« 茗荷寿司★焼きのこと牛肉のおろし玉葱だれ | トップページ | すだち〆秋刀魚に里芋と枝豆のサラダ »

2006年9月22日 (金)

焼味噌でお蕎麦★無花果と茗荷の天ぷら

060922image_1

<本日の献立>
鮎の甘露煮
旬の天ぷら(茗荷、無花果、舞茸)
白菜と人参の浅漬け 柚子風味(自家漬け)
焼味噌(クルミ、茗荷)の青紫蘇添え
せいろ蕎麦

お楽しみにしすぎたかな〜。鮎の甘露煮の冷凍しておいたのがまだあるの。
落ち鮎じゃないけど、大好きな鮎の季節を惜しむようにいただくとしよう。

で、あわせるのは・・・、
やっぱり秋口もお蕎麦が美味しい季節だと思うのよね〜。
季節の天ぷらと合わせたせいろもいいし、旬の茗荷を使った焼味噌でかけそばもいいし・・・、ん〜悩む〜〜。


●焼味噌(クルミ、茗荷)の青紫蘇添え

060922_3

東京じゃ焼味噌だしてくれるお蕎麦屋さんは少ないかな〜。

白みそに旬の香りものを入れて焼いてあって、おつまみにしたり、かけそばの中で少しづつ溶いてお蕎麦をたべるの。

私は白みそを酒でゆるめて、ちょっと粗ずりの胡桃(くるみ)と、きざんだ茗荷をいれて、しゃもじにのせてグリルで焼いたよ。
100均の安いしゃもじを焼味噌用にしてて、持ち手のところをアルミホイルで巻いてるんだ。

甘いのが好きならみりんでどうぞ。
うちの白みそが甘いので、酒にしてみたけど、どっちも焦げやすいから注意ね。

これを半分ちびちび食べながら一杯、いや3杯ぐらい飲んで、残りは天ぷらの後にせいろのつけだれをちょいと薄めて溶かして食べた。
青紫蘇と葱(写真撮る時忘れたの〜)も用意して、一緒にね。

結局両方味わいたい欲張りなの〜。・・・満足ですわ。


●旬の天ぷら(茗荷・無花果・舞茸)

060922_1_1

茗荷大好きなのに、天ぷらで食べた事なかったの。
メットままさんのところで発見!  これは絶対やらないと〜〜!!

それに旬の無花果でしょ〜、あと、香り高い舞茸が定番。
天つゆと抹茶塩でまた欲張る。

無花果はおしりとあたまをちょっと切って、皮付きで丸のまま揚げるの。
お塩もいいけど、天つゆでいただく方が好きかな〜。
大根おろし、忘れたけど・・・。
外はカリッと揚げて、中からちょっと甘い汁、とろけるような赤い実が美味しい。



●鮎の甘露煮

060922_2

再び登場の鮎の甘露煮。1尾づつラップにくるんで冷凍しておいたもの。
冷凍期間?・・・あまり見ないで。

ほうじ茶と梅も入れたスッキリ味でね、うまいんだ〜、これが。

前にやったのが→こちら。

次は来年だね〜。



★料理ブログに参加してます。

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックしてね!

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

見に来てくれてありがとう。


|

« 茗荷寿司★焼きのこと牛肉のおろし玉葱だれ | トップページ | すだち〆秋刀魚に里芋と枝豆のサラダ »

コメント

>もぐぱくさん

はい、もちろんリンクさせていただきましたよ!
いろいろお世話になってます(笑)
実は目黒にも焼味噌出してた蕎麦屋があって、随分前にいただいたことがあるのですが、場所も店の名前も忘れました!
私の記憶力、どうにかしてほしいです。
茗荷はだめでしたか〜。残念。
来年またチャレンジですね!


>ジョニーさん

やっぱり蕎麦味噌といわれるものは赤味噌でしたね!
私もそれらしきものを食べた事があるのですが、本当の赤味噌ではなくて、信州赤味噌だったような記憶です。
赤味噌のはきっと甘口でこってりしてて、そのままいただくのに美味しいでしょうね〜。
蕎麦のたれに溶かす焼味噌は、白みそのが合うと思います。たれも少しだけ薄めればちょうどいいですよ!


>小太郎さん

やること早いです!!
うれし〜。
こちらこそこれからもいろいろ教えてくださいね。


>suwaroさん

私も本当の作り方は知らなくて、見よう見まねです(笑)
お味噌でだいぶ味は変わるので、好みのお味噌でいいと思うのですが、蕎麦に溶かして食べるのは白みそが旨いと思ってます。
茗荷…、やたらとか甘酢とかでばかり食べてたので、
ほんと、大穴でしたね〜。

投稿: ★Tomyよりお返事-2 | 2006年9月26日 (火) 08時46分

東京で焼味噌を出すお蕎麦屋さんは少ないでしょうね~。
何となく、蕎麦と味噌のおいしい信州ならではの味って
感じがしちゃいます。
これは絶対に 近いうちに作ること、宣言します!(笑)

茗荷好きだけど、私も天ぷらで食べたことはないなあ。
シャクシャクとしておいしいんだろうね~。
我が家の茗荷、実り少ないまま終わってしまったので(涙)
来年の実りに期待してるところです。

リンクしていただいてたの、最近気づきました(遅いっ!!!)
ありがとうございます~♪
私もTomyさんのブログ、リンクさせていただきますね♪

投稿: もぐぱく | 2006年9月26日 (火) 03時50分

Tomyさん、
静岡でも、赤味噌でしたよ。クルミも胡桃胡桃してなくて、甘味噌とすごくマッチングしていました。

そのそばやさんの名前は?明日のブログで公表!!
もったいつけてるわけじゃないけど、おみやげとしてもらっただけだから、栞をみないとわからないんです。

投稿: ジョニー | 2006年9月25日 (月) 17時31分

Tomyさん、こんにちは♪

ブックマークを整理したので、
お言葉に甘えてさっそくTomyさんのブログも加えさせてもらいました。
これからもどうぞヨロシク。

投稿: 小太郎 | 2006年9月25日 (月) 16時05分

tomyさん、こんにちは!
焼き味噌・・どういう訳か千葉時代の職場の先生に連れて行って貰った美味しいお蕎麦屋さんで初めて頂いたんですよ
こんな風にして作るのね。
本当にtomyさんは何でもご存知!
我が家は日本酒あまり飲まないんですが・・
冬はやはり熱燗ですものね、その時に作ってみよう!
茗荷の天ぷらが初めて・・・これにも驚いています。
tomyさんでも初めて作るものがあるのですね(笑)
そして無花果の天ぷらにも驚き!・・・
私は天ぷらで食べた事がないの
無花果は子供の頃食べたきりかなぁ~
その頃食べ過ぎて今は食べたいとあまり思わなくなったの(笑)

投稿: suwaro | 2006年9月25日 (月) 13時01分

>さかなやさん

ほんと?さかなやさんのツボにもはまった?
今日はマニアック、いや玄人好みなものが集まっちゃって、そんな風に見えるらしい…。
とてもお酒がすすんでしまって、最近やばいの。

リンクしてくださったの?
嬉しい〜〜!!
はい、ますますさかなやさんのところでも勉強させていただきま〜す!

>竹さん

ごめんなさ〜い。
竹さん、今日はイチジクあったから、コメント残してもらえると思わなかった。
倒れてない?

師匠のように思って、いつも勉強させていただいてますから。
こちらこそこれからもよろしくお願いしま〜す。


>Chicoさん

こちらこそこれからも宜しくね!
無花果の天ぷら食べた事ない?
揚げた方が甘みを感じます。
小鉢にいちじくだけ揚げだしみたいに盛って、
大根おろしと天つゆでいただいても美味しいの。
勇気いる?(笑)


>パピコさん

今日は美味しいもの大好き食いしん坊とプロがいっぱいコメントくださったようです。
パピコさんもそのお一人。
100均一のしゃもじでも、器にのせれば
なかなか雰囲気出てます(笑)
麺鉢にかけそばいれて、それにのせて出てくる店もたまにあるようです。


>ジョニーさん

ジョニーさんもなの〜!
蕎麦味噌って、白だった?
たまに信州味噌みたいなのもあるの。
でも静岡だったら白かな〜?
作ってみてみて。
やらなきゃいけないのがいっぱいできたよ。
また呼んでね〜。


>レアールシェフさん

あ、あの〜、笑ったんですけど。。。
シェフもお蕎麦が好きとは!
秋刀魚とか、蕎麦が好きって、
お料理からなんかイメージつかないし、
私がイメージしてるシェフは、デッキの上の
凛々しいお姿ですから!


>メットままさん

こちらこそありがとう。
なぜ気がつかなったのかしら、みょうがの天ぷら。
美味しかったわ〜。
たくさんある田舎ならではのお料理ね。
ん?・・・ごめんね、田舎?・・・。
どうしても燃えるから、高いしゃもじはもったいなくて、またまた100均登場です。(笑)

>小太郎さん

そうそう、イメージは池波正太郎?
やっぱり私も飲んじゃいました。
小太郎さんご夫婦に褒めていただければ鬼に金棒。
でも随分前に冷凍してあった鮎が、たまたま残っていたりしただけなので、お恥ずかしいです。
小太郎さんみたいに一口サイズにまとめて
おつまみ蕎麦もいいですよね!
私もあれ、やろうっと。
お酒好きな人は蕎麦も好きって流れのようで。。。


>フーミンさん

でしょ?これでしょ?
偶然でわたしもビックリしたのよ。
今さら?是非リンクでもTBでも貼ってやってください。
Tomyさんのところでもというより、フーミンさんも作れますから、100均の安いしゃもじをおもとめください(笑)
お蕎麦はどうしようもないですね〜。
この日は私、生蕎麦食べましたけど、オットがそば打ちやってくれたらな〜と密かに思っているのです。

>林檎さん

ご主人、お蕎麦好きなんですね。
きのこや野菜を入れたかけそばに焼味噌もいいですよ。
是非試してみてくださいね。

投稿: ★Tomyよりお返事 | 2006年9月25日 (月) 08時23分

あぁ.......。
この品々は、お料理屋さん(プロ)のコースですよ!
Tomyさん、凄過ぎます......感動。

Tomyさん、絶対!お店を開けますって!
勿体ないですよ......。(本当に;感動)

*鮎の甘露煮

酒の肴に是非!食べたい一品です!

Tomyさん、「リンク」をして頂きまして有り難うございました!(感激!私もリンクをさせて頂きました!)
これからも宜しくお願い致します。

応援 ポチッ!ポチッ!

投稿: さかなや | 2006年9月24日 (日) 21時54分

光栄ですとんでもない

リンクありがとうございます

ご家庭で鮎をこんなにお上手に

炊くなんて すごすぎですね

投稿: | 2006年9月24日 (日) 21時27分

だ~っっ!
Tomyさんのところにくるとお腹空きます!
今回は初めて見るものがいっぱい。
焼味噌もそうですが、びっくりしたのが無花果の天ぷら。
天ぷらにするんですか、無花果を!
なんとなく不思議。食べてみたいです。
とろけるような赤い実…Tomyさんの記述がほんとうにおいしそうで。
お腹がきゅるきゅるかわいい音を立ててます♪

リンク、ありがとうございます!とっても嬉しいです^^。
これからもよろしくお願いしますね♪

投稿: Chico | 2006年9月24日 (日) 21時13分

Tomyさん、こんばんは!
今回のお料理は、料理好きさんにはたまらないんじゃないでしょうか。
100均のしゃもじ、売れきれる前に買いにいかないと。。
蕎麦に舞茸の天麩羅、最高です。

投稿: パピコ | 2006年9月24日 (日) 21時11分

おう、おうっ!
江戸っ子だねぇ。粋だねぇ。

奇遇だねぇ。

焼き味噌をそばやでというのは初めてしりました。

奇遇だねぇ(小さいぇをうつのはチョイと面倒)というのは昨日、静岡のそばやさんの「そば味噌」をおみやげにもらいとっても美味しくて感激してたからです。

甘味噌にくるみと何かが入っていてお酒のつまみにピッタリでアッという間になくなってしまいました。

タイミングがいいことに焼き味噌をしったのは、これを作りなさいという啓示か?作って感想をアップしますね。

投稿: ジョニー | 2006年9月24日 (日) 20時48分

ボンジュールです

あ~~~~~~~~

生唾

おいしそ~~~~

たまんないっす

私そば好き

遠くで食べても

あたしゃあんたの蕎麦がいい

でん

でん

投稿: レアールシェフ~Tomyさんへ | 2006年9月24日 (日) 17時25分

Tomyさんのブログに載れるなんて、ホントにビックリ&光栄です~☆
ありがとうございます(^◇^)
リンクやTB、まだまだパソコン初心者なんで、YOUさんへのコメントやテキストを見て、必死に理解しようと…
理解しようと・・・(-_-;)って段階です。すみません。

それにしても、100均のしゃもじが、あんな風に素敵に利用されるなんて!!!
またまた驚きです~☆
私も100均で、天ぷら盛りつけるカゴを買ったけど、あれはお気に入りです!

投稿: メットまま | 2006年9月24日 (日) 15時43分

蕎麦屋の料理でお酒をいただく・・・なんて夢のような~。
今日は夢の世界を自宅で再現した、
小太郎とオットには完全ノックダウンされる食卓です♪
池波正太郎がそこに居そうだね。

夏と秋に収穫する蕎麦はまさに旬なのでは?
小太郎は季節を問わずに蕎麦いきますよ~。
でもせいろは持ってないので、ちまちま一口サイズ盛りですが・・・。
コレがまた日本酒に合うんだ!!

時々見るオットが、
Tomyさんのブログは店の料理の記事かと思ってた頃もありました。
さすがです。

投稿: 小太郎 | 2006年9月24日 (日) 13時31分

Tomyさん、ビ、ビックリ!!そう、焼き味噌まさにコレですよ!!このまんま!くるみが入ってるのも。茗荷も。さすがだわ~。先日の私のブログの説明としてご紹介させていただいてもいいかしら?山梨まで行かなくてもTomyさんとこではいただけるんですね。うらやまし~い。

投稿: フーミン | 2006年9月24日 (日) 10時48分

茗荷の握り寿司もすごーーくおいしそうでしたが、天ぷらもいいですね。それに焼き味噌が素敵。お味噌とおそばの大好きな夫が見たらこれがいいって言うと思います。今晩はおそばにしようーー。

投稿: 林檎 | 2006年9月23日 (土) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/12004851

この記事へのトラックバック一覧です: 焼味噌でお蕎麦★無花果と茗荷の天ぷら:

« 茗荷寿司★焼きのこと牛肉のおろし玉葱だれ | トップページ | すだち〆秋刀魚に里芋と枝豆のサラダ »