« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

バーニャカウダと牡蠣のリゾット

090218_1_2

お久しぶりです!

・・・ってほどでもないけど、昨日なんか雪まで降ったし、バタバタだったし、
随分長い事ココに向かってない気分です。

もう10日ほど前のご飯画像ですが、初めて『ちゃんとした』バーニャカウダーソースを作ってみたのでアップしときます。

アンチョビバターとか、なんちゃってバーニャカウダーは時々登場していたのですが、ニンニクを牛乳で煮て作る本格的なレシピで作ったのは実は初めて。

すごい量のニンニクが入ってもそんなにニンニク臭くないし、オイルはお気に入りのSALVAGYO(サルバーニョ)を使ったのでもうた〜っぷりかけてもウマウマなソースができました。
温めながらいただく道具がなくても充分おいしくいただけます。

<バーニャカウダーソース 材料メモ>

ニンニク50g、牛乳100cc、EXVオリーブオイル75cc、アンチョビフィレ45g、バター15g、生クリーム10cc.

 *芯をのぞいたニンニクとアンチョビフィレは同量に。
 *水を少し加えた牛乳でニンニクを2回茹でこぼし、材料は全てミキサーで混ぜる。

というわけでこの日ありったけの野菜を集めた前菜、野菜は9種。
ブロッコリー、カリフラワー、スナップエンドウ、人参、里芋、ジャガイモ、芽キャベツ、しめじ。
蕪を入れて10種にしたかったー!



090218_2b

こちらはメイン。

リンゴ酢少々揉み込んで塩胡椒したチキンを皮目からしっかり焼いて白ワイン。
チェリートマトとバルサミコ酢に蜂蜜を加えて煮詰め、粒マスタードと塩胡椒で整えました。
最後にさっと茹でた菜の花を、、、。混ぜない方が色がきれいだったわね。(汗)

ワインと一緒にとりあえずの空腹をみたし、シメには下準備しておいた牡蛎で、これまたいつもと違うちょっと本格的?な牡蠣のリゾットも作りました。


090218_3

今年の牡蠣のしめくくりはリゾットにしようと心に決めておりました。
(追記:以前こちらの記事を見て決めていたのに、思いつきで作ったら全然違うものにー!:笑)

それは牡蠣のすり流しというか、牡蛎のポタージュを使ったリゾットです。

次回の為にメモです。

  1. 牡蠣13個程をたっぷりの塩と振り洗いで下処理した後、湯1/2cup程度でさっと茹でて湯きりし、そのうち7個は黒いピラピラの部分を切って茹で汁50cc加えてミキサーにかける。
  2. ガーリックの香りをしっかり移したEXVオリーブオイルで、生米(この日はイタリアのリゾット米を使用)3/4カップ炒め、玉葱のみじん切り1/4個分とニンニクのみじん切り少々も加えてさらに炒める。
  3. 野菜のブイヨン400〜450ccを3回に分けてローリエ1枚も加えて炒め、最後に加える際にミキサーにかけた牡蛎と黒いピラピラ部分、生クリーム60cc位好みで加え、炒めてから18分ぐらいで塩胡椒で味を決めてトッピング用の牡蛎も温め仕上げる。
  4. バターを入れなかったので仕上げにパルミージャーノを大3程たっぷりめに。

もう少し生クリーム入れても良かったのかな? ちょっと遠慮がちなレシピです。
(追記:生クリームと牛乳もたっぷり入っていそうねー)

お店ではバターも入ってると思われますが、かわりにチーズをたっぷりにしました。

牡蠣の旨味がいっぱいのリゾットでのしめくくり!、今年の牡蛎満足度はかなり高かったです。

***

そういえば、この牡蛎のリゾットを食べている時に、

「今日はちょっと豪華だねー」と言われましたので、急遽オットの誕生日祝いということにさせていただきました。特別なものもないけど野菜マジックだわね。いい思いつき? 

そんなつもりはなかったのですが、作ったり作らなかったりで、献立に計画性がないのです。

とりあえず家の掃除と猫洗いが済んでから、お祝い本番のご飯でも食べに行こうねー。

 

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。


 



| | コメント (14) | トラックバック (1)

2009年2月24日 (火)

蕪の白味噌煮と簡単ご飯と事故?

090216_1

『あやめ雪』という、少し紫がかった美しい色の蕪です。

色を生かしたくて普段煮たことはなかったのですが、海老詰めにして炊いてみました。
しかも珍しく白味噌仕立て。

蕪と白味噌もいいもんですねー。

この日はとても遅かったので、作ったのはこれだけ。
あとは冷凍してあったつくねを解凍して焼いたり、前の夜中に作っておいた卯の花煮なんかですませた簡単ごはんでしたー。


090216_image

<2月16日(月)の献立>

山椒風味のナンコツ入りつくね ほうれん草のお浸し添え
あやめ雪と海老の白味噌仕立て
卯の花煮
白菜の浅漬け
八穀米入ご飯
りんご

弁当にでも入れてやろうと思っていた小さめのつくねだったのでオットは倍量です。
それでも食後に顔を見合わせて、なんだか足らないわねーとリンゴを食べてみたものの、結局チーズとワインに手をだしてしまった夜でした。

それにしても、つくねやハンバーグも作り置きがあると便利です。
このところの忙しさに備えて、少し前にハンバーグも作っておきました。


***


そして先日、
そのハンバーグを解凍してオットの遅い帰宅時間に合わせて焼きました。

仕上げにワインをかけて、安物のフライパン蓋をして蒸していると何か異変。
シューシューッ、キュ〜〜〜ッと音がしたかと思ったら蓋が開かないじゃありませんか!

いや、もう一人で格闘したんですが、無理!!
帰ってきたオットがその様子を見て「おもしろい人だなー」と最初の一言。

そんな事言ってないで、フライパンを傷つけないよう開けてーと頼んだのですが悪戦苦闘。

090216_2そのうちお腹が減りすぎて、それでも開かないもんですから、結局蓋をボコボコに(笑)
猫のziziには遠目に呆れられ、近所迷惑だったかもしれませんが、なんだかお笑いみたいな私達。おかしくて思わずコンデジ取りに走りました。

そのハンバーグはとってもビッグサイズだったのに、中ですっかり縮んでいましたが、それでも「たまにはハンバーグもいいねー」と深夜に空腹を満たしたのでした。

ある意味、おつかれさまーと清々しい深夜。


実はこの他にも失敗はいろいろあるのですが、イメージが崩れるので(笑)小出しにしますわ。
少なくともこれは失敗じゃなくて事故と思いたい。

とりあえずもう数日頑張ります。
軟禁状態から戻ったら、皆様のところにもゆっくり遊びに行かせてくださいね。

そしてもうちょっとマシなフライパンの蓋も買おうと思う。。。



NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (22) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

豚と野菜のセイロ蒸しと献立

090215_image

<2月15日(日)の献立>

豚バラと野菜のセイロ蒸し マスタードポン酢
スナップエンドウのチリマヨがけ
アサリと豆腐と生わかめのさっと煮
ほうれん草と人参の胡麻和え
八穀米入りご飯

久しぶりに蒸篭登場。そして、久しぶりに豚バラ!
体脂肪ちょっぴり2%落ちを祝して解禁、、、ってなところ。

去年も今年もあちこちでお見かけした蒸篭蒸しですが、うちの蒸篭は小さいので、大好きな豚バラは鍋でたっぷりの野菜と蒸していましたが、ちょっと無理矢理詰め込んじゃったー。

090215_3


モヤシのひげ根をとり、さっと酢と胡麻油を加えた熱湯に通し塩胡椒して湯きりしたものを敷き詰めました。生で入れるよりたっぷり蒸篭に入って食べれるから。

上に酒とすりおろし生姜少々で軽く揉み、塩胡椒した豚バラ、ブロッコリーとしめじをのせて蒸しただけ。

たれはポン酢+和ガラシ風。
手しぼり柚子ポン酢に、先日のヒルファームマスタード(パブ)を溶いたものです。

どちらも軽い酸味で風味たっぷり、ポン酢と合わせればちょっと粋な和食店で出てきそうなタレに変身します。 美味しー!


090215_1

食べたくてウズウズしていたスナップエンドウもそろそろ食卓に並ぶようになりました。
シャキシャキの食感がなんとも言えず美味しいですよね。

この日は豆板醤と胡椒、スープ少々で伸ばした加えたマヨネーズを。



090215_2

砂抜きした大きなアサリ1pkは出汁だけだけじゃなく身を味わえるように酒蒸しにしていったん取り出し、残った煮汁に鶏ガラスープを加えアクをとります。
水切りした絹ごし豆腐一丁温めたところへアサリを戻し入れ、薄口醤油と塩胡椒少々で調味し、新物わかめや葱も加えました。

たっぷり汁ごと食べるとあっさり系献立でも満足感があってホッとしますー。


*******


モヤシの根をとるのは日曜の仕事のようになっていますが、とった根とモヤシ本体を分けているうち、必ず逆にザルの中に根を入れてしまいます。

ざるの位置関係が悪いのかと逆にしても同じなの。気がつくと根がいっぱい入ってる(笑)

これもお年頃現象なのでしょうか?
最近の集中力が保たないのも関係あるのかなー?

昨日はそれでも一日集中して作業したと思うのですが、本日肩がコリッコリ。
雨のせいのムチウチの後遺症か、首もまわりませーん。

今夜からまた少しこもります。
これが終わったご褒美の、温泉治療と旨いものを夢みつつ。。。


NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。




| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

芽キャベツとベーコンのオーブン焼き

090205_1

ブログへの登場回数は少なかったのですが今年はよく芽キャベツも食べました。
シチューはもちろん、朝食にもベーコンやチーズとソテーしたり、目玉焼きのお供に登場させました。

和朝食にも芽キャベツのおかか和えやからし(マスタード)和えにしたり、切ったものをさっと蒸し煮にして、ほんのりほろ苦さを味わうのが大好きです。

栄養があると聞いていたのですが、キャベツの3倍、レモンの1.5倍のビタミンCですって。
お年頃の女性(?)には嬉しい野菜ですよね。


トップの写真は『芽キャベツとベーコンのオーブン焼き』。

ガーリックの香りを移したEXバージンオリーブオイルでベーコンと芽キャベツ(1/4にカット済み)をソテーして塩胡椒。
バターをぬった耐熱皿に入れてチーズ(溶けるものとパルメザンチーズ)、パン粉、パセリ、パプリカ粉末をかけてグラタン風に焼きました。

グリルやソテーして食べるのが一番苦くて美味しいかもー。


090205_image

<2月5日(木)の献立>
自家製スモークサーモンと新玉葱のマリネ
芽キャベツとベーコンのオーブン焼き
トマトソースのパスタ

今年のお正月、オット実家での新年会にサーモンマリネを作って届けたのですが、
その時もすでに新玉葱が店頭に並んでいたの。本当に早いですよねー。

小4の姪っ子もケーパーをペッペと出しながら沢山食べてくれました。

おばちゃんは嬉しかったよー。



 


NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。


 



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

鰤テリ他と蓮根のカラシ煮浸し

090206_image

<2月6日の献立>
鰤の照り焼き 自家製甘酢生姜
ブロッコリーとプチトマトの白和え ★
蓮根と菜の花のからし煮浸し
柚子大根
花麩とわかめと葱のお吸い物
白米ご飯

この数日前に、鰤アラでブリ大根を作ったばかりだったのに、どうも『天然物』表示に弱いらしい。

鰻(ウナギ)と鮎(アユ)に続き、鰤(ブリ)だって養殖技術が進んでおいしいものがいただけるけど、特に私の好きなブリカマもやっぱり天然ものに出会えるのを待ってしまう。

もう春が来てるというのにね、早く出会いたいわー。

大きな脂ののった鰤は、ガーリックやオイスターソースのステーキ風にしたくなるのですが、今年は普通の照り焼きにしていなかったので定番の照り焼きにしました。

と言ってもフライパンですけどね、鰤は美味しいな♪


ちなみにそのブリステーキいろいろはコチラ↓。
しっかり塩をした後、小麦粉をつけないでソテーするのがポイントでステーキと呼んでます。

2008.1.14 鰤のバルサミコステーキと蕪のサラダ

2007.3.29 鰤と菜花の柚子胡椒バターステーキ

2006.3.28 鰤の香味ステーキ

そして照り焼きも、、、

2007.3.6 鰤の山椒照り焼きと卵巻き寿司


(昔の文章とか記事って、なんだか恥ずかしぃね〜〜〜(笑))


そして副菜の蓮根。またもカラシネタか。

先々週、テレビで蓮根のからし煮なる物を見たのでそれを作りたかったのですが、小振りな蓮根がなかったのとお急ぎモードだったこともあり、さっと煮浸しというかお浸し風です。

090206_1

鰹と昆布のだし汁で作った煮汁に少々と食べる前、和ガラシを2度に分けて加えてみました。
テレビで見た京料理のソレとは違うけど、お出汁とっただけでもヨシとして、家で食べるにはこれでいいでしょうー。


******


先週のことですが、年に2度は行っている、千葉の印西市にあるASIAN SPA 『ヒーリングヴィラ 印西』で一日岩盤浴と昼寝を楽しんで参りました。

お昼はアジアンキッチン(自然食ビュッフェレストラン)で1500円のビュッフェランチです。

普段家で食べるようなものも並んでいますが、できるだけ食べていないものをと思ってとると、オットとビュッフェの皿の中身が同じでした。

さすが夫婦!と納得。

お風呂も体力を使うのでいつもより妙に食べてしまい、一緒に行った友人が私の食べっぷりに笑っておりましたが、身体はとってもスッキリしたカンジ。

肩こりどうかな? また行きたいねー。

 

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。

 

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

バレンタイン前夜祭

とあるアイデアが浮かび、初めて手作りチョコレートを作ろうと思って話題にすると、

「ブツブツができるからチョコはいらねーよ」と言われた。

クーーーーー!

090213_1

材料は買ってたの。
どうせいつだってアタシが食べるんだから、ブログネタだわよ! と勇んだ夕べ、、、

ここに書くのも悔しいドジを踏んだ。思いっきり。


なんだかトホホで悲しーい気持ちになってひとっ走り酒を買いに走ってしまった。

そこで見つけたトップ画像のチョコレート、以前もぐぱくさんからいただいたのと同じだ♪

090213_3_2

これはオットも喜んで食べたのよね〜と買って帰り、一足早いバレンタイン。

というか、気がつくと全てを払拭したい一人バレンタイン前夜祭。


090213_2

もちろん、晩ご飯の後ですとも!
映画見ながらのコレって、危険な夜のパターン(笑)

ここ数年、シングルモルトがまた流行のようですね。

食事の時はワインを飲んでも、20年前から寝酒はウイスキー(もしくはバーボン)です。
オットは炭酸割り、いわゆるハイボールが好きで、私はロックが定番。

それなのに種類やモルトの難しい事は勉強不足でよくわかりません。
ただ昔から、普段は手頃なもので、香りや甘み、氷がグラスの中で溶ける様子を楽しむのが好きです。

そろそろシングルモルトを楽しむ大人になってもいいのかもしれませんが、年齢ばかりが先行しており、ついていかないものがいろいろ(笑)


090214zizi_2_2

今日、バレンタインデーはとても暖かな一日でした。

うちのziっ様は、すでに陽のあたる場所が耐えられない様子。
冷え冷えマットにはまだ早いと思うよー。

彼にはこれから鮪を煮てあげます♪(親バカ)


NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。




| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

塩豚と葱の蒸し煮マスタードソース

090204_image

<2月4日の献立>
塩豚と葱の蒸し煮 マスタードソース
牡蛎の燻製オイル漬けと春菊のソテー
さつまいもとインゲンのサラダ
バゲット

久しぶりの塩豚は、紐でしばってある肩ロースで作りました。

いつも4%の塩で寝かせていたのですが、今回は3%弱で2日間、ペーパーを巻く所、業無用で使うドリップなどを吸い取るセラミックファイバーを巻いて寝かせてます。

食べる前に塩分を流し、30分水に入れて塩抜きも。


090204_1

この日は切ってからしゃぶしゃぶ風に蒸し煮にしたかったので、まわりだけ焼き付けてから肩ロース400g切りました。

薄めのブイヨンに白ワインを少し多めに香るくらい加えます。
葱2本分斜め切りしたものを入れてクタっと煮えたら切った塩豚を入れ、沸騰させずに火を通しアクをとりながら蒸し煮にします。

葱のしっとり効果もあるので、食べる直前に汁気からあげます。
このままでも塩気があるので美味しいですが、お好みのソースをつけても。
私は市販のマスタードを豚を煮たスープでのばしたマスタードソースにしました。

このマスタードがスッゴクお気に入り♪


090204_2

それがこの『ヒルファームマスタード(パブ)』
この粒マスタードも大お気に入りなのだけど、今回はパブの方。

マスタードというより、プロが作ったマスタードソースといった感じ。
ツンとした辛さはなく、柔らかい酸味と甘み、極上のマスタードの風味がたまらん!

今回のようにちょっとスープやオイルで伸ばしたり、お醤油を数滴垂らすと白身魚のカルパッチョだけでなく、和食の刺身やお鮨にさえ合ってしまう優れもの。
私の好きな和芥子の風味といった感じ。
マスタードのないサンドイッチなんて私とってはありえないけど、もちろんサンドイッチやチキン、いや、焼き鳥にさえにもそのままたっぷり使いたいぐらいの美味しいペースト。

この手の輸入食材は、リンク先の恵比寿三越地下のワインショップ『PARTY』で購入することが多いのだけど、このマスタードの美味しさで、お店のワインアドバイザーの方と盛り上がってしまった!

ああー、誰か、この美味しさを分かち合いたい〜(笑)

どうやらオーストラリアのタスマニア島のマスタードの種やペッパーコーンを乾燥させてからすりつぶし、ホースラディッシュと合わせたものらしい。
最初は酢の成分と分離して2層になっているけど、これを混ぜて使うの。

粒マスタードも無添加のものもいろいろ食べていますが、やっぱり他にない味わい。
ちょっと高いけど、カラシマニアだけじゃなくてきっと気に入るはず!



NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (16) | トラックバック (1)

2009年2月10日 (火)

花巻牡蛎そば

090201_image

<2月1日の献立>
セロリのお浸し 酢みそがけ
カマンベールとベーコンのっけの長芋のソテー 
花巻牡蠣そば

なんと呼べばいいかわからないけど、とりあえず花巻牡蠣そば。
今年はまだ食べてなかった牡蠣そばに、ふんわり海苔の風味をプラスしました。

プリプリっとした大きな牡蠣と優しい海苔の香りが旨かったー!


先月小太郎さんから地元愛媛の美味しいものをいろいろいただいた中に黒ばら海苔があり、その頃から食べたかった牡蠣そばとのコラボをイメージしておりました。

普段花巻そば(もみのりのお蕎麦)を食べる事も少ないですが、愛媛県の限られた場所で採れる瀬戸内黒ばら海苔は風味よく、余分な味付けもないのでお蕎麦にも美味しいかもー!とわくわくしてたの。


牡蛎は塩と片栗粉で洗ってから、汁に風味が強く出過ぎないようにさっと熱湯に通して下処理したものです。
飲みほせるよう薄めにつくった甘汁に牡蠣を入れ軽く煮て火を通し、蕎麦に汁をかけてから黒ばら海苔、そして最後に牡蛎をのせました。

蕎麦は二八の乾麺でしたが、海苔も主張しすぎず、牡蛎と海苔と風味が蕎麦にピッタリちょうど上手く合ってくれ、予想以上に旨くできて満足ー。
小太郎さん、ありがとうございました。

オットも喜んでおかわりと言ってましたが、時すでに23時すぎ。
もういいよ、寝ろよ(笑)

夜中に一人、カマンベールの残りとパンをつまみにしたのは内緒だけどね。。。


NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

百合根と海老の卵とじ

090126_image

<1月26日の献立>
鯵の姿焼き 自家製谷中生姜の甘酢漬け
海老と百合根の卵とじ
ほうれん草と白葱のマスタード風味荏胡麻和え
白菜の浅漬け
豆腐とえのき茸のすまし汁
白米ご飯(オット用)

あ、また鯵の日に写真撮っちゃったよー(笑)
だいぶ前の、引き続き手抜き風な焼き魚の献立です。

でもね、グリルで焼くのがやっとな大きめの鯵だったし、網と併用して焼いたり苦労してるのよ。
美味しかったわー。

まともなオーブンがないのですが、今の電気オーブンでもお魚って上手く焼けるんでしょうか?
でも本当はガスコンロも変えたいんだよね。
遠赤両面焼き無水グリルなんてのが欲しいんだけど、オーブンで上手く焼けるならまともなオーブンも欲しいような、、、。

私にはもったいないかな?


さて、この日のお題は鯵ではなくて百合根。


090126_1

実は正月あけに2度買っていて、今年こそお店で食べた百合根饅頭を再現しようと思っていたのですが忙しくなり、去年同様一度目は茶碗蒸し、そしてこの日卵とじと化してしまいました。

・・・腰が重すぎる。

でも食材事典によると、収穫してから2〜3ヶ月してからの方が澱粉が糖度に変わって甘みが増すらしいので、正月すぎて買ったのも良かったのかな。

下処理した海老や百合根をしっかりお出汁をきかせた煮汁でさっと炊き、トロトロっと卵を流し入れてふんわ〜り絡ませます。
プリプリ海老とホックリ百合根、ふんわり卵の食感に三つ葉の香りの出会い。

定番料理だけどすごく好き。

2月ぐらいまで楽しめる素材のようですから、次はこの出会いの場所を油の中に移して掻き揚げにする予定。


090126_2

こちらはお正月に実家から貰ってきた荏胡麻を使った一品。

から煎りして半ずりにした荏胡麻(エゴマ)を、甘さ控えめな胡麻和えに調味。
粒マスタードと冷水にさらした白髪葱も加えると、お酒に合う大人な胡麻和え風なのです。


 

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。




| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

だまこさーん!のだまこ鍋

090130_1

ハーイ!

プププ…作ってみました、だまこさん。

国産八穀米を少し加えたご飯で丸めて焼いた秋田美人ってことで。
(怪しい目はその中の黒米)
きりたんぽと違って半殺しにしてまるめるんですって。楽チンじゃん!

でも実はオットに頼んだの。
「もっとかわいくまるめんかい!」なんて低音で言ってそうで、、、言ってたらしい(笑)


090130_image


<1月30日の献立>

だまこ鍋 
蕪の明太和え
カリフラワーの胡麻マヨネーズ和え

秋田の郷土料理という『だまこ鍋』、つむぎさんのところでお見かけし、その美味しさ伝わってまいりました!
(うっかり薄口醤油使用しましたが、作り方はつむぎさんの過去記事で。)

ゴボウに芹に舞茸の野菜だしと鶏ガラスープってそりゃ旨いでしょう〜。

芹も2束用意しましたが、舞茸を1パックしか買わなかったのでもれなくえのき茸をプラス。
美味しい生蒟蒻のしらたき300gはから煎りして、上州葱、でっかいゴボウも全部入れたよ!

比内地鶏はもちろん無理ですが、まあまあの鶏さん(笑)たっぷり。
そしてだまこシスターズも勢揃いー。


090130_2

「だこさん、(召し上がれーの秋田弁)
秋田の友人宅で鍋を囲んだ時は、言葉がわからず異国だと思ったもんです。

だまこ鍋、私が作っても、懐かしの秋田っぽい味がするよー。 旨過ぎ!


 

 

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。


 



| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

干し柿の天ぷら

090131_image

<1月31日の献立>
天ぷらいろいろ盛り合わせ
(ささみの梅天・干し柿の天ぷら・えのき茸の海苔巻き・薩摩芋天・南瓜天)
独活とわかめの酢の物 からし酢みそがけ
菜の花お浸しエゴマ和え
白菜の浅漬け
湯豆腐(男前湯豆腐)
明太子と八穀米入ご飯(オットだけ)

すみません、節分を過ぎたというのにまだ1月のごはんです。
(ちなみに節分は恵方巻きじゃなくてロールケーキのおやつと鯖味噌煮定食で節分らしさゼロ)

この日、1月も終わるので、今年こそコレをご紹介しようと無理矢理天ぷらな献立となりました。

コレっていうのが、『干し柿の天ぷら』。
食べた事ありますか?

090131_1

日本には1000種もの柿の種類があるそうですが、さらに干し柿にも作り方がいろいろあり(あんぽ柿やころ柿など)、群馬以北のブランド干し柿が有名でしょうか。
私の田舎でも軒先に大根や干し柿(つるし柿)を下げている光景が一般的でした。

祖母が一つ一つ丁寧にモミモミしていた光景もぼんやり思い出せます。
それは少々固めで色もやや黒く白い粉がびっしりついたものでしたが、今では『市田柿』を時々買っています。

その『市田柿』は信州南部の特産品、水分25%程度の私好みのドライっぽさと上品な甘さの干し柿で、一番好きな干し柿です。
ちょっと高価なのですが、母もこれだけは(?)贅沢に正月前から買い物しており、干し柿のバターサンドや柚子サンド、酢の物や天ぷらもいいねーと話していたのに、すっかり作り忘れてしまったのでした。


090131_2

天ぷらは母方の祖母が良く作ってくれたものですが、半分に切って天ぷらに揚げたもの。
これに塩か抹茶塩をちょっとだけつけていただきます。美味しいのよー。
(ころ柿系やつるし系の固い目が私好み)

私は作れませんが、お菓子が作れたら生柿よりパウンドケーキなどへのアレンジが簡単にできそうですよね。


090131_081213_1

こっちは12月に作った生の柿の天ぷら。

愛宕柿(釣り鐘型の大きな渋柿を焼酎とドライアイスで渋抜きした生柿)を使ってみました。
さっと揚げたものですが、それでも生柿は熱で柔らかな食感になりがちなので、好みの分かれるところでしょうね〜。しかもさらに甘くなる感じです。

自分で作っておいてなんですけど、干し柿天の方が数倍好きかな(笑)
オットはデザートがわりにちょっとあってもいいよと言ってくれましたけど。


食べ忘れていた干し柿があったら、天ぷらもお試しくださいませ。

(→All About 縁起物干し柿でトラブル解消」干し柿特集はこちら


独活も菜の花も食卓には登場し始めました。
次の天ぷらは春の天ぷら祭りかな。


NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。




| | コメント (24) | トラックバック (1)

2009年2月 2日 (月)

鶏とたっぷり野菜の和風シチュー

090127_image

 

<1月27日の献立>
たっぷり和風シチュー
バゲット
アイスクリーム(H.D.カフェモカ)

疲れて帰ってきた日の遅ーい時間の夕食。
仕事帰りに美味しいパンを買ったので(写真なし:汗)夜食がわりに簡単にすませました。

鶏肉に焼き色をつけてソテーし、冷蔵庫の中の野菜、入れられるものはかたっぱしから入れた感じの和風シチュー。

ポトフ風にたっぷりの野菜が入っております。

大きめに切った玉葱、セロリ、人参、じゃがいも(←書き忘れ追記)、軽く下茹でしたカリフラワーとブロッコリーに蕪、最後に石突きをとったしめじ。
鶏もも肉から出た旨味も入った昆布だし1.2L、薄口醤油大2と酒大4、あとは塩胡椒で整えました。

いただきものの22cmルクに溢れそうな感じでたっぷり作ったけど、他に何もなかったので全部食べてしまいそうでした。

でも翌朝の分1杯づつは残しておきたい。楽チンだから(笑)


ああ、夜中のカフェモカもオイシーわー。

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。


 



| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »