« 味噌焼き3種と千切り野菜の煮麺 | トップページ | わさび風味の胡麻だれ冷しゃぶ »

2008年6月14日 (土)

パスタとヤンバル豚 IL GRAPPOLO DA MIURA

080515_01


バタバタしていた先月、ストレスを発散すべく、友人と美味しいパスタを求めて食事に行きました。

向かったのはこちらもご近所ですが、私は初訪問の『イル グラッポロ・ダ ミウラ』

この日は季節のサマートリュフのチーズソースと、麺が美味しいパスタが目的でした。
以前よりこちらのシェフのパスタもいただいてみたかったの。

ちょうどその頃バターを切らしていたせいもあるんだけど、なぜか雨の季節は少々濃厚なものが欲しくなっちゃいます。バター好きな友人も同じ事言ってたっけ。

ではトップの画像、まずはベリーニ(桃のシャンパン)いただきました。


こちら夜は全てアラカルト。
恵比寿時代からの黒板にギッシリメニューが書かれていて、選ぶ楽しみと同時に数も多いので迷うー。
手打ちのパスタはサンプルを一緒に持ってきてくれます。

普通は前菜、パスタ2品、メインで一人7000円位とのこと、私たちはちょっとプラスだね。


080515_02g


<自家製ローズマリーのフォカッチャ、ライ麦パン、キアッケレ>

キアッケレは生地を揚げてあるおつまみのようなもの。
でも私はキアッケレより、外は香ばしく中は予想以上に口溶けのよいライ麦パンが美味しかった。

<アミューズ的小さなアンティパスト:北海道帆立の稚貝と新玉ねぎのマリネ>

普段青く若い香りのオイルを好んでいるので、このマリネは少々重かった。アンチョビのせいかな?
これは他の物がよかったなぁ。


080515_04

<白グラスワイン(Fiano)>
<オーダーのアンティパスト:北海道産ホワイトアスパラと帆立のサラダ>

帆立がかぶっちゃったけど、メインは極太ホワイトアスパラ。その食感は完璧でした。
黒いツブツブは黒トリュフ。
そのせい?、こちらもしっかり系オイルですが美味しくいただきましたよ。写真は取り分け一人分。

こちらのワインリストもかなり充実(H.P.とちがいます)
友人が頼んでいた自家製のジンジャエールもすごく美味。というか、これはちゃんと本物!!


080515_05

<花ズッキーニのフリット アンチョビとチーズの詰め物>

この季節のイタリアンの定番ですよね。写真の色が出てませんが軽い食感のフリット。
後ろのはパプリカのソースかな?


080515_06g

この日の目的のパスタ2種選びました。タリオリーニとタリアテッレ。

パスタが自慢のお店で、シェフのこだわりがつまっているようです。
イタリア ロマーニャで修行したシェフのことは以前こちらでも記事になっていました


080515_07_2

<生桜海老・トマト・ズッキーニのタリオリーニ>

ズッキーニがタリオリーニと同じ太さに揃えられて食感も楽しめます。卵の風味も感じられるタリオリーニ。もちっとした(もっちりではないの)食感のあるタリオリーニです。

トマトの酸味が加わった桜海老のソースは美味!。
極々軽く火が入った桜海老はもっと生でも平気なんだけど、へへへ、無理?


080515_08


<サマートリュフとフラナパダーノチーズのタリアテッレ>
<赤ワイングラス:シラー100%>

今トリュフも高騰してるらしいので、私が口にできるのはこれが最後だね(笑) 

明るく接客してくださった女性(パティシエの柴田さん)が白トリュフを気前良く削って下さいました。スタッフの方はみなさん明るくて、質問しても丁寧に答えてくださいましたよ。

チーズのソースはくどくなくて美味しい。
次回はタリアテレとニョッキとか、もっちり食感の違うものを頼むとします。

あ、詰め物は予約でお願いするとやってくださるようです。それがいいな♪

チーズのソースはトリュフの香りも手伝ってスルスルお腹に入ってしまいましたが、、実はかなりこの段階でお腹ふくれました。



080515_10g

<パルマ産生ハムと沖縄やんばる豚のアフォガード>

・・・なのにこの量、たっぷり生ハムは塩気が心配でしたが大丈夫。友達には丁度、私はちょっとパンが欲しくなったけどお腹がムリッって。

「アフォガード」はイタリア語で「溺れる」。白ワインとかのソースに溺れさせてるのかな。

なんにしてもこの『やんばる豚』、柔らかめですが絶妙な食感にすごく甘い脂、そこに生ハムの塩気をあわせていただくカンジです。

豚も種類によって全然味が違うよね。こんなスルスルと脂も食べれてしまうのは不思議。
おいしかった〜!

この前のイタリアンの後、オットが「ホワイトアスパラが美味しそうだったね」とささやいたけど、これを見たらムキーってなって、「肉クワセロッ」て言われちゃうかもな。

見るな、見るなー!(笑)


080515_12

<トルコ産イチジクの赤ワインコンポートとミルクジェラート>
<紅茶>

デザートはとても入らないって言いながら、シェアしました(笑)
時間をかけてつくられたであろう、すごく濃厚なコンポートです。

他にもすごくたくさんの種類のデザートがあるのにいただけず残念。
紅茶がアツアツでだったら良かったな〜。



080515_13

<ココナッツクッキー、チョコビスケット>

え?クッキーもあるのですか? もちろんいただきましたよ、美味しいんだも〜ん!

おみやげにローズキャンディもいただきました。


080515_00_2

お店を出て、友人と夜道を散歩しながら帰りました。

すごくお腹いっぱいなんだけど、心地よい満腹感にみたされて、ためこんだストレスはどこへやら。

「明日からまたがんばろー」と思うのでした。


 

  ★ランキング参加中。クリックで励ましてやってください。 

にほんブログ村 料理ブログへ

NinkiBlogbanner03






|

« 味噌焼き3種と千切り野菜の煮麺 | トップページ | わさび風味の胡麻だれ冷しゃぶ »

コメント

sunマイキーちゃんへ

外めしは、頑張ってもつくれないものをいただきたいのよね。
長い事火にかけるラーメンのスープとか(笑)、自分じゃ絶対買わない、買えないであろうちょっと贅沢な素材とかね。

ここのトリュフとチーズのソースはいつも雑誌なんかにも載って、いつか食べてみたいと思ってたの。
それに卵の風味の生パスタ。
他にはないパスタでちょっと勉強になったわ〜。

投稿: ★マイキーちゃんへ | 2008年6月18日 (水) 10時21分

イタリアンが食べたくなっちゃったよ~。
実はずっと美味しいパスタが食べたくて。。。
パスタはやっぱり手打ちよね。くぅー、食べたい!
特にトリュフとチーズ!!これはヤバイなぁ。
響きだけでノックアウトです(笑)。
パスタ以外のお料理も、丁寧に作られた手のかかった
ものだね。
普段、お料理してるから、外で食べる時は家で作れない
手のこんだものいただきたいよね!

投稿: マイキー | 2008年6月17日 (火) 10時14分

sunアメリカ留学さんへ

わたしなんぞ気が向いた時だけのブログと化してますが、みなさんとても楽しんでやってらっしゃるようですよ。
楽しんでやれるのが一番です。

sundemioさんへ

いろいろわからんって(笑)
お店の人がいろいろ教えてくれたから、そう意味でも楽しめたわ。
今回はね、demioさんに触発されてパスタマシーン買おうか迷ってたら頭の中がパスタでいっぱいになったの。
花ズッキーニは花つきがもう手に入らないかも?

ジンジャエールね、私が言ってる本物っぽいのは、生姜と蜂蜜と炭酸にシナモンの他に数種のスパイスが入っているもの。唐辛子も絶対に必要。
たまにレストランでもスパイス数種が入ってないのが出て来て、友達が違う〜って言ってるわ。
美味しいのよ、あれこそ風邪の時に飲みたい!!

投稿: ★アメリカ留学さんへ★demioさんへ | 2008年6月17日 (火) 02時27分

ジャンル違いのブログを見ようと遊びに来てみました♪
こうして見ると新たな発見とか刺激があっていい感じですねw
長々すみません。これからも楽しいブログをよろしくです^^;
僕も自分のブログをレベルアップできるようにがんばります☆

投稿: アメリカ留学 | 2008年6月15日 (日) 16時33分

なんかうっとり♪
美味しそうなお料理もそうだけど、全てを解説できるTomyさんの言葉にうっとりだわ~♪
私もいろいろわかる大人になりたかった^^;
今回はTomyさんどれ作る?(笑)
私としては、花ズッキーニフリットだと嬉しいなぁ♪
と、勝手な事を言い出しています^m^
チーズとアンチョビが詰めてあるんですよね?すごく美味しそう!!
花ズッキーニとズッキーニって違うの?
それから、本物のジンジャエールって何でしょう?!
本物って生姜が本当に入っているの?@@
私はあの普通に買えるジンジャエールの味しか知らないから、本物があるって事だけでもびっくりしちゃっいました!

投稿: demio | 2008年6月15日 (日) 15時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/41515955

この記事へのトラックバック一覧です: パスタとヤンバル豚 IL GRAPPOLO DA MIURA:

« 味噌焼き3種と千切り野菜の煮麺 | トップページ | わさび風味の胡麻だれ冷しゃぶ »