« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月27日 (土)

チューリップと4周年

100105_1

チューリップってなんだかかわいいですよね。

ウフフ… オホホ… アハハ… おしゃべりしているようにさえ見えてきます。

お正月に初めて家で留守番をする亡くなった猫が寂しくないように、ドサッと花瓶に投げ入れて実家へ出かけ、帰ってくるとすっかり開いていましたが、「アタシたち、さみしくなかったわよ〜」と言っておりました。

ほら、だんだんそう見えてきたでしょ?(笑)



オリンピックのフィギュアスケートは盛り上がりましたね。

普段あまりスポーツは見ない私ですが、緊張しながらワンセグに向かって祈ってしまいました。銀メダルおめでとう!頑張った真央ちゃんは、チューリップみたいにかわいらしくて、ちょっとこの画像を引っ張りだしてきたのでした。

また4年後、素晴らしい演技を見せてもらえることを期待していますよっ。



4年といえば、、、

他所様のブログを見て、わたしのところもこの2月でブログ開設4周年を迎えていたことを思い出したのでした。この飽き性で三日坊主の私にしては快挙です。でもまだメダルはもらえませんよね?

長いようで短いようで、好みも変われば仕事の内容や生活も少しづつ変わってきます。この歳でもこうして続けることで、ゆっくり成長していくことができればうれしいのですが、どうも肉ぶとんだけが成長していく気がしないでもない今日この頃。

これからもゆるりとおつきあいくださいませ。

 

NinkiBlogbanner03  今日も来て下さってありがとう!


 


| | コメント (26) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

久しぶりのうち蕎麦

100128_image

随分前のことですが、暖かい日を選んで、お土産の生蕎麦で晩ごはん。

大根と干し柿のなます
ほうれん草としめじの柚子香浸し
鰯の梅紫蘇天
生そば


これまた久しぶりに鰯も梅紫蘇風味。

久しぶりのお蕎麦に「せいろ出してー♪」と言ってしまい、梅紫蘇天にせいろなんて夏かよっ!
・・・ってことで没ネタのつもりだったんですけど、別の画像を入れていたカードをどうやら破損(!)したらしいのでこちらをアップしてみる。

でも久しぶりに梅紫蘇風味がおいしかったわー。

一応蕎麦猪口だけは椿にしときました。手描きの色鍋島のほりだしもん。
早春の時期にしか使っていないので、初めてのブログデビューだったかもしれない。



NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


 


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

鯛のかぶと蒸しと献立

100223_image

<2月23日(火)の晩ごはん>

鯛のかぶと蒸し
春菊とわかめとささみのマヨネーズ和え
蓮根の梅肉和え
白菜の柚子風味浅漬け
黒米入りごはん

2月も今週で終わりかと思うと、冬の食べおさめをしておきたい気分で蒸し物に。梅花人参も来月になったら桜型かな。

鯛のうろこをとり熱湯に通してから、両面軽く塩と酒をかけて昆布の上にしばらくおき、水を加え直接浅い鍋で蒸し煮にしちゃいました。途中で水切りしておいた豆腐や葱、人参ときのこも加えて出て来た汁を吸わせる簡単料理。

頭でもけっこう食べごたえありますし、早食い夫婦でもちまちま晩酌するのにちょうどいいのよね。時間と献立の都合によりもみじおろしはないけれど、ポン酢を少しかけていただきました。



100223_1

もみじおろしがなかったのは、こちらに少しばかり辛味をつかったせい。

鶏のささみはたっぷりめの酒をかけて葱の青い部分と一緒にレンジ弱でゆっくり火を通してほぐし、出た蒸し汁に浸して冷まします。茹でた春菊と塩抜きした塩蔵わかめを切って絞り、 ささみの蒸し汁ごと混ぜ、かぐら辛っ子(または豆板醤か、お好みで柚子胡椒)とマヨネーズで和えたもの。

それにしても、、、やっぱりかぐら辛っ子おいしいーわ!!(今度は表参道の新潟館ネスパスで買ってきました。ついでに揚げせんべいが旨かったです。)


NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

カクテルトマト

100127_3

確か先月初めて食べてみたカクテルトマト。2002年に生まれた新しい品種のトマトで、栃木県のこちらで作られているもの。

『農林水産大臣賞受賞』のシールが貼られていたので、どんなもんだろうと買ってみたのですが、どうやらリコピンという抗酸化物質が、桃太郎トマトなどと比べると3倍もあり、2〜3個で充分な摂取量になるらしい。それだけでなく旨味成分のグルタミン酸も豊富とのこと。

ミディトマトより少し大きくてぎゅっと詰まった印象。味もミディトマトより甘く感じましたが季節や栽培状態にもよるかな? 栄養価が高くて枝付きなのがなんだか嬉しかった。


100127_1

いい物に出会うと作っている自家製『ウルメイワシのオイルサーディン』を、ガーリックをプラスしてオイルごと温め、白ワインとこのカクテルトマトでソースにしました。いつもはパスタの具になるのですが、この日は別のパスタを用意したのでバゲットと。残りのカクテルトマトは生のまま朝のサラダに入れました。枝付きのせいなのか、実のしまりのせいなのか、少し日持ちもいいような気がします。

二日酔い予防にもいいらしいけど、そんなにたっぷり飲む事もそうないのよね。免疫力アップにもいいみたいなので、京都から帰ってきてさっそく鍼灸治療に行ったオットにまた買って来てあげようかなー。(久しぶりに会ったらオジさん度が加速している気が…。汗)


NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

聖護院大根と鯖缶煮

100109_image

<1月9日の晩ごはん>

聖護院大根の鯖缶煮
鶏軟骨(ゲンコツ)のから揚げとブロッコリーの明太ソース
焼き椎茸と春菊と白髪葱の和え物
実家の野沢菜
ビール♪

から揚げとかありますが、揚げ物は自粛すると言ったばかり。これは先月の晩ご飯ですからねっ。そうそう、確かお正月あけの大根ダイエット中でした(笑)

最近は缶詰バーなんてあるらしいですが、私も缶詰料理は得意(笑)。我が家ではこの煮物も定番です。

そもそも長野県の北部には、鯖の(水煮缶の)消費量が日本一という地域があります。テレビでもとりあげられたことがあるのでご存知の方もいらっしゃるでしょうが、それはあるモノと一緒に煮て食べる為なのですが、まあどの家庭にも必ず鯖の水煮缶が存在するもんですから、その料理のためだけでなく、そのあたりの地域では郷土寿司に使ったり、こうして煮物に使うのは定番で、私も慣れ親しんできた鯖の水煮缶です。

鯖で煮るなんて臭みとりとか下処理が大変ですがこれは楽チン。このあえて一度処加熱理した鯖の水煮缶を使って煮汁ごと煮るのが美味しいのです。お魚嫌いにもイケルかも?


100109_1

この時は京野菜の聖護院大根を買って作ったのですが、もちろん普通の大根でいいのです。ずっと昆布だしで煮ていたのですが、普通のだしで作ってみたらまたそれもいいみたい。お好みでどちらでも。私は少しの薄口を加え、あっさりめに炊いています。 

   

    ●大根と鯖缶煮(普通の大根で普通に炊く場合の参考レシピ)

    <材料>大根大1/2本、だし汁500cc、酒大2、みりん大2、薄口醤油大1.5、
               生姜適宜、 鯖の水煮缶1缶(190g)、塩少々

  1.    大根の皮を剥いてタテ半分にしてから大きい乱切りにし、米のとぎ汁、もしくは米粒と一緒にしっかり下ゆでする。
  2. 下茹でした大根をざるにあけ、熱湯に通して米のとぎ汁臭さをぬいて再度ざるにあげる。
  3. 鍋にだし汁と調味料、鯖缶の汁気、生姜千切りを加えて一煮立ちさせたら大根を加えて煮る。
  4. 大根が柔らかくなってきたら残った鯖を入れて塩気を調整する。鯖をほぐしすぎないよう静かに煮る。

     
     *聖護院大根は水で下茹でするだけで大丈夫です。

100108_2_2

そしてこの時の聖護院大根。甘みもあって煮くずれないとても美味しい大根ですね。お漬け物になっている聖護院かぶらとはまた別で、これは生ではあまり食べないのかもしれませんが、焚き物用としてはとてもいい。もちろん葉もついていたんですが、この日の朝炒めて食べてしまった後なのです。

形が丸なので、煮物には8等分にしたものを大きい乱切りにして煮ると盛りつけやすいかな。



100108_image

ちなみにこちらは遅く帰ってきたオットの夜食。鶏のもも肉と聖護院大根を醤油味でコックリ炊いたもの。バター風味の鶏大根に七味ってのも美味しいですけど、あれは普通の大根の方が合うかもね。(っていうか記事古すぎ:汗)

実はこの翌日に大根の鯖缶煮を作り、「今日も大根だよ〜」と言ったのですが、オットはまた全然違った味でいいねーと申しておりました。


缶詰というと抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、こんなに安くて美味しい鯖缶をこの平成大不況下で使わない手はありません。今まで使ってなかった方は、きっと鯖の水煮缶を見直しますよ。


 

NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!



 

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

ドデカキフライ2009-2010

100214_2

バレンタインデーといわれた一昨日、我が家の晩ごはんはオットのリクエストにより牡蛎フライとなりました。めっちゃ大きい牡蛎を見つけたのでそのリクエストで即決でした。

スーパーの野菜コーナーを通り過ぎた後でうっかりしてキャベツがなかったのですが、白菜をタテの薄切りにし、春菊の若葉を混ぜておきました。意外とこっちの方が牡蛎フライには好きかもーと思ってしまった。

100214_3
揚げた後でも9〜10cmはあったと思われる大粒牡蛎フライ、美味しかったです!!
毎年ドデカキフライとか、ダブル揚げとかやってますけどね、今年は家で揚げたのはこの日が初めてでした。

ディルや自家製のピクルス、今回は極上粒マスタードを加えたいい香りのタルタルソースを作り、(この日はちと緩すぎた:汗)、ソースと少しミックスして食べました。この自家製タルタルがおうちの牡蛎フライのいいところでもあるね。

でもフライって、私だけじゃなくて皆さんも家でつくりたくないものの一つ?
トンカツに関しては、一次揚げ、もしくは揚げ油に適量ラードを使わず揚げたものはどうもパンチに欠けて物足りなく、変わり種は別としてもちゃんとしたトンカツに関しては専門店で食べたい派。でも牡蛎フライは今時の軽いオイルだけを使っておうちで揚げてもウンマイね。そして牡蛎フライに関しては少し細かいパン粉であげたのが好み。繊細な味をちょっと繊細なサクサク衣でジュワーッと味わいたいのです。

で、何も考えず300gの牡蛎を全部フライにし、残った衣でカリフラワーを揚げたので、この後白ワインでフライ祭りと化したバレンタインの夜でした。

きっとおうち牡蛎フライはこれが最後かな。とっても満足しましたが、女性のメタボ基準が下がったことだし、来週は揚げ物自粛します、はい。




NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


 


| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

Happy Valentine's Day.

100214_1

・・・と題しておきながら、チョコレート画像じゃなくてごめん。

昨夜は遅かったので、今朝は気のすむまで寝ておりました。すごく寒かったけど、前日の雪を忘れさせる気持ちのいい休日。
そんな遅い朝にチョコレートとおとものコーヒー。


ここに来てくださる皆様に感謝の気持ちを込めて。。。


NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


 



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

鯵刺しの飲む気の献立

100120_image

<1月のある日の晩ごはん>

鯵のお刺身
卵とおぼろ豆腐の煮奴 山椒風味
砂肝の味噌漬けとピーマンの炒め物
大根と干し柿のなます
まご茶漬け


最近オットがいない事が多いので、随分前のごはん画像が続きます。

これといったものはないのですが、大きな鯵が入っていたのでお刺身におろして飲みモードの献立。この日は皮が上手にひけず恥ずかしいのですがご容赦ください。大根の外側でツマをつくり、芯は干し柿となますにすると二人分ちょうどです。

大鯵も猫がいた時は3人(?)で分けたものですが、この日は頭と中骨を煮てだしをとり、端身はたたいて〆に軽くまご茶漬けにしときました。生姜と胡麻の風味でするりと食べれてしまうのですが、まごまごせず食べないといけませんし、すでに酔っぱらいにつき写真がありません。



100120_1

砂肝を味噌漬けにしておいたものをピーマンと炒めたもの。この時の味噌は白味噌じゃなくて信州味噌や赤みそブレンドがいいの。これも大好きなアテ。



100120_2

えー、刻み葱にほうれん草とわかめも入れてたかな?濃いめのだしに醤油やみりん等で調味した煮汁で豆乳入りのおぼろ豆腐と溶き卵を煮た和風スンドゥブみたいなもん。あたたかいものがお酒の合間にかかせないからね。

山椒入りの七味をたっぷりかけていただきました。実は豆乳ってあまり得意ではないんだけど、豆乳胃入りのおぼろ豆腐は好き。豆板醤を加えると豆乳鍋だって不思議とイケます。


***

このところ久しぶりに会った友人や知人は、癌を克服していたり、当時の彼女とは結婚せずに施設の子供をサポートしていたり、国際結婚していたりと驚きの連続でした。私はというと、いろいろやってもずっと変わってないかもしれないね。それもまたいいっかぁ。

またごはん食べにいきましょー。

NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

ニクの日に…

100124_1

2月9日は肉の日ということで、ちょっと前の肉画像でも。といっても豚なんですけど。

先月になりますが、仕事先でコンビニやラーメンの食事が続き、ここらでしっかりお肉食べようってことでスペアリブを買って帰りました。骨がついてると豚でも肉食ったーって気がしそうでしょ。豚は疲労回復にいいと信じておりますので、疲れると豚摂取するわけです。

お疲れついでに、ちょっと甘みのあるマーマーレード煮にしました。期限切迫でジャムを消費したかったってのもあるんですけどねー。

漬け込む時間がなかったので、塩胡椒したお肉をフライパンで焼いて玉葱とニンニク少々のすりおろしと赤ワインを加えてアルコールをとばし、マーマーレードと醤油が1.5:1ぐらいでしょうか、使い切りたかったので適当に作りました(笑)。

切り込みも入れて焼いたはずでしたけど、漬け込み時間がなかったせいか飢えていたのか、結局二人で野獣のごとくかじりつきましたよ。



100124_image

<1月24日の晩ご飯>

豚スペアリブのマーマーレード焼き
蓮根と枝豆のアンチョビソテー
自家製ピクルスいろいろ
ブロッコリーのリゾット

夜も遅かったので、オットには冷凍ごはんで軽いリゾットを少しばかり作ったんだけど、足りないって言われてまた作ったの。どーなってるんだろうと思ったよ、まったく。我慢してたのに一緒になって食べちゃったじゃないかー!(弱)


そして本日のニクの日は久しぶりに牛にしようと思っております。ウシシ・・・とか言いませんけどっ♪


NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

蕎麦『松翁』とチョコレート

100204_1

先日まゆみさんにお誘いいただきおでかけしてまいりました。

で、先に腹ごしらえということで、神保町にある『松翁(まつおう)』でお蕎麦食べよーってことになりました。もちろん宣伝部長とご一緒ですからヱビスビールははずせません。

今年お初のたらの芽や菜の花の天麩羅の他に、季節の白子や白魚の天麩羅などをオーダー。白子天がうっまかったねー。


100204_2

天麩羅が少しづつ揚がってくるもんですから、もちろんグラスヱビスじゃちと足りず、『開運』(だったっけ?)とか、和食の時によくいただく『貴』とか…(汗)。

他にけんちん汁つきの合いもりを頼んだのですが、ここのけんちんは味噌けんちんでした。私の合いもりより、まゆみさんが頼んでいた田舎そばとの合い盛りの方がよかったみたい。だしの風味がちょっと強いのよねーというころは私もまゆみさんも同じ好み。目の前の美人が蕎麦をすする高い音が心地よく、このまま居座ってしまいそうになりましたが、本日の目的はこれからだったはずー。


100204_3
ということで向かったのは先週ドームで開かれていたテーブルウェアフェスティバル。我が家には素敵コーディネイトをする機会も器もないのですが、行ってみたかったので誘っていただき感謝!

私の迷子っぷりのせいか肝心のブースをいくつか見逃していたようですが、前から作品だけは存じ上げていた堂本工房の堂本さんにもおかげでお目にかかってお話することができました。(→まゆみさんのレポはこちら)


100204_4jpg

その後スタバで久しぶりのザッハトルテでたっぷり糖分と休憩をとりおしゃべり三昧。楽しかったねー。もう随分前からお友達みたいな気がしてましたが、実はこうして二人だけで会うのは初めてなのでした。


100204_5
そして彼女から少し早いバレンタイン。私にピッタリじゃない?(照)

こちらこそありがとねー。


 

NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

節分大豆と大豆料理

100203_2
数ヶ月前になりますが、仕事先で大豆をいただいてきました。
その際に節分の豆まきについて話題になり、長野県出身の担当営業さんのところでは大豆ではなく、地豆(ピーナッツ)をまいていたというのです。

「そういえば私の家も大豆じゃなかった!」とそれを聞いて思い出したのですが、これって長野だけでしょうか? 茨城では大豆だったと言われましたが、年の数だけ拾って食べることを考えると、大豆の場合は炒り大豆ってこと? うーん、知りませんでしたー。

豆まきの代わりに自分の歳の数だけ数えて写真を・・・。
ちょっとさば読み過ぎですかねー(笑)


091206_1

普段あまり加工されていない大豆を食べる事はないのですが、まずはトマトピューレも入れた大豆カレーを作りました。野菜や挽肉も入れた具沢山カレーでバタールと一緒に。実は休日のちょっと遅い朝ごはん。


091127_1

こっちは刻んだベーコン、玉葱、人参、セロリと一緒に大豆のトマトシチュー。
メインはカマンベールチーズをサンドしてささみチーズカツに。さすがにこれは夕飯です。

年末にウェンディーズが日本撤退だったのに、最後に懐かしのチリを食べなかったことを後悔して、年があけてから大豆チリも作りましたよ。


100203_1
昨日の節分はおひとりさまごはん。常備菜に和食の大豆料理を作ろうとすごーく久しぶりに大豆の五目煮を作り始めたけど、気がつくと大豆と鶏の五目煮になっていました。やっぱりね、鶏が入らないとどーも食欲わかないのよね(汗)。

皮ごと刻んで一緒に煮たせいなのか、久しぶりのせいなのか、予想外に美味しくてモリモリ食べてしまいまいました。
大豆料理って、私にはごはんのおかずにはならなくて、かと言って酒の肴でもなく、なんというか微妙な存在で腰がひけてたのだけど、もっと早く作ればよかったかも。明日オットが帰ってきたら、私より喜んでたべそうな気がします。



NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!



| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

チーズフォンデュの旅の始まり

100113_image

随分昔にお店でチーズフォンデュを食べて美味しかったことを、こちらのお宅の記事を見て思い出し羨ましく思っていたのだけど、我が家には道具がなかったのでチーズをのばしたソースを野菜にかけておりました。

ところが二人で食べるにはピッタリのお手頃で小さなフォンデュセットを見つけ、子供だけじゃなくて私も楽しみたいってことで先月初めてのうちめしフォンデュとなりました。

バゲットの他に野菜は芽キャベツや今年お初だったスナップエンドウ、人参、じゃがいも、ごぼうを用意。お供には自家製アーリーレッドのピクルスとまたしても白菜のサラダだったかな(汗)。気がつくと野菜ばっかりの食卓にチーズと白ワインです。

最初は温めるだけのチーズフォンデュ用のチーズソースを買って来てみましたが、それは塩気が強いのとチーズが期待していたものではなく、ゴルゴンゾーラをのばしたソースカチョカヴァロを買って来た方がいいという意見だったのですが、寒い日にフォンデュ鍋でアツアツチーズをつけて楽しむのはまたちょっと違うんですよね。チーズの種類が違えばもちろんのこと、温度や盛りつけ、器や雰囲気で別の料理になりますもん。

というわけで、その後、懲りずにまた別の市販のソースを買ってきました(笑)。
それがイマイチだったら、今度はエメンタルだのゴーダだのチェダーだのっていろいろ合わせて白ワインで作ってみるつもり。

チーズの場合は結局そこへ行き着いちゃいそうな気がしますが、もう梅が咲いているのに美味しいチーズフォンデュ探しの旅が始まりました。


100201_1

そうそう、昨日は町田へ遊びにでかけ、梅が咲いているねーなんて言っていたのですが夜には大雪。4cmぐらい積もってましたね。

今日も寒いのでお気をつけ下さい。


NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »