« うどや絹さやの副菜と聖護院蕪でリベンジ | トップページ | 豚肉の味噌生姜焼き*セロリとさつま揚げのピリ辛和え »

2007年3月21日 (水)

鰯のパン粉焼きにトマトとゴルゴンゾーラのパスタ

070318image

<3月18日(日)の献立>
鰯の香草パン粉焼き 水菜とプチトマト添え
春キャベツと人参のマスタードドレッシング
プチトマトとゴルゴンゾーラのフェットチーネ
グレープフルーツ

久しぶりの濃厚パスタ!お供は鰯でパン粉焼きですが、うちの軟弱オーブン、なんだか時間がかかるのです。
簡単にフライパンでやったので、正確には香草パン粉ソテーですね。


●鰯の香草パン粉焼き

塩をふってしばらくおいている間に香草パン粉を合わせました。
『なんでも入れてしまえ的』ではありますが、ドライパセリ、タイム、バジル、オレガノも少し、パルメザンチーズ、ガーリックパウダーとブラックペッパー少々。

鰯から出た水分を吸い取り、塩胡椒、パン粉をつけ、オーブンで焼くところをガーリックの香りをつけたオリーブオイルで簡単にソテーしてしまいました。

ソテーすると油を吸うので、一度ペーパーでおさえて余分な油を吸い取り、残った香草パン粉をフライパンでから煎りしてソテーした鰯につけました。

オーブン焼きより短時間で身がふっくらジューシーに仕上がったような気がしますが、オリーブオイルもオーブンより吸ってしまいますね。

レモンを買い忘れたので水菜にはオリーブオイルと自家製塩ポン酢を合わせたドレッシングを。
これまた鰯やフライとも合うのです。


●春キャベツと人参のマスタードドレッシング

070318_2

春キャベツを軽く蒸して仰いで冷ましたものを朝晩食べてます。

今日のドレッシングはマヨネーズ、粒マスタード、酢、蜂蜜少々、塩胡椒の簡単ドレッシングです。



●プチトマトとゴルゴンゾーラのフェットチーネ

070318_3

久々ニョッキを作ろうと、イタリアの『ゴルゴンゾーラ・ガルバーニ』を買ってあったんだけど、meshiちゃんのところで美味しそうなタリオリーニを見て気が変わってしまった。

meshiちゃんがいただいたのはフルーツトマトだけど、私は完熟プチトマトを湯剥きして使用。たりなくて、トマトの水煮缶も混ぜちゃった。
フルーツトマトの甘さは蜂蜜少々加える事で代用なの・・・だめかしら?

1. プチトマトを湯剥きしてカットし、オリーブオイル大2でガーリック1片と赤唐辛子1本分を炒めた後、トマトを加えて(8個+トマトの水煮缶を使用)炒める。

2. 湯に溶いたブイヨン1/4カップほどと蜂蜜少々、塩小1/2弱と胡椒を加えて少し煮詰めてトマトソース(約200g)をつくる。

3. フェットチーネ160gを茹でている間、トマトソースにカットしたゴルゴンゾーラ75gを弱火で溶かし、生クリーム大2(チーズやお好みにあわせて増量)と合わせ、胡椒(塩はチーズにより調整)を加える。

4. ゆで上がったフェットチーネを絡めてできあがり。器にもって胡椒をプラス。

 *2008.5月追記:↑オリジナルはトマト味が濃かったので生クリームは不要ですがお好みで。


オットは最初「何の匂い?」と言って見にきたのだけど、このガルバーニのチーズはマイルドなドルチェタイプ。
こればかりなので他をあまり知らないけど、食べやすい方だと思ってる。

いい香りのパスタを前にワインを取りに行き、適当にトマトソースと合わせただけ(正確な作り方はプロのレシピでどうぞ!)なのに、な〜んか美味しくできてしまった感じ!
もっと食べたいね〜と、翌日の朝、トマトの水煮だけでトマトソースを作って、また食べた事は内緒にしておこうっと。



   ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←応援してくださる方はクリックしてね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

   見に来てくれてありがとう!

*徳太郎のパン画像、追加しました!→こちら★★


|

« うどや絹さやの副菜と聖護院蕪でリベンジ | トップページ | 豚肉の味噌生姜焼き*セロリとさつま揚げのピリ辛和え »

コメント

★meshiちゃんへ

ゴルゴンゾーラをジャムと食べる前菜なんかもあるので、甘いものとあの塩気が合うんだよね〜。
それがまた私のツボだったの!
150gのチーズだったので、2回食べたいのと、少しさっぱり仕上げたくて生クリーム使ったんだけど、フルーツトマトなら、meshiちゃんのように生クリームなしでいいだろうね。
濃厚トマトソースだったら入れてちょうど良かった気がしましたよ。
おいしさはかなわないけど、安上がりなので日々食べれます。
それって危険だわ〜〜!!

投稿: ★meshiちゃんへ | 2007年4月 5日 (木) 14時10分

TBさせていただきましたぁ〜。
今度は私もトマト缶で作るよ!
私、青カビのチーズを料理で生かしたことなかったので、
このレシピはとっても嬉しかったわ。
ポルチーニとも合わせたんだけど、美味かった!
ただ、何でもチーズに頼るのはデブの素かもね。えっへっへ

投稿: meshi | 2007年4月 4日 (水) 20時40分

★kotobuさんへ

フフフ、毎度毎度よく気が合うわよね、私たち!
トースターでやったの?
それはカリッとするよね。
うちのオーブンもトースターみたいなオーブンなの。
時間がかかって仕方がないから、フライパンで速攻!(笑)
手間なんてかかってるほどのものもないわよ。
いいガスオーブンとか欲しいわ〜。

★もろぞ〜ちゃんへ

アハハ,そのイタリア版美男美女って、いいわ〜。
でもその通りなの!
ガルバーニはメーカーというか、ブランドになるのかな?
私は目黒だと信濃屋か、目黒駅ビルatreの2Fにある『ザ・ガーデン自由が丘』で買ってるわよ。ここもスーパーにしてはチーズの種類が多いかも。
青カビの固いタイプじゃないモノなら、もう少しお安いのでもいけると思うけどね。
チーズ好きなら、きっとはまるわよん。

★meshiちゃんへ

プチトマトがよく熟れていて、形も残ってないけど、フレッシュな感じが良かったわ!
蜂蜜チョコリでかなりいい感じダッタノ。
え?meshiちゃんも作ったん?
私のレシピは適当だったけど、こんなんでOK?
オットも私もはまっちゃって、翌朝もガッツリいただきました!
トマト&ゴルゴンゾーラLOVE!なのだ〜(笑)

★のんのんさんへ

ね、私もビックリしちゃったわ。
kotobuさんとは同じスーパーに行ってるの?と思うくらい同じネタやお料理してるときが有って、毎回楽しいの。
次はのんのんさんの番ですよ(笑)

キャベツにこのマスタードドレッシングが美味しい〜!
レモンがあればもっといいんだろうけど、蜂蜜ちょこりがマスタードと合うのよね。
春キャベツは蒸して食べるとあっという間に終わっちゃうわ〜。

★のーまるママさんへ

やっぱりフェットチーネ好き?
適当に作ったけど、普通のゴルゴンゾーラと生クリームのソースより軽くて、とても食べやすいわ!ええ、160gじゃたりなかったもの(笑)
鰯は私も大好きなのよ。これも好みが合ったわね!
早く安くて新鮮な鰯がいっぱいとれる青魚の季節にならないかしら〜


★かなぶぅさんへ

あれ?サバの時チーズ入れてなかったかな?
パン粉焼き、絶対パルメザンチーズ入りがおすすめよ!
パルミジャーノすりおろしたら最高だけど、市販の粉チーズでもいいの。
ガーリックの香りをつけたオイルで焼けばガーリックパウダーなんかなくてもいいんだけどね。
私のはフライパンで速攻料理だけど。パン粉をつけたお魚にオリーブオイルをかけてオーブンで焼くというちゃんとしたレシピだと外粉もカリカリのはずね。
かなぶぅさんはとても素直だから、きっと皆さんからいろんなこと吸収でき手、あっというまにプロ並みのお料理つくれるようになるよ!

★もぐぱくさんへ

うちはたまにイタリアンだけど、モグパクさんは、いつもメニューの中に上手に取り入れてるよね。
私、献立決めてないけど、なんかまとめすぎちゃう傾向に有るのよね〜。
でも今日は良かった!
お魚も食べたかったし、ゴルゴンゾーラもさわやかなトマトとナイス!な組み合わせだったし、迷わずワインよ。
塩ポン酢、フレッシュでまろやかよね。
気に入ってもらえて,めちゃ嬉しいよ〜!


★くっきーちゃんへ

ひとりご飯の時はパスタの確率高いよね〜。
私の場合、塩辛でお茶漬けの確率も高いけどさ(笑)
お昼はオットも私もパスタや洋風ものを食べることが多いので、夜はたいてい和食派だけど、たまにはいいわよね〜。
夜のパスタは腹がもたれるってうちのオットは言うけど、この日のソースはそれを言わせないものが有ったわ。
プチトマト、完熟なので皮が気になるのよ〜。
湯向きはポットにお湯が沸いてたらすぐ出来ちゃうよ。
ゴルゴンゾーラと一度組み合わせたら、今までよく入れていたとろけるチーズは邪道だと思えてしまうかも!

投稿: ★Tomyよりお返事 | 2007年3月22日 (木) 16時37分

いやーん、ほんとだわ。Tomyさん家も鰯のパン粉焼き!!!
またまたまたまたまたまた?!ってくらい、よく似た物が食べたくなるよねー私達って(爆)。
しかし、Tomyさんのパン粉焼きの方が確実に手間がかかってて美味しそうですねぇ。ハーブも色々入ってるし。。。あーホントに美味しそ~う。
ふふふ、ウチのオーブンも軟弱よ~。
私は面倒なんでトースターで焼いてしまいました。

投稿: kotobu | 2007年3月22日 (木) 13時13分

パスタ美味しそうですね!
トマトソースにゴルゴンゾーラ!!!
勉強不足なもんで初めて聞いた組み合わせですが、
これはかなりステキな出会いですね。。。
イタリア版美女と美男のカップルのようデス!
「ガルバーニ」とは、生産地名ですか?それともメーカー名???
目黒・五反田近辺でも手に入りますかねぇ?
ぜひ一度一人ご飯の時にでも挑戦したいっす。

投稿: もろぞ~ | 2007年3月22日 (木) 10時31分

リンクありがと〜♪
私も出かける前にTomyちゃんのを見て、
今日の夕食はパスタに決定!
ちょうど、やす〜〜〜い甘いトマトを見つけたので、
速攻マネっこしたよん。ウキキ
近いうちにアップするね〜。
(TomyちゃんところってTBなし?)

これ、本当においしいよね。
トマトソースだけの方がカロリー低いけど・・・。
もう引き返せない!!!
今後は青カビチーズ入りじゃないとNGかも。
どっぷりはまった夜でした♪

投稿: meshi | 2007年3月22日 (木) 04時13分

昨日 kotobuさんちで美味しそうな
鰯のパン粉焼きを見て私も食べたかったのを思い出したら
Tomyさんちでも又々美味しそうな鰯の香草パン粉焼き。
これは神様が我家でも鰯のパン粉焼き作りなさいって
言っているような気がしてきました。
今度のお買い物日には絶対忘れないで鰯を買わなくちゃ!!

春キャベツと人参のマスタードドレッシングもいい!!
春の香りいっぱいで美味しそう^^
春キャベツは今が旬で甘くて柔らかくて美味しいですよね。
これもマネッコしちゃいます。
もちろんパスタも食べたいよ~!^^
体重を気にしているのに もう食べたいものばかりです。

投稿: のんのん | 2007年3月21日 (水) 16時02分

こんにちは
今日は、<洋>ですね。
しかも、私の大好きなフェットチーネ。
これ大好きなんですよね♪
いつも、クリーム系で頂くけど、トマトもあっさりしてて美味しそう。
鰯も大好き。
手頃で、栄養満点で食べたら元気になれそうですね。

投稿: のーまるママ | 2007年3月21日 (水) 15時36分

同じパン粉焼きでも、こうも違うものか・・・と
イヤになっちゃうよ~(><)
私も、今度は、パルメザンチーズを入れてみようかな・・・

う~ん・・・でも、私は、こうやって、色々と勉強させられる
場所があるから、とっても幸せだわ♪
でも、身に付けないと意味がないけど・・・(^^;)
ちょっとずつ、確実にね^^

投稿: かなぶぅ | 2007年3月21日 (水) 14時38分

Tomyさん、こんにちは~。
イタリアンでまとめたごはんだったのね~。
鰯の香草パン粉焼き、鰯LOVERでパン粉焼きブームな
私には見てるだけじゃツライ!!(笑)

我が家も今日はタコとエビのトマト煮&ガーリックパスタ
&蒸しキャベツの塩ポン酢和え、とTomyさんちとかなり
かぶっているメニューでした。

塩ポン酢、ダンナがお気に入りのようでリクエストが
入ってます! ありがとうね~☆

投稿: もぐぱく | 2007年3月21日 (水) 13時14分

Tomyサン、こんにちは♪
我が家も昨日はパスタでした~(^^)
と言っても「ひとりごはん」だったんですケドね~(泣)

いつも和食のイメージがあるせいか
とっても新鮮なカンジがします~(* ̄∇ ̄*)
フェットチーネ♪私も大好き!!
でも自宅で作るパスタはフツーの麺なんですケドね~。。。

しかもトマトとチーズの組み合わせも
ストライクですっ( ̄▽ ̄)
プチトマトを湯剥きして蜂蜜を加えるなんて、
すっごく手が込んでますねっ!!
こういう手間をかけないと。。。
と思いつつ、なるべく楽しようとしてる私・・・
ダメですね~Σ( ̄ε ̄;|||・・・

香草パン粉ってチーズを入れると、
とっても美味しくなりますよねっ☆
我が家もこの間、鰹で作りましたよ~ヽ(´▽`)/

投稿: くっきー | 2007年3月21日 (水) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/14333302

この記事へのトラックバック一覧です: 鰯のパン粉焼きにトマトとゴルゴンゾーラのパスタ:

» 《まねっこシリーズ3》シュクレトマトとゴルゴンゾーラのタリアテレ [めし日記]
激ウマだった“CIBO”のりょくけんのフルーツトマトとゴルゴンゾーラチーズのタリオリーニのマネっこデス。 まずは、Tomyちゃんがトマトとゴルゴンゾーラのパスタとして再現してくれたので、それをマネっこしただけなんだけどね。わはは 『女王コバチのTomyちゃん』(...... [続きを読む]

受信: 2007年4月 4日 (水) 20時36分

« うどや絹さやの副菜と聖護院蕪でリベンジ | トップページ | 豚肉の味噌生姜焼き*セロリとさつま揚げのピリ辛和え »