« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月29日 (火)

ドゥ・ボン・クーフゥへお散歩

「天気がいいから散歩に出ておいでよ!」

先週の土曜日、仕事が早く片付いたオットから電話がありました。
お気に入りとなっている濃厚ケーキを食べに行きたいらしく、一つ前の駅で待ち合わせをしてそのカフェへ向かいました。

080419_1

ところが・・・、午前中の良いお天気は嘘のようにドン曇り。
雨が降る前に急げという感じでしたが、久しぶりの散歩はやっぱり気持ちがいい。

080419_2a

途中の公園では大きな八重桜の木が、ポッテリ重い花をつけて見事に咲いていました。
とてもとてもいい香り、ちょうど満開でした。


***


 

080419_3

距離もないのですぐ着いてしまいます。
こちらが目的地、『パティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥ』、書きにくい覚えにくい〜。

場所は庶民的な武蔵小山、目黒線で目黒から二つ目、徒歩7分ぐらいでしょうか。
カフェ本やスイーツ本にも良く登場していたのでご存知の方も多いはず。


080419_4

1Fがショップで写真は焼き菓子の一角。右端に見える『黒ごまと蜂蜜のケーキ』は大のお気に入り。

激しく美味しいイチジクとキャラメルナッツのドライフルーツケーキや、濃厚なブラウニーはお値段も高めですが、原材料にはこだわりも感じられ、その濃厚さからすると無理もないのかな。

実はまだシンプルなパウンドケーキを食べてないので次のお楽しみなのです。

お店にはサイトに載っている以外の生菓子や焼き菓子もありますが、3月から銀座松屋にもオープンしたらしいので買いやすくなったようですね。

私たちは地下のカフェでケーキをいただくとに。。。

080419_5

低い天井、古いビルのコンクリート打ちっぱなしの地下を使った空間、一見倉庫のように置かれたインテリアに暗い店内(実際はもう少し暗い印象です)。

私は時々仕事ででかけて、こういう場所に数日軟禁されることがあるのですが、これも好みが別れるところでしょうか?

右側にはケーキを作る工房もあり、スイーツの教室も開催されているようです。

080419_6a

席はソファだったり、椅子だったりいろいろ。こちらは私が座ったソファの後側の壁。

気持ちよい空間とは言いにくいところもあるのですが、妙に落ち着きます(笑)

うちのオットは、レストランやカフェでの隣の人との距離にうるさいのですが、ここはその点でも基準値をクリアしていて、数少ないオットお気に入りのカフェです。
ただ一人で来てのんびり本を読むのは暗さが目に悪い気がしますね、やっぱり。

080419_8

やっと来たケーキ、オットがえらんだ4種のベリーのケーキです。
濃厚なはずですが、ラズベリーの酸味と控えめな甘さでこれは意外と軽くペロリです。

080419_9

私はやっぱりガトーピスターシュ。
真ん中にサンドされている木いちごがピスタチオのクリームや紅茶の生地と良く合うのね。
いろんな味わいが一つになるのを楽しめます。

すっごく濃厚で、少しづつ味わっていると私でもそのボリュームを実感。
値段(670円位?)だけのことはあるかな。

080419_7

ついついコーヒーにしたけど、3種類(フレンチ、ミディアム、シティ)の中で一番軽いシティローストでもけっこう濃いめなのでした。
この日も紅茶にしておけば良かったとちょっと後悔。


080419_6

お隣の席が空きました。こちらは少し明るいので本も読めますね。

店内の様子はこちらのウーマンエキサイトにも載っています

 

お店を出たらもう薄暗く小雨でした。

「けっこうお腹もいっぱいだよね」と一瞬思ったのですが、帰りに焼き鳥を焼こうと話が盛り上がり、たっぷり軟骨と鶏肉を買って帰ったのでした。


******

沢山写真はりつけちゃいましたが、お付き合いいただきありがとう!

我が家にはゴールデンウィークというのは特にないのですが、カレンダーのお休みをちょっとずらして、またこんなふうにケーキを求めてお散歩と近場の温泉で楽しむ予定・・・かな。




  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   いつもありがとう。

 


| | コメント (9) | トラックバック (1)

2008年4月28日 (月)

筍ご飯と姫皮の明太和え

080420image

<4月20日(日)の献立>

帆立の照り焼き 新玉葱と胡瓜のサラダ添え
水菜と筍の姫皮の明太和え
羽衣こんにゃくの酢みそがけ
筍ご飯
豆腐と九条葱のすまし汁

そしてやっぱりアイスクリーム


去年の筍ご飯の記事を検索したらやっぱり帆立。バルサミコ酢炒めをしていました。
あ〜、それに天ぷら付きだった! 

いえ、気合いが入ってないわけじゃないんです。たっぷり筍ご飯を食べようと思ってね。
群馬へ仕事に行った帰りに『ららん藤岡』で買ってきた葛入の羽衣こんにゃくでカロリー調整。

でもやっぱり夜中になると・・・。
この日はクリスピーサンドだったかカシス&オレンジだったか、既に記憶があいまい。


●水菜と筍の姫皮の明太和え

080420_3

前の日は筍を焼いたので、この日は姫皮の和え物と筍ご飯としました。

おすましの汁を作ったついでに少し汁を取り分けて塩を加え、一煮立ちさせたところに水菜と姫皮を入れ冷まし、汁気をきって明太子と和えました。

面倒ならそのまま10秒ほど下茹でした水菜と下茹でしただけの姫皮を和えるだけでもいいのですが、水っぽくならず明太和えもさらに美味しい気がしました。


●筍ご飯

080420_2

たきこみご飯より炊き込みおこわの方が好きですが、餅米を買い忘れましたので今年も筍ご飯。
翌日もたっぷり食べるなら2〜3割の餅米を入れて炊くのも好きです。

筍と油抜きした油揚げはだし汁と酒、薄口醤油、みりん少々で下煮をしておき、その煮汁もあわせて、だし汁と酒と塩と薄口少々加え調整して炊き込んでいます。

炊き込みご飯の具は必ず下味をつけて炊くのは祖母も母もそうしていたのでこだわり。
口の中でご飯と具がちょうど良くなる感じ。

でもその為にはもう少し具が小さい方がいいかもね。
本当は具も後から入れたいんだけど、筍ごはんだけはね…。


******


そうそう、筍料理に使ってる木の芽、この時芽が出たの山椒の木はすごく沢山の葉をつけました。

080420_5

これは小さい方の木ですが、後ろにある明るい葉(なぜか全然色が違う)の木は60cm程に成長。
植物枯らすのが得意な私にしては珍しいというか、初めての年越しですからね。

観賞用でなく、食用だと育てられるのかも???


それならってことで、ジャングルローズマリーもカットして食用に徹してみたら・・・、

080420_4

ナゼーーーーーっ!?
後ろのイタリアンパセリなんかすごく成長してしまった!

でもいつも食べ忘れて、食卓に登場したのは、『茄子とトマトのパスタ』にむりやり飾った時のみ。
パセリはもう少しおおきくなったら食べる事としよう。
買えば100円ぐらいのパセリだけど、なんかちょっと楽しみ♪

明日はもう一つのポットにバジルを植える予定。

 

  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   いつもありがとう!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

筍の木の芽味噌焼きとプレゼント当選!

080419_1a

先週の事ですが、今年2回目の筍を茹でました。

朝掘りだったらそのまま焼けるのでしょうが、お店で買ったものなので、先を斜めにカット、縦に切れ目を入れパスタポットにたっぷりのお湯と売っているぬかの小袋2袋、鷹の爪2本入れて1時間下茹でしています。
その後少し冷めるまで待って、皮付きで半分に切ってからきれいな水に浸して保存しています。

焼くときは皮をつけたまま一度熱湯でさっと茹でて、厚手のペーパーでしっかり水分を吸い取ってから魚焼きグリルで皮面から焼きました。

最後焼けてきたら木の芽みそを表面に塗って少し焼いたらできあがり。
包丁を入れてくりぬいてから器に盛り、山椒を添えました。

お隣は木の芽焼き。
醤油とみりんと酒のたれを塗りながら焼いて、仕上げに刻んだ木の芽をたたいただけ。

下茹でしていても、やっぱり焼くと味がギューっと濃くなって美味しいですよね。


***

実はこの日久しぶりに焼き鳥まで焼いちゃいました。
グリルは筍が使用中だったので遠赤効果のある網を使い、軟骨、もも、レバーはたれで。

そしたらビックリするくらいすっごい煙!!
「ウワ〜ッ」とか言いながらも沢山軟骨があったので焼く焼く・・・

それってやっぱり燻製効果だし、岩塩使ったし、焼きたてだし、お腹減ってるし・・・、妙に美味しく感じたわけ。
オットは焼きたてがいいんだとか言いながら味見が止まらなくなって、気がついたらキッチン立ち飲み屋状態。食卓についた後は写真のホクホク筍とお浸しだけとなりました。

ホント美味しかったけど、その後どうも鼻に煙が染み付いてぬけなーい!!
網もかえないとダメだけど、やっぱり次は焼き鳥屋へ行った方がいいのかな?(笑)


*******

それから、、、今日はちょっと自慢させてください。

先日大好きなブログ、『ねんねこりん』のつむぎさんとこで、blog2周年記念プレゼントが当選しちゃったのです。

選んでくれたミーシャ、ありがとね!(↑ミーシャが選んでくれる様子も見れます)

刺繍していただけるということで、うちの子ziziの写真を送って、楽しみに待っていたらこんなかわいい猫グッズが届きました。

080426_1

中央下にあるのはつむぎさんの手による刺繍。

すっごいの!

080426_2

ふてぶてしいというか、きかんぼうなziziの雰囲気がソックリ
しかも細かく毛色のトーンまで再現。つむぎさ〜ん、感動よーーー!

輪郭のない画像送ってごめんね(笑)

うちの子だけでなく、他の方の猫ちゃんたちもすごく素敵に刺繍されてるので、つむぎさんの記事をご覧くださいまし。→「刺繍はこんなんでーす」


あとはお約束でこんな写真も。

(っていうか、こんなんしか撮らせてもらえなかったー:泣)

080426_3

ささみのおやつは珍しくとっても喜んで食べました。
猫型クッキーの型抜きは、明日マグロを抜いてあげようと思います。

ziziとダラダラの嬉しい休日です。

 

  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   いつもありがとう!


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

鯵の甘夏マリネとシチリアーナ

080414image

<4月14日の献立>

鯵の甘夏マリネ 水菜とアーモンド添え
シチリアーナ(茄子とトマトソースのパスタ)
イチジク入りのパンとチーズ

ハハハ・・・、なんだか急に夏っぽい?

ちょっと山菜も和食もお休み。
その日は美味しそうな鯵と甘夏、久しぶりに茄子を買って帰りました。

甘酸っぱい甘夏と鯵はマリネやカルパッチョで合わせてみたい組み合わせだったし、茄子はやっぱりオリーブオイルで揚げたのが食べたかったのよね。


●鯵の甘夏マリネ(鯵と甘夏のカルパッチョ) 

080414_1
  1. 3枚におろした鯵に塩をふって15分ほど冷蔵庫で休ませました。
  2. 甘夏は包丁で皮を剥き、薄皮についた実は絞って容器に入れておきます。(大2〜3ぐらいになるよう盛りつけ用を除いて実も絞る)
  3. 鯵から出た水分をふきとって甘夏の果汁、ディルやお好みのハーブ、胡椒を混ぜたものに10分ほど浸す。
  4. 鯵の皮をとって薄くそぎ切りにしたものと甘夏を合わせて器に盛り、EXVオリーブオイルをかける。

軽く塩胡椒した水菜と軽くローストしたアーモンドを添えましたがこちらはお好み。
夏みかんでも合うかな?
甘夏との組み合わせは、私もオットも好きでした。

甘夏の果汁で表面をごく軽く締めた感じのカルパッチョ、フレッシュな香りのEXVオリーブオイルをかけていただきました。


●シチリアーナ(茄子とトマトソースのパスタ)

080414_2

揚げた茄子に玉葱とセロリ入のトマトソースをたっぷり使ってちょっとボリュームあるシチリアーナ。

[今日の材料メモ]
茄子2本、パスタ160g、オリーブオイル大2(揚げ油は別)、ニンニク1片分、
鷹の爪1本、玉葱大1/4個、セロリ1/3本、トマト水煮缶1缶、蜂蜜少々、
パスタの茹で汁、塩胡椒、オレガノとイタリアンパセリ少々、パルミジャーノ適量

玉葱やセロリのみじん切りがたくさん入るのに、こんな時にかぎってトマトの水煮を漉してしまいました。ゴトゴトしなくていいような気がしたんだけど、無駄な労力だったかしら?

んー、写真で見てもその効果がわかりづらいです。これも自己満足ってやつですよね。





  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   いつもありがとう!



| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

初めてのZopfパンたち

080401_3

今月はdancyuもブルータスもパン特集があったようですね。

私は自分でパンを焼かないので、パンは買う専門。
皆が美味しいというパン屋さんのパンはやっぱり食べてみたいと思っちゃう。

そんなパン屋さんがいくつかある中、このZopf(ツオップ)のパンは、本も出ているし、いつも美味しいパンを紹介してくださるまゆみさんもオススメのパン屋さん

千葉の松戸は遠いよな〜とずっと思っていたら、催事があるとのこと。
確かすごく忙しい時だったのにちょっと遠回りして日本橋高島屋で買ってきたのでした。
はい、それはもう半月以上前の3月末のこと。。。

トップの画像はまゆみさんオススメパンのうち買う事ができたZバゲット

080401_4

想像していたよりシンプルな味、バランス良く何にでも合わせやすい印象。
クラストとクラムも食感がすごく好みでした。

 (↑生ハム+キウイ+クリームチーズ+ブラックペッパー+サルバーニョのEXVオリーブオイルがけの簡単な前菜と水菜のサラダを添えて)


私は夕方行ったんだけど、そうでなくてもZopfの催事はすごく混んでいて、まゆみさんに教えてもらっていたおすすめの『Z食パン』や『ハーモニッシュ』は手にはいらなかったのー。


080401_1

お目当てだった『ヨーグルトライ』も無かったけれど、それを使ったサンドイッチは入手。

サワークリームとペッパーの効いたローストポークに野菜やパイナップルとか・・・(メモがないっ:汗)
このローストポークとパイナップルのコンビは新鮮だった!
ヨーグルトライは酸味が強すぎないし、すごく食べやすくて美味しいライ麦パン。


080401_2

普段はあまり食べないアンパンもこの小さなサイズと程よい甘さの餡が美味しかった!
手前が香りのよいサクラ餡(白餡と桜葉?)を使った桜あんぱん、奥が小豆でおやつにぴったり。


080401_5_2

焼きたての文字にひかれて買った『セミドライトマトのブール』。
セミドライトマトはけっこう汁気も含んでいて、軽く温めて深夜に会社で食べたのだけど、チーズと絡まって美味でしたっ。

種類も豊富で今回買えなかったパンや他のバラエティーパンにも期待しちゃいます。

催事なのに、ひとつひとつのパンに手描きの説明書きがあって、私にもわかりやすく説明されているので買いやすかったです。

まゆみさん、美味しいオススメありがとねー!


  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   いつもありがとう!


| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

鱈の唐揚げと筍の木の芽味噌和え

080416image

<4月16日(水)の献立>
鱈の唐揚げにとろりポン酢 生野菜を添えて
筍の木の芽味噌和え
ブロッコリーの塩昆布おろし和え
筍の姫皮のかきたま汁(絹さや、三つ葉)
7種の雑穀入ご飯

筍料理2日目、とりあえず木の芽味噌食べたいし、姫皮の汁がのみたい!
まずは定番をひととおり。

そして皮はぎの鱈半身買ってしまったので、片っ端から唐揚げ。
だってさ、鱈みたいな低カロリー食材なら、いっぱい唐揚げ食べても許されそうでしょー。



●鱈の唐揚げにとろりポン酢 生野菜添え(新玉葱、水菜、茗荷、プチトマト)

080416_1

以前、『カレー竜田にとろりポン酢』のカレー味でつくりましたが、この時は塩胡椒の唐揚げにとろりポン酢です。

『とろりポン酢』はだし汁で割っているので見た目より辛くないのです。

しかもふんわり揚がった鱈の食感もそのままに、野菜も軽く塩胡椒しておけばおいしく食べれるので気に入ってます。

水分をしっかり吸い取ってから揚げて、途中で軽く音が変わるのでそれを待って引き上げるの。
早いとカラッと揚がらないんだよねー。


●筍の木の芽味噌和え

080416_2

木の芽味噌は和え物だったらちょっと丁寧に作ってみたりします。

お店などでは山椒の木の芽だけでなく、『青寄せ』と言ってほうれん草の柔らかい葉先をすりつぶした物を混ぜたりしていると思いますが、私はこの日、ほうれん草がないので小松菜の葉先を使いました。

これはよくすりつぶしてないし、500wでレンジにかけちゃったので、アップに耐えられるようなシロモノじゃなかったのですが、オットにお任せちゃんの画像なので許してー。

だし汁もう少し増やした方がレンジにかけやすかったな〜と思って、去年のレシピより少しだし汁増やしてレンジにかけてます。



●ブロッコリーの塩昆布鬼おろし和え

080416_3

塩湯でしたブロッコリーと『鬼おろし』でおろした大根おろし。

「喘息には大根?」(喘息ではないのですが:大汗)とか思って、朝から大根入りお粥とか食べていた私です。
勝手な思い込みですから、はい。

塩昆布(『茶漬昆布』使用)だけで味を整えてもよいのですが、量が必要になるので、塩ポン酢や塩で味を整えても。

鬼おろしだと水分があまり出ないので、塩昆布は少し馴染ませてからいただくとちょうどかな。


******


<お知らせ&お願い>

4月22日(火)8:00〜12:00までメンテナンスによりコメント、TBを受けつけることができません。
ご了承ください。





 

  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   見に来てくれてありがとう!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

蕗のきんぴらや若竹煮の山ごはん

080415image

<4月15日(火)の献立>
鶏もも山わさび焼 花山葵の醤油漬け添え
若竹煮
蕗とさつま揚げのきんぴら
春キャベツとジャガイモの味噌汁(絹さや、細葱)
15雑穀入ご飯

夜中の『ブログの時間』になると咳き込んで、なかなかPCに向かうことができませんでした。
昼間は平気なんですけど、ちょっと長引きすぎるよねー。

記事もたまって、記憶もなくなりかけてる今日この頃。。。

***

さてこの日のメイン、正確には山わさびで焼いているのではなく、酒と塩で焼いた鶏もも肉に、砂糖少々と醤油等が入った山わさびを塗り、刻んだ茗荷をかけて仕上げています。

いただきものの北海道の山わさびでのすりおろしですが、美味しかったので今度普通のわさびでもやってみよっ!

花山葵の醤油漬けもいただきもの。
煮物に添えたり魚介と合わせたり、大好きな山菜の一つですが今年はまだ自分では買ってないのでこれから楽しみます。


でもこの日は今年お初の筍料理。やっぱり若竹煮が食べたかった〜。


●若竹煮

080415_1

前の日に買ってきて下茹でしておきました。

「んー、おいしいね〜」と言わせてしまうのは筍のもつ香りや力と新しい枯節のおかげ。

写真を撮った後、食べる時になって木の芽を忘れたことに気がつきました。
あれからベランダの小さな山椒の木は沢山芽をつけていたのに残念。

「明日は木の芽忘れてたら言ってね!」...とお願いする。
ホント、ホント、忘れっぽくなっちゃってどうしようーってカンジ。


こんな事を言いながらのこのシブイ山モノご飯。
まるで田舎のばーちゃんちみたい?







●蕗とさつま揚げのきんぴら

080415_2

子供の時から食べている好きなきんぴらの一つです。

鍋に入る長さにしてから粗塩で板刷りにし、塩で下茹でしてから皮を剥き、さつま揚げは薄く切って熱湯で油抜きし、どちらも水分を切っておきました。

田舎で食べるのはたいてい野蕗でしたが、こちらでは太い蕗ですから、タテに1/2〜1/4に細くしてから炒めます。

胡麻油で炒め醤油とみりんを同量と白炒り胡麻をたっぷり。
お好みで輪切り赤唐辛子を加えて炒めたり、食べる時に七味をかけたり。





  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   見に来てくれていつもありがとう!


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

スペアリブの自家製梅酒煮

080410image

<4月10日(木)の献立>

スペアリブの自家製梅酒煮(ブランデーベース)と菜の花のお浸し
焼きそら豆
5色の彩りヘルシーサラダ
豆腐のすまし汁(えのき茸、葱)
オットだけ少し合鴨農法のもち黒米入ご飯


この日(去年の6月17日)漬けた自家製梅酒、そろそろこの梅の実を取り出さねばならなかったのを思い出しました。
私が受けた教えによると10ヶ月で取り出すとのこと。

080410_4

後ろの濃い色の方がブランデーベースで、手前が焼酎、砂糖控えめです。
ブランデーベースに入れた梅は少しシワシワになって、針であけた穴も目立つのでこれはジャムと煮物で使おうかなー。
焼酎の方はぷっくりしてますが、ブランデーベースを自分で漬けたのは初めてなのでよくわかりません。
ご存知の方がいらしたら教えてください。
でもどちらもいい感じで漬かってるようで安心。
この日少し使って、あとはまた2ヶ月寝かせておきます。



去年は思いつきで、その梅で梅ジャムを作ってスペアリブを焼いたのですが、今年は2種類あるので、ブランデーベースの実と梅酒を使って『梅酒煮』をつくってみました。

前の日アッサリした食事だったのでこの日はガッツリ、実はおかわりしちゃったの(汗)。



●スペアリブの自家製梅酒煮(ブランデーベース)と菜の花のお浸し

080410_1

<材料> 豚スペアリブ500g、すりおろしニンニク適量、リンゴ酢大1、塩胡椒少々、
     梅酒(今回はブランデーベース)1cup、水1cup、
     漬けた梅の実(2Lの種抜き)4個分、醤油大3、
     三温糖(梅酒の甘みにより加減)大1/2〜1、シナモン少々

  1. 豚のスペアリブはリンゴ酢とすりおろしニンニクを揉み込んでしばらくおいてから水分を吸い取り、塩胡椒をして薄く油をひいたフライパンでしっかり焼き色を漬けながら焼く。
  2. フライパンに出た脂をふいて、熱湯をそそぎ5分ほど茹でる。
  3. 圧力鍋に肉を入れ、梅酒と水、種をのぞいた梅、調味料を加えてアクをとって煮る。沸騰したら加圧して10分、保温10分粗熱がとれるまで冷ます。
  4. 肉の脂が浮いてくるのでここでペーパーを上にかぶせて脂を吸い取る。(肉質にもよりますのでお好みで)その後再び蓋を開けて火にかけ、水分を飛ばしながら少なくなるまで煮詰める。

    *器に盛る際に、お好みでスパイスをプラスして盛る。

ブランデーベースに合わせるスパイスいろいろ悩んだ結果、ネットで調べてシナモンを使ってる方がいらしたので真似っこ、味もしまったように感じました。

香り良くコクがあって柔らか(焼酎ベースだともっと柔らかかも?)な仕上がりで満足しました。
口をさっぱりさせる為、菜の花のお浸しを添えたのがちょうど良かったよー。
また作りたい!!



●焼きそら豆

080410_2

焼いてアツアツホクホク、皮破ると中からきれいな緑色のそら豆が顔を出します。



●5色のヘルシーサラダ

080410_3

梅酒煮のお肉に芥子があうので、粒マスタードと芥子、マヨネーズ、レモン、蜂蜜少々等でドレッシングをつくりました。

新玉葱が美味しい季節、たっぷりの肉にはたっぷりの野菜ですよね。
こっちは5色の彩りヘルシーサラダ。

新玉葱(白)、ミディトマト(赤)、パプリカ(黄)、胡瓜(緑)、ひじき(黒)。


******

先日風邪をひいたのですが、エイヤッ!って気力で治したつもりでおりました。
しか〜し、その後2日間、夜になると咳き込んで、朝まで眠れません。

咳で背中は筋肉痛、酸素不足で目の下は真っ黒のくま、さすがの私もやっと休んで病院へ行ってきました。

久しぶり、、、病気で行くのは5、6年ぶりぐらいでしょうか。
一日がかりでした〜。

でも喘息じゃなくて良かったよ。
オットはさ、今ziziの抜け毛が激しいから私が猫アレルギーになったんだとか言ってたけど、やっぱり風邪だったよ〜。
帰ってきて、ziziをムギュムギュって抱きしめてまた遊べるよぉーー!って言いながら起きて寝ています(横になると咳がでるのー)。

歳をとってくると治りも悪いのでしょうか?
風邪の皆様、お大事に〜。


  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   見に来てくれてありがと!

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

鯛と菜の花の昆布締めと遅い桜ごはん

080409image

<4月9日(水)の献立>

天然真鯛と菜の花の昆布締め
そら豆と豆腐の饅頭蒸し べっこう餡
きんぴらごぼう(写真なし)
潮汁
桜ご飯


忙しさが落ち着き始めた先週、自宅で食事をつくる事が増えてきたところで食べたかったもの、いろいろ買いました。

出会ったのはお得な天然真鯛。
32cmと小さい鯛ですが、二人なら充分です。

や〜っと食べたかった菜の花との昆布締めにしました。


●天然真鯛と菜の花の昆布締め

080409_1

3枚におろし、塩をして15分してから水分をふいて皮をはぎ、薄いそぎ切りにしたものを、酢で軽く戻した昆布ではさみ1時間冷蔵庫で寝かせました。
塩も少し効かせ気味に茹でた菜の花も一緒に昆布で挟んでラップしました。

鯛は細切りにしてもよいし、菜の花と合わせて半ずりの白炒り胡麻をかけました。
これだけでも塩味はありますが、ほんの少し酒で割った出汁醤油にわさびを添えたものもつけてます。

時間がなかったので1時間ほどしか昆布につけていませんが、オットが北海道で買って来た上質な羅臼昆布だったのでそれでも旨味はしっかり感じて美味しかったです。

さらにお茶漬けでも食べたかったな〜。

残った昆布は鮭の中骨缶と炊いて翌日のおかずに。肉厚で凄く旨かったです。




●そら豆の饅頭蒸し べっこう餡

080409_2

今年初だったかな? そら豆買いました!

白和えにしようと思ったのですが、暖かいものが食べたくて、半分だけ塩で茹でてからまたまた創作蒸し物にしちゃいました。

饅頭蒸し・・・、ネーミングのセンスがないのでこの食感を伝えるには今これしか思い浮かばない。
中には、水をきった木綿豆腐、豚挽肉、白玉粉、塩、酒でフードプロセッサーにかけて、蟹カマ(蟹缶のほぐし身などがあればなお良いです)の刻んだものと茹でたそらまめをそのままゴツゴツ饅頭にして器に入れ蒸し上げました。

少しもっちりしています。たっぷりそら豆の食感となんとも美味しく蒸し上がったのですが、豚肉の量とかもう少し研究してレシピ化したいと思います。

上にはだし汁とみりんと醤油、水溶き片栗粉でべっこう色の餡をかけました。
写真をとる時に忘れたのですが胡麻油を少し加えるとより美味しかったです。

ところでこの器、明治頃だったかな、アンティークです。
蓋も取り皿や醤油差しにどうぞって柄が入ってるの。
印判手と手描きのミックスもかわいくて、もう随分前に一目惚れして連れて帰ったのですが、この春や〜っとデビューできました。





●潮汁と桜ご飯

080409_3

桜ご飯も桜が散る頃になってやっと作る事ができました。
鯛の頭と中骨は潮汁に。

忙しかった後なので、こういうおだしの効いたものは身体が喜びます。

ここまで作ってオットが帰って来たので時間切れ。
ボリュームたりないかな〜ってことで、写真をとってる間に作り置き冷凍のきんぴらごぼうをレンジで解凍して一品プラス、お酒を少し飲めば時間も遅いしでちょうどかな。




  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   いつもありがとう!



| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

小女子やフキノトウの天ぷらでお蕎麦

080407image

<4月7日(月)の献立>
春の天ぷら盛り合わせと桜塩
(小女子、ふきのとう、うど、オレンジピーマン、大葉、舞茸)
桜海老と九条葱のだし巻き卵 大根おろし添え
独活(うど)とキウイフルーツのマリネ
ごま蕎麦(山わさびのすりおろしと九条葱)

やっとご飯日記は4月に突入、、、おそっ! 

いきなりですが、小女子(こうなご)ってご存知? 魚の名前としてイカナゴが正しいらしいですね。
私には小女子の方が子供の頃から馴染んでいる名前です。

シラスと同じで春が旬、鮮度が落ちやすいので東京のスーパーに並ぶ時は釜揚げされた状態か、ちりめんになって<新物!>のシールが貼られています。いかなごのくぎ煮とか佃煮は年中見かけるけど。

子供の頃、母がよく小女子の天ぷらを作ってくれました。
シラスにも小女子にも、子供の時は特に興味を示せませんでしたが、天ぷらは別物でしたね。
いつから食べてないだろう〜と思いながら小女子天を揚げました。

今だったら新玉葱とかき揚げにしても美味しかったな〜。


●天ぷら盛り合わせ

080407_1

今日の春天盛り合わせ、手前からふきのとう、小女子、オレンジピーマン、独活、大葉、舞茸。大葉と舞茸は季節に関係なく、オットが大好きなのではずせません。

ふきのとうはもう少しあったのですが、つまみ食いで器に盛れたのは1つづつ(笑)

あ、花開いたのを揚げたわけじゃないですよー。
蕾み状態のものを開いて揚げるのですが苦くない、、、天ぷらっていいよね。

桜の葉が香る桜塩で食べました。




●独活(うど)とキウイフルーツのマリネ

080407_3

独活の穂先は天ぷらに、皮は翌朝のキンピラに、本体部分はマリネにしました。

去年何気にキウイフルーツと合わせてみたらおいしくって、それ以来お気に入りにの組み合わせ。

独活1本、キウイフルーツ1個、ラディッシュ2個、独活は薄い酢水にさらしておきます。
いつもりんご酢でしたが、今日はレモン汁を使用で美味しいEXVオリーブオイルと各大1、蜂蜜小1/2、塩とブラックペッパーでマリネしました。

グレープシードオイルやクセの無いサラダオイルでも。




●桜海老と九条葱入りのだし巻き卵

080407_2

桜海老も春ですね〜。
ちょっと高いかなと思っても、美味しいものは少しいれるだけで随分味や香りがついて驚きます。
九条葱もあるので今日は半分胡麻油を使って焼きました。

口にほおばった時にジュワっと出て来る桜海老とのお出汁、香ばしい香りがたまりません。



この日はいただきものの胡麻の入ったお蕎麦を山わさびのすりおろしでたべました。
『山わさび』って知りませんでしたが、北海道の方にはメジャーな食べ物?
辛くて美味しんだね〜。

蕎麦も沢山いただいたし、春はまだまだ山菜の天ぷらも食べたいし、
なんだか毎週天ぷら蕎麦になりそう予感。。。



  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   いつもありがとう!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

塩鯖のハーブマリネグリル*絹さやと塩昆布のリゾット

080329image

<3月29日(土)の献立>
塩鯖のハーブマリネグリル バルサミコトマト添え
菜の花とリーフのサラダ マスタードドレッシング
絹さやと塩昆布のリゾット


日付が前後してますが、とりあえずこれで3月のご飯はいいかげんにおしまいです。

ベランダのローズマリーを食す作戦2回目は鯖!
それも美味しい生鯖がないので、塩サバでグリルしちゃおうって魂胆。




●塩鯖のハーブマリネグリル バルサミコトマト添え

080329_1_2
  1. 塩鯖はさっと水で流して水分を拭いてから、レモン汁と白ワイン各同量をかけて、刻んだハーブ(ローズマリー、ローレル、タイム、パセリなどお好みでたっぷり)とすりおろしニンニク少々でマリネすること20〜30分。
  2. トマトは種をのぞいて刻みバルサミコ酢をかけてマリネ。レモンスライスを用意。
  3. 鯖は汁気を拭き、ブラックペッパーとハーブをまぶした状態で魚焼きグリルで焼き、舞茸は白ワインと塩胡椒で同様にグリル焼き
  4. 器に盛り、フレッシュなローズマリーとレモンを添える。

一人半身、バルサミコマリネしたフレッシュトマトで半分食べれるようにしたのが正解で、満足度高かったです。
って、半身だから満足するのも当たり前かな?

マリネしてからたっぷりのハーブで焼くことで塩鯖でもちょっと洋風にいけちゃいます。



●菜の花とリーフのサラダ マスタードドレッシング

080329_2

粒マスタードを使って作ったドレッシングとカリカリベーコンでほろ苦野菜をたっぷり。




●絹さやと塩昆布のリゾット

080329_3

<材料> 米1cup(1合)、もち黒米小1、絹さやたっぷり、玉葱大1/4個分、
     EXVオリーブオイル大2、ニンニク1片、塩昆布(『茶漬昆布』使用)適量、
     熱湯450〜500cc、塩胡椒、パルミジャーノ(パルメザンチーズ)大2。

  1. みじん切りにした玉葱をニンニクで香りをつけたオリーブオイルで炒め、生米を加えてさらに炒めた後、熱湯を3〜4回にわけて加え、18分炒めました。
  2. 途中3回目の熱湯と一緒に絹さやは生のまま、塩昆布(茶漬昆布)は切って加え、仕上げにチーズと塩胡椒を混ぜればできあがり。

    バターも加えないあっさりリゾットですが、ベーコンの刻んだものなど一緒に炒めても美味しいです。もち黒米はなくてOKですが何故か昆布があまり見えてませんね。

絹さやの香りがふわ〜っと、不思議なことに、茹でたそのものよりも香りを感じるかもしれません。

 (*追記:総称で塩昆布と記載していますが、使用した物は『茶漬昆布』です。)


*******

確かこの日、調子がイマイチなので酒は我慢すると言うオットに気を使って、一人安いワインをのんだのですが、一昨日もオットは熱を出して飲みませんでした。
アレルギーもあるし、疲れもたまってるんだろうね〜。

と思っていたのですが、どうやら風邪だったらしく、今日はなんだか私まで喉が痛いような・・・。
季節の変わり目、みなさんも気をつけてくださいね。



  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   見に来てくれてありがとう!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

蒸しホタルイカと野菜の炊き合わせ

080331image

<3月31日(月)の献立>

蒸しホタルイカと生わかめのからし酢味噌がけ
桜麩と野菜の炊き合わせ
豚しゃぶと小松菜の塩昆布和え
豆腐としめじのお吸い物(葱)
そば米と黒米入ご飯


これも春に食べたいものの一つですよね。
去年に続き今年も食べてます、富山産蒸しホタルイカ!

重なって、重なってー、お休みするそのお姿も美しいですー(笑)


●蒸しホタルイカと生わかめのからし酢味噌がけ

080331_1

1パック買うとけっこう入っているので、二人暮らしではおかわりでこの倍量食べてしまうわけです、はい。

今日は胡瓜ですが、季節の生わかめと白い独活(うど)や長芋で3色にしたところへ黄色い味噌をかける方が美しかったですねー。

今日のからし酢みそは、白味噌大2、みりん大1、砂糖小1、だし汁大2を混ぜてラップせずにレンジ500wで1分と40秒、ぽってりするよう途中で練りながらかけたものに、りんご酢大1、和がらし小1弱、醤油極少量を加えたものです。

毎回いろんな作り方のようで・・・(汗)

●桜麩と野菜の炊き合わせ

080331_2

桜麩ってかわいいね。
しかもグルテン生麩好きです。

日曜のうちにとっただし汁で炊き合わせにしておき、この日は温めて盛りつけただけ。
ブロッコリー、里芋、人参、絹さや、桜麩

出汁が染みててうんまい。




●豚しゃぶと小松菜の塩昆布和え

080331_3

我が家では定番おかずで、量によってメインにもサイドにもなる塩昆布和えです。

しゃぶしゃぶ用の豚バラかロースを酒を入れた湯で茹でて、大根おろしと茹でてお浸しの地に通して絞った小松菜と混ぜてます。

塩昆布の量にもよりますが、好みで塩以外にポン酢で調節しても。

 *追記:総称で塩昆布と言っていますが、『茶漬昆布』という商品名の醤油が入ったものです。
  







    ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   いつもありがとう!

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

鱈のふき味噌焼きと桜の季節

080401sakura2

目黒の桜は今年も美しく咲きましたが、昨日には風にのって花吹雪となってしまいました。
満開ピークだった週末はお天気が良くなかったようで残念でしたね。

それでもあいかわらず沢山の人が出ていましたが、私はもれなく出勤だったわけで・・・。

これは翌日、打ち合わせに出た帰りにちょこっとコンデジで撮影した私のお花見です。


 


毎年桜の咲く季節は忙しく、東京ではゆっくりお花見をした記憶があまりありません。
深夜の帰宅、珍しくオットと一緒に帰る時も少し遠回りして桜の下を歩くのが精一杯でした。

 


080330xsakura_1

「私が死んだら棺には桜の花を入れてね」

毎年、もう10年もオットにお願いしています。
それでもうちのオットは忘れるような気がします。いや、絶対忘れるな。

だって北海道土産のプリンだってお願いしてたのに忘れてきたし・・・(泣)。


さて、ご飯、ご飯。


080330image

<3月30日の献立>

鱈のふき味噌焼き
小松菜と厚揚げの炊いたの
スナップえんどうと水菜の胡麻だれサラダ
芽蓮(蓮根)の梅肉和え
かき玉汁(えのき、人参、玉葱、葱、)
そば米と黒米入ご飯


随分前のご飯です。この前日の夜中に、ふき味噌を作りました。
刻んでから茹でこぼして絞りましたのでオットも食べやすいでしょう。

今年は母のを真似て鰹節入り。

酒と塩で酒塩焼にした生の真鱈、最後にふき味噌をのせて香ばしく焼き上げました。
この日は添え物がなかったので、つむぎさんに触発されて買った桜麩も温めて、こちらは残っていた柚子味噌を添えて。



080330_2

スナップエンドウと水菜とパプリカのミニサラダです。
フライドオニオンが見えませんがトッピングしてあり、すりゴマ、マヨネーズ、だし汁、薄口醤油、レモン汁を合わせたドレッシングをかけました。

スナップエンドウのシャキシャキ食感がおいしかったな。
これも春のおいしさだね〜。

ドタバタの毎日でしたが、地味にちっちゃく春を感じてます(笑)




 

  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   いつもありがとう!



| | コメント (22) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

小松菜とひじきのペペロンチーノ

080321x_image

<3月のパンを食べ過ぎた後の献立>

カラスガレイの煮付け
小松菜とひじきとベーコンのペペロンチーノ
切り干し大根と春キャベツの芥子風味のお浸し

多分、前記事のパンをたらふく食べた日の夜ご飯だったかと。。。

炭水化物抜きでお酒を少しのんだかな。

忙しい間も野菜が食べたくなって時々は食事も作っているのですが、さっと炒めるだけとか、和えるだけの手抜きなオカズたちが中心になってしまいます。

このところ良く食べたのがこれ。

080321x_2

カルシウム補給バッチリ!前にも登場してましたね、きっと。

この日は生ひじきを使いましたが乾燥でも。

ニンニクと輪切りの赤唐辛子をEXVオリーブオイル香りをだして温めてからベーコンとひじきを炒め、小松菜を加えてから塩胡椒、お醤油を香りづけ程度に。

焼き魚や煮魚の副菜、朝食にも良く作るおかずです。

オリーブオイルを使わず、胡麻油と生姜のみじん切りも少し加え、ベーコンのかわりにハムにすると
中華風炒め物バージョン。それもまた美味しいです。

******


忙しかった仕事もだいぶ落ち着いてきました。
オットも仕事で行っていた北海道から戻りました。

北の国にももうすぐ春が届きますね。



080405_1_3

お返事おそくてごめんね。

のんびりですが、溜まっているご飯画像と桜も明日からアップしまーす!



  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   見に来てくれてありがとう!


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

シニフィアン・シニフィエで休日

080323x_3

休日パン祭りは、恵比寿のロブションで焼きたてクロワッサンやフィグのパンを食べると幸せですが、バゲットや日々の食事パンはちょっと別です。

三軒茶屋にある『シニフィアン・シニフィエ』、ここは日々パンでお世話になっているお気に入り。
人気店なので説明不要(→All About)ですね。

オットが近くで仕事をした際に買ってきてくれたのがきっかけでしたが、今ではオットもここのバゲット・プラタヌが大好き。
あれもこれもとどっさり買いこんでしまいます。

今日から値上げですが、また近くまで行く予定なので買ってしまうこと間違いなしだね。


トップの写真は先月食べた久しぶりのイート・イン、休日温泉帰りのパンを楽しむコースです。


***

その前にまずはこの日の休日温泉から。。。

花粉や黄砂の影響でオットのアレルギー系の皮膚はボロボロになっているのでまたまた温泉マニアと化しています。
先月のわずかな休日ですが、世田谷にある『瀬田温泉:山河の湯』へ行ってきました。

080323x_7

お天気が今イチだったのですが、これは水着着用の混浴露天風呂です。
二人で温泉に行ってもつまらないということがありません。
環八のすぐ脇まで広い敷地があり子供連れのご家族も楽しめるお風呂もあります。

中も撮影は禁止なので画像はこれだけ。
80度ぐらいのサウナや専用露天と合わせてお風呂は4種類ほど、嵐の前にリラックスしてきました。
でもね、脱衣所は広すぎて案の定方向音痴の私は迷子、出てくるのに時間がかかります(笑)

瀬田温泉の『山河の湯』を楽しんでビールを一杯だけ飲んだら(私だけ!)、早い時間ならお蕎麦コース、2時も過ぎていたらパンを楽しむコースというのがオススメ。


そんなわけで寝坊して出かけたこの日は『シニフィアン・シニフィエ』へ。


080323x_5

その名の通り、『パンを楽しむコース』ワインセレクト含む1500円位だったかな。
ワインは別ですが、パンはおかわり自由です。・・・もちろんどちらもしました!

これは私のプレート、マヌカ蜂蜜は必須で、後はオットのプレートと異なるジャムのプレートにしてもらいました。

080323x_4

オットのプレート。
チーズもいいけどレモンカードが美味。

ここで扱っているオリーブオイルの旨いったらないのです。
ゴクッと飲んでみたいくらい。
サルバーニョを超えちゃうかも♪ でもお値段も倍近い。ヒーーッ!

私はセットでいただけるワインにしましたが、車を運転しているオットは濃厚なみかんジュースとコーヒー。ちなみにコーヒーはワインより高いです。


080323x_2

これは以前買った時の画像です。
白樺の樹液を使った新しいバゲットを食べてみたいけどいつも売り切れ〜。

赤ワインとたっぷり入ったナッツやドライフルーツのパン・オ・ヴァンが激しく好き!
全部買い占めたい!!


080323x_1

これは先月の朝昼兼用ご飯だったかな。
春キャベツどっさりの食べるスープと山盛りパンだけ。

これで足りないと言われた日には泣けて来る〜〜。

パンにはオリーブオイルと養蜂家の方から直接買っているアカシアの蜂蜜。
フィグ・エ・フィグともう一種類フィグ入りのパン、プラタヌ他・・・。




  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   いつもありがとう!


| | コメント (21) | トラックバック (1)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »