« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月29日 (水)

オータムポエムとマコモダケその後

081022_1

季節外れの菜の花の小鉢・・・じゃなくて、先日小布施で買った『オータムポエム』。
なんともロマンチックな名前ですねー。

見た目は菜の花にすごく似ていて同じアブラナ科ですが、紅菜苔(コウサイタイ)と菜心(サイシン)から育成されているそうで、菜の花よりやや苦みの少ない野菜です。
茎も花もみんな食べれるそう。

こちらのお話によると、もともとは雪の多い地方特産の冬野菜として作られたのかな?
私が買ったものは、こちらと同じで夏に種を蒔き10月の末から収穫期を迎えたものでした。

大好きな菜の花風の味、久しぶり(正確には初めて)ですごく美味しかったー。


081022_2

先日に引き続き2袋も買ったマコモダケの残り、ひとつは豚肉巻き!

水で濡らしラップして500wのレンジで1分20秒チンしたマコモダケを冷まし、塩胡椒した豚ロースの薄切りで巻いて薄く小麦粉をまぶしたものを、ガーリックで香りをつけたEXVオリーブオイルでソテー。
仕上げに醤油少々香りづけにし、七味唐辛子をかけて食べました。

これもシンプルに味わえて美味しいー。




081022_image

<10月22日の献立>
マコモダケの豚肉巻き オリーブオイルと七味のソテー
秋刀魚と香味野菜のマリネ(パプリカ、セロリ)
オータムポエムのお浸し
蕪の浅漬け
わかめと葱と麩のお吸い物
白米ごはん




081024_1

最後は鶏肉、パプリカ、ピーマンと一緒に胡麻油で花椒炒めにしました。

<10月24日の献立>
鶏肉とマコモダケの花椒炒め
豆腐とわかめのせいろ蒸し(→献立までかぶってた!! ネタ少:笑) 
チンゲンサイ炒め
ごぼうの中華風ポタージュ
7種の雑穀入りごはん


NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 

| | コメント (20) | トラックバック (1)

2008年10月27日 (月)

引退記念の家族食事会『和食屋 膳』

081019_1

50年勤め上げ遅い引退を迎えたのは義父で、普段何もしない嫁もお疲れさまの食事会を企画。

気にかけてもらっていた実家の両親も招待し、長野の『膳』さんでゴチソウをいただくことに。
膳さんへは一昨年にも両親を連れて行ったので2度目です。

今回は食事の後、お決まりの善光寺参りと信州温泉旅行1泊をプレゼントすることにしたので、「年寄りにも好まれるあっさりめ、デザート混みで3500円のコース仕立て」と図々しいお願いをしたのでした。

081019_0

個室でないことや、テーブルが掘りコタツ式で靴を脱ぐことなど、私の父の身体のこともお店の方が気にしてくださいましたが、今年の父は車いすを使わずに店内へ入り、一人で腰をおろすまでにリハビリの成果が上がっていました。

それどころか、だいぶ言葉も出るようになり、頑張ったねと皆に褒められる父は少々誇らしげで、「これ以上の回復は見込めません」と言われたあの時からはまるで別人でした。

皆でキリン『一番絞り無濾過』をいただき、その後義父と私は山形の純米吟醸『住吉』と、長野の山田錦純米酒熊本酵母『佐久の花』をいただきました。 

どちらも日本酒度+10度以上の辛口でスルスルと(笑)。


今年は私のコンデジ撮影ですが、やっぱりおいしかったお料理たちです!

081019_2b

●箸染め 秋の実盛り(そば団子、銀杏、巨峰)

胡桃の実が入ったそば団子はもちろん、おだしの染み込んだきのこも美味。
一見白味噌風なソースは、味噌汁を漉したものと豆乳に葛をひいたソースで、それはそれは優しい味わいでした。


081019_3

●お椀 栗のすり流し ベーコン

んまーーー!!!
ライトのせいで少し赤く写っていますが、ほのかに優しい甘みのしっかり栗味。
ベーコンの塩気をちょっとプラスで味わうとまたたまらんことに!


081019_4

●造り (勘八 ドコバチメ、目仁鮪、甘エビ)

ブログでも見れる毎日入る新鮮魚たち、この日のお造りも質・量ともに満足の一品。


081019_5

●焼物 飯山産坂井芋 胡桃味噌焼き いくらおろし和え 青菜胡麻和え

信州の伝統野菜に認定されたのを実は知らなかったのだけど、粘りと甘みのある美味しい里芋でした。

それにかかっている胡桃味噌がまたとても美味しいの! 
味噌そのものも美味しいのだろうけど、丁寧に処理された胡桃の風味がとても良く、実は帰ってから速攻真似したけどたどりつけず。


081019_6


●中皿 メヒカリと万願寺唐辛子のフライ

鮮度が良いせいよね、メヒカリがふわっふわ!! 
こちらは醤油のタレでいだき、肉詰めされた万願寺唐辛子は和風のサルサでいただきました。

このサルサがまたドツボ。 和食に合うフレッシュサルサはじじばばたちにも大好評でした。

081019_7


●メイン アイナメ九条葱あん そばの実、牛蒡竜田、黒七味

大きなアイナメがふんわ〜り、たっぷりの九条葱あんでボリュームも感じます。
香ばしいそばの実と黒七味のアクセント。

081019_8


●食事 御飯 味噌汁
 

アイナメをおかずに御飯までしっかりいただきました。
年寄り向けと言ったけど、ゆっくり楽しく食事をいただき私のお腹も大満足。


081019_9


●デザート ほうじ茶プリン 玄米茶

前回も最後のデザートまでたまらなく美味しかったのですが、今回のほうじ茶プリンがまたオイシー!
とても控えめな優しい甘さにほうじ茶のいい香りと滋味な味がなんともいえません。

6個ぐらい買ってかえりたい気持ちを一生懸命抑制しました(注:売ってません)
普段あまり食べない義母もとても喜んでデザートまでいただき、皆大満足。

はー、美味しいものって、みんなを幸せにしてくれます。

それにしてもこのお料理たち、質から言ってもCP良すぎ。
あ、しかも税込み、、、凄すぎます〜!

本当にごちそうさまでした。


******


お店を出て義父と義母を連れ善光寺まで散歩しました。

081019_12

街路樹の姫リンゴは鈴なりに実をつけて、お店のウィンドウにはカボチャや秋の果実のジャムがたくさん並んでいました。

気持ちのよい秋の休日でした。


1707年に再建された善光寺本堂は去年300年を迎え、きれいに修復されていました。

『お戒壇めぐり』を4人でして、幼稚園の先生のように「極楽への錠前をさわってねー」と言っていたのですが、どうやら義母だけわからなかったらしく・・・(汗)。

けらけらと笑いとばしておりましたが、戻ってやるべきだったのか?

まあ普段の生活であれだけの暗闇を体験することってそうないと思うので、未体験の方は是非♪

その後二人を宿へ送りながら「夕飯も食べれないくらいまだお腹いっぱいよねー」と言っている私の右手にだけ、栗のソフトクリームがしっかり握られておりました。

胃袋までのびのびな嫁にも万歳?



NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

初マコモダケとおみやげ野菜

081023_1

先週末、それから急遽また昨日まで信州へ行ってきました。

美味しいごちそうもいただいてきたので、それは追ってご紹介するとして、、、
今回もたっぷりおみやげ野菜を買ってきました。


081021_3

欲しかった紫蘇の実やナツメ、青いミニトマトに、気になっていたマコモダケもたくさん!
しかも4本で100円だなんてありがたい。
他にもいろいろあるのですが写真に撮りきれず。


こちらでもお見かけし、腸にもいいと聞いて興味津々だったそのマコモダケ。

きのこではなく黒穂菌というものによって肥大化したイネ科の植物で、実のならないこの茎を食べるそうです。(詳細は→このサイトを参照

まずはシンプルに味わいたーい!ってことで、そのままグリルしてみました。

081021_2

今見ると、アルミホイルに巻いてオーブンやグリルで焼くと良いみたい(汗)。

そのままドン!とグリルに載せて焼いたこちらも、黒くなった皮の部分を剥いて食べるとほんの〜り甘くてうまいの!

他にパプリカと舞茸も焼いて、パプリカは黒く焼けた皮をむいて盛りました。

081021_1

筍みたいな、アスパラみたいな、、、私はすごく好きー。
これを胡麻油+岩塩で混ぜたものにつけながらいただきました。

うまーい!


******

留守中コメントありがとうございました。ただいまゆっくりお返事中です。

 

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。




| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

イクラの醤油漬けで鮭いくら丼

081017_1

晩ご飯が楽しみでしたー。

自家製イクラの醤油漬けで、『鮭いくら丼』を作りました。
今年はご飯に鮭と錦糸卵を入れたので去年のいくら丼より贅沢版(笑)

しかも今年はミニ丼じゃありません。

たっぷりいただきまーす!


081017_image

<10月17日の献立>

茄子と南瓜とピーマンの素揚げ おろしポン酢
春菊と人参の胡麻和え
豆腐としめじと葱のすまし汁
鮭いくら丼
リンゴ

ちなみに次の日は、切り胡麻を混ぜたご飯に、ほうれん草のお浸し、そしてとろろと残りのイクラをのせた『トロロイクラ丼』にしちゃいました。

しかも一人1合づつ食べたので満腹(!)


******

この21時過ぎの一人一合なんて超危険なので普段我慢しているのですが(汗)、その日新しい炊飯ジャーで炊いたご飯が旨すぎましたっ!

今までの炊飯ジャーには不満があり、内釜のヘタレもちょうど買い換え時期でした。

タイマーのない土鍋で炊いたご飯は毎回同じように美味しく炊けなくて、特に玄米は圧力鍋でないと美味しく炊く事はできませんでした。

圧力鍋は魅力的だけど、ガスコンロが一つふさがるのは嫌だし、出勤前の弁当とか、帰ってきて急速とか、やっぱり我が家には5.5合炊きの炊飯ジャーも必要で、一つ前の型落ちをポチっと・・・。

自分への誕生日プレゼントです!

081017_4_2

目からウロコってやつでした。炊飯ジャーでもこんなに違うかと。

「少しはキラキラとか買ったら?」と、まるで他人事風に今年もオットに言われましたが、私にはキラキラピカピカの旨いご飯の方が幸せなのでした。

 

 

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (32) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

おでん、はじめました。

081012_1

<10月12日(日)の献立>

おでんいろいろ
蓮根の梅肉おかか和え
春菊とえのき茸のポン酢浸し
ごま菜飯(オット用)

先週の日曜日の事ですが、今年の『初おでん』でした。

でかけていたので、土曜のうちから煮た1本分のトロトロ大根や味がしっかり染みた蒟蒻を夜に温めて食べました。

おだしもたっぷりとらないといけないし、下茹でもする事も考えると、毎年休日メニューです。
(画像もなんだか代わり映えしなくてすみません。)

今年の初おでんというのに、大根以外のネタは10種だか入った市販のセット品を使っちゃいましたけど、蒟蒻は別にもう一袋煮れば良かったなー。


081012_2

他にはやっぱり菜ものがほしいので、この日は春菊!
待ちこがれてたって感じ。普通に出回るようになって嬉しいよー。

この時は彩りに菊花も加え、だし割りポン酢仕立てです。
久しぶりだったので、朝晩たっぷり食べました。

もう一品は、胡麻油と薄口少々に砂糖と梅肉で和えた蓮根の梅肉和えにおかかをたっぷりまぶしたもの。鍋の時もよく登場の定番です。


081012_image

お酒を飲みながらだらだらと食べてしまいました。
あっさりおかずばかりでしたが、この日も満腹!

これから寒くなって大根がもっと甘くなったら、さらに美味しくできますねー。

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (20) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

ツボな『から揚げ』とその献立

081011_2

鶏は基本としても、ビールや焼酎のおつまみに欲しくなるツボな『から揚げ』ってありません?

先日ナンコツ入りのつくねを食べてどうもスイッチ入ってしまったらしく、頻繁にコリコリ系から揚げや竜田揚げを作ってしまいました。

写真は砂肝の竜田揚げ。

白い部分を除いて半分に切り、3本切り込みを入れてから醤油と酒と砂糖少し、すりおろしニンニクと生姜、胡椒で下味20〜30分漬け込んだものを片栗粉で揚げてます。

他に好きな竜田揚げは、、、鯖、豚ロース薄切り、鶏、あと鯨!
学校の給食で食べて旨かったっけねー。最近食べてないけどさ。

そしてこの日の献立。

081011_image

<10月11日(土)の献立>
茄子とホッケのさつま揚げの炒め煮
砂肝の竜田揚げ 生野菜とマヨ添え
もやしと人参とピーマンのナムル
市販のキムチ(写真なし)
ニラと卵のスープ
白米ご飯

番組のタイトルだけ見てそそられて作った炒め煮。
でも番組のそれとは全く違う味付けと見た目だったので名前も変えてみる(笑)

日経平均が9000円割れというニュースのせいか、献立のせいか、自然と手がのびてしまったもやし。

081011_3

根を切るのが面倒で、平日に買う事が少なかったけれど、久しぶりに食べたら美味しくてこのところまた頻繁に食べてみました。から揚げにも嬉しい副菜!


そしてこちらはオットが「毎日でもいい!」と愛してやまない、、、ナンコツのから揚げ。

081014_1_2

軟骨は膝軟骨(ゲンコツ)。正直鶏もものから揚げより好きです。

『から揚げ』は、醤油、酒、豆板醤、ニンニク、生姜、胡椒の下味に小麦粉と片栗粉のミックスで揚げてます。軟骨は揚げたてに岩塩少々。(鶏の『唐揚げ』と『から揚げ』については→コチラ

1パック全部揚げると、居酒屋で出される量を一人で抱えて食べるようになってしまうけど、私たち的には全然問題ない、というか、私は次の日気になっていた顔のシワが薄くなり、5歳は若返った気がしたのでした。
先日試した高い美容液より、200円で二人分美味しい想いをした方が効果があるなんて!


081014_image

<10月14日(火)の献立>

戻り鰹のお刺身
鶏軟骨(ゲンコツ)のから揚げ
セロリのごま塩ナムル
白菜と人参と切り昆布の浅漬け
豆腐のすまし汁(葱、三つ葉、しめじ)
オットだけ白米ごはん

他にツボなから揚げは、かすべ(エイヒレ)この夏もよく食べたイカゲソ、そして蛸。
コリコリ系がやっぱり旨いですね。

あー、思い出しただけで喉が黄金色のアレを呼んでます(笑)

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

秋刀魚の重ね焼きと蕪のポタージュ

081005_image

<10月5日(日)の献立>

蕪のポタージュ
胡麻のバゲット他
ピクルス数種(紫玉葱、カリフラワー 胡瓜、人参) 
リンゴと胡桃入りサラダ 
秋刀魚とズッキーニの重ね焼き
 

また秋刀魚の記事が続いてしまったらしい・・・。

この日は最後のズッキーニ特売と思われたので、パスタと迷って秋刀魚と合わせてみたのでした。

081005_1

迷っていたので秋刀魚は腹ひらきにしたのだけど、普通に3枚におろせば良かったかな。

塩胡椒し、薄切りのズッキーニとそれぞれガーリックの香りをつけたオイルでソテーしたものをチーズやケーパーと重ねてオーブン(トースタ−)で焼いただけ。

カロリーを気にしてチーズが少し控えめにしすぎたのがビジュアル的にイマイチで心残り。

トマトソースは玉葱とセロリ、ローリエが入っていたものを解凍し、ケーパーを少し刻んでオレガノの風味も加えて温め添えました。

 


081005_2

ホントに重ねただけだけど(笑)、簡単で美味しかったなー。


そういえば、この週はポタージュブームが続いていて、買って来た胡麻入のパンに合うよう小蕪であっさりめのポタージュも使ってみたのでした。

081005_3

ベースにはバターを使わず、さわやか系SALVAGYOのEXVオリーブオイルで玉葱1/4個みじん切りを炒めました。

蕪は5cm程の小蕪を4個スープ用に、1個トッピング用に煮て、野菜のコンソメと牛乳各1cup程で作ったポタージュです。

長葱とかセロリとか、優しい蕪の味に少しアクセントを加えるのもいいかもしれませんね。
次はそうしてみよう。


食事中、ご飯はないんだねーと物足りなさそうに言われたけど、聞こえないフリをしてみた。
翌朝納豆ご飯を山ほど食べれ!


NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。


| | コメント (25) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

十三夜に和栗のモンブラン

081000cakes_1

十五夜の月見から約一ヶ月後、今年は11日の土曜日が十三夜のお月見でした。

お月さんはまともに見てないのですが、「栗名月」だからとこの日もお月さんみたいな王道かつ定番モンブランを。

ラ・プレシューズの『和栗のモンブラン』です。
絞り立てでないとか言われてますが、アトレ恵比寿の方ね。でもすぐ行けるしー。
と言っても他にもいろいろ食べるのが忙しく、9月からまだ2回目のプレシューズ。


081000cakes_2_2

土台のメレンゲが薄くて生クリームLOVERのツボをおさえたシンプルさと甘さ。
これでもかって栗の風味いっぱ〜いのペーストがうんまい、うんまい♪

やっぱり渋皮煮がついてなくてもコレだわね〜(でも付いていたらもっと嬉しい)。


081000cakes_3_2

もう一つは大好きな梨! 梨と栗のなんとか(笑)。

梨のリキュールがすごく効いた梨のババロアにマロンクリーム、チョコレート風味の生地の三重奏。
栗と梨の大人なデザートも美味しかったけど、リキュールもう少しだけ控えめでもいいかも?



それに先週は大好きな葡萄がまたまた!!

081004_1


葡萄を作っている信州の親友が葡萄いろいろ味見セットにして送ってくれましたー。

手前から黄華、瀬戸ジャイアンツ、ピオーネ、多摩ゆたか、ロザリオ・ビアンコ。
ピオーネが美味しいのは言うまでもないのですが、黄華は大きい実なのにデラウェアの味に似てたし、瀬戸ジャイアンツはその食感がプリップリ! おしりの形もちょっと変わってるものねー。
オットにも大好評でした。

たんまり葡萄を食べた後の冷蔵庫には柿とリンゴ。秋って幸せー!

もしかしたら、月の満ちていく様子と私って同じかも?(笑)

 

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

秋刀魚のからし酢味噌焼き

081001_image

<10月1日(水)の献立>

秋刀魚のからし酢味噌焼き
豆腐と野菜の煮奴(茄子、しめじ、茗荷、人参)
里芋の南部煮
菊花の酢の物とろろがけ
キャベツと人参と刻み昆布の浅漬け

豆腐は絹なので、昆布のだし汁でさっと煮の野菜と一緒に『煮やっこ』にしました。
汁物兼用ですが、胡麻油をちょっとかけて秋茗荷の風味と一緒に。

この日は芋があるので米はなし。ええ、お酒の米はいただきます(笑)


081001_1


少し前にお刺身蒟蒻を食べた時に作った『からし酢みそ』が残っていたので、秋刀魚に塗って焼いてみることにしました。

この時適当にイメージして作った>『秋刀魚の山椒黄味噌焼き』が美味しかったし、>鯵なんかは酢みそ和えにするのでこれも美味しい確信はあったんですけどね、酢みその酸味と芥子の風味が秋刀魚にも美味しいです。

3枚におろした秋刀魚は軽く塩をふって10分ほど置き、出た水分をふいてからからし酢みそを薄めに塗って両端から巻き、金串を刺して下になる方からグリルで焼きます。

最後に上になる方を焼いて、からし酢みそを少しのせてからもう一度さっと焼いてみました。
さらにすだちを絞ってもよかったかもー。これも間違いなくお酒がすすみます。


081001_2

菊花はこの日紫色。とてもいい香りー。

酢を加えたお湯でさっと茹でて水にとり、水気を絞って三杯酢と合わせますが、色をいかしたいのと、他に具が少ないので薄口も極控えめにし、しっかりとっただし汁も加えます。

上からすりおろしたとろろをかけたのですが、酢の作用もあり、紫と白が美しく混ざるので、長芋の食感も楽しめるように袋に入れてたたいた長芋を軽く混ぜてもよかったかも。

これが11月も半ばの食卓ならば、菊花にかかった長芋が、庭に降りた初雪のように見えるかもしれないけれど。。。


******


今週はちょっとバテバテに加え芋栗系スイーツ食べ過ぎ。身体が思いったらないのです。

連休はゆっくり日帰り温泉や岩盤浴に汗し、その後で芋栗系スイーツも楽しむつもり(爆)


 

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。



| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

冬瓜の和風ポタージュ

080929_2

<9月30日(火)の献立>

冬瓜の和風ポタージュ
カリカリベーコンと7種の野菜サラダ
バゲット&チーズ(ブリー)
イカスミのパスタ

ちょっと夏っぽい献立ですが、引き続き冬瓜、でもこれが最後です。

ずっと鶏ガラスープか鰹だしなので、この日は昆布だしを使って和風のポタージュにしてみました。

下茹でして水気を切っておいた冬瓜5×15cm分と玉葱1/4個をオイルなしで昆布だし1cupで煮て、フープロにかけてから、牛乳(または豆乳)を3/4cup〜同量の1cupぐらい加えるのが冬瓜もしっかり味わえるような気がします。そして白味噌大1と塩胡椒で調整。

冬瓜はそれ自体淡白で、昆布だしとの組み合わせはあっさりなので、白味噌も加えて塩胡椒で調整してみたらやっぱり美味しいー。

冬瓜たっぷりなので濃度はありますが、あっさり和風なポタージュです。
来年は夏に作って冷やしていただいてみます。


080929_1

あとは珍しくイカスミのパスタと彩りサラダ。

塩辛づくりで残したエンペラとゲソが2ハイ分あったのと、イカスミペーストを使いたかったの。

イカスミ少ないかな? 
付属のレシピどおりトマトピューレも入れたしゲソも入れて、麺は我が家としてはかなり控えめにしたつもりなんだけどまだ多かったかしらん?


******


野球がすごく好きで応援していたわけではないけど、桑田真澄氏と王監督ってちょっと特別。

桑田に続き清原が引退し、そして王監督のラストゲームを夜のニュースで見ちゃったりすると、なんだかしみじみするわけです。

ホント、お疲れさまでしたー。



NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

ナンコツ入り鶏つくねのひとりメシ

080930_1

先週のごはん、久しぶりに鶏つくねをつくりました。

毎回決まったレシピはなく結構適当です。
でも今回もやっぱり挽肉は使わずに、もも肉と胸肉、それからコリコリ軟骨ミックスでフードプロセッサーを使ってたっぷり作りました。

オットの帰りが遅かったので、お弁当や遅い日に備えて焼いてから冷凍も作りました。
これって、ハンバーグみたいに焼かないで冷凍した方がいいのかな?
でも焼いてあると楽チンだよね?

●ナンコツ入り鶏つくね のメモ(けっこううる覚え編)

<材料> 鶏もも肉(皮なし)250g、胸肉150g、やげん(胸)軟骨100g、
     長葱みじん1/2本分、塩小1/2、醤油小2、生姜すりおろし(汁も)1片分、
     卵1個分、片栗粉大1、胡椒、胡麻油小1+まとめる時に適量

     たれ:醤油、みりん、はちみつ

 ・フープロで細かくした肉を塩でよく捏ねてから他の材料を混ぜる。
  (フープロではあまり細かくしすぎない方が好み)
 ・鶏肉は胸肉使わずもも肉だけに変えても。
 ・最後にタレで焼いたあと卵黄を絡めた。


残った卵白で炒め物を一品と、サラダのような浅漬けにビールで一人先にいただきまーす!

あ、そうそう、残った鶏皮+鶏ガラスープの旨だしに、生姜を効かせたアツアツ冬瓜も。

080930_2

汁物好きなので、兼用です。

一人だとこんな夜中めしに写真を撮るパワーが残っておりませんのでここまで。


******



先日私のところにも「ねんきん特別便」がやってきた!

オットの時は人ごとだったのだけど、やっぱり自分の払っていた7年もの間の年金が消えてると腹立たしいのだった。

カーッ!

既に移転している当時の勤め先とか、日付とか・・・、
オットの誕生日だって忘れるし、昨日食べたごはんだって思い出せなかったりするのにねー!

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 






| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

栗ごはんの献立

080928_image

<9月28日(日)の献立>
時鮭塩焼き 大根おろし添え
切り昆布とお揚げの炒め煮
蓮根と紫玉葱の甘酢
蕪葉と塩昆布の浅漬け
なめこと茗荷の赤出し
栗おこわ

9月の末のこと、栗ごはん・・・じゃなくて、栗おこわを作った。

というのも、この前日の土曜日、桜新町のココまでパンを買いに行く途中にある、『神田屋』という魚屋さんで一切れで普通の2枚分あるような甘塩の鮭を×4枚入り¥400で買ったの!

この魚屋さんは、毎月27日は特売日でなのでパンと合わせて行きたいところ。
ちなみにこの日は、でっかいいハモ一尾210円だった!骨切りできる人に限るとのことで残念無念。
それ以外はたいてい3枚とかにしてもらえます。

そして買ってきた厚い身が美味しそうな鮭!(ボケてますが、切り身が立ってしまう厚さ:笑)、シンプル塩焼きに即決定で、これに合わせたかったのが栗ごはん♪
鮭に甘い栗ごはん、私には理想的な献立だもん。


今までの栗ごはんの献立。

2006.9.28 鮭の味噌バター焼きと栗おこわ

2007.11.9 酢締め秋刀魚のゆかり焼きと遅い栗ごはん

私は栗ごはんより、栗おこわの方がどちらかというと好きで、今年は餅米のみで炊いた。

自分たちで米をつくってきた祖母たちからは絶対にこうしなさいと教わったけど、家庭や人によって好みがあるので自由に作ればいい。

ただ子供の頃から慣れ親しんでる味や食感はやっぱり安心するし、自然と好みになったりするよね。

あ、それよりも黒胡麻のせて写真とるの忘れたわー。


080928_1

さて、 栗おこわの献立に話を戻すと、今年はドーンと塩焼き鮭なので、副菜には複数の食材を使える炒め煮なんかが見た目にもいいかも。

できれば鶏肉か油揚げなんか使ったものが嬉しいかな。

ミネラルいっぱいの切り昆布と彩りに人参、お出汁も吸わせた。


080928_2

あとは酢の物と味噌汁なんかがあればいいだろーか。

だし汁1:米酢1:砂糖0.3程に塩を少し、赤唐辛子でどちらもさっと煮てそのまま冷ましたものを盛り合わせ。

今年もこんな滋味な副菜です。

鮭のボリュームはあったものの、あっさりした副菜だったので、この日1.5合の餅米と15個の栗はあっという間に食べて、それでもなんだか物足りなく梨を剥いてしまった。

胃袋だけはまだ若いよなー。



 


NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

焼き蕎麦味噌と蕎麦前いろいろ

080920_image2

<9月20日(土)の献立>

焼き蕎麦味噌
菊花とえのき茸の酢の物
無花果の白和え
割り蕎麦とブロッコリーの温玉添え
天ぷら盛り合わせ
(鶏ささみの梅紫蘇天、蓮根、カボチャ、プチトマト、薩摩芋、セロリの葉)
二八せいろ蕎麦

ん、なんか夏っぽい? 

新そばが出ているし、昨夜はお蕎麦を食べに行きましたが、こちらは10日以上前のご飯。

さらにその1ヶ月ほど前、誘ってもらい、蕎麦会席をいただいてまいりました(ありがとー!)。

ちょっとカメラの調子が悪かったのと、溜まった画像の多さにアップし損ねてますが、もう来春まで予約で埋まっているらしい人気の蕎麦会席をいただき、穏やかなご主人の人柄も、お酒、料理、蕎麦、そのホスピタリティと努力に頭が下がる思いでした。

そのお店のご主人に、そば米が手に入りづらくて、自宅では蕎麦の実を入れない『焼き味噌』を作っていることをお話すると、丸抜き(殻を剥いて緑の甘皮の状態)の蕎麦の実をくださったのです。

で、この日それを使って作ってみました。


080920_3

白味噌に酒とだし汁少々、刻んだ茗荷たっぷり、鰹節、から煎りして皮を剥いて刻んだ胡桃(クルミ)、レンジにかけた玉葱のみじんぎりも少し、そしていただいた蕎麦の実は煮るのが面倒で胡麻油で揚げてから混ぜました。

これで『焼き味噌』じゃなくて、『焼き蕎麦味噌』です。

そのお店でいただいたものは茹でた蕎麦の実が少し入っていましたが、すごく塩気が甘くておいしかったので今回は私も玉葱を入れてみたり茗荷増量してみました。

でもこの揚げ蕎麦の実も香ばしくておいしー。

願わくばもう一度お店に行って修行してきたいです〜。


080920_2g

こちらも茨城産、この時に見つけて以来買ってきている割り蕎麦。

下煮にしたブロッコリーとその煮汁で水に浸しておいた割り蕎麦の実を軽く煮て盛り、温泉たまごを崩してツユでいただきました。



080920_4

あとは菊花とえのき茸の酢の物や、天ぷら、白和えなど食べて、、、
お腹はまだ隙間があったので、やっぱり最後はお蕎麦を茹でて食べました。

外に新そばを味わいに行くと、またしばらくおうち蕎麦は閉店かな。

 

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。






| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

無花果の白和えと猫バトン

080920_1

今年は2度程作って食べた無花果の白和えです。

一度目はピーナツ白和えでいただき、この日は胡麻+クルミにしました。
無花果に合わせて、少々の酸味とコクをプラスするマヨネーズ入り♪

木綿豆腐1/3丁(約130g)ペーパーで包んでレンジに2分かけて水分をしっかり絞ったもの、
胡麻大1/2+フライパンでから煎りして皮をおおまかにのぞいて刻んだクルミ大1+1/2、
マヨネーズ大1/2、砂糖小1〜(好みで)、薄口醤油極少々、塩。

クルミとだったら、お好みでリンゴ酢さらに小1プラスして、白酢和え風もおいしいです。
ピーナツの場合胡麻とクルミの部分を刻んだピーナツ大2強で。

以上おおまかな目分量ですのでお好みで調整してくださいまし。

 

 

白和えって、私は子供の頃からよく食べている大好きなもの。

私が当時椎茸嫌いだったので、ぜんまいや人参、こんにゃく、いんげんなど具がいくつか入ったものを胡麻(ごま)と信州胡桃(くるみ)の半々と木綿豆腐に調味料でつくるのが、実家で作る基本の白和えになっていて、お祭りや仏事の時にはかかせないものでした。

普段は2種類ほどの季節の野菜と合わせたりしてたかな。

そういえば、祖母が胡桃を入れると美味しいと言うので、トンカチでクルミの殻を割り、中身を取り出すのが私たち子供の仕事でした。
白和えというと、待ってました!とばかり、コッソリよけいに割って食ベて、妹とどっちがいっぱい食べたとかでケンカもしましたよ。昔から食い意地の張った姉妹でしたー。

今はたいてい胡麻と豆腐ベースで作りますが、素材によってマヨネーズの酸味をプラスした洋風白和えにしたり、クルミや胡麻油のコクをプラスしたりします。
(右上の検索窓で白和えと入れるといろいろ出ます)


甘いのもあれば、塩気を効かせたようなものもあり、これも家庭やお店によって味が違いますね。

この日の献立は、いただいた蕎麦の実を使ったもの。
ちょっと長くなりそうなのでそれは次回にしますー。


NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中。



*******

で、今日はこのところの涼しさでやっと風呂場から出て来たうちの子のこと。

キチくんからバトンいただきましたので行ってみよー!

 



続きを読む "無花果の白和えと猫バトン"

| | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »