« ノンシュガーの手作り苺ジャム | トップページ | 帆立と根三つ葉のバルサミコ炒め&再び筍ご飯 »

2007年5月14日 (月)

鯵のたたきや手羽先*季節外れの慈姑

070508image

<5月8日(火)の献立>
手羽先の胡椒焼き 焼きアスパラ添え
鯵のたたき
慈姑(クワイ)と蕗と人参の炊き合わせ
筍と絹やさの梅おかか和え
わかめとえのきのお吸い物
十五雑穀入りご飯


メンチカツの後2日間は野菜のスープやらお茶漬けやら、忙しかったので深夜帰りの粗食生活でした。

でもこの日は筍を買って早く帰宅、次の日、訳あってオットと他の方に春弁を差し入れることになったので、大慌てで準備しました。
なんだか疲れた!!

おうちのご飯は煮物のお味見と大きな鯵1匹をたたきに。
後は考えるのも面倒で、手羽先も焼いちゃった。


●鯵のたたき

久しぶりの定番ベーシックたたき、信州味噌にお醤油たらりの味付けです。
茗荷たっぷり、すりおろし生姜に大葉、簡単でいいですよね。




●手羽先の胡椒焼き 焼きアスパラ添え

070508_1

大好物の胡椒焼き。
手羽は食べやすく関節で切った後、裏側を骨にそって隠し包丁をして酒をもみこみ、塩とひきたての粗挽き胡椒をたっぷりかけてグリルでやきます。

裏の隠し包丁、ほんの一手間ですが、やるとやらないでは焼いた後の肉の食感さえ違って思えます。
皮はパリッと、中は柔らかジューシー。


●慈姑(クワイ)と蕗と人参の炊き合わせ

070508_3

八百屋さんで慈姑(くわい)を見つけて買わずにはいられませんでした。
大好きなの。秋から冬の野菜だと思っていましたが、なんで今時?

慈姑もえぐみのあるものなので、米のとぎ汁で下茹でしましたが、その際使い道に困っていたくちなしの実も半分入れて薄く色づけ。
その後、優しく煮含めたもの。
こんなかわいい野菜、圧力鍋では煮る気になりません。

栗のような筍のような・・・、美味しいのです〜。

こうして見ると、なんだか昔の日本の子供たちみたい。

慈姑(クワイ)の名前の由来を調べてみたら、やっぱり可愛い由来が。

『一つの根にたくさんの子がつくその姿が、子供を慈しみつつ哺乳する母(姑)のように見えることから付けられたと言われています。』(野菜果物辞典より

 



●筍と絹やさの梅おかか和え

070508_4_1

明日の為に下茹でしたので味見です。

下茹でした筍は、だし汁、薄口醤油少々、みりん、塩少々で煮含め、絹さやも色よく塩茹でしたものを、筍の煮汁の粗熱がとれたら浸す。

冷めたら胡麻油小1を絡め、良く叩いた薄塩の梅中1個分、薄口醤油小1、砂糖少々、鰹節多めで和えればできあがり。必要なら薄口醤油、塩で調整。

絹さやと筍の食感がなんともいいですね。

我が家のよく登場する梅肉和えより少し梅の量が控えめです。


******


ちなみに、翌日の春弁は頑張りましたが、時間ギリギリで写真撮らず・・・(悲)

筍ご飯
さわらの西京味噌漬け焼き
鶏手羽の太い方を使ったたれ焼き(男性用のみ)
だし巻き卵
炊き合わせ(クワイ、蕗、人参)
独活(うど)の胡麻酢和え
ほうれん草のおひたし
彩りにプチトマト


必要にせまられて時々作る手抜き弁当とは大違いだったらしく、
「今日は豪華でよかった!」との評価をいただきました。
喜んでいいものやら、微妙・・・。



  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   見に来てくれてありがとう!



|

« ノンシュガーの手作り苺ジャム | トップページ | 帆立と根三つ葉のバルサミコ炒め&再び筍ご飯 »

コメント

★もぐぱくさんへ

目指したのは仕出しだったんだけど、詰め方が難しくて、皆の日々の苦労がよくわかりました〜。

複数といってもたいした数ではないんだけどね、慣れない事したもんだから時間がかかったのよ。

中国では白い慈姑かな?私が買ったのは青かったんだけど、中華ではよく使うらしいよね。肉団子の中に入れて食感をだしたりするみたい。
きっと調べるとでてくるかな?
ほっこりして美味しいよ〜。
白いのは知らないけど、青のはしっかりアクヌキしてね。えぐみもあるのよ。

★ゆちさんへ

ゆちさん来てくれてありがと!
もうギャングは大丈夫ね?
退院したところまで確認してほっとしたんだけど、ホント、大変だったね。
おつかれさまでした。

ゆちさんは慈姑や蓮根や百合根、こんなんが好きじゃない?
こちらより多分手に入りやすいよね。
季節になってみかけたら、美味しい一品を作ってアレンジ教えて!
あまり知らなくてベーシックな含め煮にしちゃった。

器も褒めてくれてありがと〜。


投稿: ★ゆちさんへ★もぐぱくさんへ | 2007年5月15日 (火) 14時27分

★YOUさんへ

パパちゃん帰って来てお話したみたいで良かったね。

>いちご たまたまいっぱーいもらったんですよ!!

ほらね、頑張ってる人にはちゃ〜んとご褒美があるんだよね。
う、うらやましい〜〜〜。
私なんて1パック200円で手に入れたらジャム作るって決めてるのよ。

フレッシュなジャムとゆっくり紅茶でも召し上がれ〜。

★フーミンさんへ

私も慈姑の名の由来知らなかったの。
文字を見てたら気になってさ〜。
かわいいよね。

イカゲソ食べれる人なのに手羽先はだめ?
パリパリしてて旨いんだけどね〜。

紅ほっぺ、早速さがしてみます!
昨日銀行帰りに寄ったスーパーにはなかったんだけど、
それ食べてみたい〜。早くしないと終わっちゃうよね。


投稿: ★フーミンさんへ★YOUさんへ | 2007年5月15日 (火) 14時19分

★小太郎さんへ

は、はい!お弁当頑張りましたが、詰めるのも慣れないので朝妙に時間がかかってしまったの。
一応仕出しみたいなのをめざしたんだけど、ちょっとね(汗)
詰めるのは難しい〜。

あれ?久しぶりでよくわからなくなっちゃったけど、鯵のたたきってみそ味だったかな???
なめろうは味噌だよね。それはとろとろに叩いたやつで、たたきは食感をのこしたやつと区分けしてたような・・・、微妙(笑)

慈姑ってこっちでもお正月前だって滅多にみないの。
おじちゃんの八百屋さんに青クワイがあったんだけど、田んぼを起こす時に残ってたのがでてきたのかもね。


★えなさんへ

えなさんもあの日初鰹食べたんですね!
うん、うん、分厚くても意外とさっぱり食べちゃうよね。
だいぶ手の届く値段になってきたから嬉しいよ。

クワイ食べた事ないか〜。
ホッコリする味っていうか、栗みたいな茹でた筍みたいな・・・説明が難しいけど美味しいんだよ。
スーパーではちょっと手に入りにくいけど、おせち料理を作る前ならあるかもしれないね。
今年は覚えておいて見てみて〜!

投稿: ★えなさんへ★小太郎さんへ | 2007年5月15日 (火) 14時13分

Tomyさん、こんにちは~。
春弁作り、お疲れ様でした~。 それにしてもヘタな仕出し弁当
よりも豪華だわ!! 男性用のみと書いてあるってことは
女性用も含めて複数作ったのよねえ。 本当にお見事です☆

慈姑、可愛らしいね~。漢字からしておもしろく当てていると
思っていたけど、やっぱりそういう意味が込められていたのかあ。
慈姑はチャイニーズスーパーで見かけるんだけど、まだ手を出した
ことがないの。 Tomyさん指南に従ってデビューしてみようかな。

投稿: もぐぱく | 2007年5月15日 (火) 02時26分

Tomyさん♪
こんばんは~
やっぱりTomyさんのところへ来ると、ホッとします♪
くわい、、お店でしか食べた事がないのだけれど、、
ホント、、可愛い~
Tomyさんの手にかかったクワイはまたいちだんと!

たけのこの入っている、片口の器が、とってもステキで、
見惚れてます♪

投稿: ゆち | 2007年5月14日 (月) 22時33分

へーへーへーって感じでした
物知りさんですね!!

いちご たまたまいっぱーいもらったんですよ!!
なんでも 最後のいちごとかでハウス壊すんでもらってきたとかでお友達が箱にいっぱーい持ってきてくれたの
あまーい!!
ジャム作ってみようかな

投稿: YOU | 2007年5月14日 (月) 19時45分

慈姑の名の由来、初めて知りました。勉強になるなぁ。
メモしとこっと!ほんと昔の子供みたいに見えて
かわいいね。
私、残念なことに手羽は苦手なんだけど手間をかけて
くれたTomyさんのなら食べれると思うな。エッ?
自分で作れって?ごもっともデス。
あッそれから前回の苺ジャムも作り方メモっちゃいました。
Tomyさん、最近出てきた『紅ほっぺ』っていう苺知ってる?
とにかく美味しくて感激モノだよ。甘みだけでなくほのかな
酸味も加えて作った新しい品種なんだけどこれが絶妙なんだ。
機会があったら味わってください。

投稿: フーミン | 2007年5月14日 (月) 16時26分

Tomyさん、こんにちは。
お弁当の差し入れ、お疲れ様でした~。
急な来客や突発的なリクエストの差し入れなど、
多少の気遣いも加わって二人ごはんよりも気合が入りますもんね♪
小太郎も今ならどの程度できるか・・・と考えると
Tomyさんの差し入れメニューは料亭の仕出しのようで拍手もんです。

たたきと書いてあってぴんとこなかったのだけど、そういう呼び方もするのですね。
小太郎は「なめろう」という名前でなじみのある鯵料理です。
自分で釣ったときには必ず作る一品で、酒の肴としては美味ですよね。

クワイはおせち料理の縁起物一品としてもあがるだけあって
それなりの由来があるんだ~。
正月前にふっと現れ、正月明けにはふっと消える食材なので
たぶん愛媛では露地ものとして見る事は滅多にないのでは?
季節を越えた面白いたき合わせ、見た目には全く違和感がない美しさ。
ツノ?を折らないようにむくのが大変なんですよね。

投稿: 小太郎 | 2007年5月14日 (月) 16時25分

Tomyさん、こんにちは。
あのコメントを入れた日は、鰹を買いに行きました。
少し厚めに切って・・・。美味しかった。(^▽^)/

それにしても、慈姑と蕗と人参の炊き合わせ。
私、慈姑って食べた事ないです。
御節料理に入っているのは本では知ってましたが。
「栗のような筍のような・・・」←お昼しっかり食べたのに
お腹がなっちゃいそうです。

投稿: えな | 2007年5月14日 (月) 15時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/15063884

この記事へのトラックバック一覧です: 鯵のたたきや手羽先*季節外れの慈姑:

« ノンシュガーの手作り苺ジャム | トップページ | 帆立と根三つ葉のバルサミコ炒め&再び筍ご飯 »