« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

修行中の麻婆豆腐とその後の経過

090407_1

実はこれ、20日も前の画像。
あまり辛いのが得意でない私も定期的に食べたくなるビールのオカズ。

このところ陳麻婆豆腐レシピを参考に作っているけど、このままだと私には辛すぎるので豆板醤は半分近くに減量(ラー油は石垣島ラー油ではなく辛いもので、豚肉は100gに増量)。
それでもちょっと辛いっっっ!

テンメンジャンは八丁味噌に酒やみりんや砂糖も加えた自家製のものだけど、四川豆板醤や四川辣椒粉(一味唐辛子)の代わりに普通の豆板醤と韓国産の辛くない粉唐辛子を使っています。

でもグッとくる麻婆豆腐にはまだ遠いというか、求めている手作り麻婆と違うのは調味料のせいにしてもいいだろうか?
なかなかたどりつけないので、一昨日もまた麻婆豆腐を食べに行ってきました。

そしてなんだかますます遠のいたー(笑)

やはり本物は食べにいけばいいと納得したけど、まだまだ家庭の麻婆修行は続くのでした。


090407_2

この日の副菜にはチンゲンサイの蟹あんかけ。
実は春野菜にかける酢味噌の素(玉味噌)づくりに卵黄を使い、残った卵白を使いたかったの。

フライパン料理が重ならない用、チンゲンサイは胡麻油と塩を加えた湯で茹でて仰いで冷まし絞ったもの。缶詰の蟹とたっぷりのきざみ葱、スープ等で餡にしてたっぷり絡めていただきました。


090407_3

モヤシのナムルは『石垣島ラー油』を使用。ホント旨いよね! 
でももう少し辛くてもいいんだけどなー。

食いしん坊のわがままですね。


*******


皆様にご心配いただきながら、あれから2週間肝臓の薬を飲み続けたzizi。

また2週間同じ薬を続けてみることになりました。


090419_zizi1

がんばれー。

あの手コノ手でこれから深夜のごはんタイムです。。。

NinkiBlogbanner03

★ランキング参加中。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

好きなもの。花山葵・独活・茶碗蒸し

090425_image


<4月25日(土)の献立>

独活と豚肉の梅塩炒め
蛸と花山葵の新玉葱ポン酢和え
生わかめたっぷり茶碗蒸し
春キャベツと油揚げの味噌汁
自家製なめたけと白米ごはん

久しぶりにきれいな花山葵(はなわさび)を見つけた先週の晩ごはんです。大好きなの〜。
やっぱり蛸と食べたいなーと思い、鮮魚コーナーに旋回しました。

前にもオイルも加えたカルパッチョというか和え物風に作っているのですが、この日は他とのボリュームも考えてオイルなしで。
新玉葱のみじん切りを倍量強のポン酢に浸しておき、食べる時に寝かせて辛みをと風味を出した花わさびと和えて盛りつけました。

花山葵の風味出しには砂糖を使ってますが、熱湯をかけて塩で揉んだものを2時間ぐらい寝かせてもいいようです。

この爽やかな風味がたまらん! 春に大好きなものの一つです。


090425_1

春に好きなもののナンバー3に入るであろう独活(うど)は、毎年食べている豚肉との炒め物です。

今年も既に塩ラー油で食べたりしましたが、この日はmeshiちゃんにいただいてからすっかり愛用となった梅塩で炒めました。ゆかりがあれば、去年作った『ゆかり炒め』も美味しいの!

先日の『独活と豚しゃぶの胡麻だれ』も春にはかかせません。



090425_3

豚しゃぶのリンク先にも茶碗蒸しがありましたね。この組み合わせ、どーも好きらしい。美味しくだ出汁をとったら、まず吸い物、お浸しの地を作り、茶碗蒸しも食べたいなーといつも思います。

しかもこの日テレビで『生わかめの卵豆腐』を見て、私も作ったことを思い出しました。

見た目であの卵豆腐にはすっかりやられてしまうのですが、ちょっと面倒で慣れている茶碗蒸しに。春に新芽がとれる旬の香る若布をこれでもかーっとたっぷり(笑)

大好きな春の風味を揃えてお酒を少し、満足な夜でした。



NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

トマトな休日 celeb de tomato@代官山

090422tomato_image2

先週のとある日、早朝からの仕事を終えて戻ったオットとランチをとりました。

アレルギー治療でお酒を控えた時からすっかり甘辛両党になったオット、この日も例によって美味しいスイーツを食べたいと言い出したので満腹の腹ごなしに代官山まで散歩することに。

最初に到着したのは買い物したかった私の意向もあって別の場所だったのですが、平日でもなかなかオーダーさえとりに来てもらえない接客に、こらえ性のない私達はすぐに別の場所に向かったのでした。


それが『celeb de tomato』代官山店。 代官山店に来たのは初めてです。

 

090422celebdetomato_01

お天気は暑くもなくテラスでいただくにはちょうどでした。

090422tomato_02

いろんなトマトを使った食事が楽しめますが、この日は食事をすませてしまったのでトマトを使ったスイーツなどを。美しいトマトにちょっと興奮!

090422tomato_03

まずはトマトジュース3種の飲み比べ(4種もあります)。以下手前から。

糖度7.0 爽やかな酸味とコクのある『みそらトマトジュース』
糖度9.0 『薫寿(kotobuki)』トマト専門店の自信の一品
糖度9.5 『芳珠』濃厚な甘みと香りのフルーツトマト100%ジュース

普段濃縮還元のトマトジュースも私は飲まないのですが、フレッシュなのはいいですねー。
一番好きなのは糖度9.0のkotobuki。甘さもちょうど良くて確かに美味しかった。

090422tomato_05

そしてオットが選んだトマトのクリームブリュレ。
これ、すごく好きっ! トマトの軽い酸味でいくらでも食べれそう〜〜〜。

090422tomato_04

それに合わせたのが、『ラ・トマト』のソーダ割り。トマト焼酎です(笑)
これがまたスッキリして美味しいの!! 
強いて言えばお酒の感じが足りなかったのが残念なのは私だけかしら?


090422tomato_06

私はトマトのティラミスにコーヒー。
上にのってる乳っぽいお粉だけはちょっと苦手で、その部分だけオットに進呈。

ここのトマトジャムは表参道のお店で買って食べたこともあるのですが、確かレモンとグラニュー糖だけで作られたシンプルで美味しいジャムでした。でもやっぱりブリュレに軍配が上がったわー。


090422tomato_07

そのジャムは陳列棚の左上のもの。とってもセレブなお高いトマトジュースもいっぱい並んでおります。


 

090422tomato_08

こちらは食べごろを待っている全国から集められたセレブなトマトたち。すっごく真っ赤で美味しそうだったので、我が家の夕食もトマトだわっ!と心に決めて帰りました。

トップの写真はそんなセレブトマトじゃないけど、この夜食べたものと同じ完熟で美味しかったトマト。これから露地物が出てきてますます美味しい目にあえますねー。

celeb de tomatoでも、いろんなトマトのスイーツやジュースの味見ができてオットはとても満足した様子でした。良かった、良かった。

******

おまけ。

私はその後『ヒルサイドパントリー』までパンを求めてさらにぶらぶらしております。

090422_09

目的のパンがなかったけど、寄るといろいろ買ってしまうわけで、、、
上からフィグと胡桃、オレンジピールとヘーゼルナッツとレーズン、プルーンとブルーチーズでドライフルーツ3種類。
他に発酵バターと天然酵母のクロワッサン、カンパなど。
食材の方もお豆とチーズを買ってトマトとの夕食をコーディネイトして帰りました。

そして翌々日ぐらいに足がとっても筋肉痛。
食ってばかりなので少し鍛えねば!!

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

鶏のふき味噌焼きと山菜おつまみ

090421_image

<4月21日(火)の献立>
鶏のふき味噌焼き
こごみの胡麻マヨネーズ和え
独活と生わかめの酢の物 からし酢みそがけ
独活と人参のきんぴら
菜花としめじのお吸い物(葱)

前日に天ぷらにした残りの蕗の薹でふき味噌を作りました。
なんともコレ、北海道のもの。今頃ふき味噌食べてるなんて私だけよねー。

蕗の薹は刻んで酢水で茹でたものを水にさらして絞り、控えめ量の白味噌と信州味噌、みりんときび砂糖少し、それから母の真似で鰹節も加えて旨口のなめ味噌風に作りました。

ふき味噌はクセがあると、以前は苦手と言っていたオットも今は喜んでたべます。

以前白身の魚と焼いたりもしましたが、この日は鶏と合わせていい香りで仕上げました。


090421_1

●鶏のふき味噌焼き

鶏もも肉300gを半分にし、黄色い脂だけのぞいてフォークで刺し、醤油大1、酒大1に20分漬け込みました。その後焼き色をキレイにする為の極薄塩をかけてグリルで焼き、仕上げにふき味噌を塗ってさらに少し焼いたらできあがり。

味噌が少し焦げそう〜って寸前で、甘口のふき味噌の香ばしさを鶏とととに味わうのです。

魚もいいけど鶏にもいいよー!


090421_2

●ごこみの胡麻マヨネーズ和え

こごみの残りは茹でてだし汁に塩を加えたものにつけておきました。

この日はそこからひきあげて、薄口醤油少々とマヨネーズ、半ずり白炒り胡麻、きび砂糖少々で和えたもの。
山菜にマヨネーズ+醤油とかマヨネーズ胡麻とか、どうしてこんなに合うんでしょうね。
25年前も同じように食べていたと思いますが、多分25年後の春もマヨ醤油ぶっかけとかしちゃうと思います。やめられませーん。


090421_3

●うどと人参のきんぴら

独活(うど)はわかめと酢の物に。そして皮はいつものようにきんぴらに。
翌朝のおかずに作ったつもりですが、酒の肴となりました。

厚めに剥いた独活の皮1本分、人参中1本分
胡麻油大1、輪切り赤唐辛子少々、だし汁大1、薄口醤油大1、みりん大1。


***

これで我が家もやっと一通り山菜をいただき、ちょっと満たされた気分。

こごみはデパ地下のものよりずっと味があったけど、オットはオレが採ってきた方が美味しいとか言っておりました。(山菜好きなオットは私の実家で私が昼寝中に母と山菜採りによく出かけていたのです。)

「でも天然のこごみなので、その美味しさは、あなたが採ってきたということに起因しないのでは?」と思ったのですが、せっかく満たされた春の夜にはゴニョゴニョと飲みこんでおきました(笑)


NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。


それにしても、、、ツヨぽんは少々気の毒でならないのは私たちだけか?
2泊ってどうよ? みたいな。。。



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

山菜の天ぷらと時鮭のとろろ蒸し

090420_image

<4月20日(月)の献立>

山菜の天ぷら盛り合わせ
(こごみ、ふきのとう、舞茸、たらの芽、山独活の穂先)
時鮭のとろろ蒸し
菜花と鶏ささみの酢みそ和え
生わかめと桜生麩のお吸い物(葱)
春蕪の浅漬け
七穀米入りご飯

ちょっと飛ばして昨日のご飯、この時のお約束どおり山菜の天ぷら盛り合わせにしました。

ここにアップしてるものだけ見てると、なんだかすごーく揚げ物好きに見えます?
気のせいですよ、でも天ぷらは大好き(笑)

この日は山菜いろいろ揃えてその味を楽しみました。

オットは数枚シャッターを切ったかと思ったら、「もういいよね?」と私の返事も聞かずにつまんで食べまくり、「ウマイッ!」と言っておりました。
「塩ぐらいつけたら〜?」と慌ててビールを抱えて食卓についた私、「ねー、美味しい塩持ってきてー」だって(笑)。


090420_1

一緒に用意したのは、今からが美味しい時鮭(時しらず)の蒸し物。これも旨かったわ!

5月から7月が旬と言われていましたが、今や4月の中頃から脂ののった美味しそうな鮭が並びます。ランクもあるようですが、店頭では生もあれば、塩をしたものもいろいろ。

今日は振り塩のものを使って、白身の魚でもよく作るとろろ蒸しにしました。
時鮭でなくても鮭料理のアレンジとして美味しいです。


●鮭のとろろ蒸し

 <材料2人分>
 時鮭または鮭2切、おぼろ昆布2枚
 山芋(直径6cm位のもの6〜7cm)、だし汁大1、酒小1、鮭の塩味により塩適宜
 しめじや三つ葉適宜、お好みでわさび

  1. 山芋をすりおろし、だし汁と酒を加えて混ぜておきます。
    (中塩なら塩なし、甘塩の鮭ならひとつまみの塩、生鮭の場合は塩小1/3)
  2. 鮭はさっと水で流して水分を拭き、骨をとって半分に切ったものに酒少々かけ、耐熱皿に入れて蒸し始めます。(生鮭の場合は塩降ってから15分ぐらい置いてから水分をふいて酒少々)
  3. 3分ぐらいで鮭の表面に火が通ってきたら、おぼろ昆布をのせた上に1のとろろをかけて、しめじも一緒に入れてさらに4分程蒸します。
  4. 鮭ととろろに火が通ったら器に盛り、三つ葉やお好みでわさびをのせていただきます。

 *おぼろ昆布はなくてもかまいませんが、特に脂の少なめな鮭にはあった方がいいよ。


090420_2

もう一品はそろそろおしまいになりそうな菜花、週末地方で買ったものです。

酒をかけてレンジ200wで表裏蒸した鶏のささみをほぐし、茹でた菜花と一緒にお浸しの地につけました。食べる前に器に盛り、からし酢みそをだし汁でゆるめたものをかけた和え物風。

あーーー!、そういえば菜の花ご飯作るの忘れてたっ!


春も一気にかけぬけつつあり、明日はまた初夏のような暑さらしい。。。
この気温の変化、身体に気をつけましょーねー。

 


NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (16) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

鯖のチリソースとただ今療養中

090416_image

<4月15日(水)の献立>
鯖のチリソース
なめこと胡瓜と生わかめの中華和え
春蕪の花椒風味漬け
豆腐と蕪葉のスープ
7種の雑穀入ご飯

この前日、今年最初の若竹煮を居酒屋で食べました。
猫を病院につれて行ったりで、今週も筍をゆがく気になれなかったのでちょうど良かった。
ホタルイカの刺身や山菜の天ぷら、優しい旬の味をいただく合間には、ちょっと辛い刺激が欲しくなってしまいます。

この季節には稀なイケテル鯖を見つけ、たとえハズレでもチリソースなら美味しく食べれるでしょーってことで久しぶりに。

揚げたせいもあるのかな? 鯖はとってもおいしかったー!
ちょい辛のチリソースで私はビール、オットはご飯がすすんだらしい。。。

090416_1

●鯖のチリソース

<材料>
 鯖1尾
 下味(醤油大1+酒大1+ニンニクと生姜のみじん切り少々)
 片栗粉、揚げ油
 香味材料(ニンニクみじん適宜、生姜みじん1片分、長葱青い方1本分、豆板醤小1)
 合わせ調味料(鶏ガラスープ1cup、酒大2、ケチャップ大2、オイスターソース小1、
       砂糖大1、塩小1/3、)
 仕上げ用(長葱白い方で白髪葱を作り残りはみじん切り、片栗粉小2+水大1、胡麻油適宜)

<作り方>

  1. 鯖は3枚にして骨を抜き、1.5cm幅のそぎ切りにしたら下味調味料に15分つける。
  2. 汁気をペーパーでおさえて片栗粉をまぶして揚げ、油をきっておく。
  3. 合わせ調味料を先に混ぜておき、フライパンで香味材料を炒め香りを出す。
  4. 合わせ調味料を加えて一煮立ちさせてから、最後に白髪葱以外の仕上げ材料を加える。
  5. 鯖を器に盛り、チリソースをかけた上に白髪葱を盛る。

カラッと揚げた鯖に絡むチリソースが美味しいー。
2枚になってるものを買って3枚にしましたが、面倒ならお店に頼むと3枚にしてもらえるんじゃないかしら?



******

先日、ziziが激痩せしたお話をしましたが、
その後熱が出てきたようだったので病院へ連れて行きました。

体重は相変わらず激減状態で、熱が高かった他に気になることがあったので精密検査を。難しい病名を言われましたが、要するに癌かもしれないと思い・・・。

緊張の結果、数値を見ながらの先生のお話では、「肝臓が悪いようです」とのこと。ただ問題の肝臓にもエコーでは癌らしきものは見つからず、肝炎みたいなものかな?

しばらく肝臓のお薬を飲んで様子を見る事になりました。

090416_zizi

薬を飲み始めて3日目から熱は下がり、少し調子が良くなってきたのかもしれません。
今日はいつもよりジューシーまんまを一袋よけいに食べました。

よかった〜。

地方へ行っていた週末でしたが、心配だったので何処へも寄れずまっすぐ帰ってきました。
お疲れだぜぃ。

我が家ではオットと私の二人分の定額給付金の申し込みをしましたが、いつもの塗り薬と今回の検査や治療費でちょうど!
ちょっと使い方が違ってるようですが、ホント、親思いのいいコだわ〜(親バカ)。


NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。


 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

赤舌平目のムニエルと幸せレシピ

090413_2

<4月13日(月)の献立>
赤舌平目のムニエル
(空豆とジャガイモ、菜花のマスタード風味)
野菜のサラダ フレンチドレッシング
カリフラワーとひよこ豆と塩豚煮
バゲット

赤舌平目の旬をあえて言うなら夏から秋のようですが、年中美味しくいただけるお魚だそうです。
薄い身ですが、その赤い色はなんとも食欲をそそられる〜! 
お安くなっておりましたので即決でした。

そして作ったのはもちろん『舌平目のムニエル』ってヤツ!

私は背中側の固い皮だけ剥いて内蔵をとり、縁は残したまま塩胡椒して小麦粉をたたきました。
(→魚屋さんの捌き方をを参考にすると簡単よ)

そして縁はカリッ。外はしっかりで中がふんわり〜とイメージを膨らませ、
エシャロットの代わりに軽くつぶしたニンニクとともにバターで焼きます。


「・・・たっぷりのバターで焦がさぬよう、静かなるバターの泡とともに泳がせるように完璧に火を通すのです。」
出張料理人の狐野扶実子さんが、こんなふうに雑誌でムニエルを焼いていたことを思い出します。
コメントは私の創作だけど、何か研ぎすまされた完璧なスタイルでした。

どうやら舌平目のムニエルは、一流の美人女性シェフがバターで完璧に焼きあげるクラシカルなフレンチスタイルを私に連想させるらしい。
映画『マーサの幸せレシピ』にもそんな女性シェフが登場します。
映画の中ではムニエルなんか出てくるはずもないのに、なんだか完璧なムニエルを作りそうな・・・。

映画の中の、フランス料理店の女性店主が言っておりました。
「ヘルシー志向でオリーブオイルが流行ってきているというのに、バターにこだわってー!」
そこにこだわったシェフの気持ちもなんだかわかるような気もするけどね。
あ、それはリメイク版の、『幸せのレシピ』の方だったかな?


実際の私のムニエルは、そんなイメージとはちょっと違う、家庭的な色づき加減と盛りつけ(笑)

仕上げにレモンを添え、刻んだパセリととろみのあるバターソースは・・・
かけ忘れーーー!!!(泣)

でも久しぶりのたっぷりバターの風味で充分満足、美味しかったよ。



***


映画はリメイク版DVDが出た時に、オリジナルと2夜連続で見比べました。

オットも私も『マーサの幸せのレシピ』の方が良かった派。
特に料理を映すカメラワーク、暗い雰囲気、主演のマーサの切れっぷりとイタリア男も。
ハリウッド版の方は、キャサリン・ゼタ=ジョーンズとゾーイ(姪っ子)をキレイに撮りすぎよね?

日々頑張るジョシでなくても、こんなふうに二つを見比べたりすると面白い。

そういえば、ココで姪っ子のゾーイがアナタの幸せセラピーをしてくれます

ちなみに私は気まぐれガールのスパイシースープ
確かに棚卸しが必要かも。。。




NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

釜揚げ桜海老と新玉葱のサラダで呑む献立

090412_image


<4月12日(日)の献立>

豚竜田の塩ポン酢おろしがけ
釜揚げ桜海老の胡麻ドレッシングサラダ
生湯葉山葵のべっこう餡
こごみのマヨ味噌和え
ざるうどん(写真なし)

にごり酒に春の釜揚げ桜海老!
掻き揚げは次回にしてまずはそのままたっぷり新玉葱とのサラダにしました。

この日はゆっくり呑みたい献立でしたが、旬のサラダで野菜もしっかりいただきまーす。


090412_2

●釜揚げ桜海老と新玉葱のサラダ 胡麻ドレッシング

から煎りした桜海老でもよく登場してるみたいだけど、、、
新玉葱と水菜、本日は釜揚げ桜海老たっぷりに、簡単手作りドレッシングのサラダです。

ポン酢2:胡麻油1:だし汁1:半ずり白炒り胡麻1。
これに蜂蜜(または砂糖)少々、と黒胡椒、ラー油を加えてよく混ぜるだけ。
今回ラー油は石垣島ラー油を使いましたが、普通のラー油にお好みですりおろし生姜少々でも。

だし汁がわりに胡麻油2にするとコクのあるドレッシングになりますが私はサラッと。
おかわりしたら新玉葱1玉あっという間だねー。


090412_3

●生湯葉の山葵べっこう餡

もちろん市販のお刺身湯葉。

たいていこんなふうに、冷たいままお刺身状態で食べるのですが、この日は生野菜をたっぷり食べるのでこちらは温めました。

だし汁に醤油とミリン1:1のべっこう餡をかけて山葵をぽちっと。
あったかいお刺身湯葉は、またぐっと豆腐の風味が味わえていいかもー。


090412_4

●こごみのマヨネーズ味噌和え

こちらは今年お初のこごみ。
太くて柔かな極上品だったけど、田舎で食べる採れたての味が懐かしい〜。

茹でたこごみは、だし汁に塩を加えて冷ました浸し地につけておき、食べる直前にマヨネーズと味噌に鰹節で和えました。(ゴミじゃなくて鰹節ですからー)

みんなお醤油味にならないようにしてみたの。こごみやアスパラはマヨネーズ味噌も良く合うね。


090412_1


●豚の竜田揚げ 塩ポン酢おろしがけ

いつも素揚げしたししとうを合わせて夏から秋によく登場するメニューですが、今日は天ぷらのネタもなかったのでピーマンとの登場となりました。

豚ロース薄切り8枚分、半分に切って醤油1:酒1:すりおろし生姜少々、黒胡椒少々、砂糖少々加えた漬け汁を軽く揉み込み15分置き、片栗粉をまぶして揚げました。

ちょっと揚げすぎ気味にカリッと揚げた豚竜田の香ばしさに、さっぱりした塩ポン酢をふくませた大根おろしがたまりませーん。


カリッと揚げた豚は食べ過ぎでしょうってくらいたっぷりに見えますが、これでも豚ロース一人80gなのよ。(3割引特価で買ったけど、元値がいつものより1.5倍も高いお肉だったわ:汗)

見た目にだまされて炭水化物は不要かと思いきや、〆にはやっぱりオーダーが入ってうどんを茹でました。そういえば、冷たいうどんも今年お初!

 

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。


 



| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

やっと桜ご飯とお刺身盛り合わせ

090411_image


<4月11日(土)の献立>

珍しくお刺身盛り合わせ
(生本まぐろ中トロ×2、真鯛、甘海老、イカ、勘八)
絹揚げと小松菜の炊いたの おかわりどうぞ
キャベツの浅漬け(写真なし)
しめじと三つ葉の赤出し
さくらご飯

またしてもお魚食べたいモードになったこの週末、久しぶりにお刺身の盛り合わせなんぞ。

オットに食べたいものを訪ねると、「お刺身」と言われて早何日?
私も食べたかったんだけど、なかなか良い出会いがなかったの。

でもやっとその時がやってきました。

「お刺身食べたいって言ってたでしょ、奮発したのよ〜」と言うとちょっと嬉しそう。
もちろん半額だったってことは言ってないのよー(笑)

何はともあれ、お酒とともに美味しくいただきました♪
手抜きの晩ご飯が続いているように見えますが、きっと気のせい、気のせいです(汗)。


他に特別なものは用意しませんでしたが、桜ご飯を作りました。
桜は散っているけど毎年これを食べないとね。

 →2008.4.15 『鯛と菜の花の昆布締めと遅い桜ごはん』

 →2007.4.1 『桜ご飯と鶏の西京焼きのはず

 →2006.4.2 『春の天ぷら御膳PART2 桜ごはん』

以前の献立からは全く成長が見られないけど、それも気のせいということで。

今年の桜ご飯は、梅酢と桜の花の塩を使って酢飯にしました。
炒り胡麻ふるのを忘れたけど、桜の香りふわーんと香るこのご飯を食べたら次は筍ですよね。

朝掘り品に出会えてないのと、手作りごはんリハビリ中の為、なかなか湯がく気になれておりませんが、昨日あたりから食べたいコールが入っております。
が、がんばろう。。。


******

先月だったか、猫用のハンモックをいただきました。

手足をビヨーンと伸ばしたリラックススタイルで、最近やっと入ってくれるようになったばかりだったのに、この初夏のような暖かさ。

090411_2zizi

昨日ぐらいから鼻の頭に汗までかいちゃうようになり、冷え冷えマット登場。
このハンモックはオブジェと化すのねー。

***

ここしばらく朝まで熟睡できておりませぬ。
年老いて激痩せしてきたziziに、夜中に一度か二度、必ず起きて食事を与えております。
しかも食べるところを見ていて欲しいと言うか、側にいて欲しいらしい。

コアラのように新鮮ご飯しか食べず、一度に食べる量は少量、しかもお腹がすごく弱くなってしまったので特定のフードに限られ、それも飽きるようで手を変え、品を変え。
もうね、食べてちょうだいって懇願モード。 私の食欲分けてあげたいよー。

zizi16歳、まだまだ頑張るもんね!

でも少し体重戻ってきたかも!久しぶりにふっくらニャンコみたいな写真が撮れたわ。


 

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。




| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

カマ食ったどー!

先週の土曜日、久しぶりの掃除で(!)疲労困憊となっていたところへ、仕事が煮詰まってしまったらしいオットから電話があり、「甘いもの買いに行こう!」とのこと。 
その前の週、定休日で食べ損ねたVILLON(ヴィヨン)のバームクーヘンを買いに行き、桜ロールとバームクーヘンを買ってこの日は桜ロールをたいらげた。

桜新町からの帰りにはいつものように『神田屋』さんへ寄り、1300円の彼岸ふぐと迷って、結局315円のカンパチのカマを買う。

お魚食べたかったのよ〜。そしてこれが旨かった!


090404_image

<4月4日(土)の献立>
カンパチのカマの塩焼きと大根おろし。
春菊と生わかめとえのき茸の煮浸し
京人参の胡麻和え
蕪の自家製花椒風味千枚漬け

カマ食ったどー!!!

こ、こっちが私が食べた小さい方。
カマって言ってもね、ホントに勘八かって大きさのが頭まであって、2度にわけてやっとのことで焼いたわ。

むふー、かなり食べごたえあって、これ一人157円って大満足!


******

この日車の中でJ-WAVE、山田五郎としょこたんの番組にゲスト出演されていた『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』の著者、生物学者で青山学院大学の教授でもある福岡伸一先生のお話は面白かった。

そして先生は言ったのだった。
「コラーゲンで肌がツヤツヤになることはありえません」

思わず「ナニヲーーー!!!」と叫んでしまった。

コラーゲンは結構単純なタンパク質で、それは普通に食べて得られるタンパク質といくつかの栄養素からも作れるものらしい。
逆にそのコラーゲンが身体に作用することがあるなら、私たちの身体はアレルギー作用によってめちゃくちゃになってしまうくらいだと言うのだ。
しかも消化が悪いのでほとんど排出されてしまい、食べても塗っても身体に届くことははそうないらしい。

コラーゲンを塗ったり食べたりでお肌がツヤツヤというのは、『プラシーボ効果』といって、簡単に言うと「思い込み」的なもの。

コラーゲンとお肌の関係が本当かどうかは別にしても、福岡先生のお話はとっても興味深かかったので、本も読みたいのでした。
少なくとも、私の体型なんかはDNAのせいにしておきたかったのだけど。。。

勘八のカマのプリプリも食べたし、翌週にはコラーゲンしゃぶしゃぶを食べに行きたかった私。
ま、思い込みだろーがなんだろーが、ツヤツヤになればいいんだけど♪


NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

サクラナイト @東京目黒

090408_02

実は何年振りかで夜桜見物。
忙しい時期と重なるので、深夜の帰宅時に遠回りして桜の下を歩くのが楽しみでしたが、
今年は桜が待っていてくれたのでオットと待ち合わせ。

最初気乗りしなかったオットですが、リサーチ済みか?特等席をキープしていてくれました。
ワインがいいと言われたので私はデリでお花見ご飯を調達。


090408_01

プレーツデリカッセンでまた買っちゃったソーセージの煮込み(笑)。
オニオンガーリックのフォカッチャと、その下には生ハムとなんとかチーズのフォカッチャ。
トマトと胡瓜のサラダ。

エムプラスでは春キャベツいっぱいのメンチカツと素揚げごぼう。

成城石井で買ったリーズナブルな赤ワイン。
こんな時はスパークリングロゼとかにすれば良かったのかな?
それからここに乗らなかったけどヨハンのチーズケーキも!

春キャベツのメンチ、ホントにキャベツがいっぱいで美味しかったわー!


090408_03

この夜は暖かで風もなかったのですが、すでに川は花びらで覆われていました。
お花見には最後の、一番いい夜だったかもしれません。

この特等席ではちょうどライトアップされた妖艶な夜桜を楽しみました。


090408_04

トーキョー夜桜。

お腹も満たし、残りのワインを抱えてオットおすすめの次のポイントへ向かいます。
なんやかんや言っていてもおすすめポイントとかあったりするわけで、、、。

桜の下を散歩しながら向かいます。


090408_05

この夜はお花見の人がいっぱいでした。

ここを通りぬけた先がおすすめとか。



090408_06

うんうん、桜を上から見る事ってあまりないので新鮮。

これは桜のレース編みみたい。


090408_08

こっちは桜の迷宮。


090408_07

桜の海に飲み込まれたトーキョーメグロ 。



090408_09

ワイン、飲み干しちゃおー。

リーズナブルなワインだったけど以外と美味しく飲んじゃったのは桜気分のせい?


090408_10

トーキョー夜桜 気持ちのいい夜だったー。


 

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

ホタルイカと菜花のパスタに目黒の桜その1 

090406_image

<4月6日(月)の献立>
独活(うど)とキウイフルーツのマリネ
ソーセージのトマト煮込み
ホタルイカと菜花のパスタ
アップルパイ

ちゃんと和食を食べたいと思っていたのに気合いが入らずデリで煮込みを調達。
出先で買ったアップルパイもあったし、駅ビルにできた新しいデリの煮込みも食べてみたかったと言い訳させてー。

そして駅の生鮮市場で富山産のたっぷり入ったホタルイカも買ってパスタにしました。


EXVオリーブオイルと芯をとったニンニクを弱火にかけて香りをうつし、アンチョビフィレ1枚刻んだものと赤唐辛子を加えました。

具はアンチョビ、長葱の斜め細切り、さっと茹でてしぼっておいた菜の花を。
白ワイン少々振り入れ、パスタの茹で汁を加えてからパスタを入れ、仕上げに黒胡椒。

ホタルイカうまーーー!!!



******

今日はすごく暖かというか、暑いくらい。
紫外線強いなーって感じます。

先週末から目黒の桜も満開で、毎日たくさんの人が見物に訪れています。
私も持っていたコンデジで撮らずにはいられませんでした。

今年の目黒の桜その1

09040207sakura_1

4月2日、まだ5分咲きだったころかな。
いいお天気のおかげで青色に桜の花が映えて、忙しかった合間にも「わぁ〜!」と心まで晴れ晴れ。

09040207sakura_2

こっちは4月7日、満開というより少し散り始めて花が落ちています。
ガラス張りのビルに移った青空をバックにコンデジで一生懸命撮ってみる(笑)。


09040207sakura_3

川を見下ろしたら、桜の花びらでこんなに白くなっていました。

風が吹く度に舞う花びら、おもわず手をのばしてしまいます。


09040207sakura_4_2

ピンク色ってあまり惹かれないのですが、桜色って別ですね。
しかも夕方の桜色は色っぽーい。

先日大人な方とお仕事ご一緒し、年齢を言ったらば「女盛りだねー」と言われました。
around 40 、、、こんな感じでありたいかと(笑)


桜その2に続く。



 


NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

チリビーンズと春キャベツのオムレツ

090314_image

<3月14日(土)の献立>

春キャベツとしめじのスパニッシュオムレツ
野菜サラダ 新玉葱のドレッシング
チリ・コン・カルネ(チリビーンズ)
パン2種

終わったー。
いろいろ不安もあったけど、現場は楽しかったしいいモノができてよかった。
温泉入って、フェイスマッサージにも行って、美味しいスィーツも食べた!

でも写真がないので引き続き古いご飯ネタ、いっちゃいます。


私、黒豆をコトコトする以外は、自分で豆を煮る事なんてなかったのですが、マイキーちゃんのこの記事に触発されて、忙しくなる前に豆料理つくることに。

豆料理といえば、私にとってはチリ・ビーンズ!
美味しいパンとスパニッシュ風オムレツがあればもっと幸せでしょってことで、まずはオムレツから。


090314_1

スパニッシュ風と言ってもジャガイモじゃなくて春キャベツとしめじ入り。
ガーリックの香りをつけたEXVオリーブオイルに少しのスープ、塩胡椒で蒸し煮にし、ピザ用モッツァレラチーズと剃ったパルミジャーノを加えてます。
生クリームと塩胡椒した溶き卵で直径16cm程の丸いオムレツにしました。仕上げにはパセリ。

断面からしめじが見えずにちょっと残念。
野菜いっぱいでもそれに負けないコクのある卵味、この『くりこま高原の滋養卵』(赤玉)も好き。
生クリーム入りのふんわりさとチーズの風味、見た目は別にしても美味しかったよん♩


090314_2

季節感のない画像ですみません。
レッドキドニーを買って、朝から水に浸した豆を小さな圧力鍋で5分ほど炊いて自然に圧力が抜けるまで冷ましました。
水をきって大きな鍋で煮込み、豆が崩れないぐらいに仕上げました。

カレー粉やウスターソースを入れると美味しいと聞いたことがあったので、今回入れてみたのだけど美味しかったー。
レシピ用のメモを捨てちゃったみたいだけど、出てきたら追記しとこう(笑)

***

チリビーンズといえば、映画『ベティ・ブルー 愛と激情の日々(原題:37.2℃ LE MATIN)』を思い出します。
初めて観た時は80年代、ちょうど主人公のベティと同じ歳でした。
優しいゾーグに守られながらも、自由奔放で、狂気するほど激情的にゾーグを愛したベティにどこか憧れたのかもしれません。

以来狭いアパートで、ベティと同じようにホーローの鍋からチリビーンズをすくってよく食べました。(裸にエプロンドレスとか着ませんけど:笑)
私が当時よく作ったそれは水煮の豆とインスタントのミートソースなんかも使ったもので、その傍らには学校の課題が山のようになってましたけどね。

あの時のチリをまた食べたいと思わないけど、あの頃なりの私のチリ、そんなのがあったりするのもいいよね。


NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。



続きを読む "チリビーンズと春キャベツのオムレツ"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »