« 節分は・・・。 | トップページ | 大好きカレー風味の蓮根酢豚 »

2007年2月 5日 (月)

鰯の生姜煮と白い小鉢3種

070202image

<2月2日の献立>
鰯の生姜煮
菜の花と小海老の白和え
ささみの蒸し鶏とセロリのからしマヨ和え
蓮根の鰹梅
白菜の浅漬け(柚子、昆布)
大根と人参の粕汁
5種の雑穀と赤米入りご飯

日付が前後してしまいましたが、節分の前の晩のご飯です。

節分は下にアップしましたが、外めし予定だったのでこの日に鰯だけでも食べておこうかと簡単に生姜煮にしました。(結局また鰯も食べました・・・汗)

お寿司もないし、鰯が少しだけなので、副菜にボリュームをと作ってみたらみ〜んな白い小鉢料理、でもいろいろ味が楽しめましたよ。


●鰯の生姜煮

070202_1

今日は頭をとってから内蔵は割り箸でとりだしました。
以前、有馬煮を作った時に、腹を開かない方が煮た時にきれいでいいな〜と思った反省は珍しくちゃんと覚えていて生かされました。

水とお酒を各1/2cup、みりん1/4cup、醤油大2、生姜のスライスを煮立てた煮汁に鰯を入れて、鰯の上に砂糖を大1/2ぐらいかけて紙の落と蓋と鍋蓋をし、時々煮汁をかけて好みのところまで汁気も少し煮詰めました。




●菜の花と小海老の白和え

070202_2

先日のパスタでキリリと食べた菜の花の残りを、優しい白和え衣で包んでみました。

菜の花は下茹でしたもので、だし汁に酒、薄口醤油、塩で一煮立ちさせてさましてある浸し地につけてから軽く絞ってます。

ムキエビは背わたをとって酒を入れた湯で固くならないよう茹でました。

木綿豆腐1/3丁(約120g)を半分に切り、ペーパーで包んでラップせず2分ほどレンジにかけてから水気を絞ってくずし、白炒りごま大1をすったもの、薄口醤油小1/2、砂糖小1、塩を加えてよ〜く擦って、具と混ぜます。

私はブラウンのブレンダーを使っちゃうのですが、豆腐の水気をよくきったものでとろっとするまで擦ると美味しい白和えになります。
入れる具材によって浸し地に浸さないものは、豆腐の水分ではなく、だし汁や生クリーム、マヨネーズ等を少し加えて調味するのが好きです。



●ささみの蒸し鶏とセロリのからしマヨ和え

070202_3

ささみとセロリの組み合わせは、『山葵マヨ和え』(マヨ、わさび、塩と砂糖少々と浸し地)や、『からし醤油和え』(醤油、和がらし、浸し地)など、いろいろ食べているのですが、今日は『からしマヨ』です。

繊維に沿って拍子切り程の太さに切ったセロリは塩を入れた湯でさっと茹でて水で冷やして水気をよく絞ってから浸し地(白だしを薄めたもので代用可)に浸して軽く絞ります。

ささみは、酒と生姜少々でラップし、レンジの弱(200w)で表裏それぞれ4分位加熱し、割いて出た汁気に浸しておいたものです。

マヨネーズ、和がらし、薄口醤油、砂糖と塩少々で和えました。

浸し地につけるのはひと手間ですが、その差は大きいのでやめられません。




●蓮根の鰹梅

070202_4

よく食べているのですが、ブログには初登場だったようです。

蓮根の梅肉和えですが、我が家の梅肉和えには必ず胡麻油が入ります。
鰹節も入って旨味アップで美味しいのです。

南高梅の薄塩タイプの梅干し大1使用です。
梅肉をたたき、胡麻油を小1、薄口醤油小1/2〜1、砂糖小1を混ぜておきます。

薄切りにした蓮根を酢を入れた湯でさっと茹でて湯をきり、まだ少し熱いうちに調味した梅と和えて、鰹節をたっぷりめにふりかけて混ぜ、梅の塩やお好みで塩を調整です。

朝も食べたのに、夜また食べたくなって作っちゃいました!



   ★ランキングに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←応援してくださる方はクリックしてね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

   見に来てくれてありがとう!



|

« 節分は・・・。 | トップページ | 大好きカレー風味の蓮根酢豚 »

コメント

★Miaさんへ

本当はMiaさんはすごく和食好きだよね〜(笑)
白和えはいろんなものを作ってるけど、数の子はやってない!!
ってことは、ツブツブの白和えなの?
ほうれん草、ひじき、人参…、五目白和えなんかも王道だよね、
まったりとした胡麻の風味もきいた美味しいの作らないと!
そっちで数の子作ったら教えてね〜。

煮魚って楽なのに、あまりやってなかったかも。
次はカレイかな?
狙ってるんだけど、安くて美味しそうなのになかなか帰りが遅いと出会えないのよね〜。


★なつさんへ

小骨がピラピラは、煮れば煮る程写真に撮るときうまく撮れないからさ〜、
ちょっとやってみたけど、いいよね。
鰯はその名のとおり弱いからそっと出して水で洗いながらとりました!

なつさんも、私の小鉢料理を喜んでくれる一人だよね〜。
いつもありがと!
でもなつさんもすご〜くこういうヘルシーな小鉢料理得意だよね。
いつも感心してしまいます。
菜の花と小海老、おいしかったよ〜。

★かなぶぅさんへ

よくお豆腐たべてるもんね、白和えも数限りないバリエーションがあるからいろいろ楽しめるよね。

甘めが好みなのね。
好みは人それぞれだし、お母さんの味とかもあるからね。
ただ胡麻和えや白和えって、和え衣が濃いと何と和えても同じ味になっちゃうので、できるだけ素材が味わえるようにしてるつもりなのよ。
でも、私のところは全体的に少し薄味かもしれないね〜。
甘みが強いと塩分も足したくなるから、塩分は気をつけてるつもりなんだ〜。
私も甘みが全然ないお料理はあまり好きじゃないの。
ちょっと甘みがある方がおいしいよね。
お好みでお砂糖少しよけいにどうぞ!

同じような味付けだけど、私のブログの右上の検索窓で『白和え』って入れて検索すると、大量にバリがでてくるよ。


★岩間様

お返事遅くなり申し訳ありません。

直接ご連絡させていただきます。

★meshiちゃんへ

私の小鉢料理を喜んでくれるmeshiちゃん、LOVE! LOVE!だよ〜(笑)
その風邪で弱ってる身体にお届けしたいぐらいだけど、作った方が早いね〜。
大丈夫?
半分ずる休み、私も来週やりたい!やるぞ〜!

そう、外食だからってみんな美味しいわけじゃないよね。
クエね、もちっとした、とろっとした食感だったよ。
脂もけっこうあったんだけど、淡水魚って言ったのは、なんだか臭いが気になってしまったの(わかるでしょ〜)。
鰯も家で揚げたてを食べた方が美味しい。
それ以外は美味しかったかな。ま、居酒屋だからね。
でも今度はそのデレデレになるという、美味しいクエの身を食べてみたいわ〜。


投稿: ★Tomyよりお返事 | 2007年2月 7日 (水) 06時41分

鰯の生姜煮美味しそう♪
焼き魚よりも煮魚のほうが好きよ~ん。
私も白和え大好き!数の子入れたりする?
ほうれん草もいいよね。ひじきをちょこっと
入れるのも美味しい♪ 


投稿: Mia | 2007年2月 6日 (火) 09時30分

Tomyさん、おはようございます

鰯、内臓をお箸で取るのですか!そうすれば腹の小骨がピラピラ
しませんものね、勉強になりました☆
幼い頃、鰯を良く食べさせられましたが、最近は節分でしか頂かなくなりました。
これを機に鰯料理をしてみたいと思います。

小エビ入りの菜の花の白和え、家に全部材料がある!
海老の下処理をチャントすれば白和えにも合うのですね、
プリっと感のある白和え、今夜辺り料理してみます!!

白い小鉢三品、どれもヘルシーで味のかぶりの無い素敵なバランス。
さすが、Tomyさん☆

投稿: なつ | 2007年2月 6日 (火) 09時25分

先日は、春菊の白和え・・・
今日は、菜花の白和え・・・
本当に、どちらも魅力を感じます♪

私も、白和えが大好きで、時々作ります!!
どうも、白和えに限っては、甘めが好みなので、
ついついお砂糖が沢山に・・・
Tomyさんの白和えは、かなりお砂糖控えめなのですが、
とてもあっさりした感じになるのでしょうか?

セロリの一品!!
これ、絶対やってみます*^^*

投稿: かなぶぅ | 2007年2月 5日 (月) 23時01分

突然、申し訳ございません。貴様の写真がもの凄く奇麗でしたので、
写真を1枚、WEBサイトで使わせて頂けないでしょうか?
改めてご連絡いただけばと思います。
アドレスは、diwama@mac.comです。

投稿: 岩間 | 2007年2月 5日 (月) 18時46分

相変わらずTomyちゃんのご飯は美味そうダス!!!
最近、外食続きの私は目がハートよ。
(外食だからって美味しいわけではない・・・あはは)

梅肉和え・・・レンコン好きな私には、すごく魅力的!
ちょっと今からレンコン見てこようっと。
(風邪引いて休んでるのだ。半分はズルなのだけど〜)

下のクエ、美味しくなかったの?
私、だ〜い好きなんだけど、個体差があるのかな?
白身でとっても濃厚。一口食べると、
みんなデレデレの表情になってる・・・てのが、
私のイメージなの。個体差だね。(ってことで♪)

投稿: meshi | 2007年2月 5日 (月) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/13769037

この記事へのトラックバック一覧です: 鰯の生姜煮と白い小鉢3種:

« 節分は・・・。 | トップページ | 大好きカレー風味の蓮根酢豚 »