« そら豆のゴルゴンゾーラペンネ | トップページ | ピリ辛ヅケ鮪とアボカドのサラダ風 »

2008年5月 7日 (水)

GWの宿題ーいちご大福ー

080427image

前にいちご大福を作ったけど、ボコボコで写真も撮らなかったことがありました。
なのでお休み前半の宿題はその『苺大福』、イチゴが安くなってきましたからね♪

でもね、実はこの写真の前日も作ったんですよ、そしてまた見事に失敗。
自分で失敗作をヤケ食いです。

オットに翌日その話をしたら、失敗作でも食べたいというじゃありませんか。
その失敗作を一人で食べ過ぎたなんてね・・・(言いましたケド)、夜中にまたリベンジです。


そもそもボコボコ苺大福の敗因は、、、

いちごが大きすぎたことと、苺を包む白餡の粉末を練る時に、砂糖を半分に減らした事でしっとり感がなくなり、粘度も足りなく苺がきれいにつつめないことにありました。

あまり甘くしたくなかったし苺の水分もあるので、砂糖はパッケージに表示の半分にして、生クリームを適度に加えてねっとりした白餡を作って形を整えました。
きっと新しい豆から自分で作るとその必要もないのでしょうね。

求肥も砂糖を減らしていたのですが、白玉と砂糖を同量に、これはレシピ通りに作りました。

で、なんとか形になったらしい『いちご大福』。

080427_2

餡が少しだけど、これが好みなの。

白餡は生クリームの他に、紅麹の色素を極少量と、餡が粉末で香りがない為、桜の花の粉末を少量香りづけに加えてます。

もうちょっとピンク色でないと外側からは色があまり感じられなかったかな。
まだまだ不出来ですが生クリーム入の苺大福はなかなか美味しかったので、翌朝、義母のところへもお裾分け。
だってさ-、いくら餡が少ないからって、二人で10個とか食べ過ぎじゃない?

・・・GW前半から跳ばしすぎて、以後体重計には乗れてません(笑)


 


  ★ランキングに参加してます。よろしければ励ましのクリックを。

にほんブログ村 料理ブログへ

NinkiBlogbanner03

 


|

« そら豆のゴルゴンゾーラペンネ | トップページ | ピリ辛ヅケ鮪とアボカドのサラダ風 »

コメント

sunyoshieさんへ

あ、ごめんなさい、言うの忘れてた〜!
夜中に作業してそのまま寝てしまって記憶なくしたかも(笑)
こちらこそいつもありがとうございます。

yoshieさんもわかってくださいますよね。
私は生クリーム入りだと餡も大好きです〜。
3回目にしてやっとできたなんて、才能ないらしいけど、
やっと餡と求肥の感触がわかってきたとこ。
酒粕饅頭なんてあと5年かかるわ!


sunmeshiちゃんへ

meshiちゃんに褒められるとうれしいわ〜。
苦節3回!少し美人なのができたわ♪
私も餡子は少なめが好きなので4個イッキは軽いよ。
でも前日の失敗作はだめだった〜。
途中でのどを通らなくなったよ(笑)
桜餅は作るの簡単だったのに、求肥は難しい〜。

敗戦ってスウィーツかな?なんだろ〜。

投稿: ★yoshieさんへ★meshiちゃんへ | 2008年5月 9日 (金) 03時27分

sunかなぶぅちゃんへ

嬉しいお言葉、ありがと〜。泣けて来るぜぃ!
でも実はね、前日の失敗作は4個食べた時点でなんか気持ち悪くなってきちゃったの。
インゲンの粉末を練った餡子だとパサパサだったんだよ〜。
生クリーム入れたのはなかなか旨かったよ。
やっぱり豆から炊いたのだと旨いんだと思うな。
私もあずきはぜんざい用に一度炊いた事があるだけ。
あとはなんちゃって和菓子だからさっ。

sunotayoriさんへ

フレッシュ苺がメインの苺大福ですからね、otayoriさんでも2個ぐらいペロッと食べれたはずです。
じげもんいちにもどこでもドアで行けたらと良く思ってました!
フフフ、娘さん自分の分は買わなかったのかな?
私もケチだけど、1個ってなかなかね〜(笑)
母への愛だわ♪


投稿: ★かなぶぅちゃんへ★otayoriさんへ | 2008年5月 9日 (金) 03時12分

sun まゆみさんへ

パンや洋菓子を焼くのはすごく大変だけど、求肥も今はレンジですぐ、全部で20分もあれば作れるハズらしいよ。
気が短い私向き。
でもね、私はいつもうまく皮が包めなくて四苦八苦。
求肥なんか白玉粉、砂糖、水、以上、だよ。私も好き!
あのビヨ〜ンが3度目にしてやっとわかってきたよ〜

sunもぐぱくさんへ

お餅は苦手だって言ってたけど、求肥は大丈夫でしょ?
しかも私のもけっこう薄いよね。
餡少なめが好きだけど、この生クリーム入はもう少しあっても良かったかも。
粉末だからね、生クリームとかバター入れないとコクがないのね。
そっちはGW関係ないもんね。おつかれさん!

投稿: ★まゆみさんへ★もぐぱくさんへ | 2008年5月 9日 (金) 03時05分


sunのんのんさんへ

私ね、普通の大福はまだ作ったことないの。
あれは上新粉ミックス?
よもぎの大福とかそろそろだよね。
中まで真っ赤な苺ってあまおうだっけ?
私も今年は一度しかあまおう食べてないけど、あとは普通のばかり。
餡が甘い時は苺の酸味もなかなか良いんだけど、やっぱり生クリーム入が好きかも(笑)

sunフィーユさんへ

そ、そんなことないない!
フィーユさんが作るケーキやタルトの方がずっと手間も材料もかかるよ。
洋菓子はまともなオーブンがないので買う事としてるの(笑)
和菓子は餡さえまとめて作っておけば冷凍できるし簡単。
昨日フィーユさんのところで見た生菓子、美しかったね〜!
感動だよ。天然の色素、私もいろいろ調べているとこよ。

フフフ、2キロいっちゃってた? 
あっという間に増えるけど、減らすのは大変だよね〜(笑)

投稿: ★のんのんさんへ★フィーユさんへ | 2008年5月 9日 (金) 02時51分

sundemioさんへ

そうでしょ?普通に甘さ控えめの餡(とくに白餡)だと薄い餡にするのは無理よね。
やっぱり水飴とか技を使うんじゃない?
水だとフルーツの水分も多いからダメみたい。
水分少し控えて生クリーム入の方が私ごのみ♪
私が参考にした本のいちご大福も少しだけ先に苺が透けてるよ。
私もそれと同じにまん丸じゃないのを写真撮ったくらいだもの。

sunLINAさんへ

私が初めての時はそもそも皮が破れて穴あきでボコボコでした。LINAさんはべとべとになっちゃった?
水の量とか微妙な違いでけっこう変わってくるのでしょうか?私は最初はサラサラ過ぎてのびなかったのよ。
でも美味しくできて良かったですね。
私もまた頑張るよ〜!


投稿: ★demioさんへ★LINAさんへ | 2008年5月 9日 (金) 02時40分

あぁぁっっ!TomyさんのLINKSに私が加わってるぅぅ!
えっ?えっ?いつからーっ???
う、ウレシイ♪よしえ、感涙です。。。
ありがとーございますっ。

と、いちご大福、いちご大福。
このパカッとなってる姿、すごい美味しそう♪
このくらい餡が少なくて
「いちごーっ!」って感じのいちご大福が食べたいー。
しかも、ちょっぴり生クリーム入りなんて!
でも、売ってないから作るしかないのかな。。。
これなら二人で10個は軽いかも。
あれっ?二人で??Tomyさんは何個???

投稿: yoshie | 2008年5月 8日 (木) 21時38分

さっすがTomyちゃん、美味しそう〜。
見た目も文句無しで美しいし、
ほんのりピンクの餡がそそられるわ〜。
そして、餡少量ってナイスよ♪
これだったらそれくらい食べちゃうよ!

私のGWは敗戦続きだったよ・・・。
まっ。近いうちにアップするわ。アハハ

投稿: meshi | 2008年5月 8日 (木) 18時18分

Tomyさん、こんにちは~☆
Tomyさんの作られる和菓子って、大好き~。
私も、旦那サマ同様、失敗作でも何でも
食べてみたい~。
私って、よく考えたら、和菓子って
一回も作った事がない・・・。
餡子すら炊いた事ないです・・・。

和菓子の世界も奥が深そう~。
はまっちゃいそうで、怖いわ♪

私も・・・かなり連休で育ってしまいました。
毎日、体重更新中(^-^;)

投稿: かなぶぅ | 2008年5月 8日 (木) 16時50分

こういう写真を見るたびに、パソコンドアからもらえたらいいのにな、と思います。(2個でいいですから)
イチゴ大福食べたいと思うことは、しょっちゅうありますが、作りたいと思ったことは一度もありません。
娘の高校のそばに、おいしいまんじゅうやさんがあるということで、娘が苺大福1個!!!!買ってきてくれました。115円だったそうです。けちんぼの娘が自分のお金で買ってきてくれるなんて、、、と言いながら、オットと半分ずついただきました。(よく1個注文できたものだと思いましたが、口には出しませんでした)

投稿: otayori | 2008年5月 8日 (木) 15時32分

二人で10個???そんなの余裕〜。
でもTomyさんが9個でオットさんが1個だったりして。
和菓子が家で作れちゃうなんて、
不思議で仕方ありません。
求肥なんかも作れちゃうの?!求肥って大好きなのよねえ。
あの食感、クセになりますよね。

投稿: まゆみ | 2008年5月 8日 (木) 09時26分

sunえなさんへ

エヘヘ、和菓子屋というのにはまだ遠すぎる。
桜の香りはほんの少しだけね、春に桜汁粉を食べていた時の残りものなの。
私好みだったよ〜、苺もあまかったしね。

カフェはえなさんの好みだった?
ケーキは高いけど、濃厚なので少しずつ食べるとかなり満足できるよ!
生だったら、チーズ系かピスタチオのが私のツボ♪

アルコール飛ばしすぎた?
飲めるうちは飲んでおきな〜(笑)

sunマイキーちゃんへ

求肥だってめちゃくちゃシンプルな材料なのに、なんかうまくいかないよね。
わたし、なんせ3回目のチャレンジでやっとです。
マイキーちゃんあれが最初?
すごいよぉ、わたしなんて皮がビリビリ破れてたし〜。
今回はめちゃくちゃ練ったの。
腕力には自信あるから(笑)
TBありがとね!

胃が痛くなるまで食べた?
さすがだわっ!でもご実家のお料理なら大丈夫だね。


投稿: ★えなさんへ★マイキーちゃんへ | 2008年5月 8日 (木) 02時35分

きゃ~!!! すっごくおいしそうな苺大福☆
私も餡は少なめ、おもちも薄めが好み。
この分量がいちばんバランスがいいように思えますー。
それにしても・・・ウチにおすそ分けしてくれても
よかったのに~! なんて言いたくなってしまう(笑)

私はGW関係ないけれど、プクプク成長中です(涙)

投稿: もぐぱく | 2008年5月 8日 (木) 01時39分

いや~ん とっても美味しそうな苺大福
私も餡が少なめの方が好きです。
普通の大福は作るけれど
苺大福は作った事がないんですよ。
もう食べたくなっちゃったな^^
近くの和菓子屋さんの苺大福は
苺が小さいんだけど中まで真っ赤ですごく甘いの。
お餅の中の白餡がぜんぜん苺の甘さを邪魔しなくて
そのお店の苺大福だけは買って食べるんですよ。

投稿: のんのん | 2008年5月 8日 (木) 01時18分

うわー、
おうちで和菓子は、なかなかできないよー、
すごい!!

自分で作れば、本当に好みに作れるからいいんですよね。
餡はちょっとで、今の時期の完熟イチゴを堪能する、
想像だけでヨダレもの!!
求肥は大好き、今日も買ってたべたんですよー。

どうせなら、えーっと、福岡に転勤の予定とかは無いでしょうか?(笑)

↑すぐ「楽」しようと考えてしまう…

GWあけ、体重2キロ増えてました(爆)

投稿: フィーユ | 2008年5月 7日 (水) 23時54分

餡が少しのほうは私も好みだけど、出来ないのよ!!
なんでTomyさんこんなに少しの餡で形がこんなに丸く出来るの?@@
なんでだろう。。。
しかも私のは、全部、外から見ても一番上に苺の頭がうっすら見えてました(笑)

投稿: demio | 2008年5月 7日 (水) 23時06分

私も先週、初めてイチゴ大福をチャレンジしてみました!なんだかべとべとで形を作るのが意外と難しかった、、、不格好なボコボコ大福ができました。でも美味しかったよ〜。ぶさいくな苺大福見ください。:’(

http://mylifeisyummy.blogspot.com/2008/04/strawberry-daifuku.html

投稿: LINA @ my life is yummy | 2008年5月 7日 (水) 15時02分

Tomyさん、こんにちは♪
一枚目の写真の「苺大福」はどこかの和菓子やさんの
かな?って思ってました。
生クリームと桜の花の粉末入りの白餡って・・・。
クリーミィでほんのりいい香りなんだろうなぁ0(^▽^)0
って想像が止まりません!!!
あと、パティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥ!
素敵なお店ですね~。週末にでも行って、ゆっくり読書したい感じです。
場所をチェックしておかなくちゃです。
私もGW、飛ばしました。(アルコールを・・・)
しばらくは、アルコール控えないと・・・という感じです。ではでは

投稿: えな | 2008年5月 7日 (水) 14時56分

いちご大福、包むのが難しいよね~。
私はねりねりするもの、何だかちょっと
ニガテだったわ。。。
Tomyちゃんのいちご大福は美人だわ~!!
ワタシのは不細工だけど、でもTBしちゃいました。ワハハ。

GW、私も飛ばしまくり。。。
夕べは胃が痛くて眠れなかったよ←そこまで食べるか!って突っ込んで(笑)。

投稿: マイキー | 2008年5月 7日 (水) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/41122116

この記事へのトラックバック一覧です: GWの宿題ーいちご大福ー:

» いちご大福 [暮らしのアレコレ]
「日々見つけたプチロハス」のjasmineさんが、お孫さんにいちご大福を作っていらっしゃいました。 大福って、白玉粉で作るのね〜。←初めて知... [続きを読む]

受信: 2008年5月 7日 (水) 13時59分

« そら豆のゴルゴンゾーラペンネ | トップページ | ピリ辛ヅケ鮪とアボカドのサラダ風 »