« 牡蛎の燻製オイル漬け*鶏肉と薩摩芋のシチュー | トップページ | YOMEちゃんの『桃色』と出版おめでとう! »

2006年12月 6日 (水)

鰯の生姜チーズ焼きと『しょうゆ豆』

061206image_1

<12月6日(水)の献立>
鰯の生姜チーズ焼き 水菜添え
里芋のそぼろ煮
小松菜と鬼おろし大根のおしょうゆ豆
カリフラワーと人参と胡瓜のピクルス
白菜と蕪葉のみそ汁(葱)
五目炊き込みおこわ

(12/13更新分 日付修正しました)

ご飯を食べてる日と日記のズレは拡大、タイムリーな記事がかけず、トホホ…な感じですが、これから年末に向かい、更にこのズレは大きくなる予定。


既に先々週(?)の『あるある大辞典』で、生姜の特集をやっていて、ちょうど高知産の生姜をたっぷり買った私はその晩に生姜のきんぴらをつくりました。

061206_4_1

醤油、みりん、砂糖、半ずり胡麻をたっぷり入れて、胡麻油で炒めてます。
これを朝ご飯にアレンジして食べてたのですが、今日はこれを使って鰯を焼いてみました。


●鰯の生姜チーズ焼き 水菜添え

061206_1

鰯を手開きにし、軽く塩胡椒。とろけるスライスチーズを4等分に切る。

鰯の頭側に(*追記:青紫蘇→)チーズ→生姜のきんぴら→チーズと重ね、半分にふっくらたたみ、鰯の表面に薄く小麦粉をつける。

フライパンに薄く油をひいて中火以下で中に火がとおるように焼けばOK。

チーズが溶けて生姜がこぼれないし、とっても簡単美味しい組み合わせ!
生姜きんぴらはいろいろ活用できそうです。


*青紫蘇ひいてたのに、写真で見えなかったので入れ忘れました!ごめんね。


●里芋のそぼろ煮

061206_2

薄く油をひいて鶏挽肉をそぼろにし、面取りに剥いた里芋を塩少々で少しぬめりをとってから入れ、ひたひたのだし汁に、醤油とみりん、塩少々、弱火で煮汁がとろ〜り少なくなるまでアクをとって炊き上げました。

里芋のぬめりをあまりとらないのは母譲り。好みが分かれるところ?

里芋によってもこのぬめりの出方が違うので、水溶き片栗粉を使う時も。



●小松菜と鬼おろし大根のしょうゆ豆

061206_3

以前、ブログで『しょうゆ豆』に触れたことがあったけど、先日長野へ行った際に善光寺へお参りに行き、仲店で買ってきました!

『しょうゆ豆』というと、香川県の郷土料理が有名?
あれはそら豆を炒ったものらしいですね。
私が言ってる『しょうゆ豆』は、北信州の郷土の味、発酵食品のしょうゆ豆。

白大豆もあるけど、黒豆の方が好きです。
こちらに詳しくのってました。(美味しそうな井上醸造さんのページ
簡単に言うと、旨味凝縮の醤油の塩辛みたいなもので、しょうゆ豆をガス釜で炊いたピカピカ炊きたての自家米にかけて食べるのが大好きだったの。

今日は鬼おろしでおろした大根と、塩少々でさっと茹でてから浸し地につけて絞った小松菜にかけていただいた。

麹や豆のほのかな甘みもあり、見た目よりも塩辛くない。(メーカーで違うよ)
懐かしくて美味しくて、ニコニコになりました!

●五目炊き込みおこわ

061206_5

今日の献立には絶対に白いご飯が良かったんだけど、明日朝早いオットに持たせるためにおこわにしちゃったから味見・・・(味見の量じゃない!)

おこわを炊く時に生野菜等をそのまま入れて炊くと、味のついたご飯と味の弱い具が口の中で分離する感じがちょっと嫌で、たいてい先にさっと煮てしまう。

今日のベーシックな炊き込みおこわ。かなり目分量の計量です!

椎茸3枚、人参中1/2本、油揚げ1.5枚、えのき大1/2pkを切って、だし汁(または椎茸の戻し汁)60cc、醤油大2、みりん大1.5、酒大1でさっと煮て冷ましておく。
きんぴらごぼうを冷凍しているので、それを解凍して切る。

餅米3合に昆布、おこわ3合の線より少なく水を入れ最低1時間浸したら、酒大1/2と塩小1/3〜少々(好み)加えて混ぜ、釜のまわりに具材を汁ごと入れて(真ん中をあける)炊く。

炊きあがったら混ぜてさらに蒸らすという感じ。

実はこの餅米は古米で、母から聞いた(細木さんレシピ?)『古米をおいしく炊く情報』どおり、米3合、重層0.05g、酢小1/4を水と混ぜて30分〜1時間浸して炊いた。

バッチリ!おいしかった。




★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

今日も見に来てくれてありがとう!






|

« 牡蛎の燻製オイル漬け*鶏肉と薩摩芋のシチュー | トップページ | YOMEちゃんの『桃色』と出版おめでとう! »

コメント

>ゆちさん

ゆちさんも見たのね!
私、この生姜きんぴら食べてから、靴下はいて寝てないの。
ご飯に登場しなくてもつまんだりしてるし(笑)
でも作り置きだと効果薄くなるのかしらね〜。
生姜チーズ、ゆちさんもきっと好きだよね。
青紫蘇も入ってたのに、チーズで見えなくなっちゃったんだよ〜。
ゆちさんならもっと美味しいの作れるよ!
生姜きんぴらのアレンジでご飯にいれたのもおいしかったよ!

>Pinkyさん

ゆうべお返事書く前におじゃましちゃいました!
音楽会や行事が忙しい時に来てくれてありがと〜。

PinkyさんのYOMEちゃんの本のご紹介もよかったですよ。
YOMEちゃんは私の先生でもあります。
でも・・・、
ワタシ、センセーダナンテトンデモナイ!!
(↑よくわからないヒトになっちゃいました:笑)
こちらこそこれからも宜しくお願いします!
だからね、失敗してる日は、Pinkyさん来ちゃだめですよ〜(笑)

>otayoriさん

優しいだなんて、ちょっと照れるよ・・・。
うちのオットはお腹がすくと仕事にならなくなる人なのよ。
お昼もいつ食べれるかわからない大変な日は餅米がいいかな〜ってね。

あ〜ん、ごめんね〜〜。明日!明日アップします。
一日一記事書くだけで精一杯な私。おいつかない〜〜〜!

でもね、すんごく分厚く膨らんでちょっとぶかっこうだから笑うかも。
otayoriさんが言うしとったモチッとした感じだったよ。

ところで『クエ』ってそちらで食べます?

投稿: ★Tomyよりお返事 | 2006年12月14日 (木) 07時33分

Tomyさぁん!
こんばんは!
師走で、お忙しいなか、、ヘルシーなご飯盛りだくさん!!
私もあるある!見てました!
生姜の金平!すごく良いわぁ!!
私も作ってみるね!!鰯を半分に折ってるところが、
チーズや生姜金平がサンドしてあるところが、、
とっても気に入っちゃいました!
これ、美味しさ伝わってくるよ!!!

ありがとぉ~Tomyさんっ♪

投稿: ゆち | 2006年12月13日 (水) 21時39分

Tomyさーん、お久しぶりです。
お献立は、ちょこちょこ見させてもらっているのですが・・
なかなかゆっくりコメント残せなくって、ごめんなさぁい。

今日もステキなお料理の数々、参考になります。

YOMEちゃんの本、私のブログでもご紹介させてもらいましたが・・
今の私のお料理の先生は、TomyさんとYOMEちゃん☆です。
これからもよろしくご指導お願いします。


投稿: Pinky | 2006年12月13日 (水) 13時05分

朝早いだんな様におこわを持たせる!!TOMYさんは優しいですね。。
見出しの鰯を鱈!と見間違え、、、、「おっ、鱈が出てきたぞ」と思ってしまいました。鰯も、こんな風に手を加えると大ごちそうですね。私もあの番組見て蜂蜜漬けを作りました。

投稿: otayori | 2006年12月13日 (水) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/13038470

この記事へのトラックバック一覧です: 鰯の生姜チーズ焼きと『しょうゆ豆』:

« 牡蛎の燻製オイル漬け*鶏肉と薩摩芋のシチュー | トップページ | YOMEちゃんの『桃色』と出版おめでとう! »