« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月28日 (木)

お弁当(鮭弁バリエーション)

 

暑さでさらにペースダウンしたお弁当づくりですが、時々オーダーされてなんとか続いています。

6月からのお弁当の中から、今回は鮭を使ったものをピックアップ。

 

110600_09

<基本の鮭弁当>

  • 鮭の塩焼き(一切)
  • ネギ入り出し巻き
  • 舞茸とピーマンと挽肉のオイスターソース炒め
  • 人参とパセリのマスタードサラダ
  • プチトマト
  • 8種の雑穀入りごはん + かつお梅

私のお弁当の定番かつ、基本の鮭弁当。
鮭一切れではオットには足りないので、キノコ等と一緒に少しお肉が必要です。あとは野菜入りの卵焼き、コクのある野菜の和え物、漬け物かプチトマトで彩りよく詰めたい。そして雑穀ごはんがいいかな。

酸っぱいしょっぱい梅干しが苦手なオットには、鰹節を味醂少々とたたいたかつお梅が好評。

 

 

110700bento_08

<鮭チャーハン弁当>

  • 鮭チャーハン
  • キュウリの三五八漬け
  • インゲンとコーンのサラダ
  • ルビーグレープフルーツ

これも困った時のお助け定番、鮭チャーハン。鮭のアラは見つけたら必ず買うのですが、その中のハラスは晩ごはんの酒のつまみに、身のきれいな部分はチャーハン用にとりわけております。それをたっぷり使って、炒り卵、量増しのしめじ、ネギ、金胡麻でパラパラに。

三五八漬けは塩麹で漬けるよりまろやかかな。ぬか漬けのように臭わないので弁当に入れてみました。

 

 

110700bento_01b_2

 

<鮭のバーブパン粉のソテー弁当>

  • 鮭のハーブパン粉のソテー
  • 自家製ベーコン巻きアスパラ
  • 枝豆と玉ねぎ入りのオムレツ
  • 蕪と蕪葉の浅漬け
  • プチトマト
  • 雑穀入りごはん + 梅干し半分

これもサーモンじゃなく甘塩の鮭を使ってるんですが、胡椒、刻んだパセリやセロリの葉(またはオレガノ)等とカレーパウダー少々、あとはパン粉をつけて、多めのオリーブオイルでソテーしたものです。

この日はカレーパウダーを少し混ぜたのですが、粉チーズとパプリカパウダーのバージョンもランチに喜ばれています。ガーリックが使えたらさらに美味しいんだけどなぁ。

 

鮭をそのまま入れても絵になる一段のわっぱが欲しいと思って探したのですが、オットに合う大きな容量の物がないし、そもそも弁当人気でわっぱがどこも売り切れなんですね。仕方がないので、このまま琺瑯のタッパーで我慢してもらおうと思います。



 

NinkiBlogbanner03 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

ひじきいろいろ

 

110300_22

春からのひじき料理いろいろです。

震災直後、ストックしていたひじきや乾物で一品をしのぐことが多かったし、大好きな三陸産の生わかめが買えなかった時に、ひじきを買ったこともあって、いつになく多く消費したかもしれません。

と言っても、ひじきがすごく好きかと言われると微妙で、単体では特に美味しいと思ってないのが本音です。でもフルーツ系のお酢を使ったり、タンパク質と合わせて炒めたり煮たりすると、ぐっと美味しくなるから不思議。

写真は春頃食べた『ひじきと新タマネギの梅肉ドレッシングのサラダ』。ひじき臭をカバーする青紫蘇をたっぷりと、フルーツのかわりに梅肉をたたいて作った梅肉ドレッシング(ごま油、醤油、梅肉、煮きりみりん等)をかけています。

 

110300_21

これも随分前に食べた『ひじきと蓮根の炒め煮』。彩りに枝豆(冷凍していた茶豆ですが)を入れています。普通の大豆を入れるよりウケがよいので、夏の枝豆が安い時に今年もたくさん冷凍して冬まで使うつもり。

ごま油、だし汁、酒、みりん、醤油で調味。

 

 

110624_1

豚肉との炒め煮に続いてよく作るひじき料理がこの『ひじきと鯖缶の炒め煮』です。

鯖の水煮缶を非常袋に入れておこうと買ったものの、材料がないとすぐに使ってしまうので、非常袋にはなかなか常備できません。ツナ缶より使用率が高い我が家です。

こちらは太白ごま油で炒めたひじきと人参、タマネギに、鯖の水煮の煮汁ごと加え、醤油、酒、みりん、塩で炒め煮したもの。しあげに七味をふっていただきます。 

 

 

110718_1

これもよく作る芽ひじきの中華サラダ。春雨に愛がないので中華サラダといえばわかめかひじき入りです。

和えたドレッシングには、ごま油とリンゴ酢、醤油、きび砂糖とすりおろし生姜少々で調味しました。
ハムを入れてリンゴ酢で作ると、オットが美味しいと喜んで食べるから不思議です。キュウリの他、スライスオニオンや人参などの香味野菜も加えて彩りと美味しさもアップします。

独特の香りや黒さが敬遠されがちなひじきですが、存在感ある名脇役として合わせる相手を選び、回数を重ねてこれからも食卓に登場させたいと思っています。

そしてこちらでもご紹介の祝島のひじき、今度見つけたら私も必ず買って食べたいと思います。

 

右上の検索窓に ひじき と入れると、ひじきを使ったものが検索できます。

 →ひじき団子の袋煮

 →ひじきと小松菜の明太和え

 →インゲンとひじきとトマトのサラダ

 

NinkiBlogbanner03 

 


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

続・トマトの冷製パスタとトマトリゾット

110703_image2

<7月3日の晩ごはん>

鰯の香草パン粉焼きとグリル野菜
塩きのことカボチャのマリネ
トマトの冷製パスタ

 

先月からいつも以上にトマトが食べたくて、二人暮らしでも珍しく箱買いしてみたのですが、スープやパスタソースにすると、あっという間に食べきってしまうものですね。

お弁当を作る日は、朝からトマトのパスタを食べることもあるんですが、妹の赤ちゃんを見に先日実家へ帰った際にもカッペリーニ持参で、トマトの冷製パスタを2度も作ってきちゃいました。

 (すみません。前記事で大きな誤解を招いたらしい…汗)

同じネタが続きますが、この写真も少し前の、トマトの冷製パスタに合わせた献立。

鰯はパン粉だけをこんがりから煎りしておき、塩こしょうしてフライパンで表面を焼いた鰯に、ハーブとパルメザンチーズ、焼いたパン粉などをのせて非力なオーブントースターで焼いたもの。ここにフレッシュなトマトソースを添えても美味しいですよね。

 

 

110703_1b_2

<7月3日の朝ごはん>

トマトと自家製ベーコンのリゾット

カフェオレ

ちなみにこの日の朝ご飯はトマトリゾットでした。

少しばかり入れた自家製のベーコンからでる出汁に、タマネギの甘みとトマトの酸味が良く合うのです。ここにパルミジャーノの風味がさらに加わると、朝から山ほど食べたい衝動にかられます。オットのはもちろん山盛りですが。

 

たくさん食べたせいか、少し涼しかったせいか、このトマト熱もだいぶ収まってきました。
トマトだけでなく、ビールもたまにはお休みしないとなーなんて思いつつ、なかなか休めず肥ゆる夏。

 ・・・私のこのお腹も妊婦じゃないんですよぉ(汗)

 

NinkiBlogbanner03 

 


| | コメント (16) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

よぉーこそ 2

 

110718_01b

 

待っていたよ。

ようこそ、この世界へ、この国へ。

 

どんな夢を見るのかな。

その手で何をつかむのかな。

 

健康でありますように。

君たちの未来が平和でありますように。

 

 

 


 

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

オイルマリネの肩ロースのグリルとトマトの冷製パスタ

110630_1

 

豚肉はよく食べますが、たまにはちょっと分厚く切ったものや固まりの豚肉を味わいたい時があります。
これも先日ハーブやオリーブオイルでマリネしてから、グリルパンで焼いた肩ロースのグリル。
塩豚と反対に水分を保持したままの柔らかなステーキ風で美味しいです。(ちと焼きすぎた:汗)

豚肉は肩ロースが大好きなので、特売にはかかさず買って、半分は味噌漬け、半分はこのマリネが定番。
どちらも半日〜1日漬けてから冷凍ストック。お肉食べたい時にフライパンかグリルで焼くだけです。

豚肩ロースは1cmぐらいの厚みに切り、包丁の先で繊維を断ちます。ラップの上か保存袋で、スライスニンニク、タイム、ローズマリー、塩こしょう、白ワインを軽くもみ込み、、EXVオリーブオイルを塗って半日〜1日冷蔵庫に置きます。その後焼いて食べるか、冷凍保存しています。(追記:ローズマリーの他に、お好みでタイムやオレガノを。)

仕上げには粒マスタードや煮詰めたバルサミコ酢をちょっと添えたりお好みで。
ポークに定番のマッシュポテトもオットにはウケの良い付け合わせです。

 


<7月3日の晩ごはん>

トマトの冷製パスタ
フィグと胡桃のパン&クリームチーズ
ハーブとオイルマリネの豚肩ロースのグリル(マッシュポテト、グリル野菜)


 

110630_2

トマトの冷製パスタは、この夏すでに何度も食べているのですが、ベランダのバジルはこの時を最後に、
すっかり枯らしてしまいました。一日水を忘れただけで、もう今年はジェノベーゼもできないっ(涙)

フルーツトマトの甘みを味わう冷製パスタや、フルーツをトマトに合わせる冷製パスタも好きですが、
今年はアンチョビの旨味を隠し味に使ったパスタをよく食べています。
湯むきしたトマト2個かプチトマト適量に、EXVオリーブオイル大2、自家製アンチョビを2枚を刻み、
塩こしょうでマリネしておき、カッペリーニ120gで合わせています。

リストランテでは、アンチョビよりさっぱりした魚醤を使うお店もあるようですが、
自家製アンチョビは市販のものより発酵臭が少ないので、隠し味に使うとちょうどいいのです。
市販のものや、アンチョビのクセが気になる時は、レモン汁少々を刻みアンチョビと混ぜてからどうぞ。

聞かなければ感想も言わないオットが、この旨い味はなに?と聞いてきて、喜んで食べておりました。
パスタの量が少なかったのは不満だったみたいですけど(笑)

 

NinkiBlogbanner03 

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

お弁当(丼もの)

お弁当を作ったり、暑さを避けて早く通勤しはじめると、今までより夕飯の時間も早くなり、ついでにビールも待ち遠しくて、晩ごはんの写真がなかなか撮れずにいるのですが、朝撮りの弁当写真なら溜まってます。

ちょっとお弁当ブログと化しつつありますが、先月のお弁当から、丼もの特集いってみます。

 

110600_11

<カレー弁当>

  • チキンカレー
  • 雑穀入りごはん
  • ミョウガと蕪の浅漬け
  • 塩漬けキュウリとプチトマト
  • バナナ

これは丼ものではない?きっとレンチンしないと思ったので、朝からカレー作りました!ジャワカレーですけど。
ごはんの量とカレーの量のバランスが合わないと言うので(カレー増量指令)、次は辛口特盛りにする予定。バナナ追加して良かったよ。

 

 

110600_13_2

 

<かきあげ丼弁当>

  • 新たまねぎと人参のかき揚げ、舞茸天、ししとう天 + 雑穀入りごはん
  • ミョウガの甘酢漬け
  • ささみとキュウリの梅マヨネーズ和え
  • 自家製ベーコン巻きのボイルアスパラ
 

揚物は朝やる気になれないので、前夜の天ぷらの最後に、弁当用のかきあげを揚げました。
朝、レンジに少しかけてからトースターで焼くと、油が落ちてカリカリになります。それを天つゆにさっとくぐらせて丼にして、上から塩少々かけるとごはんがあまりビチャビチャにならずいい感じ。…みたい。
私は丼ものはちょっと苦手。投げやり弁当だったのに、予想外の美味しかったメールが届いたよ(笑)

 

 

110600_10

<うなぎの蒲焼き丼弁当>

  • 鹿児島産うなぎの蒲焼き + 白米ごはん
  • ミョウガの甘酢漬け
  • 切り干し大根の炒め煮
  • キュウリと蕪の浅漬け

前夜に鰻の美味しい温め方もネットで調べ、その通りにしてみたけど、かなーり焦がした(爆)
今年は鰻が中トロなみに高いですね。私はあまり鰻は食べないし、ちょうど友人とランチの予定だったので、ここぞとばかり?の罪滅ぼしのうな丼弁当のはずだったのに、ちょっと鰻が小さかったみたい。
なんだかミョウガが妙に大きく見えるわ。ハハハ。


*サイドバーにお弁当アルバム作りました。



NinkiBlogbanner03 


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

夏のボディケア -柑橘の香り その2-

 

夏休みには少し早いけど、今日はごはん記事をお休みして、元気と癒しをくれる柑橘の香りシリーズを。

 

 

110616_04b
 

Marks & Web 『ハンドメイドボタニカルソープ レモングラス/ガーデニア』ストレス肌用石けんです。
毎年私の夏の必須アイテムで、レモングラスのハーブらしい優しく爽やかな香りに癒されます。

ボディ用に春と秋は同シリーズのグレープフルーツ&アボカド、冬にはヘチマ/オレンジ、そして夏のボディ用にはこのレモングラスと、気分や季節で柑橘の香りを楽しんでいます。

これまでオット用にと無添加の石けんやボディソープを一緒になって試してきましたが、やはり香りがないと癒されず、最後まで泡立ちよくきれいな形で使えないと嫌になります。無添加ボディソープにいたっては、私に毒が多いのか、洗浄力さえ物足りなく感じます。香り良いオーガニックの高級品もありますが、毎日遠慮なく使える価格と、shopが近くいつでも買える事も重要なポイントで、それら条件と香りの良さ、できるだけ自然派というところで、このシリーズに落ち着いています。

ただ自然派とはいえ(オーガニックではない)、このシリーズには引き締め効果と思われるエタノールが少し入っているので、うちの自称カナリアには大丈夫でしたが、肌が弱い方には不向きかも。
後に残る香りではなく、その後繊細な和食をいただいても邪魔しないし(←誰も作ってはくれない)、さらっとしたスッキリ感がたまらん!と、そろそろこの夏2個目に突入しそうな勢いです。


 

 

 

 

110616_05
シャワーでスッキリしても、まだ足だけは一年中重いんです。
素敵40代を向かえようと、実は一時期エステに通ったこともあるんですが、今となってはドブに大金を捨てたようなもの(泣)。それでも目覚めた時の軽い足が忘れられず、マッサージオイルだけは時々使っています。

浸透成分の効果と香り、使用感が気に入ったことから、以前は勧められたイタリアのオーガニックのものを使っていたのですが、輸入代理店の成分表示や商標登録のトラブルで、同じブランドのものは入手できなくなりました。

マッサージオイル以外は使ったことがなかったので、その問題となった商品の事はわかりませんが、オイルに関してはレモンとスパイシーな香りのバランスや、肌に合うサラリと浸透するオイルが気に入っていたので残念でした。極少量しか使わなくても高価だったので、別のものを探したり試すきっかけにはなりましたが。

 

110616_06
そして今使っているのが、『ニールズヤード レメディース  / Body Shape OIL』です。

近くにshopがあり、香りや使用感が試せる上に、オーガニックオイルはやはり上質。同ブランドの他のマッサージオイルとも違ってこれだけ高いのですが、ジュニパーベリーや胡椒系の精油、配合されているオイルの違いで、冷えやセルライトケアにも効果的というものです。

私は毎日使用でなく、使用量も極わずか。塗り込む程度のマッサージなので、スリミング効果は出ていませんが(汗)、それでも翌朝のスッキリスベスベ感が全然違うので一年中リピートしています。(ボディブラシがまた良いらしい)

香りは好みによりますが、スパイシーな香りが少し強く、肝心の柑橘の香りが物足りないかな。
モモ肉に胡椒を擦り込むのを思い出したら、それは脚がむくみすぎ。私は嫌いではありません(笑)

でもアロマセラピーの本を読んだり実際試しているうちに、自分が欲しいオイルや精油がわかってきたので、今度は自分で調合して作ってみたいと思っているのです。ただ 『脚スッキリし隊』チームでも作って募集しないと、いろんなオイルを買うのはちょっと難しいかな。

 

あれ、なんだか話が脱線しちゃいましたけど、、、

とにかく、この暑さに節電でストレス感じまくっている方や、食べ物や子供の行動に心が疲れてしまったお母さんたちも、柑橘の香りで元気になれたらいいのになーと思うのです。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

ロールキャベツとサーモンマリネの献立

110628_image

<6月のある日の晩ごはん>

ロールキャベツ(トマトスープ)
スモークサーモンと新タマネギのマリネ
グリル野菜(アスパラ、茄子、ピーマン、パプリカ) 自家製アンチョビソース
パン

 

毎日の暑さにアップしそこねていましたが、宿題にしていたロールキャベツの献立です(遅)。

トマトスープ煮のロールキャベツをオットは好きだと言うのですが、私にとっては悩ましい献立でした。でも昔と違い晩ごはんにパンでもOKなので、今年は2回ともスモークサーモンのマリネとパンを合わせました。
今は新タマネギは終わってしまいましたが、普通のタマネギでも水をかえ30分もさらせば平気でしょう。我が家はこの献立で定番化しそうです。

トマトスープで煮るロールキャベツは、この時少し小さく作って冷凍しておいたもの。
帰ってきて4つ冷凍庫からとり出し、タマネギの薄切りと大きめトマト1個分漉したもの、ローリエとブイヨン、ケチャップと塩こしょうで煮込んだものです。

もう今は煮込んだって言葉、聞きたくないですよね(笑)

 

 

では「スモークサーモンのマリネ」なら許される?
これも春からよく食べたものの一つです。

 

 110512_image

<5月のある日の晩ごはん>

春キャベツとドライトマトの落とし卵のスープ
スモークサーモンと新タマネギのマリネ
バゲット
ゴルゴンゾーラとくるみのメープルシロップがけ
ケーキ


スモークサーモンマリネには、トマト味の具たっぷりスープや煮込みを合わせるのが好きみたい。
この時は卵落としてごまかしたんですけど美味しかったな。

夜遅くにデザートが待っていたので軽めの食事でしたが、これからの暑い夜、冷たいデザートの誘惑がある時にもリピートしようと思ってる献立です。

というわけで、もう春キャベツもないし煮込みたくない季節ですが、これにて宿題完了。

 

NinkiBlogbanner03 


 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

レモンマートルティ -柑橘の香り その1-

 

110616_03c_4

 

暑い時でも、あまり冷たいものばかり飲まないようにはしています。 あ、アルコール以外ね(笑)
これは今はまっている『レモンマートル』のハーブティです。(→レモンマートルについて

本当にレモンよりレモンの果肉の香りに驚きます。しかもほんのり甘みまで。
精油は希釈して肌への効果など期待できるものがあるようですが、ハーブティは乾燥した葉をほんのわずか入れるだけなので、効能というより、この香りによるリラックス効果を楽しみます。

きっかけは4月にでかけた吉祥寺でのハーブフェア。クルッティさんのブースで試飲した水だしハーブティーで、酸味がないのにほんのりとレモンの香りを感じるものでした。
レモン水は酸味を感じる割に冷やすと香りは弱いので、これはリフレッシュできそうだと粉末に近いカット茶葉を即購入(この写真とは、パッケージと茶葉の大きさが変わった?)でした。

今は一度沸騰させたお湯で、ゆーっくり香りと成分を抽出して少し冷まして飲んでいます。冷やして飲む場合も、同じ物を冷やして飲んでいるのですが、水だしより香りも甘みも強く感じられます。
梅雨の間もこの香りに救われたかも。

オーガニックでありながら、あの価格。ほんの少しでたっぷり癒されるとってもお得なハーブティーです。これまで冬の間だけローズヒップのハーブティを好んでいたのですが、近くの店でも取り扱いがあるようなので、しばらくはこのレモンの香りに癒されたいと思っています。

 

そもそも今回のきっかけとなったハーブフェアは、マイキーちゃんがここでおすすめしていたもので、お母様のブースでは、マイキーちゃんが紹介しているペンダントをお買い物。実はオットがお試し中です。フフフ。

というわけで、今はハーブや香りを楽しみたい気分なので、柑橘の香りシリーズ -その2- に続きます。


NinkiBlogbanner03 


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »