« 山梨山荘と桜の宴 その2サントリー蒸溜所 | トップページ | 山梨山荘と桜の宴 その4  »

2010年4月28日 (水)

山梨山荘と桜の宴 その3 ごはん

100417_28

前日に春の雪に見舞われ、この日道の駅やスーパーにも山菜類はほとんどなく、芹と大好きなうどだけ買い求めました。あとはお里にあるスーパーで生青海苔や生わかめ、ホタルイカなど季節のものを加えて、いつもの簡単な食事をつくることにしました。

師匠とは昼夜寝食をともにした仲ではありますが、私がごはんを作るイメージは全くなかったそう。でもお浸しとかね、焼き魚ぐらいなら作れなくもありません。いつものように野菜を美味しく食べる為に出汁をとり、まずいつもの小鉢料理をつくりました。

芹のお浸し
うど皮と人参のきんぴら
細ねぎと生わかめとホタルイカのぬた
生青海苔の茶碗蒸し

具なしの生海苔茶碗蒸しは目分量で作りヒヤヒヤしましたが、師匠が喜んでくれたので良かったー。


100417_27

天麩羅鍋があるというので、春はこれだよね!的野菜の天ぷら。家で油をけちってるのと違い、やっぱりたっぷりの揚げ油で揚げるとうまいこと揚がりますなー。いつもより出来がよかった!

さつまいも天
舞茸天
独活の穂先の天ぷら
新玉葱と桜海老と三つ葉のかきあげ

写真を撮るといったら、師匠がささっと雪で折れた山桜も添えてくださいました。さすがっ!

 


100417_26

魚はにじますを焼きました。グリルで串は無理のようでちと焦げたっ(汗)

また師匠が走ったかと思ったら、今度は森からヒバを摘んできてくださいました。んもー、相変わらず完璧なお仕事っぷりに助けられています(笑)



100417_29

独活(うど)が武蔵野特産野菜だとは知りませんでしたが、大好きなうど料理も食べ比べていただきたく、信州りんごで作ったリンゴ酢を使い、酸っぱいのが苦手な師匠のご主人にも食べていただけるよう、酸味やさしくフルーティな酢の物もつくりました。

独活とキュウリと生わかめの酢の物
独活とキウイのマリネ

キュウリとキウイ、かけてみたのん。


100417_30
温泉であったまり、みんなで山荘料理をいただきまーす! 野菜づくしですがけっこうお腹いっぱいに。

他にお豆腐と野菜の沢煮椀など。あったかいお椀があるとほっとするねーと喜んでくださいました。

100417_32
食後には師匠が暖炉で焼きマシュマロを焼き焼き。

初めて焼いて食べるので興味津々。どんなもんでしょう?

100417_31

「ん、むふーーーーー!!!!!」 

不思議な食感。焦げた甘さ。
なぜかね、「ムホー!」とか言っちゃう。そしてどうしても笑っちゃうんです。
なんとも美味しいー。 

師匠、もっとちょーだい! おかわりして笑い転げながら食べて飲み、楽しい夜は更けていきました。

100417_33
心地よく朝目覚めて、大きな窓からあの一本桜が目に入った時、とても幸せな気分になりました。
まわりの雪は溶け、静かに山桜が咲いています。

100418_03
朝は作って行ったプチトマトと新玉葱のマリネを出して、新人参とオレンジでサラダをつくり、、、


100418_05
パンとスープで山荘の朝ごはん。

師匠と何度も迎えた朝の中で、一番気持ちのよい美味しい朝でしたね(笑)


100417_34
折れた桜の木を蒔きにしていたら、森から2匹動物が出て来ました。

これが噂のイノシシか!?と思ったら、どうやらムジナ!?
正面からみるとタヌキで横から見ると長い顔です。何か掘り出して食べていました。


100417_35
楽しい時間はあっというまに過ぎていきます。

山荘とはしばし(?)おわかれし、高速が混まないうちに帰りましょう。

帰りは桃源郷を廻って帰りました。


100417_36_2
うっすら遠くに富士山が見えるのがわかるでしょうか?一面の桃畑はこの時より先週ぐらいがピークだったかもしれません。送電線が走っていて写真は辛いんですけどきれいでした。

帰ってから道の駅で買った苗を植え、山菜や手作りのお豆腐で美味しいごはんをたべました。
そしてまた桜の宴を、、、

(え? つづく)




NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


|

« 山梨山荘と桜の宴 その2サントリー蒸溜所 | トップページ | 山梨山荘と桜の宴 その4  »

コメント

sunつむぎさん

相方さんが海の男っていうのは聞いてたけど、
えー、つむぎさん秋田って言ってたから、
海の女のイメージ全然なかったよ〜。
でもけっこう山菜なんかも食べてる方だよね。
海には海の楽しみがまたあるよね!
あの伊勢エビ焼とか、海の人みんなができるわけじゃないだろうけどさ(笑)
海の幸料理と温泉があればめっちゃ幸せでしょう〜。

私は山で育ったけど、こんな風な贅沢な時間を過ごしたことはなかったよ。

投稿: ★つむぎさん | 2010年5月 1日 (土) 12時15分

贅沢で素敵な時間を過ごしてきたのね~
Tomyさんご飯、相変わらず美味しそう!
ほんとに、どんなキッチンでもお料理できるのね(笑

わたし海の女だし、海の男と結婚しちゃったし
実際行くのも海方面ばかりなので、こういう山のものって
とっても珍しくてあこがれてしまうー。

投稿: つむぎ | 2010年5月 1日 (土) 06時57分

sunquesoさん

ここは師匠が時々週末に使う別荘なのですが、
それでも大自然との共存は大変みたいですよ。
でも本当に美しい自然がいっぱいで、
すごく気分転換できたし、沢山食べ過ぎました〜。
独活は豚肉と炒めたりするのも美味しいですが、
フルーツとマリネにしてもすごく合います。
白ワインのおともにどうぞ〜。

quesoさんなら狢だってわかるかと思ったけど初めて?
私も祖父母が狢に農作物をやられたとは言ってたけど、
実際見たのは初めてなんだよ。
冬眠してたのか子供なのか、
ちと痩せてるけどアナグマ科の狢?だと思うわ。
よく逃げなかったよね〜
どんだけ森かわかるでしょ?

投稿: ★quesoさん | 2010年4月29日 (木) 19時32分

sunマイキーちゃん

さすが鍋ヲタのまいきーちゃん、
そこに目がいきましたか〜(笑)
ストウブだったか忘れたけど、そのくらい高いココットだよ。
錆させてたけど暖炉の上の石焼き用だからいいのよ。
高い銅鍋もあったけど焦がしちゃったの〜って言ってたわ。
そんな師匠が好きなの(笑)

揚げ物、やっぱり油たっぷりじゃないとだめよね〜。
それでも2回目にはふきのとう焦がして、
かき揚げバラバラ事件だったわ(汗)
独活とキウイね、機会があれば食べさせたいっ!

投稿: ★マイキーちゃん | 2010年4月29日 (木) 19時13分

suncommonさん

ワハハ、そういえばユジンに似てますよ。うん。
私の料理の腕がバレない程度の定番簡単おかずしか作っていないつもりですが、
皆さんが食べてくださったのはすごく嬉しかったです。
こちらこそいろいろごちそうさまでした。
素敵な皆さんと山荘、楽しくて、本当に幸せな気分でいっぱいでした。
その4、明日かあさってにはアップしたい〜。

また焼きマシュマロ食べさせてくださいね〜!
ムフーーーッ!!!


投稿: ★commonさん | 2010年4月29日 (木) 19時05分

sun★林檎さん

私はこれに近いぐらいの田舎に住んでいたのですが、
こんなふうに洗練されていなかったわ。
でもやっぱり森がすぐそこだから
自然との共存みたいだよ。
やっぱり別荘で時々遊びに行くのがいいのかも。
コンビニないし、草刈りもたいへんみたいだよ(笑)

暖炉は師匠(女性だよ:笑)がきちんと手入れしているので、
いつも赤い炎が見えるよ。
お酒たくさんいただいて、
失敗作の私のご飯も食べてもらったわ。
私ができるおもてなしって、
ああいう山の幸ごはんしかないんだよ、恥ずかしいね〜。


投稿: ★林檎さん | 2010年4月29日 (木) 18時59分

sunえり〜ままさん

GW突入でお仕事はお休みですか?
お疲れだから、少しリラックスできるといいね。
混んでる時はあまりでかけたくないけど、
ちょっと気分転換できるとスッキリするかも。
私は前半仕事なんだけど、
2週続けて週末山で遊んだので
すごく気分転換できましたよ。
でもいつでもまた旅はしたいね〜。

投稿: ★えり〜ままさん | 2010年4月29日 (木) 18時52分

独活、美味しそうですね~。
春の香りいっぱいの食卓、桜の枝の演出も素敵です。
とりたての野菜に川魚に・・・そしてデザートの焼きマシュマロ!
なんだか流行のお菓子になりそうな、粋な発想ですね。

のんびりと自然に囲まれた暮らし・・・
美味しい空気の中普段より食欲も増しますね。

ムジナ、初めて見ました。アナグマなのですか?
ちらっと見た瞬間、カモシカの子供?と思ってしまいました。
ばっちり写真が撮れて何よりですね。

投稿: queso | 2010年4月29日 (木) 13時23分

えっと、まず、マシュマロ焼いてるストーブの
上のココットの中身が気になります(笑)。
んで、天麩羅は写真でもカリカリに揚がってる
のがわかる!
私は油ケチるんだけど、実家に帰ると跳ねも
気にせず豪快に母が揚げ物しててさ。
これが美味しいのよね。
揚げ物はそうやって作らなきゃダメだね。
独活とキウイ、トミーちゃんらしい組み合わせ!
でも味の想像ができない!

投稿: マイキー | 2010年4月28日 (水) 17時18分

え~っと、ワタシが師匠です。
ユジンでもなければ、赤い服の案山子でもありません。
Tomyさんが、あれほどの調理の腕をもっていたとは…。
人間、何が幸いするかわかりません。
2週続きの「山梨山荘桜の宴」その4に乞うご期待!
少々散り始め、姥桜になりましたが、
Tomyさんの腕はますます冴えておりました。
ごちそうさまでした!

投稿: common | 2010年4月28日 (水) 15時52分

こんなところに住めたら素敵よね~~。

薪の燃える音とか聞きながら
ゆっくり食事をして・・・・・・
お酒も美味しいよね!

Tomyさんのお料理素敵。

師匠っていうから男性だと勝手に思っていた(笑)

投稿: 林檎 | 2010年4月28日 (水) 14時43分

Tomyさんこんにちわ~。

最近ばたばたで、ゆっくり献立も考えられない感じで過ごしています。
桜も綺麗だし、のどかな所へ行ったんですね~。いいなぁ~

自然の中で食事を取るなんて心が洗われる感じでいいですね~。

旅に行きたくなりました。(*^-^)

投稿: えり~まま | 2010年4月28日 (水) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/48203379

この記事へのトラックバック一覧です: 山梨山荘と桜の宴 その3 ごはん:

« 山梨山荘と桜の宴 その2サントリー蒸溜所 | トップページ | 山梨山荘と桜の宴 その4  »