« バジルのチーズソースとパスタ | トップページ | 紫陽花の咲く頃 »

2010年6月22日 (火)

鮭と野菜の塩ポン酢マリネ

100616_image

 

<6月16日(水)の晩ごはん>

焼鮭と野菜の塩ポン酢マリネ
ゴーヤと挽き肉のコチュジャン炒め
冷や奴 自家製ナメタケと香味野菜がけ
塩茹で空豆
そしていただきものおせんべい( ! )


100616_2

    ●鮭と野菜の塩ポン酢マリネ

    <材料:2人分>
    甘塩鮭2切、胡椒、小麦粉、オイル+胡麻油適量、
    A:新玉葱大1/2、セロリ15cmとセロリの葉を数枚、プチトマト6〜8個、
    B:塩ポン酢大2、胡麻油大1/2

  1. Aの野菜を薄くスライス、プチトマトは半分に切り、Bの調味料と混ぜて冷蔵庫に入れておく。
  2. 甘塩の鮭の切り身を4つに切って胡椒をふり、小麦粉をつけてから胡麻油を半量混ぜた多めの油で焼くか揚げる。(生鮭の場合は塩をふり10分置いてから水分をふき、軽く塩と胡椒をふってソテーする)
  3. 1の野菜の水分が出たところへ鮭を混ぜてなじませてから器に盛る。

冷凍庫のシャケを揚げずに、しかも市販の調味料で簡単に作った南蛮漬け風マリネ。ピーマンかセロリがあれば香りよく、とても投げやりな献立には見えません(笑)

塩ポン酢(今回コレを使用)の種類や野菜の水分により、お好みで調味料の量を調整してください。





100616_1

    ●ゴーヤと豚挽肉のコチュジャン炒め

    <材料:2人分>
    ゴーヤ1/2本、豚挽肉100g、新生姜(または生姜)みじん大1
    酒大1.5、醤油小1、コチュジャン大1/2、胡椒、胡麻油適量、薄めの水溶き片栗粉適量

  1. 豚挽肉に酒と醤油を混ぜておき、ゴーヤは薄切りにしてさっと熱湯に通す。
  2. フライパンに胡麻油を熱し、生姜と挽肉を炒める。
  3. 完全に火が通りほぐれてからゴーヤを加えて炒め、コチュジャンと胡椒で調味。
    お好みで薄めの水溶き片栗粉少々で食べやすくまとめる。
    *ゴーヤの苦みが嫌でなければ熱湯に通さなくてもOK

だいぶ前から店頭に並んでいたゴーヤですが、我が家はこの日が今年お初でした。塩味のマリネ、醤油味の冷や奴と献立ができたのであと一品みそ味に。これならビールにピッタリです。しかも今日のビール画像はちょっといい感じでしょうか?一発勝負なので気合いと集中力が必要(笑)

でもね、、、我慢していたごはん代わりに美味しいおせんべいに手を出した私と、米を食べたのにツラレてバリバリやってしまったオット、どうも忍耐力に欠けるのです。

 

NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


 


|

« バジルのチーズソースとパスタ | トップページ | 紫陽花の咲く頃 »

コメント

sunまゆみさん

そうよ〜!あのお煎餅♪
久しぶりにシンプルな味付けのお煎餅が美味しかった〜。
分厚いのにサクサク食べれたわ。ごはんみたいに(爆)
ごちそうさまでしたー。

まゆみさんはよく美味しそうなゴーヤの料理も作ってるよね。
うちの近所でも3月には普通に売ってかも。
でもやっぱりお日様いっぱい浴びた方が苦くて栄養価も高いだろうなー。
うちも残りの半分お浸しにして食べて、
久しぶりにあの新鮮な苦みが美味しかったわー。

投稿: ★まゆみさん | 2010年6月24日 (木) 02時25分

suncypressさん

私ね、普段は空豆に切り込み入れて茹でたのをそのまま出しちゃってるの。
その切れ目から押し出して食べてたのよ。
この日は手前に空豆置いたら色が見えないもんだから、
近所の割烹みたいにその後剥いて出したの。
そしたらやっぱりオットに食べやすいって喜ばれたわー。
cypressさん、やっぱりさすがですね!

えへへ、ビール画像もお褒めにあずかり光栄です。
美味しいですよ〜。
今日も深夜に帰ってきてまずグビグビ飲んじゃった!
あれ?cypressさん、もしかして飲まない???

投稿: ★cypressさん | 2010年6月24日 (木) 02時16分

sunえり〜ままさん

塩ポン酢、えり〜ままさんなら同じ物が入手できそうね。
今日あたり作ったのかな?
(ごめんね!今日一日外出しててメールお返事できなかった)
揚げないから楽よね?
新生姜はまた他にもアップしたい記事があるんだけど、
甘酢漬けはつくっておくといいよー。すごく長く保つからね!

この季節、やっぱりおもいだしちゃいますか。。。
私もね、今年は明るい紫陽花の写真をと思っていたのに、
なんだか撮ってるうちに切なくなってしまったよ。
電気代で寂しさ実感してます〜。


投稿: ★えり〜ままさん | 2010年6月24日 (木) 02時09分

sunみーちゃんさん

はじめまして。
そんなに見て下さってるのも嬉しいですが、コメントも嬉しいです。
ありがとうございますー!
長野在住ですか。私も両親と妹夫婦がそちらの方におります。
盆暮れには儀式の用に帰っておりますが、
今年もまた美味しいものを食べに行きたいと思います。
これからもお付き合いくださいね。

投稿: ★みーちゃんさん | 2010年6月24日 (木) 02時05分

sun亜紀。さん

これは冷やして食べたんだけど、
アツアツの中華あんも美味しいでしょうねー。
私も久しぶりに鶏で甘酢あんかけ作ろうかな〜。

フフフ、餃子は亜紀。さんの好みが一般的かもしれませんね。
でもこの前皮から作った焼き餃子はその○将よりイケてたかも〜!
夜作ったのがイマイチで、朝から皮を仕込んでのリベンジだったの。
それ以来すっかり満足して作ってない(笑)
やっぱりあの値段で買えるなら○将の勝ちかもしれないわ。
給食で揚げ餃子が出たってとこで、
世代のギャップを感じてしまったなんて言わないわよー!

投稿: ★亜紀。さん | 2010年6月24日 (木) 02時01分

sunトマトさん

はじめまして!
前のブログ・・・、古い記事は自分でも恥ずかしいんだけど、
ずっと見て下さっていたなんてとっても嬉しいです。
ありがとうございます。

ブログ、拝見しました。
ホント、エリアが一緒ですかね(笑)
八方園でお式挙げたの?
私も出席したことがあるんですが、
すっごく素敵ですよね〜!
お身体も大事にしながら、これからもお付き合いくださいね。

投稿: ★トマトさん | 2010年6月24日 (木) 01時53分

もしや、あのおせんべい?!フフフ。
あたしもパスタ作ったよ〜。
楽しいねぇ、あれ。
ひとりでせっせと作ったんだけど、今度は息子と作るわ。

ゴーヤ、ウチはもう何回も食べているな。
一年中スーパーにあるから
季節感無くなった気もするけど、
やっぱり夏のゴーヤが美味しくて色も綺麗で
元気になるよね!

投稿: まゆみ | 2010年6月22日 (火) 18時12分

Tomyさんも空豆の先を切り取ってゆでるんですね。
同じです。
食べる時もするっと出ていいですよね。

いつもが美しい画像にうっとりしているんですが
>今日のビール画像はちょっといい感じでしょうか?
うん とってもいい。
7:3に注がれたビールがいい感じです。
美味しいんでしょうね(笑)

投稿: cypress | 2010年6月22日 (火) 16時15分

Tomyさんこんにちわ~。

Tomyさんのお料理を真似して素敵な奥さんになったつもりでいるんですけど、今回のお料理もとっても好みです。
またしても作ってしまいそうです。
今日は新生姜の甘酢漬けも作っておこうかと思ってます。
作りたいものばかりで迷いますよ~。

えり~は血統書がついているので、誕生日が書いてありました。
本名はアンジェラなんですよ。(゚m゚*)
ziziちゃんはわからないんですね。昨年の今頃を思うと涙が自然と出てきて困ります。電気代は助かってますが。。( ^ω^ )
あっ写真やその他お待たせしてしまっていますが、ゆっくりお待ちくださいね。(T-T)

投稿: えり~まま | 2010年6月22日 (火) 14時17分

はじめまして、毎日2度位のぞかせていただいています。長野在住ですので、何かとってもお料理の波長があうみたいです。
 写真もとっても素敵。おかげで私の料理もマンネリから脱却しつつあります。
 いつもありがとうです。
 

投稿: みーちゃん | 2010年6月22日 (火) 14時02分

私もこれ、作りますー!
鳥でもよく。
中華あんで、野菜たっぷりをかけることも。
大好きー!

Tomyさん、水餃子>揚げ餃子>焼き餃子 ですが
どうしよう、私、間逆です。(笑)

給食の揚げ餃子が日本一だと、未だに思っている30歳と6日。(笑)
王将万歳です。(笑)

投稿: 亜紀。 | 2010年6月22日 (火) 10時49分

はじめまして^^実はずいぶんと長い間読み逃げしているものです。前のブログタイトルのときから・・・Σ(;・∀・)
写真もお料理もとっても素敵ですね。
実は行動範囲がとっても近くって、外ご飯も参考にさせていただいています。
また遊びに来させてくださいねm(_ _)m

投稿: トマト | 2010年6月22日 (火) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/48684415

この記事へのトラックバック一覧です: 鮭と野菜の塩ポン酢マリネ:

« バジルのチーズソースとパスタ | トップページ | 紫陽花の咲く頃 »