« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月16日 (月)

空豆とゴルゴンゾーラのペンネと献立

110510_2

今年も作ってしまった空豆とゴルゴンゾーラのペンネ。去年よりちょっと軽く仕上げてアクセントにクルミ入りです。

信州人らしく(?)、クルミは料理にもよく使いますが、健康食品フェチのオットの最近のブームもクルミなので、前にもましてクルミを買ってはいるのです。でも、その半分ぐらいは、蜂蜜がけで私のオヤツとしてすぐ消化されてしまうようで、「クルミもうないの?」と聞かれる失態が続いています。

 

115010_3

空豆とゴルゴンゾーラのペンネにピッタリな献立が、新タマネギと生ハムのマリネ。私的にはゴールデンコンビで、  切り落としでもこのマリネが食べたい為のペンネなのかもしれないのですが、この春3回ぐらい食べた献立です。

さすがに3回目はオットに、またペンネだけどいい?と聞きましたよ。でもチーズブームもずっと続いているらしいので即座にOKが(笑

この日はオイルと白ワインビネガーは2:1で軽めに仕上げ、塩こしょう、ディル(好きなので)を加えて40分程冷やし、仕上げにベランダのイタリアンパセリをのせました。スライスレモンやレモン果汁を加えたりマスタードを加えることもあります。

 

******

 

それにしてもですね、先週も相当ガッカリさせられ、ある日は緊張し、そして日々祈り怒りを感じずにはいられません。
あまりにも腹がたって、コンニャロー!と思ったので、今更ベランダの大掃除をしてみるも気分はすぐれず。
ため息だって出ちゃうのさ。 まったく、ホントに。

  

[第2弾]子ども20ミリシーベルト基準の即時撤回
および被ばく量の最小化のための措置を求める緊急要請

オンライン署名、携帯版とあります。第二弾も是非ご署名ください。 

 ↓ 

*5/28追記

27日に文部科学省から年1ミリシーベルト以下を目標とする発表があった。福島県の相当数の学校や園の表土除去を国が負担することになり、一歩前進したように思う。でも今回は福島県に限定されているよう。放射性物質は福島県にだけ移流したわけではないし、ホットスポットなどの現象もあるので、関東や全国の学校でも調査を急いで、基準値越えについては対応してもらえるようになってほしい。。。


| | コメント (18) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

ピクルスの季節

110508_1

 

GWいかがでした? 

私はお休みが始まる前に実家へ行き、退院してきた母の快気祝いに、オットと両親で会食を楽しみました。久しぶりに皆で顔を合わせていただく春の山のごちそう、美味しかったです。

ゴールデンウィークには私も春のゴチソウを作ろうと思ったのはその時だけで、、、いや、帰ってきたら、すっかり日々溜めこんでいたものに追われてしまい、気がつけば汗ばむほどの暑さ。そこで休みの最終日には野菜をたっぷり買い込んで浅漬けやピクルスを仕込んだのでした。

春キャベツは一玉全部浅漬けにしてしまいましたが、奥に見えるのは紫キャベツ。カリフラワーは本来旬の季節を終えるけど、今は一年中あってしかも安いね。キュウリなんかも安くなって、この季節はピクルス作りが楽しくなります。

そうそう、毎日一玉づつ消費している新タマネギも忘れちゃいけない。手前のはよく作るカレー風味。白ワインとお酢に水、砂糖、塩、ブラックペッパー、オールスパイス、ローリエ、ニンニク、赤唐辛子、カレー粉、さっと茹でた新タマネギが入っています。ほんのりカレー風味で、これをそのままお肉に添えたり、サラダに加えるとアクセントになってワンランク上の料理に変身!・・・する気がする(笑)

 

 

110510_1_2

そのカレー風味の新タマネギのピクルスと茹でたスナップエンドウを、和え衣程度に粒マスタードとマヨネーズ、ブラックペッパー入りのポテトサラダと和えたサラダです。シャキシャキで、白ワインとカレーの風味がほんのり効いている。ポテトサラダはそんなに好きじゃないんだけど、これは大好きなんだよねー。

本日のランチは持ってきたこれと、パストラミビーフかハムのサンド(パン屋さんの)、あとヨーグルトにしようと思ってます。 

 

 


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

筍料理

110423_2
結局ゴールデンウィーク中に筍料理は作れなかったけど、まだお店には並んでいますね。
これは先月作った筍料理で、『姫皮と蟹のだしジュレ』。

若竹煮と一緒にさっと煮た姫皮を蟹身と和えて、やさしい味のポン酢をだし汁で割ってジュレにしたものをかけました。今回はゼラチンではなくアガー使用です。

素材の食感を損なわないようとろみをつけたポン酢を作ったり、だし割りのジュレにして料理に使う事があったのですが、最近はジュレになったポン酢が売ってて驚き。

 

110422_1  
『若竹煮』は2回作りました。 去年と同じ器に同じような写真で芸がありませんが、この時はちょっと薄口醤油が入りすぎたかもしれません(汗)

鳴門の若布を買うのは久しぶりだったのですが、ふわふわで大きくひろがりますね。
ベランダの山椒は今年も元気に葉をつけてくれたので炒めもの使ってますが、他のハーブも大きくなってきて楽しみです。

 

110418_1
こちらは『筍の鶏味噌田楽』とでも言えばいいかな。
いつも作っている鶏挽肉と木の芽と味噌の炒め物をアレンジしたもので、薄味に煮た筍の根元の方を焼いて、さらに鶏味噌をのせて焼き上げました。(→真竹でも作ってる

味噌は信州こうじ味噌を使いましたが、お好みで白みそを合わせても。白みそだけの田楽より、この鶏味噌はごはんのおかずにもなりそうです。



 


 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

君は"Love Me Tender"を聞いたかい?

110502_1      

 

飽きっぽい私だけど、30年たっても大好きです。

 

 

 

 「ロックン・ロール・ショーが始まるまでに、この要望書とみんなの署名を届けてもらったし、交渉の様子も公開されたよ。」

 

時々話しかけています。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

青海苔

110410_3
生の青海苔が大好きです。季節外でも解凍品が手に入りますが、この季節には新鮮な香りをいただきます。
夜はあまりみそ汁を献立に入れない我が家ですが、青海苔を手に入れたらまずは必ずお味噌汁。この日は春キャベツと一緒に。
 

110412_1_2
『青海苔』と『アオサ』は別の種類の海藻です。それに焼きそばにかける『青のり粉』はアオサからできているもので、この青海苔とはまた違う。まぎらわしいですが、風味や食感が異なります(→詳しくはコチラで)

乾燥と違って保存はできませんが、トロッと滑らかで風味がいい。これは豆腐や新タマネギ、大葉と一緒にサラダ風にしたもの。わさびを添えていますが、かけるポン酢にもわさび少々溶かしてあります。中華風ドレッシングと合わせても旨いのです。

 

110412_2

キメが細かいので卵焼きに入れたり、この時みたいに茶碗蒸しに混ぜていましたが、テレビで餡かけに使っているのを去年見たので、今年は私も真似っこして青海苔の餡を茶碗蒸しにかけました。

しかし青海苔増量すぎてなんだかわからなくなったので(汗)、花びら独活(うど)を浮かべてみたところ、その見た目に反して独活と青海苔の組み合わせがすごく美味しくて、今度はうどと海苔で何か作ってみたいと思っています。

ちなみにこの餡は、だし汁に酒と薄口醤油少々、塩、青海苔、水溶き片栗粉で作りました。

 

110412_3

 

風味がいいので磯辺揚げなんかにするとまた良いのでしょうが、今回は残った青海苔の餡を筍の天ぷらと揚げ出し風に合わせてみました。磯の風味が筍ともすごくよく合って美味しかったです。

今年は筍も遅いみたいですね。
私も一度だけゆがいて食べましたが、もう一回ぐらい食べたいと思っています。GWの宿題を終えるまで、筍が待っててくれるといいんだけどなぁ。。。

 

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »