« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

瓦焼き蕎麦で今年のラスト晩ご飯*ありがと!

061230image

<12月30日の献立>
焼き厚揚げのもろキュウのっけ
大根と帆立のサラダ
揚げ根野菜のマリネ
瓦焼き蕎麦(レモン、もみじおろし)

やっと仕事納め。

掃除と仕事の年賀状を最後にすませたら、もうすっかり遅い時間になってしまった。はぁ〜、お疲れさま。

この日はTomy家の今年最後のうちめし。
冷蔵庫スッカラカン!きれ〜〜に食べたよ。我ながらあの量の消費はエライ(笑)

明日は実家で年越しの鮭やお蕎麦も食べますが、ここでも最後はお蕎麦にしました。


●大根と帆立のサラダ(三つ葉)

061230_1

大根と帆立貝柱、三つ葉、マヨネーズ仕立ての普通のです。

最後に買った大きな大根、しっかり消費しました!



●焼き厚揚げのもろキュウのっけ

061230_2

夏によく食べてたね。
こんなふうに玉葱のスライス混ぜたりしてね、美味しいんだ!

今日は塩もみして流した胡瓜1/2本ともろみ味噌、すりおろし生姜と鰹節も加えて、焼いたアツアツの厚揚げにのっけました。


●揚げ根野菜のマリネ

061230_3

少しずつ残した根野菜、レンジで少しチンしてから素揚げしました。

アーリーレッドを朝からマリネ液につけておいたので濃いピンク色!

マリネ液は前の日にも出ていた栗原さんのをアレンジ。
みりんが足りなかったから・・・

蜂蜜大1.5、水または煮きり酒大1、レモン汁大2.5、酢大2、オリーブオイル大1、薄口醤油大1/2、塩胡椒少々ぐらいでした。


●瓦焼き蕎麦(瓦そば)

061230_4

我が家の年越し蕎麦のかわりは山口県の郷土料理?、瓦焼き蕎麦。
瓦そばとも言うのかな?(→詳しくはこちら

私が初めて食べたのは、一人旅が好きだった若い頃。
中原中也の故郷を訪ねてみたかったのが山口への本当の理由だったのだけど、そう言うのはちょっと恥ずかしかったので、秋吉台(鍾乳洞)を見に行くんだといったら、会社の先輩からは「洞窟オンナ!」と呼ばれたっけ。。。

そんな話はどうでもいいけど、最初は茶蕎麦を焼くって風味はどうなっちゃう???って感じだったけど。これがなかなか美味しかった!
家ではホットプレート使ってもいいけど、今日は面倒なのでフライパン!

1. 牛肉を生姜も使って甘辛の炒め煮にし、錦糸卵をつくっておく。

2. 固めに茹でた茶蕎麦を水で優しくもみ洗いしたら、私は胡麻油を使うけどお好みのオイルをかけて混ぜておく。

3. フライパンに薄くサラダ油を熱し、強火でさっと蕎麦を炒めたら、二つにわけやすくし、フライパンの中で動かさないように強火で下が焦げ目がつくまで焼く。

4. 器に盛って、卵、牛肉、小口葱を飾り、温かいつけ汁(普通のかけそばより少し濃いめにし、酢を少しプラスしたもの)にレモン汁ともみじおろしを入れて食べる。

061230_5

飾る分のレモンまではなかったけど、少し焦げた茶蕎麦が香ばしくて旨いのよ。
レモンがさっぱりさせてくれます。


******

しばらく実家に行ってきます。

ブログを見る環境にないので、更新もブログをお持ちの皆様のところにもしばらく伺う事ができませんが、戻ってきたら、また元気にご飯つくって、遊びにいきたいと思います。


今年の2月からブログを始めて、たくさんの方に出会う事ができました。

仕事と家の往復だけだった私に、皆さんからお料理だけでなく、いろいろな事を教えていただきました。本当にありがとうございます。

えなさん、カブ母ちゃん、うぉーにんさん、モニカさん、なつさん、Sさん・・・ブログをお持ちでない方にここでしか気持ちを伝えることができないけど、いつも嬉しいコメントに感謝するばかりです。ありがとね!

そっと見守ってくださった皆様、来年もよろしくお願いいたします!

来年が皆様にとってますます良い年でありますようお祈り致します。

061217_4




   ★ランキングに参加中です。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらもよろしければ・・・

   見に来てくれてありがとう!


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

おせちの後に焼き大根のカレー?

061228image

<12月28日の献立>
焼き大根と鮭の中骨のカレー
パプリカと鶏ささみの和風マリネ
白菜のリサイクル醤油漬け

ハハハ…、おせちも作らんと、おせちに飽きたらとか言ってしまった。

でもお正月って葉もの野菜がすごく高いし(今年は暖冬で大丈夫なのかな?)、家族は家にいるしってきたら、やっぱりカレー?

うちは、帰省前の大根消費メニューなの。

昨日も夜中に、今朝もガッツリ野菜食べてます!
今年もあと数日、しっかりのりきらないとね。



●焼き大根と鮭の中骨のカレー

061228_1

今日は残っていた市販のルウを使っちゃいました。簡単!!

<材料>大根1/3(大1/4本)、玉葱大1/3個(中1/2個)、ニンニク1片、
    すりおろし生姜小1/2、ブイヨン(コンソメ)小1/2
    バター15g(玉葱用)、オイル少々(大根用)
    鮭の中骨缶1個(ノンオイルツナ缶大1個でも)、しめじ1/2〜1pk
    カレー粉(小1〜好みで)、蜂蜜大1/2〜1(好み)、好みのスパイス
    市販のカレールウ(今日はジャワカレースパイシーブレンド)1列分
    水溶き片栗粉、大根葉適量、白炒り胡麻

1. 玉葱をできるだけ細かいみじん切りにして、ラップしてレンジに3分、バターか好みのオイルでフライパンにはりつけるようにしながら7〜8分炒めるとやや飴色玉葱に。

2. 大根は1.2cmぐらいの厚みに切って、26cm位のフライパンに熱した油であまり動かさないよう両面しっかり焼きます。

3. ニンニクのみじん切りをその端で炒めたら炒めた玉葱を加え、大根が隠れるほどの水とブイヨンを入れて、アクをとって10〜15分ほど煮ます。

4. 大根葉を刻んで塩少々の湯で茹でて、一度水にとり、絞ってから炊いたご飯に加えます。私は雑穀入のご飯ですが、普通の白米でも白炒り胡麻は加えるとおいしいです。

5. 大根に火が通ったら差し水をするなどして、ちょうどいい量にし、鮭の中骨缶を汁気ごと加え、生姜、蜂蜜、カレー粉、カレールウを加えてさらに少し煮て、最後にしめじと好みのスパイスを加えてできあがり。
水分の出方によっては、水溶き片栗粉少々くわえても。

オットは、「大根だし、肉がないのにこのコクはなんなの?」と聞きますが、飴色玉葱のおかげですね(飴色ほどには炒めてませんが)。
ツナ缶でもおいしいですが、カレーはカロリーが気になるので、ノンオイルタイプのものと大根でちょっとヘルシーかな?

うちはオットがおかわりしたので2人分ですが、普通は軽い3人分かも。



●パプリカと鶏ささみの和風マリネ

061228_2

パプリカ…、中の芯を取り除いてからペーパーを中にふんわり詰めて密封保存してます。彩りに少しづつ使うので、これがけっこう長持ちして助かります。

以前も登場してますが、今日のパプリカは、グリルで黒くなるまで表面を焼いてから、冷水に少しあてて、焦げた皮を剥きました。
このひと手間をすると口触りがいいのはわかっているけど、いつもさっと焼いて皮もとらなかったりして・・・。

今日はセロリもあるので、セロリ薄切り1/2本分、玉葱スライス1/4個、パプリカ赤と黄各1/2個。

鶏のささみは、ラップに巻いて酒と生姜少々でレンジ弱で表裏各3〜4分チンして割いた蒸し鶏。

マリネ液は栗原はるみさんがやってたお気に入りの例のやつ。

煮きりみりん(本みりん大6半量に煮詰めたもの)大3、オリーブオイル大1、酢大2、レモン汁大2、薄口醤油少々、塩胡椒。

カレーにこのマリネがとっても合って美味しかった。



●白菜のリサイクル醤油漬け

061228_3

リサイクルっていうのは…、

前に母が漬けた野沢菜の醤油本漬けをもらってきたのだけど、今回は悪くならないよう汁気もたっぷり入れてもらったの。

母はあの野沢菜を食べて行くうちに、野沢菜からも水分が出て汁がたくさんになるので、それを少しとって一旦火にかけて湧かしてます。

今度はその液に少し醤油を少し加わえて、軽く塩揉みした白菜をつけるのです。
火を入れてるので、その後はそんなに長くもちませんが、1週間ぐらい平気。

で、私も食べ終えた漬け汁に柚子皮を加えて漬けました。
とっても美味しい〜〜。

こういったものを無駄にしないで考える知恵って、今のうちにしっかり覚えておきたいと思うのです。

実家では美味しい野沢菜が待ってるのでまた楽しみ!


******

さて〜〜、今日こそ年賀状でよなべしないと!
もうね、疲れて夕べも気がついたら寝てしまった。

去年もギリギリまで働いて、おせちはデパートで見繕ったものと、母の手料理だったんだ。
私の実家は商売やってて、この時期稼ぎ時だったから、お正月の料理はつくっても、おせちを作ってゆっくりという感覚があまりなかったの。

商売をやめて、今は母が何か作ってると思われるが・・・、
腰痛いって言うんだし、もう〜買ってきて済ませればいいのにね。


あと最後の晩ご飯でこのブログの今年をしめたいと思ってます。

既にお休みに入られた皆様、よいお年をおむかえください。


   ★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

   見に来てくれてありがとう!

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

ダイエット&お片づけ 鯵姿焼きとけんちん汁

061226image

<12月26日の献立>
鯵の姿焼き 自家漬け谷中生姜の甘酢漬け添え
ちぢみほうれん草とたたき長芋のイクラ添え
舞茸と和風キムチの漬け物
けんちん汁
5種の雑穀入りご飯


クリスマスの流れできのうもチーズなんぞ食べたので、今日は和食。

お魚食べた〜い!

お刺身買えばいいや〜と思っていたんだけど、ひどい雨〜〜!!
鮮魚売り場でさらに寒くなって、お刺身用の島根の鯵を買って久しぶりに塩焼きにしました。鯵っていつも生で食べてるけど、塩焼きは1年ぶり以上なのよ。

あとは〜、帰省前なのに大根買ってしまい、野菜使って食べれるけんちん汁。

朝の体重計に二人でビックリしちゃって、ヘルシーご飯のつもりだったの。

でもね、11時も過ぎた深夜ご飯、ご飯の進むおかずでオットは大きなお茶碗におかわりしちゃいまいた。知らんぞ〜〜。

 



●鯵の姿焼き

061226_1

うろことぜいごとえらや内蔵もとって、金串(100均のだけど)うって、飾り包丁と隠し包丁をした後に化粧塩して焼きましたが、いつもかっこよくいきません。

魚焼きグリルだと、尾ひれが焦げちゃうのでアルミホイルをそこだけちょっと巻いたりするんだけどね。
お魚焼けるグリルオーブンとか欲しいな〜といつも思うのです。

季節的にはちょっと違うけど、とにかく今日はあっさりしたものが食べたかったので、それでもおいしかったです。


●ちぢみほうれん草とたたき長芋のイクラ添え

061226_2

ちぢみほうれん草が安かったので買ってきました!
普通のよりアクもあるのかな?でも味が濃くて美味しいですね。

塩で茹でして水にとり、絞った後に、お浸しの地(だし汁、薄口と酒少々、塩)につけて軽く絞り、上から薄口醤油少々と塩で薄く味付けしたたたき長芋(ポリ袋の中でたたいてつぶしたもの)をかけて、残っていたいくらをかけました。

混ぜてたべるの。さっと茹でたちぢみほうれん草とたたき長芋の食感もよく、美味しかった〜。



●舞茸とキムチの漬け物

先日も登場してましたが、今日は味付け海苔と胡麻油少々加わえて風味違い。
韓国海苔があれば、それだけで良かったけどね。




●けんちん汁

061226_3

雨で寒かったのもどこへやら、けんちん汁で温まりました。

ペーパーを巻いてラップせずレンジで2分、水切りした豆腐を炒めて、灰汁抜きした蒟蒻、続いて野菜を炒め、だし汁と椎茸のもどし汁を加えて煮ながらアクをとり、酒、醤油、塩、みりん少しで味付け、後から葱と油ぬきした油揚げを加えました。

入っているのは豆腐、蒟蒻、牛蒡、大根、里芋、人参、椎茸、葱、油揚げ



******

お正月は帰省する予定だけど、黒豆だけ煮たいな〜。

仕事も最後の追い込みだし、家のゴミ出しもあるし、猫あらいもあるし(!?)、年賀状は書いてないし、大掃除もろくにしてないし‥‥‥、

毎年のことですが、これがなかなか変えられません。

 


   ★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

   見に来てくれてありがとう!


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

うちクリ!サーモンたたきのバルサミコソース

061224_1

Merry Christmas !

結婚してから、いや、する前から、クリスマスも仕事に追われてろくに楽しんだことはありませんでした。
昨年につづき今年は家で過ごす2度目のクリスマスかな?

毎年二人には大きすぎるケーキだけ2日かけて食べてたんですけど、オットがいらないというので、昼間小さなケーキを一人食べました。
その分夜はたっぷり食べてもいい?

上の写真は前菜、牡蛎のワイン蒸しジュレがけ

夏から生ガキのジュレが食べたいとブログにも書いていたのですが、ちょっと気がひけたので、塩と片栗粉で洗った牡蛎をから煎りし、白ワインで蒸し焼きに。
冷やしたものに、ブイヨンにレモン汁少々、ゼラチンでゆるく固めたジュレと、小口葱を添えました。

いただき物のMOET &CHANDON があるので、それを開けて本日のうちクリご飯。

061224image


<本日の献立>
牡蛎のワイン蒸しジュレがけ
ゆで卵とチーズとイクラのカナッペ オリーブ添え
サーモン胡麻たたきのバルサミコソースとアスパラのソテー
プチトマトのマリネファルシーと2種のサラダ
(ベビーリーフのグリーンサラダ、3種の豆のガーリックプチカップ)
グリルドスモークチキンのサラダ仕立て 山葵チーズソース
ベリーのマチェドニア バニラ添え

●ゆで卵とチーズとイクラのカナッペ オリーブ添え

タルタルを作るのは面倒だったので、ゆで卵にクリームチーズとイクラ、ドライパセリがのってます。

バゲットにするつもりだったのですが、買い物に出るのが遅かったので、どこも売り切れでした。仕方なしにクラコットですが、お腹にはちょうどよかったみたい。


 

●サーモン胡麻たたきのバルサミコソースとアスパラのソテー

061224_3

メインがスモークなので、こちらはお刺身用サーモン。湯霜にしてから水分をふき、塩胡椒、白黒炒り胡麻をたたいてから極薄く小麦粉を茶こしでふりかけ、オリーブオイルを強火で熱したところへ表面だけソテー。

続いてオイルを足し、下茹でしたアスパラを塩胡椒だけで炒めました。
缶詰のホワイトアスパラ、いい加減に使わないとまずいのでここで登場。
柔らかい感じが好きではなかったのですが、よく水分をきってソテーしたら意外とおいしく食べちゃいました。

ソースは煮詰めたバルサミコ酢を冷まして、オレンジの果汁とマヨネーズ少々加えて良く混ぜたものです。
オレンジ・アスパラ・サーモン、これも私の好きな組み合わせ〜。

胡麻のインパクトとバルサミコは、昔、麻布の有名なイタリアンのシェフが鶏でやってたのを真似てみたのですが、アクセントになって美味しいです。


●プチトマトのマリネファルシーと2種のサラダ
(5種のベビーリーフのグリーンサラダ、3種の豆のガーリックプチカップ)

061224_4

奥:プチトマトのマリネファルシー

パプリカ(黄)とセロリをみじん切りにしたものをマリネ液(オリーブオイル、酢、レモン汁、砂糖少々、塩胡椒)に漬けて、くりぬいたプチトマトにつめました。
イタリアンパセリを買うのはもったいなかったので、セロリの葉先で。

中:ベビーリーフのグリーンサラダ

5種パックのベビーリーフにスライスラディッシュ、ドレッシングは、上のマリネ液を使用。

手前:3種の豆のガーリックプチカップ

ひよこ豆、赤えんどう、大豆の3種セットになってる小さなパックを買ってきて、玉葱のみじん切りとマヨネーズ、すりおろしニンニク少々、塩胡椒。


●グリルドスモークチキンのサラダ仕立て 山葵チーズソース

061224_2

先日夜な夜な作った自家製ジューシースモークチキンです。

2度もスモーク実験して、半分は今日の為に冷凍しておきました。
今日は解凍して、フライパングリルです。

スモークしてからしっかり休ませたので、煙がおちついてちょうどいい感じで食べれました。これは5時間漬け込んだものですが、味もちょうどいいみたい!
もも肉は一晩だと塩辛いかな?・・・レシピ修正しときま〜す!(笑)

ちょっとレストラン風な味にオットはかなり満足顔でした。


●ベリーのマチェドニア バニラ添え

061224_5

ん〜、ミントの葉をケチって買わなかったのが、なんとも写真映えしません。

ケーキのかわりに用意したのですが、イチゴとブルーベリー(冷凍もの)、最後にオレンジも少しだけ入れちゃいました。

はちみつにそれよりすくなめの白ワイン、レモン汁を混ぜたところへ果物をマリネするのですが、3時間ぐらい冷やすといい感じです。

今日は冷凍のブルーベリーなので、液が真っ赤になってしまいましたね。

テーブルに出して冷たいうちは取り分けてそのまま食べますが、食後には、ハーゲンダッツのバニラアイスをのせて食べるのが好きです。

******

長い時間食べてました(汗)

シャンパンも空になり、満腹すぎて洗い物するのもイヤ〜〜だったのですが、オットが手伝ってくれたので仕方なく。(!?)

オットもイチゴを買ってきたし、残り物もあるし、25日はそれを集めて『のだめ』最終回を楽しみま〜す。





   ★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

   見に来てくれてありがとう!

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

Hit! 南瓜のはさみ揚げと柚子釜のおろし和え

061222image

<12月22日(金)の献立>
南瓜の生姜風味はさみ揚げ
柚子釜の鮭のおろし和え イクラ添え
小松菜と蒟蒻のからし和え
舞茸と白菜キムチの漬け物
白菜とわかめのみそ汁(葱)
赤米入りご飯

南瓜を食べないご主人が多いようですね。

うちのオットは私が怖いのか、作った物は必ず全部食べてくれるのですが、やはり煮物南瓜よりも、炒めるか、天ぷら、サラダにした方が好みのようで、今日はちょっと美味しく食べてもらえるように考えました。

この日は冬至。北海道のえびす南瓜と高知の柚子を買ってきました。


●南瓜の生姜風味はさみ揚げ

061222_1

以前、南瓜と豚肉の炒め煮をした時に、甘辛味で喜んで食べてた記憶があったの。そういえば天ぷらの南瓜も食べてるしと思って、今日は生姜をきかせた豚挽肉をはさんで揚げてみました。そしたらね、「これ新作!?」とかなりヒット。 

1. 豚挽肉70〜80gに塩少々加えて捏ねたら、葱のみじん切り8cm分とすりおろし生姜小1ぐらいを混ぜてさらに捏ねる。(酒は南瓜が水っぽくならないよういれませんでした)

2. 南瓜は5mmぐらいに切って(肉が挟める枚数分)、薄く小麦粉をまぶしつけてから挽肉をサンドして、それを天ぷら粉で低温から揚げる。

3. だし汁にその1/3量ぐらいの醤油と、みりんを少し、三温糖(砂糖でも)も少し足して(お団子のあんのように甘くしないでね)、水溶き片栗粉であんにし、油をきった南瓜にかけて、さらにあれば小口葱をかけてできあがり。

生姜と葱の風味がポイントなので、大根おろしと天つゆでも美味しいです。今日は天ぷら粉使ったのですが、お好みでフライにしても。


●柚子釜の鮭のおろし和え 結び三つ葉といくら添え

061222_2

お風呂にいれようと思ったんだけど、見てたらムズムズ食欲がっ!
・・・というわけで南瓜に続き黄色になっちゃいましたが、柚子釜です。

1. 柚子はよく洗って、3/4ぐらいのところで切り、中身はグレープフルーツスプーン等でとりだし、三つ葉は葉を持って、茎を5秒ぐらい熱湯の中で揺らして冷まし、ふんわり結ぶ。

2. 脂ののった鮭に塩をして焼いたらほぐし、水をきった大根おろし、くりぬいた柚子から絞った果汁をお好み量、さらに塩で調整してから柚子釜に盛るだけ。

いい香りです〜。
これを洗ってお風呂に入れるかどうかはおまかせしますが・・・(汗)



●小松菜と蒟蒻のからし醤油和え

061222_3

ちょっとしたことで蒟蒻に味がしみておいしくなります。
レシピというほどのものでもないですが、こちらをどうぞ。
今日はさらにから煎りもしたのでしっかり味がついてて美味しかったです。

シャキシャキ小松菜と蒟蒻の食感の組み合わせ、甘い南瓜に芥子がよく合いました。


●舞茸と白菜キムチの漬け物

061222_4
出張から帰ったオットはどうも疲れているらしく、これを作ってくれと和風白菜キムチと舞茸を買ってきました。

舞茸とキムチの漬け物は、昔からよく食べているのですが、あるある大辞典では、これにさらに納豆を加えて一晩おくと、キムチと納豆のWの発酵パワーと舞茸が疲れた腸内細菌や身体の免疫機能を高めると紹介してたことがあったそうで、食べてみると意外においしかったのです。

こちらは納豆は加えてませんが、熱湯2度がけしただけの舞茸とキムチを和えて一日漬けたものです。美味しくて身体にいいものは大歓迎。


*****

今年のクリスマスは日曜で、何年ぶりかにどうやら家で過ごす事ができそう。

Merry Christmas! よいクリスマスを。。。

 

   ★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

   見に来てくれてありがとう!


| | コメント (5) | トラックバック (2)

2006年12月21日 (木)

クリスマスのジューシースモークチキン

061219_1a

<12月19日(火)>

(23日付記事ですが日付修正しました。)

オット出張中につき、私の撮影なのでイマイチです。
それ以前に盛りつけがどーしたもんかという感じ?

先日の牡蛎の燻製ですっかりお手軽スモークに味をしめ、クリスマスにはスモークチキンをやりたいと密かに思っておりましたので、夜な夜な実験してみました。

23日のお休みや、24日即日漬け込んで食べるレシピです。

●ジューシースモークチキンのグリル (4人分)

<漬け込み>若鶏もも肉2枚(約530g)、三温糖小2〜大1、
      醤油大2 薄口醤油大2、酒大3、生姜1片分、ニンニク1片、
      マーマレードジャム大1、粒黒胡椒小1、ローレル1枚

<燻製用> オリーブオイル適量
      サクラまたはクルミの燻材(ウッドで6cm)、三温糖大1弱
      あればウーロン茶(またはジャスミン)大1、オレンジの皮大1等

<サラダ材料>アーリーレッド(または玉葱)1/2個、アボカド1個、
       プチトマト8〜12個、ベビーリーフやパセリなど好みの葉

<山葵チーズソース>クリームチーズ30g、生クリーム(植物性の)60cc、
          コンソメまたはブイヨン小1を湯70ccで溶いたもの、
          レモン汁大1、わさび小1、蜂蜜小1/2〜1(好み)

  *赤字部分間違ってたので修正しました。

  *お好みで簡単に山葵マヨや市販のわさびドレッシングなど。
   ゴルゴンゾーラやパルメザン作っても。
   (すりおろしニンニクと粒マスタードのチーズドレッシングなら
    YOMEちゃんのがオススメ→こちら
      

1. 鶏肉は黄色い脂肪を取り除き(筋もペーパーで挟んで包丁でこそげながら抜くと柔らかなチキンに。処理後480g。)フォークでブスブス指します。

061219_3(骨付きの場合は裏側に切り込み処理必要)

2. 三温糖を薄く肉にすり込んだら、ニンニクは1半分に切って潰し、生姜は6スライス、粒こしょうはたたき、ローレルは1/4に切って他の漬け込み材料とポリ袋の中で合わせたところへ鶏肉を入れ、よく揉み込んで冷蔵庫で5時間〜一晩漬け込み。

3. 鶏肉を取り出し、ペーパーでしっかり表面の水分や香味材を取り除き、オリーブオイルをハケで薄くぬります。061219_4

4. スモーカー(または中華鍋にアルミホイルや網でも)をセットし、ウッドに点火し、煙を確認して置き、その上に三温糖、あればオレンジの皮、茶葉などをのせて、アルミホイルを煙が出るようにドームに被せたら網をセットし、鶏肉の皮面を下にして蓋を閉めます。

5. 強火で1分→弱火で10分→火を止めて10分→5分弱火でOK。色や熱の入り具合で必要なら5〜10分火を061219_5とめてそのまま燻します(ウッドの場合)(チップなら煙が出てから強火で1分、とろ火で15分、その後火をとめ10分)

6. だいぶ火が通った状態になりますが、出た脂を落とさないようひとつづつラップに来るんで冷蔵庫で半日〜1日休ませます。

7. ソースを準備。クリームチーズはラップに包んでレンジで1分弱加熱、生クリームや他の材料をあわせます。野菜も切っておきます。

8. 鶏肉を取り出し、食べる前にオーブンで焼いたり、フライパンに白ワイン少々で蓋をして蒸し焼きにして完全に火を通して(焼き色がちょうどよければレンジ弱200Wで下に割り箸をひいて表3分、裏がえして3分(大きさにより)でもOK)、野菜ともりつければできあがり。

061219_1b

*漬け込みは一晩漬けてもOK、チーズソースで食べるなら5時間で平気。

*実は醤油も薄口と普通ので実験したのですが、両方混ぜたのが一番好みかな。
漬け込み時間や最後に食べる形に合わせてお好みで薄口と濃い口の配分を変えてもいいよ。

*燻製だけで完全に火を通す場合は、温度管理しながら1時間ほど燻してもよいのですが、温度計などは面倒なので、燻製する前にラップせずレンジ弱200wで表裏各4〜5分程度加熱してから上の時間で燻製すると柔らかチキンになりました(実験済み)。燻製だけだと肉がしまってしっかりタイプのお肉です。



で、一応クリスマスは骨付きでしょ〜と思いながら、こちらもやったの。

漬け込み一晩、2枚に対して上の漬け込み分量でできますが。。。

061219_2a_1

ハハハ・・・、皮を下にしたもんだから、シマシマチキンになってしまった!
吊るせば良かったよね。

添えたソースは、上の山葵チーズソースにアボカドを1/2個、レモンで色止めしてから潰して混ぜたディップをレモンの上に添えてます。
オレンジの皮も燻材に使ったので、身を添えるといいですね。

こちらはグリルせずに色がよかったのでレンジ200wで温めただけ。


さて、あとはどーしよっかな〜。


   ★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

   見に来てくれてありがとう!



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

トマトソースのベーコン巻きロールキャベツ

061218_1

<12月18日(月)の献立>
トマトソースのベーコン巻きロールキャベツ
牡蛎の燻製と春菊と豆腐のソテー
白菜とリンゴのサラダ
小海老と5種の雑穀入りピラフ

(12月22日付記事 日付修正しました)

ロールキャベツは先々週の日曜に作って冷凍しておいたものなので、今日は煮込んだだけだし、あとは簡単にあるもので作ったので、余裕で『のだめ』に間に合ってしまった。

オットが「箸で食べていい?」と言ったけど、ロールキャベツって箸だと食べづらいよね〜。ナイフもスプーンもお箸もフル出動のご飯でした。



●トマトソースのベーコン巻きロールキャベツ

061218_1_1

蒸しキャベツばかり食べていたあの頃、スーパーでよほど冷凍になっているロールキャベツを買おうか迷ったけど、頑張って作っておいた。

中は豚ミンチがなかったので鶏もも挽肉、塩、片栗粉で作ったけど、その分外側にベーコン巻き巻きしときました。ベーコン巻いてあるのって、スープにもコクが出て好き〜。

蒸したキャベツの芯を削って団子にした肉を包み(今日は大きいの一枚巻きです)ベーコン1/2にカットしたのをかんぴょうで縛ってます。

トマトソースはブイヨンにトマトの水煮をつぶした物と、乾燥トマト1枚を刻んでコクだし、白ワイン、砂糖も少し、ローリエ、塩胡椒で煮込んでます。
今日はベーコンがあるので入れませんが、そうでない時は、仕上げに少し香る程度のバターを落としたりしてます。

結構ボリュームもコクもあって、美味しくできました。

●牡蛎の燻製と春菊と豆腐のソテー

061218_2

何度か楽しんだ牡蛎の燻製オイル漬けもこれが最後です。

豆腐は切ってからペーパーにくるんでラップせずにレンジで2分、水分をさらにふいて軽く塩胡椒と小麦粉を振る。春菊は葉を中心に切っておく。

漬け込んだいい香りのオリーブオイルで牡蛎をさっと温めて、そのフライパンで続けて春菊を炒め、その後このオリーブオイルを足して、ニンニク少々プラスし、お豆腐を醤油1:オイスターソース1でソテーして盛りつけました。




●白菜とリンゴのサラダ

061218_3

刻んで軽く塩揉みして絞った白菜と、切って塩水に通したリンゴ、春菊の若い葉だけ少しまぜて、オリーブオイルとリンゴ酢、蜂蜜とマヨネーズを少し、塩胡椒でさわやかなフレンチドレッシングをつくってかけました。

トッピングに胡桃のきざんだものかけるのが好きです。

フルーツを使ったサラダは大好きで、白菜や春菊がある冬はいろいろ楽しみましたが、コッテリしたクリーム系や煮込みものなんかの時にもいいですよね。



●小海老と5種の雑穀入りピラフ

061218_4

ムキエビは背わたをとって先に酒と片栗粉でもんで、一度流してから再度酒少々をもみこんでます。

ムキエビは切っているので、実は少ししか入ってませんが、ブイヨン、塩と酒少々と一緒に炊き込んだので美味しい気がします。
雑穀は、こきび、あわ、そば米、押し麦、炒り胡麻で、あまり給水しないで炊いたのがちょうど良かったみたい。

冷凍のコーンとグリンピース、バター、胡椒をご飯が炊けた後混ぜ込みました。

ロールキャベツのトマトソースとピッタリだったような気がしましたよ。

******

今日は南瓜食べないとですね。

その後はすぐクリスマス。皆様はおうちでクリスマスするのかな?

何つくるの???

私、チキンだけ実験兼ねて用意しちゃいました。
でも、これまで家でクリスマスご飯したことあったかな〜?


   ★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

   見に来てくれてありがとう!


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

うちの石狩風酒粕鍋と海老入り蓮根餅

061217

<12月17日(日)の献立>
うちの石狩風酒粕鍋+うどん
蓮根餅のあんかけ
砂肝のニンニク醤油
赤米入りおにぎりひとつづつ

(12月21日付記事 日付修正しました)

先週末は飲み会→めずらしく二日酔いになっちゃいました。
たくさん飲んでないと思うのですが、連日の寝不足がこたえたのかな。
おかげで土曜はな〜んもできんかった。

日曜にはすっかり元気になりましたが、年賀状はまったく手をつけられず、夜はあったまるお鍋にしました〜。



●うちの石狩風酒粕鍋+うどん

061217_1_1

昆布と鰹のだし汁に味噌は2種類使用、白みそ2:信州味噌2:酒粕3〜4ぐらいかな?
今日のは板粕なので、粕に酒を加えてやわらかくしてみそこしで入れてます。

板粕を酒でといたら、これにみりんを大2位入れてます(白みそだけで作る時はいれません)。
豆板醤も7〜8号鍋対して小2〜(お好み)。

具は白菜といちょう切りした大根(見えてませんが大根は軽く下茹でしてます)、牛蒡、春菊、葱、しめじ、えのき、木綿豆腐、鮭、鶏だんご(鶏挽肉、塩、刻み葱、片栗粉、胡麻油と酒少々、今日は肉が足りなくて豆腐も少し混ぜてます)。

あと実家ではこれにワタリガニなんかも入れて海鮮で石狩風にしてお客さんに出した時もありました。

大根、ごぼう、鮭だけは絶対に必要ですね〜〜。

とっても温まります〜〜。
酒粕は白血球を増やして免疫力を高めるのにいいそうですね。
最後は濃厚になってきた汁でうどんも食べました。



●蓮根餅のあんかけ

061217_2

軽く水気をきったすりおろし蓮根1.5カップぐらいに卵白1/2個と片栗粉大1.5、上新粉大1/2、むきエビ大8尾を粗くきったものと三つ葉1/2束をまぜて餅に整形し、胡麻油で焼きました。

さらに三つ葉ものせて、だし汁、醤油、みりん、水溶き片栗粉でとろみをつけたあんをかけてます。

胡麻油と三つ葉のいい香りに、上新粉も入れた、もちもち感がアップの蓮根餅ですが、卵白は1個入れてもよかったのかな?

オットからまた作ってくれと既にオーダーをもらいました。
またすりおろしてくれるんだったらいつでもやりますが。。。


●砂肝のニンニク醤油唐揚げ

 

061217_3

2羽分だけ残っていた砂肝は小さく切って、すりおろしニンニクと生姜、醤油と酒で下味をつけて、その下味の液も少し使って、小麦粉、卵液少しと水、胡椒でボリュームつけて唐揚げにしました。

一人分だとこんなもんですが、逆にこれ以上食べちゃだめって感じですよね。



   ★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

   見に来てくれてありがとう!


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

ブリかまの酒塩焼きとセロリと牛蒡のきんぴら

061214image

<12月14日(木)の献立>
鰤カマの酒塩焼き(大根おろし、自家漬け谷中生姜の甘酢漬け)
セロリと牛蒡のきんぴら風
にんじんとピーマンの胡桃白和え
自家漬け白菜の浅漬け(昆布、柚子、一味唐辛子)
しめじと三つ葉と茗荷のお吸い物
7種の雑穀入りご飯

(12月20日付記事 日付修正しました)

先週末に豚しゃぶ食べたせいで、お魚系つづきになってしまいました。

最近の私の口癖は「昨日何食べたっけ?」で、
オットが1分考えてから、「ブログ見ろよ〜」と思い出せないじーさんばーさんのようになってます。
ブログの更新日がズレているのでよけい混乱してきました。
クリスマス近しで焦ってアップします。

確かこの日は恵比寿へ行ったので遅い帰宅。
簡単に焼くだけにした大好き鰤カマです。



●鰤カマの酒塩焼き(大根おろし、自家漬け谷中生姜の甘酢漬け)

061214_1

小さいと思ったのですが、そうでもなかったみたい・・・(汗)

カマは1時間以上半日ぐらい塩ふりして塩焼きにしたいのですが、今日は時間もないので酒と塩を降って、20〜30分置き、ペーパーで水分をふいてから再度塩少々で焼き上げました。

中がホックリする感じかな。匂いが気になる方にもオススメです。

夏の終わりにつけた谷中生姜、一昨日の新生姜同様に酢を煮ないのでまだ食べれてます。
緑の色はなくなりますが、カマ焼きなんかにはあると、口の中がさっぱりして嬉しいもんです。


●セロリと牛蒡のきんぴら風

061214_2

人参は下の和え物にしたので、きんぴらの王道セロリと牛蒡です。

ささがきにして薄い酢水にさらした牛蒡を砂糖少々と酒少々で少し柔らかくしてから、べーコン、次に太千切り位のセロリを入れて、醤油とみりん少々を入れて炒めました。

セロリと牛蒡と言ったら、合挽肉か牛の薄切りを入れたいところ、解凍するのが面倒でベーコンにしちゃったのですが美味しかったよ。

この日、YOMEちゃんが『セリと牛蒡のきんぴら炒め』を作ったのを翌日見てビックリ!
『セリとゴボウ』→『セロリとゴボウ』、しかもベーコンでした!
YOMEちゃんの薄い牛蒡と芹の方がかなり美味しそうですが、ニアピン賞じゃ〜〜んと一人喜んでしまいました。(笑)


●人参とピーマンの胡桃白和え

061214_3

前に味噌で和える胡桃白和えをご紹介しましたが、今日はお醤油味です。

人参1本7mm程の拍子切り、ピーマン1個乱切り、どちらも茹でます。

くるみひとつかみ分から煎りしておおまかに皮を取り除いたら刻んで擦り、豆腐90g(1/3丁)ペーパーでくるんでラップせずに2分半〜3分チンして水分を絞ってすり鉢へ。
薄口醤油小1、砂糖小1、塩少々でよく擦って具と和えます。

水分はきっちり絞った方が胡桃の味が美味しいですね。



******

ついでにこの日撮影の手ぶれまくったガーデンプレイスのツリーをもう一回!

061214ebisu_4


   ★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

   見に来てくれてありがとう!


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

ミニ?おでんの後はおぼろ明太茶漬け

061213image

<12月13日(水)の献立>
たっぷりミニおでん
セロリと砂肝の生姜炒め
わかめとえのきと胡瓜の酢の物
自家漬け白菜の浅漬け(昆布、柚子、一味唐辛子)
おぼろ昆布巻き明太おにぎり のち おぼろ明太茶漬け


(12月19日付記事、日付修正しました)

クリスマス前にもういっちょおでん行っときますかってことで、2回目のおでんはミニ!

何がミニかよくわからんですが、前と比べると小規模ってところ
あとは日本酒をいただくのにちょっと欲しい普通のおかずですね(笑)

●たっぷりミニおでん

061213_1

大根の下茹でを日曜に済ませ、月曜、火曜と朝晩だけじ〜っくり温めました。

マリネ用に買った蛸足の残り小さい2本入れだけなのに、煮汁が赤くなって具材や大根もすごく染まっていい色になりすぎた?。

大根、イカ巻き(ごぼうかイカ巻きどちらか必ず入れます!)、たこ足、ちくわぶ。はんぺんだけさっと煮ました。これは一人分。

ちくわぶって関東だけなんですね〜。私も東京に来てからかな。
もっちもっちしてて、ちょっとすいとんみたいです。



●セロリと砂肝の生姜炒め

061213_2

おでんとお酒のお供に繊維質もとれるパンチのあるおつまみもう一品。

薄切りにして、醤油と酒を揉み込んだ砂肝2個分と、セロリ1本、生姜たっぷりに刻み葱もくわえて、ごま油と塩胡椒、ラー油で炒めただけのピリ辛味。



●わかめとえのきと胡瓜の酢の物

061213_3

さっぱりしたものも欲しかったので、久しぶりに胡瓜と、えのき、わかめです。

おでんの時は『わかめごはん』が合うと思っているのですが、今日は明太おにぎりにしたのでこちらでわかめ使用。

酢3:だし汁2:薄口醤油1:砂糖1で合わせた三杯酢です。


●おぼろ昆布巻き明太おにぎり のち おぼろ明太茶漬け

061213_4

あれから、、『おぼろ昆布』を探してもなかなか見つからなかったのですが、スーパー5件目!やっと見つけました。どういうこと?

さっそく私も連日続いている明太子たっぷり使っておにぎりに!

でもね、私は日本酒いただく時はご飯粒は食べないので(父ゆずり)、ゆっくり飲んだ後に白菜の漬け物と一緒にひとつ、ふたつ・・・。

ん〜、やっぱりアレでしょうってことで、作りおきしてるだしでささっと・・・

061213_5

三つ葉と半ずり胡麻をちらして山葵をのせ、茶漬けだしをそそいだ私の3つ目。
く〜、こういう美味しさってお腹にしみますよね。

欲を言えば、生の魚ものせたり…、いや、おでんたっぷり食べたはず。

もうまんぷくでございます〜〜〜。



   ★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

   見に来てくれてありがとう!


| | コメント (14) | トラックバック (1)

2006年12月12日 (火)

秋刀魚の山椒黄味噌焼きと彩り副菜

061212image

<12月12日(火)の献立>
秋刀魚の山椒黄味噌焼き 自家漬け甘酢生姜添え
蕪とハムのわさび酢
湯奴おしょうゆ豆
春菊とえのきの煮浸し
わかめと麩のお吸い物(冷凍しておいた茗荷、葱)
五穀米入りごはん

(12/18更新分 日付修正しました)

もう随分前になってしまったけど、お友達のジョニーさんが、結婚記念日に奥様と出かけた素敵な和食の写真をアップしてくださっていた。

その時のメニューに『秋刀魚の山椒焼き黄味噌がけ』というのがあって、そのときはどれがその写真かわからなかったけど、もう名前だけで、とってもとっても美味しそ〜!と思ったのよ。(ロールになってるのだそうです)

私の脳内変換で『秋刀魚の山椒黄味噌焼き』になっちゃったけど、私なりにイメージして作ってみたの!

あとは地味な副菜にもちょっと彩り。



●秋刀魚の山椒黄味噌焼き 自家漬け甘酢生姜添え

061212_1

1. 秋刀魚2尾は3枚におろして(もしくは筒切りにしてワタを出す)、塩少々をふって15分ほどおいてからペーパーで水分をふく。

2. 白みそ大1+1/3、みりん小1、だし汁小2、砂糖小1、卵黄1/2個分、粉山椒適量を小さいめの容器に混ぜて、レンジ200wで1分×3回、かけては練る。

3. 秋刀魚の身がわに薄く味噌をぬり(筒切りの場合は中に塗る)、両端から巻いて金串でとめてグリルで下になる方から焼く。

4. 返して上面も焼いてから、練り上げた味噌を塗り、あれば山椒の実をのせて(なければ粉山椒を少しプラス)味噌をあまり焦がさないよう弱火で焼く。

今日は解凍秋刀魚使ったのですが、それでもとってもおいしかったのです!
コクのあるまろやかな山椒風味の味噌がいい香り〜〜!!
前に漬けてまだ食べられる新生姜の甘酢漬けもベストマッチでした。

ジョニーさん、こんな風になっちゃったけど、どお?
色も綺麗で、うちのオットには大好評でした。ありがとう!!

●蕪とハムのわさび酢

061212_2b


何度か登場してますがが、スッキリとした山葵の風味がハムや蕪によく合って、コクあるお魚料理の副菜にぴったりです。

薄切りにした蕪2個と蕪葉5本分を塩でもんでしんなりさせてから一度水に通して絞り、ハム2枚切ったものとあわせて、酢大3、薄口醤油大1/2、砂糖小1、だし汁大2、塩少々、山葵たっぷりめ(好みで)で和えるだけ。

今日は少しお砂糖も入れて酸味を柔らかにしてみました。
砂糖なしでピリッとサッパリがお好みならこちらのレシピでどうぞ!


●湯奴おしょうゆ豆

061212_5

先日ご紹介した『おしょうゆ豆』、醤油をかけるよりかなりおいしいのです。
冷や奴にも、湯奴にも、安い豆腐でも豆の味が!(笑)

塩少々を入れた湯で煮た豆腐にしょうゆ豆と小口葱、鰹節を添えました。


●春菊とえのきの煮浸し

061212_4b

だし汁に薄口醤油少しとみりん、塩少々をわかし、えのきと春菊をさっと煮てすぐ火からおろしてさまてます。

冷凍しておいた菊花を彩りに添えました。
テーブルに並んだ時、秋刀魚の黄色に補色の紫がきれいかな〜と思って。

今日も地味な総菜が並んでますが、彩りに気を使ってまとめてみました。
でも季節感はないですね〜(汗)。


   ★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

   見に来てくれてありがとう!


| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年12月11日 (月)

鶏スペアリブのマーマレード煮と雨上がりのツリー

061211image

<12月11日(月)の献立>
鶏手羽中のマーマレード煮 レタス添え
タコとセロリとトマトのマリネ
ブロッコリーと蒸しキャベツのマスタードサラダ
白菜と春菊と豆腐のスープ(葱)
7種の雑穀入りご飯

(12/16更新分 日付修正してます)

思わぬスケジュールの変更で、この日は予定外に早く帰れてしまった。

大掃除で腕がちょっとだるい(キッチンだけなのに!)けど、蛸が食べたくてスーパーに寄ったら、また重い荷物をかかえてかえるはめに。

昨日冷蔵庫で発掘されたマーマレードジャムでスペアリブなんぞ煮てしまおうと手羽中も買って帰った。


●鶏手羽中のマーマレード煮 レタス添え

061211_1

マーマーレード煮って、本当の作り方は知らないんだけど、
私の場合は、手羽元を甘辛チックに煮る『スッキリ甘辛チキンのはちみつ煮』と同じように家にあるもの…、醤油とバルサミコなんかを使いました。

ちょっと記憶があいまいになってきたレシピ。

<材料>   鶏手羽中12〜14本(230g位)
<漬け込み用>三温糖(または砂糖)大1/2、白ワイン(または酒)大1、
       醤油大1/2
<煮込み用> 白ワインまたは酒大1、水、醤油大2〜1.5
       マーマレードジャム(糖度の低いもの)大1.5、はちみつ大1弱
       バルサミコ酢大1位(好みで)  

1. 手羽中は食べやすいように骨に沿って裏側から包丁を入れ、三温糖を薄くすりこんだ漬け込み用の醤油とワインも揉み込んで15分おく。

2. フライパンに薄く油(今日はグレープシードオイル)を熱し、手羽の皮面から押さえつけながら焼き色をつけて焼き(あまりにも焦げたらふきとって)、煮込み用の白ワインをくわえる。

3. 手羽が隠れるぐらいの水を入れ、バルサミコ(とワイン)以外の煮込み用材料を入れて落とし蓋をして時々裏返しながら弱火で10分ほど煮たらバルサミコを加え、好みの濃度になるよう弱火で煮詰めてできあがり。

今日使ったジャムは『St. Dalfour(サン・ダルフォー)』のオレンジジャム
糖度は55〜65%ぐらいと低く、砂糖不使用グレープ果汁の甘さで、オレンジの皮の苦みまでも美味しいジャムです。

お使いのマーマレードジャムによっては、蜂蜜を加えずに、ジャム大1.5、みりん大1/2ぐらいでいいかもしれません。

オレンジとバルサミコのいい香り〜!柔らかに煮えて美味しかったです。



●タコとセロリとトマトのマリネ

061211_2

玉葱スライス1/2個、セロリスライス1/2本、湯剥きしたプチトマト4〜5個
酢大1.5、レモン汁大1.5、白ワイン大1、EVオリーブオイル大2.5、砂糖小1(好みで)、塩胡椒、乾燥バジル適量、刺身用たこ

私が作るマリネ液はいつもオイルが控えめです。(好みで増やしてね)
最初少し酸味が濃いと思っても、野菜をたっぷり漬け込むので、水分が出てちょうどよくなるようにしてます。

でも玉葱から美味しいエキスがでるには1時間ぐらい冷やしたい・・・ってことで、セロリとタマネギは1分20秒レンジにかけて冷めたいマリネ液につけこみ、
1/4に切った湯剥きプチトマトと蛸を加えて30分漬け込めばできあがり。

久しぶりにトマトが入った蛸のマリネに満足。



●ブロッコリーと蒸しキャベツのマスタードサラダ

061211_3

もう少し野菜が食べたくてサラダを1品。

いつものように蒸したキャベツとさっと塩少々で茹でたブロッコリーは、仰いで冷まします。
(これは前日の日曜に下準備したものですが、色をきれいに残して新鮮に保存するために仰いで冷まし、水分をよくきってからジップロックに入れてます。)

ハムは1枚だけ細切りにして加え、粒マスタード、マヨネーズ、レモン汁少し、塩胡椒、すりおろしニンニク少々(なくても、好み)で和えました。

あとは白菜のスープもあるので、今日も9種の野菜がとれました!満足。




******

ご飯を食べた日でも、日記を書いてる日でもない14日、雨があがった後の恵比寿へでかけた帰り。

ガーデンプレイスには11月の末から恒例のバカラのシャンデリアやツリーが飾られていますが、雨上がりはきれいな夜景が撮れるので思わずコンパクトカメラのシャッターをきりました。


061214ebisy_3

後ろがシャトーレストランとガーデンプレイスタワー。

手ぶれ限界、ちょっと粗い写真ですが。

061214ebisu_1_1

レストラン側の階段上から。
先ほどのツリーと左に見えるのが階下からのびているシャンデリア。
ドームの奥に見えるのは恵比寿の駅ビル。

雨上がりの路面が光ってきれいでした。

061214ebisu_2_1

バカラのクリスタルシャンデリア。
高さ5m、幅3m、クリスタルパーツ8226個、ライト総数250燈、世界最大みたい。
もっと光って見えますが、クリスタルの感じをお伝えしたかったのでこのぐらいで撮ってみました。

クリスマスはもうすぐ!
クリスマスのプレゼント、日本の平均は24000円ぐらいだそうですね(汗)。
ふ〜。。。


   ★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

   見に来てくれてありがとう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

祝!はさみ蓮根のさつま揚げと生姜きんぴらご飯

061210image

<12月10日(日)の献立>
はさみ蓮根のさつま揚げ(大根おろし)
鰯の骨チップスのおつまみ
里芋とブロッコリーの明太サラダ
蕪としめじの甘酢漬け
野沢菜漬け(実家母製)
なめこの赤出し(葱)
生姜きんぴら入りご飯


(12/15更新分 日付修正しました)

最近来てくださった皆さんの為に・・・。
なぜ『祝!』なのかというと、今日はリベンジ成功〜!!なのよ。

前に作ったんですが・・・(10月9日)、見た目はまあまあいいでしょ?
でも、なにか食感が違ったんですよ。
原因は日本に入る前に冷凍されてきた鱈だったと思われるのです。

この日は『生』シールのついた皮はぎの真ダラを買ってきましたよ〜。

今日はキッチンの大掃除が済んで、明日揚げようと思ったんだけど、疲れてネタが思い浮かばず、きれいになったところでさっそく揚げ物しました!

●はさみ蓮根のさつま揚げ 大根おろし添え

061210_1

写真を見比べると、今日のモッチリしとった感じが良くわかるでしょ。
でもね、挟んだ蓮根が大きくて薄すぎた〜!
半分に切ったので見栄えが悪いですが、お味も食感もとっても旨くいきました!

<材料>生真ダラ皮はぎ230g 卵白M1個分 片栗粉大1+1/3 酒大1 塩小1/3弱
    すりおろし生姜の汁小1 
  具:牛蒡10cm分位 れんこんスライス8枚+1.5〜2cm 人参1/4本  

  1. 牛蒡は短くて薄いささがき、蓮根は挟み用以外は酢水にさらして粗みじんにし、人参も粗みじん。
  2. フードプロセッサーに2cm角ぐらいに切ったタラの身と塩だけ先に入れて一度まわし、その後具以外のすり身の材料を加えてねっとりするまでまわす。
  3. 具を加えてよく混ぜ、蓮根で挟み、すり身を蓮根の上に薄くのばす。
  4. 145〜150度くらいの低い温度で揚げ始め、ゆっくり中まで火がとおるように揚げる。仕上がりが170度になるのを目指して火力調節。

前回と少し変えてます。
2回目のせいか、とっても簡単にパパッとつくれてクセになりそう〜〜〜。

私の好みは魚がつまってるぞ〜っていうもちっとした感じ!
お好みで片栗粉大1.5でもいいかも〜。

(otayoriさん、この食感伝わった? 写真役にたちました。ありがと〜!)




●鰯の骨チップスのおつまみ

061210_4

最近食べた鰯、3枚におろしたり、手開きにした時に出る中骨部分を洗って、水分をとってから冷凍しておいたの。(ケチすぎ?)

揚げ物ついでと、上のすり身を作った時に残った卵黄と、小麦粉、塩胡椒をまぜてじっくり揚げたおつまみ。おいしっ!



●里芋とブロッコリーの明太サラダ

061210_2

1. 里芋小5個を洗って半分のところに包丁で線を入れ、耐熱皿(ラップ使用)かレンジ用蒸し器で表4分、裏がえして3分。

2. 小房に切り、塩を加えて茹でたブロッコリー1/2房は仰いで冷ます。

3. 里芋が手で触れるくらいになったら皮を剥いてサイコロ位に切り、塩少々加わえて混ぜ、2のブロッコリー、明太子1腹を皮から取り出したもの、マヨネーズ(好みの量)でまぜました。

今日も明太子レシピ! 私のはちょっとマヨネーズ控えめです〜。




●蕪としめじの甘酢漬け

061210_3

蕪2個、しめじ1/2pkをだし汁とその2/3〜半分(好みで)の酢、さらに酢の半分の砂糖、塩少々、赤唐辛子でさっと煮て小鍋ごと水にとって冷ましました。

蓮根を漬ける時より、少しだし汁多めにして酸味をやわらげた方が好きです。
その分塩加減は少ししっかりめ。 



●生姜のきんぴら入りご飯

061210_5

先日の作り置きした生姜きんぴらなので、身体を温める効果は期待できないかもしれませんが、おいしかったです。
刻んでご飯に混ぜ、さらに半ずり胡麻トッピング。

さつま揚げにも生姜すったけど、生は3分で免疫力UPの効果半減だそう。
写真とってる間にちょうど3分過ぎましたが。。。


   ★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

   見に来てくれてありがとう!


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

すりリンゴの胡麻だれで豚しゃぶ!

061208image_2

<12月8日(金)の献立>
豚肉のしゃぶしゃぶ鍋
(すりリンゴの胡麻だれ&すだちポン酢)
牡蛎の燻製オイル漬けとブロッコリー炒め
セロリの明太子和え
鍋の後の讃岐うどん(写真なし)
五穀米入りご飯(写真なし 半分)


(12/14更新分 日付修正しました)

白菜も大根もキャベツもちょっとお休み。
週末は疲れを癒す豚肉と、レタスいっぱいの豚しゃぶでした!



●豚肉のしゃぶしゃぶ鍋(すりリンゴの胡麻だれ&すだちポン酢)


061208_3_2

二人で250gないと足りません。他に副菜を1、2品。
鍋はレタスいっぱいにえのき、しめじ、長葱、茗荷を用意して昆布だしでしゃぶしゃぶ。

バラは我慢して肩ロース。脂の入り具合がさしってるのを吟味してくるので身体が冷えます。こういう主婦は嫌われそう。。。

『しゃぶしゃぶのごまだれ』はすっかり買わなくなった。

練り胡麻を買うようになってからその方がアレンジがきくし、入っているものがわかるというのは何よりも安心で瓶が増えない(ここ重要:笑)。

毎回少しづつ改良しているのですが、今日のは美味しかった〜。
母の実家でつくった蜜いっぱいのリンゴを擦りおろして入れました!

 <すりリンゴの胡麻だれ 二人分>

 半ずり白炒り胡麻大2、白練り胡麻大1、醤油大1.5、
 だし汁大1、リンゴのすりおろし大2、砂糖小1.5〜2(好みで)
 塩胡椒少々(りんごの甘さにもより、好みで塩は不要)

豚肉とリンゴはとってもいい相性、私も大好きな組み合わせ!
濃厚な胡麻の感じが欲しければ、練り胡麻大1.5でも。

うどんもこれに麺つゆ足して食べちゃいました。おいしかった!


061208_4

そうそう、、、

うちの食卓には『半ずり胡麻』が頻繁に登場しますが、私、必殺ごますり機使ってます。

こちら。

胡麻和えの時はよく擦るので、すり鉢使いますが、風味に半ずり胡麻欲しいときに毎回すり鉢は面倒だし、手で回すタイプはイライラして、炒って冷ましたものを入れても密封度の低いものしかないから。

3段階調節できますが、あまり変わらない3段階なのがちょっとね。

ちなみに3000円位だったような・・・。

ま、普通は手でクルクルおしゃれなのが欲しいんでしょうね〜(笑)





●牡蛎の燻製オイル漬けとブロッコリー炒め

061208_2

先日のお手軽スモークドオイスター、食べてます、食べてます!

今日は下茹でしたブロッコリーと一緒にさっとこの風味よいオイルで炒めました。
和食にもよく合います。



●セロリの明太子和え

061208_1

セロリを太線切りにしたものを10秒ほど塩少々でゆでて、冷たくした浸し地(だし汁と薄口と酒少々、塩)にとって冷ましたらしぼってます。

あとは明太子と和えただけ!
すっかり気に入ったカボスをキュッと絞って食べる。

いただきもののふくさやさんの明太子が美味しくて、昨日はYOMEちゃんの桃色麻婆豆腐をつくったし(日付が更新とズレてますが)、もう少し明太子料理が続くような。。。

 


★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになってます。

今日も見に来てくれてありがとう!

  *昨日の記事に『青紫蘇』が抜けていましたので、追記しました!


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

YOMEちゃんの『桃色』と出版おめでとう!

061207image

<12月7日(木)の献立>
桃色の麻婆豆腐(YOMEちゃんレシピより)
あさりとセロリと卵の炒め物
キャベツと葱入りラーメン(中華三昧醤油味)
デザートにリンゴ

(12/8更新分 日付修正してます)

日付の順番がめちゃくちゃだけど、7日のご飯を先にアップです。

すっかり帰りが遅くなった昨日、「あ〜、本屋が閉まっちゃうよ〜〜。」
駅前の本屋までかなり走って、ギリギリ間に合った!

061207_2yome
それは、料理王国の隣の一番前の棚にしっかりありましたよ。
かわいいロゴで 『YOMEカフェレシピ』!!
本日発売日、入手できて良かった〜〜。

クッキーをむさぼりながら、興奮して見てしまいましたっ!
そしてご飯を炊くのも忘れました。

ハハハ・・・

福岡のふくさやさんの明太子をいただいたのがあるので、それを使ったレシピをさっそく作ることに。

それは、私がイメージしていたYOMEちゃんの色でした。




●桃色の麻婆豆腐(YOMEちゃんレシピより)

061207_1

多くの方に愛されている主婦兼料理研究家のYOMEちゃん、皆さんご存知ですよね。我が家もよくレシピお世話になり、何度もブログで登場してます。

ご本人は、ピンクなんてガラじゃないとよく言ってますが、愛情いっぱいのYOMEちゃんを、私はやわらかな桃色でイメージしてました。

こちらは巻頭5色の麻婆豆腐の中のひとつ、桃色の麻婆豆腐。

オットが、この色を伝えようと、珍しく沢山写真を撮ってくれましたよ。
(いつもそうしてくれ〜〜!!)

こちらのYOMEちゃんのレシピはブログのこちらにもあります

あいかわらず山盛りに盛ったら、オットからクレームが来て(笑)、器を変えたので上の明太子も葱も沈んでしまったの。でも色は伝わる?許してねぇ・・・(汗)

私は本を見て作ったんだけど、隅に柑橘ものが見えたので、冷凍庫からカボスを出したのよ。今見たら、ブログの方にカボスって書いてあったよ!

たらことかぼす、絶対美味しそう〜〜と思ったら、すごく好み!!
明太子は少し余計に入れたんだけど、優しい味の麻婆豆腐、オットは絶賛してました!ほんと、美味しかった!


レシピ本は、お得意の鶏肉料理からソース類、クリスマスメニューやおせちまで(NEWレシピかな?)、525のレシピからYOMEちゃんが選んだレシピと、旦那様やお友達への愛情がいっぱいつまった本でした。

  夢だった出版、心から、おめでとう。
  あっという間の準備期間だったでしょうね。ホントお疲れさまでした。
  私もずっと大切にします。こちらからもありがとう。

あ、そうそう・・・、YOMEちゃんの3〜4人分と我が家の2人分が同じ量だということは、前からうすうす気がついていたのよ。助かるけどね〜(笑)

●アサリとセロリと卵の炒め物

061207_3

勝手にコラボさせていただきま〜す。
YOMEちゃんの桃色をひきたてるには、後は緑と黄色があればいいかしら?

アサリも使いたくて朝から砂だししてたので、ちょうど良かったよ。

1. 塩、砂糖と酒少々入れて卵L1個を溶き、ごま油大2でさっと半熟に炒めて一度取り出す。

2. ごま油を少したして、ニンニクみじんぎりと生姜みじん切りを炒めて香りをだし、続いてセロリと輪切り赤唐辛子少々もさっと炒めて、砂だししたアサリを加え、酒少々で蓋をする。

3. 蓋が開きだしたら塩胡椒少々、卵を戻し入れて、ふちにラー油をたらし、器にもってから白ネギのみじんぎりをかけてできあがり。

ごま油沢山使うけど、片栗粉してないので、意外とさっぱり食べれました。


あとは、ご飯がないのでインスタントラーメンにキャベツと葱だけで!!
オットにイメージを壊すからと写真に入れるのはと拒否されました。。。(笑)


★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

今日も見に来てくれてありがとう!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年12月 6日 (水)

鰯の生姜チーズ焼きと『しょうゆ豆』

061206image_1

<12月6日(水)の献立>
鰯の生姜チーズ焼き 水菜添え
里芋のそぼろ煮
小松菜と鬼おろし大根のおしょうゆ豆
カリフラワーと人参と胡瓜のピクルス
白菜と蕪葉のみそ汁(葱)
五目炊き込みおこわ

(12/13更新分 日付修正しました)

ご飯を食べてる日と日記のズレは拡大、タイムリーな記事がかけず、トホホ…な感じですが、これから年末に向かい、更にこのズレは大きくなる予定。


既に先々週(?)の『あるある大辞典』で、生姜の特集をやっていて、ちょうど高知産の生姜をたっぷり買った私はその晩に生姜のきんぴらをつくりました。

061206_4_1

醤油、みりん、砂糖、半ずり胡麻をたっぷり入れて、胡麻油で炒めてます。
これを朝ご飯にアレンジして食べてたのですが、今日はこれを使って鰯を焼いてみました。


●鰯の生姜チーズ焼き 水菜添え

061206_1

鰯を手開きにし、軽く塩胡椒。とろけるスライスチーズを4等分に切る。

鰯の頭側に(*追記:青紫蘇→)チーズ→生姜のきんぴら→チーズと重ね、半分にふっくらたたみ、鰯の表面に薄く小麦粉をつける。

フライパンに薄く油をひいて中火以下で中に火がとおるように焼けばOK。

チーズが溶けて生姜がこぼれないし、とっても簡単美味しい組み合わせ!
生姜きんぴらはいろいろ活用できそうです。


*青紫蘇ひいてたのに、写真で見えなかったので入れ忘れました!ごめんね。


●里芋のそぼろ煮

061206_2

薄く油をひいて鶏挽肉をそぼろにし、面取りに剥いた里芋を塩少々で少しぬめりをとってから入れ、ひたひたのだし汁に、醤油とみりん、塩少々、弱火で煮汁がとろ〜り少なくなるまでアクをとって炊き上げました。

里芋のぬめりをあまりとらないのは母譲り。好みが分かれるところ?

里芋によってもこのぬめりの出方が違うので、水溶き片栗粉を使う時も。



●小松菜と鬼おろし大根のしょうゆ豆

061206_3

以前、ブログで『しょうゆ豆』に触れたことがあったけど、先日長野へ行った際に善光寺へお参りに行き、仲店で買ってきました!

『しょうゆ豆』というと、香川県の郷土料理が有名?
あれはそら豆を炒ったものらしいですね。
私が言ってる『しょうゆ豆』は、北信州の郷土の味、発酵食品のしょうゆ豆。

白大豆もあるけど、黒豆の方が好きです。
こちらに詳しくのってました。(美味しそうな井上醸造さんのページ
簡単に言うと、旨味凝縮の醤油の塩辛みたいなもので、しょうゆ豆をガス釜で炊いたピカピカ炊きたての自家米にかけて食べるのが大好きだったの。

今日は鬼おろしでおろした大根と、塩少々でさっと茹でてから浸し地につけて絞った小松菜にかけていただいた。

麹や豆のほのかな甘みもあり、見た目よりも塩辛くない。(メーカーで違うよ)
懐かしくて美味しくて、ニコニコになりました!

●五目炊き込みおこわ

061206_5

今日の献立には絶対に白いご飯が良かったんだけど、明日朝早いオットに持たせるためにおこわにしちゃったから味見・・・(味見の量じゃない!)

おこわを炊く時に生野菜等をそのまま入れて炊くと、味のついたご飯と味の弱い具が口の中で分離する感じがちょっと嫌で、たいてい先にさっと煮てしまう。

今日のベーシックな炊き込みおこわ。かなり目分量の計量です!

椎茸3枚、人参中1/2本、油揚げ1.5枚、えのき大1/2pkを切って、だし汁(または椎茸の戻し汁)60cc、醤油大2、みりん大1.5、酒大1でさっと煮て冷ましておく。
きんぴらごぼうを冷凍しているので、それを解凍して切る。

餅米3合に昆布、おこわ3合の線より少なく水を入れ最低1時間浸したら、酒大1/2と塩小1/3〜少々(好み)加えて混ぜ、釜のまわりに具材を汁ごと入れて(真ん中をあける)炊く。

炊きあがったら混ぜてさらに蒸らすという感じ。

実はこの餅米は古米で、母から聞いた(細木さんレシピ?)『古米をおいしく炊く情報』どおり、米3合、重層0.05g、酢小1/4を水と混ぜて30分〜1時間浸して炊いた。

バッチリ!おいしかった。




★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

今日も見に来てくれてありがとう!






| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

牡蛎の燻製オイル漬け*鶏肉と薩摩芋のシチュー

061205image_2

<12月5日(火)の献立>
鶏肉と薩摩芋のクリームシチュー
牡蛎の燻製オイル漬けとほうれん草炒め
白菜とグレープフルーツのコールスロー
カリフラワーと人参とピーマンのピクルス
バゲット
コーヒー

(12/11更新分 日付修正してます)

ウッシッシ・・・金曜の夜中から仕込んでたものがあるのよ。

だからあとは久しぶりにクリームシチューとサラダだけ。
ごはんじゃないよな〜と思って、オットにバゲット買ってきてもらいました。


●鶏と薩摩芋のクリームシチュー

061205_2

色が黄色いのは薩摩芋とブイヨンも少し入ってるせい。
ジャガイモはあえてとろける用にした優しい味のちょっと濃厚なシチューです。

うちの3人分だったけど、普通は4人分かな?

<材料>A: バター40g、小麦粉大3、牛乳600cc、塩胡椒(ホワイトペッパー)
    B: 鶏肉300g、人参中1本、玉葱中1個、じゃがいも小2個、薩摩芋中1本
     しめじ1pk、白ワイン60cc、水500cc、白みそ大1、ブイヨン小2、  
     ローリエ2枚、塩胡椒少々、サラダ油大1/2

1. 鶏肉を食べやすく切ったらフォークで指し、油を熱して皮面からフライパンでこんがり焼き色をつけて焼く。

2. 続いて玉葱、人参、薩摩芋を炒め(ジャガイモを溶かしたくない場合は先に炒める)、白ワインを加えて鶏の旨味と一緒に鍋へ。

3. 水、ブイヨン、じゃがいも、ローリエを加えて20分程煮ている間に、バターを弱火で熱し、小麦粉を茶こしで加えながら炒めたら、牛乳を一気に入れて素早くかき混ぜ、塩胡椒で味を整える。

4. しめじと、3のルーを鍋に加えて溶かし、こくだしに白みそを加えて(みたんだけど好みで)、さらに10分ほど煮てできあがり。


●牡蛎の燻製オイル漬け (お手軽スモークドオイスター)とほうれん草炒め

061205_1

それまで近所の酒屋で売ってた『缶詰のスモークドオイスター』を食べてたんだけど、小太郎さんがオイスターソースで炒めて漬ける『牡蛎のオイル漬け』を作っていたのを見てひらめいちゃった!

スモークして焼けば簡単じゃん!!

私が初めて燻製をつくった時に買ったのは、チップじゃなくて、冷燻もできるように『ウッド』を買ったの。これだと加熱しないで燻すことができるからね。

小太郎さんのオイスター味(って牡蛎よね)をプラスしてつくってみました!

1. 牡蛎300g位を塩水と片栗粉大3でやさしく洗い、その後塩水だけで2回位振り洗いし、ペーパータオルでよく水分を拭き取る。

2. スモーカー(または鍋にアルミホイルと網などで)を30秒程空焚きして温め、ウッド1.5cm位をカットし、火をつけ下に入れてから、網の上に平ざるに並べた牡蛎をのせて蓋をすること15分〜20分。

3. 取り出した牡蛎を冷蔵庫で30分ぐらい休ませてから(時間があればもっと)、あとは小太郎さんレシピ通り、フライパンで強火でから煎り2〜3分、オイスターソース大2と塩少々を入れてフライパンを揺すりながら汁気が無くなる位まで炒めて冷ました。

4. 熱湯消毒した瓶に炒めた牡蛎とローリエ1枚、ニンニクは1/2片潰して、輪切り赤唐辛子1本分、黒胡椒の実小1/2、オリーブオイルを牡蛎が隠れるまで入れて3日目ぐらいからが美味しいかな。

スモークの風味はしっかり残したいので、小太郎さんの分量から牡蛎を増やして塩少々。ニンニクは少し控えてみたの。

スモークするウッドは、牡蛎にはサクラがいいそうだけど、私が使ったクルミもクセが少なくて魚も肉も牡蛎もいけるよ。

オットは一口で「んっ!・・・なにこれ!うまい!」ってなったの。
おかわり!おかわり!

061205_4

今日使ったオリーブオイルはalce nero社の OLIO。
有機栽培でのオリーブを使ったEV オイル。

私がかろうじて許せる値段(250ml/¥1000位)で、ドレッシングや和風総菜に使う用にこのところお気に入り。
スモークの風味も邪魔しな組み合わせでした。

それどころか、スモークの風味が効いて(?)、このオイルがとってもいい香りになっちゃった!

で、さらに少しガーリックと赤唐辛子、塩胡椒でほうれん草も炒めたの。
バゲットにもこのオイルを塗って焼いたんだ〜。

グレープシードオイル、コレステロール0のサラダオイル、このOLオイルと、炒め用にはもう少し安いオリーブオイル・・・、
瓶が増えるのは嫌いだけど、油だけは身体にいいもの採りたいよね。





●白菜とグレープフルーツのコールスロー

061205_3

またまたグレープフルーツのサラダ。
今日は刻んで軽く塩揉みしてしぼった白菜、切ったままの水菜でグレープフルーツの甘さのままにコールスローにしました。

先日の春菊とあわせた時と同じで、オリーブオイルと塩胡椒、酢少々加えただけ。
クリームシチューにさっぱりいただけるサラダが美味しかった。


★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

今日も見に来てくれてありがとう!



| | コメント (13) | トラックバック (1)

2006年12月 4日 (月)

ブリあら大根の簡単ご飯

061204image_1

<12月4日(月)の献立>
ブリあら大根の煮付け
レタスと胡瓜とわかめの酢の物(すだち風味)
ほうれん草と人参の胡麻よごし
白菜と油揚げのお味噌汁(葱)
五穀米入りご飯


(12/9更新記事 日付修正しました)

ではでは先週の月曜日のご飯。

私らしい地味な感じですね(笑)

日曜に準備したものと、簡単な野菜の総菜ですませることが多い月曜日です。
週の初めは仕事もバタバタして遅くなるしね。



●ブリあら大根の煮付け

061204_1_1

身もかなり入ったブリのあらをたっぷり食べました。

アラは、塩をふってしばらく置いた後、一度熱湯にくぐらせ流水で洗ってから生姜のスライスとともに煮付け、下茹でした大根を加えてさらに40分ぐらいかな。

水とそれより少し少なめの酒、酒の半分位のみりん、さらに控えめの醤油と砂糖も少し。

ブリの身だけ大根と煮るときは、少し小さめの乱切りにした大根とフライパンで炒めて下茹でも手抜きしちゃう時もあるんですが(前がそうでした。)、今日はアラなので、しっかり下茹でも臭みもとりました。

日曜の夜に煮て、煮汁とわけて保存して、今日はあたためただけです。

柚子皮を添えて、ご飯が2膳食べれそうですが、ブリや秋刀魚は高カロリーなので我慢です。

●レタスと胡瓜とわかめの酢の物(すだち風味)

061204_2_1

こちらも手抜きの酢の物。

刻んで塩揉みしたレタス、同じく塩揉みして流水で流して絞った胡瓜、割いたカニカマ、わかめが入ってます。

手抜きというのは、『塩ポン酢』に砂糖を少し加えて、その半分ぐらいの量のだし汁で割ったスダチの香りの甘さ控えめ三杯酢だから。

こってりしたブリの煮付けにすだちの香りの酢の物がよく合って、しかも簡単!


●ほうれん草と人参の胡麻よごし

061204_3_1

栄養的には、あとは緑黄色野菜があればいいですよねってことでこちら。

黒炒りごまをフライパンで軽く炒ってから擦り、醤油と砂糖、塩少々で整えた胡麻和えです。

人参とほうれん草のパンチに負けない黒炒り胡麻の風味がおいしいよね。

もちろんほうれん草は、茹でてから水にとって、浸し地(だし汁に酒と薄口少々、塩で一煮立ちさせ冷ましたもの)に漬けてからしぼったものです。
白だしをうすめたもので代用可とよく書いてますが、これもお出汁をとった時や日曜に下茹でしたほうれん草なので、今日は人参をさっと茹でただけ。




******



時々お肌の小じわやアレが気になるって書いたけど、今年はまた特に乾燥してる気がしない?

年齢がある一定を過ぎたあたりから(いくつだよ!)、すごく乾燥してきてね、ちょっと手を抜くと乾燥ニキビっていうか、乾燥性じんましんになっちゃうの。

いくら人参食べてもお手入れは大事だね〜。

アレルギー対応の化粧品とか使ってるんだけど、この年じゃ物足りないって肌が言うのよ。
調べてたらこんなのがでてきたよ。(無添加化粧品の安全性とは
ここの商品は使ってないから知らないけど、よく見極めないとね。





★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

今日も見に来てくれてありがとう!



| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

きのことベーコンの和風パスタ*南瓜とくるみチーズのサラダ

061203image

<12月3日(日)の献立>
きのことベーコンの和風パスタ
南瓜と胡桃とクリームチーズのサラダ
白菜と春菊のスープ
デザートにリンゴ



(12/7(木)更新の記事 日付修正しました)

ご無沙汰しました〜!
やっと日曜のご飯をアップできます。

メンテ終了時刻にあわせたお昼、おにぎり食べながら更新です。(ショボ!)

日曜日は、翌週のご飯に備えて野菜の下茹でやだしをとったり常備菜作り、それで疲れて手抜きご飯になりがちです。
この日もそんな一例。久々に早い時間のご飯なのでパスタにしました。
決して大盛りじゃないんですよ。
リアルに160gの半分ですから、皿が小さいんです(汗)。


● きのことベーコンの和風パスタ

061203_1b_1

<材料>パスタ(1.5〜1.6mm)160g、しめじ1/2〜1p、舞茸1/2p、
    エリンギ大1本、ベーコン3枚、小口葱適量、味付け海苔適量、
    ニンニクみじん切り1片、輪切り赤唐辛子1本分
<調味料>EVオリーブオイル大2、醤油大1、オイスターソース大1/2、
     ワインまたは酒大1/2、パスタのゆで汁お玉2/3、塩胡椒

1.    きのこは石突きをとって小房にわけ、さっと熱湯をかけておく。ベーコンと小口葱もきる。

2.    パスタを分量外の塩(4Lに大2強)で茹でる。その間にフライパンにオリーブオイルでニンニクを温めてから赤唐辛子とベーコンを炒め、きのこを加えて混ぜる。

3.    その他の調味料を入れ、ゆであがったパスタとゆで汁で混ぜたら、塩胡椒で整えてできあがり。

4.    器に盛り、小口葱と海苔をかけました。




● 南瓜とブロッコリーの胡桃チーズのサラダ

061203_2

1. ブロッコリーは小房にして(10個使用)下茹で。クリームチーズ(3cm分位)を7mmぐらいのサイコロ状にきっておく。胡桃はから煎りしてみじんに。

2. 南瓜(1/8カット分)は皮を剥いて2cmぐらいのサイコロ状にし、ラップをかけてレンジで3分くらい。

3. 南瓜をマッシュして、熱いうちに軽く塩とたっぷりめに胡椒を加えてよく混ぜてからクリームチーズと胡桃を加えて再度混ぜる。チーズが完全に南瓜に溶けないぐらいがいいかな。

4. あら熱がとれたらぶろっこりーと合わせて器に盛り、仕上げにさらにくるみをトッピング。

ちょっと器のセレクト間違えたみたい。
どこまで胡桃かわからなくて、お箸で拾いそうになっちゃいました(笑)



●白菜と春菊のスープ

061203_3

今日はずっとカメラの調子が悪かったんだけど、これを撮ろうと思ったらエラー連発!次はカメラかよ!!
仕方なく、このブログを始めた時に使ってた10年前のコンパクトカメラで撮ったの。
よくやってたな〜。シャッターをきってからのタイムラグがあってシンドイ。

ということでお見苦しいのはお許しください。

入っているのは白菜、春菊、人参。ブイヨンと酒と塩胡椒少々のスープです。
昨日とうってかわって本日は(も?)簡単30分レシピ。
写真とってる間に母の実家で作ったリンゴを剥いて食べました。

蜜がいっぱいでリンゴもおいしいね〜。



*****

記事がたまって、もう記憶が遠くなってきました。
ご飯を作るのは早いのですが、記事更新はのろまな私です。

どうしよう。。。

 


★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

今日も見に来てくれてありがとう!




| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

牛肉ときのこの朴葉味噌焼き*春菊とフルーツのサラダ

061202image

<2日(土)の献立>
牛肉ときのこの朴葉味噌焼き
蕪の海老詰め 菊花あん
薩摩芋とアーモンドのかき揚げ
春菊とグレープフルーツのサラダ
白菜の浅漬け(昆布と柚子一味風味 自家製)
豆腐とえのきのお吸い物(葱、茗荷)
五穀米入りご飯(そばの実、押麦、もちきび、緑豆、紫米)


(12/5更新分 日付修正しました。)

やっと掃除しました〜〜! 
我が家は暖かくて、今更ziziの『秋の換毛期』で大変なのです。
先週からバタバタしてたしね、端から洗濯もしまくったよ。

夕方『信濃屋』までお酒を買いに行って、見つけちゃったよ、朴葉みそ!!
う〜、のってきたぞ〜ってことで、久しぶりに、お料理楽しみましたぁ。




●牛肉ときのこの朴葉味噌焼き

061202_1

失敗!銀杏も入れようと炒っておいたのに写真撮る時忘れちゃった〜(泣)
kotobuさんに、ウズラの卵を入れると美味しいって教えてもらってたのも忘れたぁ・・・。でも途中で気がついて、絡めて食べちゃったよ。
これまた、まろやかになるね〜!

牛肉と舞茸、しめじ、えのきも少し。上には鰹節をまぶした葱をたっぷり。
こちらは二人分、めいいっぱいのせちゃった!(笑)

普通は一人一枚卓上炭火コンロで焼くんだけど、うちにはそれがないので、魚焼きの網でこんなん。

061202_5

炒め用の牛肉(100g)だったので酒少々。(お店では焼き肉用のでした)
葉を水につけて柔らかくしてからサラダオイルを塗って味噌を敷いてから肉やきのこをのせる。

朴葉で焼いた味噌がおいしいね。焦げもウマウマなの〜。
残りもう1枚あるから、次はアレを焼かないと!わかる〜?


●蕪の海老詰め 菊花あん

061202_2

かわいいって言ってもらえるか、変わってるねって言われるか、微妙なところですね・・・(汗)。

1. 蕪4個を蒸してからスプーンでくりぬき、ぬいた部分はみじんにする。

2. 海老は背わたをとり、第2関節(?)で切って残りは粗みじんにし(尾のあるもの4尾と後はケチしてむきエビ(L)8個でやった)、片栗粉小1位と、酒と卵白と塩各少々でもみこんだ。

3. えびにたたいた方を詰めてから尾のついてるのを差し込んで、だし汁に薄口醤油とみりん、塩少々で煮立てた煮汁をつくって、海老まで隠れないぐらいにし、ゆっくり煮含める。

4. 蕪が柔らかくなったらとりだし、煮汁をあんかけにちょうどよい量にし(あとは他のお料理に!)みじんにたたいた蕪のくりぬき部分と(茹でて冷凍してある)菊花を入れ、水溶き片栗粉であんをつくる。熱々をかけてできあがり。

卵白が入っているので、中の海老がふっくらしてきます。
お箸です〜っと切れるぐらいに蕪を崩さず煮れたけど、取り出すのにえらい苦労。


●薩摩芋とアーモンドのかき揚げ

061202_3

薩摩芋を5〜6mm位の太線切りくらいにして水にさらしたものを、ペーパーで水分をとり、スライスアーモンドと一緒に揚げました。
アーモンドが香ばしい〜〜!!とっても美味しかった。これはお塩でどうぞ。

●春菊とグレープフルーツのサラダ

061202_4

春菊の柔らかい葉の部分とグレープフルーツ、千切り人参、今日はカッテージチーズじゃなくて、クリームチーズを小さく切ったもの、黒胡椒を散らしてます。

グレープフルーツの皮は、オレンジを剥くように包丁で剥きますが、その際に薄皮部分についた実もしぼって酢少々をプラスし、オリーブオイル、塩胡椒少々(クリームチーズなら塩なしでも)のシンプルドレッシングを少しだけかけて。

前に作ったカッテージチーズバージョンや春菊とりんごのサラダはこちら

後は浅漬けと豆腐の吸い物で、皿数並んだけど、ボリュームは軽かったですよ。


******

12/5日(火)10:00〜12月7日(木)15:00の間、ココログのメンテナンスにより、コメントやTBの受付ができなくなります。

せっかく遊びにきてくださったのにごめんなさい。
更新記事は着々とたまってますので(笑)、またゆっくり更新しま〜す。


★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

見に来てくれてありがとね!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

鯖南蛮*味噌漬け砂肝と小松菜炒め

061201image

<本日の献立>
塩鯖の南蛮漬け
味噌漬け砂肝と小松菜炒め
里芋の南部煮
自家漬け白菜の浅漬け(昆布・柚子一味風味)
豆腐としめじのすまし汁(茗荷、葱)
5種の雑穀入りご飯

更新記事も溜め込んでるし、気がつけば12月だなんて、はぁ〜。。。
なんやかんやとバタバタして、気持ちは焦っても身体が今ひとつ動いてないような・・・おしりに火がつかないとやれない私です。

本日は鯖! 今年は美味しそうな真鯖を見ないけど、塩鯖ならあるのよ。
この際塩鯖で南蛮漬けしちゃえ〜って、作ったのよん。



●塩鯖でも南蛮漬け

061201_1

厚みのあるきれいな色の塩鯖1尾198円だもん、安っ!!今日は一人半身じゃい。

3枚におろされた状態で売られていた塩鯖を昆布だしにくぐして、ペーパーで水分を吸い取ってから骨を抜いて半身を4〜5個に切る。
胡椒をして、しっかり片栗粉をつけてたっぷりめの油でカリッと焼いた。

先に作っておいた南蛮漬けにはスライス玉葱とピーマン、千切り人参が入っていて、リンゴ酢に砂糖を溶かして(レンジでチン)、レモン汁を同量、薄口醤油をいつもより控えめに入れて、輪切り赤唐辛子と胡椒だけ。
塩は入れなかったのよ。
でも意外にも塩気が足りない気がしたくらい。おいしくできちゃったよ!

でも砂肝もあるから一人半身は多いよね(笑)



●味噌漬け砂肝と小松菜の炒め物

061201_2

この組み合わせの煮浸しを何度か作ったけど、一番好きな砂肝の食べ方は味噌漬け!食べたことない?
おつまみにもってこい、料理の腕いらずで簡単、凄く美味しいんだよ!
今日は小松菜との食感も美味しい組み合わせで炒めたの。

1. 砂肝は洗って水気をふいたら白い固いところを少し取りのぞいて、半分に(4つに)切り、ラップに広げる。

2. 砂肝にまんべんなく塗れるぐらいの味噌(私は信州味噌の赤で)に、その1/3位のみりんを混ぜて砂肝にまんべんなく塗り、空気にふれないようラップをとじて冷蔵庫で1日〜2日。

3. 味噌を取り除いて(ラップに少し残す)水で洗い、切ってからフライパンで中火以下でから煎りして(焦げがあった方がおいしいけど、フライパンが焦げすぎてきたら、ペーパーで焦げを取りながら炒めて。)一旦取り出す。

4. フライパンをきれいにし、薄く油を熱したら2cmぐらいに切った小松菜をさっと炒め、残しておいた味噌を少量と、塩胡椒で調味。
砂肝を戻し入れてまぜればできあがり。



●里芋の南部煮

061201_3

おだしのきいた薄味で煮たものに切り胡麻なんかを加えるのを南部煮っていうんだよね。・・・たぶんね。

少し甘みもあって、お団子食べたい時によく作ってる。
お団子みたいに甘くないけどね。

冷凍里芋で作った時もあったけど、今日はぬめりのある里芋を下湯でしてつくったからいい感じです〜〜!
普通の里芋で作る場合は、お団子より一回り大きいぐらいに切って、角を丸く皮を剥くといいよ。胡麻がつきやすいからさ。

よろしければ、前の冷凍里芋で作ったレシピです。ぬめりは取りすぎないでね。


******

更新できてなくて、ちょっと3日ぐらい遅れたご飯日記ですが、またまたのんびりお付き合いくださいませ。


★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックで応援してね。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

見に来てくれてありがとう。




| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »