« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

夏の思い出 2011

 

110831_1

 

明日から9月。暑い暑い夏が終わるようです。

夏の思い出も、アップしてない画像もいっぱいあるけど、季節は変わっていくね。

 

一日も早く安心して暮らせる日が来るといいな。

 

NinkiBlogbanner03 


 


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

ピリ辛棒棒鶏

110727_1

 

さて、フレンチの後はお安い胸肉の続編を(笑)
先日も夏になると買う鶏胸肉の話をしましたが、やっぱり棒棒鶏ははずせません。

今まで炊飯器を使った炊飯蒸し鶏にはまっていたけど、節電対策で再びレンチン活用してます。
野菜はキュウリ、白葱、青紫蘇、レタス、トマト。

 

110727_2b

タレはしゃぶしゃぶのゴマだれにしているレシピのアレンジ。
生姜やラー油の香味や、胡麻油でコクを加えたものです。
使ったラー油は石垣島ラー油。私が好きなのを知っていて、今年も沖縄へ行ったまゆみさんからのお土産(感謝!!)です。あまり辛さがないので豆板醤を少し入れました。

 →★recipe 『ピリ辛棒棒鶏』

練りごまなので芝麻醤より少しあっさりかな?
その時の気分で多少違ったアレンジにもなりますが、それも楽しいうちめしです。

 

110727_3b 

安くて栄養もボリュームもいっぱい。もういっぱい必要ない歳かもしれないけど、安いのはありがたい。

大雨もやんだようだし、今日あたりもう一回ぐらい食べようかな♪

 

 

NinkiBlogbanner03 


 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

TERAKOYA@武蔵小金井

110802_10

春に義母たちと旅行に行く予定だったのですが、いろんな事が重なってとりやめたままでした。

先日顔を出す機会にここぞとばかり、前から行きたいと話していたフランス料理を食べに行こうと義母と盛り上がり、最初はあまり気乗りしていなかったオットたちを連れて夏のランチをいただきに行きました。

 

110802_0102

お店は武蔵小金井にあるTERAKOYA。都下の老舗一軒家のフランス料理店で、ブライダルで訪れた事がある方もいらっしゃるかもしれません。

表通りからわかりづらい入り口ですが、お店の方が門で待っていてくださいました。
門を入ると右手の奥に見えるのは大きな燻製小屋っぽい。燻製好きとしては期待が高まります。

 

110802_0304

ちょっとクラシックな建物と和風庭園。迎えられて入ると、落ち着いた懐かしいような雰囲気も。 

 

110802_05

最初に通されたウェイティングルーム。義母たちが来るのを待ち、ゆったりソファに座って日常とかけ離れた特別感にワクワクしたり、鯉がいる和風の庭園に出てみたり気持ちよかったな。

この時点で男性2名も期待感でいっぱい。みんなで庭園で記念写真も撮ってもらったわ(笑)

 

110802_11

レストラン内は昭和クラシックな感じですが、庭園が見える大きな窓辺から明るい光が差し込む広々空間で、リラックスできます。

私たちはボルドーの白ワイン(Chateau D'Arueyres 2009)を、運転するオットは、トップ写真の庭園で採れた自家製ザクロのノンアルコールカクテルを。美しい色と揺れる種が夏の午後にピッタリ似合うのでした。

いただいたランチは平日火曜〜金曜のスペシャルランチコース5250円(サービス料10%別途)。
まずアミューズは『自家製 鹿児島産黒豚の生ハムと冬瓜のすりながし寄せ 2種のメロン載せ』

コンソメで寄せた冬瓜と、小さいのにビックリするほど甘くて、味の違いをしっかり感じる2種のメロンのコラボにいきなりやられました。生ハムは燻製香良く、串で食べるのは食感も楽しめていいかも。

 

110802_13

前菜 『いろいろな総菜を盛り合わせて』 (料理名詳細は忘れたのでメインの材料だけ。)

上段手前から 鴨、蟹の洋風ちらし寿司、シュー生地に包まれた鱒のムース
下段 生しらすと海藻とパスタ、そば粉生地のガレットと自家製スモークサーモン、ピスタチオの入ったパテ

どれもこれも手が込んでいて美味しく、種類もビジュアルも楽しめました。パテも好み。

 

110802_12

パン 『フレンチアルプスのリマーニュの小麦粉、地中海カマルグの海塩で作った自家製プチパン』

この後の料理の途中で、自家製燻製バターもお試しくださいといただきました。実は私も燻製バターと燻製塩を研究してるので興味津々。でもそのバターは塩気がキツくて私には厳しいー。でもパンはとても美味しかった。こちらの自家製パンや燻製製品は入り口にあったブティックで買えるそう。

 

 

 

110802_14

スープ 『季節の野菜のポタージュ』 

コース外でプラス800円でお願いできますが、この日はシャンパンビネガー(だったか?)を効かせた新玉ねぎと白エビのスープでした。

オットは冷製だと思わず私だけがオーダーしたのですが、味見したオットが激しく後悔。その後全部食べられたー(泣) 家でも作ってくれと言われているのですが、「こんな旨いもんできるかいなっ!」です。

とろっと優しい玉ねぎの甘さに想像以上に夏らしい爽やかなビネガーの酸味。中に入っているブイヨンのジュレと合わせて白エビを包んで食べるのがすごく美味しかったです。

 

 

110802_15

魚料理 『築地より イトヨリ鯛のポワレとムール貝のスモーク 3種のソース添え』

イトヨリ鯛の焼き加減もふわっとした食感もとても良かった。下には海藻のソースと自家製パスタ。周りには焼きトマトとオリーブのソースです。海藻のソースが美味しかったのですが、濃厚な焼きトマトのソースが加わると全く違った印象で楽しめる一皿でした。

ムール貝のスモークは初めて。しっかりめの燻製ですが、ズッキーニやトマトと夏らしい演出です。

 

 

110802_16

肉料理 『イベリコ豚 ペジョータのカリッとポワレ、スクレ・サレのフィロ包み添え 
      オリエンタルなスパイスのソース』

赤ワイン SIRIUS Merlot et Cabernet Bordeaux 2006

イベリコペジョータのスペアリブの部位と、奥に見えるパイの中はハラミの部分が包まれています。このハラミパイはもっと特大サイズで食べたいっ(笑)。塩気がしっかり効いたペジョータのスペアリブはそのままでもとても美味しいお肉ですが、石の上にのったからみ大根とマスタードシードを黄色いソースと混ぜるとフレンチ仕様。

 

 

110802_17

デザート 『デセール ヴァリエ/ 
ピスタチオとクランベリー(?)のケーキ、桃のムース、マンゴーのプリン、オリーブのアイス』

かわいい!小さくてもしっかり繊細な味が楽しめるものでした。オリーブのアイスも印象的。

 

110802_19

最期にデミタスコーヒーを。

デザートの時も、スープの時も、久しぶりの銀食器の優しい口あたりにオットが唸ります。 

最近はあまりの暑さに「一日1パルム」してたので、スプーンのことをすっかり忘れていたけど、これまでハーゲンダッツを食べる為、漆のいいスプーンが欲しいと話していたのでした。でも銀のスプーンに変更することになりそうです。
「結婚記念日にでも買おうか。いつだったけ?」オットに聞いてもわからないので延々買えません(笑)

 

110802_18             

量はないですが、手間がかかった繊細なお料理がたくさん楽しめた印象で、老舗フレンチのお得なランチコースの満足感もありました。

食事中はソムリエの他に2名のサービスの方が寸分たがわず向いの席と私にお皿を置きます。音楽が流れるような落ち着いたサービスは広々空間の中で心地よく、皆満足で夏のゆったりした大人の午後の時間を過ごすことができました。

 

NinkiBlogbanner03 

 


 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

ズッキーニのパスタとリゾット

110811_1

ズッキーニってキュウリほど灰汁も味もないですが、その食感は独特で、いろいろに調理できて便利。淡白な分、旨味のあるものと組み合わせたくて、アンチョビやベーコン、数種の野菜の旨味とあわせて料理することが多いです。

これはズッキーニとツナのパスタ。数カ所皮を剥いて薄切りズッキーニをたっぷり炒め、アンチョビの旨味とツナ缶を合わせれば、柔らかに絡む食感にも変身。これはフェデリーニ(1.4mm)が絶対合うよね。

 

  <材料メモ>
  フェデリーニ160g〜180g、ズッキーニ小1本、アンチョビフィレ2枚、ツナ缶1缶、
  赤唐辛子1本、ニンニク1片分、EXVオリーブオイル大2.5、塩こしょう適宜
  パスタのゆで汁適量(塩1%)

 

 

110822_1

速報、今朝食べたズッキーニとベーコンのリゾット。お弁当を作る日は忙しいのでリゾット&フルーツの朝ごはんは良く作ります。(いい歳して、パンじゃいくら食べても食べた気がしないって言うんだよー:泣)

こちらはコロコロ切って、ちょっとポクポクした食感を楽しみます。ベーコンやスープの旨味とあわさって美味しい。自家製のベーコンの燻味や濃厚さを調和させるために白ワインを加えたけど、市販のベーコンの時は入れなくても。

ズッキーニはチーズとも相性よいのがまた好きなところ。オーブンがあれば、チーズボードも作りたいんだけどなぁ。。。

  

  <材料メモ>
  ズッキーニ小1本、ベーコンスライス2枚、玉ねぎ1/4個、米1合、オリーブオイル大2、
  ニンニクみじん切り1/2片分、白ワイン大2、ブイヨンか野菜のスープ適量(熱く)、
  バター大1/2、パルミジャーノすりおろし大2、塩胡椒。
  *米を炒めはじめ、熱いスープを数回にわけて加えながら18分で完成させる。

 

 

NinkiBlogbanner03 

  

そういえば、昨日買い物にでかけたら、走っている徳光さんに会いました。おもわず「頑張ってー」と声が出ました。私の両親より少し若いくらい?ホント、凄いね。元気な身体ってありがたいことだなぁ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

鶏肉と夏野菜の黒酢あん

110708_1

プチトマトを夏野菜と言うのはどうかと思いますが、ししとうと合わせるとちょっと夏っぽい?(強引)
レシピはこちら→★recipe 「鶏と夏野菜の黒酢あん」

先日、夏になると胸肉を買うと言ったのですが、その胸肉で夏に作る代表的なものに、ここにある南蛮漬けや、この酢豚風の酢を使った料理があります。

トマト入りがポイント。この時の黒酢あんのアレンジですが、ケチャップを入れないシンプルであっさりした黒酢あんにしてみました。肉団子作るより相当お手軽なので、こちらの方が登場回数多いかも。あんは肉団子同様にケチャップ少し入れてトマト風味増量にしても美味しいです。

 

 

110708_image

<7月8日の晩ごはん>

鶏と野菜の黒酢あん
アサリとセロリの炒め蒸し
ゴーヤのおひたし
とろろ昆布のすまし
ごはん

 

実は7月に食べた古いネタですみません。そろそろ涼しくなるなんて聞いたので、あやうく没ネタになるところを救済しておこうかと。涼しくなってくれると嬉しいですよね。

昨日なんか炎天下を1時間ちょっと外で動いただけで、頭痛が激しくて夕方仕事になりませんでした。もしかして熱中症になりかけたのかな?夜にはすっかり回復して、飲みに行っちゃったんですけど、水分もっと採らないとだめですねー。あ、コーヒーもビールも水分じゃないらしいですよ。(当然)

 

 

NinkiBlogbanner03 


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

2年目の暑い夏

 

110817_01

 

あの日と同じで、朝から蝉が激しく鳴く真夏日でした。
転がっていた松ぼっくりを蹴飛ばしながら歩くと、
小さい頃のziziだったら、追いかけてきて狂っただろうなと思い出しほくそ笑んでしまいました。

ziziが天国に行ってから、もう2年が過ぎたなんて思えないのですが、
でも毎日話しかけて、いつも感謝して、やっぱり時々謝ってしまいます。
ずっとそうなのかも。

 

今夜のごちそうは鮪。
いつものように一番に食卓につき、お刺身と睨めっこしながらお行儀良く待っていたと思います。
「美味しかったね。」

お盆が終わり、たくさんの方の魂や、友達と一緒に帰って行ったかな。
「元気でね。またおいで。」

 

 

NinkiBlogbanner03 


 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

お弁当(夏のスペシャル弁当)

 

今月はあまり作っていないのですが、夏限定のスペシャル(?)弁当を集めました。 

 

110800bento_03b

<夏のスパムにぎり弁当>

  • スパムにぎり(新生姜入り)
  • ブロッコリーのマスタードマヨネーズ和え
  • ジャガイモと人参のオムレツ チリトマトソース
  • 塩漬けキュウリ
  • ミディトマト

減塩スパムを油をひかずに焼いて、新生姜のすりおろしをたっぷり挟んで海苔で巻きました。
ビックリしてたようですが(笑)、久しぶりで美味しかったらしいです。
チャンプルーを作る時でさえ最近はお肉やベーコンで代用していたので、残りはもちろん久々の本格チャンプルーに。

 

 
 

110800bento_01

<夏の穴子ちらし弁当>

  • 穴子ちらし
  • 小松菜とひじきとパプリカの炒めもの
  • 白桃

切りごまと新生姜、キュウリ、刻み穴子を混ぜたちらしの上に、錦糸たまごや穴子をのせました。
大葉を上に散らせば良かったかな?弁当だと黒く萎びちゃうかもと思い、キュウリの飾り切りに。

 

 
 

110700bento_06

<夏のチキン南蛮弁当>

  • チキン南蛮(自家製ピクルスと新生姜入りタルタルソース)
  • 茄子とキュウリもみ
  • トマト
  • 白米ごはん + 梅干し切り胡麻

鶏は断然モモ肉派ですが、夏は胸肉でいろいろ作ります。それはまた別記事にするとして、この日は材料が乏しかったので仕方なく朝から胸肉たっぷり揚げて、甘酢に浸したチキン南蛮を作りました。タルタルは夏らしく生姜入り。普段作らないものを弁当で作るとウケがいいらしい。
ところで朝から揚物、やればできるじゃんなんて言わないで。もうしないよ。暑かったー。
そんなわけで、この夏限定のチキン南蛮弁当です。

 
 

NinkiBlogbanner03 

 


| | コメント (8) | トラックバック (1)

2011年8月10日 (水)

ギョービーと夏野菜

110804_1

焼き餃子はラーメンとセットで外で食べる事が多い我が家ですが、先月実家へ行った時、妹オススメの餃子の皮で作ったら美味しかったので、久しぶりに作りたいモードに。

平日は時間もないし、暑くて皮から作る気になれないので、美味しい餃子の皮ジプシーでスーパーを回っていますが、同じ物はこちらにないらしい。でも頭の中は既にギョービー。餅粉入りの厚手のをチョイスです。

またも焦がす寸前ですが、この日も餃子が焼けました。暑い中、大判20個包んだだけでもエライぞ、私。

 

あとは切っただけの夏野菜を並べちゃえー!

 

110804_image

<8月4日の晩ごはん>

焼き餃子
クラゲとキュウリの冷菜
冷やしトマト
茄子漬け
キムチ
枝豆
いただいたトウモロコシ

 

一仕事終えてひとり気分は夏休み。夏野菜に餃子、ビール、、、。 あれっ、肝心のビールを写真に入れ忘れちゃった。

きっと暑さでやられたんだわ。そうだよね、ねっ。

 

NinkiBlogbanner03 

 


| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

鯵と豆腐の献立

 

この夏も、和食といえば青魚とお豆腐の献立が多い我が家です。

上の階の漁師がご主人が、6月から漁を釣りを再開されたらしく、鯵やら鯖やらあいかわらず釣果を届けてくださいます。ますますの豊漁を願いつつ、鯵とお豆腐献立一挙掲載です。

 

110725_image2

<7月25日の晩ごはん>

釣り鯵のたたき
インゲンとクリチのささみロール バルサミコ風味 焼きししとう プチトマト
寄せ豆腐のキムチのせ
焼きなすおひたし
キュウリの三五八漬け
雑穀入りごはんか素麺(だったかも)

 

ささみの周りが黒いのは、またしても焦がしたわけではなく、煮詰めたバルサミコ酢ですからっ。

釣り鯵をいただいたら、まずは刺身かたたき。今年は夏ミョウガが高くてミョウガ好きとしては困ってますが、やはりたたきには必要ですよね。

ちなみに去年の夏の鯵のたたきと豆腐の献立はこちら

 

 

110627_image

<6月27日の晩ごはん>

鯵の酢締め 酢の物キュウリ ミョウガ
和風麻婆豆腐
スナップエンドウのおひたし
トマトと新タマネギのマリネ
白米ごはん

 

しめ鯵(アジの酢じめ)も、今年も何度か作りました。

青魚には、キムチ系やピリ辛のものを合わせるのも好きです。
豆板醤はやや控えめで、砂糖やみりん、ごま油等を加えて練った八丁味噌も少し入れたあっさり和風麻婆。えのき茸やニラも入って具沢山です。

 

 

110805_1

さんが焼きの写真は久しぶりかな。

先日meshiちゃんの、バターで焼く房総のさんが焼きを真似ている記事を見て、私も次は絶対バターで作ろうって決めてました。そしてやはり大葉やネギの薬味の香りと、味噌バターの香りは悶絶でしたよ。

このさんが焼きは、刻みネギ(あればミョウガも)と、味噌を一緒に細かくたたいて、すりおろし生姜と酒、極少量の醤油を混ぜただけのもの。たくさん釣果をいただいたら、干物かさんが焼きで冷凍しておくと助かります。

 

110805_image

<8月5日の晩ごはん>

鯵のさんが焼き
イカジャガのキムチ炒め
豆腐とトマトと貝割れ大根のサラダ 
枝豆
ごはん
いただきものデラウェア(Sさんありがとうございます!)

 

直前まで写真撮るつもりがなかったので、サラダが思いっきり大盛りですが許してください。(汗)

そんなわけで遅く帰った一昨日、日曜に作っておいたさんが焼きを軽く解凍し、大葉ではさみバターで焼きました。旨かったです。

そうだ。今度小麦粉をつなぎにして、弁当にも入れてやろう。ビールが飲みたくなっちゃうかもね。

 


NinkiBlogbanner03 

 

都会で地に足のつかない生活をしていると、祭りは単なる騒ぎのようにも見えますが、豊漁や豊作を神に祈り感謝する日本の『祭り』が、東北をはじめ各地でこの夏も開かれたこと、やはり嬉しく思います。

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2011年8月 6日 (土)

coci@恵比寿

100826_image

先日珍しく生春巻きをアップしたので、続いてこちらも。

実はパクチーいっぱいってのが苦手なので、タイ料理やアジアめしは作る事も食べに行く事もそうないのですが、夏はなんだか食べたくなって、恵比寿あたりにランチを食べに行きます。

" coci"は、川沿いに細長く建つ一軒家のカフェ風で、ゆったり椅子や、一人で行っても落ち着く空間がマル。

ここに行く時は、定番ガパオなど4種から選べるウィークデーランチがお目当てです。

 

 

100826_1

実は先日も行ったのですが、写真を撮ってないので去年行った時のもので失礼。
メニューは大きく変わっていませんでした。

この時は豆や夏野菜のサラダ。しっかりマリネされてて美味しかった。

 

 100826_2

私はパッタイ(タイ風焼きそば)、一緒に行った友人はグリーンカレーをチョイス。

どちらも本場の味というより、日本人が食べやすくしてある印象。今年食べたグリーンカレーもココナッツいっぱいでやはり辛くなかったです。
去年行った時はパッタイの味は良いけど、海老の冷凍臭が気になって、海老好きとしては悲しかった。でも人気メニューらしいので、その時だけだったのかもしれない。

一口サイズのチーズケーキとコーヒーまでついて、ウィークデーランチ1000円。ちょっとお得かな。

 

NinkiBlogbanner03 

 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

生春巻きと自家製スイートチリソース

110712_1

<7月12日の晩ごはん>

トマトの冷製スープ
生春巻き スイートチリソース
ジャガイモとツナのカレー風味炒め煮

 

この夏すでに2回目の生春巻きの晩ごはん。

どお?今回はなかなかキレイに巻けたみたい。
1回目は失敗しちゃって、とても写真撮る気にならない出来だったの。ハハハ

この日もすっごく野菜が食べたい衝動に襲われて、『自家製のナンプラーもどき』を使ったスイートチリソースで、生春巻きをモリモリ食べたくなったのでした。

その『自家製ナンプラーもどき』は、アンチョビを仕込んだ際、片口鰯から出た水分に酒と水を少々加えて火を通し、漉して絞ったもの。本来ナンプラーは2年位熟成させて酒等入れずに作りますが、砂糖が入るスイチリには代用できそうでした。

スイートチリソースは、米酢と水を各50cc、きび砂糖大3弱、赤唐辛子1/2本とニンニク少々、自家製ナンプラーもどき小1強、片栗粉小1。火にかけとろみがつくよう煮てみたら大成功でした。

生春巻き本体の方は、サニーレタスと海老、豚肉、キュウリ、人参、茹でたネギ(わけぎ)と青紫蘇代わりにセロリの葉で代用。やっぱりネギが入ると美味しい。食べたい作りたい欲求を満たして満足しました。

 

 

110712_image

 

さて、生春巻きに合わせたのは、ガスパチョもどきの簡単トマトの冷製スープ。

でもガスパチョと違ってオイルを加えず、完熟トマトにセロリと玉ねぎを少し加え、ピューレ(ケチャップでも)少々と塩こしょうだけでブレンダーで撹拌したものです。
オイルを加える場合や、濃厚味のトマトならピューレも不要かな。

これはオイルを入れてないのでサラッとしていますが、オリーブオイルのかわりに太白ごま油かグレープシードオイルを加えて撹拌すればとろみもついて、生春巻きにもピッタリ合いそうです。

米は炊かなかったので、これでは物足りないだろうオットには、イモ(キタアカリ)をたっぷり用意!
先日のカレー弁当の時に残しておいたカレールウも使いきって、実は在庫整理の晩ごはんなのでした。

 

NinkiBlogbanner03 

 



 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »