« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

大根たっぷり鯖の梅おろし煮

070915_1

9月頃作ったものですが、画像が残っているので私のメモがわりにアップします。

 

鱈、鮭、鯖・・・、おろし煮(みぞれ煮)はけっこう好きでよく登場しているものの一つでもあります。 冬は暖かく、夏はつめたいおろしで。

魚は小麦粉や片栗粉で揚げてからというのが普通ですが、脂ののった鯖だったので、
カロリーダウンも兼ねてあっさり煮てみることとしました。

その分、おろしが絡みにくいので、大根の持ち味も生きる鬼おろし大根で。
あっさりしているようですが、これが見た目よりずっと美味しかったんですよ(汗)


●鯖の梅おろし煮

<材料> 真鯖おろし身1尾分、酢大2、塩適量
     水1cup、酒100cc、薄口醤油大1/2〜1、みりん大3、生姜スライス1/2片、減塩8%梅大2個
     大根1/2本、青紫蘇

  1. 鯖は塩をして20分ほど冷蔵庫で寝かせ、水分を取り、半身を二つにして酢を適量加えた熱湯に通す。大根は鬼おろしですって絞らず汁気を残す。
  2. 水と酒、みりん、生姜を加えたものが沸騰させ、醤油、梅、鯖を入れて落としぶたをする。
  3. 煮汁をまわし、鬼おろしを加えてひと煮したらできあがり。

  *梅の塩梅によって醤油は加減する





*******



↓↓下記事の『膳』さんの『西京味噌幽庵焼き』のレシピ、追記しています!

よろしければご覧ください。




  

  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←今日もクリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←お手数ですが、よろしければさらにこちらも。

           今日も見に来てくれてありがとう!

 



| | コメント (11) | トラックバック (0)

記憶その5 里芋とイカの煮物&肉詰めピーマン

070916image

<記憶の彼方9月頃の献立>
肉詰めピーマン ケチャップソース
里芋とイカの煮物
キャベツと胡瓜の紫蘇の実和え
大根と大根葉の味噌汁
白米ご飯

忙しくなる前にたべておかなくっちゃ!と作ったのが里芋の煮物とピーマンの肉詰め。
今年はピーマンが安くて大助かり。丸ごと煮たり、焼いたり、よく食べました。

控えめにお肉を使ったケチャップソース味の主菜には、今日は魚介を使った煮物の副菜と塩味の漬け物風の組み合わせ。

煮物は母が作っていたように、里芋のぬめりを生かしたまま、イカや蛸を合わせて煮るのが大好きです。



070916_2

●里芋とイカの煮物

スルメイカの美味しい季節になってきて、鮮度のいいものを煮ると、煮汁が真っ赤に染まります。
この色、香り、たまりませんよね。

毎回里芋の量によって多少味つけも違ってたりするのですが、こちらにもレシピを書いたものがあります。

  →『2006.10.10 蕪と柿の酢の物★里芋とイカの煮物』内

ヌメリが足りないときや、冷凍里芋使った時などは、水溶き片栗粉で煮汁にとろみをつけてみてください。




******

ところで私、『動物占い』とか『脳内メーカー』とか、
一見興味なさげですが、一応やってみたりして、その結果にガッカリするのです。

脳内メーカーに至っては、もうめちゃめちゃ恥ずかしい結果でして・・・。

ところが、大好きな猫友『つむぎさん』のところで教えてもらった『家紋』
こんないい事が書いてあったのは生まれて初めて!


Kamon_2

【グッド】 何事にも前向きで探究心旺盛なグッド紋のあなた。知識や才能も豊かですが、それをひけらかすような事はしません。口も堅く、友人や上司からの信頼も厚いはず。さらにムードメーカーとしての才能もあり、非常に優秀な人格の持ち主。ただひとつ、心開いた相手に対し、忠実になり過ぎてしまう傾向があるようなので注意が必要かもしれません。


確かに口は堅いと思いますが、知識も才能も実際はだいぶ足りません。。。



 
 
 


  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   いつもありがとう!



| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

記憶その4 銀ダラの西京味噌幽庵焼き

070910image

<これもずっと前の9月の献立でした>

銀ダラの西京味噌幽庵焼き 谷中生姜の甘酢漬け
夕顔と鶏挽肉の炒め煮
蓮根と茄子の揚げびたし
トマトの玉葱柚子胡椒ドレッシング
若芽としめじと三つ葉の吸い物
7種の雑穀入ご飯


ちょっと焼き過ぎ的ではありますが、この銀ダラ、めちゃめちゃ美味しくできちゃいました。

そう、西京味噌焼きでないのですよ。
『西京味噌幽庵焼き』は『膳』yoshiさんから教えていただいた秘伝のレシピ!!

いつもこのお料理が気になっていて、ずうずうしくも教えていただいた私です。

ずーーーーーっとやりたかったんだけど、なかなかいいお魚に出会えなかったのですっかり遅くなりました。

で、西京味噌焼きとどんだけ違うって・・・、そんな、もう、全然違う!
私が作ったとは思えないプロの味。

レシピ転載許可を確認してないのでヒントだけ。

※追記レシピです。

●銀ダラの西京味噌幽庵焼き

<材料> 銀ダラ2切、西京味噌50g、醤油小1強、みりん小1、酒小1、柚子の絞り汁小1〜

  1. 西京味噌と調味料をよく混ぜて、広げたラップの上に水分をよく吸い取った銀ダラを置いて味噌を塗り、空気にふれないよう包んで2日〜3日漬ける。
  2. 味噌をよくぬぐいとって焼く。(味噌に柚子果汁を加えない場合は、焼く前に塗るか、後で添える。)

  *上記レシピの味噌は少量漬け用に膳さんレシピをほんの少しアレンジしたものです。

   たくさん作っていろんな魚を漬ける場合など、柚子果汁は焼く前後に塗ると味噌が
   悪くならなくて良いと思われます。

はっきり言ってめちゃめちゃ好みでした!(yoshiさん、ありがとうございます!!)




あとは夕顔の最後はこちら。

070910_2

以前夕顔の下茹で時間、短く書きすぎたようです。
半分ほど半透明に近い状態になるぐらい茹でてます。
あとは余熱でしんなりします。

こちらはその後鶏ももの挽肉と炒め煮にしたもの。
ダシ汁も使いましたが、冷凍しておいた鶏皮も一緒に入れてダシにしました。
酒を加えて炒めたものに、薄口醤油とみりん、塩少々を使って調味し、仕上げにこの日はくず粉を使用。

アツアツを、冬瓜でも美味しいですね。


 

  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   いつもありがとう!


*本日実家へ行ってきますので、タイマー予約投稿です。

 コメントのお返事少し遅くなります。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

記憶その3 ハマリモノ*ちぎれもち

071028_3

更新もできず忙しかった間、ストレス状態の私のハートをグッとつかんだものがある。

これ、ご存知だろうか?

その名は亀田製菓さんの『ちぎれもち』。

この近所だとサークルKやTストアでお目にかかれるこんなパッケージ。




071028_4

おいしいかと聞かれたら、私にはちょっと甘いと言ってしまうのだけれど、
疲れきった脳を妙に刺激する、このぬれたような餅の食感と黒豆、
小腹がすいた午後にこれを出された日にはもう、おもわず手が、手が・・・。

ぬれおかきもいろいろ食べたけど、コンビニで手に入るのにこの食感、やられました。

今回私と二つ違いのセレブな美女とお仕事ご一緒させていただいたのですが、
彼女もどうやらお気に入り。

気がつくと、これをぺろ〜んとやっていて、そんな彼女が食べる姿はなんだか可愛い!

彼女がぺろ〜ん、私がぺろ〜ん、彼女がぺろ〜ん、私がぺろ〜ん・・・
今思えばお互い疲れていたんだなーと・・・。

男性には今ひとつなのですが、私ぐらいの年回りの疲れた女にはきっとウケます。
ピリピリしてる女性がいたら、緑茶とともにそっと出してみてください。

きっとヒステリーから解放されるはず。。。


 




  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   いつもありがとう!



| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

記憶その2 カルパッチョやお魚系定食

今年は残暑も厳しかったし、先日までしていた仕事はもう来年の春夏の仕込みだったので、なかなか秋の気分になりませんでした。
その時の画像が残っているのでもう少し過去の記憶にお付き合いください。

初秋のお魚系ご飯です。

2.5kg取り戻す時も、こういったお魚定食で品数キープ、量で調整、お米は一口だけ。
それに1週間はアルコール我慢。。。

あ、もう復活してます。(笑)


070911image

<9月11日の献立>
鮪のカルパッチョとアボカドサラダ
蓮根とパプリカのピリ辛そぼろ炒め
冷や奴にオクラと自家製ナメタケがけ
ゴーヤとトマトのおかか和え
シメジと三つ葉の吸い物
黒米入ご飯

げげっ! 個々の画像、捨ちゃったみたいです・・・(汗)

鮪のカルパッチョに使ったオイルは、千葉のイタリアンのレストランで購入した『SALVAGNO(サルバーニョ)』。

  |美味しいEXVオリーブオイル大1.5
  |醤油大1.5〜1
  |レモン汁大1/2 わさび

よく混ぜた物を少しかけていただきました。

お店の方にこれで鮪とアボカド食べて下さいって言われてましたからね。
大好きなgrigoさんもいただいて使ってるそうです。

私が留守中(?)にアップしてくださった記事があります→grigoさんのサルバーニョ


あとね、よく食べてるのが鰯の有馬煮や生姜煮。

070914image2
<9月14日の献立>
鰯の有馬煮
夕顔と帆立の旨煮
里芋のきぬかつぎとインゲンの胡麻味噌がけ
プチトマトと玉葱のマリネサラダ
わかめの味噌汁
白米ご飯

あ、お腹開かないで内蔵かき出すときれいだったの忘れてました。
酢を入れた熱湯にさっと通してからだと臭みもなく皮がきれいな気がします。

山椒の実には味がないので、小さい鰯なんかの時は短時間で煮詰めるよう、少し濃いめの煮汁でさっと煮てます。

鯵や秋刀魚であれば、普通に水1/2〜1cupに対して酒をその半分か1/4ぐらいと、みりんや醤油を各大1.5〜大1ぐらいで煮て、後は市販の山椒の佃煮で煮詰めるぐらいでもいけると思います。
(すごいいい加減な事を言ってますので調整してください)

あ、魚の後ろに見える夏休みに長野で買った『夕顔』、60cm級の2本目もしっかり食べましたよ。
この日は帆立の貝柱を使ってとろりんこ。



******

久しぶりに皆さんとお話できて、すごく嬉しいです。

来てくれてありがとう!



   

        ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   いつもありがとう!


| | コメント (14) | トラックバック (1)

2007年10月25日 (木)

ごめんねと記憶その1『カポナータ』

070907image

<9月のとある日の献立でした>

南瓜の冷製スープ
10種の野菜のカポナータ
バゲット
鶏の香草パン粉焼き
(グリーンサラダとマリネパプリカのマスカルポーネ和え)


ご、ご無沙汰してしまいました。

前回の更新から気がつくと1ヶ月。
それでもコメント残してくださった皆様、見に来てくださる皆様には心から感謝しております。

ありがとうございます。

そしてお返事もできずごめんなさい。
リンクをはってくださったゆちさんやgrigoさん、ホントにごめんね〜!
今更何を言っても言い訳になってしまうので、ひたすらお詫びするしかありません。


とはいえ、何をしてたかというと・・・、

仕事でバタバタしていたのですが、ストレスと過食により1ヶ月で5kgの体重増加とむくみ。
オットは疲労と体調の悪さで遂に本気でお灸に手を出し、家の中は毎晩お灸の煙。
ziziは2度目のバリカン以降、傷が治りが遅く毛も生えず、ストレスで夜中に吠えまくり。

・・・みたいな感じでしょうか。

先週軟禁状態から解放されていたのですが、残務といつもの生活を取り戻すのに時間がかかりました。
帰ってきてお菓子を控え、いつもの野菜いっぱいご飯で体重も2.5kgほど戻ったのですが、

「歳をとったらあまり痩せすぎてない方が貧そでなくていいですよ!」という、ありがた〜い(?)アシスタントちゃんの言葉と、

「顔のシワものびて、今ぐらいがちょうどいいよ」という心あたたか〜い(?)オットの言葉に甘えて、これぐらいを維持すればいいのかと思う事に。。。



今更どうよ!という感じですが、アップできなかったご飯写真なんかのせてみました。
例のカポナータ、あれも一応再現というか、研究したのですよ。一度しか作ってないのでまた来年。

あのコクのある甘さと香りを赤ワイン、メープルシロップとバルサミコ酢で作ってみたの。
オリジナルとは別物かもしれませんが、それなりにいい感じだったので材料だけメモです。



●10種の野菜のカポナータ

070907_2

<材料> ズッキーニ1本、茄子2〜3本、セロリ1本、パプリカ赤1/2個、ピーマン2個
     パプリカ黄1/2個、玉葱1個、人参1/2本、南瓜1/8個、トマト水煮400cc、  
     ケイパー大1/2、アンチョビ2枚(なくてもいい好みで)、ニンニク1〜2片

     オリーブオイル大さじ4〜5、赤または白ワイン50cc、メープルシロップ大2(〜1)、  
     バルサミコ酢(またはワインビネガー)大2、赤唐辛子1本種をのぞく
     ローリエ1〜2枚、バジリコ4枚、塩適量

たっぷりのオリーブオイル(大4程度)で茄子、ズッキーニ、かぼちゃを順に揚げ焼きにして鍋に入れる。残りのオイルが少なければ大さじ1を足して、芽をとってつぶしたニンニクとアンチョビを弱火で熱してから他の野菜を中火で炒める。ワインを加えてアルコールをとばし、トマトの水煮とメープルシロップ、塩を加えて適度に煮込みバルサミコ酢を加える。

注)温泉卵やパンのソースとして少し濃く甘めですが、あっさり目にする場合やお好みでカッコ内の数字で加減する。



●南瓜の冷製スープ

070907_3

あとね、外めしランチで食べた南瓜のスープが美味しくなかったので、お家でも作ったのよ。
そしたらこれにはまっちゃって、残暑はこれでのりきりましたよ。

このスープが作りたくてブラウンマルチクイックを買ったのが一年以上前。
やっと作ったの、トホホ・・・です。




というわけで、お詫びと夏の終わりの記憶その1でした。

ブログをお持ちの皆様のところへは、またゆ〜っくりですがご訪問させてくださいね。



 

  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   今日も見に来てくれてありがとう!

| | コメント (21) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »