« 夏から秋の晩ごはん 鶏&蕎麦編 | トップページ | お弁当(定番のドカ弁) »

2011年9月11日 (日)

夏から秋の晩ごはん 冷酒の肴編

 

110906_1

日本酒の肴の晩ごはん。作り置きと簡単にできるもので夏の終わりに食べたいものが集まりました。
なんだか今、おっさんと呼ばれたような? ええ、もちろん聞こえなかった事に。
今日は少しの時間、画面を通して一緒にお酒を楽しんでくださる方をご招待。なんてね。

まずは仕込んでからちょうど食べ頃の自家製塩辛。改良を重ね、ちょっと自慢の塩辛です。

8月後半から塩辛に向いたスルメイカを待っていましたが、9月に入ってやっと納得のイカに出会い、すぐ仕込みました。私は塩辛をつまみに、オットは〆の塩辛茶漬けが楽しみなのです。

 110906_3

こちらは蒸し鶏と三つ葉のゴマだれ和え山葵風味。

ささみは極少々の砂糖を塗り酒をかけて蒸し鶏にしてほぐし、甘みを押さえわさびを加えたゴマだれで、たっぷりの三つ葉と和えたもの。

ささみはオットにほぐしてもらいましたが、手が熱いとかどのくらい細くとか、舞台裏は大騒ぎ(笑)
もー、いつも食べてるんだから覚えてくれっ。自分でほぐしたささみはいつもより旨かったでしょう。

 

110906_2

焼物は鮎の塩焼きです。

今年は一度しか鮎を食べてなかったので、最期に鮎ごはんをと思ったのですが、米汁に変更したのでやはり塩焼きに(笑)

この日はいい感じに焼けました。我が家のグリルは古い物で、下に水を入れる片面焼きです。これは鮎やニジマスがうまく焼けないのですが、その水を入れた受け皿の上にアルミホイルをさらに敷いて焼くと、だいぶ上手に焼けるようになりました。 金属の串を使うのもきっと重要だと思うのですが。

 

110906_image

<9月6日の晩ごはん>

自家製イカの塩辛
ささみと三つ葉の胡麻だれ和え 山葵風味
枝豆入りヒジキ煮
茄子の揚げ出し
鮎の塩焼き 蓼酢がわりのキュウリ酢で
*ご希望でお茶漬け(炙りめしの塩辛だし茶漬け)

もちろん茄子の揚げ出しもかかせませんよね。たっぷりのおろしと一緒にどうぞー。

 

今年の最期の蒸し暑さ。少しだけ気温が下がった夜は冷酒を飲みたいような日が続きました。
来週は忙しいので、今日あたり仕込みをしておこう。。。

 

NinkiBlogbanner03 

今年はお届けする、我が家の花火の写真はありません。

でも仕事でお世話になっている方が、宮城県七ヶ浜町という震災で大きな被害を受けた町でボランティアに参加され、今回の『菖蒲田復興まつり』の事を知りました。今年のわずかな花火代はそちらにも。昨日Ust.↓で花火を楽しみました。(画像お借りしました。すみません)

110910

どうか希望の光になりますように。

 

|

« 夏から秋の晩ごはん 鶏&蕎麦編 | トップページ | お弁当(定番のドカ弁) »

コメント

sunIbuciumさん

塩辛のわた和え的なのは、どうも苦手なんですが、
しっかり脱水して熟成した塩辛は大好きなんです。
粒子の細かい塩でできるだけ脱水させること。
身の方も私はピチットシートで余分な水分をのぞいているので、
和えた後も水っぽくならないんです。
味は塩と小さじ一杯の酒だけ。
あとは3日間、朝晩かき混ぜて熟成です。

お一人でも、食事だけはしっかりとってくださいね。
買って来てもいいし、外で食べ歩いてもかまいませんけどね。
二人で毎日顔を合わせていれば、それはそれでいろいろとありますって。
ははは。

投稿: ★Ibuciumさん | 2011年9月15日 (木) 02時47分

sun桜子さん

私の父も塩辛で〆にごはん食べてました。
私はその残りを翌日の朝ご飯におこぼれをもらっていた(笑)
酒の肴みたいなのが小さい頃から大好きだったけど、
海のないところなので、川魚もよく食べました。
実家ではガスオーブンで焼くので、尾ひれをキュッと上げて焼けるんですけど、
グリルだとあまり曲げられません。
それでも金串の効果ってかなりあります。
水をはった受け皿の上にホイルで焼くのは、太刀魚なんかも上手に焼けそうですよ。
アクアパッツァもいいな〜。
白ワイン、2本がまたすごい〜!


投稿: ★桜子さん | 2011年9月14日 (水) 12時39分

sunquesoさん

はい、やっとできました♪
私の場合は身の水分もピチットシートで完全に調整しているので、
このまったり感も熟れたワタもちょうど好みのものにできてます。
quesoさんもう3回目ですか。すごいね〜。
私もイクラを仕込みたいんですが、
今週は忙しくて全然無理そうだな〜。
今のは柔らかくて美味しいですよね。
鮎は養殖ですよ〜。餌は天然なのか?天然仕上げってよくわかりませんが。
quesoさんのご主人の鮎ごはんに触発されたけど、結局塩焼きに(笑)

投稿: ★quesoさん | 2011年9月14日 (水) 12時33分

sunオイスターさん

お土産は美味しい笹かまと、牛タン。あと、かもめのたまごでお願いします。(笑)
塩辛、オイスターさんの評価を聞いてみたいですわ。
味噌味ですか〜。冬の皮付きイカで造るのかな?
赤造りで麹入りの塩辛は作ったことがあるんですが、味噌は未体験です。

七ヶ浜のお近くがご実家なのですね。
私はこちらに直接の知り合いはいませんが、知り合いから聞きました。
難題もあると思いますが、少しづつでも前にすすんでいけるといいですね。

投稿: ★オイスターさん | 2011年9月14日 (水) 12時31分

sunここちきさん


鮎やニジマスみたいな川魚は香りが苦手な方も多いですが、
私は子供の頃からなぜか大好きです。
今は卵をもった養殖の鮎が出てるますが、もう少しでおわりかな。
塩焼きより鮎ごはんが好きな女性は多いと思いますよ。
手巻き寿司も太巻きは具を準備するのが面倒ですが、
細巻きならすぐです。でも巻くのは細巻きが一番難しい気がするけどね。

私も未だに上手にお肉なんか焼けませんよぉ。
そもそも家で厚い肉とか食べることがそうそうないので練習できないけど(笑)
私の場合は皆さんみたいにいいオーブンや調理器具がないので
簡単なものばかりです。
でも魚焼きグリルはけっこう使えますねー。

カスベ、揚げたのも大好きですが、煮付けのコリコリもたまりません。
オフィスを移転して帰りに立ち寄るお店が変わってしまい、
最近カスベ食べてません。私も食べたいな〜。

投稿: ★ここちきさん | 2011年9月14日 (水) 12時29分

お呼ばれされた~~~い。お土産は何が良いですか?
もみまん?牡蠣はまだ季節じゃないなぁ~。
あ、穴子飯??? なんちゃて…。

塩辛…我がオットも大好きですので時々作りますが…
こんなにまったりと美味しそうに出来ない…。何故??
コツを伝授して下さい~。

オットが先発で東京単身赴任になってから、ロクなご飯をつくっておりませぬ。
あ、ビールだけは一人でも飲んでますが…(笑)。

二人で楽しむ夕餉+お酒…それだけでご馳走かなぁと、一人暮らしの今は思います。(きっと、毎晩顔をつきあわせるようになると、色々有るだろうけど…爆)

投稿: Ibucium | 2011年9月13日 (火) 14時01分

とろ~んとまったりな美味しそうな塩辛だこと!
幼い頃に父が塩辛をよく作ってましたが、そんなの食べ物じゃないーと思ってたけれど、今となっては大好物。
呑兵衛になったからでしょうかねぇ。
イカさん、ごめんなさいって感じです。

鮎も良い焼け具合☆
うちも受け皿に水を入れて使うタイプなんで、やってみます!

どれもこれも冷酒が進んで仕方がない肴ですね。
それにヘルシー!
こちら先週末はイサキのアクアパッツアで白ワイン2本コースでした。
週末はオットがキッチンに立つ我が家。
後片付けも???
ヨメの仕事ですがね↓


投稿: 桜子 | 2011年9月12日 (月) 15時57分

おお、作られましたね塩辛(^^)♪
とろりと塩が熟れた感じが何とも美味しそうです。
流石ですね。
私も昨日、この夏3度目の塩辛を仕込みました。
朝・晩とぐるぐるとかき混ぜる日々が続きそうです。
そういえば、今日は魚屋さんで生筋子を見かけました!
ということは・・・ぼちぼち自家製イクラを仕込む季節
でもあるんですね~

鮎、こんがりと美味しそうです。
養殖ものだとこのサイズのものってなかなか見かけません。

投稿: queso | 2011年9月11日 (日) 17時55分

すみません。誤字、脱字でイッパイでス。恥ずかしい!
お客様。 もしかして知り合い?と書きたかったのですが。オイスター

投稿: オイスター | 2011年9月11日 (日) 15時24分

tomyさん、こんにちは!!
お客様使用の食卓ですか。うん、うん、塩辛自信作?
頂に伺いたいわ~~   お土産何がいい?? ふふふ~

びっくりしたわ~~おきゃ様実家から10分位だわ。
お客様だとわかると思いますが、坂総合さんと七ヶ浜の中間点に
あるのが私が育った地!!   も疎化して知り合い??なんてね。

私も塩から少しは自信作よ。冬のイカで作り隠し味は、味噌と柚子で。
今度味見する? tomyさんの美味しそうなので引っ込めておきます。

投稿: オイスター | 2011年9月11日 (日) 15時20分

おはようございます。
鮎…一度どころかまだ買った事がないんです(^^;
毎年見かけてはいつのまにか終わってる。。。
もう時季ではないのかな?
手巻き寿司もそうですが、実行しないと、
ホント誰も作ってくれないから食卓に上がらないですね(泣

鮭は全部塩味、魚は焼くときに塩を振ることすら知らない、
アスパラの皮を剥くのも知らない、肉魚は1分位で焼ける…
と、結婚した時は本気でそう思っていたので、
その頃からこちらにお邪魔しているので、
tomyさんには密かにお世話になっています(笑

季節な物、私も買えるようになりたいなぁ。
あと鮎ご飯が気になります。

#そういえば、昔こちらでかすべを見て、買った事を思い出しました。
これコリコリ何~?と夫とはしゃいだ魚でした!

投稿: ここちき | 2011年9月11日 (日) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/52699779

この記事へのトラックバック一覧です: 夏から秋の晩ごはん 冷酒の肴編:

« 夏から秋の晩ごはん 鶏&蕎麦編 | トップページ | お弁当(定番のドカ弁) »