« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

常夜鍋*蛸と新玉葱のごま紫蘇マリネ

070424image

<4月24日(火)の献立>
常夜鍋(ほうれん草、豚肉、下仁田葱/大根おろし)
新玉葱と真蛸のごま紫蘇風味マリネ
雪菜となめこのわさび香る塩昆布和え
春キャベツと人参の浅漬け
黒米がドバッと入りすぎて気持ち悪い程紫になったのを隠したおにぎり





先日長野でいただいたり、買って来た野菜たち、一応最終日という感じです。

もうすでに記憶がなくなってきたのですが、確か雨が降って寒い夜だったので、ここぞとばかりたっぷりあるほうれん草で、初めて常夜鍋(ジョウヤナベ)をつくってみました。

しばらくぶりですが、最後の鍋ですね。

こんなお天気のいい休日に鍋をのせるのもなんですが、こっそり更新(笑)。



●常夜鍋(ジョウヤナベ)

読み方は「トコヤナベ」ともいうようですが、田舎の方言で「しょっちゅう(これも方言?)」を「ジョウヤ」と言うことから私は「ジョウヤナベ」と言っています。

こちらにもありますが、毎日食べても飽きないとされた鍋のようで、私が知ってる常夜鍋は、ほうれん草と豚バラ肉に葱だけの鍋です。

ほうれん草2束分残っていたのを、アクが気になるのでさっと下茹でしてしっかり絞り、昆布をきかせただし汁に日本酒、醤油で下味とし、下仁田葱を加え、豚バラ肉のアクをとりながら煮ます。

食べる時には大根おろしとポン酢を少し、七味唐辛子少々で。

控えめな量の肉の下にも2束程のほうれん草、あっという間に食べてしまいました。

普通は翌朝、たぶん緑です。。。(!)




●新玉葱と真蛸のごま紫蘇風味マリネ

070424_1

水だこ(生の蛸)の表面を焼いてからマリネして葱で食べたアレが美味しかったのですが、今日は昨日の残りの蛸を新玉葱でマリネに!

塩ポン酢(市販品)大4:グレープシードオイル大2をよく混ぜたところへ新玉葱中1個分スライスと刺身用蛸を薄く切って30〜40分程冷蔵庫へ。

食べる前に青紫蘇4枚千切り、すり胡麻大1.5〜2程混ぜて盛りつけ。

私のはオイルが控えめマリネ液なので、お好みでオイルと同量でどうぞ。
その際は塩で調整してね。

簡単で旨いです。これからの季節、また塩ポンズが活躍しそう。。。




●雪菜となめこのわさび香る塩昆布和え

070424_2

朝仕込んでおいたものです。

なめこを熱湯でさっと茹でてしっかり水をきり、茹でた雪菜を1cmに切って白だしをだし汁でうすめたおひたしの地につけてから絞ります。

塩昆布適量加えてよく混ぜて、半日以上おいてまた混ぜます。

茎わさびがあれば尚いいですが、ないので食べる前に山葵を混ぜていただきます。
これがまた、お酒にもご飯にも合うのです。

雪菜を使いましたけど、今なら『とう菜』や『かき菜』、柔らかな春の蕪葉でも。
少しほろ苦さがある位の菜の方が美味しいですよ。


******

あ、くれぐれもおにぎりの事には触れないで下さいね。
入りすぎたその瞬間、眉間にシワが1本増えましたよ。

「目をつむって食べたくなるね〜」とオットにさえ言われる始末。。。




  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←応援してくださる方はクリックしてね。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   見に来てくれてありがとう!


| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

鶏と下仁田葱の蒸し煮*蛸と花山葵

070423image

<4月23日(月)の献立>
鶏と下仁田葱の蒸し煮 ほうれん草添え
真蛸と花山葵の新玉ポン酢和え
こごみのピーナッツ味噌和え
春キャベツと人参の浅漬け
豆腐と葱と茗荷の赤出し
7種の雑穀(七福米)入りご飯


今日はいいお天気になりそうですね、おうちでゆっくりでしょうか?

お弁当作りから解放されたお友達も多いみたいですが、今度はお昼ご飯作り?
いや〜、3食作るなんて、考えただけでもシンドイ。
スゴイよね、とても真似できません。

こちらは記憶をさかのぼるが面倒になりかけている過去ご飯の記録、この日もお土産野菜使って作りました。
桜のランチョンも最後かな〜って思いながら、遅い帰宅にあわせてのんびり作ってしまいました。




●鶏と下仁田葱の蒸し煮 ほうれん草添え

070423_1

1. 鶏もも肉の黄色い脂をとりのぞき、フォークで刺したものを耐熱皿の中で醤油1:酒1:みりん1であわせたものにできれば1時間ぐらい漬け込み。

2. 下仁田葱など太い葱をグリルかフライパンで焼いておく

3. 鶏肉をつけ汁ごと蒸し器で蒸し、ふきんで水滴がおちないようにする。途中で焼いた葱を汁気に入れて一緒に蒸し上げればできあがり。

茹でたほうれん草を添え、鶏から出た煮汁でいただきました。
とろろんとした下仁田葱はとても甘くて美味し〜のです。



 


●真蛸と花山葵の新玉ポン酢和え

070423_2

昨日も食べた花山葵(ハナワサビ)、こちらで買うものの倍はあったので、残りは蛸と合わせて食べたいな〜と、新玉葱を使った簡単ドレッシングで合わせました。

1. 花山葵は75度ぐらいの湯で茎を入れて10〜15秒、葉を入れて15秒で冷水にとって絞ったら砂糖を薄くもみ込んで密閉容器に入れる事1時間以上でほんのりわさびの辛みがでてきます。

2. その間新玉葱の細かいみじん切り大4をポン酢醤油大2につけ込み30〜40分後グレープシードオイル大1(またはサラダオイル)をあわせてドレッシングにする。

3. 花山葵と切った蛸、ドレッシングをあわせてできあがり。

花山葵の辛みがたりなければ、少し山葵を加えても。
新玉葱のわずかな甘さがほんのり辛い花山葵を引き立てて、これまたもう1杯飲もうかという気にさせてくれます。





●こごみのピーナッツ味噌和え

070423_3

今日はおつまみのバターピーナッツを使ってしまった!

くるみもなかったしね。でもこごみや山菜だけの和え物にピーナッツもすごく合うのです。

1. こごみは茹でた状態で120gほどありました。

2. ピーナッツ(バターピーナッツです)20gを刻んで少し粒が残るぐらいにすり鉢であたって、白みそ大1.5、みりん少々、醤油少々加えた和え衣に1のこごみをまぜる。

普通の信州味噌でしたら、お砂糖加えて、醤油は不要です。調整してね。
バターピーナッツの方が塩気もコクもあって旨いかも!


******


1ヶ月近く前から不思議なことが・・・。
洗濯物を干すハンガーが、少しづつなくなっていくのです。

最初はあの強い風のせいかとか、オットがそのままクローゼットに入れてるのかとか思ったのですが、洗濯物を干そうかと今見たら、ついに全部なくなりました!

クリーニング上がりの細い黒の針金のハンガーなので、別にかまいやしませんが、なんだろう・・・

・・・と、外をキョロキョロ見回すと、ベランダの手すりに鶏のウ○チがっ!!

これってもしかして『カラス』の仕業???
巣を作る為に枝のかわりに集めていったのでしょうか?

今日は帰りにハンガー買ってこないと!無印あたりのアルミのなら平気かしらね〜。





  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←応援してくださる方はクリックしてね。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   見に来てくれてありがとう!


| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

青柳と花山葵のジュレ*豚肉のクレソン巻き

070422image

<4月22日(日)の献立>
豚肉のクレソン巻き 胡麻バルサミコ風味 生野菜添え
青柳と花山葵(ハナワサビ)のジュレ
豆腐とほうれん草と下仁田葱のマヨ味噌グラタン
春キャベツと人参の浅漬け(昆布だし、赤唐辛子)
雪菜と千本葱と大根おろしのお椀
十五雑穀入りご飯

GWの連休前でバタバタしていましたが、私には連休はないとのこと。
わかってましたから、いいのです。

おでかけされる方は車の運転には気をつけてね。

そしておうちで過される方、タイムラグのある私のご飯日記にもおつきあいいただけるとありがた〜い!

先日いただいた野菜を使ったご飯、しばらく続きます(笑)



●豚肉のクレソン巻き 胡麻バルサミコ風味 生野菜添え

070422_1

少し前に、紅菜を巻いてトマトのジャムで食べたのがおいしかったので、今日はクレソンを巻きました。ジャムはないけど、周りにはすり胡麻の衣とバルサミコ。

1. クレソン3〜4本、葉を持って茎の方だけ熱湯に8秒ほどつけたものを、しっかり塩胡椒した豚ロースのしゃぶしゃぶ用肉で巻きます。

2. すりゴマをまわりにまぶしつけてから極薄く小麦粉をつけて、オリーブオイルでまんべんなく焼き、仕上げにバルサミコをフライパンにグルリ一周、肉に絡める。

3. トッピングに炒り胡麻を。トマトとレタスを添えます。

前の日にクレソンと竹輪で胡麻和えを作って食べたのも美味しかったです。
胡麻の香ばしさとバルサミコの少しの甘みが、クレソンを引き立てます。


●青柳と花山葵(ハナワサビ)のジュレ

070422_3

先日牛肉と蕗(ふき)を甘く炊いた時に、花山葵を刻んで添えたのですが、それを食べながら、添えた花山葵はジュレにすれば良かった〜と思いました。

去年の夏にも牛肉にジュレがけしたのが美味しかったのを思い出したのよ。

で、今日は花山葵で酸味のないジュレを作ってみました。
ジュレが少し緩すぎたけど、今年お初の青柳とチュルッと食べたの。
美味しかった〜!

1. 花山葵は食べやすく切って茎と葉にわけておき、小鍋に湯をわかし、差し水をして70〜80度ぐらいのお湯に茎を入れ優しく混ぜて15秒、続いて葉を入れて15秒で冷水にとり、絞ったものに薄く砂糖をまぶして密閉容器に入れると、1時間程でわさびの辛みが出てきます。

2. だし汁150cc、薄口醤油大1、酒大1/2、塩少々で一煮立ちした中にゼラチン3〜4g(私は2.5〜3gで緩すぎました)溶かして、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固め、花山葵を入れて混ぜます。

3. 青柳の刺身にかけるか、混ぜて器に盛ります。

 



●豆腐とほうれん草と下仁田葱のマヨ味噌グラタン

070422_2

1. フライパンで下茹でしておいたほうれん草を控えめなバターと軽く塩胡椒でさっと炒め、続いて下仁田葱と絹ごし豆腐も塩胡椒で焼き、薄くバターを塗った器に入れました。

2. マヨネーズ大1.5、白味噌大1+信州味噌大1/2(ごめんね、小2と小1だったかも!!調整して〜!)、だし汁大1.5でゆるめたものとパプリカの粉をかけてトースターで焼きました。

味噌により辛さが異なるのでマヨネーズやだし汁は調整してね。
鮭でやる時と違って、お豆腐に合わせてマヨネーズよりみそ味濃いめで仕上げてみた分量です。



******

前記事のお返事、遅くなっちゃう!

GWもゆっくりまったり更新してますので、また遊びにきてね〜


  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←応援してくださる方はクリックしてね!

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   いつもありがとう!


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

初ものこごみと最後?の鰤カマ

070421_image

<4月21日(土)の献立>
天然鰤(ぶり)カマの塩焼き 大根おろしとクレソン
蕗(ふき)と海老の含め煮
こごみのおかかマヨ醤油和え
ひじきの炒め煮
新玉葱と生わかめと絹さやの味噌汁
七穀米(New!)入りご飯



前の記事を見てくださっていた方は、あれ???という感じでしょうか。

この日の早朝から張り切って野菜を茹でて、野菜たっぷりずらりと並べた和朝食とほうれん草とベーコンのパスタランチを作りました。

午後から仕事に出たので、夕飯をつくる頃にはすっかりパワーダウン。
期待してくださった皆さんのコメントを読むと心が痛い!(笑)

まだまだたくさんあるので後日登場してまいります。
この日、こごみだけは初物を味わう夕飯のお楽しみにしておきました。

昼間、鰤カマをみつけていたので、「焼けばいいや〜!」状態で塩をふって半日おきました。
もう私のブログでは度々登場、写真もいらないね。

ピーク時より少しあっさりかな? それでも皿からあふれそうなボリュームなので充分満足でした。





●蕗(ふき)と海老の含め煮

070421_2

蕗がまだ残っていたので、海老と一緒に優しい含め煮にしました。

海老は背わたをとって酒をいれた湯で殻ごと下茹でし、殻をとった後にさっと煮含めた煮た汁で蕗も炊きました。
蕗の青色を残すのが難しいね。
海老の赤とのコントラストが上手く出せなかったよ。

蕗は板ずりして、さっと茹でてから皮をむいた状態で保存していたので、ゆでてすぐならもう少しきれいな色になったかも?





●こごみのおかかマヨ醤油和え

070421_3

田舎では、どんぶりにどっさり朝晩出てくるこごみですが、マヨネーズと醤油、鰹節で食べる事が一番多いのではないでしょうか? うちではそうでした。

ちょっと手を加えて茹でた後、少し薄塩のおひたしの地につけておきました(だし汁、薄口、酒、塩)。

それをマヨネーズとだし醤油、鰹節で和えたものです。

歯触りよく茹でたこごみの美味しさ、優しい香りにおだしや鰹が効いてとても美味しい!
こんな少しだと大事に味わってしまうのですが、となりでこごみ大好きオットは、一人で「うん!、うん!・・・」とうなずいて食べてましたよ。

これ、美味しいってことらしいんです。


 



●ひじきの炒め煮

070421_4

何という事もない普通の炒め煮です。ひじき、油揚げ、人参、絹さや。
朝ご飯に作った残り物なので、絹さやもどこへやら。。。


●七穀飯(New!)入りご飯

今日のご飯は前の日に買った『七穀飯』を混ぜて炊きました。

入っているのはそばの実、麦、もちきび、赤米、もちあわ、あずき、緑豆の7種類。

いつも食べてる『七福米』より緑豆やそばの実がたくさん入っているので食感もまた違いました。クコの実がない分甘みは少ないかな。

3種類ぐらいの雑穀と白米をローテーションで楽しんでます。


  


  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←応援してくださる方はクリックしてね。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   いつもありがとう!



| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

お花見サンドと新鮮野菜のお土産

070420_1

<4月20日(金)の朝食兼おやつ>

スモークサーモンパテと新玉葱と水菜のサンド
ピクルスとレタスの葉入りの卵とレタスのサンド
ハムと胡瓜とレタスのマスタードサンド
グレープフルーツ

この日は長野県へおでかけ仕事でした。

早朝出発だったので、起きれるか緊張していて眠れなくなり、自分を含めた二人分、途中車の中で食べればいいかと作ってしまいました。

でも簡単な朝食もしっかり食べましたけどね。。。

思い立ってコンビニでパンを買い、ありあわせで作ったので、トップ画像にもってくるにはあまりにも恥ずかしいサンドイッチもどき・・・、耳もついたまんまです。

予定より早く現地について、一仕事すませた後の移動中、桜が咲き乱れる堤防でいただきました。20分の休憩でしたが、今年最初で最後のお花見ランチです。

ソメイヨシノじゃない種類もあり、ピンク色が鮮やかで、お天気に映えていましたが、下手なサンドイッチだけでその写真はありませんね。は〜。


******


その後今回お世話になる方のところへ向かいました。
「まぁ、お茶でも飲んで!」長野ではこれが礼儀ですね。

お話をしているうちにお昼もいい時間になり、お蕎麦を食べようとお誘いいただき、即答です!

070420_3

美味しい蕎麦やさんが早い時間に終わってしまったとのことで、町で運営しているこちらでいただいたのですが、それがなかなか。

 

070420_2

胡桃(くるみ)蕎麦と私は普通のざる、半分づついただきました。
右下のはそば粉を揚げたおせんべいみたいなものです。

くるみ蕎麦はすりつぶした胡桃と胡麻だれがベースのつけつゆです。
つゆが少し甘すぎるところはありましたが、お蕎麦は本格的な蕎麦やさん並でした。

お腹は減ってなかったのですが、もう1枚食べれたかも。。。

トイレに行くふりをしながら、『ダッタン蕎麦茶』と『蕎麦の実たっぷりの7穀米』を買い求めてしまいました。ウシシ。



******

出発しようとすると、このお世話になった方が、ご自宅で作られている野菜をた〜くさんお土産にくださいました。

ふ、二人暮らしなんです〜なんて聞こえていても詰める、詰める。

070420_5_2

翌朝、洗っている途中に撮った写真です。
赤い栄養根っこが立派なほうれん草』、その右が太くて美味しい『下仁田葱』!!。
下の葱は丁寧に剥いてくださった『千本葱』、その横が『ゆき菜』・・・だと思う。

本当にありがたいです。次の日も寝坊できないと思いました。


******

出発するとすぐに道の駅の産直コーナーが目の前に、。
「すぐ戻ります!」とのぞいてみると、『こごみ』発見!!

あとは『クレソン』に、大好きな『花わさび』、とっても安くてつい、つい・・・。仕事中とは思えませんね、内緒です。

070420_6

こごみはちょうど茹で初めた時で写真がないのですが、翌朝早くから狭いキッチンで緑の野菜に囲まれている私を見て、「東京の田舎ぐらしみたいだね〜」とオット。

ここではその他に『ヤーコンの葉』を乾燥させたもの(ヤーコン茶ですね)も買いました。これについてはちょっと飲んでみてからご報告。


******


まあ、短い時間の中でよくいろいろ山の野菜が揃いました。

ええ、もちろん、この後仕事しましたよ。頑張りました!
帰りの車の中は半分意識がありませんでした。

あ、そうそう、高速関越道登りの上里SAで焼きたてパンを売ってるのですが、そこの大福入りのデニッシュパン、意外においしかったわ〜!
メロンパンよりおすすめよ。


  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←気が向いたらクリックしてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   見に来てくれてありがとう!


| | コメント (21) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

深夜の中華粥と手抜き総菜の記録

070419image


<4月19日(木)の献立>
厚揚げとカラーピーマンのオイスターソース炒め
帆立のひもとセロリの中華和え
キムチ漬け
鶏のささみの中華粥


頑張って過去記録更新中です。

疲れてくると、お腹は減っているのに噛むのさえ面倒になってよくお粥や雑炊を作ります。

余裕があれば、鶏飯ぐらいはこんなふうに作ったりするんですけどね、今日はいつもより更に遅い深夜ご飯なので、この手抜きっぷりを許してやってください。

私は外メシしたかったし、写真も撮りたくなかったんですけどね、継続することがなんとかかんとかと言ってるヒトがいるもんですから作りましたよ。

でも洗い物もしてもらったようなので、ま、いいっか!

レシピもない手抜きなので簡単に。。。


●厚揚げとカラーピーマンのオイスターソース炒め

070419_1

油抜きした厚揚げとカラーピーマンを酒、醤油、オイスターソース、砂糖少々、中華スープ少しで炒めました。

この中華スープは下のお粥をつくった時のスープです。

葱、刻んだのに入れるの忘れてたよ〜。


●帆立のひもとセロリの中華和え

070419_2

貝ひもをまとめて売ってる時は買い!ですが、こちらは24時間スーパーで買い求めた市販品のひもの中華和え。

それにさっと茹でたセロリと胡麻、唐辛子と醤油をほんの少しプラスしてごまかしました。

こういう市販品、酒のつまみ用に味が濃いので野菜を入れないと我が家で向きになりません。量増しで一石二鳥です。



●鶏のささみの中華粥

070419_3

酒と生姜と葱の青いところでレンジ弱(200w)でしっとり蒸し鶏を作って冷凍してあるものを使いました。 
ご飯も朝の残りを冷凍しておいたものなので、ちゃんと煮たお粥ではなくて雑炊みたいなもんです。

卵と水菜、韓国海苔がなかったので、海苔と胡麻油たらりに胡麻、こちらも葱は忘れましたがスープが美味しいのでよしとします。

いつもなら鶏ガラスープを使うのですが、先日もご紹介した東京丸三販売さんのお試し商品、『万能中華スープ』を使いました。

これね、私が以前通っていた台湾料理のお店の味に似ていて美味しいです。
この前のお休みにタンメンも作ったのですが、いい感じだったのよ〜。

いろんな旨味があると具がこんな淡白なものでも満足できちゃうのよね。




  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで励ましてやってください。

NinkiBlogbanner03←もし、よろしければこちらも。。。

   いつもありがとう!



| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

チーズで和食*鰯の梅みそチーズ焼き

070417image_2

<4月17日(火)の献立>
鰯の梅みそチーズ焼き 自家漬け新生姜の甘酢漬け
豚・肉豆腐ノーマルバージョン
蕗(ふき)のカッテージチーズおかか和え いくら添え
春キャベツと人参の浅漬け
蕗の佃煮入りデカおにぎり


今週も地方への日帰り仕事があってクタクタになりました。
久しぶりの管理画面、放置モードですみません。
お返事もすっかり遅くなってしまいました、ごめんね〜。

地方からたっぷり野菜のお土産をいただいて帰宅したので、昨日はその下処理も大変でした。後日、すっかり忘れた頃にこの野菜たちのご飯もアップする予定(笑)。

その前に、こちらは雨で寒かった日のあまりにもずれてしまったご飯ネタ。
せっかく写真も撮ったので、よろしければチョロッと見てやってくださいまし。


●鰯の梅みそチーズ焼き 自家漬け新生姜の甘酢漬け

070417_1_1

寒かったので、あったかいお豆腐と焼き魚の献立にするべく、夜も22時半をまわってからスーパーで鰯を見つけて帰りました。

1. 鰯は手開きにして、塩をふって少しおいてから水分をふき、胡椒を。

2. 種を取り出した梅肉(南高梅の薄塩)中2個は、その1/2量の信州味噌と砂糖適量(塩梅により)加えてたたく。

3. 鰯に2を塗り、大葉をのせ、その上にとろけるチーズを1尾に1/4枚更にのせたら、鰯を半分にたたんで小麦粉を茶こしやふるいで薄くまぶしつける。

4. フライパンに薄く油を熱し、鰯を焼いて中まで火を通す。

鰯は『ネギ味噌焼き』や『ネギ味噌チーズ』でこんな風によく食べていますが、梅味も美味しいですね。
さっぱりなのに、チーズでコクがあって、中は蒸し焼きでふんわり!

大人も子供もいけちゃいます。




★豚・肉豆腐(ノーマルバージョン)

070417_2

私の、「ご飯を作りたくない日」にやる確率ナンバーワンメニューです。

母が牛肉嫌いだったのか、貧乏だったのかわかりませんが、牛肉でやるのが正統派とは、大人になるまで知りませんでした。

新玉葱たっぷりいれましたが、フライパンで思いっきり「から煎り」した白滝が多すぎてよく見えませんね。でもこの白滝も、すごく味がしみててウンマイのです。

ん?・・・わーーっ!、去年の4月17日も偶然に肉豆腐食べてました!!。
ホント偶然!でも『ごまだれ味』でした。あれもいいのよね〜。


●蕗(ふき)のカッテージチーズおかか和え いくら添え

070417_3

塩でいたずりし、さっと茹でて皮を剥いた蕗を、だし汁に薄口醤油とみりんで軽く煮含めてさましておいたものです。

1cmぐらいに切って、残りのカッテージチーズと鰹節で和えて、醤油をプラスしたいところ、イクラの醤油漬けを添えてでいただきました。

こちらもチーズになってしまいましたが全く別の味、思いつきでしたが美味しかったです。






●蕗の佃煮入りデカおにぎり

蕗は今年2度買いましたが、毎回葉の部分は佃煮にして朝ご飯のおともになっています。今回は重層使用でアクをぬいてみましたが、重層なくても良かったかな?

今日は写真をとらなかったのですが、大きなおにぎりの中はこんな感じの佃煮です。ご飯には白炒り胡麻をまぜて。

いつもなら4個握るおにぎりですが、めんどうだったので大きな2個!
田舎でおばあちゃんがおやつに握ってくれてた生味噌のおにぎりを思い出しました。
これは一人1個ずつです。念のため。。。


 ★ランキングに参加してます。 

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックで応援してね!

NinkiBlogbanner03 ←よろしければこちらも。

 見に来てくれてありがとう!


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

焼きアスパラと筍の盛合せ*焼鮭と新玉葱の柚子胡椒サラダ

070416image

<4月16日(月)の献立>
焼きアスパラと筍の盛り合わせ バター醤油ソース
焼き鮭と新玉葱のサラダ仕立て
厚揚げとかき菜の炊いたの 挽肉あんかけ
春キャベツと人参の浅漬け(昆布だし、塩)
絹さやと生わかめの味噌汁(葱と茗荷)
7種の雑穀入りご飯


月曜日、なんだか朝から喉が渇き、目がまわってふわふわした感じでした。
年齢のせいでしょうか。。。

初めてのお店でランチへ行くも、私の体調が悪かったのか大ハズレ。
直帰して夕方遅くまで爆睡してしまった体調を整えておりました。

目覚めると何もなかったかのようにお腹が減り、買って帰った完熟バナナチップを食べたらそれもNGだった! 最悪〜。

でもね、その反動で美味しいご飯づくりへの意欲いっぱい!
すっかり元気になって、冷凍品と少しづつ残した野菜でもなんとかなりました。






●焼きアスパラと筍の盛り合わせ バター醤油ソース

070416_1

アスパラも久しぶり。バター醤油味だから、炒めてもよかったんだけど、少し残していた筍と焼いて食べる事に!
エリンギも少しあって、炒め物にするには悩む少量の野菜たち、盛り合わせにしたらきれいよね?

酒とみりんと醤油各大2を混ぜ合わせたものに野菜を通してから、セラミックの入った魚焼き用の網で焼いて旨味ぎゅーっと凝縮。

やさいが焼き上がったら、合わせた調味料をフライパンで熱し、そこへバターを加えてソースにし、熱い野菜にかけました。

筍には木の芽を。もう少したれを塗りながら焼けばよかったですかね?
網が焦げるのが嫌だったの〜。
器にソースが沈んでいるのをつけながら、味わって食べました。






●焼き鮭と新玉葱のサラダ仕立て

070416_2

買い物しなくても冷凍の鮭はあるので、メインが野菜の時にピッタリかな?

スライスした新玉葱1個と水菜1束を冷水でパリッと。
(昨日のは独活と水菜でした。今日のが新玉葱です。嘘つきでごめんなさい)

甘塩の鮭2枚をグリルでやいて、骨をとって食べやすく切り、皮ごと入れちゃう。

イクラをのせて器にもり、ドレッシングはマヨネーズ大1.5をレモン汁大1程でのばし、柚子胡椒お好み量、少量の蜂蜜で味を整えたもの。
イクラを添えない場合は薄口醤油を少しだけ加えてね。

柚子胡椒の風味で食べる新玉葱は、スモークサーモンだけじゃなくて、こんな焼き鮭もすごく美味しいサラダにしてくれます。
キングサーモンやハラミなら尚いいでしょう!

大盛りすぎて、写真を撮る時オットからクレームがありましたが、美味しそうに食べるオットに「大盛りでよかったでしょ?」と言ったらうなづいておりました。







●厚揚げとかき菜の炊いたの 挽肉あんかけ

070416_3

お肉も少しづつないとね。これなら大豆製品もここで1ポイント。
二人で厚揚げ1枚に豚挽肉50〜60gほどですが(汗)。

お肉とは一緒に煮ないで、油抜きした厚揚げと、下茹でしてあったかき菜だけをだし汁と醤油、みりん、塩で煮ておきました。

フライパンで油をひかずに、酒と少量の醤油を加えてほぐした挽肉をそぼろにし、厚揚げを煮た煮汁を加えて味を整え、水溶き片栗粉でしっかりめに餡にします。

食べる時に汁気も添えた厚揚げを温めて盛り、熱い餡をかけました。


春キャベツの漬け物や、絹さやいっぱい入れた味噌汁、春らしい魚や肉もなかったのですが、春の野菜で胃袋のストレス発散しました。
満足、満足。


******

070416_4

皆さんのお宅の『ガーデン』と違って、我が家の小さいポットに2鉢づつの山椒の木とパセリ、お天気がよかった間は、すごい勢いで育ってました。

バター醤油にもたっぷり使いたかったのですが、こんな細木なので可愛そうね。

これ、夏は西日でエアコンの室外機の風にやられます。パセリはziziが食いたい放題なので家の中はダメだし、なんかいい方法ないでしょうかねぇ。

 

 

  



   ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←応援してくださる方はクリックしてね。

NinkiBlogbanner03←よろしければこちらも。続ける励みになります。

   見に来てくれてありがとう!


| | コメント (20) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

疲れた時の南蛮漬け*筍と鶏肉の煮物

070415image_1

<4月15日(日)の献立>
わかさぎの南蛮漬け
筍と鶏肉の煮物
水菜と独活(うど)とカッテージチーズのサラダ 
春キャベツと人参の浅漬け(昆布だし、塩、赤唐辛子)
筍の姫皮と生わかめのお吸い物
7種の雑穀入りご飯



なんだか疲れが抜けなくて、オットなんかいよいよお灸買ってきてくれだって。
う〜、嫌じゃ〜!

そんな時に決まって食べたくなるのが南蛮漬け。
ししゃも、鮭、わかさぎ、小鯵(小アジ)や、鶏胸肉なんかでやってますが、今日は小アジと悩んだ末に北海道産のわかさぎにしました。内蔵処理しなくていいかなさ。

あとは昨日に続いて筍! あちこちでお見かけしたように鶏肉と。
春キャベツも漬けて、ごくフツーの晩ご飯ですが、今日も1日30品目はなんとかクリアです。

●わかさぎの南蛮漬け

070415_1_1

時間があれば、レモンを使用でだし汁や水で割らず、野菜の水分たっぷり出たところに漬けて食べるのも好きなのですが、今日はレモンがないので普通に割ってます。

1. 新玉葱2/3個、ピーマン1個スライス、人参4cm千切りし、酢大4.5、薄口醤油大1.5、砂糖大1〜1.5(好みで)、だし汁大3〜4.5、赤唐辛子適量で南蛮酢を作り野菜を漬け込み冷やす。

2. ワカサギ10尾、塩胡椒して小麦粉をしっかりつけ、余分な粉を落として175度位でカラッと揚げたら油をきって1の中に漬け込む。

3. 30分以上冷やし漬け込んだらできあがり。

わかさぎが笑ってるように見えるのは私だけかしら?

●筍と鶏肉の煮物

070415_2_1

先日の若竹煮と違って今日はこっくりと煮ました。
ちょっと目分量ですがメモまで。

1. だし汁1.5cup、酒大1.5、醤油大1.5、みりん大1.5、砂糖小2で一煮立ちさせた煮汁をつくり、フライパンに極薄く油をひいて皮面から焼き色をつけた鶏肉を煮る。

2. 続いて下茹でした筍を加えてアルミホイルなどの落としぶたを。

3. 煮汁が半分近くなり,筍がやわらかになったら火を止めしばらくおき、食べる前に温めたら木の芽を添えて器にもる。

鶏の旨味をすったこっくり味の筍もおいしいですね。


●水菜と独活とカッテージチーズのサラダ 和風ごまドレッシング

070415_3_1

こちらにも新玉葱少し入れてます。
(うそです!白いのなんだっけと適当な事書いてしまいました)

昨日の残りの独活(独活)を細切りにしたものと水菜を水にさらしてシャキ! カッテージチーズとプチトマトを混ぜて。

ドレッシングは酢大2、胡麻油大1、醤油大1.5、蜂蜜小1〜(好みで)、半ずり胡麻大1、すりおろし生姜と胡椒少々で作った和風胡麻ドレッシング。

カッテージチーズと胡麻と蜂蜜で淡白な野菜にコクを添えてもりもり食べます。


●筍の姫皮と生わかめのお吸い物

070415_4_1

姫皮2本分なのでまるで姫皮汁といった雰囲気です。

今日は先日だしのお試し商品セットを送ってくださった東京丸三販売さんから、またまた送っていただいた新商品の『純粋だし かつおベース』を使いました。

催促したわけじゃないんですよぉ(汗)。
より私の好みじゃなかろうかと送ってくださいました。(ありがとうございます!)

前にいただいた『ふりだし』もおいしいですが、こちらはより鰹の風味が高く、塩分も微量、お察しのとおりさらに私好みでした。
同じように3分〜5分静かに煮だして冷ますだけの簡単さ、今日のように作り置きのだしを煮物で使い終わった、なんて時だって手軽に美味しいお吸い物が作れます。

調味料よりずっと日々たくさん身体に取り入れる『だし』ですが、無添加で安心していただける手軽なだしパックは我が家でも必需品の一つ。ありがたいです。

あっ、今ならここから(先ほどの左上からでも)無料サンプル送ってもらえます!

ちなみに、この中の万能中華だし、これも美味しかったの。
固形で使い勝手がとお話したら、風味を保つためなんだそうです。

鰹と昆布でおだしをとるのが面倒という方は、一度試してみるといいですよ〜!


******

ご、ごめんね。
前の記事のお返事、夜以降になっちゃうよ。許して〜!

 

 ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←応援してくださる方はクリックしてね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

   見に来てくれてありがとう!

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

たっぷり筍のペンネ*春キャベツとツナの蒸し煮

070414image

<4月14日(土)の献立>
平目と独活(うど)のキウイフルーツマリネ
春キャベツとツナの蒸し煮 カレー風味
たっぷり筍のミートソースペンネ

午前中は大物洗濯大会でシーツに糊付をしながら、昨日買ってきたパセリを鉢に植え替えました。

外に置いてる山椒が思ったより元気なので、だんだん調子にのってきました。
もう少しオシャレなハーブにすれば良かったでしょうか。

午後から出勤してオットより遅くなって帰ったのですが、前の夜にまた筍を買って茹でておいたので今日は簡単洋風チックにせめてみました。

ペペロンチーノにするか、ペンネにするか迷いましたが、オットの心配をよそに、「絶対牛肉と合うから〜」と初めてミートソースと組み合わせ。

後はやってみたかった独活と魚の大好きなフルーツマリネなんかを用意しました。



●平目と独活(うど)のキウイフルーツマリネ

070414_1

前に独活とキウイでマリネを作りましたが、それがとても美味しかったのよ。
帆立や白身の魚と合わせた〜いと思っていたので、平目のお刺身を買ってきました。

1. 平目刺身(切ったもの10枚分)は軽く塩をして冷蔵庫でしばらく置く。

2. キウイフルーツ(あまり熟してない方がいいです)1個は粗みじんに切り、オリーブオイル大1、リンゴ酢大1で良く撹拌したものとあわせて塩胡椒したら冷蔵庫へ。

3. 独活は極薄に20枚ほどスライスしたら酢を入れた湯でさっとゆでて冷まし、2のマリネ液に浸します。

4. 食べる10分前に平目も水分をふいてから漬けこみ冷やした後、独活と交互に器に盛り、のこりの独活は千切り。平目のエンガワとともにトッピング。

爽やかで美味しいです〜! 
オリーブオイルはサンテラモのホワイトラベルを使いました。
キウイからたっぷり果汁が出るので、お好みでオイルは倍量ぐらいに増やしください。私はこの汁気まで飲み干したくてオイル控えめです。

たったこれだけのシンプルな味付けで充分です。







●春キャベツとツナの蒸し煮 カレー風味

070414_2

ペンネの前にもう1品、野菜をたっぷり食べたいので今日も蒸しちゃいました。

1. あればお好きな菜花(私はかき菜3本使用)を下茹で、プチトマト4〜5個は切れ目を入れて熱湯に7秒ほど入れてから冷水にとって湯剥きして1/4にカット、春キャベツ3〜4枚分はざく切り。

2. フライパンにバター10gを溶かしてノンオイルツナ缶小1個分を汁気ごと炒めたら白ワイン大2、カレーパウダー大1/2、湯100cc、ブイヨンまたはコンソメ小1/2、塩胡椒少々、ガラムマサラ少々を加えて混ぜる。

3. 2の中へプチトマト、キャベツ、菜花を入れてさっと混ぜ、すぐに蓋をしてさっと蒸し煮にすればできあがり。

カレーパウダーやカレー粉は香辛料や辛さがいろいろあるので要調整です。
お好みで鮭の中骨缶やソテーしたサーモンもよく合うと思いますよ!




●たっぷり筍のミートソースペンネ(ボロネーゼ)

070414_3

パセリ、さっそく登場です!

私は筍をこれまであまり食べなかったので(アホなんです)、和風の煮物やサラダ以外はペペロンチーノやアンチョビと炒めるしか洋風につかったことはありませんでした。

が、ミートソースとの組み合わせはこれまた激しく美味しかったです!

ペンネは二人で120g、後は筍どっさりでどうぞ。
この量なら甘みと口の中に残るうっすらした香りはパルメザンチーズを加えたミートソースに全然負けません。
生筍を茹でたものをさっとあぶってから加えたのですが、肉の旨味を吸って美味しかったです。もっと焼き目をつけるぐらいにしても良かったかも。

ミートソースは、いつぞやの週末ランチに作った残りのソースを冷凍していたものを使い、パスタの茹で汁で和えました。

デミグラスソースの残りがあったのでこの時は入れてますが、筍にはこの方が向いてるような気がしましたよ。

(合挽肉使用、オリーブオイルでペーストにした玉葱、セロリ、人参、ニンニク、赤ワイン、トマト水煮缶、ケチャップ+デミグラスソース、ブイヨン、バルサミコ酢、赤唐辛子、ローリエ、ナツメグ、オレガノは好きなので少し。)

実は毎回違う分量なのなの、今度はしっかり記録しなくっちゃ!



  ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←応援してくださる方はクリックしてね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、励みになってます。

   見に来てくれてありがとう!


| | コメント (22) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

初「テンペ」と「蒸しホタルイカ」

070412image

<4月12日(木)の献立>
テンペとカラーピーマンの酢豚風
蒸しホタルイカと生わかめと独活(うど)のからし酢みそ
牛肉と蕗(ふき)の煮物 花わさび添え
キャベツのお浸し
しじみの味噌汁
十五雑穀入りご飯


メインは他の予定だったけど、食べなきゃならないテンペを発見してご覧の通り。

『テンペ』って食べた事あります? 私は初めて。

大豆の煮豆を麹の一種の『テンペ菌』で発酵させたもので、粘りと匂いのない納豆を押し固めたような発酵食品。
アメリカでは肉に変わるヘルシーフードとして食べられるって本当かな?

高タンパク、コレステロール0、イソフラボンやGAVAが豊富(10gで一日分の摂取量20mgがとれる)とのこと。 話の種にはなるでしょ。

生でもOKらしいので少しかじったけどダメ〜。
そんな時は唐揚げ!・・・にしてみたけど納得いかず、少しケチャップ炒めで味付け、酢豚風です。


●テンペとカラーピーマンの酢豚風

070412_1

1. 醤油1:酒1にからめたテンペ80gを小麦粉と片栗粉同量の衣につけて揚げ、ピーマン緑2個、赤大1個分、玉葱1/2個分を切る。

2. 酢豚風の合わせ調味料(酢大1、ケチャップ大1.5、醤油大1、砂糖大1、水または鶏がらスープ大4、片栗粉小1/2強)を混ぜ合わせておく。

3. 胡麻油でピーマンと玉葱を炒めたらテンペと胡椒を加え、合わせ調味料を混ぜてできあがり。

こ、これならなんとかいけます。でも肉の代わりにはならないと思うわ〜。


*追記:誤解のないように言うと、多分もう買わない気がします(笑)



●蒸しホタルイカと生わかめと独活(うど)のからし酢みそ

070412_2

時々、ガサッと茹でたという感じで目玉も飛び出し、腹も割れたのを198円の特売にしているお店がありますが、あれはちょっと手が伸びない。

もちろん美しいホタルイカを扱う良いスーパーや魚屋さんもあるけど、今年大好きな旬のホタルイカをここまで引っ張ったのは、『蒸しホタルイカ』を探してたから。

この時にsuwaroさんに教えてもらってから、すっかり『蒸し派』。
お魚屋さんでやっと見つけた蒸しホタルイカはやっぱり富山産!

目なんか一つも取れてないし、身がふっくら、色も良くって小さなエンペラも姿も美しいままでした。

ホタルイカの味がしっかりそのまま、とってもおいしかったですよ!

値段も安く蒸しホタルイカを扱うこの魚屋さん、「やるなぁ!」という感じでまた通ってしまいそうな予感。。。



●牛肉と蕗(ふき)の煮物 花わさび添え

070412_3

先日できなかった牛肉とのコンビ、今日は蕗の色が多少悪くなるのも覚悟でしっかり味に。

薄切り牛肉は酒を入れた湯であらかじめしゃぶしゃぶ。
醤油、みりん、酒と砂糖と塩少々加えて煮立たせた煮汁でさっと炊いて冷ました。

いつもなら針生姜を添えるところですが、冷めた煮汁に花わさびの辛み処理をして刻んだ物を絞り入れ、牛肉とからめて食べました。

山葵の香りとほんのり辛みが、少し甘く炊いた牛肉や蕗とすごく合います。




●キャベツのお浸し

070412_4

定番のキャベツのお浸しはこのところ日々食べてますが今朝はなかったので。
これでも1/4玉1回分。

お浸しの地を作ってステンのボールで冷やしておきます。

キャベツの葉だけを切ってざるに入れ、そのまま蒸して熱いうちにお玉の裏などで押さえて水気を絞り、冷たいお浸しの地にドボン。
氷水をはったボールなどにつけて冷やしてます。

食べる時にすりおろし生姜を加えて鰹節をトッピング。

******



『お知らせとお願い』

スパム防止の対策で海外からのコメントが入りにくくなっています。
国内からは大丈夫だと思いますが、まだ問題あれば、お伺いした時にでも教えてください。
ご迷惑おかけしておりますが、懲りずに遊びにきてやってくださいね。





   ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←応援してくださる方はクリックしてね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

   見に来てくれてありがとう!


| | コメント (15) | トラックバック (1)

2007年4月12日 (木)

にしんの三五八漬けと蕗の信田煮

070410image

<4月10日(火)の献立>
鰊の三五八漬け焼き 自家製甘酢生姜添え
蕗の信田煮と桜人参
セロリの胡桃味噌和え
生わかめとレタスのポン酢浸し
おすまし(蒲鉾、しめじ、三つ葉、茗荷)
白米ご飯



去年の秋かな、いただいた三五八漬けにはまり、毎日野菜を漬けました。

三五八漬けは米8:麹5:塩3で発酵させたもので(最近は塩分控えめのよう)胡瓜なんかは下漬け不要、お魚も漬けると美味しいというのは聞いていたの。

山形からのお取り寄はすっかり忘れられているようなので、自分で作ってみるぞと麹までは買ったんだけど、桜餅をやジャム作りで手がつけられなくて・・・、

そしたらね、出会いました。  にしんの三五八漬け!!




●鰊(にしん)の三五八漬け焼き 自家製甘酢生姜添え

070410_1

鰊も春告げ魚と呼ばれる魚ですよね。春にしんは脂がのって美味しい時って。
その鰊が三五八漬けになって売られていました。

ぬか漬けは食べたことあるんだけど、三五八漬けは初めて。
しかも中にドッシリ入ってるのは卵入りかな?

・・・じゃないよ、 白子入りだ〜〜!!
鰊の卵は食べても、白子入りは初めてかも〜。

三五八をさっと流して水分をふき、焼き塩だけしてグリルへ。
白子が少しだけ苦手な私は火が通ったか心配だったので、レンジでも加熱しちゃいました。

イヤイヤ、スッゴイ脂のってますが、鰊ならいいですよね? 
そう信じます!

三五八漬けは鰊の香りも柔らかで、普通の塩焼きより食べやすく、風邪気味のオットは半身ですが、私はziziに少しあげて白子ごと1尾食べちゃいました!
白子も漬かってて蒸し焼き状態、全然食べれちゃった。美味しかったのよ。

なんだか、身体が充電したような・・・(笑)。
普通この大きさなら半身で十分ですね。もうお腹いっぱいよ。

桜も終わったので美味しい三五八の素つくろうっと!


 


●蕗(ふき)の信田煮と桜人参

070410_2

先日も買って食べた蕗ですが、その後スーパーの一周年記念セールで100円でした。

カーッ!! 悔しくてまた買いましたよ。

牛肉で巻くつもりが、ボリューム鰊がメインとなったので油揚げで信田巻きです。

1. 熱湯で油抜きしたお揚げ1枚を冷ましている間に三つ葉8本茎を5秒ほど茹で、続いて人参花形4枚下茹で、葉以外を1/2の長さに切り、板ずりした蕗も塩を加えてさっと下茹でします。

2. 油揚げを絞り、すりこぎでのしてから3辺を切って二つに分けます。

3. 蕗は皮を剥き、細い方を6〜8本、油揚げの長片で巻いて4カ所三つ葉でしばって切りました。

4. 小鍋にだし汁、薄口、みりん、酒、塩で調整(適当?)した煮汁を沸騰させて人参を煮た後、巻いた蕗を加え落とし蓋をして3分程煮た物を一度冷まし、食べる時に温めればできあがり。

そのまま巻かずに煮ても美味しいですが、焼くだけのお魚なのでちょっと一手間。お揚げと蕗がおだしを含んで美味しいです。


 

●セロリの胡桃(クルミ)味噌和え

070410_3

鰊を食べると思ったら、なんだか田舎を思い出してくるみ味噌和え、今日は初めて白みそをブレンドしてみました。小鉢にちょこっと二人分です。

1. セロリ1本分の太千切りを塩を加えたお湯でさっと下茹でして水で冷ます。

2. 胡桃(くるみ)10gは生でしたらから煎りしてから皮をざっととって粗く刻み、信州味噌小1、白みそ小1、酢小1/2、砂糖小1、だし汁小1とともに半ずり程度にすりおろし。

3. セロリはよく絞るか、ペーパーで水分をすってから、食べる前に胡桃味噌とあえればできあがり。

ちょっといい加減な計量だったので参考程度に。
信州味噌だけで作る場合など、お味噌やお好みで砂糖を加減してね。
だし汁もセロリの水気をしっかり切って、必要なら加えればいいかも。


******


ずっと喉が痛いと言っていたオットも今日はいよいよ食欲不振とのこと。
私の努力も、しじみも効かなかったのかしら?

食事の後、すぐ横になったオットの側にziziが寄り添います。

鰊をくれたのは誰じゃ〜〜!

ziziは昔から弱い者の味方です。

衝突した時も病気の時も、元気がなかったり弱っている方へ行って、
頭をなでてくれたり、じっと眺めて鼻をはさんだり。


070410_4

写真は以前のものですが、この手で・・・です。

今日はオットの頭を後ろからなでていました。
その気持ちはありがたいんだけどね〜。

そしてアイスノンをシェアして同じように大開脚(親子かっ!?)

お見苦しいのでその写真ものせられません。

 

   ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←応援してくださる方はクリックしてね

NinkiBlogbanner03←こちらも、よろしければポチッと。

   見に来てくれてありがとう!



| | コメント (11) | トラックバック (1)

2007年4月10日 (火)

豆腐とあさりのスープ煮*小松菜と豚肉の塩昆布和え

070407image

<4月7日(土)の献立>
小松菜と豚肉の塩昆布和え
豆腐とあさりのスープ煮
蕗と薩摩揚げのきんぴら
プチトマトとカッテージチーズのサラダ
十五雑穀入りご飯

桜の開花とともに春野菜をいろいろ楽しみましたが、桜が散るとともに冷蔵庫もスッカラカン。
日曜の特売前だったので、この日はあさりだけ買いました。

おかげでなんかいまいちね・・・。

味、色、形、器も、それぞれバランス良く作りたいと思っているのですが、今日はうまくいってませんな〜。

洗濯2回はしたんだけど、長〜いお昼寝で頭もボケボケ、簡単総菜並べました。



●小松菜と豚肉の塩昆布和え

070407_1

私の好きな豚肉+おろし+昆布のトリオ!
冬は昆布だしのきいた『みぞれ雪見鍋』で体内浄化&あったまりましたが、こちらは小松菜入りの冷たいバージョン、塩昆布で和えていただきます。

豚肉はこんな時しか食べないしゃぶしゃぶ用バラ肉! 
おろしは小松菜の食感とも美味しい『鬼おろし』で。

1. 鬼おろし(普通のおろしでも)大根4〜5cmすりおろし、ざるにあげて水分をきり、小松菜1/2束は塩湯で茹でて冷水にとり絞ったのち2cmに切り、白だしを10倍位にだし汁で薄めたものにひたしておく。

2. しゃぶしゃぶ用豚バラ肉を酒を入れた熱湯で茹でたら、軽く押さえてさらに水気をきった大根と混ぜておく。。

3. 食べる直前に小松菜を軽く絞り、塩昆布や豚肉と混ぜてできあがり。



●豆腐とあさりのスープ煮

070407_2a

1. 木綿豆腐(絹でも)1丁を切って、ぐらぐら沸騰させない程度に塩を入れたお湯でゆでたものをざるにあげて水切りしておく。

2. 胡麻油大1とニンニクのみじん切り1片分(好みで)であさりを炒め、酒大1を加えて蓋をして蒸します。

3.. 続いて薄切りにしたセロリを加えて炒め、鶏ガラスープをヒタヒタに。

4. 煮えてきたら豆腐を加えて香りづけていどの薄口醤油と塩胡椒で調味。

5. ゆるめの水溶き片栗粉でとろみをつけてできあがり。

スープいっぱいにして、とろみつけずにいただくのもよし、私はゆるいとろみをつけてスープも飲める塩加減にしました。

去年はニラを使ったようですが、お好みで芹、葱などでも。ちょっと香りをプラスするのもいいかな?


●蕗と薩摩揚げのきんぴら

070407_3

定番の煮物をと思っていたのですが、あさりもスープだったので、こちらは細く切ってきんぴらにしました。

油ぬきしたさつま揚げ、ふき、白炒り胡麻、赤唐辛子。

胡麻油、醤油、みりん、酒で調味。砂糖なしですが、薄味にしてさつま揚げの味もしっかり感じていただきました。



●プチトマトとカッテージチーズのサラダ

070407_4

去年良く食べていたカッテージチーズとトマトや野菜の組み合わせですが、今日はシンプルにトマトだけ。赤い色がないっ!と最後にあわてて作ったものです。

青紫蘇がカッテージチーズにもよく合うので、さらにノンオイルの青紫蘇ドレッシングをかけたり、今日は普通のポン酢を食べる時にかけました。



******

この日の夜中、残っている道明寺粉でまたまたまたまた桜餅に桜餡の苺大福を作りました。まるごと苺入りです!
写真もないのですが、日曜に仕事だったオットにも持たせてやりました。

通勤途中の桜も散ってしまい、週末はちょっとセンチな気分になったりしていたのですが、週があけると現実も仕事の納期も迫ってきて、気がつくとなんら変わりない毎日が過ぎて行くのを実感する今日この頃です。



 

   ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←応援してくださる方はクリックしてね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

   見に来てくれてありがとう!


| | コメント (18) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

桜蒸しと蕗の春色サラダにしじみご飯

070406image

<4月6日(金)の献立>
鯛の桜蒸し
木の芽味噌の焼き厚揚げ
蕗とハムの春色サラダ仕立て
菜花のからし醤油和え
しめじと三つ葉の赤だし
しじみの炊き込みご飯


この前々日の急な寒さと雨ですっかり体調を崩したらしいオットに朝からしじみご飯を炊きました。
御殿場でおみやげに買った乾燥の味付けしじみを使ったので簡単。

夜は残り物ご飯と、あっさり美味しく栄養とれるように、春の香りで食欲を刺激する作戦でした。

がっ、刺激しなくても、食欲だけはあったようです。
この日も春をいっぱい詰め込んでみましたよ。





●鯛の桜蒸し

070406_1

桜の季節の真鯛の総称を『桜鯛』と呼ぶのかと思っていましたが、今調べたら、瀬戸内産のものをいうらしいですね。
『桜鯛の桜蒸し』と言いたかったのですが、不明なので真鯛の桜蒸しです。

道明寺と博多にしたのですが、ちょっと見た目に多かったでしょうか?
私らしい!レシピは少し減らした量です。(笑)

1. 真鯛の切り身2枚の骨を抜いて塩をふり、昆布で挟む。
(私は時間がなくて酒をかける時顆粒の昆布だし少々溶きました。)
桜の葉と花各2枚は水で20分位塩抜きします。

2. 小さい耐熱容器に道明寺粉20g、色づけした(私は紫蘇で)熱湯30cc加えて混ぜ、ラップして10分おいてからレンジ500wで1分40秒加熱後そのまま10分蒸らしたものを軽く練って2個の薄めに成形。

3. 鯛を半分に切って酒をふりかけ、間に道明寺をはさみ、桜の葉を巻いて蒸します(6〜7分程かな?)。
最後2分位のところでしめじを追加、鯛を蒸しすぎないよう注意です。

4. 餡はだし汁1/2cup、薄口醤油小1/2、酒小1/2、塩ひとつまみで一煮立ちさせたものを水溶き片栗粉(片栗粉小1+水小2)でとろみをつけたもの。
桜の花を飾った上からかけてできあがり。

鯛は高いので滅多に買いませんが、桜の香りでいただくのは美味しいですね〜。


●木の芽味噌の焼き厚揚げ

070406_2

もう山椒の木が貧相になってしまいました!
今日だけ〜といいながら、木の芽が足りなかったので、粉山椒も加えました。

西京味噌大1、信州味噌(中辛口)大1/2、みりん小2〜大1に砂糖少々(好みで)、刻んだ木の芽(と粉山椒)を加えて少し緩めにした味噌をのせて焼きました。

このいい香り、これでしばしの間お休みです。

●蕗とハムの春色サラダ仕立て

070406_3

やっと蕗を買いましたので、まずはきれいな色のまま食べようと思います。

蕗1/2束(4本位)少し強めの塩湯で茹でて冷水にとって色出しし、皮をむいて切ったものと、ハム2枚千切り、お砂糖少し加えた錦糸卵(卵1個分)を混ぜます。

マヨネーズ1:だし汁1:白すり胡麻1に薄口醤油極少量加えたものをかけました。
ほんの少し甘みのある錦糸卵とそれぞれ素材に塩味があるので丁度です。

和え物風な味ですが、オットはえらく気に入ってました。
春色に蕗の香り、マヨネーズと胡麻の優しい味です。



●菜花のからし醤油和え

今日のはチンゲンサイの菜花です。東京丸三販売さんからお試しでいただいただし醤油『あじつゆ』をさらにだし汁で少し割って、練りからしを溶いてます。

減塩醤油として使えて、風味もあるこれがとても便利。
○○醤油和えという時にはかかせなくなってしまいました。


●しじみの炊き込みご飯

070406_5

米3合、乾燥しじみ(生姜薄味つき)50g、味付け下煮をした人参とごぼう、薄口醤油大1、酒大1/2、で炊きました。

今日は牛蒡短め1本の細いささがきと人参5cm分(2.5cm長さの千切り)、だし汁と醤油大1、酒大1/2、みりん大1/2で汁気が少なくなるまで下煮したものを残った汁気とともに加えました。

しじみは肝臓や目にいいそうですね。
飲み過ぎ、疲れ、肝機能も低下しやすいので、飲み会が続いた方にも最適ね。


   ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←応援してくださる方はクリックしてね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

   見に来てくれてありがとう!


*数名の方よりコメントできないとのこと、おじゃまして知りました。
ごめんなさ〜い!
少し時間がかかって送られてるようですが、メンテ後もダメかな?
ちょっと調べますね!

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

春キャベツとアンチョビのパスタに菜の花のサラダ

070403image


<4月3日(火)の献立>
春キャベツとアンチョビのパスタ
菜の花とスモークチキンのサラダ
カマンベールチーズと自家製苺ジャムとバゲット

ちょっと息抜き(?)で手抜きな献立のパスタです。
深夜スーパーではチーズがセールだったし、すっかり遅くなって帰ったので、お腹が減ったとわめいてるものが若干2名いますから。

春はやっぱりこれ食べなきゃね〜。




●春キャベツとアンチョビのパスタ

070403_1

あれ、アンチョビが見えない? でも一応アンチョビ入りです。(笑)

1. パスタ160g、2Lに大1強の塩で茹でました。

2. オリーブオイル大2、ニンニク1片分で香りをだして、新玉葱1/2個スライスを炒め、アンチョビフィレー大6枚、春キャベツ200g位と続いて炒め、パスタの茹で汁お玉に2/3程と塩胡椒したものをパスタと和えました。

3. ガーリックオイル漬のブラックオリーブも輪切りで散らして。

春キャベツは、もう少し外側の緑を使うときれいだったかな〜。

今日はメインディッシュと言われるものがないので、パスタ160gじゃ足らなかったようです。これじゃあ、ランチのようなご飯だもんね〜。
写真はないのですが、カマンベールチーズとこれまた夜中に作ったイチゴジャムまで出してきてこの後パンを。

ワイン1本ちょうどです。





●菜の花とスモークチキンのサラダ

070403_2

へへへ、この前冷凍庫から出てきた発掘あるある自家製ジューシースモークチキン、あって良かったよ〜。

よく来てくださってる方は知ってるわね。いつのものかなんて、聞いちゃだめよ。
大丈夫、胃は強いの!

チキンを解凍して、フライパンでさっとグリル。
チビチビ使った菜の花の残りとトマト、レタスでサラダにしました。
こちらにはカッテージチーズを。

マヨネーズ大1.5に薄口醤油小1/2、レモン汁大1、粒マスタード大1/2、濃いめのブイヨン大1/2と蜂蜜少々で作った簡単ドレッシングでいただきました。

スモークチキンと菜の花もよく合って美味しいですね。


******

今週末はやっとお休み〜〜!

思いっきり洗濯ばーさんになる予定です。

どうか、晴れますように!




   ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←応援してくださる方はクリックしてね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

   見に来てくれてありがとう!


| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

春ご飯♪鶏の木の芽焼きに初物たらの芽

070402image

<4月2日(月)の献立>
鶏の山椒木の芽焼き 揚げ茄子の山椒だれ添え
芥子豆腐と菜の花の白味噌仕立て
たらの芽とさつまいもの天ぷら 桜塩
新ごぼうと胡瓜の黒胡麻サラダ
筍の姫皮と絹さやのかき玉汁
十五雑穀入りご飯

昨日は雷に雨!、あまりに寒くて外でラーメンを食べましたよ。
今日はいいお天気でよかったですが、身体の調子が狂いますよね。

こちらはその前のご飯を更新中です。
うちの春ご飯、のんびりおつきあいくださいませ。


●鶏の山椒木の芽焼き 揚げ茄子の山椒だれ添え

070402_1

木の芽焼きは、お魚の味噌味が多いですが、醤油味の鶏も美味しいです。

片栗粉もつけてないし、いつもの照り焼きと同レシピなので、照り焼きの木の芽風味といったところです。鶏肉はこれで一人80g。

1. 鶏もも肉の余分な黄色い脂をとりのぞいてフォークで刺し、短時間の漬け込みの場合はそぎ切りに。
酒大1、醤油大1、みりん大1、砂糖小1のたれに刻んだ木の芽とともに漬け込みます。

2. 薄く油をひいてフライパンで皮面からやや焦げ色をつけながら焼き、仕上げに漬け込んだたれを絡めて少しとろみがつけばOK。

3. 器にもって粉山椒と木の芽をそえてできあがり。


茄子は天ぷらを揚げた際に一緒に素揚げして、熱湯で油抜きしたものをたれに絡めて粉山椒で焼きました。

うちにはziziがいるので、植物は置けなかったのですが、毎年高くて嘆きながら買う木の芽の為に、今年はポットで育ててみました。

最初は木の芽をクンクンしながら遊んでいたのですが、どうも彼にとってはおいしくないらしく、今のところ無事に育っています。

私の消費にもうしばらく耐えてくれるといいのですが。。。



●からし豆腐と菜の花の白味噌仕立て

070402_2

前にほうれん草と椎茸を添えたお椀で食べたのですが、あの時から菜の花をあわせて食べたいと思っていました。これが最後の菜の花かな。

たっぷり食べたくてお鉢ですが、皆様はお椀でどうぞ!(笑)

沸騰させないよう温めた絹ごし豆腐と下茹で後、お浸しの地につけて絞った菜の花です。

甘すぎないよう、薄口醤油を少々と酒を入れて一煮立ちしただし汁に白味噌をとかしたものをかけています。

芥子を溶かしながらいただきます。




●たらの芽とさつまいもの天ぷら 桜塩

070402_3

オットの大好物、山菜の天ぷらは田舎でもここでも最高のごちそうです!
今日は先日ご飯にも使った桜のお塩でいただきました。

 

きれいな形に揚げれませんが、きのこや山菜の天ぷらも、冷めてもカラッとしてるのは少し自慢、時々褒めてくださる方いるといい気になります。

実家で40人分とか鍛えられたしね、この量は油に酔うけど、少量の二人分はままごとみたいです。

葉ものやきのこ、意外とさっと揚げないことも重要ですね。
さっと揚げただけだと最初はいいですが、中の水分が抜けてないのですぐしんなりします。

最初に薄く小麦粉、それから衣ですが、山菜等を揚げる時のこの天ぷら衣、ここ何年かは小麦粉に上新粉を少し混ぜて使ってます。

薩摩芋やお魚だけなら片栗粉を使ったり、たまに天ぷら粉もいい具合にベーキングパウダーが配合されているものを買う事もあります。



●新ごぼうと胡瓜の黒胡麻サラダ

070402_4

すこしだけですが、茹でた新牛蒡と胡瓜のサラダは、隠し味にオイスターソースの酢で割ったマヨネーズ仕立てです。プチトマトも彩りに。

柔らかく風味高いごぼうに半ずり白炒り胡麻と黒胡麻をたっぷり!
我が家の胡麻の消費量もなかなかです。



●筍の姫皮と絹さやのかき玉汁

昨日の筍の姫皮と絹さや、人参、新玉葱、三つ葉が入ってます。
やわらかな姫皮がおいしいです。

天ぷら衣に使った卵の残りも使い切ってちょうどよかったかな。



   ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←応援してくださる方はクリックしてね。

NinkiBlogbanner03←よろしければ、こちらも。。。

   見に来てくれてありがとう!


| | コメント (13) | トラックバック (1)

2007年4月 4日 (水)

独活と豚肉のゆかり炒めと若竹煮

070401image

<4月1日(日)の献立>
独活と豚肉のゆかり炒め
若竹煮
アボカドとトマトの山葵醤油カッテージチーズ和え
たたききゅうりのもろみ味噌のっけ
春キャベツとじゃがいもの具沢山味噌汁
十五雑穀入りご飯

おじちゃんのところでいろいろ春の野菜を買ったので、この日はその中の独活(うど)と生たけのこを楽しみます!

水煮のたけのこがあまり好きになれなかった私、去年まで生たけのこも食わず嫌いだったなんてアホでした。もうね、早く食べたくてうずうずしてたんだよ。

この時期に買うのは、私にしてはちょっと奮発!、おかげで小さな筍です。

独活は今年もいろいろ楽しんで架橋に入りましたので、毎年食べる豚肉との塩味の炒め物。今年は『ゆかり』を使ってみました。



●独活と豚肉のゆかり炒め

070401_1

1. 豚肉180g、肩ロースのこま肉やしゃぶしゃぶ用のバラ、ロースなんかがおすすめですが、切って薄口醤油小1と酒大1を揉み込んでおきます。

2. 独活1本は皮をむいて薄い短冊に切り、酢水にさらしておきます。

3. 胡麻油大1を熱して豚肉を炒め、余分な油を吸い取ったら独活と『ゆかり』、胡椒を加えて炒めます。

紫蘇と独活、胡麻油の香りが一緒になってとてもいい香りです。
去年は隠し味にオイスターソースとラー油を使った塩炒めでしたが、紫蘇の風味でバラ肉もサッパリいただけます。



●若竹煮

070401_2

ぬかも買ってしっかりアクぬき下茹でしましたが、外皮を剥いたら、賞味200gに満たなかったです。

だし汁1.5cup位、薄口醤油小1、酒大1、みりん大1、塩で煮たものを一度冷まし、再度生わかめを加えて温め薄い色に仕上げてみました。

今年はプランターで育てている季節の出会い物、山椒の葉も。

筍はそれ自体風味の強いものではないし、こんなふうに薄い色の煮物に仕上げる時は一番だしを使ってしまいます。

普段から二番だしをとるのは面倒で、何でも一番だしを使ってしまう事が多いのですが、築地の鰹節屋さんで買った本枯節のけずり節と昆布を使った一番だしを使いました。

厚削りの時のようなパンチはないですが、とてもまろやかな旨味と品よく高い風味に色白、その香りに「はぁ〜、よだれがでちゃう」とオットは言います。
旬の筍と生わかめをおいし〜くしたのはどうやら私ではなかったようです(笑)。

おだしもいろいろ、使い分けや風味を楽しんでいます。




●アボカドとトマトの山葵醤油カッテージチーズ和え

070401_3

さっぱりしたものの中にこういう小鉢小皿がひとつあるといいかなと思って、ダイエット中によく食べていたカッテージチーズを使いました。

アボカドとは好相性です。

プチトマトの酸味を加えて、醤油をだし汁で割ってから山葵(わさび)を溶かしたた山葵醤油をかけていただました。


後は春キャベツとじゃがいもが甘いお味噌汁をつけたら、今日の春ご飯のコーディネイトは完成かな?



******

昨日はうっかりメンテナンスのお知らせをし忘れました!

来てくださって、コメントやTBくださった方にはご迷惑おかけしました。
ごめんなさい!


   ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←応援してくださる方はクリックしてね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

   見に来てくれてありがとう!



| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

桜ご飯と鶏の西京焼きのはず

070331image


<3月31日(土)の献立>
鮪のお刺身3種盛り
鶏の西京味噌焼き 菜の花のお浸し添え
新玉葱と水菜と小海老の胡麻ポン酢サラダ
塩蒸し春キャベツのおかか添え
しめじと三つ葉のお吸い物(葱)
桜ご飯

今週はボロボロのオットと私でしたが、久しぶりに二人そろってご飯です。

お昼ご飯を買いに行った際、おじちゃんの八百屋さんで菜の花食べたい攻撃をしていたら、奥から一束出してきてくれました。とっておきだった? 
三つ葉は少し凍ったと言って、タダでいただいてしまった。嬉しい!

春の野菜とだしのきいた吸い物に桜ご飯、朝仕込んだ鶏肉があれば・・・。

でも見つけちゃったの、本鮪の切り落とし。




●鮪のお刺身3種盛り

本鮪の切り落とし、ヅケ(胡麻油と醤油と胡麻)、たたきの3種盛りでしたが、アボカドを加えてタルタルにしました。
疲れた身体にぐぐっと染みるお酒をいただくには、やっぱりお刺身があると嬉しいですね〜。

今日は、注目されているGAVAがたっぷり、発芽米で仕込んだお酒を。



●鶏の西京焼き 菜の花のお浸し添え

070331_2

1. 鶏もも肉皮付きの1枚、黄色い余分な脂を取り除き、フォークでブスブス刺したものに極薄く砂糖をすり込む。

2. ラップを広げて西京味噌(白味噌)大3、酒大1.5(大きさにより大4:大2で)でゆるめたものを半分広げ、鶏肉をのせてから残りの味噌を塗って、ラップで包む。

3. 冷蔵庫で2時間以上(私は半日位)漬け込み、みそをおおまかに拭い取ってグリルで焦がさないよう焼けばできあがり。

今日はグリルで焼きたかったのでお酒だけ、砂糖を少し加えた即席漬けです。
グリルで焼いた鶏の西京焼きはお店でいただくような雰囲気のお味です。

さくらご飯に合わせて仕込みましたが、鮪があったので、半分だけ焼きました。
菜花を添えたら、いつもの鶏肉も春のごちそうです。



●新玉葱と水菜と小海老の胡麻ポン酢サラダ

070331_3

小海老をふっくらしたまま乾燥させたもので、千葉方面へ仕事に行った際に見つけてこっそり買ってしまいました。

そのままでも食べれるものですが、胡麻油を薄くひいたフライパンでから煎りしてから、新玉葱と水菜のサラダにしました。

野菜には胡椒をかけておき、ドレッシングはポン酢2:胡麻油1:だし汁1で割ったものに少量のすりおろし生姜を加えたものです。

食べる直前にかけて、いい香りのパリパリ海老とフレッシュな玉葱を浸しながら食べてます。



●塩蒸し春キャベツのおかか添え

塩をまぶしたキャベツをそのまま蒸しただけ。おかかをのせただけのお漬け物がわりです。



●桜ご飯

070331_4

去年桜ごはんを食べたのは4月2日、やはりこの時期バタバタしてお花見もできなかったようですが、この日もけっこう食べてますね(笑)。

その時の桜ごはんは、塩ぬきした際の塩水適量と梅干し1個使ってうっすらピンクに仕上げたものですが、今日は旅行先で買った夕香亭の『桜のお塩』を使いました。

桜の花と葉を乾燥させたものや、柚子、紫蘇梅酢が入っています。

お米2合に桜のお塩を小さじ1/2ぐらいだったかな〜。お好みです。
そこへぬるま湯で塩抜きした桜(八重桜)の花を10枚ほど加えて一緒に炊き込んだだけ。仕上げにもひとつのせて。


******


ハードスケジュールに追われてピリピリしていたオットでしたが(私もかも)、買ってきたお刺身とさもないご飯でもなんだか少し落ち着いたかな。

リクエストはおだしのきいた汁物と言っていたけど、鮪も鶏も喜んで食べてたよ。
よかった、よかった。

ziziにも淋しい思いをさせたからね、私の鮪、ちょっとだけあげるよ。


   ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←応援してくださる方はクリックしてね!

NinkiBlogbanner03←こちらも気が向いたらポチッとお願いします。

   見に来てくれてありがとう!




| | コメント (14) | トラックバック (1)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »