« 牛肉と舞茸と茗荷の甘酢炒め★自慢の…。 | トップページ | 蕪と柿の酢の物★里芋とイカの煮物 »

2006年10月 9日 (月)

はさみ蓮根の薩摩揚げと肉じゃが

061009image

<本日じゃないある日の献立>
肉じゃが
はさみ蓮根のさつま揚げ
胡瓜とくらげの酢の物 茗荷の甘酢漬け添え
蕪と蕪葉の浅漬
5種の雑穀入ご飯(こきび・あわ・そば米・押し麦・炒り胡麻)

連休は運動会や秋祭りで楽しかったみたいですね。
私は日月とお休みして一日は掃除、今日は久しぶりにオットとでかけてきた。

こちらはいつだったか忘れてしまった晩ご飯。
私の近所のスーパーには『すり身』が売ってないというお話を以前したのですが、小太郎さんが鮭や白身の魚でさつま揚げをつくっていたのを参考に、初めてのさつま揚げにチャレンジしたのですが・・・。

●はさみ蓮根のさつま揚げ

061009_1

初めてだから皮はぎのタラで作ってみたの。
鮭の時は長芋なんかも書いてあったけど、白身の方にはなかったし、こんな感じでやったんだけど、うまくいくはずだったレシピ?

  材料:タラ240〜250g 卵白1個分 片栗粉大1.5 酒大1 塩小1/3位
     すりおろし生姜適量 
   具:牛蒡10cm れんこんスライス6枚+3cm 人参1/4本 長葱10cm 

  1. 牛蒡は短くて薄いささがき、蓮根は挟み用以外は粗みじんで酢水にさらす。人参と葱も粗みじん。
  2. フードプロセッサーにすり身用の材料をかけて、具を入れ、蓮根で挟み、すり身を蓮根の上に薄くのばす。
  3. 140度くらいの低い温度でゆっくり中まで火がとおるように揚げる

でもね、そもそもすり身がねっとりしなかった。ちょっと水分多いみたいな?

ふんわりもっちりを想像してたのに、つまみ食いしたら、ふんわりしたけど、ちょっとサク・・・。「サク???」

いくつ食べても同じ(自分の分はなくなってしまった・・・)。

原因は多分、私が買ったタラは、どこかで一度冷凍された解凍品じゃないかと。
生で作らないとねっとりしないよね〜。

もちろん食べれたけど、やっぱり悲しい〜〜。
次は生タラと生鮭でリベンジしたいと思うけど、すっかり気落ちした私。
「美味しいすり身、売ってくれ〜〜。」

(*追記:12月11日のご飯でリベンジ成功しました!

●肉じゃが

061009_2

今日は男爵芋をつかったので、だいぶとろけてしまった。
人様にお出しするんでなければこんなとろけ具合が好きかも。

肉じゃは、牛肉を使って、酒やみりんに醤油でお水を入れずに作るのが本道らしいが・・・、

うちのは豚。最近はバラでなく、肩切り落としとか炒め用を使用。
そしてアクヌキしてから、しっかり乾煎りした白滝入。
青味は今日はいんげん。しかも鰹だし汁も少し。

本道からだいぶそれた肉じゃがだけど、山盛り食べちゃう。

 

●胡瓜とくらげの酢の物 茗荷の甘酢漬け添え

061009_3

塩抜きしたクラゲと塩揉みしたスライス胡瓜。
三杯酢で(酢3:薄口醤油1:砂糖1:だし汁2)味付けして混ぜたもの。
茗荷の甘酢漬けも添えて。

●蕪と蕪葉の浅漬

061009_4

いい大きさの蕪が並んでいた。久しぶり!嬉しい〜ということで、まずは浅漬。
昆布と赤唐辛子少し、塩だけ。


*****

今日は世田谷美術館にオットが好きなアンリ・ルソーを見に行った。(『ルソーの見た夢、ルソーに見る夢』展)

素人画家と言われたルソーの絵には影がない。
まるで切り絵のように貼付けられたような人物。
色彩だけで色を重ねず巴里の街角や秘境の楽園に遊ぶ動物が描かれていて、不可思議な雰囲気に魅了される。

影響をうけた横尾忠則氏のルソーのパロディ?絵画や、私が好きな植田正治氏の写真作品まで、ルソーに影響された作家の作品も展示されていて、ルソー自身の作品は少ないけど楽しい展覧会だった。

美術館では、うちは必ず二人で音声ガイドをそれぞれ借りて、ゆっくり自分のペースで時間を過ごすことにしている。

オットが初めてルソーに心惹かれたのは、中学生の頃に見た展覧会らしいけど、
大人になってまた新しい理解が得られると楽しい。

少し不便な場所にある世田谷美術館だけど、砧公園があるので久しぶりに散歩もできたし、こんなレストランもあるのでゆっくりランチもいただける。

すっかり食の秋に走っていたけど、芸術の秋でもあるんだよね〜

★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックしてね!

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

見に来てくれてありがとう。




|

« 牛肉と舞茸と茗荷の甘酢炒め★自慢の…。 | トップページ | 蕪と柿の酢の物★里芋とイカの煮物 »

コメント

>小太郎さん

ごめんね〜、コメントに気がつくのが遅かった。

そ、そうなんだ〜。
私はまだ出会ったことはないけど、
鮭は機会があれば丸ごとと思っていたのに〜。
こっちでは、タラは丸ごと1尾では売ってないから出会うことはないと思うけど。。。

な、なんか夢に出そうだよ〜。

投稿: ★小太郎さんへ | 2006年10月13日 (金) 00時51分

Tomyさん、
アニサキス情報を追加です。

鯖も聞くけれど、やっぱり一番よく聞くのはタラです!!
あと鮭もですね~。
刺身用の鮭はたいてい冷凍・解凍モノでしょう。
しっかり加熱するか、一旦冷凍することで死滅するらしいです。

なんせタラの記事をアップしてアニサキスについてかいた時、
アニサキスに反応してコメント下さった人もいるくらい。
小太郎は一度会ってしまったけど、
あれは見てしまうと、何年かは絶対その魚食べれないショックです。
そうならない為にも覚えておいて損はないと思います!!

投稿: 小太郎 | 2006年10月11日 (水) 10時01分

>もぐぱくさん

うっ、うっ・・・、見た目が良かっただけにショックだったわ〜。
なんで〜?って言いながら、3つ食べたの、あたし。
アホだね。
やっぱり豚肉派?これって、母親がどっちで作ってたかだよね。
でも私も豚肉なら安いのでも旨いと思うの。
最後にご飯に…、うちの妹がやってて、なんでそんなことするの〜って真似したら、めちゃ旨かったよ(笑)

砧公園で写生大会だったのね〜。
祝日だから公園は家族づれでいっぱいだけど、いいお天気で気持ち良かったよ。公園の写真、私が写っててアップできなかったの。ごめ〜ん!


>wancoさん

初めまして〜〜。
お恥ずかしい。。。小太郎さんのとこみたいにカッコ良く美味しく作りたいと私も思ってるんですけど、よく失敗してます。はぁ〜。。。
『ゆとろ』行かれたのですか!
気に入ってもらえたみたいで良かった〜〜。
岩がゴツゴツの造りは、他とはまた雰囲気でいいですよね。割と空いててきれいだし、うちもお気に入りです。

どうぞまた遊びにきてやってくださいまし。


>小太郎さん

何度も足を運んで研究したの(笑)
そうなんだ〜。鯛とか入れて、プリッともちっとしたの食べてみたいよ〜。
おでんの季節ならすり身出るかな〜。
鮭ね、これの前の日にパスタで食べたばかりだったからやれなかったけど、鮭もプリッと仕上がってくれるといいな〜。
アニサキス、鯖ではよく聞くけど、タラにもいるの?
タラは1尾で買う事まずないからいいけど、怖いね〜。

>otayoriさん

ね、見た目はいいでしょ?
甘鯛のめっちゃ美味しそうなすり身を見せてくださって、ありがとうございました。
あれから頭の中は「甘鯛、すり身、甘鯛、すり身」みたいな感じです。
すり方、うちのフープロだとだめかな〜。
次はすり鉢であたってやる〜〜!!
今日は簡単で、1時間は必要なかったですよ。
フープロですし、肉じゃがはアクとりだけで後は勝手に煮えてるし、漬物も前の日に漬けたのだもん。


>もろぞ〜さん

初めまして!
晩ご飯記録隊のお一人ですね〜。
うちのは、いつも美味しいとはかぎらないんですよ〜(笑)
ま、オットの為でもなく、自分のお腹に正直に楽しんでる節がありますが、また遊びにきてやってください。
もろぞ〜さんのところにも遊びに行かせていただきます!

>meshiさん

ト、トードマンプラー?
わかんないけど、エスニック風味のさつま揚げ?
そろそろ季節だから、いい生タラとか手に入ったらきっとうまくいきそうな気がするよ。
meshiさんのあの見目麗しい鉢でスリスリしたら、めっさ旨いのができそう〜!(←似てる?:笑)
正直者?
そうなのよ、取り柄はそれだけよ。


>kotobuさん

アハ、見たよ〜。
茗荷いっぱいもらったし、朝も晩も深夜もガリガリです。これがなくなったら寂しい〜〜。
日曜は思いっきり掃除DAYだったけど(普段してないから大変!)、月曜はゆっくりできて良かったよ。
絵や写真展はよく一人で見に行くのだけど、めずらしくオットと見たいものが一緒だったの。
夫婦揃ってのお散歩も久しぶりだったのよ。


>ピヨたまちゃん

なんか「ちゃん」の方が似合うから〜。
ありがとう。
さつま揚げ、プリっとしたのを食べたかったのよ。
失敗は成功の素だからと何度も言い聞かせてるの〜。
蕪、とりあえず酢の物にしました。
酢の物食べ慣れなくても食べれそうなやつ。
そ、そんな先生だなんてとんでもないよ〜。
恥ずかしいって、失敗だらけのTomyなんだから〜。

投稿: ★Tomyよりお返事 | 2006年10月11日 (水) 06時50分

見た目おっけーなのに、食べるとあれぇ?ってこと、私はよくあるんで(笑) ヘコんじゃうの
わかります~。でも、Tomyさんなら、すぐにリベンジできますっ!!!
蒲鉾とかもそうだけど、練り物は魚の鮮度に味が出ちゃうんでしょうね~。
秋鮭も出回ってくる頃だし、次は鮭で♪

私もかなり大人になるまで、肉じゃがは牛肉で作ることを知らなかったひとり(笑)
ウチも豚肉でした~。 でも、肉じゃがって豚の方が味があっておいしいと思うんだけどな~。
最後に はんにかけて食べるのがいいのよね♪

砧公園、小学校の遠足&写生大会のお決まりポイントでした。
なつかし~~~♪

投稿: もぐぱく | 2006年10月11日 (水) 03時13分

Tomyさん 初めまして。
小太郎さんのところから見つけて、いつも美味しそうなご飯を拝見していました。美しい盛りつけ&品数の多さにうっとり☆見るからにお味も美味しそう!

だいぶ前でしたが、真鶴の温泉を紹介されていましたよね。その温泉に昨日行ってみたのですが、とてものんびり出来てTomyさんのブログにあったとおりお湯が柔らかくとても気持ちよかったです♪良い情報をありがとうございました、お礼申し上げます。

食べる事大好きだけど不器用な私にTomyさんのおかずを参考に真似することは難しいのですが、今後も覗かせて下さいね。

投稿: wanco | 2006年10月10日 (火) 21時15分

Tomyさん、こんばんは♪
コメント&リンクありがとね~。

さつま揚げ、タラだけだと結構難しいよ。
小太郎も確かおでんダネとして作った時に???という結果で、
記事にもその不満をぶつけた事があったなあ。

当たり外れがあるのは、
Tomyさんの言うとおり冷凍したかしないかだろうね。
タラはアニサキスという怖い虫がいるから、
一旦冷凍する店が多いとは聞くよ。
(小太郎は一度超新鮮だというタラを買って、
アニサキスに会ったことがあります)
ハモやエソを一緒に混ぜるという手もあるけど、
ちょっと面倒だよね。

同じ白身魚でも鮭は間違いないから一度お試しあれ~。
・・・ということで、失敗しない鮭でTBさせていただきました。

投稿: 小太郎 | 2006年10月10日 (火) 17時49分

レンコンのはさみ揚げ、とってもきれい。
もっちり感はこね方も関係しているんでしょうか?
Tomyさんのことだから1時間ちょっとでこの献立を完成させちゃうんだろうなあ。
Tomyさんの写真を見ると、私も段取りを考えながらテキパキやらなくちゃ、、、と思うのですが。
私だと2~3時間コースですね。

投稿: otayori | 2006年10月10日 (火) 16時40分

はじめまして!
ブログ村の同じく晩御飯チームから伺いましたもろぞ~です。
いつもおいしそうなごはんですね~!

蓮根にお魚のすり身!美味しそうですねぇ。
ひき肉はさむことしか頭になかったあっしには
衝撃的でした~!
今度チャレンジしたいです!

投稿: もろぞ~ | 2006年10月10日 (火) 15時14分

さつま揚げまで手作りなの? すごい!!!
ってことはトードマンプラー(タイ風さつま揚げ)も
出来るよね? うーーん、やってみようかな。
揚げ物を滅多にしないので、ビクビクもんだけど。あはは
あっ、私も蕪買ってたんだ。これこれ!
(すっかり忘れるところだったわ)

それにしても、Tomyさん正直モノだわ♪
だって、毎回美味しいなんてこと無いもんね。うんうん
私も「あれ? ちょっとイマイチ。。。」って
ショック受けながら食べてるヨー。

投稿: meshi | 2006年10月10日 (火) 14時31分

今日も美味しそうなご飯だぁ。
肉じゃがにレンコンのさつま揚げに酢の物、漬物。完璧だねぇ。しかも私の好きなものばっかり。
茗荷の甘酢、うちも作ってるんだけど、便利だよね。彩りにも良いし。私も昨日酢の物にしたの。面倒だから茗荷の漬け汁かけただけの簡単版。でも美味しかった!

日月はお休みできたんだね。Tomyさん、いつも忙しそうだから、ゆっくり休めて良かったね!
夫婦で美術鑑賞、素敵だわ。うちの夫、絵には全く興味ないから私も結婚してから全然展覧会には行かなくなっちゃったわ。。。

投稿: kotobu | 2006年10月10日 (火) 12時15分

Tomyさん、さっそくお返事ありがとうございます!
それから『ちゃん』でOK!です。というかむしろその方が嬉しかったり♪
さつま揚げ、手作りなさったんですね~、さすがです!
私も作ったことが無いんですよね、作りたいんだけどなかなか…。
今度作る時はここにきてレシピ参考にさせてもらいますね!
そうそう、かぶ出回ってますね!私もつい最近見かけて同じく浅漬けでいただきました。
他にもおススメかぶレシピがありましたら、教えてください~♪Tomy先生!

投稿: ピヨたま | 2006年10月10日 (火) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/12221635

この記事へのトラックバック一覧です: はさみ蓮根の薩摩揚げと肉じゃが:

» バレンタイン・ハートのさつま揚げ [小太郎のまんぷく日記]
日本酒の大好きな人の為に、 色気はないですが、ハートの形をした手づくりさつま揚げ!なんていかがでしょう。       <ハートのさつま> 生鮭200g(切り身二つ分)は骨と皮を取り除き、3〜4つに切ります。 塩小さじ1弱・酒とみりん各大さじ1・長芋(すりおろし)大さじ2・片栗粉大さじ2と 生鮭をフードプロセッサーに入れ、なめらかになるまで回します。 さらに回し、粘りが出てひと塊になったら出来上がり。 クッキングシート(オー�... [続きを読む]

受信: 2006年10月10日 (火) 17時39分

» くらげ(クラゲ) [料理レシピ紹介サイト:ブログでCookin'!]
「くらげ(クラゲ)」料理レシピのブログ記事から美味しそうなものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2006年11月13日収集分= *... [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 19時20分

« 牛肉と舞茸と茗荷の甘酢炒め★自慢の…。 | トップページ | 蕪と柿の酢の物★里芋とイカの煮物 »