« サツマイモとリンゴのサラダ | トップページ | お弁当(いろいろバランス弁当2) »

2012年1月20日 (金)

2種のきのこのマリネ

111217_2

先日アップしたのは、ドライトマトの酸味と旨味をきのこに合わせたこのマリネ。

 レシピはこちら。 →★recipe 『きのことドライトマトのマリネ』

きのことドライトマトの組み合わせは、我が家ではリゾットが定番なのですが、
いつものキノコのマリネに加えるバルサミコ酢のかわりに、ドライトマトを使ってみると、
またパワーアップした美味しさになりました。

プチトマトで作る自家製セミドライトマトで作ってもいいですし、
白舞茸を使うと白い仕上がりで、ドライトマトが入っているのがわかります。お好みで。

 

 

111222_3

もう一つこれまで定番にしていたマリネはこちら。

 →★recipe 『きのこのマリネ バルサミコ酢風味』

バルサミコ酢の酸味と甘い香りを加えたマリネで、隠し味にアンチョビを使ってます。

自家製アンチョビを仕込むようになってから、こうして隠し味に使うようになりましたが、
それまでこのマリネにはお醤油を隠し味に使ってました。
和総菜と合わせた食卓や、おもてなしにもシンプルでいいかなーと思ってます。

 

111222_1

去年の暮れに、仕事が終わってからこのマリネやチキンの煮込み、ベーコンなどなど、
うちの食卓以上にごっそり持って、学生時代からの友人夫妻のところへ遊びに行きました。

お泊まりして、ワインもゆっくり飲んで、久しぶりに大好きな人達に会えて嬉しかったし、
忙しく激ヤセした彼女の為に作った料理も全部、喜んで完食してもらって気持ちよかったー。

微かなアンチョビの旨味も、バルサミコ酢の酸味も気に入ってくれたみたいですが、
翌日になるとちょっと色が黒くなるので、気になるようであれば白舞茸やエリンギでも。

 

 

111222_2

 

たとえ黒くても、こんな風に鰹節のっけ状態でパルミジャーノを削って出すと、
おもてなしにも、パンにあわせるにも良さげじゃない?

和食ミックスだったら、カッテージチーズをのせてもいいと思うなー。

 

また友達とゆっくりお酒を飲んで過ごす時の為に、美味しいネタを用意したいと思います。
今年は会いたい人に会う年にしたいなぁ。。。

  

  (miyakonに持っていったもの 備忘録memo)
   ・チキンのトマト煮込み 
   ・キノコのマリネ バルサミコ酢風味
   ・白菜とキウイフルーツのコールスロー
   ・蓮根とブロッコリーのアンチョビクリームチーズソテー
   ・自家製ベーコンポテト(あちらで作った) 
   ・セ・オ・ブレのバゲット

 

NinkiBlogbanner03 
いつもありがと!

 

|

« サツマイモとリンゴのサラダ | トップページ | お弁当(いろいろバランス弁当2) »

コメント

sunつむぎさん

明日から怒濤の日々がやってくるのよー。
その前に溜まってる画像を少しでも消化しようと頑張ったわ。
今年もだまこ鍋、2回作りました!
比内地鶏だとどんだけ美味しいんだろうって思いながら(笑)
お泊まりするつもりなかったんだけどね、
今は猫もいないし、私って身軽だったことに気がついたよー。
この仕事が終わったら遊ぶぞー!

ケヴィタン、無事終えたんだね。
お疲れさま〜。
ソフトエリザベス、さすがです^^


投稿: ★つむぎさん | 2012年1月23日 (月) 23時36分

sunquesoさん

そうなんですよねー。
友人も、「バルサミコと、この美味しいのはナニ?」って聞いてきました。
白ワインも入るし、きのこの香りもあって、
隠し味程度なんですけどやっぱりちょっと違いますねー。
パルミジャーノのっけも良かったです。
でも日本料理は勉強してないですって(笑)
妹は少し勉強してたんですけどね。
今は離乳食に追われて手抜き三昧らしいです〜。


投稿: ★quesoさん | 2012年1月23日 (月) 13時27分

sunここちきさん

私も出不精だし、まわりは子供がいたり仕事が忙しかったりで
なかなか会う時間がとれないんだけど、
あまりにも痩せたらしい噂を聞いて、なんとしても食べさせたくなったの。
私、やせてる人よりふくよかな人の方が好きみたいだわ〜。
miyakonは友達のニックネーム。
婚活パーティーには行ってないって!
やり直せるなら、もう一回ぐらいしてみたい気もしなくもないけどね(爆)

投稿: ★ここちきさん | 2012年1月23日 (月) 13時19分

ちょっとご無沙汰している間に、記事の山~~(汗
大急ぎで読んできました~(だまこLOVE)

きのこって脇役のようでいて、実は存在感ばっちりですよね。
どんな風にしても、たいてい美味しくなるし。
あのステキなアンチョビが隠し味なら間違いない!って感じ。

ご馳走持って、お泊り宴会ステキです。

投稿: つむぎ | 2012年1月22日 (日) 15時02分

う~ん、tomyさんはアンチョビを隠し味に使うのが
とっても上手ですよね。いつも感心します。
確かにコクだしには、ニンニクかベーコンかアンチョビ・・・
となりますが、味の“奥行き感”みたいなものはアンチョビや
魚醤が一番ではないのか・・・と最近思います。
ただ、これもまた使い方次第なんですよね
その匙加減が経験と舌と創造力なんだろうなぁと。

削ったパルミジャーノを乗せるのも流石です!
この発想は日本料理を勉強した人じゃないとパッと思いつかない
そんな気がします。

投稿: queso | 2012年1月21日 (土) 16時51分

おはようございます。
備忘録に書かれているものとともに、
持っていっていかれたメニュー。
美味しそう。
たまにお友達との外食記事にこんなお土産。
tomyさんに会いたいと思われる方達は、
まさに幸せ者ですね!
きちんと記事を読めていなく、
miyakonってなんだろう?と思って調べたら、
婚活パーティーなんていうのも出てきて、
えーまさか!と一人でびっくりしていましたorz

投稿: ここちき | 2012年1月21日 (土) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/53777409

この記事へのトラックバック一覧です: 2種のきのこのマリネ:

« サツマイモとリンゴのサラダ | トップページ | お弁当(いろいろバランス弁当2) »