« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

牛すね肉の赤ワイン煮

091018_image

<10月18日の晩ごはん>

牛スネ肉の赤ワイン煮 マッシュポテト添え
原木椎茸と春菊のソテー
バゲット

先々週仕事で茨城へ行った帰りに栗をお土産に買おうと思ったのですがお店になく、他に『常陸牛』しか思い浮かばなかったので常陸牛ののぼりが出ているスーパーに寄ってみました。

久しぶりにどーんとステーキを思い描いたのですが、スネ肉が特売だったので赤ワイン煮込みにあっさり変更。スネだって常陸牛よねーとワクワクしてハーブと赤ワインに一晩漬け込み、翌日圧力鍋で煮たのでした。

091018_1

赤ワインで煮たものに、ケチャップとウスターとバターを少し加え、そしてタスマニア産の香しいマスタードで仕上げ。玉葱1個分はほとんど溶けてトロトロのソースになりましたがなかなか美味しかった!

ホロホロっとふわっと、もうナイフなんか要らん。たまにはガッツリもいいよね。

オットも先週は疲れていたようで、鍼灸の先生にスタミナのつくものを食べさせてもらいなさいと言われたらしいけど、これでどうよ!って感じ。
まぁ私まで一緒にスタミナつけなくても良かったのかもしれないけどねー。


091018_2

サイドメニューには椎茸とえのき茸、春菊のソテーを。椎茸が苦手と言っておりましたが、それは干し椎茸の大きいものだけで、どんこや生椎茸は大丈夫みたいなの。変かな?

この日飲んだワインはたまたま買っておいたチリの『PANUL』というブランドの赤ワインで『チリ パヌール カベルネ・ソーヴィニヨン』。
これがお手頃価格で美味しくて、もうスルスルと飲めてしまいました。うちめしでもかなり大満足!
 

 

NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!

 


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

信州で蕎麦を 『そば処 西屋敷』

091025_1

先週末は法事で信州にある実家へ行き、その帰りに蕎麦を食べてきました。
今回は150年の古民家を修復(改装?)して数年前から営業されている『西屋敷』というお店です。

長野駅から車で15分ほど。わかりにくいのですが、国道から少し入った住宅街に大きな茅葺き屋根が見えます。


091025_3

広い庭があって懐かしい田舎に帰ってきた感じ。



091025_2

室内には古い箪笥も置いてありました。足をのばしてのんびりできます。


091025_4

漬け物は茄子と浸し豆、蕗、それから胡瓜じゃなくてズッキーニかな。塩気もきいてるけど食感がいい。ダッタンソバ茶とともにいただきました。


091025_7

オットが頼んだ更級そば。こちらは『信州そば切りの店認定店』だそうで、地元の上質な更級粉で美味しい蕎麦を食べられると聞いておりましたが、真っ白で質の良さを感じられる品のよい蕎麦を、この蕎麦にぴったりな濃いめ甘口のそばつゆでいただきます。オットも美味しいと喜んでいて良かった。


091025_5

野菜の天ぷら小サイズには抹茶塩。揚げ油が好みではなかったけど、えのき茸は上手に揚がっています。


091025_8

私は2色もり1100円。更級そばは美味しかったけど私はやっぱりこっちね。この日は黒姫高原のそば粉十割。細いというかやや薄いという印象なんだけど美味しい。

そばつゆが更級そばと同じつゆだったので、この深みのあるつゆでもう少し甘くなければいいのにねーと母とも同意見だけど満足度は高かったー。


091025_9

とろりと私好みの濃さのそば湯もいい香りで美味しかった。


091025_6

最後に出してもらったそばかりんとう。こちらで作っていてお土産用も販売されていました。買って来なかったことを車の中で後悔。

このあたりも新そばの季節ですね。また来年かな?行こうと思ってます。

 


信州そば漫遊(そば店ガイド)にもこちらのお店の掲載があります。



NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

今年もやっぱり鮭いくら丼

091021_1

<10月21日の晩ごはん>

菊花と春菊のお浸し
里芋の含め煮
インゲンのごま味噌和え
豆腐のすまし汁(えのき茸、葱、茗荷)
鮭いくら丼

久しぶりに作った大好きな里芋の含め煮は、手抜きしたせいで煮くずれてしまい悲しいけど、出汁のきいたあっさりおかずを並べて少しお酒を楽しみました。

あっさりおかずの訳は、これが食べたかったからー。


091021_2

今年2回目のいくらの醤油漬けでつくった『鮭いくら丼』。丼物ってあまりそそられないんですけどこれだけは別なのです。

会社の近所のお魚屋さんが経営する寿司店がなくなり、ランチ700円のいくら丼も食べられなくなったので、あともう一回ぐらい作りたいけどちょっとキケンかな。

偶然ですが、去年もちょうど同じ日に鮭いくら丼を食べておりました。しかも一人一合めし!!(笑)新しい炊飯器がやってきて、ご飯がおいしい毎日でした。

あいかわらず『匠炊き』で炊くごはんは美味しいけど、去年と同じ器で同じような写真でしたね(汗)

でも今年は自家製の甘酢生姜、柚子胡椒焼きにした秋鮭、三つ葉が入ったごはんに海苔といくらを。去年食べ過ぎた記憶だけはしっかりあったので少し控えめにしましたよ。でも生姜の刻んだのが入るとまたぐっと食欲を呼んでしまいました。あうぅー。

NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!

 



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

舞茸とベーコンのパスタなど

Wan091017

重い身体にムチ打って出かけたんだけど、手乗りワンコの甘えっぷりに笑ってしまった。

ちなみにこのゴツイ手は私の手ではありませんよっ(オットの手)
ま、たいして変わらないんですけどね。

ziziもメチャメチャかわいかったんだよなーと、一番小さい頃を知らない私にオットが自慢しておりました。





091012_1

そんな先週のある日の晩ごはん。

疲れて帰ってきても速攻食べれるようカポナータを用意しておき、あとは簡単に自家製ベーコンと舞茸のパスタを作りました。
手打ちパスタはプリプリにソテーした舞茸と合わせたくて、しっかりめに打って前日に冷凍しておいたもの。

これがまた舞茸とパスタの食感がすごく良かったのですが、茹で汁をくわえたもんだから舞茸の色が落ちて軽く焼そばっぽい?(笑)

お疲れだしお腹は減ってるし焼そばだし、写真一枚とって挫折。
でも美味しくいただきましたー。

 

NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!



| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

南瓜の味噌汁と汁鍋

091019_1

カボチャが入ったみそ汁なんてと驚かれたことがあります。
でも『ほうとう』をご存知の方なら違和感ないよね?南瓜のスープだって飲むでしょう?

カボチャのスープは飲んでも味噌汁は未体験だったりするかもね。カボチャやサツマイモが入るとジャガイモ以上に素材から甘みが出ます。

この朝も具沢山の南瓜のみそ汁。カボチャとキャベツ、そして甘いだけの味噌汁にしないアクセントに入れたいのが『ニラ』! この組み合わせがとても美味しい。

先日も鶏鍋に南瓜とニラを入れていましたが、ニラがない時はこの味噌汁にもしっかり長葱を入れたいところ。この甘さを締めるアクセントがあると南瓜もぐっと美味しい気がします。お好みで七味をかけるとさらに締まりますし、夜は少量の油で炒めた豚小間なんかが入るとゴチソウ味噌汁です。

ちなみに南瓜のリゾットにはニンニクが美味しいの。(→2008.12.23 『ガーリック風味のカボチャのリゾット』


091019_2_2

朝はパンがいいと思っているのですが、子供の頃からご飯と味噌汁で育っているので、1日に一度か2日に一度は味噌汁が飲みたいなーと思います。

ここ数年調子が悪くなりそうな時や寒い時は朝から酒粕入りで暖かくしたり根菜を入れるようにしていて、風邪をひきにくいのはもしかして味噌汁のおかげかもしれないと密かに思っています。

写真のお安い琺瑯の鍋は日々の汁物専用鍋と決めていて、それ以外の鍋で作ると味噌汁もいつもと違う気がするのです。

蓋付き16cmの白い琺瑯の鍋は吸い物や出汁の色もよくわかり、汁物がないと満たされない私たち二人分にはちょうどの小鍋です。時にはスープだったり、少量のジャムを煮る時も使うのですが、常にキッチンに出ている私と一番仲の良い鍋でずっと同じ物を買い替えて使っています。

この日選手交代で新しい鍋にかわりました。
このところ早朝から地方へ出ていて老体には辛いのですが、また身体がほっとする美味しい味噌汁も作ろうと思います。


NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

手作り焼売も食べてます。

090921_1

アツアツの焼売も美味しい季節。皮から手作りした時の焼売です。

ウー・ウェンさんの本に載っていた焼売レシピで皮を作ったのですが、うちの計量カップが異常なのか(?)粉ものはたいていレシピどおりに作るとゆるゆるになってしまうのです。この時も結局薄力粉100gに熱湯60で作った気がしますが、実は先月のご飯なので記憶がちょっと…。

中の具は、いつものこのレシピを豚肉200gとムキエビ100gの割合に変えたもの。
赤身の肉だと皮から外れにくいそうですが、やっぱり脂身がおいしい豚肉を使ったジューシーなのが食べたいの。半分玉葱だから許して欲しいわ〜。

中身の水分が多いと手作り皮がよれっとしてくるので、急いで包んだら不細工になっちゃったけど、お味はなかなかと自画自賛なんですけどねー。

とりあえず蒸したてのアツアツを見ちゃうと毎回つまみぐいし、学習能力ゼロでお決まりの口内ヤケドです。

090729_image

焼売が美味しい季節なんて言ったけど、夏も焼売は作ってたらしいー。
この時は市販の焼売の皮を使用。

焼き餃子と水餃子はできれば美味しい皮を作って食べたいけど、焼売に関しては市販品でも満足度高いので、皮を作る時間がない時はつい焼売になってしまいます。

ごはん食べない時はレシピの分量はちょうど我が家では二人分。これに箸休めの切り干しかモヤシのナムルにビールがあると幸せ。



NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


 


| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

塩茹でジャンボピーナッツ

091015_2

ワハハ、ちょっと写真が大きすぎだけど、でもホントに大きかったジャンボビーナッツ。

昨日千葉方面へ仕事に行ってイートインのパン屋さんでランチをとったのですが、その隣の露店で見つけて買ってきました。千葉県が生んだ新品種なんですね。

大きさはいろいろですが普通の落花生(ピーナッツ)の2〜4倍、中の豆のは大きい一粒ものだと3cmぐらいの物もありました。40分ぐらい煮ただけでは全く無理みたいで、圧力鍋を使って茹でてあるそうです。

*大きさの比較写真がこちらにもあります。(→wikipedia 落花生)


091015_1

大きくてもちゃんとピーナッツ味でした。美味しいー。

私の田舎では落花生のことを『地豆(ぢまめ)』と呼び私の実家でも作っていて、明治生まれの祖母がくれるおやつにも茹でた地豆は時々登場しておりました。この塩茹でされたピーナッツはふぬけなイメージですが、意外にも日本酒にあうおつまみで炒ったものとはまた違った味わいです。

お昼もおやつも高カロリーだったので、あっさりの夕飯にしようと思っていたのですが、ジャンボピーナッツやら、食べ頃maxなアボカドのマグロロールやら、いろいろ食べる状況にやっぱり美味しくお酒を飲んじゃいました。


***

ちなみに昨日のおやつ、、、


091015_0511_3

丸亀製麺のセルフ讃岐うどん。
えー、この画像は実は前回のおやつで、昨日は暑かったのでひやかけ。

富里インター近く、ランチにチーズ味のパンでお腹いっぱいにするとなぜか誘われるがまま食べてしまうド阿呆な私。

 

NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


 


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

グラタンに柿とほうれん草と胡桃のサラダ

091010_image

<10月10日(土)の晩ごはん>
白身魚(ムキカレイ)とポテトのグラタン
自家製ピクルス
柿とほうれん草と胡桃(くるみ)のサラダ
バゲット

地方へ行ったオットが帰りにじゃがいもを買ってきました。私はあまり食べたいと思わないんだけど好きみたいです。

私でも食べたい数少ないポテト料理の一つはグラタン。タラと合わせたかったのですがお安いムキカレイをたっぷりいれました。ムキカレイは解凍なので余分な水分をしっかり吸い取ってから使います。彩りにはインゲンを。


091010_2

ジャガイモは北アカリ。柔らかくなるまで蒸してからカレイと炒めているのでややマッシュ状態。モッツァレラ、ゴーダ、チェダーの3種入とチーズと玉葱入のベシャメルが絡めば美味しいー。

ちゃんとしたグラタンは久しぶり。入りきらなかったのでziziのお供え用(にしては大きい)ミニグラタンも作ったのですが、オットがしっかり食べました。よかった、よかった。


091010_3

副菜や添え物にピクルスは切らさず年中何かしら作っていますが、これは定番3種類に華やかな色の紫キャベツ。白ワインやグラタンにも必須です。

器は昭和の香りがするプチアンティークなカットガラス。前にリサイクルショップで買った激安ものですが、カットの感じが和食器とも合わせやすく気に入ったもの。すっかり忘れていたのですが、先日買ったばかりのガラスの器を割ったことで思い出し、また引っ張り出して使いはじめました。

自分のドジっぷりをまた思い出しちゃったわー。


091010_1

これは柿とほうれん草と胡桃(信州くるみを使用)のサラダ。オリーブオイルよりその効果が期待されているクルミを、あえてバターを使うグラタンと組み合わせてみました。サラダというよりこの『柿の白和え』にちょっと似た和え物風。

ほうれん草を茹でて絞ってから2cmに切り薄口醤油をかけてまた絞り、柿は食べやすく小さめの櫛形に切ります。胡桃をすり鉢であたり、純リンゴ酢少し加えてのばし塩胡椒。ほうれん草と柿を加えて混ぜるだけ。クルミだけのノンオイルのサラダです。

ほうれん草に加えた醤油も少し効いていたり、少し馴染ませると柿から出た水分もあって和え物としてはちょうどですが、お好みでオリーブオイルを加えても。

予想外にオットが美味しい反応を示してくれたので、冬にはまたリンゴバージョン(今度は味噌入)も作ってやろう。。。


NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


| | コメント (16) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

シマのギモーヴとルスルスのクッキー

090711_1

休日のヒロミチランチでお二人からお土産をいただいたのですが、実はそれまで私は『ギモーヴ』なんて知らないと思っていました。

写真はmeshiちゃんからいただいた『パティシエ・シマ』の『ギモーヴ』と『ヌガー』。こちらはmeshiちゃん御用達のお店で、ヌガーは前のごはん会(アップなし!)でもいただいたのですが、、それまで歯にくっついて甘くて???だった私のヌガーのイメージが一変したものです。ピスタチオや複数のナッツがたくさん入って優しい甘さ。

『ギモーブ』は他のお友達のギモーヴ記事を見たとき、私は食べた事がないとコメントしていたのですが、食べた事ありました、ありました。マシュマロのことなのねー!(笑)

こちらのものは転化糖が使われているからこのスッと溶けるような甘さなのかな?
ピンクはザクロシロップ、グリーンはミントリキュールが入って昔食べたマシュマロとは違った良い香りの上品な物ですが、やはりハグハグと食べてしまいました。

いつも美味しいお土産ありがとー!



090711_2

こっちはyoshieさんがくださった『菓子工房RESSOURCES(ルスルス)』のクッキー。

手作り感のあるクッキーとマドレーヌ。ジンジャーがたくさん入ったものや胡麻の香り高いものも。オットには少ししか残してあげることができずまたしても私のお腹に(笑)

こちらのお店の近くは通ってもお店のことは知らなかったのですが、今度はケーキも買いに行ってみたいと思います。美味しい情報とともに美味しい焼き菓子、ありがとうございました。

yoshieさんは肉ラー&スイーツ大好きジョシなのに、あのスタイルを維持する秘密、、、私にはできそうもありません。スイーツは別腹なので〜。

お二人の美味しい情報と記事にはいつも感心しまくりなのです。
また美味しい記事、楽しみにしていますね♪ 

 

 

NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


 


| | コメント (10) | トラックバック (1)

2009年10月11日 (日)

『レストラン ヒロミチ』でランチ

えっとこれは確か7月のこと、、、meshiちゃんとこの日お初でお目にかかることとなったyoshieさんの3人で休日ランチを楽しみました。

お店は4月末にオープンした目黒と恵比寿の間にある『レストラン ヒロミチ』。いつも前を通る度に気になっていたのですが、『シュマン』から独立された小玉シェフのお店とのこと。オットは行ってくれそうにないので私にとっては嬉しいタイミングでした。

 

090711_3

ランチは土日3900円のコースを選び、初めましてのグラスシャンパンで乾杯。

まずは梅干し型なアミューズはブルーチーズのシュー。
海ブドウがのった無塩バターとバタール。
前菜は5品の中から2品チョイスでき、一つは揚げた海苔が添えられた磯の香りたっぷりの地鮎のフリットとソテーされた夏野菜を。


090711_4

もう一つの前菜は豚足のコロッケ(?)クロケット ビーツのソース(meshiちゃん情報:爆)。meshiちゃんが私らしい〜と言っていたけどごろっとしたお肉が入ってジューシーで美味しかったはず(笑)

メインは羊をローズマリーで風味付けしたロティとポルト酒のソース、紫芋。そうそう、羊は美味しかったよね、yoshieさんの記事を見て思い出したわっ。

090711_5

デザートはコーン茶のアイスとガトーショコラ、グレープフルーツのジュレ。コーン茶のアイスが香ばしくて美味しかったけどガトーショコラは想像とちょっと違ったかな。コーヒーを最後にいただきました。

ポーション小さめでyoshieさんは物足りなかったようだけど、私のように朝ご飯を食べてのボリューミーなチョイスだとちょうどかな? でも今見るとまるでビストロ的チョイスですね(汗)

私には不似合いな女性向きの可愛らしい店内で狭いのだけど、落ち着いた印象でゆっくりランチをいただくことができました。平日はお値段も良心的なようだし比較的近いので、今度妹が来た時やオットと行ってみたいと思ったり。夜の方がやっぱりいいかな?またいただいてみたいお店でした。

グルメレポーターなお二人の記事はこちらから。
   

    →yoshieさんの記事はこちら  →meshiちゃんはそのうちかな(笑)こちら

 

 

NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


 


| | コメント (4) | トラックバック (2)

2009年10月 9日 (金)

秋刀魚のケチャップ煮

 

091004_4

今年も秋刀魚がお安いので週一ペースで食卓に上がっているかもー。でも特に疲れている時やアレルギー系体質には、青背の魚は同じものが続かないように注意しているんですけどね。塩焼き以外は揚げる事もありますが、我が家では煮魚が多いかな。

ケチャップ煮は母が昔よく作ってくれて、当時自分のお弁当にもよく作った定番の懐かしの味ですが、鶏だけじゃなくて鯖や秋刀魚も目先が変わってまた美味しい。

そしてこれにはトマトソースじゃなくてケチャップね。醤油を使っているのでしっかり和食に馴染みます。子供にも、ビールの大人にもいいんじゃないかな。


091004_2

    ●秋刀魚のケチャップ煮

    <材料2人分> (2015材料見直し)
    秋刀魚2尾、ピーマン2〜3個、しめじ80g、塩と酢各少々
    煮汁(水1cup、酒大3、トマトケチャップ大3、醤油大1、みりん大1.5、
    ニンニク1/2片(つぶす)、輪切り赤唐辛子1/2本分)

    <作り方>

  1. 秋刀魚は頭を落として5等分に筒に切り、お腹に割り箸等を入れてまわし内蔵を出して洗い水分を拭き、極軽く塩をして10分ほど置く。
  2. ピーマンは大きめに切り、しめじも大きくほぐし石突きを浅く切る。
  3. 小鍋に湯をわかして酢少々を加え、秋刀魚を一度熱湯にとおす。
  4. 圧力鍋(もしくはフライパン)に煮汁用の調味料と香味材料を入れて沸騰させたら3の秋刀魚だけを入れて煮る。圧力鍋15分加圧+自然放置、フライパンでは落とし蓋をして15分煮る(フライパンの場合骨は食べれない)。
  5. 煮汁が少なければ水で調整し、煮汁にしめじとピーマンを加えて落とし蓋をし、煮汁を吸わせながら軽く煮て煮汁を好みに詰める。

    *圧力鍋使用の場合は鍋により時間は調整。

圧力鍋だと骨までいただけるようになりますが、骨を取るのが面倒でなければフライパンで簡単に煮ても充分美味しいです。少しさらっとした仕上がりになるかな。

091004_3

この日の副菜には、だしで炊いたカリフラワーとモロッコのマスタード和え、ほうれん草のお浸し、くずし豆腐のスープ(昆布と鰹だし)など。


NinkiBlogbanner03 家庭料理ランキング



 

| | コメント (18) | トラックバック (1)

2009年10月 7日 (水)

最初の鶏鍋とかぐら辛っ子

091006_1

<10月6日(火)の晩ごはん>

鶏鍋
茄子と胡瓜の香味和え
つい食べてしまった焼き海苔と自家製イクラの醤油漬けごはん

またしても速報です。最近作ったものはイマイチでうちめしネタが不足してるの(笑)。そんな時は鍋があったじゃないね♪

私の中でやっとあの夏が終わったらしく、実は昨日が今年最初の鍋でした。
お初の鍋は鶏ガラスープに少し辛みを効かせた我が家風『鶏鍋』。この『水炊き』とはちょっと違います。

091006_2

    ●鶏鍋

    <材料2〜3人分>

    白菜たっぷり適当、えのき茸1pk、ニラ1束、長葱1本、南瓜5×7cm程度、
    ごぼう1/4本分、干し椎茸小2個、豆腐1/2丁〜、油揚げ1枚、鶏もも肉1枚
   
    鍋つゆ:鶏ガラスープ3cup〜3.5cup(椎茸の戻し汁50ccとコレを使用。)、酒大2、
        薄口醤油大1、豆板醤小1〜、*塩少々

    食べる際にお好みで砂糖少々加えて2日以上熟成させた豆板醤又はかぐら辛っ子、七味等適量

    <作り方>

  1. 野菜をそれぞれ切って下処理(南瓜は5mm程度の薄切り、ニラは食べやすく3cm程度、ごぼうはささがきか細くして水にさらし、干し椎茸は戻してスライス、長葱は斜め切り)し、鶏肉は1.5cm厚のそぎ切りにする。
  2. 鍋つゆを用意する。
  3. 白菜、ごぼう、椎茸は混ぜて先に鍋下になるよう入れて、その上から具材を盛りつけ、最後にニラが上になるよう盛りつける。
  4. 食べる際にお好みで辛みをプラスする。

    *スープは下味ではなく味付きで、使う鶏ガラスープと最後に加える辛みによって塩分が異なるので要調整。

ポイントはたっぷりのニラと少しの南瓜。少しでも南瓜がいい仕事してくれてる気がします。

091006_4

私たちが好みでプラスした辛みはコレ!南蛮研究会会長からいただいた『かぐら辛っ子』です。以前ご紹介した神楽南蛮が赤くなってから収穫し、塩と麹で2年半以上熟成させたもので、塩気もかなりありますがほどよい辛みと旨味があります。

この私好みの辛みと麹や南蛮の旨味は豆板醤とは比べられないのですが、まるねちゃんがやっているように豆板醤に砂糖を加えて熟成させるものや、お好みで七味など追加しても。

でも機会があったら食べてみて。塩いらずで美味しい辛みです。

091006_3

辛いの苦手な私でもこれぐらいは平気。美味しくって明日も鍋にしたいぐらい。
しかも鍋って楽だよねー。
オットも久しぶりの鍋に大満足、同じく辛いのが苦手だけどかぐら辛っ子はお気に入りになりました。

まるねちゃんありがとう!


******

どうやら大型の台風がやってくるようです。どうか被害が出ませんように。


NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

花と四十九日

091004zizi_2

猫がいた16年の間、家に花を飾る事はほとんどありませんでした。
お行儀のよい子でしたが、葉ものは長毛の胃薬にされちゃうので。

でも四十九日の間は遺影の横に飾る花を絶やさないようにするのが目標で、小さな花でも日々飾ってあげることができました。

花のある生活もいいねー。



091004_zizi1

10月4日、四十九日。
ハーフだったし信仰してたのは発酵バターの香りと旨い缶々まんまだけで、虹の橋と三途の川の位置関係も私の中では整理できないでいるのだけど、でも今日から神様の近くにいるってことかな?

そっちへ行ったかと思うとまたちょっと淋しいけど、十六夜(いざよい)の空も宇宙も自由に飛んでるといいなー。

実は未だにオットとだけはあの子の思い出を楽しく語れません。なんだかね。
でもまあゆっくりやります。(また…:汗)

どうかどうかいつかまた逢えますように。

今日4日はホントのホントの満月なのね。今日はいいお月見ができました。

NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


*コメントやメールのお返事が遅れていてごめんなさいっ!


| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

秋の海と世界一の朝食とパン

 

091001_1

シルバーウィークに行けなかったので、昨日朝から七里ケ浜へ海を見にいきました。

私はどうやら雨オンナらしいのです。でかける時や大切な時はたいてい雨。
自分のガーデンウェディングの時も台風を呼んじゃって実家の屋根もふっとんだけど、最後はよく虹を見ます。オットが雨オトコだと思っていたのですが私だと気がついたのは最近。でも年をとってきて、いろんな毒気とともに雨オンナのパワーも弱まってきたのか、雨があがって昨日は最後の夏日でした。


 

091001_2

特に海へ来る理由は見当たらなかったのですが、前夜遅くまで仕事をしたストレス解消と気分転換といったところ。せっかくなので去年からあちこちのブログでおみかけしていた『世界一の朝食』というものをいただいてみることにしました。

『bills』では屋根付きのテラスに座ったものの、日が高くなってくると10月とは思えない暑さ。でもなんだか気持ちよかった。

 

091001_3

スウィートコーンフリッター w/ローストトマト、ほうれん草、ベーコン、アヴォカドサルサ。

細葱と香草がコーンと一緒に揚げられていて、このぐらいの香草だととてもいい感じ。
でもやっぱりスクランブルエッグの方が良かったかな〜と食べたあとも悩む(笑)

 

091001_4

リコッタパンケーキ w/フレッシュバナナ、ハニーコームバター。*シロップがけ

甘さ控えめでホントにフッワフワでリコッタチーズがいっぱいのパンケーキなのねー。パンケーキは大好きだけど、オットと二皿をシェアしてちょうど良かったよ。高カロリーでセレブな朝食を堪能してお腹は満たされたけど、なんだかハードなパンとか食べたくなっちゃった。ついでに野菜のお浸しとかも(笑)

お店を出たお昼前には、平日だというのに店内は満席でした。


 

091001_7

ハードなパンが食べたくなったところで、鎌倉に来たらここははずぜない『KIBIYA ベーカリー』。食べるのは2度目ですが、自分で来たのは初めて。

 

091001_5

パン好きさんのところでもたくさんお見かけするこちら、2Fでパンとフランスの家庭料理をいただけるようになっていますがこの日2Fはお休みで、いくつかパンを買い求めました。

 

091001_6

帰り道でベーコンのパンやライ麦のバゲットをつまみ、酸味と塩気を味わうとかなり満たされた感じ。スコーンやクロワッサンや胡麻入のパンも翌朝用に調達。スコーンも予想以上に美味しかった。

夜はたっぷり野菜のお浸しも食べました。たまに贅沢する世界一の朝食はおいしかったけど、やっぱり日々の納豆ごはんや素朴なパンが身体に合っちゃうのねー。

でも今年最後の海、行ってよかったよ。
つらかった夏が終わって秋がやってきて、今年も残り3ヶ月だなんて嘘みたいだ。


NinkiBlogbanner03  いつもありがとう!


 


| | コメント (14) | トラックバック (1)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »