« ズッキーニのパスタとリゾット | トップページ | ピリ辛棒棒鶏 »

2011年8月25日 (木)

TERAKOYA@武蔵小金井

110802_10

春に義母たちと旅行に行く予定だったのですが、いろんな事が重なってとりやめたままでした。

先日顔を出す機会にここぞとばかり、前から行きたいと話していたフランス料理を食べに行こうと義母と盛り上がり、最初はあまり気乗りしていなかったオットたちを連れて夏のランチをいただきに行きました。

 

110802_0102

お店は武蔵小金井にあるTERAKOYA。都下の老舗一軒家のフランス料理店で、ブライダルで訪れた事がある方もいらっしゃるかもしれません。

表通りからわかりづらい入り口ですが、お店の方が門で待っていてくださいました。
門を入ると右手の奥に見えるのは大きな燻製小屋っぽい。燻製好きとしては期待が高まります。

 

110802_0304

ちょっとクラシックな建物と和風庭園。迎えられて入ると、落ち着いた懐かしいような雰囲気も。 

 

110802_05

最初に通されたウェイティングルーム。義母たちが来るのを待ち、ゆったりソファに座って日常とかけ離れた特別感にワクワクしたり、鯉がいる和風の庭園に出てみたり気持ちよかったな。

この時点で男性2名も期待感でいっぱい。みんなで庭園で記念写真も撮ってもらったわ(笑)

 

110802_11

レストラン内は昭和クラシックな感じですが、庭園が見える大きな窓辺から明るい光が差し込む広々空間で、リラックスできます。

私たちはボルドーの白ワイン(Chateau D'Arueyres 2009)を、運転するオットは、トップ写真の庭園で採れた自家製ザクロのノンアルコールカクテルを。美しい色と揺れる種が夏の午後にピッタリ似合うのでした。

いただいたランチは平日火曜〜金曜のスペシャルランチコース5250円(サービス料10%別途)。
まずアミューズは『自家製 鹿児島産黒豚の生ハムと冬瓜のすりながし寄せ 2種のメロン載せ』

コンソメで寄せた冬瓜と、小さいのにビックリするほど甘くて、味の違いをしっかり感じる2種のメロンのコラボにいきなりやられました。生ハムは燻製香良く、串で食べるのは食感も楽しめていいかも。

 

110802_13

前菜 『いろいろな総菜を盛り合わせて』 (料理名詳細は忘れたのでメインの材料だけ。)

上段手前から 鴨、蟹の洋風ちらし寿司、シュー生地に包まれた鱒のムース
下段 生しらすと海藻とパスタ、そば粉生地のガレットと自家製スモークサーモン、ピスタチオの入ったパテ

どれもこれも手が込んでいて美味しく、種類もビジュアルも楽しめました。パテも好み。

 

110802_12

パン 『フレンチアルプスのリマーニュの小麦粉、地中海カマルグの海塩で作った自家製プチパン』

この後の料理の途中で、自家製燻製バターもお試しくださいといただきました。実は私も燻製バターと燻製塩を研究してるので興味津々。でもそのバターは塩気がキツくて私には厳しいー。でもパンはとても美味しかった。こちらの自家製パンや燻製製品は入り口にあったブティックで買えるそう。

 

 

 

110802_14

スープ 『季節の野菜のポタージュ』 

コース外でプラス800円でお願いできますが、この日はシャンパンビネガー(だったか?)を効かせた新玉ねぎと白エビのスープでした。

オットは冷製だと思わず私だけがオーダーしたのですが、味見したオットが激しく後悔。その後全部食べられたー(泣) 家でも作ってくれと言われているのですが、「こんな旨いもんできるかいなっ!」です。

とろっと優しい玉ねぎの甘さに想像以上に夏らしい爽やかなビネガーの酸味。中に入っているブイヨンのジュレと合わせて白エビを包んで食べるのがすごく美味しかったです。

 

 

110802_15

魚料理 『築地より イトヨリ鯛のポワレとムール貝のスモーク 3種のソース添え』

イトヨリ鯛の焼き加減もふわっとした食感もとても良かった。下には海藻のソースと自家製パスタ。周りには焼きトマトとオリーブのソースです。海藻のソースが美味しかったのですが、濃厚な焼きトマトのソースが加わると全く違った印象で楽しめる一皿でした。

ムール貝のスモークは初めて。しっかりめの燻製ですが、ズッキーニやトマトと夏らしい演出です。

 

 

110802_16

肉料理 『イベリコ豚 ペジョータのカリッとポワレ、スクレ・サレのフィロ包み添え 
      オリエンタルなスパイスのソース』

赤ワイン SIRIUS Merlot et Cabernet Bordeaux 2006

イベリコペジョータのスペアリブの部位と、奥に見えるパイの中はハラミの部分が包まれています。このハラミパイはもっと特大サイズで食べたいっ(笑)。塩気がしっかり効いたペジョータのスペアリブはそのままでもとても美味しいお肉ですが、石の上にのったからみ大根とマスタードシードを黄色いソースと混ぜるとフレンチ仕様。

 

 

110802_17

デザート 『デセール ヴァリエ/ 
ピスタチオとクランベリー(?)のケーキ、桃のムース、マンゴーのプリン、オリーブのアイス』

かわいい!小さくてもしっかり繊細な味が楽しめるものでした。オリーブのアイスも印象的。

 

110802_19

最期にデミタスコーヒーを。

デザートの時も、スープの時も、久しぶりの銀食器の優しい口あたりにオットが唸ります。 

最近はあまりの暑さに「一日1パルム」してたので、スプーンのことをすっかり忘れていたけど、これまでハーゲンダッツを食べる為、漆のいいスプーンが欲しいと話していたのでした。でも銀のスプーンに変更することになりそうです。
「結婚記念日にでも買おうか。いつだったけ?」オットに聞いてもわからないので延々買えません(笑)

 

110802_18             

量はないですが、手間がかかった繊細なお料理がたくさん楽しめた印象で、老舗フレンチのお得なランチコースの満足感もありました。

食事中はソムリエの他に2名のサービスの方が寸分たがわず向いの席と私にお皿を置きます。音楽が流れるような落ち着いたサービスは広々空間の中で心地よく、皆満足で夏のゆったりした大人の午後の時間を過ごすことができました。

 

NinkiBlogbanner03 

 


 

|

« ズッキーニのパスタとリゾット | トップページ | ピリ辛棒棒鶏 »

コメント

sunkyokoさん

珍しくオシャレして、背筋がのびるような場所だと思いましたが、
とてもリラックスして楽しめましたよ。
一つ一つの素材が上質でそれぞれに合った繊細な味。
フレンチってやっぱりいいなーと思わせてもらいました。

私のブログの写真は遅い夜ごはんの写真ばかりなので(弁当以外)
久しぶりの自然光のごはん写真です。
だからお天気が良かった事や直射日光が入らない室内は嬉しいね。
部屋が広すぎて壁は関係ないわ。
壁も白じゃなくて鹿と暖炉だったような(笑)
大きな窓からの光に、白のテーブルクロスがレフ代わり。
いつも簡単にJPEGで撮影してあまりいじってないんだけど、
これはRAW現像して白のトーンはコントロールして現像してます。
その違いが一番かなぁ。

投稿: ★kyokoさん | 2011年9月 4日 (日) 14時10分

お料理はどれも手が込んでいて、小さくて(少なめで)
いかにもなクラシカルなフレンチ!という感じだけど、
とても味わい深かったのだろうと想像します。
前菜でワイン2本空けられるね。

時にはこういう食事をして、体も心もぴしっとしたい気分。

それにしても画像が美しいね・・・。
光の回り方が料理のイメージにぴったりで理想的。
何かしてるの?(してないかw)
テーブルフラワーの色のコーディネートも秀逸。
明るい曇り日で、壁が真っ白、とか、そんな感じなのかな。


投稿: kyoko | 2011年9月 1日 (木) 15時13分

sunquesoさん

記念日に行こうとすると、記念日にしか行けないので、
たまには!と言い出してみるのがいいかもしれない。
でも久しぶりにワンピース着ましたよ。
オットなんかこの夏初めてジャケットを着たかもしれない。ワハハ。

フレンチって素材だけじゃなくてソースも楽しめるし、
これだけ種類があると量は少なくても私はすごく満足できました。
ランチだけど、よかったよー。

投稿: ★quesoさん | 2011年8月29日 (月) 01時33分

sunオイスターさん

ちょっと名前から想像しなかったお店ですよね。
やっと行く事ができました。
結婚記念日は忘れちゃってるし、何かあったわけじゃないんだけど、
旅行しなかったので豪華ランチしてきたの。
久しぶりにオシャレもして、たまにはいいもんです。
結婚記念日なんて言わず、ご主人と二人でいかがですか?

トリュフはトリュフオイルなんかもあるから
手軽に手に入るけど(値段が手軽じゃないけどね:笑)
市販の燻製塩は化学調味料が入っているので
ない物をつくりたいのよ〜。
燻製バターの方が先にできそうかな。

投稿: ★オイスターさん | 2011年8月29日 (月) 01時21分

sunまゆみさん

私も結婚記念日を一度調べた事があるんだけど、
また忘れちゃったんだよね〜。
どうもあまり覚える気がないらしい(笑)
ご主人、間違っていても覚えようとしてくれただけエライ!ね。

ここで刺激されたので、明後日からお休みする間に
また燻製バター仕込んでみるわ。
味見という研究のおかげでパンも食べ過ぎるし、更に太りそうなの。
燻製バターあげる時は、私の分もパン焼いてちょうだいね。

泡のソース、全然嫌みじゃなかったし、
前菜の一つ一つにすごく凝ってたよ。
フレンチ、やっぱりいいなーと思わせてもらったわ。

投稿: ★まゆみさん | 2011年8月29日 (月) 01時10分

最初の一枚の写真で、思わず背筋が伸びました。
嗚呼~、こうした食事、暫くご無沙汰です。
夏の日の午後、ちょっと洒落たワンピースを着て夫婦での午餐。
・・・もう暫く、ご無沙汰です。
最後に夫と出かけた飲食店は焼き肉だし・・・。
そもそも記念日ディナーも全くないし・・・。

お料理、どれもこれもきっちりと美しく作られていて白いお皿に
映えますね。
・・・確かに量はうむむですが、こうしたコース料理、たまには
食べたいなぁと久々に思わせて頂いた記事でした。

投稿: queso | 2011年8月27日 (土) 16時34分

TOMYさん、てらこや? 見た瞬間大笑いしてエッ!うん?何~~~

思ってたイメージと違いオフランスのコースだったのね!!
味見は出来ないけどすんごい手がかかり一度行きたいわ~~~
tomyさん、私の行きたい所一杯だわ~
記念日の特別の日だったのね。  私達夫婦は? 忘れてるふふふふ~

フランス料理は家庭では難しいので。。。。見るだけで少し満足
食べたら大。大。大満足ね。

う~~ん大人の贅沢時間過ごしましたね。

気になる、燻製バターと燻製塩どんなんだろう~

今度トリュフ塩発売になるよ~~
tomyさん、燻製出来たらゴチしてね~。 待ちます!!

投稿: オイスター | 2011年8月26日 (金) 07時02分

結婚記念日、ウチも忘れてるわ。
違う日を主人から言われたこともあるし・笑。
燻蒸塩&燻蒸バターを食べられる日も近いなぁ。
期待しているわ、宜しく!ウシシシ。

ここの前菜が超美味しそうーー。
一時期、何でもかんでも泡をシュワシュワさせるのが流行ってたけど
ここのサーモンに乗っているのは嫌味じゃなくていいね。
うぅ、食べたいなぁ。

投稿: まゆみ | 2011年8月25日 (木) 15時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/52473313

この記事へのトラックバック一覧です: TERAKOYA@武蔵小金井:

« ズッキーニのパスタとリゾット | トップページ | ピリ辛棒棒鶏 »