« 蓮根と鶏肉の蒸し豆腐に大根のおかか金平 | トップページ | 牛肉ときのこの朴葉味噌焼き*春菊とフルーツのサラダ »

2006年12月 1日 (金)

鯖南蛮*味噌漬け砂肝と小松菜炒め

061201image

<本日の献立>
塩鯖の南蛮漬け
味噌漬け砂肝と小松菜炒め
里芋の南部煮
自家漬け白菜の浅漬け(昆布・柚子一味風味)
豆腐としめじのすまし汁(茗荷、葱)
5種の雑穀入りご飯

更新記事も溜め込んでるし、気がつけば12月だなんて、はぁ〜。。。
なんやかんやとバタバタして、気持ちは焦っても身体が今ひとつ動いてないような・・・おしりに火がつかないとやれない私です。

本日は鯖! 今年は美味しそうな真鯖を見ないけど、塩鯖ならあるのよ。
この際塩鯖で南蛮漬けしちゃえ〜って、作ったのよん。



●塩鯖でも南蛮漬け

061201_1

厚みのあるきれいな色の塩鯖1尾198円だもん、安っ!!今日は一人半身じゃい。

3枚におろされた状態で売られていた塩鯖を昆布だしにくぐして、ペーパーで水分を吸い取ってから骨を抜いて半身を4〜5個に切る。
胡椒をして、しっかり片栗粉をつけてたっぷりめの油でカリッと焼いた。

先に作っておいた南蛮漬けにはスライス玉葱とピーマン、千切り人参が入っていて、リンゴ酢に砂糖を溶かして(レンジでチン)、レモン汁を同量、薄口醤油をいつもより控えめに入れて、輪切り赤唐辛子と胡椒だけ。
塩は入れなかったのよ。
でも意外にも塩気が足りない気がしたくらい。おいしくできちゃったよ!

でも砂肝もあるから一人半身は多いよね(笑)



●味噌漬け砂肝と小松菜の炒め物

061201_2

この組み合わせの煮浸しを何度か作ったけど、一番好きな砂肝の食べ方は味噌漬け!食べたことない?
おつまみにもってこい、料理の腕いらずで簡単、凄く美味しいんだよ!
今日は小松菜との食感も美味しい組み合わせで炒めたの。

1. 砂肝は洗って水気をふいたら白い固いところを少し取りのぞいて、半分に(4つに)切り、ラップに広げる。

2. 砂肝にまんべんなく塗れるぐらいの味噌(私は信州味噌の赤で)に、その1/3位のみりんを混ぜて砂肝にまんべんなく塗り、空気にふれないようラップをとじて冷蔵庫で1日〜2日。

3. 味噌を取り除いて(ラップに少し残す)水で洗い、切ってからフライパンで中火以下でから煎りして(焦げがあった方がおいしいけど、フライパンが焦げすぎてきたら、ペーパーで焦げを取りながら炒めて。)一旦取り出す。

4. フライパンをきれいにし、薄く油を熱したら2cmぐらいに切った小松菜をさっと炒め、残しておいた味噌を少量と、塩胡椒で調味。
砂肝を戻し入れてまぜればできあがり。



●里芋の南部煮

061201_3

おだしのきいた薄味で煮たものに切り胡麻なんかを加えるのを南部煮っていうんだよね。・・・たぶんね。

少し甘みもあって、お団子食べたい時によく作ってる。
お団子みたいに甘くないけどね。

冷凍里芋で作った時もあったけど、今日はぬめりのある里芋を下湯でしてつくったからいい感じです〜〜!
普通の里芋で作る場合は、お団子より一回り大きいぐらいに切って、角を丸く皮を剥くといいよ。胡麻がつきやすいからさ。

よろしければ、前の冷凍里芋で作ったレシピです。ぬめりは取りすぎないでね。


******

更新できてなくて、ちょっと3日ぐらい遅れたご飯日記ですが、またまたのんびりお付き合いくださいませ。


★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

見に来てくれてありがとう。




|

« 蓮根と鶏肉の蒸し豆腐に大根のおかか金平 | トップページ | 牛肉ときのこの朴葉味噌焼き*春菊とフルーツのサラダ »

コメント

>もぐぱくさん

うん、砂肝は味噌漬けにした味噌を洗い流して、弱火でね。
油ひかないのが美味しいのよ。
めちゃ簡単だしさ!

鯖の南蛮漬けは、これからは塩鯖でつくる派っていうぐらい!
短時間で味がついてる感じは、時間がない平日にも助かるもん。
鯖はさ、またリンゴ酢とレモンが良かったよ。
フルーティーなお酢の方が青魚にはいいね〜!


>蓮さん

はじめまして〜! って、何度もmeshiちゃんとこでお目にかかってますね(笑)
昆布蒸し、蓮さんやご主人にまで喜んでいただけて、私も嬉しいです〜。
(スズキまでやったのも驚き!)
豆腐も蓮さんの好みにヒットしてくれてることを祈ります!
あまり変わったものはないし、正確なレシピもないんですけど、
ボチボチ更新(?)してますので、これからも遊びにきてやってください。
今日もコメいただけて、と〜っても嬉しいのです!

うちのご飯の時の素早いプレーをお見せしたいぐらい(笑)。
もう少しこだわってくれるといいのですが、冷めないうちにが肝心ですね


>小太郎さん

そうなの、さすが小太郎さん!
塩鯖の塩気があるから、意外にも漬け込み時間が少なくて美味しかったのよ。
即戦力って当たってる!
あの美味しさを共有できた気がして嬉しい〜。
ちょっと塩気が心配で昆布だしで洗う感じにくぐしたのも良かったみたい。
小太郎さんのところみたいに美味しそうなのは今年は無理っぽいです。

>satokoさん

マシンはねぇ、直ったというか、でもデータは復活してないのよ(泣)
見ててくれたの?
satokoさんにも励ましてもらえるなんて嬉しいよぉ〜。
くじけないもんね!(笑)

あ、南部煮、satokoさんにヒットしそうです。
ご飯の時に一緒に食べても全然嫌じゃない甘さだと思うよ。
でも、ちょっと甘みあるものがあるといいよね〜

南蛮漬け、ピーマン入りが好きなんだけど、嫌いな人もいるよね。
satokoさんのご主人様は好き嫌いなさそうだけど。

投稿: ★Tomyよりお返事 | 2006年12月 5日 (火) 07時27分

ちょうど冷凍庫整理中で、サバも砂肝もあるので
じっくり見てまーす・笑
塩サバ、すごくお安いのねえ。
そのまま焼くことが多いけど、コレをアレンジして
南蛮漬けにしちゃうところが、さすがだわ!
野菜もたっぷりで、食べ応えは十分だよ~。
砂肝、味噌漬にしてから炒めるのね。
数日後に備えて、仕込んでおこうかな♪

投稿: もぐぱく | 2006年12月 5日 (火) 04時05分

Tomyさん、はじめまして。こんばんは。
meshiさんのところからとんできました。
コメントさせていただくのは初めてですが、
実は「牡蠣の昆布蒸し」以来、頻繁にお邪魔しています。
(昆布蒸しは夫も大喜び。meshiさんのぱくりでスズキもやりました)
足跡残さないでごめんなさいです。
Tomyさんちのご飯、参考になるものでいっぱい!
本日もお刺身を買ってきたので、↓の豆腐蒸しと
大根きんぴら、ちょっとアレンジはしたけど、
いただいちゃいましたっ!
Tomyさんがお料理作って、写真はご主人っていうのも、
なんだかうらやましいわ。
今後も楽しみにしています。

投稿: 蓮 | 2006年12月 4日 (月) 23時26分

こんばんは、Tomyさん。
塩鯖で南蛮漬け?!と最初は驚いたけど
昆布だしにくぐらせるなどして、若干の塩抜きもかねてるのね~。
さすがの一手間です。
最近の塩鯖は塩も薄く仕上げているものが多いから
単に干物としてだけでなく、料理の素材としても使えるんだなあ。
小魚の南蛮漬けなら一晩以上漬けてしっかり味を含ませるけれど
これなら、鯖自体にしっかり旨みが凝縮されるから
即戦力になってくれるね。

実家の白菜漬けが、さらに食欲増進させてくれそう!

投稿: 小太郎 | 2006年12月 4日 (月) 19時47分

マシンの調子はいかが~直ぐに直ったみたいでよかったね。
又美味しそうなお料理のアップが見えれて楽しみ♪
最近食欲がありすぎてる私はこのまま年末に突入したくない気分^^

里芋の南部煮、おいしそう。少し甘めなのね。箸休めどころから私だったらおやつにしたいわ。
黒胡麻もたっぷりで栄養もたっぷり。
塩鯖の南蛮漬けでも南蛮漬けね。すごい~上のお野菜の彩りも綺麗。

投稿: satoko | 2006年12月 4日 (月) 14時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/12918403

この記事へのトラックバック一覧です: 鯖南蛮*味噌漬け砂肝と小松菜炒め:

« 蓮根と鶏肉の蒸し豆腐に大根のおかか金平 | トップページ | 牛肉ときのこの朴葉味噌焼き*春菊とフルーツのサラダ »