« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

山梨山荘と桜の宴 その4 

100424_07a

桜の宴その3の翌週の24日、あまりにも楽しかったのでまた山梨山荘へ行ってしまいました。というより、この日が桜の宴本番? 前日の雨があがり、一本桜は花吹雪を見せてくれていました。

今回は前日に少々準備もし、朝、高速を降りてから山菜などを買って山荘へ向かいました。師匠のご友人Sさんもいらっしゃって、花吹雪を見ながらのランチです。


100424_10

いいアサリが入っていたので、リクエストの『アサリと菜の花のパスタ』にしました!アンチョビとセミドライトマトも持って行ったので、我が家で作るのと同じ味。でもフライパン2つで4人分って忙しいー!

写真撮ってる場合じゃないわ。伸びちゃうから早く食べよっ!!

前夜にパプリカのマリネとスモークチキンを作ったので、チキンはアボカドや野菜でサラダにしました。


100424_09

おともに赤坂ペルティエのパンをいただきました。ペルティエのパンを食べるのは初めて。さすがに入ってるフィグやマロングラッセはとてもリッチな味です。

100424_11

毒味をお願いしますのカンパーイ!(笑) オットがあわてて撮ってくれました。

チキンのサラダもパスタも喜んでもらえたようで安心したー。


100424_08

楽しくおしゃべりしたりハンモックにのったり、山荘の午後をのんびり過ごしてから、温泉にも入りました。今回は白州・尾白の森名水公園内にある『尾白の湯』。温泉はとっても塩辛いナトリウム泉ですが、ホントにどこで水を飲んでも美味しいです。

温まったらすっかり日が落ちて来たので急いで戻り、桜の宴の準備にとりかかりました。今回も春の野菜のパワーを味わう山荘料理を食べていただこうと山荘のキッチンを荒らします。


100424_03

「わらびってカサンカスイソスイの味がするのを食べて以来食べてないのよー」と言っていた師匠に、シャキシャキ食感の美味しいわらびのお浸しを味わってほしかった。「カサンカスイソスイの味じゃないよね?・・・っていうか、カサンカスイソスイって何?」

  わらびのお浸し
  うどと胡瓜と生わかめの酢の物
  うど皮と人参のきんぴら

100424_04

ギャーッ!! 前回持って来た材料を探していたら味噌を塗った筍を焦がしてしまった。しかも田楽を焼いたトースターも自分のものと勝手が違って焦るー! 師匠が「修正はおまかせください!」とフォローしてくださった。そんなところも昔とおんなじ。いつも助けてくださるその姿にウルウル(笑)

  豆腐の木の芽味噌田楽
  筍の木の芽味噌焼き
  桜麩と空豆の含め煮

  筍の姫皮と生わかめのお吸い物(写真なし)


100424_05

一本桜がまだ咲いているよと前夜にメールをいただいたので、私が好きなものを食べていただこうと思い、桜の葉と塩漬けの花を持って行ったのでした。

  桜鯛の桜蒸し


100424_06

今回もまた天ぷら揚げましたっ!桜の宴のはじまりはじまり〜。

  天ぷら盛り合わせ(さつまいも、うどの穂先、舞茸、ふきのとう)


100424_13

お酒は白ワインの他に近くの酒蔵七賢さんでSさんがチョイスしてくださったのをたっぷりいただきました。美味しかったですねー。


100424_12

〆にはさらに掻き揚げを揚げたっ♪ たたきわらびととろろのお蕎麦と一緒にどうぞー。

でも酔っぱらいながら作ったので、掻き揚げはちょっとバラバラ事件、すみません。
さらにお肉も少し焼こうと思っていたのに思いっきり忘れてしまい(大汗)、ホントに山菜ばかりの桜の宴になりました。でも私はすごく楽しめたのでまぁいいかー。

  桜海老と新玉葱の掻き揚げ
  たたきわらびととろろのお蕎麦

100424_02b
今回ももちろん暖炉で焼きマシュマロは食べましたよ。ムフーッ!!! おいしかった。

楽しい夜は更けていきました。

100424_14
朝は地元で売っていたヤーコンにクルミと人参を加えてサラダに春豆をうかべたスープ。ヤーコンのサラダは時々作っていて画像もあるので後日ご紹介したい。

100424_15
前夜あんなにたくさん食べたのにーと思うけど、野菜ばかりなので早くからお腹がすいてスッキリ目覚めました。チーズもあって朝からまたパンたべすぎっ。

2週にわたって楽しい桜の宴でした。。今度は師匠おすすめの秋に、甲州ワインと紅葉を楽しむ会に呼んでいただけることを心から祈って催促したいと思います。美しい姿を見せてくれた山桜と、私のごはんも食べてくださった皆様に感謝の楽しい休日でした。

このGWも師匠は山荘へおでかけでしょうか。どうかイノシシと戦ったり、蒔を運んで骨折することのないようくれぐれも気をつけて下さいね。本当にありがとうございました。

 


NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


長々と見て下さってありがとう。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

山梨山荘と桜の宴 その3 ごはん

100417_28

前日に春の雪に見舞われ、この日道の駅やスーパーにも山菜類はほとんどなく、芹と大好きなうどだけ買い求めました。あとはお里にあるスーパーで生青海苔や生わかめ、ホタルイカなど季節のものを加えて、いつもの簡単な食事をつくることにしました。

師匠とは昼夜寝食をともにした仲ではありますが、私がごはんを作るイメージは全くなかったそう。でもお浸しとかね、焼き魚ぐらいなら作れなくもありません。いつものように野菜を美味しく食べる為に出汁をとり、まずいつもの小鉢料理をつくりました。

芹のお浸し
うど皮と人参のきんぴら
細ねぎと生わかめとホタルイカのぬた
生青海苔の茶碗蒸し

具なしの生海苔茶碗蒸しは目分量で作りヒヤヒヤしましたが、師匠が喜んでくれたので良かったー。


100417_27

天麩羅鍋があるというので、春はこれだよね!的野菜の天ぷら。家で油をけちってるのと違い、やっぱりたっぷりの揚げ油で揚げるとうまいこと揚がりますなー。いつもより出来がよかった!

さつまいも天
舞茸天
独活の穂先の天ぷら
新玉葱と桜海老と三つ葉のかきあげ

写真を撮るといったら、師匠がささっと雪で折れた山桜も添えてくださいました。さすがっ!

 


100417_26

魚はにじますを焼きました。グリルで串は無理のようでちと焦げたっ(汗)

また師匠が走ったかと思ったら、今度は森からヒバを摘んできてくださいました。んもー、相変わらず完璧なお仕事っぷりに助けられています(笑)



100417_29

独活(うど)が武蔵野特産野菜だとは知りませんでしたが、大好きなうど料理も食べ比べていただきたく、信州りんごで作ったリンゴ酢を使い、酸っぱいのが苦手な師匠のご主人にも食べていただけるよう、酸味やさしくフルーティな酢の物もつくりました。

独活とキュウリと生わかめの酢の物
独活とキウイのマリネ

キュウリとキウイ、かけてみたのん。


100417_30
温泉であったまり、みんなで山荘料理をいただきまーす! 野菜づくしですがけっこうお腹いっぱいに。

他にお豆腐と野菜の沢煮椀など。あったかいお椀があるとほっとするねーと喜んでくださいました。

100417_32
食後には師匠が暖炉で焼きマシュマロを焼き焼き。

初めて焼いて食べるので興味津々。どんなもんでしょう?

100417_31

「ん、むふーーーーー!!!!!」 

不思議な食感。焦げた甘さ。
なぜかね、「ムホー!」とか言っちゃう。そしてどうしても笑っちゃうんです。
なんとも美味しいー。 

師匠、もっとちょーだい! おかわりして笑い転げながら食べて飲み、楽しい夜は更けていきました。

100417_33
心地よく朝目覚めて、大きな窓からあの一本桜が目に入った時、とても幸せな気分になりました。
まわりの雪は溶け、静かに山桜が咲いています。

100418_03
朝は作って行ったプチトマトと新玉葱のマリネを出して、新人参とオレンジでサラダをつくり、、、


100418_05
パンとスープで山荘の朝ごはん。

師匠と何度も迎えた朝の中で、一番気持ちのよい美味しい朝でしたね(笑)


100417_34
折れた桜の木を蒔きにしていたら、森から2匹動物が出て来ました。

これが噂のイノシシか!?と思ったら、どうやらムジナ!?
正面からみるとタヌキで横から見ると長い顔です。何か掘り出して食べていました。


100417_35
楽しい時間はあっというまに過ぎていきます。

山荘とはしばし(?)おわかれし、高速が混まないうちに帰りましょう。

帰りは桃源郷を廻って帰りました。


100417_36_2
うっすら遠くに富士山が見えるのがわかるでしょうか?一面の桃畑はこの時より先週ぐらいがピークだったかもしれません。送電線が走っていて写真は辛いんですけどきれいでした。

帰ってから道の駅で買った苗を植え、山菜や手作りのお豆腐で美味しいごはんをたべました。
そしてまた桜の宴を、、、

(え? つづく)




NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

山梨山荘と桜の宴 その2サントリー蒸溜所

100417_14

道の駅で簡単な昼食をとった後、師匠が連れて行ってくれたのはサントリーの白州蒸溜所。お友達のブログで見た事はあったのですが、一度来て見たかったのです。

標高700mの広大な森の中に作られた高所の蒸溜所で、白州の軟らかい名水が仕込み水として使われているそうです。敷地内はバードサンクチュアリとしても楽しめますが、敷地内をバスにのって1時間かけて見学できるガイドツアーに参加することに。バスを待つ間、中の展示室を見学しました。


100417_15

サントリーの前身、寿屋が初めて出した赤玉ポートワインとそのポスター。初めてのセミヌードポスターとして当時話題を呼んだそうです。



100417_16

当時の広告と初めてのサントリーウイスキー。日本人の為の日本のウイスキーへのこだわりや広告などけっこう興味深く楽しめました。


100417_17

その後バスに乗って敷地内の建物をまわり製造行程を見学。ウイスキーには麦を発酵させた後蒸溜するという他のお酒にない行程を経ますが、これがその蒸溜室。ポットスチルというこの蒸溜釜で2回蒸溜されて原酒になり、その後樽に詰められ貯蔵室で熟成されます。

貯蔵室は写真が撮れませんが、すっごいウイスキーの香りで満たされていました。



100417_18

樽は2回、3回と使う程練れて木香が上品になるそうですが、リチャーという焼きの処理が香りや色に重要な役割を果たすようです。現在は機械化されているそうですが、ここでは職人さんの技を見せてもらえます。確かにバニラのようないい香りが煙から感じられましたよ。


100417_19

ガイドツアーの最後は試飲会。白州10年の爽やかなハイボールを最初にいただき、白州12年のハイボールと比べ、さらにそれぞれの水割りを飲み比べ・・・けっこう飲んだかも(汗)。師匠、ドライバーにしてしまってすみません。

100421_1

オットが白州10年のハイボールが気に入ったと言ってお土産に買ってかえりました。ここでなくても買えますがせっかくなので。炭酸は山崎蒸溜所のソーダですがこれが美味しい秘密かも。 師匠にはウイスキーの樽で焼いたスモークチーズとチョコレートをお土産に買ってもらい、帰ってから数日食後に楽しみましたの図。チーズはやっぱりバニラの香りがします。

そういえば、うちではハイボールにはこの細長いグラスなんですが、サントリーでは違いましたね。今時はああいうのがハヤリでしょうか?


100417_20
そして話は観光に戻りますが、その後近所の有名な酒蔵ものぞきました。
この日はここではお酒を買いませんでしたが、後日たっぷりいただくことができたのでそれはまた後ほど。

100417_24

帰り道には水車小屋もありました。子供の頃、近所の豆腐やさんに古い水車が動いていたのを思い出します。でも私の田舎とは比べ物にならないくらいこのあたりは河川や公園もきれいに整備されています。


100417_21

小川の音と夕日と八重桜が揃って癒されましたー。


100417_25

さ、次は温泉とごはんだ!

この後みんなが温泉へ行ってる間に、私は地元食材で桜の宴の為の「素材そのまんま生かしちゃった系ごはん」を準備しました。

(ごはん編へつづく)


 

NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


 


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

山梨山荘と桜の宴 その1ー桜

100417_01

朝のチェーン規制が解除されるのを見込んで山梨へ向かったのは先週の土曜日のこと。前夜の雪や雨が嘘のように晴れ上がり、途中富士山や青く澄んだ空と山々をながめながら、山桜の待つ師匠の別荘へ車を走らせました。

桜が好きだとお話したのは、仕事をご一緒した6,7年も前のことでしょうか。とてもお世話になった方なのですが、買ってきてくださった桜餅を、徹夜明けでも「いい香り〜!」とほおばっていた私のことをよく覚えていてくださったようで、今年の桜の宴にご招待いただきました。


100417_02

桜並木をすぎて山荘につくと、朝の雪かきでできた雪だるまがお出迎えしてくれました。ちなみに後ろに見える赤シャツは師匠ではありません。ここで暴れたイノシシよけのカカシだそうで、ちょっと役立たずらしい。後ろの森にも雪の中頑張った山桜が咲いています。


100417_03

別荘の中庭からはこの眺め! いつか行きたいとお話して、やっとこの一本桜に会えました。

雪、桜、山、空、川、こんなに一度に出会っていいのかな。最初は遠慮がちに静かに、それから思いっきり深呼吸します。

雲がどんどん流れて遠くに見え隠れする残雪の山は甲斐駒ケ岳。標高2967mの山だそうです。



100417_04

こちらにも白い尾根が連なります。

雪のせいかきれいな空気もさらに澄んで、東京では見れなかった青空と桜です。


100417_06

白く小さな花をつけた山桜、前夜の雪で少し枝が折れていましたが、満開になって私達を待っててくれたのでした。


100417_07

一息ついてお茶をいただいてから、昼食を兼ねて桜を堪能しにでかけました。桜並木の続くお花見ポイント、ここでは風で花吹雪が舞っているのがわかるでしょうか? なんだか幸せな気分になりました。


100417_10
菜の花に八重も咲けば、チューリップ畑もあり、レンズ一本ではちと勿体なかったですね。


その後実相寺というお寺へ行き、樹齢2000年、日本で一番古いと言われる『神代桜』を見に行きました。

著名な写真家が撮った神代桜はもちろん、師匠が送ってきてくれたコンデジの写真からも、ある種妖気のようなものさえ感じたので、是非一度見ておきたかったのでした。




100417_11

道路も一部閉鎖されて寝回り13.5mは近づけないようになっています。大きくしなった枝は支えられやっとのことで立っているように見えますが、今年も休まず桜の花を咲かせた後でした。


100417_12

裏側にまわったところの幹の木肌。私には形容する資格さえないような気がしてきます。


この後道の駅で山菜を買い求め、お昼をすませて観光です。(つづく)


100417_05



NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


 


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

青大豆のお豆腐と卯の花煮

100420_1

先週末、桜を追いかけて山梨方面へ向かい、楽しい週末を過ごした帰りに、武川町の『町の駅』に寄って地元の青大豆で作った手作り豆腐を買ってきました 。

青大豆は枝豆用の品種でうぐいすきな粉の原料にもされますが、浸し豆にしてもあの枝豆独特の風味が美味しい豆で大好きです。(→豆辞典/青大豆

「やわらかい寄せ豆腐だから豆乳も食べてな」とおばちゃんは言って、この寄せ豆腐を作った時に出るおからも一緒につけてくれました。

青大豆は脂肪分も普通の豆腐より少ないようですが、この寄せ豆腐は濃厚な風味があってとても甘くて美味しい!一緒に買って、塩と昆布で漬けた菜の花のお漬け物を添え、『藻塩』をかけて食べました。


100420_2

一緒にもらったおからは、そのまま食べてみるとやっぱり枝豆味。青大豆の風味を生かすようシンプルな卯の花煮にしてみました。
色を生かす為に薄口醤油と白だしを半分づつ、椎茸は入れずにムキエビとしめじ、長葱だけですがたっぷり入れてプリプリシットリです。

これが青大豆のおからに良く合って、いつもと違う卯の花煮ですが美味しくできたの。
近くではこんな美味しい青大豆のお豆腐は売ってません。また近くに行ったら寄りたいと思います。

楽しかった週末と待っててくれた桜も急いでアップしたい予定。


NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

新玉葱とアボカド

100402_1

新玉葱が美味しい季節なので、ピクルス&アボカドのコンビは少しの間お休みして、新玉葱&アボカドのコンビがよく登場しています(↑ハマって食べ続けたせいかも:汗)。

これは新玉葱+アボカド+プチトマトの柚子胡椒和え。たっぷりのレモン汁で色止めしてあとはお醤油と柚子胡椒で調味した和風の定番。



100405_3

こっちは洋風の定番。スモークサーモン+新玉葱+アボカドのサラダで、 ディルとレモン汁とオリーブオイルに粒マスタードと塩胡椒だけのシンプルなものですが、これも大好きな組み合わせ。

後ろに並んだこの日メニューは、大豆とキチンのトマトシチューと湘南小麦のバゲット、紫キャベツのピクルス。この春はけっこう寒かったのでちょっとした煮込みや蒸し料理が多かったかも。



100410_1

こっちは真鰯のパン粉焼き。アボカトとトマトをオレガノ入りのすりおろし新玉葱ドレッシングで和えたものを添えました。本当はディップ風にするつもりが、アボカドがちと若かったのよー。いっそのこともう少し大きく切った方が食べやすかったかもしれませんが、鰯と合って美味しかったです。

そしてさらに新玉葱スライスを入れた野菜サラダも。ちなみにこの日の献立は他にパスタを。


100410_2

自家製アンチョビやプチトマトを入れたアサリと菜の花のパスタでした。やっぱり春にはこれを食べておきたかった!うん、満足。

NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

山伏茸と4月のお鍋

100416_1
すっごく寒かったですね。ブルブルッ
スーパーで真っ白できれいな山伏茸を見つけたのでスープに入れようと買ってきました。
これはこちらで栽培したものですが、時々しか見かけないので嬉しい。


 


100416_2
なんだかぬいぐるみみたいでかわいい姿の山伏茸ですが、ガンやアルツハイマー型痴呆症や免疫力アップへの効果が期待されて話題になったりしたのですね。詳しくはこちらにも


100416_3

ほぐすと今度はサキイカみたい? スープや鍋、茹でて和え物にしても良いですが、昨日は寒かったのでやっぱり鍋にすることに決定。お出かけ前だったので残り少ない野菜をかき集め、鶏肉と合わせることにしました。


100416_4

ごぼうをいっぱい入れたのでだいぶ色も吸ってしまいましたが、煮ても独特のしこしこっとした食感がしっかり残っていてクセもありません。汁に旨味も出ますが香りは舞茸などより少ない。でもすごく食べやすいですよ。 うどんで旨味が出た汁もいただきしっかりあったまりましたー。

 


***

この寒さのおかげで野菜の高騰が心配されますが、北の桜は私の事を待っててくれたらしい。
最近晴れ女と化して嵐を呼ぶ女の名前を返上したので、きっといいお天気になってくれるはず。たのむよー! え、雪?

 


NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

桜ごはんの献立とベランダ木の芽

100412_1

先日の予告?どおり桜ご飯を作りました。ミニステーキじゃなくて冷凍庫の鶏肉を解凍しただけなんですけどね、でも桜ごはんでまたテンションあがった♪

酒と桜の葉の塩を軽くおとしたものを入れてごはんを炊き、仕上げにまた塩抜きした桜の葉を加えてまぜただけの簡単桜ご飯です。軽い酢飯のようでいい香りですー。

で、この日の献立。

100412_image

<4月12日の晩ごはん>

鶏の照り焼き ほうれん草とパプリカの炒め物
ふきのとうの天ぷら
ブロッコリーのおろし合え
豆腐としめじと葱のすまし汁
桜ごはん

ふきのとうの天麩羅は揚げ油をケチって形がいびつになりました。鶏の照り焼きを作ってから、ベランダの山椒を使えばよかったーと気がついてあわてて摘んできたの。初物です!


100300_2
芽が出たーと喜んで撮影したのは3月14日のベランダ山椒。去年1鉢枯らしてしまったのですが、これは3年目の春を迎えて枝は1m程に成長しました。


100400_02

そして一ヶ月後、4月14日のベランダ山椒。もう食べ時を逃しそうです。やっぱり先週末に頑張って筍茹でるべきだったなー。

今週末は桜をおっかけて少し北へ向かう予定です。うーん楽しみ♪ 




NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!



 


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

NICOLAS(ニコラ)@鵜の木

100323_6

年に1、2回、茨城に仕事で出かけますが、以前は帰りに守谷を経由し、当時ショッピングモールの中にあった『ニコラ』でパンを買うのがとても楽しみでした。

そのニコラが閉店して残念に思っていたのですが、去年大田区の鵜の木にお店がオープンして、すぐ行けるじゃん!と思っていたのに行くことができたのは先月でした。

100323_8

まずはおやつ系をチョイス。これで大田区ナンバーワンの座に輝いたかもしれないサックサクのクロワッサンは美味しかった!前のお店にあったクロッカンが食べたかったけど、どうやら今はないのかな。

100323_7

対面販売の小さなお店ですがお客さんがどんどんパンを買っていきます。こちらのシェフが出したこの本が店頭にもあって気になるのですが、本当に美味しく作れるなら私もホームベーカリー欲しいんですけど、どうなんでしょう?

 

100323_5

パンは他にいくつかお持ち帰りいたしました。以前と粉も違ったりするようですが、奥にあるけっこう塩気の強いソーダブレッドなんかもやっぱり懐かしい!喉が詰まるんだけどね、もっと買ってくれば良かったと後悔。


100323_4

大好きだったフリュイは粉が違ってもクランベリーとクルミが相変わらずぎっしりだし、固いエピも噛み締めるほど味わい深く美味しい。でもリュスだけは前の方が美味しかった気がするのは気のせいかな?

100323_3

ここのバゲットは1本クープの小さいもの。寒かったので久しぶりに煮込みハンバーグを作って一緒にいただきました。

また行きたいと思っているのですが、今は東急線構内にて、サブブランドの『プチ*ニコラ*ショウテン』が数種のブリオッシュを販売しているそうで、4月19日〜25日までは目黒駅構内にも出店されます。まずはそっちかな。

ちなみに今日、4月12日はパンの記念日だそうですよ。

NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!



 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

最近の肉めしとマスタード

100408_image

桜が散ると、どーもテンションが下がってきてしまいます。桜とあっさり小鉢の写真が続いたので最近食べた肉めしでも。

まずは焼きしゃぶ。薄く下味付けた肉をさっと焼き、さらに和芥子の風味のマスタードを加えたポン酢を少しつけて食べました。4等和牛の特売品だったのでもっと買えばよかったーって思ったけど、それはきっと食べ過ぎね。

暖かくなってきたと同時に新玉葱と彩り野菜が美味しくって、この日もサラダをもりもり食べて一応バランスをとった気になります。でもビールでお腹が冷えたので〆には土鍋にいっぱいの雑炊もたいらげました。バランスっていうかもしかして悪循環かもー。



100405_image

こっちは肩ロースの塩豚。酒と葱の青い部分や生姜を加えて圧力鍋で茹でたのですが、その茹で汁にこちらも和がらしの風味のマスタードをとかしてたれにするのがすっかり定番。

さっと茹でた小松菜も同じタレに醤油少々加えたもので和えて添えました。




100405_1

和芥子の風味のマスタードは例のヒルファームマスタード(パブ)。シンプルな料理だし風味がいいのでこれだけはちょっと贅沢してます。ポン酢や和食にもバッチリ合うの。

最近の私のぬたが以前より黄色いとしたら、きっとこのマスタードも使っているせいです。風味がさらによくなり緩めてもキレイ色に仕上がるのがお気に入り。


他にはハンバーグ(豆腐入りじゃないよ)や甥っ子の入学祝いに同席させてもらった焼肉など。今日あたりもテンションが下がってしまい筍をゆでる気にもなれませんでしたから、手抜きな肉食がいいかもしれません。

和風ミニステーキに桜ご飯とか、、、どぉ? どぉ? 

(なんかテンション上がってきたかもー)


NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!




| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月 8日 (木)

夜桜散歩と鯛の昆布締め花山葵巻き

100407_04

4月7日、目黒桜劇場の千秋楽、ちょうど立ち寄ってくれたオットの友人も一緒に夜桜散歩へでかけました。


100407_02

花は静かに散り始め、川は桜に染まっていました。ちょっとさみしいけど、この演出もウツクシー。

 

100407_01_2

でも今年は10日間も楽しめたんですね。お天気のいい日が少なくて残念だったけど、この日はそんなに寒くなくて、桜の下での宴会も盛り上がってましたよ。


100407_07_2

見上げたらこんなに桜。飲まなくても気分はいいけど、やっぱり飲まずにはいられないねー。

 

 

 

100407_06

 

私達もビールとデリで調達した春キャベツメンチとお寿司を持って、ちょっとだけカンパーイ。



100407_05_2

今年もたっぷり楽しませてもらいました。来年も、また来年も見れるといいなー。


100407_03_3

そろそろ目黒川桜劇場は幕をおろします。今年もめいいっぱいの拍手を送ってあげたいです。



100407_1

さて、その後家に帰って風呂からあがり、仕込んでおいた昆布締めの鯛で花山葵(はなわさび)を巻いた酒肴を作りました。今年の桜を想いながら一杯やろうと思いまして。

菜花を巻くのもいいけど、花山葵もうまいです。ほんの少し刺身醤油か(煮きり酒を加えた濃口醤油)をつけていただきました。花山葵の色だしは80度ぐらいの湯につけた方がきれいみたい。

最後も大好きな桜と花山葵でしめたのでした。。。

NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!



 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

桜鯛の桜蒸しとうちめし八寸

100328_image

<3月28日の晩ごはん>

うちめし八寸もどき
(鶏団子の照り焼き/桜海老のだし巻き卵/うどの穂先の天ぷら
 椎茸の旨煮/ 空豆の青煮と桜麩の炊いたの)
菜の花のからし和え
桜鯛の桜蒸し
鯛だしのミニうどん

桜の開花を聞いてから桜鯛を求めてお店をまわり、この日やっと買う事ができました。切り身ですけど大きかった。この時期のピンクに染まった天然真鯛のことを『桜鯛』と呼ぶそうです。

作りたかったのは桜蒸し。いい香りを想像して気分がのってきたので、思いつきのうちめし八寸もどきも作ってみました。


100328_2


っていうか、八寸ではなく六寸皿です。(八寸についてはこちらの説明を参照)。しかも有り合わせ。

冷凍していた鶏団子を照り焼きにしただけだし、卵にはこんなふうに葱か三つ葉を入れようと思っていたのに忘れちゃったし、ちまちま冷蔵庫から材料集めただけの簡単うちめし八寸もどき。桜の生麩を買ってあったので助かった感がいっぱいですがいいんです。簡単に楽しめたからねー。

それで「今日はなんかごちそうだね!」と言ってもらえるとさらにテンションが上がり、いつもはどーなんだよーとか余計な事は考えず、ゆっくりお酒を楽しむととってもいい気分。


100328_1


本来は道明寺粉と桜の葉で鯛を包んで蒸す料理のようですが、この日は長芋を鬼おろしでおろしてとろろ蒸し風にしました。のばした大和芋やすりおろし蓮根でも。

真鯛は骨をとって盛りやすく切り分け、塩少々ふって昆布に20分ほどおき、桜の葉と花は少し塩抜きします。蒸し器に入る器に葉と鯛を入れて鬼おろしの長芋をかけ、葉で包んで蒸します。器に盛って塩抜きした桜の花と薄味のあんをかけるだけ。

前に道明寺粉で作ってますが、昆布はあるとより美味しい(以前は根昆布の粉末を使用)。桜の葉で蒸すと良い香りがいっぱいですが、香りがうつった鯛を一口食べるとさらにちょっと幸せな気分になるのは私だけじゃないと思うのです。

年度末のお疲れさまと目黒川桜劇場の開幕を祝してゆっくり食事を楽しみ、〆にはこの鯛の中骨でとっただしも使ってミニうどんを作りました。でもいい気分になって少し飲み過ぎたようでうどんの写真がブレブレ。残念!

 

NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


 


| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

お花見の週末

100403_02

昨日の土曜日、あり合わせの材料で作った太巻きに、たっぷりから揚げを揚げただけの花見弁当を作って午後から目黒川沿いへお花見にでかけました。

100403_01

暖かで気持ちの良い時間でした。2mおきに写真を撮ったり花をながめて楽しんでいる私を、お腹をすかせたオットが引っ張りながら、お弁当を食べれる場所を探していきます。

100403_03
強かった風にも負けず、桜はよく頑張りましたねー。

川沿いの桜のトンネルの中で、ちょうど空いたベンチに座ってお弁当を食べる事にしました。

100403_05

1.5合も酢飯を炊いたはずでしたが全部食べてしまいました。花より太巻きってやつでしょうか。
ついでにから揚げがとっても美味しく感じたのもお花見のせいでしょうねー。


100403_04
これから散っていくかと思うととても愛おしい。

猫を連れて散歩に来たかったなーと言うと、「喜ばないと思うよ」とあっさり言われました。

・・・確かに。

100403_06

そういえば、昭和50年以前の生まれの人には、腕に天然痘の予防接種の跡がありますよね?もれなく私にもあるんですが、私ね、あれが桜型だったらいいのにーとずっと思っていました。

タトゥが痛くないのなら、肩の後ろに桜の花を入れたいぐらい。いや、入れませんけどね、、、金さんって呼ばれちゃいそーだし。

そんな今年のお花見。またやっちゃう?

気持ちよかったなー。


NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!




| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

花山葵と目黒桜

100319_3
このかわいらしい姿にピリッとしたわさびの風味をそなえているなんて、味だけでなくとってもそそられてしまう花山葵(花わさび)、白く小さな花をつけます。

わさび(根の部分)の成長をさまたげるので以前は捨てられていたなんて不思議。花のないもう少し太い茎と葉だけの『葉山葵(葉わさび)』も売っていますがやっぱりこっちを買っちゃいます。

風味出しにはいろいろやり方があるようで、熱湯をかけた後塩でもんで3時間ほど密封しておくか、80度ぐらいの湯でさっと茹でてから水で粗熱をとり、砂糖を揉み込んで1時間ほど密封しておくとほんのりわさびの辛味がでます。私はお砂糖派なんですが、塩の方が色がきれいかな?


100319_1

今年もすでに数回食べましたが、これは最初に食べた花わさびのとろろ和え。おひたしにした花わさびに、鬼おろしでおろしたとろろをかけて花わさびとの食感も楽しみました。長芋を使う時は白だしを少し混ぜ、大和芋ならだしと塩でも。最後に胡麻油を少々かけております。


100319_2

こちらは同じものですがちょっと盛りを変えて胡麻油なしで。これにはやっぱり日本酒だねー。この風味が大好きです。


***


100331sakura_02

花といえば、目黒の桜も今日あたり満開かな。昨日も風が強かったので、どうかゆっくり咲いてくれーと思ってしまう。



 

100402_01

目黒から五反田側の方が桜は遅いけど、それでも今日はこんなに咲いてたよ。(追記!)



100330_01

週末はお天気が良くなるといいですねー。

今年もサクラナイト楽しもうか、それともお弁当もってお花見しようか、ここ数日バタバタしていたのでこれから相談するつもり。皆さんもよい週末を。

 
 

NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


 



| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »