« 地だこで一杯と「聞いてくれる?」 | トップページ | 焼味噌でお蕎麦★無花果と茗荷の天ぷら »

2006年9月21日 (木)

茗荷寿司★焼きのこと牛肉のおろし玉葱だれ

060920image

<本日の献立>
焼きのこと牛肉のおろし玉葱だれ
釜揚げ白魚と細アスパラのお浸し
茄子と胡瓜の金山寺味噌和え
茗荷寿司
無花果(イチジク)

昨日は私の不幸(?)な出来事にお悔やみのコメントありがとうございます。

付け加え忘れたけど、くれぐれも頬には『ムヒ』を塗らないよう、ご注意ください。・・・って、私だけ?

気をとりなおして・・・やっとまともにご飯。
もう食べたい物がいっぱいだったんだよ〜〜!!

先週、しっかり夕食を食べた後、テレビで『秋味』のコマーシャルを見たオット、「すき焼き食いて〜!」・・・確かにあのCMには参る。

まだすき焼きの気分ではないけど、久々にたっぷり牛肉をいただくことにした。
国産牛肉半額セール!もちろん見逃さなかったよ。

あとは牛肉に合わせて、さっぱり秋のみょうが寿司かな〜。


●焼きのこと牛肉のおろし玉葱ソース

060920_1

  材料:牛肉薄切り200〜240g エリンギ2本 舞茸1/2p 細葱等
     酒大1.5
  (たれA):玉葱中1/2個 グレープシードオイル(好みので)大1 酒大1
       酒大1 蜂蜜大1 醤油大2 オイスターソース大1 
  (たれB):リンゴ酢大1〜1.5 胡椒

  1. 牛肉は大きい物は半分に切って酒をもみこんでおく。
  2. 玉葱をすりおろし、オイルを熱して玉葱を炒めてから(A)の他の材料を混ぜ、火からおろし、粗熱がとれたら(B)をあわせてたれが完成。
  3. 舞茸は先に割いて、エリンギは半分にしてからグリルで強火で焼きう、エリンギはたてに割いて盛る。
  4. 美味しい牛肉は油をひかずにさっと焼き、たれと青味(細葱)をかける。

炒めた玉葱の甘さに牛肉にはやっぱりオイスターソース。
リンゴ酢でフルーティーな酸味も加えて、モリモリ食べれるようにしてるの。
黒酢もアリだよね〜。

焼いて割いたエリンギや、香りの良い舞茸も、たれやポン酢をしみ込ませていただくのが好き〜!



●秋の茗荷寿司

060920_3

丸々太った旬の茗荷でお寿司、食べたかった〜〜!!
茗荷大好きだもん。 

今日は度々登場してる、茗荷の甘酢漬け(酢大4:砂糖大2:塩少々を溶かしたものを冷やしておき、20秒〜丸なら1分塩少々入れて茹でた茗荷をドボンで1日漬ける)を使ったけど、すし酢で2〜3時間漬けてもいいよね。

酢飯の酢の濃さにもよるけど、酸味柔らか好みのオット用には、甘酢茗荷を昆布のだし汁に塩少々入れて冷ましたものに15分ほど浸して、ペーパーで水分を押さえてから握ったよ。 うまい〜〜!



●釜揚げ白魚と細アスパラのお浸し

060920_2

釜揚げ白魚も美味しそうだったの。

酢の物にしようか迷ったけど、今日は吸い物まで作るのが面倒だったので、汁ごとたっぷりいただけるお浸しにした。

・・・ので、盛りが美しくないけど。

ちょうど細いアスパラもあったから、さっと下茹でしてから半分に切り、だし汁と薄口醤油とみりんで一煮立ちした中に白魚と一緒にさっと煮てできあがり。

白魚の塩気もあるから、お浸しの薄口醤油は控えめなのだ。


●茄子と胡瓜の金山寺味噌和え

度々なので省略(→こちらです)。ここにも茗荷入。
今日は玉葱の甘さや甘酢茗荷があったから、半分は信州味噌にしてさっぱりめ。

これ、バスケに介護に頑張ってるYOUさんがこの夏一番ハマってくれた(笑)
しかも本場に近いだけに美味しいのまで手に入れて、悔しい〜〜!

今は新鮮な茗荷を合わせられるけど、これからの為に週末は冷凍大会しよ。
涼しくなったから、その気になって金山寺こうじさえ手に入れれば、自分でたっぷり作れるのよね〜。


●無花果(イチジク)

060920_4

すっかり出遅れた?
大好きなイチジク。

ほぼ毎週イチジクのパン食べてるの。
ま、それはまたネタ切れの時にでも。

まずは生でいただいて、あとはお楽しみ。

 

★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックしてね!

NinkiBlogbanner03←こちらも励みになります。


見に来てくれてありがとう!


|

« 地だこで一杯と「聞いてくれる?」 | トップページ | 焼味噌でお蕎麦★無花果と茗荷の天ぷら »

コメント

sunかぼすさんへ

いえいえ、とんでもないです。
コメントも作ったよーのお知らせも、いつだってすごく嬉しいもんです。
またいつでも来てくださいね。

切って冷凍した茗荷ですが、豆腐とお肉のあっさり目の煮込みなんかにも
仕上げにパラパラっと入れて煮るのもよかったです。
これからの季節ならとろみをつけても。
茗荷寿司はやっぱり生を甘酢にしないと食べれないし、今楽しまないとね。
美味しいのですが、私のはごはんがいっぱいでお恥ずかしい(笑)

かぼすさんのお宅はベランダで七輪?炭火で焼くなんてすごいですねー。
美味しそう!!
うちも昨日、久々七輪で焼き鳥でもという話になったのですが、
なんせ狭いベランダで・・・(汗)
うらやましいなー。そしていいご主人ですね〜。


投稿: ★かぼすさんへ | 2009年8月31日 (月) 17時11分

今晩は、Tomyさんのブログを今日じっくり拝見しました。
先日はご夫婦にとってはたいへん辛い夜に『茗荷の・・・』質問をしてしまっていたのに
丁寧なコメントを頂き恐縮しています。ごめんなさいね。
あの夜はTomy家のブログ初訪問で、あまりにも『茗荷のお寿司』が美味しくアップされていたので思わず手をだしてしまいました。美味しかった!今度は秋刀魚が食卓に・・・羨ましい。涼しくなったら、生姜を沢山入れて土鍋で秋刀魚ご飯が食べたいし、三枚おろしを軽ーく酢で〆てポン酢と大根おろしも良いですね。焼き方は主人の担当、マンションのベランダで主人が炭火をおこします。すだちが運んでくる秋が待ち遠しいかぼすです。

投稿: かぼす | 2009年8月27日 (木) 23時38分

sunかぼすさんへ

こんにちは。
ちょうど先日も茗荷寿司を作ったばかりで、小さい茗荷も冷凍したばかりでした。
私は煮たりすることの方が少ないのですが、茄子との煮物や天ぷらも美味しいですねー。
冷凍は、太いものなら縦に4つ割、小さいものなら縦半分に切って、
ステンレスのトレイにクッキングペーパーを敷いた上に適当に並べてできるだけ急速冷凍させています。
私の実家では宿をやっていたのですが、冬でも豆腐のすま汁やおすいものに茗荷を入れると喜ばれるので、そのまま吸い地にポンと入れたり、さらに縦に細切りにしてみそ汁に加えていました。
納豆の薬味にするのも大好きなので、冷凍から出したのを凍っているうちに刻んで混ぜてしまいます。解凍するとシャキシャキではないですが、ちょっとした薬味にもなりますよ。
まるまる一個のままの冷凍だと解凍させない切りづらいので、縦に切って冷凍するのがオススメです。

投稿: ★かぼすさんへ | 2009年8月27日 (木) 12時04分

はじめまして、茗荷大好きな『かぼす』と申します。わたしも酢漬け、甘酢漬けを愛用しています。実は、今年初めて冷凍にしてみました。茹でてからのほうが良かったのでしょうか?
マンション暮らしで、いろいろ試したあげくに、主人は自家栽培を断念しました。お盆に主人の実家から実験のためにボールにいっぱいの茗荷を貰って帰り、小分けにして冷凍しました。大量に手に入った時は
茄子との相性ががたまらなく好みで味噌、醤油味どちらも炒めてことこと煮たりして白いご飯のおともが定番です。さすがに薬味につかう予定はありませんが、冷凍してお使いになったことはありますか?冷凍物に合った料理、調理方法はありますか?

投稿: かぼす | 2009年8月25日 (火) 00時23分

えへへ、お褒めにあずかり光栄ですわ。
でも、私の力ではないのよね、お酢の力だから、umamamaさんも是非やってください。
私は疲れてくると、夜中に冷蔵庫の前で瓶ごとかかえて茗荷の甘酢漬けやピクルスをガリガリかじってしまいます。
朝もらっきょと今は茗荷の甘酢漬けをかかしません。
生ももちろん大好きですが、この色、たまりません!
赤くなりそうなのを選ぶと、本当に目が覚めるようなピンクです。

投稿: ★umamamaさんへ | 2006年9月28日 (木) 08時20分

茗荷寿司の色鮮やかなこと!!
あまりの美しさに思わずコメント、カキコします☆
私も茗荷が大好き。
・・・でも主役になるレパートリーがないんです。
昔は大嫌いだった茗荷。
それが大人になっていつの間にかおいしいと感じるように。
パパも大好き。
茗荷がいっぱい入った和え物や味噌汁に
2人で舌鼓を打ちます。

このお寿司、本当においしそう♪
茗荷の甘酢漬け、作ってみたいとおもいます。

投稿: umamama | 2006年9月28日 (木) 00時40分

>メットままさん

私もそんな手づくり派ではないよ〜。
簡単なものだけね。
忙しかったり、疲れたらお惣菜だっていいと思うよ。
疲れてる時は無理しないで、バランス良く食べることが大切だと思ってるから、私も買うよ。
でも、確かに自分でつくると出費は抑えられるね。
やればやったなりの美味しさや安心感もあるよ〜。
楽しんでやれるのが一番!
そのうち社長とキッチンに立つ日を夢みてね・・・。

スダチ、まだまだ欲しいです〜〜(笑)


>YOUさん

いつもありがとう!
こちらこそとっても嬉しい思いしてるんだよ。

TB? 作ったよ〜みたいな時に、
私の記事のコメントの上にTBのURLをコピーして、
YOUさんが記事をアップする時のフォームの中に、
トラックバック先を指定する場所があるから、そこにペーストして保存(アップ)すればいいんだよ。
いつも作ってくれてるのに、私、気がつかなかったりしてて申し訳ないよ〜。

>meshiさん

meshiさんも忙しかったのね〜。
同じく泊まり込み!でもそちらはホテル付き!!
大違いだよ〜。

meshiさんも茗荷好き?
甘酢なんてか〜んたん!自分の好みに合せられるしね。
これ食べてまた漬けて、今は毎朝らっきょに茗荷だよ(笑)
たまに牛肉食べたいね。
しゃぶしゃぶもマルチファンクションでやってるの?
ガスなし?
meshiさんにはいっぱい聞きたいことがあるよ。
帰りが夜中になればなるほど、ちょっと飲みたいのよね。
ま、お新香あれば、それでもいいのだけど、
あの日はとってもはぁ〜って感じだったよ。

>もぐぱくさん

そう言ってたね〜(笑)。
私も丸で焼いたとき今イチで、それからは半分に切って焼いたのを手で割いてるの。
ブリブリしてて旨いわ〜。
もぐぱくさんちの茗荷はもう終わっちゃった?
甘酢漬けは贅沢品だよね〜。
赤い色とこの旨さ、伝わってくれたらいいけどな〜。


>小太郎さん

小太郎さんも作ってたよね〜。
私は茗荷や三つ葉の香りが大好きだから、こういうのたまんないの〜。
実物は写真より派手な色だったけど、きれいに見えてる?
これ食べて片付けした後、また甘酢漬け作っちゃった〜。
毎朝食べてます!
あとお祭りのこの時期に郷土の笹寿司もやりたいけど、
大きい笹がなくてね〜。
来年また美味しい目に会おうね!

投稿: ★Tomyよりお返事 | 2006年9月23日 (土) 16時19分

大好きな茗荷だけど、レパートリーが少なくて。
こ~んな食べ方もあったのか(^◇^)とまた1つ勉強に!
Tomyさんは、ほ~んとにいろんな物を手作りで、しかも楽しそうな様子が伝わってきて…素敵☆です!

いろいろ訳あって、家計を見直そう!!!と決意しました。
以前は、手早さ・手軽さを重視し、半加工品などを多く買ったり、ついつい惣菜ものを買ったり。
結局は、自分が楽しようとしてたんよねぇ…(-_-;)

Tomyさん・料理ブログをしてる方と出会い、考え方がまるっきり変わってきました!
「Tomyさんは、こんなのも手作りかなぁ~?」なんてよく思ってます。
楽しく手作りして、食費も減ったら一石二鳥だなぁ~。頑張ろうっと!!!
部長に、「ママ、豚まん作って~」と言われてるし(笑)

今、スダチを沢山頂いてて!Tomyさんが近くに居たらな☆とホントに思いました~。

投稿: メットまま | 2006年9月23日 (土) 12時39分

わーい リンクされてる!!
なんだか うれしいです!!!

ところで TBってトラックバックのことですか?
送ってってどうするんでしょう???
ごめんなさーい よくわかってないんですよ

教えて下さい。

投稿: YOU | 2006年9月22日 (金) 20時37分

茗荷のお寿司おいしそう~~。
私も茗荷大好き! 甘酢も大好き!!
これを自分で作っちゃうなんて凄いわ。

すき焼き・・・真夏に食ったっ。
しかも、夕べは野菜をたーーんととりたくって
たまらなかったので、しゃぶしゃぶだよ~。
コンロで作ってテーブルに持ってくるんだけど、
やっぱ汗かいちゃうね。アハハ
マルチファンクション大活躍★

忙しいのに夜中にあの料理! すばらしい♪
私も先週忙しくって、会社の近くのホテルに
泊まりこみ。(年に数回あるのだ)
だから野菜に飢えてたんだけど、
夜中に帰ってあのレベルを作るなんて
旦那さん幸せだよ~。

不幸なことは重なるのよねー。
連鎖反応なのかしら? 
連鎖を断ち切るには、まず気分転換。
ビューティフルな夕食が効いてるよ♪

投稿: meshi | 2006年9月22日 (金) 14時30分

うはぁ~!っとタメイキでてます、この食卓に!(笑)
エリンギ、やっぱりこのくらいの薄さがベストよね~。
以前、厚めに切って焼いたら、ダンナいわく『キノコなのに
コシありすぎ・・・』 と不評で(笑)
タレは蜂蜜で甘さを出しているのね~。まろやかだし、照り
もいいし。 私もやってみますー!
茗荷のお寿司、美しい~! 美しすぎて参りました。。。
今の時期がたのしめる最後のチャンスだもの。
存分に味わって、ブログで眺めるだけでもいいから、私にも
たのしませてください(笑)


投稿: もぐぱく | 2006年9月22日 (金) 12時38分

Tomyさん、おはよう!
昨夜はTomyさんの大好きなミョウガでお寿司を作ったんだね。
生ももちろんいいけれど、
ミョウガを甘酢につけた時の目にも鮮やかな色。
存分に生かせるミョウガ寿司はとってもヘルシーできれいです。

愛媛では露地もののミョウガの旬が過ぎてしまったのだけど
また来旬にはいただきたいものです♪
忘れてたら声かけてね。

最近はTomyさんにTBする機会も減ってたので
ここぞとばかりにTBさせていただきました。

投稿: 小太郎 | 2006年9月22日 (金) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/11980989

この記事へのトラックバック一覧です: 茗荷寿司★焼きのこと牛肉のおろし玉葱だれ:

» 野菜のお寿司とカツオのヅケ [小太郎のまんぷく日記]
<カツオのづけ・野菜の寿司・豆腐のオイル漬け・小松菜と油揚げの炒め煮>       ●カツオのづけ そろそろ初カツオは終わりかな?       しょう油大さじ3・酒大さじ2・みりん大さじ1をひと煮たちさせて冷ましたものに かつおを15〜20分漬け込みます。 シソの葉・ネギ・せん切りしょうが・松の実を添えて。 漬け汁も、一煮たちさせるちょっとした手間をかけるだけで、 随分と丸い味になります。... [続きを読む]

受信: 2006年9月22日 (金) 08時14分

« 地だこで一杯と「聞いてくれる?」 | トップページ | 焼味噌でお蕎麦★無花果と茗荷の天ぷら »