« フライパンで初パエリア | トップページ | おつまみ春巻きと和食の献立 »

2010年6月14日 (月)

根曲がり竹と鯖缶の味噌汁

100607_1b

実家に帰った時に根曲がり竹を缶詰に詰めて保存していたものをもらってきました。

『根曲がり竹』は竹の子ではなく、別名『千島笹』とも呼ばれる笹の子で、主に中部から東北の雪深い山間地で見られるようです。かつて私の実家があった北信州でも、6月限定で採れる貴重な山菜としてスーパーや道の駅にも並びます。(写真はこちらを参照

子供の頃、筍は嫌いでしたがこの根曲がり竹はアクがないせいか大好きで、てんぷらや和え物、卵とじは大好物でした。独特の笹の風味があるんですが、それを生かして北信州では鯖缶と作る味噌汁が人気です(wikipediaにも掲載あり)

数年前にテレビで見たのですが、北信州のその地域は日本一鯖を消費するそうで、それはこの根曲がり竹の味噌汁に加える鯖の水煮缶のせいなんですって。スーパーだけじゃなくて道の駅でもこんなふうに山積みになっていたり、鯖缶ダースの箱買いです。


100607_2

私も食べたかったのー。田舎では煮物みたいにこんなふうにたっぷり具沢山で食べてました。

お正月にも母に頼んで調達してもらってたのですが、一年中楽しむ為に缶や瓶詰めにして保存します。さらに今から採れる生を煮たら、笹の子独特の風味と食感が際立ち、鯖缶とのコラボでコクが出てメッチャ旨いのよー!

アクが出たら除き水煮にした煮汁に鯖缶の汁気もそのまま加え、彩りに人参を入れて煮て信州味噌を薄めに溶きます。以上完成!最初に感じる風味は衝撃的ですが(大げさ!)、また後ひく旨さなので、一杯食べるとオットはいつも「もうないの?」と聞いてきます。



100607_image

<6月7日の晩ごはん>

イカとセロリの炒め物
絹揚げ生姜醤油
トマトの新玉葱マリネ
蕪の紫蘇の実風味の浅漬け
タケノコ汁(根曲がり竹と鯖缶の味噌汁)
黒米入りごはん
夏みかん

というわけで、なんてことない地味メシですが、このタケノコ汁のおかげで「美味しかったー!」を連発した晩ご飯でした。


NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


 

|

« フライパンで初パエリア | トップページ | おつまみ春巻きと和食の献立 »

コメント

sunマイキーちゃん

これこれ!あの時話した根曲がり竹です。
でも缶詰なんだけどねー。
採ったばかりのはまた香りがすごくいいのよ。

品数多くないと、さっぱりしたものばっかりでさー(汗)
一日一回お肉はしっかり食べてるんだけど、
でもこんな地味飯だとうちのオットはすぐ2kgぐらい痩せちゃうわー。

投稿: ★マイキーちゃん | 2010年6月16日 (水) 11時14分

sunえり〜ままさん

覚えてた?
そうそう、みんな自分とこで缶詰に詰めてるの不思議だわ。
うちはそれをいただくばかりで申し訳ないんだけどね。
缶詰でもやっぱり美味しかったよー!
えり〜ままさん、料理センスありそうよ。
でもこの味噌汁は味噌を溶くだけよ〜。
茗荷寿司ね、半分に切ったら、少し芯のところをくりぬくといいよ。
シャリと離れないから。

おお!SSバゲット食べたのね。
美味しいでしょう〜。フィグエフィグなんてすごいよね!

投稿: ★えり〜ままさん | 2010年6月16日 (水) 11時12分

これかーーー!!根曲がり竹は!
話聞いてから、食べたくて食べたくて。
トミーちゃんの炊き方もまた旨そうだわぁ~。
しかし、相変わらず品数多くてバランス良いな。
私も頑張ろうっと。

投稿: マイキー | 2010年6月14日 (月) 16時30分

Tomyさんこんにちわ~。。

すっごく懐かしいです~。。うちも作ってもらってたような遠い記憶があります。。(o^-^o)そうそう缶詰に入ってるのをもらったことがあります。
食べた~い(*^ω^*)ノ彡
いまいち料理にセンスがなく、いつも何か足りなかったりしてこんな私でもちゃんと作れるかしら?
Tomyさんの茗荷寿司も作ってみた~い。。

シニフィアン・シニフィェの森の酵母のバゲット。チャバタ・トマト。カンパーニュ。フィグエフィグ入手しました~。。おいし~い。。バゲットはあっという間に1本なくなりました。明日も買いに行きそうです。

投稿: えり~まま | 2010年6月14日 (月) 15時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/48624578

この記事へのトラックバック一覧です: 根曲がり竹と鯖缶の味噌汁:

« フライパンで初パエリア | トップページ | おつまみ春巻きと和食の献立 »