« 野菜もいっぱい!真ホッケのちゃんちゃん焼 | トップページ | 卵&福袋煮?とありもので満腹ご飯 »

2006年11月21日 (火)

鶏の鬼おろし焼と鰯の納豆和え

061121image

<21日(火)の献立>
鶏の鬼おろし焼
鰯のピリ辛納豆
+ちょっとだけ鰯のお刺身
小松菜とわかめの辛しマヨ和え
白菜の浅漬 柚子一味風味(自家製)
じめじと巻き麩のお吸い物(葱、茗荷)
5種の雑穀入ご飯

この日は天気予報どおりの『小春日和』といった暖かな一日でした。
早く帰れたので、今日は少し時間が必要なお料理にもチャレンジ!



●鶏胸肉の鬼おろし焼

061121_1

ちょっとおろしが多すぎたでしょうか?(汗)でも美味しかったんですよ。

小太郎さんの鶏の手羽中のおろし焼を、もぐぱくさんが鶏胸肉でやってたのを見て、鶏胸肉を焼くのは好きではない私も興味津々!

大根と酢の柔らか効果、さらには胸肉ならば、大根の食感も少し残して試してみたくて『鬼おろし』でおろしてみました!

1. 鶏胸肉230gは皮をはいで厚みを均等にして食べやすいサイズに切り、フォークでブスブス刺してから時間がないのでまず酒大1と醤油大1を揉み込み。

2. 後は小太郎さんのレシピに沿って、大根おろし1/3本位と人参1/2本『鬼おろし』でおろし、葱の白い部分みじんぎり15cmとすりおろし生姜1片分、レモン1個分の絞り汁、醤油大2、みりん大1、塩小1弱でつけだれを作って、汁気をきった鶏肉を30〜40分漬け込み。

3. 焼く前に汁気をきってから、サラダオイル大1を揉み込んで200度で30分ぐらいオーブンで焼いてみました。

オイル入れ忘れて後から揉み込んだり、漬け時間も小太郎さんのように1時間はとれなかったけど、レモンの酸味と醤油が効いた焼き大根といった感じが美味しかった。
もぐぱくさんが言うように、胸肉もジュージーに食べれて満足よ!

次はうちの『おろし係』のオットに、しっとりおろしを作ってもらって、手羽中でやってみるね!

小太郎さん、もぐぱくさん、おいしいレシピ、ありがとう〜!!


●鰯の納豆和え

061121_2_1

関西の納豆嫌いの皆様、ごめんね!

納豆で和えるのは、イカ、マグロ、鯵は作ったことがあるけど鰯は初めて。
実は日曜に一人夕飯の酒の肴につくって、美味しかったからオットにも食べさせてあげようとまた作っちゃった。

小ぶりだけど、うろこがいっぱいついたままの美味しそうな北海道産真鰯が4尾で200円!、おろし焼のお供にピッタリな、ちょっと濃厚な肴です。

1. 青紫蘇3枚を縦半分に切ってから丸めて千切り、小口葱のみじん切り大2〜3用意。

2. 納豆1pkに、信州味噌小1.5位、豆板醤小1(好みで)、すりおろし生姜適量、添付の納豆のタレ半分を加えて混ぜ、包丁でひきわり納豆状態になるまでたたいたら、1の薬味を混ぜる。

3. 鰯3尾を3枚におろして(または手開きしてから半分に)皮を剥ぎ、斜めに7mm幅程度にきって2の納豆と混ぜればできあがり。


そのまま肴に、ご飯に!
ちょっと辛みのきいた味噌と薬味で臭みなく食べれるよ。納豆嫌いには無理だけど。。。


●小松菜とわかめの辛しマヨ和え

061121_3

あとは軽く一品青菜系が欲しいなと作ったもの。

1. 感想わかめを水でもどしておく(生わかめならもっと美味しい)。

2. さっと茹でて水にとった小松菜を絞り、浸し地(だし汁に酒少々、薄口醤油、塩で一煮立ちさせて冷ましたもの、白だしを薄めたものでもOK)につけてから、軽くしぼって2cmぐらいに切る。

3. 戻したわかめを絞り、同じく浸し地につけてから軽く絞って切る。

4. マヨネーズと和がらしに胡椒を加えて混ぜるだけ。

浸した時のお出汁も生かしたあっさり辛しマヨ和え。


●白菜の浅漬

今回も踏んでます。。。
昆布だし少しと塩、柚子一味という市販品で真空パック状態にしてから。

ニュースで白菜と大根が豊作すぎて、トラックで踏みつぶしてたのを見ました!
はぁ〜、なんとかならんものかしら。。。




★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックで応援してね〜。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

見に来てくれてありがとう。

|

« 野菜もいっぱい!真ホッケのちゃんちゃん焼 | トップページ | 卵&福袋煮?とありもので満腹ご飯 »

コメント

>のんのんさん

小太郎さんのおろし焼き、大根おろしの酵素かなんかの力でお肉がすごく柔らかになると思います。
普通のおろしだとしっとりいただけると思いますよ。
味はポン酢でもきっと美味しいでしょうね!

鬼おろしは私も最近買ったのですが、大根から水分が抜けすぎないのでぜんそくの気があるオットにたくさん食べさせようって魂胆です。
食感があって満足感もあり、和え物にもアレンジできそうで楽しみです。
おろすのも簡単でした(笑)

>小太郎さん

胸肉にちょっと食感が加わるのも美味しかったです!
ガリガリというほどではなくて、オットは気に入ってました。
でも今度はお休みの日にゆっくりつけ込んで、小太郎さんのように手羽中をやわらか〜く食べてみたいわ〜。
あの柔らかさは、また別物だよね。

今、朝ご飯の鬼おろしにはまってるの。
焼いてみたかったのよ(笑)

>もぐぱくさん

今大根が安いから、朝も簡単に大根おろしが食べたくて、この前鬼おろし買ったの。
すぐおろせるからオットに頼まなくてもいいし、食感があってけっこう満足出来るのよ。
だから使ってみたかった!(笑)
焼くのに時間かかるけど、オットは食感があっていいって言ってた。
でも、手羽中とかにはやっぱり普通のおろしだと思う〜。

鰯、見た目に今イチだけど、ウマウマなんだよ。
あの濃厚な旨さ、鯵でやるより肴向き!
もぐぱくさんならわかってくれるよね〜。

投稿: ★Tomyよりお返事 | 2006年11月24日 (金) 21時30分

鶏肉の鬼おろし焼きはさっぱりしていて
美味しそうですね。
私は鶏の唐揚げを ポン酢醤油をかけた大根おろしで
食べるのが好きです。
今度 鬼おろし焼きをオーブンで焼いて見たいと思います。
でも 我が家には「鬼おろし」のおろし器がないので
普通の卸し金でおろした大根おろしでも大丈夫かな?
小松菜とワカメの辛しマヨ和え こんな食べ方もあるんですね。
これも週末の酒のつまみに作りたいです。

投稿: のんのん | 2006年11月24日 (金) 12時43分

Tomyさん、こんにちは♪
鬼おろし&胸肉ですか・・・これも美味しそう♪

手羽中で作るおろし焼きはジューシーで柔らかいのが売り。
お箸で充分に食べれるくらいに身離れも良いのだけど
お皿に骨の山が出来るので、後片付けがちょっと面倒くさい・・・
そんな時にはヘルシーに胸肉がいいかもね。
もぐぱくさん、Tomyさんから逆輸入で、小太郎も試してみようかな。

鬼おろしだと、大根の食感が気になるけれど
焼く時間も充分だから、パリッとよりはジューシーな感じかな?
面白いこと思いついたね。
なめらかにおろした野菜も優しくて小太郎は好きだから、
オットさまのお手伝いで、いつか小太郎バージョンもお試しあれ~。
野菜だけでお酒飲めそうだったでしょ?!

さっそくこちらからもTBさせていただきました。

投稿: 小太郎 | 2006年11月24日 (金) 11時17分

おぉ~! おいしそう~!
これなら、おろしの部分だけでも一品になるねえ。
やっぱり 大根の食感がかなり違うんだろうな~。
あこがれちゃうんだけど、非力なので(ホントか?笑)
手に入れても使いこなせるのか・・・と躊躇してますー。
さすが小太郎さん♪って絶賛したくなるレシピに
Tomyさん流のアレンジ、お見事っ♪

鰯の納豆和え、ひかれる~!
ごはんにも、ツマミにもなる、いい役者さんだと思うよ。
朝はごはんで、夜はツマミでいただきたいね。
(食べすぎです!!!)

投稿: もぐぱく | 2006年11月24日 (金) 05時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/12788491

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏の鬼おろし焼と鰯の納豆和え:

» 手羽のおろし焼きと牡蠣ごはん [小太郎のまんぷく日記]
<手羽のおろし焼き・牡蠣ごはん・その他> ●手羽のおろし焼き まずは漬け汁作り。 大根1/3本分・人参1/2本分・しょうが1片をおろします。 長ネギは白い部分1/2本分をみじん切りに。 それらと、レモン汁大さじ4〜5・しょうゆ大さじ2・塩小さじ1・みりん大さじ1・ サラダ油大さじ1を合わせたら”おろし野菜入り漬け汁”の出来上がり。 そこへ、皮をフォークでつついた手羽を加えて絡め 1時間以上置いて味をなじませます。 ... [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 11時06分

« 野菜もいっぱい!真ホッケのちゃんちゃん焼 | トップページ | 卵&福袋煮?とありもので満腹ご飯 »