« 夏の終わりとおくんち ー花火2010 その2ー | トップページ | かいわれ大根のおつまみ小鉢 »

2010年9月11日 (土)

茄子の3品

100829_1

夏野菜も終わりですが、田舎から野菜をたくさんいただいたり買ったりして、帰ってきてからもたっぷり野菜を楽しみました。焼き茄子もやっと遠慮なく食べたいだけ食べたという感じ。

まずは先月の画像から3品ピックアップ。

   
    ●蒸し茄子 からし酢醤油 

    <材料:2人分>    茄子2本、タレ(醤油小2、りんご酢小1〜2、胡麻油小1/2、和がらし適量)

  1. 茄子はピーラーで4カ所皮をむき、残った皮がまばらになるよう4〜8等分にして、
    塩水(水300ccに塩小1)に入れて皿で重石をのせ15〜20分アクぬき。
  2. 蒸気があがった蒸し器で中〜強火で5分ほど蒸したら、盆ざるなどにとり色よく仰いでさます。
  3. タレの材料を混ぜ合わせ添えてだす。

    *酢はお好みで量を加減。米酢や黒酢でも。またはポン酢醤油+胡麻油+からしなどでも。

一気に蒸し上げて一気に冷まし、色をできるだけきれいに残すようにしています。ラー油などタレのアレンジができて便利ですが、蒸し茄子にはこのからし酢醤油が実家でも定番でした。




   

100829_2
    ●茄子の揚げ浸し とろろ梅がけ 

    <材料:2人分>    茄子2本、長芋5〜6cm、梅肉適量 麺つゆ、だし汁

  1. 茄子が半分漬かる程度に麺つゆ(市販濃縮タイプ)をだし汁で割ってバットで冷やしておきます。
  2. 茄子は縦横半分で皮に切り込みを入れて素揚げし、できれば盆ざるかボールに並べて熱湯をかけ表面の油ぬきをしてから1の漬け汁につけて冷やす。
  3. 長芋をおろし、たたいた梅肉をのせたものをかけて器に盛る。   
   

市販の麺つゆは水で割らずにだし汁でいつも割りますが、追い鰹のかわりです(普段素麺を食べる時も)。

長芋は食べやすく鬼おろしでおろしていますが、普通のとろろや、袋に入れてたたく「たたき長芋」でも。帰ってきて作ると、茄子を漬ける時間が短い時などがあるので、梅入りで少し彩りと酸味や塩気を加えたりします。


100829_3_2

   

●茄子の塩揉み 紫蘇の実風味のもろみ味噌

    <材料>茄子2本、紫蘇の実の塩漬け小1強、青紫蘇3枚、もろみ味噌小2

  1. 茄子は4カ所程皮をむき、たて半分に切ってから半月状にスライスし、塩水(水300ccに塩小1)で15分アクヌキします。
  2. 水気をきって、刻んだ紫蘇の実と青紫蘇をまぶしなじませます(紫蘇の実を使わず紫蘇の葉やミョウガの場合は塩をふる)
  3. 出た水分を切って器にもり、もろみ味噌をのせる。

揚げたり焼いたり蒸したりしましたが、一番よくたべたのがこの塩揉み茄子と水茄子の浅漬け。
茗荷もいいですが、紫蘇の実と茄子の相性も格別で、さらにもろみ味噌ともよく合います。朝は水茄子の浅漬けか、この味噌なしの状態で食べて、夜食べる時はもろみ味噌のっけでお酒のおともに。

茄子の皮にはアントシアンがありそうでできるだけ食べたいのですが、固いものは剥いてどうぞ。

まだある茄子画像、秋茄子とともにまた登場しそうですが、どうぞお付き合いくださいませ。


NinkiBlogbanner03 ←ポチリとお願いします。



 


|

« 夏の終わりとおくんち ー花火2010 その2ー | トップページ | かいわれ大根のおつまみ小鉢 »

コメント

sunakemiさん

茄子もピーマンも大好きなんていいコだったのね〜。
でも私も大好きでした。
秋茄子の味噌汁だけは椎茸のような味がして嫌だったけど、
それも今は平気だなー。
田舎の茄子やピーマンって、アクも強かったけど味も濃かったですね。
ピーマンにいたっては生でたべる『やたら』という料理があるくらいですから、
わたしも子供の時から大好きでした。
ピーマンとかセロリとか、洋風な料理にも絶対はずせない食材ですよね。

投稿: ★akemiさん | 2010年9月15日 (水) 01時39分

私も茄子は大好き,ですよ。もうなす料理なんでもこい、っていうくらい。
揚げてもやいても蒸しても漬け物でもなんでもござれ,なのですが、
不思議と子どもの頃ってそんなに好きではありませんでした。
子どもの頃はピーマンがすきで、友達みんな大嫌いで、お弁当にはいってたピーマンみんなから貰って食べてました。変な子供だったみたいです。
(笑)

投稿: akemi | 2010年9月14日 (火) 04時48分

sunchanelさん

とろろ梅、最近の私の和食朝ご飯に納豆と交互で登場してるの。
茄子とろろにもいいよー。

とろりとした茄子は美味しいよね。
chanelさんは自家製のお味噌で
茄子炒めとか滋味めしもつくるのかしら?
何作らせてもオシャレな感じがするわ。
私はあと焼き茄子ネタとか割烹系の茄子ネタがいろいろあるかなー。
ま、アップする頃には秋茄子も終わりそう〜。

投稿: ★chanelさん | 2010年9月13日 (月) 23時10分

どれも好み~

とろろ+梅ってところがひねりがあってTomyさんサッスガ!
って感じ

茄子って大好き
うんうん
どれも捨てがたい

ってお写真を見ながらオーダーをするかのごとく
迷ってしまってる私でした

投稿: chanel | 2010年9月13日 (月) 11時57分

sunquesoさん

うまくまとまらないまま書いてしまってごめんなさい。
あの通りにする必要は全然なくって、
ただquesoさんの塩辛造りに役立つことがあれば嬉しいです。
でも性格に耐性をつけて
ピチットしなくても、身も6時間ぐらい乾かすとか、
3日待つとか、やってみてもいいかも(笑)

茄子ともろみ味噌も紫蘇の実もとても相性がいいのですが、
これに茗荷と生姜をプラスして、
焼き厚揚げのトッピングにしても美味しいの。
味噌だけだと甘いので、お醤油をちょっとたらしたりしてね。

夜はだいぶ涼しくなったよね〜。

投稿: ★quesoさん | 2010年9月13日 (月) 00時37分

sunまゆみさん

アハハ、まゆみさんそんなに茄子好きなのか〜。
うん、確かに美味しいよね、私も大好き。
蒸し茄子や焼き茄子は食べ過ぎてみたいわ〜(笑)

紫蘇の実はそろそろ穂紫蘇安くなってたら作り時だよ。
濃い塩にしておけば春までもつからね。
もろみ味噌とか東京の人は食べない?普通に売ってるよね?
紫蘇の実と合うんだけどなー。

投稿: ★まゆみさん | 2010年9月13日 (月) 00時30分

sunminさん

揚げた茄子ばかり食べていたんですが、
少し太ると蒸してみたり(笑)
でも蒸し茄子もすっごく茄子の美味しさ実感できます。

投稿: ★minさん | 2010年9月13日 (月) 00時23分

先日は、塩辛の作り方を丁寧に教えていただき有難うございました。
じっくりと拝見させて頂き、文章を見ながら肝のコクの様子が手に取る
ように感じる事ができました。
早速次回はこの作り方でやってみます。性格に耐性をつけねば・・・。

茄子、いいですね~。
どれもこれも好みですが、冷酒のアテには個人的に最後の一品が
と思ったら・・・やはりおつまみにピッタリですね(^^)♪
もろみ味噌と紫蘇の実と茄子・・・これをガラスの器に盛って
冷酒をひとくち・・・窓からはふわりと秋の涼風と鈴虫の音・・・
秋茄子を嫁も食べられる時代に生まれて良かった。

投稿: queso | 2010年9月12日 (日) 15時21分

あたしの愛して止まないナスがこんなにたくさん!
全部食べたいよー。蒸しナスなんて、もー10本くらい
一気に食べられるわ。
しその実、いいねーー。美味しいよね。大好き。
もろみ味噌は常備してないんだけど、
これ作るために買いに行ってもいいくらいだわ。

投稿: まゆみ | 2010年9月12日 (日) 00時22分

なすおいしそうですね! こんな食べ方、参考になりました。グリルで焼いて酢や、今流行の食べるラー油でいただいていました。紫蘇のみ風味の味噌でいただいてみたいです!

投稿: min | 2010年9月11日 (土) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/49411967

この記事へのトラックバック一覧です: 茄子の3品:

« 夏の終わりとおくんち ー花火2010 その2ー | トップページ | かいわれ大根のおつまみ小鉢 »