« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

たたきオクラと山かけのヅケ鮪

080825_image

<8月25日(月)の献立>
たたきオクラと山かけのヅケ鮪
ひじきと玉葱と豚肉のピリ辛炒め★
イエローアイコのマリネ
セロリと胡瓜とレタスの塩ナムル
豆腐となめこの赤出し
白米ごはん

オットに食べたい物を聞いても、「刺身!」とか「野菜!」なんて返事しかかえってこない。
それなのに、肉を出してしまう私である。

いや、野菜は日々けっこう食べてますけどね。

この日も疲れていて頭がまわらなかったので電話してみるとやっぱり答えは刺身。
たまにはオーダー承りますってことで、去年に比べると随分高いなーと思いながら鮪の中落ちなんかを購入。

そうそう、山芋があったのだー。


080825_1

●たたきオクラと山かけのヅケ鮪

  1. 酒2(小2)、本みりん1(小1)を耐熱のカップ等に入れてラップせず40秒ほどレンジにかけてアルコールをとばし、醤油3(大1)の割合でをそこに加えて混ぜたヅケのたれを冷ましておく。
  2. 山芋をすりおろし、茹でたオクラはみじん切りにし(あれば、薄めた白だし少々で)ねばりをだす。
    紫蘇は縦半分にしてから千切りにし、水で揉んでしぼっておく。
  3. 鮪をタレに軽くつけて器に盛り、残りのたれは後でやまかけに添えるように残しておく。
  4. やまかけとオクラと紫蘇を盛り、わさびをそえる。

タタキオクラっていうのは、お店ではちゃんと種をのぞいて刻んであるのだけど、これは種も全部細かく刻んでしまいました。口当たりは種をのぞくとさらにいいですけどね。


*******


このところの雷、怖かったですねー。
今日はお日様が顔をだしてくれて良かった〜! で、洗濯、洗濯(忙)


NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

ザブトンサンカク『ホルモン稲田』

080819_01

 

ジュジューーーーー ジュジューーーーー はい、OK!  

身体の血液に 牛脂 牛エキスが駆け巡ります。

夏休みに仕事が入り、計画しかけた旅行が中止になりましたが、もう一つ予定していたのがココ。
5月に目黒駅近くにオープンした『ホルモン稲田』に行ってきました。

080819_02

黒毛和牛A5ランクしか出さない白金の焼肉店『焼肉ジャンボ』への精肉卸元で、五反田のステーキ専門店『ミート矢澤』を経営している会社が次に目黒にオープンさせたのが、こちらの『ホルモン稲田』

席に通されるやいなや、「いらっしゃいませ〜」と大きな声が飛び交い、活気にあふれたカジュアルなイメージのお店です。

少し前にyoshieさんが先に行って、いろいろ教えていただいていたので今回は希少部位の裏メニューを狙って行った私たち。

通常メニューのレバー刺しがちょうど品切れになったばかりで残念でしたがさっそく。

080819_0405

 

上がザブトン(肩ロース下の最も霜降りが美しい部分)で5秒焼きのトップ画像。
下がサンカク(ウデの極上肉)で3秒焼きの生でも食べれるお肉だそう。

080819_11

ウ〜ン、お値段もいいのですけどね、上品でとろける食感のザブトンサイコー!


080819_08

ホルモン系は画像が今イチでしたー。
ミノサンドとコプジャン(小腸)を。上ミノ端のとろける食感!

080819_0607

上カルビにうなり、yoshieさんが食べていて美味しそーだったドーナツ(軟骨)も。
ドーナツは脂少なめで、コリコリナンコツはけっこう固かったわー。


080819_10

ラストオーダーの声にもう一皿とビールのおかわりをば。

080819_03_2

最後まで裏を責めました、お店オススメの芯ロース(肩ロース)!

やっぱりうまーい! ンガーーーッ!!

080819_09_2

締めにスープがすごく濃厚な冷麺、おいしかったー!


甘辛なタレはちょっぴりスパイシーでビールがすすみます。
今回は裏メニュー堪能コースでしたが、ホルモンはもちろん種類もいろいろ。

満足ですー。

そうそう、しばらくは予約して行くのがいいみたいですよ。

それにしてもひとつ気になったのは、周りの男性はみんなマッチョか色黒だったこと。
我がオットが虚弱体質に見えたのは気のせいかしら〜?

 

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。



 


| | コメント (12)

2008年8月27日 (水)

今年の夏野菜カレーは印度の味!

080818_02

<8月中頃の献立>
夏野菜のカレーと15雑穀入ごはん
デザートに梨

ああー、夏が終わっちゃいますねー。
まだまだ食べたいものがたくさんあるのに!

夏っぽい画像もたくさん溜まってしまって、このままお蔵入の予感。

でもこのカレーは美味しかったので忘れないようにアップしておかないとっ!

『印度の味の夏野菜カレーと15雑穀入ご飯』

 


080818_03

野菜はなんでも入れてしまえ〜!

・・・って、9種類、いきおい余って全部素揚げしてしまったよぉ(汗)

でもサイドメニューないし、肉なしだし、これがコクになるんだし(大汗)

ただね、トマトを素揚した後に皮を剥けば良かったわ。
皮に薄く切れ目を入れてサっと油に通したんだけど、素揚げだと皮がとれるしー。



ま、とにかくこの日は手抜きカレーの日と決め込んでいたのです。

カレーの方は、成城石井の特売で買った、水で煮るだけでOKらしいカレーペーストmascotの 『印度の味 カレーペースト 中辛』で簡単に、、、

「うまーい!! 印度の味っぽーい!」

煮ている時の香りから既に本格的だなーとは思っていたのです。
複雑なスパイスの調合も良いのだろうし、飴色玉葱とトマトが美味しい!
オットも私もすごーく気に入ってしまいました。 

080818_01

20分で本格印度カレーって書いてありましたけど、ルウだけならあっという間。
もう感謝したいぐらい! 
こんな日のために大人買い決定です! 

化学調味料も添加物も無添加、100%植物性、小麦粉もラードも使わずこの美味しさってスゴイ!
今、調べてみたら、こちらのサイト『印度の味-印度の味って?』がありました。

できるだけ美味しくて安心なものを使いたいし、便利だとなお嬉しいですよねー。


 

ちなみに私が買ったものは、6人分の大きなもの。
これは20周年記念の特別バージョンらしく、これしか店頭にはなかったのですよ。
うちの2食分にはピッタリでしたが、念のため。


そしてこの日、肉なしカレーにしていたのは訳があったのです。
翌日に備えて・・・。



 

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

夜中にバリバリもぐもぐ

080821_1

実はエビ・カニが大好きです。

ですが、うちのアレルギー体質なオットにはあまり良くないかな〜と避けていると、たっぷり海老を食べることがホント少なくなっていました。

先週、あちこちのお友達のところで伊勢エビやら海老いっぱいのサラダを拝見し、すっかり「海老スイッチが入ったー!」と言っていたところ、翌日たっくさんの海老をいただきました。

 うひょーーー! まぢ?

念じればかなうってこのことなんですねー(笑)


特注したらしい特大のブラックタイガーでした。

海水程度の塩水でよく洗ってから酒をかけて少し置き、串に刺して振り塩した後グリルで焼きました。


その日疲れきっていたオットは、さっさとウサギ飯を食べて寝てしまいましたが、
私は夜中に一人で冷えた白ワインと共にバリバリ、もぐもぐ、バリバリ、もぐもぐ・・・

海老を解体してむさぼり、手についた塩をなめた時には、きっとまた魔女のように見えたはず。

写真は3本だけのせて撮っておきました。本当のことは言えませんけど。

我ながらよく食べたわー。満足!!

ごちそうさまでした。

 


NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

スダチ〆秋刀魚の刺身

080810_0

昨日の夕方なんか寒いくらいでしたね。
それでも今朝は蝉も最後の力をふりしぼって鳴いてます。

写真は盆前、立秋をすぎたばかりの日曜の夕方。
うなるようにあちこちで鳴く蝉の声に、「そろそろ秋刀魚を食べたいなー」と思うのでした。


080810_1

最初は少し高いので刺身でいただくのが毎年のことですが、もうこの頃の刺身用秋刀魚もすっかり太って立派でした。

普通の刺身ももちろん好きですが、かなり脂がのっていたのでスダチでしめる事に。

一昨年の記事にもありますが、今回は軽く塩を振ってラップし冷蔵庫で15分置き、水分をふいてから酢と水を1:1で混ぜたもので塩を流してからスダチの絞り汁に3分ほど漬けました。
秋刀魚一尾でスダチ3個ほどあれば間に合います。

生姜でたべるのもいいし、生姜+七味も美味しい。
醤油は再仕込みの甘露醤油にちょっぴりつけると私にちょうど。 もちろん冷酒。


 

080810image

<8月10日(日)の献立>
スダチ〆秋刀魚の刺身 (大根胡瓜青紫蘇+生姜)
豚しゃぶと小松菜の塩昆布和え→★
ぜんまいと蒟蒻と揚げの煮物
冷やしトマトの玉葱ドレッシング
だだ茶豆


ここしばらく仕事の都合やオリンピックで食事作りも簡単なものを並べただけの日々でした。
あー、言い訳、言い訳。

それでも久しぶりにぜんまいとかたべたくなって、高知産のぜんまいを買ってみたこの日。
夏野菜てんこもりの毎日だったのでかえって新鮮、おいしかったー。


NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

癒しのカポナータとバルサミコ酢

080813l_image

えっと先週だったかな、やっとやっと『10種の野菜のカポナータ』を作りました。

これがちょっと甘くてバルサミコ酢の穏やかな酸味と香りに癒されるのだ。
この甘さとオイルや赤ワインのコクのあるカポナータを食べてから、すっかりラタトゥイユは作らなくなってしまった。

レストランの味を簡単に家で作れるもので再現してみたなんてヌケヌケと言ってます。


私の・・・というより、もうすっかりdemio家のカポナータとしての方がお馴染みかも。

簡単な材料メモだけブログに記しておいたのですが、demioさんがスゴク気に入ってくれて、今年も相当作ってる様子(感謝!)。すでにオムレツにもアレンジもされている

茄子嫌いのお嬢さんが「アノあかいナスたべるー」と言ってくれるらしい。
「Tomyオネエちゃん嬉しすぎよー!」


トップの写真は休日と決め込んだ我が家のランチ。

冷たく冷やしたコクのあるカポナータに温玉とパン添え。 
いただきもののとうもろこし、冬瓜と明太子のカッペリーニも食べた。

地方で夏野菜もたっぷりいただき、野菜の下ごしらえに日々追われた夏休み前半。


080813l_2

これは普段使ってるバルサミコ酢。
バルサミコ酢もピンキリでいろいろあるけど、これは800円ぐらいの比較的リーズナブルなもの。

アルチェネロの有機バルサミコ・ビネガー。
有機ワインビネガー、有機ぶどう果汁、有機キャラメル、亜硫酸塩も使ってないそう。

ちょっと奮発して高いのも使ってみたいけど、煮詰めたりするとけっこう量も使うのでなかなか手がでないの。

 

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。


| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

『きえんきえら』といただきもの

080725_14

meshiちゃんとお腹を満たした『シェ・トモ』から白金の町に消える間もなく数件隣にあるバー&ダイニング『きえんきえら(Quien quiera)』でゆっくりおしゃべり&お酒タイム。

食事に行く前にmeshiちゃんが気がつき「バーがあるんだね〜」とチェックしていたのでした。

実はこの通り、蕎麦を食べに通っている道なのに車だったのでこのお店にも全く気がついていませんでした。ダメじゃんねー。

大正7年に建てられた民家を改装したというこの古めかしい建物、でもこういうのスゴク好きー!
その昔一応あげた結婚式も、大正時代に建てられたお屋敷を改装したところだったくらい。

"Quien quiera"はなぜかスペイン語ね。 「だれでも」とかの意味かな?


080725_11

店内に入ってからすっごく急な階段(おもわず手をついて登りたくなるほどよ)を登って、2階の窓際の特等席(?)に通してもらえた私たち。

これはmeshiちゃん側から撮ってもらった撮影の2階店内。

ほら、ね、なんかすご〜く落ち着かない?


080725_12

ソファでゆっくり、梅酒ロックから。えーと、美味しい梅の銘柄は忘れちゃったよぉ。
Barで飲むってこともすごく久しぶりでした。若い頃はよく飲んだけどねー。

おしゃべりを楽しみながらも、この後GIN、そしてバーボンへと。

そのあたりで私はスイッチが入って朝まで飲めそうな勢いでしたが、
「朝までのまんでいいー!」だって。ワハハ!

終電に間に間に合うよう大急ぎで帰り、アルコールも末梢血管までよくまわったようで心地よく眠れました(笑)。

でも翌朝は5時半にはお腹が減って目が覚めましたよ。朝から大盛り!!
いつも22時すぎのご飯なのに、早い時間から優しいフレンチいただきましたからね。

・・・健康ってことですよね(笑)


******


へへへ、そして私もいただいちゃいました。

080730ck_1

キャーーー!ありがとうございますー!こちらはmeshiちゃんからいただいた『山本道子の店』のクッキーです。
薄いクッキーが缶にぎっしり! 

山本道子さんとは、一見さんお断りらしい東京の『村上開新堂』さんの5代目当主だそう。
詳しくはmeshiちゃんの →めし日記:山本道子の店のマーブルックッキー)で。


080730ck_2

私、コレ、すっごい好きー。いい素材を使ってるってすぐわかります。
チョコレートと抹茶、粉と砂糖とバター、全てが絶妙なバランスってカンジ。

バターはあのバターかな? すごく良い香り〜。
小麦を感じる素朴さもありながら控えめな甘さとモダンな薄さにグッときました。

そしてこんなに美味しいものをセレクトしちゃうmeshiちゃんのセンスが素敵です。
楽しい夜と美味しい物、ホントにありがとねー。


NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。



 

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2008年8月18日 (月)

シェ・トモの優しいフレンチ♪

080725_03

1ヶ月ほど前になりますが、美味しいフレンチをいただいてまいりました♪

そこは白金にあるレストラン『シェ・トモ』

ミシュランの3つ星レストランのファミリーの一員であった市川シェフのことや、この沢山の野菜を使った前菜のビジュアルは、雑誌でも目にしていたので憧れのレストランの一つでした。

お会いするのは3度目、いつも美味しいものを食べてるmeshiちゃんに誘っていただき「ウレシ〜!」ってことで即決定! 予約アリガトー。

そして夜のコースをいただきました。
トップ写真、『有機野菜28種の盛り合わせ』は、それぞれの野菜への絶妙な火入れと味付けの違いがからも野菜へのこだわりが感じられる一品でした。

あいかわらず予習もなしで行っちゃって、食べるのに集中しちゃう私。ごめんねー。
詳しいレポとキレイな写真はmeshiちゃんにお任せ(アップするかな?)するとして、先に予告編。


080725_00

駅から歩いちゃって、ビール飲みたいくらい暑かったけど桃を絞ったシャンパンに。

そしてソムリエに選んでいただいた白ワイン、この日は思惑もありハーフで(笑)


080725_01

ガーリックの風味もきいた『ウニの貴婦人』という名の冷たいスープ。
ウニって美味しいのでないと食べたいと思わないけど、これはおいしかったー!
一見持ちづらそうだけど、実はすごく手にしっくりくるスプーンに驚き!


080725_02

コースで選べる中から私は岩牡蛎をセレクト。
海藻の入った優しい味のジュレと牡蛎のクリームみたいなもののコラボでいただきました。
とても上品な量で岩牡蛎の実感はないですけど、牡蛎と磯の風味はたっぷり。

この後に28種の野菜の前菜が出たと思うけど・・・。



080725_05

さらに続いて焼きトウモロコシの香ばしい風味とともに冷たいポタージュ。ウマー!

パンはリエットやバター数種とともに2回出ましたが、最初はバゲット、メイン料理の前に出たバタールは皮がすごく薄くてパリパリ、極上のしっとりクラム。
メイン料理の合間にも何もつけずにいただくのに嬉しいちょっと感動のパンでした。


080725_04

メインはmeshiちゃんはお魚、私は豚の赤ワイン煮やいろいろパテ(名前がわからん)など。

この赤ワインのソースがスンゴク美味しかった!
赤ワインも良いワインなんだろうけど、なんか絶対に真似できないプロの味ー!


080725_06

最後のデザートも材料を持ってきて説明をきいた後で選べます。meshiちゃんと半分づつシェア。

080725_07

チョコレートのソースも美味しかったね〜。

ケーキの写真はmeshiちゃんによるもの。いつもながらそのレポも写真も完璧!


憧れのシェ・トモは、接客にもすごく好感が持てました。
(ちなみに前に行った『まめぞん』の女性オーナーは、ここのご出身でやはり接客は好印象。)

できれば季節がかわる度に行って(夢)、ずっとお付き合いしたいような、美味しさにも安心感のあるレストランって感じでした〜。
上質で優しくて繊細、フレンチでも全く重くない、むしろ私には軽かったんだけど、ソースのバリエーションや美味しさでこの時はかなり満足でした。

美味しいものを食べて、おしゃべりモードでのどが乾いた私たちは、この後夜の白金に消えていくのです(笑)
 ・・・続編は後日アップ。

 

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。


| | コメント (15) | トラックバック (1)

2008年8月16日 (土)

小料理メシとガングロ冷たい焼

080806image

<8月6日(水)の献立>

自家製イカの塩辛
エシャレットの自家製もろみ味噌
鶏の柚子胡椒焼きとグリル野菜(南瓜、アスパラ)
モロヘイヤとえのき茸の海苔和え
胡瓜の紫蘇の実と塩昆布の漬け物
豆腐のすまし汁


やっちゃいましたー。またまた飲み助の食卓。
お刺身も揚げ物もないので滋味(地味)な小料理風ってとこ。

私は冷酒、オットは焼酎麦茶割りでいただきまーす。



080806_1

●鶏の柚子胡椒焼き

ブスブスとフォークで刺して、柚子胡椒少々加えた酒をもみこんだ皮つきの鶏もも肉に軽く塩をふって焼き、仕上げにも柚子胡椒。

胡麻油をさっと塗り、塩胡椒で焼いた南瓜やアスパラの甘さを添えたら辛さも引き立てられるし満足度アップかな。


080806_2

●モロヘイヤの海苔和え

夏によく登場するお浸し風の和え物で、さっと茹でて一度水にとり、絞ったモロヘイヤには独特のヌメリが出ます。

佃煮海苔と鰹節、胡麻油少々で和えたり(→モロヘイヤの海苔おひたし)、

自家製のなめたけと山葵、胡麻油少々の(→モロヘイヤの自家製なめたけ和え)、
こんなのが私の定番。

胡麻油ちょっと入りでほうれんそうの何倍もある栄養も吸収しやすく食べやすいの。

この日は佃煮海苔がなかったので、ちぎった味付き海苔とお醤油と胡麻油少々、湯通ししたえのき茸も加えました。今ならオクラでネバネバコンビにしても良かったな〜。

******


ところで、

よく柳屋さんの鯛焼をお土産にくださった方から先日いただいたコレ、、、
ナント冷たい鯛焼きだったのよー!


080800taiyaki_1

 

 

『今時ガングロ冷たい焼き』と勝手に命名。

パッケージは見てないのですが西小山で買ったというので調べてみると、3月ぐらいにオープンした『愛という名のたいやきLOVEたい』というお店のものらしい。

外はチョコがけ。しっとりした鯛焼の生地の中には各種クリーム。
ヨーグルトクリームとか抹茶とか、、、3種類ぐらいいただいたのですが、このマンゴーが一番!

080800taiyaki_2_2たべかけ画像ですみませぬ。(小さめ画像で→)

 

暑い日だったし、有名店の鯛焼を食べているご本人はダジャレのつもりでくださったようだが、ワハハ、私ってばこのマンゴー味はもう一度食べたいと思ってる。

鯛焼の餡はあんなに沢山なくてもいいと思ってる私なので、むしろこの冷たいしっとり生地にチョコがけ&冷たいマンゴークリームなんて、実はとっても嬉しかったのよ〜。


NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

南瓜の冷製スープとグリルスペアリブ

080804_3

<8月4日(月)の献立>
カボチャの冷製スープ
自家製ピクルス
茄子のヨーグルトサラダ
トマトとオリーブとクリームチーズのサラダ
スペアリブのマーマレードグリル
ポテトとセロリの炒め煮ローズマリー風味添え

「日曜に仕込みはOK!遅く帰ってきても大丈夫よ〜♪」と心の中で口ずさんだけど、
遅く帰ってきてスペアリブはないだろうと思ったりもする今日この頃。

まずは冷えたスープが嬉しいな♪
我が家ではヴィシソワーズじゃなくて、コーンでもなくて、南瓜!
カボチャ料理の中で一番好きかも? オットは特にこれが好き。

ブラウンのマルチクイックを買ったのはこのスープの為で、去年も相当このカボチャのスープにハマっていた。
付属のレシピ集があって、その中にカボチャのスープもあるけれど、ミルキーなのがちょっと苦手なので私はその倍量近いカボチャを適当に投入してる。(ってか、これ位が普通じゃ?)

バターで炒めた玉葱と南瓜、ブイヨン(コンソメ)と牛乳、塩胡椒のシンプルレシピ。
煮えたらマルチクイックで鍋のままガーッ!・・・冷やしてパセリを散らして完成。

実は朝も食べたのだった。。。


080804_2

和朝食希望オットの漬け物はもちろんだけど、夏の間は自家製ピクルスもかかせない。

トマトはブラックオリーブがあったのでレモンと塩胡椒だけでマリネ。
ベランダのバジリコ、刻んだクリームチーズがあれば、肉のおともには充分か?

茄子は一度アクヌキした後、さらに塩水で少し揉んで、レンジで蒸して冷ましたもの。
ヨーグルト、マスタード、ニンニク少々、塩胡椒。

いいかげんに少しこじゃれた器も欲しかったりするわー。


080804_1

パンも買えずポテトとセロリも添えたけど、メインは豚スペアリブ。 
夏っぽくグリルしたものに野獣のごとくかぶりつきたくなってマーマーレードで焼いてみる。

今検索してもサイトが見つからないけど、メモしたレシピを少々アレンジ。
朝のうちに漬け汁(骨付き肉約560g(3人分)に対して醤油大4、マーマレード大4、赤ワイン大5、すりおろし玉葱1/4、すりおろしニンニク少々、ローリエ、胡椒)と肉をポリ袋に漬け込んで出かけました。

帰ってきてからは焼いただけ。

オーブンで焼けばベストなんだけど、レンジにとってつけたようなうちの軟弱オーブンじゃ心配。
だから軽くレンジにかけて、その後魚焼きのグリルの弱火でじっくり脂を落としながら焼きました。

んまー。




NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

スズキのみぞれあんと運動不足

080731_image_2

<7月31日(木)の献立>

スズキのすだち風味のみぞれあん
モロッコいんげんの肉味噌がけ
オクラのお浸し
茄子と胡瓜と茗荷の和え物
そば米と黒米入ごはん

週末を待たずして野菜切れとなり、たっぷり買い物をしてきたのですが、明日の分までなんて言いながらいろいろ下処理しているとあっというまに時間が過ぎてオットが帰ってきちゃった。

野菜をたくさん食べようと思うと意外に手間もかかりますよね〜。


080731_1

●スズキのすだち風味みぞれあん

旬のスズキ、夏の白身の魚として毎年食べますが、バジルペーストで食べたり、ムニエルにしてトマトソースがけだったり、いつも洋風な味付けが多いの。

この日は和風にしようと、以前に見たこちらのサイトのスズキの和風ステーキを参考にしました。

・・・といっても、冷えたビールが私を待っていたので、ついつい薄く小麦粉つけて揚げちゃったし、みぞれあんも薄口半量で後は塩でととのえる自己流で、元レシピとはちょっと別物になっちゃいましたけど。

生姜も他のオカズで使ったのでここはスダチとみぞれあんでいただきました。

2枚におろされていたスズキ、一尾分買っちゃったんですけど、ペロッと食べちゃいました。
揚げたのも旨いね。
すだちと白葱の風味って好きな組み合わせですけど、生姜の代わりに七味唐辛子でも良かったな〜。


080731_2

こっちは塩湯で茹でたもろっこいんげん。

茹であげたら仰いでさまして、赤みそ仕立ての肉味噌がけー。

モロッコいんげんと茄子とかピーマンとか、赤味噌との相性が良くて甘味噌にしたり、炒めたりするんですが、どうもオットのウケが悪い。時間がたつと緑の色も悪くなっちゃうしね。

なので上から肉味噌かけたら、単純なんだけどこれが良かったらしい。
水にさらした針生姜の風味もきいてるんだろうね。当分これでいってみます。


******


この日、、、

スーパーで買い物をした後、空になったカートを元の場所に戻そうとして急に足がつったの。

そしてカートに捕まったまま動けなくなって、カメみたいに固まってたら、
警備員さんが「戻しますからいいですよ〜」とカートを引っ張っぱるのよ。

こっちは眉間にシワをよせて一生懸命足をのばそうとしてるのに、キーッ!

ヨロヨロと引きずられて「あ、ちょっと待って、足がつっちゃって〜!」と
アブラ汗を流しながら必死の形相で言うと、その警備員さん、大声で言ったの。

「そりゃ、運動不足じゃ〜! ガハハハ!」

「・・・。」

みんなに聞こえてるって。

大注目だって。

返す言葉もありません。

プール行こうかなー。

 

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。




| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

夏の休日蕎麦『紫仙庵』へ

080720_1

7月の暑い日曜のことでした。
この日は仕事で、1時半すぎにようやくお昼にありつけることになり、同行した方とお昼をご一緒することになりました。

「お蕎麦まだありますかー?」と聞くと「まだ間に合いますよ」と低音のご主人の魅力的な声。
目黒駅からは車でないと少し遠いですが、住宅街の中にあるこちら『紫仙庵』にかけこみました。

080720_2

門はお店と気がつかず思わず通り過ぎてしまいそうですが、入り口はこんなかんじ。

080720_3

住宅を改装した店内は古民家風。お座敷とテーブルが2席ほどあります。

080720_5

ちょうどお客さんが帰った後でした。

庭から差し込む外の日差しは強く、蝉がうるさいほどキリキリ鳴いていましたが、都心の中にあってこの心地よい空間はちょっと希少。暑い夏の休日にゆっくりお蕎麦をいただくには嬉しい空間。


080720_6_2

「お疲れさまでしたー」ってことで軽く喉をうるおすおともには塩でいただく冷えた水茄子。


080720_8_2

時間が遅かったので食べたかったおつまみはみんな終わっていて残念ー。
久しぶりに板わさをいただく。

器はみんなこだわりの作家さんのものね。


080720_7

この日は上に蕎麦の実がのった蕎麦豆腐を。500円ぐらいだったかな。
実と豆腐の食感が楽しめて美味しいです。


080720_9

ご主人の宮下さんがその時々に応じて選ぶ産地の蕎麦の実を、自家製粉でその日の分だけ粉にして打つこだわりのお蕎麦はもちろん美味しくて、つゆも辛からず甘からず、私にはちょうどいい。

この後とろっとした蕎麦湯もいただき満腹。

080720_4

蕎麦好きがこうじて脱サラして修行をされたご主人、火曜日はこちらの住宅を改装したお店で蕎麦打ち教室もやってらっしゃいます。

目黒からも武蔵小山からもちょっと距離はあるのですが、冷たいビールとお蕎麦を想像しながら休日の散歩なんかいいかも・・・って、私は車だったけど(汗)。

『手打蕎麦処 紫仙庵

目黒区下目黒6-6-3
03-3712-8555
昼11:45〜蕎麦終了まで
夜18時〜20時LO  (予約優先)

月・火曜定休(火曜蕎麦教室)


 

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

ゴーヤトマトのチーズカレー炒め

080802image_2

<先週のプチ沖縄フェア4回目の献立>

ゴーヤトマトのチーズカレー炒め
サーモンと帆立のカルパッチョ風サラダ 
(シークワーサードレッシング+グレープシードオイルで)
ジーマーミ豆腐とブロッコリーのカシューナッツ和え
沖縄オクラのお浸し
沖縄もずくともろへいやのスープ
オットだけ15雑穀入ごはん

エヘヘ、ゴーヤはまだまだ食べますが、これが最後のプチ沖縄フェア。

大好きなジーマーミ豆腐も最後の1個となり、半分ずついただきました。


080802_2

沖縄物産展で買った『ひろし屋』さんの『ジーマーミ豆腐』です。
ネットの方がサイズも大きくて安いようですが、物産展で私が買ったのはもう少し小さいパッケージで、豆腐もちょっとしっかりしてたの。

でも味はしっかりジーマーミの味がします。

ジーマーミは地豆=落花生の沖縄方言ですが、胡麻豆腐のようにもっちりしていて美味しくて大好き。添付の甘いタレでいただいてみましたが、ほんのり豆の甘さもあるので山葵醤油も意外といいかも。

添えたブロッコリーもピーナッツ和えにしたかったのですが、なかったのでかわりにカシューナッツ和え。

全く関係ないですが、このところ特大サイズのLANKAというカシューナッツにハマってしまい、これも太った原因のひとつかも。 あー、助けてー!



080802_1

ゴーヤとトマトのカレー炒めにはチーズ入り。

  1. 3mmにスライスしたゴーヤ大1/2本を軽く塩もみした後、熱湯をかけて塩を流す。トマト大1個を1.5cmぐらいに切る。豚挽肉100gには酒大1と醤油小1をかけて軽くほぐして混ぜておく。
  2. フライパンに油を熱し、挽肉を炒め、色が変ってからゴーヤとトマトを加えて炒める。
  3. カレーパウダー(カレー粉)小1程、砂糖少々、薄口醤油小1、仕上げに刻んだチーズをお好みで適量加え、あまりかき混ぜすぎないよう混ぜて塩胡椒で調整。溶かす程度で仕上げる。

卵でとじるかわりにチーズ! チーズカレーって子供っぽいけど好きなのよ〜。




NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (15) | トラックバック (2)

2008年8月 5日 (火)

・・・ねこ報告でした。

0807xxzizicake_1

とろ〜りたっぷり・・・


080800_2

 ? ? ?



080800_3jpg_2

・・・(愛)


新しいねこ枕です。ぬいぐるみとか好きじゃないんですけど、つい買っちゃいました。
1ヶ月位前の写真ですけど。

今は夏バテで、鼻のあたまに汗をかいてお風呂場で暮らしていますので、枕には見向きもしません。
ちなみに室内は27度以下に24時間設定していて、私は足が冷えてます。

そして放置された枕を見る度、私はパンケーキが食べたくなって焼いてしまいます。

もー、隠してくれっ!


 


先週は病院に行き、きれいなお姉さんの前で「借りてきた猫」を演じてました。
家に帰ってくるなりアウアウーっていうおっさん泣き。
それはやめてくれるといいんだけどなー。


今日はすごい雨(やっぱり雨オンナかも)?
ziziにご飯を食べさせたら今日は珍しくオットと遊びに行ってきま〜す!


NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。


 


| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

真夏の水餃子でプチ沖縄フェア2

080729image_2

<7月29日(火)の献立>
手づくり水餃子 石垣島ラー油で
ゴーヤのお浸し
豆腐よう

プチ沖縄フェアのつづき。
写真がありませんが2回目は島豆腐の残りでゴーヤチャンプルー
うちではベーコンとラー油入り。鶏ガラスープも入れずに塩で調整しちゃった。

そしてこの日は3回目。

物産展で買った豆腐ようをだしてみたり。

発酵食品なので苦手な方も多いですが、山本彩香さんのところのは比較的食べやすいと評判ね。
家の近所で売ってる豆腐ようとはまた全然違うの。
私は好きー。でも泡盛買わなかったのが心のこり。ビールで我慢我慢。

宮本亜門さんも惚れ込んでいた那覇の山本さんのお店には行ったことがないので、次に行くときはちゃんと予約していかなくっちゃ!


080729_1_2

さてさて、この日のメインは真夏の手づくり水餃子!
残りわずかな石垣島ラー油でね。

少し前から餃子食べたいね〜と言っていたのですが、物産展の辺銀食堂で水餃子定食を食べれなかったので、この日は早く帰って皮から手づくりに燃えたのでした。

皮を作るのはまだ3回目(前回の記事は→こちら
でもパワー系(体育会系ではないのよ)なのでかなり得意らしいー。

今まで強力粉と薄力粉を5:5だったのですが、今回は8:2で強力粉率アップ!
2時間寝かせたのは前と同じに。

具は白菜が好きだけど今回はキャベツ。
挽肉150g、塩小1弱、胡麻油小2、キャベツ230g、ニラ7本、桜エビ大1(酒小1に浸してみじん)、葱みじん大2、生姜大1、醤油小1、胡椒。
生姜とニラを夏仕様で増やしました。

私は皮を丸くのばしてオットが包みます。
けっこう器用なつもりでおりましたが、この餃子を包むのはオットの方が断然上手い!

私が丸く皮をのばさないとうまくいかないと文句言いながら狭いキッチンでやっとります(笑)


そしてできた餃子、、、

あきらかに今回の方がモッチリしてます。
思わず「うま〜い!」とか自分で言っちゃうのですが、オットと協議した結果、やはり次回は6:4で薄力粉を増やし、すべらかな食感をもう少し重視することに決定。

あー、早く作ってみたい!!



NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

定番南蛮漬けとインゲンのごま味噌和え

080717image2

<7月中頃の献立>

小鯵の南蛮漬け
いんげんとささみの胡麻味噌和え
プチトマトのマリネ
豆腐のオクラ汁
菜飯(蕪葉)のおにぎり

プッ・・・、相変わらず私の南蛮漬けはマリネされた玉葱ぶとんが重そ〜です(笑)
玉葱いっぱい食べたいんだもん。

気がつくと8月ですが、7月の我が家のメイン最多出場はやっぱり『小鯵の南蛮漬け』かな。

あと、ブログには出してないんですけど、副菜ではイカゲソの唐揚げ!
これは疲れて帰った夜遅くでも揚げましたよん。ビールを美味しくいただく為にね。

どうせ揚げ物するならって、茄子の揚げ浸しも必ず作るでしょ〜。
あっという間に揚げ油が1本終わって、体脂肪率に冷や汗。暑い時は体重を量るべしー。



080717image

●小鯵の南蛮漬け

 <材料>
 小鯵9〜10尾、塩胡椒、小麦粉適量
 (新)玉葱1/2個、ピーマン1個、人参4cm
 A(米酢大3、だし汁大4〜5、砂糖大1、薄口醤油大1、
 輪切り赤唐辛子少々、胡椒少々)

  1. 玉葱、ピーマン(またはセロリ)をスライス、人参を細千切りにし、Aの材料をよく混ぜたところへ漬けこんで冷蔵庫で冷やす。
  2. 小鯵は骨抜きでエラを掴みお腹へ向かって引いて処理。洗って水分を拭いたら塩胡椒。
    (→小鯵の処理は以前シェフのプロの技を参照
  3. 小麦粉をつけて小鯵を2度揚げ
  4. 油をきって冷やしておいた1の中に漬け込み、玉葱のおふとんをかけて冷蔵庫で冷やす。

    *玉葱の水分や量、酸味の好みでだし汁を増やす(+必要に応じ塩少々)

シェフからプロ技を教えてもらって以来、小鯵を処理するのが面倒じゃなくなって、頻繁に作ってしまうようになりました。小鯵は安いしね〜。

あとね、ピーマン嫌いさんも多いようですが、私はこの南蛮漬けにはピーマン入れたい!

ノーマル南蛮漬けだけじゃなくて、こっちの『揚げ鯵のカレーマリネ』もピーマン入り。
今年もよく食べましたー。



080717_1

インゲンは醤油仕立ての普通の胡麻和えも作るけど、味噌がいんげんによく絡むので、作ってすぐ出す時や、メインがお醤油味の時は『ごま味噌和え』にすることが多いです。

写真の上の方は、『鶏のささみといんげん豆のごま味噌和え』
開いて酒をかけ、すりおろし生姜とともにレンジの弱で蒸したささみと塩湯で茹でたいんげん。
半ずり胡麻と味噌、すりおろし生姜、レンジでラップせずアルコールをとばしたみりんで和えたもの。

下は『いんげん豆のごま味噌和え』
同じくレンジでアルコールをとばしたみりんで味噌を緩め、半ずり胡麻、お砂糖も加えた和え衣で塩湯で茹でたいんげんを和えてます。こっちは少し甘く仕上げ。

これが胡麻じゃなくてピーナッツにしても美味しいのよね〜。

あー、今日は何つくろっかな〜。

 

NinkiBlogbanner03

★ランキングにも参加中だったり。ぽちっとお願いします。 



| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »