« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月29日 (土)

百合根海老しんじょと焼き葱の肉味噌添え

110123_image

<1月23日(日)の晩ごはん>

百合根海老しんじょ
卯の花煮(鶏肉、竹輪、人参、椎茸、長葱、いんげん、蓮根、おから)
焼き葱と焼きエリンギの肉味噌添え
白菜の浅漬け柚子風味
白米ごはん

野菜をたっぷり買って出汁をとり、数日分の下ごしらえや浅漬けを準備するのが日曜夕方の過ごし方。この日の卯の花も常備菜としてよく日曜に仕込むもの。

のんびりコーヒーを入れて時々休憩しながらの仕込みなのですが、同じ大きなマグカップで卯の花用の椎茸をレンジにかけて短時間で戻し、そして椎茸の戻し汁をコーヒーと思って飲んでしまう。毎度の(?)その衝撃も、私の日曜夕方の静かな仕込み時間を演出する出来事です。

もしかしてサル!? ・・・学習できない自分がなさけない。

110123_2

サルなので、真似っこは得意(笑)
この日はめぼしい魚に出会えなかったので、以前から作ってみたいと思っていた、コチラの『百合根海老しんじょう』をやっと作ってみたのでした。

白と赤のコントラストがイマイチ美しくないのは、海老が足りなく、上の階のご主人の釣果である白身魚と半々にした為。でもふっくらボリュームのある美味しいしんじょになりました。
卵も使わないし簡単で美味! 我が家でも定番にさせていただきます。

そしてその釣果の白身魚についてはまた後ほどアップしたいと思います。


110123_1

胡麻油でフライパン焼きにした太葱とエリンギに添えたのはピリ辛の豚味噌。

いつも肉味噌は鶏挽肉と玉葱で作ることが多いのですが、料理やボリュームに応じて豚肉と長葱、鶏肉と長葱に変えています。この日は葱に合わせて豚肉と白葱のみじん切りと味噌(白味噌と信州こうじ味噌)、みりん、七味唐辛子。あとはみそに応じて砂糖で調整しても。

鶏挽肉の時は、たまに刻んだクルミや松の実を加えたりするのですが、それもアクセントになって美味しいのです。




さてさて、明日の日曜日、椎茸汁を飲まないように気をつけようっと。。。


NinkiBlogbanner03  ←ポチッとお願い


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

サフラン風味の白菜ポタージュとムニエル

   110118_1

久しぶりに国産の生の油カレイ(アブラガレイ)を買いました。冷凍カラスガレイのフィレは安くてアレンジが効くのでたまに買うんですが、せっかくの国産鮮魚なのでやはり王道のムニエルに。
30cmの大きい半身だったのでムニエル用切った残り1/3はスープに入れる事にしました。

水分が多いので、ペーパーでしっかり水分を押さえてやると水っぽくなくていいみたい。
塩胡椒に小麦粉、バターとEXVオリーブオイル半々でムニエルにし、ピリ辛のトマトソースを添えました(←写真を撮る時は忘れたの)。久しぶりだったけど、ホント安くて美味しい魚です。

付け合わせのソテー野菜は蕪に人参、セロリ、ビーツ。ビーツはソテーしても美味しかったよ。
シンプルにオイルと塩胡椒ですが、いろいろ野菜を味わえると美味しい上に楽しいね。



110118_2_3


カレイの1/3切れを入れたこのスープは『サフラン風味の白菜ポタージュ』。

炒めた玉葱とたっぷり白菜、少しのジャガイモに白身魚、サフランを加えて野菜のブイヨンで煮て、ブレンダーにかけてから仕上げに生クリームと塩胡椒で調味したもの。香りづけにはセロリの葉とローリエも少し使いました。

フュメドポワソンなどを使えば白身魚は不要ですが、個人的にはこのスープ、とっても気に入っておりまして、オットがいなければ鍋をかかえてたべたいほど。

サフランは確かに高価ですが、アーユルヴェーダや生薬としても効果があると用いられているようです。私もサフランを使うと調子がいい気がしているのですが、更年期にも良いらしいのでそのせいでしょうか。これからは時々このスープで元気になろうと思います。オットにはもう充分と言われていますが。


110118_image

<1月18日の晩ごはん>

サフラン風味の白菜ポタージュ
ムール貝の白ワイン蒸し
アブラガレイのムニエル ピリ辛トマトソース添え ソテー野菜
玄米パン

最近よく見る国産ムール貝。小さめのでしたがたっぷり入っていたので満足しました。

でも久しぶりに買った玄米パン、この食事に合わなくて残念だったー。
モチモチ食感は嫌いじゃないんだけど、やはり私にgopanは要らないかもしれないなー(HB検討中)。

NinkiBlogbanner03  ←ポチッとお願い


 


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

鰆の西京味噌漬け焼きの献立

110122_image

<1月22日の晩ごはん>

鰆の西京みそ漬け焼きと甘酢生姜
牛肉とセロリの炒め物
鬼おろし大根と生わかめの塩ポン酢和え
豆腐のお吸い物
みかん

ある日ジイさんは山へ突然スキーに、バアさんは洗濯機をまわしながらひとっぷろ浴びて、お一人スキヤキを決行。腹いーっぱい食べたんだとさ。。。

オットには悪いのですが、もうスキヤキの気分だったので仕方ない。残したお肉は翌日切り刻まれご覧の通りとなりました。
セロリと牛肉は、生姜と酒と醤油に砂糖少々、隠し味にウスターソースで炒めてあります。お山では洋風定食を食べていたらしいので、ご希望の和食な感じでまとめてみましたがウケの良い献立でした。

サワラは先週味噌(酒粕と薄口入り)に仕込んでいたのですが、食べるタイミングを逃してそのまま冷凍。それでもちょうどいい感じに漬かり、予想よりずっと脂がのってて美味しかったです。相模湾以北の旬の寒ザワラ、産地をチェックですね。

鬼おろし大根の塩ポン酢和えは、鬼おろしでおろした大根の水分を軽く絞り、だし汁で割った塩ポン酢で調味した軽い酢の物。この時の蕪のおろし和えとは別物なんですが、彩りにイクラを添えたらどーみても同じに見えますねぇ。。。

 

  他にも鰆の西京味噌漬け焼きの献立いろいろ

 

風邪はすっかり回復し、若干お正月太りまで解消された模様。前夜のスキヤキはそのお祝い(笑)


NinkiBlogbanner03  ←ポチッとおねがいします。


 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

蒸したビーツとワインのおとも

110117_1

まだ本調子ではなかったはずですが、簡単なものを並べるとワインを呼ぶ食卓に。

実はオットとスーパーで待ち合せして帰ってきたのですが、店の前で焼く焼き鳥が食べてみたいと言うので、その場で2、3串づつ立ち食いしてきたんですよ。アッサリタレで、ワインにも合うとか言いながら。だーからもう脳がそんな感じで。

でもこの日スッゴク美味しかったのが蒸しビーツ!レストランでもいただいた事はあるのですが、なんせ量が少しなので、これだけ食べると感動もの。

土っぽい独特の香りもあるんですが、砂糖大根といわれるだけあって、甘く味の濃い蕪のような不思議な美味しさです。機会があれば、是非シンプルに美味しいオイルと塩だけで味わってみてください。でもその後真っ赤な舌でベーッなんてやらないように。いや、もれなくやっちゃいましたが、ワハハ。

蒸し焼きできるオーブンがあれば蒸し焼きもいいと思います。私はビーツと百合根はEXVオリーブオイルと藻塩、蓮根とセロリはアンチョビとオイル割のマヨネーズで食べました。


110117_3

ちぢみほうれん草と干し柿と生ハムのサラダ。

ドライな干し柿を使っているので刻んで少々のリンゴ酢かぬるま湯に少し浸し、茹でて切ったほうれん草と生ハムに混ぜます。EXVオリーブオイル3:リンゴ酢1に塩胡椒のドレッシングで和えただけ。

お好みでカッテージチーズを散らしたり、クリームチーズを刻んでも。

 


110117_2_2_2

我が家でも定番の鶏レバーの赤ワイン煮。
元気づけにレバーを買っていたので、立ち食い焼き鳥は「レバー以外ね!」というお約束でした(笑)

以前はレバーのソース煮なんかも作っていたのですが、最近は赤ワイン煮にもウスターソースを使ってます。醤油とバルサミコ酢バージョンも好きなんですけど、賞味期限事情により密かにウスター消費運動中なのです。

あとはくるみのパンとキリクリームチーズ。

これで飲めないなんて辛すぎました。いえ、一杯だけです。ホントホント。


 

NinkiBlogbanner03 ポチッとお願いします。




| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

牡蛎のみぞれ煮

110109_1

12月は牡蛎が小さいと嘆いていたのですが、最近買うと立派なものが多くて嬉しい。寒くなったせいでしょうか? 

寒いと鍋ばかり続いて、あまりご飯写真がないのですが、この日は小鍋仕立てにしようと思った牡蛎のみぞれ煮を、お椀仕立てにしてみました。これで食べごたえのある大きい牡蛎が三つ入り。適度に食感と風味を残し、牡蛎の出汁まで含んだ鬼おろし大根を汁ごと食べると旨ーい。なんだかほーっとします。

    ●牡蛎のみぞれ煮(お椀仕立て)

  1. 人参とほうれん草は下茹でして、ほうれん草は醤油少々かけてしぼっておきます。
  2. 牡蛎は塩と片栗粉をまぶし、水を数回変えて振り洗いしたら、牡蛎の水分をふいて酒をかけて5分ほど置きます。
  3. 鬼おろしで大根をたっぷりおろし、少し濃いめにとった鰹と昆布の出汁に酒と薄口、塩でお吸い物より濃いめの味付けをします。
  4. 水気を軽く絞った鬼おろし大根と牡蛎をさっと煮てアクをとり、ほうれん草と人参を温めます。

   


110109_2

<1月9日の晩ごはん>


牡蛎のみぞれ煮
焼いた絹揚げに、焼ききのこと焼もろみ味噌添え
里芋とベーコンといんげんの炒め物
野沢菜
そば米入りごはん

お酒の合間にも温かい椀ものが嬉しいのです。
ちなみに今年に入ってから既に、このみぞれ煮みぞれ鍋もたべました。大根も美味しくってねー。

風邪を早く完治させて、今度はまた別のみぞれ煮でちょこっと晩酌したいと思ってます。

風邪が流行っているようですので、皆さんも気をつけてくださいね。


NinkiBlogbanner03 ポチッとお願いします。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

カゼイチゴ

110116_1_3

久しぶりに風邪にやられました。

熱による激しい筋肉痛と咳から解放された今朝、オットがベッドまで届けてくれたのがコレ。
ひとつ食べると冷たいイチゴの甘さが喉を潤してとっても美味しかったー。

あまりに大きくて美味しかったので、寝てろと言われたけど写真に納めておきました。

子供の頃、風邪をひくと白桃の缶詰をあけてもらうのがとっても嬉しかったのを覚えています。バナナも高級だった気がするけど、嬉しかったのは冷えた桃缶。
今はビタミンC補給にミカンがいいんだろうと思ってはいるのですが、オットは私が風邪をひくといつもイチゴを買ってきてくれます。

カゼイチゴ。ステビア農法で作られた去年のこの時食べたイチゴと同じ種類でした。

とりあえずもう一日寝てれば良くなりそう。
今日は美味しいケーキとか買って来てくれると身体に効きそうなんだけどなー。ムフフ



 

NinkiBlogbanner03  ←ポチッとお願いします。


 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

ピクルスローズと牡蛎の燻製オイル漬け

110106_1

年末に母が送ってくれた紅化粧大根をピクルスにして、すっかり食べるのを忘れていました。
少し色がさめてきたので、残っていたビーツをひとかけら入れて染め、ピクルスローズにしてみると、一枚一枚剥がしていく時間までも美味しい。これで一杯よけいにワインが飲めます。

黄色いカリフラワーはカレー味じゃなくてオレンジカリフラワー。他にもいろいろピクルス揃えてますが、素敵マダムがいらっしゃったらピクルスローズを、女子会の飲み友には馬刺のバラ盛りでおもてなしすることにしましょう(←馬刺ローズも得意:笑)。


110106_2

この冬はすでに3回作った牡蛎の燻製オイル漬け(★recipe)。これは瞬間燻製じゃなく、30分ぐらい簡単に温燻にかけたものです。牡蛎のオイル漬けはオイスターソース味も美味しいですが、いろいろ作って結局我が家ではシンプルな燻製味に落ち着き、今年もこの簡単燻製ばかりです。

この牡蛎と燻製風味のオイルは、パンにつけたりソテーする時に使うと美味しい。これだけでバタール1/2本は余分に食べてしまいます。


110106_image

ピクルスと牡蛎の燻製オイル漬け、ときたら、メインはクリームシチュー(さつまいもバージョン)やアツアツグラタンなんかが寒い日にピッタリ。

この日はジャンケンに負けたので、オットの希望のシチューに。
「やっぱり生クリーム少し入れるだけでコクが違うねー。」なんて言っていたのですが、テレビをつけるとダイエット特集ばかり。

ええ、わかってますって。新年会が終わったら私も頑張るつもりー。


 


NinkiBlogbanner03  ←ポチッとお願いします。


 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

鏡開きとぜんざい汁粉

110110_1_2

昨日は一日早く強引に鏡開きにして、久しぶりにお汁粉をつくりました。3年ぶりぐらいかも。

そういえば鏡開きのお餅は包丁では切らないんでしたっけ? でも500円位で売ってる市販の鏡餅なので、包丁でないと切れませんからー。

前は小豆のツブツブや薄皮が嫌で、桜餅以外は好んで和菓子も食べなかったし、まあ強いて言えばこし餡派で、ぜんざいよりもお汁粉派だったんですけど、だんだん粒餡なんかも食べれるようになってきたのは、自分で炊くせいなのか、お年頃のせいなのか自分七不思議のひとつです。

昨日もぜんざいを食べてみたい気になり、間をとって半分漉して半分潰したぜんざい汁粉に。薄甘でさらっとぺろっと食べてしまい、「何が苦手やねん!」と自分でツッコミを入れておきました。


110111_1

鏡餅の残りは今朝の朝食にも。昨夜の残りの豚汁と納豆餅セットです。
野沢菜入りの納豆餅は父の大好物だったとか、大きな木の蒸し器で蒸した自家製の餅米の香りや、臼と杵でついたお餅の食感を思い出すと、昔食べた美味しいお餅が食べたくなります。

それにしても、野沢菜入りの納豆餅は旨いのです(やはり親子)。
ちなみに今年の母の野沢菜が美味しい秘密の一つはらっきょう酢のよう。帰ったら教えてもらおう。


NinkiBlogbanner03  ←ポチッとお願いします


 


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

キムチ豆腐とから揚げの献立

110105_1
おせちは飽きる程作っていなかったのですが、お正月の後はやはり刺激のあるものが食べたくなります。まずはキムチ豆腐。夏のキムチ奴の代わりに、冬は小鍋仕立てか汁物兼用で食べております。

胡麻油と刻んだ生姜でキムチを炒め、鶏がらスープに酒と醤油で調味した煮汁で葱ときのこを煮て、よーく水切りした豆腐を加え温めたものです。キムチ肉豆腐の肉無しスープ版みたいな。

お肉がメインの日に、スンドゥブチゲにするほどでもないし、手軽なこれがいいのです。
だって、この日ももう一つ食べたいものがあったもんですから、、、




110105_image
それは若さの象徴、揚げ物。ワハハ

揚げ物って言ったらやっぱり『鶏のから揚げ』です。
帰り道の途中にあるケンタッキーのニオイにやられました。野菜にはレモン汁たっぷりかけて。
生野菜も久しぶりに食べた気がして、気が済んだーって感じでした。

カリッとジューシーな揚げたてから揚げはウンマイね♪

<1月5日(水)の晩ごはん>

鶏の唐揚げと生野菜レモンがけ
キムチ豆腐
リンゴとセロリのヨーグルトマスタードサラダ
えのき茸とピーマンの炒り煮
白米ごはん少し(オット用)


NinkiBlogbanner03 ←ポチッとお願いします







| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

七草粥

110107_2

おはようございます。

今朝は手抜きな七草粥に、常備していた自家製おしんこセットの朝食でスタートしました。
春のいい香りです。

聞いても七草はひとつも芹しか答えられなかったオットですが(芹は答えられたらしい:汗)、昨日過去ブログを見たら4年連続おみくじは大吉でした。年末のお疲れで崩れた体調が戻らないらしいのですが、今年も大吉だったので、七草粥を食べて早く良くなるといいんですけどねぇ。。。

***

そうそう、先月オフィスを移転したので電車通勤になりました。
もう寝坊してスッピンで出るなんてことが許されないわけで、少し早起きを心がけるついでに、
私も体力作りに朝は歩いてみようかなんて考えたお正月でしたが、ちょっと実践は無理そう。
お休み明けに駅の階段を上っただけで息切れがして、足がガクガクしちゃいましたもん。
どんだけ正月寝てたんだーって感じです。

体力もつけないといけません。
とりあえずしばらくはエスカレーター使用禁止が目標かなぁ。。。(目標レベル低すぎ?)



NinkiBlogbanner03  ←ポチッとお願い

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

おせち 2011バージョン

110101_1

30日にプチ掃除をしながら黒豆だけは浸していたのですが、夕方買い物に出て気分が盛り上がったので、買う予定だったおせちもできるところは手作りすることにしました。

初めての東京でのお正月ですが、和紙だけ買って盆に一人づつ盛り合わせ。懐石の八寸のお正月バージョンをイメージして、とりあえず食べたい料理を一気に作り、後から適当に盛りつけたのですが、なんとかお正月っぽくなったような? 
皿数を減らそうと盛り込みすぎたんですけど(汗)、ハレのにぎやかなお正月風ということでヨシとしてください。いろいろ入ったお一人プレートは、長い時間きれいな状態で楽しめて好きなのです。

以下来年のために記録。中央の盛り合わせ手前から(●は作ったもの)

 ●合鴨ロース和風仕立て(津軽ガモ だし汁使用バージョン)
 ●栗きんとん (冷凍していたゆで栗と鳴門金時を使用。栗は砂糖を控え半分煮くずれた) 
 ●干し柿バター柚子風味(中央の柚子が効いて良かった。2日目はクリームチーズバージョン)
 ●ミニ蕪のたらこムース(塩茹で蕪、たらこ+裏ごしハンペン+マヨネーズの詰めもの)
 ○田作り(冷凍していたいただきものの残りに胡麻だけふった♪)
 ●かずのこ(塩抜きかずのこ、白だし+だし汁仕立て)
 ●ズワイガニ入り出し巻き卵(卵3個+ズワイガニ足4本、まきすを使った方が良かった)
 ○鰊昆布巻き(鰊を煮る時間がなく市販品に)
 ●天然海老の塩焼き(下処理した海老を酒と塩で30分浸してからグリル焼き。冷めても旨かった)
 ○手綱蒲鉾(籠清)
 ●菜の花の辛子和え
 ●黒豆 (一晩浸して圧力鍋高圧2分+放置、その煮汁を使いグラニュー糖3回に分け1時間煮て、
        さらに一晩浸してみた。初めて圧力鍋を使ったが成功。丹波3L豆を奮発。
     煮汁を使ったせいか色が良い)




110101_2


 ●お雑煮 すまし仕立て(蒲鉾いちょうがえし、生しいたけ半分、金時人参、三つ葉)
 ●小肌の卯の花和え(酢締めコハダ、卯の花酢、金時人参、甘酢生姜、自家製イクラの醤油漬け)
 ●紅白なます (柚子風味)

いつも登場のサーモンは31日に食べたので、代わりに出世魚の小肌を使った一品を。オットも喜んで大正解でした。小肌は市販の酢締めを使用。しっとりした酢の物仕立ての卯の花和え(鰯の卯の花和えの砂糖控えめ、卵無しバージョン)をやや薄味にし、冷凍してあったイクラを添えました。


110101_4

 ●煮しめ(里芋と蓮根/高野豆腐と金時人参/新ごぼう、どんこ椎茸、生芋蒟蒻/絹さや)

毎年1月6日〜15日ぐらいの間に炊き合わせ風のお煮しめをつくっていますが、もちろん今年はお正月に作りましたよ。

 


110101_3

2日の夜には残り物に洋風ものを少しプラス。蓋付きの椀に入れたお歳暮の厚切りハムとブロッコリーのクリーム煮が喜ばれました。たっぷり作った気がしましたが、2日の夜にはきれいさっぱりなくなり冷凍庫整理にもなって良かったです。

私は毎年おせちはちょっとでよくて、お正月にはタラバ蟹をガッツリ食べたいのですが、今日は義父と義母との新年会でタラバ蟹をゴチになってきました。大満足です。

今年もみんなが健康で、美味しくごはんが食べれますように。


NinkiBlogbanner03  ←ポチッとお願いします。

 


 

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

謹賀新年

110101nenga_01

明けましておめでとうございます。

今年も美味しく楽しく更新予定。ぼちぼち頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

で、初めての東京でのお正月に備え、結局私もおせちもどきを作り、おやつも買い込んでだ〜らだらの寝正月、というより食べまくりのお正月堪能中です。

明日には新年会でゴチソウをいただくし、この調子だとこのウサギのようにまんまるになりそう。最近パンパンになってきて、小ジワケアの美容液が必要ない?と、それだけは得した気分でもあります。

身体を動かさないと!という危機感もあり、今日は初詣に行ってきます。年末ジャンボはダメでもおみくじは大吉が出るといいなー。



NinkiBlogbanner03 ←クリックで励ましを!


 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »