« 鯖のバルサミコソースにトマトとオクラの煮浸し | トップページ | 鱚とゴーヤの天ぷらせいろで蕎麦屋気分 »

2006年7月19日 (水)

豚肉とキュウリの青紫蘇炒めと夏野菜揚げ

060719image

<本日の献立>
豚と胡瓜の青紫蘇炒め
夏野菜揚げとししとうのおろし生姜醤油
水菜とトマトのお浸し 豆腐ソース
長芋の醤油漬け
大根と葱の味噌汁
5種の雑穀入ご飯

今日は遅い帰宅で深夜12時のご飯。
夕方おやつもたくさん食べたけど、この時間になるとまたお腹減るの〜。


●豚と胡瓜の青紫蘇炒め

060719_1

今日は豚にしようと思っていたところへ朝、胡瓜の炒め物へのコメント。
メインは決定!!

豚肉炒め用200gは一口大に切って酒大1と醤油小1で下味をつけておき、胡瓜1本薄めの乱切りにし、塩少々をまぶしておく。大葉4枚と生姜1/2片千切りに。

フライパンに油を熱し、生姜をいためたら豚肉を入れて炒める。

胡瓜を加えてさっと炒め、大葉と酒、みりんと 塩少々、粗挽き胡椒をたっぷり入れて混ぜたら出来上がり。

生姜に青紫蘇の香りでさっぱりとした炒め物。おいし〜〜。


●夏野菜揚げとししとうのおろし生姜醤油

060719_2

ごめ〜ん、買って来た市販品の揚げかまぼこよ〜。

夏野菜揚げだって。
入っている野菜は、ジャガイモ、玉葱、パプリカ、カボチャ、アスパラ。

油抜きしてから拭いて、胡麻油を塗ってグリルでカリっと焼いたもの。
ししとうの炒めたのも添えて、大根おろしと生姜でいただきましたよ。

私としてはジャガイモいらないって感じだけど、アツアツが美味しい。

薩摩揚げって一度作ってみたいんだけど、すり身って売ってないの。
みんな白身の魚から作ってるのかしら???


●水菜とトマトのお浸し 豆腐ソース

060719_3

さっと湯に通した水菜を絞って、手抜きの浸し地(だし汁と塩、薄口醤油少々)に漬けたら軽く水気を絞り、切ったトマトとさっくりまぜて器に盛る。

豆腐ソースとか言っちゃったけど、絹ごし豆腐から作ったゆるめの白和え衣。
炒りごま大1をすって、よく水切りした絹ごし豆腐1/3丁、砂糖小1、薄口醤油小1/2と塩少々にだし汁も少し加えて、ミキサーやブレンダーがない人は、心の中で「ウォ〜!」って叫びながらクリーミーになるまですりつぶす。

水菜には多少下味がついてるから、白和え衣より少しゆるい位に仕上げて大丈夫。
塩気はしっかりつけた方が水菜が美味しいかな。

白いのが涼しげかなと思って、白和えにしないでかけてみただけだんだけど、トッピングにアクセントの柚子胡椒。なくてもいいけど。。。


●長芋の醤油漬け

060719_4

朝食べた残り物。濃いめの漬け汁に短時間漬ける即席醤油漬け。
本当の作り方ってよく知らないけど、私は酢も少し入れてる。
長芋の漬物、シャキシャキでおいしいよ!

長芋細め20cmぐらいかな、1.5cm幅の拍子切りにして、酢水に15分ぐらい漬ける。

醤油50cc、みりん50cc、酒大2、酢大1、水で軽く浸した昆布6cm四方位。
鍋に入れて一煮立ちさせたら冷まし、昆布は取り出して細切りに。
密閉袋に長芋と漬け汁を入れて冷蔵庫で1時間もすれば食べれるかな。
時間は味見して相談して。

長芋は縦半分でもう少し長く漬けておいてもいいよ。中がツルっとした感じが残るから。
酢は好みでいれなくても。。。



★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。


|

« 鯖のバルサミコソースにトマトとオクラの煮浸し | トップページ | 鱚とゴーヤの天ぷらせいろで蕎麦屋気分 »

コメント

>小太郎さん

もぐぱくさん、凄いですよね!
「やたら普及会」から表彰されそうです。

豚肉も是非一緒に炒めてお弁当に入れたら、夏のスタミナ弁当になりますよ。かなり食べれちゃいます。
TBありがとうございます。
鱈は売っているので手に入るのですが、グチとか入れるの?って、わからなくて作ったことはなかったんです。
鮭でもいいんですね〜。
火を通すから、お刺身用じゃなくていいんですよね。
これは楽しみ!
何入れようかな〜〜。


>もぐぱくさん

もぐぱくさんの「やたら」、さっき見に行ってきました〜。旦那様、胡瓜が好きならはまりますよね。
ご紹介もありがとうございました!
豚肉の方も、これまたきっとお好きです。
少々脂身のある肉なんかが、実に美味しく食べれましたよ。


>さかなやさん

あ〜、やっぱり!長芋の醤油漬けお好きですね。
酢醤油漬けっていうのはもっと酢が入っていたんですけど、うちのオットがあまり酸っぱいのはダメなので、私のは控えめです。
豚肉の炒め物は、この組み合わせだと、バラ肉でもサッパリ食べれそうです。
野菜炒め用とか、ちょっと脂があるくらいの肉がオススメ。


>フーミンさん

やっぱりフーミンさん、目のつけどころが渋い!
長芋の醤油漬けなんてのは酒好きが大好きな漬物です。
どう?どう?
見に行かなきゃ〜。
あの話の続きも気になるし。。。


>シーサイドさん

そうよね〜、シーサイドさんのところは絶対どこにでもありそう。
ふわふわの違いってお魚の種類や練り方なのかな?
鱈は売ってるけど、グチとかイシモチなんかがいいのかな〜。
うまくやれたら、家で揚げるのはやっぱり美味しいよね。


>Ryouさん

Ryouさんも胡瓜炒めるのね!
いつも中華風だったけど、塩味の豚肉と大葉でおいしかったよ〜。
お豆腐ソース、喜んでもらえた?
褒めてもらえて嬉しいw(←w、Ryouさんの真似っこ)
白和え衣だから、オリジナルでもなんでもないんだけど、目先がかわっていいかな〜と。。。

投稿: ★Tomyよりお返事 | 2006年7月21日 (金) 11時00分

キュウリとシソとしょうがを炒める・・・
なんと!小太郎も昨日そういうものを作ってオットの弁当のおかずに入れました。
やっぱり旬のものを使っていると
使う食材が似てくるってことがあるんですね~。
豚肉と組み合わせたことはないのですが、
こうなると、ボリュームがかなり出てメインの貫禄です。
ぜひぜひ、小太郎もアレンジして大きな一品に変身させたいなあ。

さつま揚げ、手づくり出来ますよ。
それこそTomyさんなら朝飯まえさ~。
季節には塩の入ってないタラが便利ですが
鮭で作ると、プリプリ感がかなり強いさつまが出来ます。
もしもすり身が手に入るなら
色んな具材を入れてたくさん作ると、楽しいですよ。

せっかくのチャンスなので、さっそくTBを二つおくらせていただきました。
どうも今のところ一つしか入らないようだけど
あとで再挑戦してみます。

投稿: 小太郎 | 2006年7月21日 (金) 09時59分

豚ときゅうりの炒め物、夏向きでいいですね~。
我が家には、生きゅうり大好きなカッパ君がいるので
生でしか登場しないんですが、サッと炒めてもよさそう!
チャレンジしてみますね。

そして 「やたら!」作りました~!
これはもうストレートにビシッときましたよ♪
ごはんにも、おかずとしてもいいですよね~。
ダンナにも大好評で、定番入り間違いナシです。
私のblogでも紹介させていただきたいと思います。
ありがとうございました☆

投稿: もぐぱく | 2006年7月21日 (金) 03時26分

こんばんは、さかなやです。

「長芋の醤油漬け」サッパリとしていて最高ですね!
私は酢が好きなので、Tomyさんのレシピ通りに頑張って作りたいと思います。

「豚と胡瓜の青紫蘇炒め」も夏バテ予防に最適ですね!
青紫蘇の香りと風味が豚肉とマッチして、サッパリ食べれますよね。
大変、勉強になりました!

投稿: さかなや | 2006年7月20日 (木) 22時11分

こんにちはー。冷蔵庫みたら長芋ありました。ラッキー。で、さっそく作って、今、冷蔵庫に入れました。楽しみ、楽しみ。早く食べたーい!!

投稿: フーミン | 2006年7月20日 (木) 17時25分

長崎ではどんなスーパーでもすり身は置いていますよ。白身もあれば、鯵とかイワシとかもあり、、、です。

釣りに行って、自分ですり身を作ったこともありますが、なんかパサパサして、市販品がおいしいという惨めな結果になることが多いです。
でも、ベテランの人が作った手作りすり身は、ふんわりしっとりしていておいしいです。

ほんとにいつも手の込んだものをささっと作っていて、ため息が出ます。きゅうりの炒め物どんな味なんでしょう??

投稿: シーサイド | 2006年7月20日 (木) 15時40分

Tomyさんこんにちは~
やっぱりいつきてもとっても美味しそうでス・テ・キ♪
豚肉と胡瓜の炒め物 紫蘇もしょうがも入っててホントさっぱりしてて美味しそう♡
夏バテなんかにもよさそうですね!
きゅうりの炒めたのって好きなんです~

お豆腐ソースもすごい!すごーい!!
見た目もすごいキレイだし、美味しそう!!
ホントすごいです~♪

投稿: Ryou | 2006年7月20日 (木) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166413/11022640

この記事へのトラックバック一覧です: 豚肉とキュウリの青紫蘇炒めと夏野菜揚げ:

» バレンタイン・ハートのさつま揚げ [小太郎のまんぷく日記]
日本酒の大好きな人の為に、 色気はないですが、ハートの形をした手づくりさつま揚げ!なんていかがでしょう。       <ハートのさつま> 生鮭200g(切り身二つ分)は骨と皮を取り除き、3〜4つに切ります。 塩小さじ1弱・酒とみりん各大さじ1・長芋(すりおろし)大さじ2・片栗粉大さじ2と 生鮭をフードプロセッサーに入れ、なめらかになるまで回します。 さらに回し、粘りが出てひと塊になったら出来上がり。 クッキングシート(オー�... [続きを読む]

受信: 2006年7月21日 (金) 09時52分

« 鯖のバルサミコソースにトマトとオクラの煮浸し | トップページ | 鱚とゴーヤの天ぷらせいろで蕎麦屋気分 »