕で煮たものを食べていました。そのシンプルアレンジです。

私の家の野沢菜は、煮干しや紫蘇の実、らっきょう酢や唐辛子等と調味料で漬け込まれ、
それに比べるとこれは酸味や香りがない分、手軽に作れるし食べやすいあっさり味。

でもあのさらにお酒がすすむ味野沢菜の酒粕煮も、私は子供の時からスッゴク好きで、
母が大鍋で煮て酒粕の香りがいっぱいに広がると、春が近いなーと思ったものです。

昨夜は東京もボタ雪が降って、まっすぐ帰れずついつい飲み屋に避難してしまったけど(汗)
雪の被害がこれ以上ないよう、早く春が来るといいのにね…。

 

120131_1

野沢菜の酒粕煮とは違い、このシンプルな酒粕煮は、お肉を加えてボリュームを出しても旨い。

切ってから酒と醤油少々もみ込んだ豚肉もさっと煮て、灰汁をとって一緒に炊くだけ。
豚肉(100g〜150g)を入れる時の酒粕は、青菜だけの時より少し控えるといいかな(30gに)。
そして煮汁が濃くならないように下味の醤油は控えめにね。

 

120131_image

<1月31日の晩ごはん>

小松菜と豚肉の酒粕煮
スモークサーモンとアボカドの柚子胡椒風味
蓮根入り卯の花
蕪と昆布の塩麹漬け
ごはん

 

酒粕も麹も時々使って楽しんでます。
どちらも料理は自分で気軽に作るけど、自分で作れず昔から好きなのが酒まんじゅうと酒種パン。

いつも週末の買い出しの帰り、酒種のくるみあんパンをよく買っていたのですが、
それが酒種のない普通のくるみあんパンになっていて悲しいー。
餡子好きではないんだけど、酒種あんパンはなんか好きなんだよねぇ。

子供ん時からどんだけ酒好き?みたいな。。。

 

NinkiBlogbanner03 
いつもありがと!

 

 


|

« ネギとチキンのグラタン | トップページ | お弁当(中華風弁当-3) »

コメント

sunquesoさん

酒粕入れるとちょっとまったり味になりますが、
この酒粕煮は、きっと美味しく食べてもらえる気がします。
quesoさんの好みに合うかわかりませんが、
お得意のグラタンに酒粕入れても美味しいですよ。
葱のグラタンとか牡蛎やサーモンのグラタンにもぴったりなの。
思い出したところで、酒粕グラタンを明日あたり作ろうと思います(笑)
そういえば、千住葱っていうのもありましたね。
うちの近所では滅多にみかけませんが、
そちらだと普通に並んでるのかな?


投稿: ★quesoさん | 2012年2月22日 (水) 01時40分

sunsaiko3さん

あ”ー!そういえば、私の田舎でも煮菜って言ってたような。
私も記憶が薄れちゃってるんですけどねぇ。
浅漬けは自己流で即席のものでいいですけど、
野沢菜とかキムチ漬けとか、母から伝授してもらってないのが沢山あります。
野沢菜を仕入れることが東京だと難しいんですけど、
覚えていることは記録しておく方がいいですね。
saiko3さんにそう言ってもらえると嬉しいです〜。

投稿: ★saiko3さん | 2012年2月22日 (水) 01時35分

sunここちきさん

みなさん、けっこう使いきれいないってここに書いてくださって
年中食べてる私としては、驚いているんです。
冬のうちにもう一品酒粕アップしちゃおうかしら。
味噌漬けに混ぜたり、いろいろ使えるよ。

あの日は冷蔵庫に食べないといけないものがあったけど、
もういいやーって、行っちゃいました。
寄り道せずには帰れんかったよね(笑)

投稿: ★ここちきさん | 2012年2月21日 (火) 14時32分

酒粕、クリームチーズを漬けて酒のアテに使ったことはありますが、
それ以外はいわゆる(魚などの)粕漬けくらいしか使えないと思って
いたのに・・・これは美味しそうですね。
ますます日本酒を呼んでしまいそうな一品となりそう・・・(^^)♪
寒さで生野菜をサラダ・・・という気がしない今、こうした煮浸し系は
うちでもよく登場します。
小松菜、あの茎の食感がまたいいですよね・・・。

↓の葱グラタン、美味しそうですね。
私はゴルゴンゾーラを使って千住葱で作ってみました。
これもまた甘くて美味しかった。風邪予防に葱、積極的にとりたいですね!

投稿: queso | 2012年2月19日 (日) 14時15分

新潟の実家でも、”たいな”(?)という漬け物を
塩抜きして酒粕で炒り煮した物がありました。
”煮菜”って言っていたような・・・
残念ながら母から伝授されず、私の代で消えてしまいそう(;д;)
最近、妙にこんな料理を懐かしく感じます。
Tomyさん、覚えている料理は絶やさないように伝えて下さいませ。

投稿: saiko3 | 2012年2月19日 (日) 02時12分

こんばんは!
酒粕・・・こんな使い方もあるんですね。
一年に一度くらい買って、使いきれず。
今度買ったらやってみよう。
というか、こんな美味しそうなのをみたら、
買いたくなりました。

>>まっすぐ帰れずついつい飲み屋に避難してしまったけど
あはははは!!
私はあまりの寒さに近所の飲み屋に一杯飲みに非難しに行きましたよぅ!

投稿: ここちき | 2012年2月18日 (土) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/54011411

この記事へのトラックバック一覧です: 小松菜の酒粕煮:

» 酒粕 [みんなの料理レシピ]
同じ料理でも作り方、レシピは人それぞれ。あなた好みの味、調理法がみつかるように、できるだけ多くの情報を集めてみました。 [続きを読む]

受信: 2012年2月20日 (月) 17時13分

« ネギとチキンのグラタン | トップページ | お弁当(中華風弁当-3) »