« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月31日 (月)

トマトと卵の炒め物★エミコさん頑張れ!

060731image

<本日の献立>
砂肝とニンニクの茎の塩炒め
プチトマトと卵の炒め物
もやしと胡瓜とハムの中華風ごまだれサラダ
スープ餃子
キムチ
玄米高菜ご飯

いつもよりたくさんに見えますが、今日の写真は二人分ですから。
朝から仕事で動き回って、とてもお腹が減っていたので、気の迷いというか、油を使った料理が並んでしまったのだけど、たまにはいいわよね〜。


●砂肝とニンニクの茎の塩炒め

060731_2

砂肝嫌いな方、ごめんなさ〜い。
野菜が高いので、ニンニクの茎なんぞ久しぶりに買ってみたの。
スーパーのお惣菜コーナーで見た炒め物にヒントを得て適当にアレンジ。

薄く油を熱して、スライスした砂肝と生姜のみじん切り、そしてニンニクの茎を炒め、酒と濃いめに溶いた中華だしの素、塩胡椒とラー油で調味。
水溶き片栗粉でまとめ、長葱のみじん切りを最後に混ぜてできあがり。

うちのオットは砂肝とか好きだからね〜、こういうの喜ぶのよ。
ビールがうまいと言っているのは、私だけ。


●プチトマトと卵の炒め物

060731_1

トマトと卵の炒め物は好きでたまに作るのだけど、今日は初めて豆苗も一緒に。
『基本の中華』って本にこの組み合わせの炒め物があったな〜とひっぱりだして
だいたいその通りに。でも、ちょっと失敗したのでここにもメモ。

卵L2個に塩小1/4、砂糖小2、葱のみじん切り大1、生姜みじん切り小1を合わせて溶いておく。
サラダ油をフライパンに熱したらプチトマト20個(私は大きいので12個ぐらい)を炒めて取り出し、続いて豆苗もさっと炒めて取り出す。
その後フライパンにサラダ油大2を熱し、強火にして卵と合わせた調味料を入れ、
その上にトマトと豆苗を戻し入れたら大きく混ぜて塩コショウで整えできあがり。

私は卵を入れるとき、実は油を減らしたの。大1に。
そしたら、テキストみたいに卵がふんわりしないのだわ!
今見たら、ここがポイントって書いてあるじゃない。。。あ〜失敗。

熟したプチトマトだと皮が食べづらいけど、さっと炒めた豆苗も美味しい。


●もやしと胡瓜とハムの中華風ごまだれサラダ

060731_3

中華風胡麻だれらしきものを作って、酢でさっと茹でたもやしと、胡瓜とハムの千切りを和えたもの。

この適当な中華風胡麻ダレは、半ずり胡麻大2、練り胡麻大2、醤油大2、砂糖大2、鶏ガラスープ大2、酢大1、胡麻油大1/2、ラー油少々に塩胡椒。
これに葱と生姜、ニンニクのみじん切りを各適量と塩胡椒で整えたもの。
ちょっとあっさりめの胡麻ダレかな〜。
合わせる野菜によっては水がでるから、好みで分量は調整して。

もやし1袋に胡瓜1本、ハム3枚、このタレで完食。


●スープ餃子

060731_4

こちらは先日作ったオット作の餃子を冷凍しておいたもの。
今日は鶏ガラスープと酒と醤油のあっさりしたスープの中に茹でた物を入れて、葱と水にさらした生姜をのせて食べた。

まだ皮まで作ったことはないのだけど、時間ができたら一度チャレンジしてみたいわ〜。


★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックしてね!

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。


*****
このご飯を食べ終わった頃の『ニュース23』で、女性で2番目の自転車世界一周をめざすエミコ・シールさんの特集を見た。

私がエミコさんに出会ったのは、92年だからもう14年も前。
メキシコグァナファトという街で、まだスティーブと結婚してなかったから旧姓だったよ。世界1週を目指して20ヶ月目の時で、目をキラキラさせていた。
とてもチャーミングな女性で、半日ほど一緒に過ごしただけなのに鮮明に記憶に残っている。

世界一周というのがどれほど大変なことか、その時実はピンと来ていなかった。
明るい彼女だったけど、彼女をこうして奮い立たせた何かを感じずにはいられなかった。
お互い旅の無事を願って別れたが、あれから彼女は子宮がんまで乗り越えて、目標に向かって79カ国目にさしかかっていた。

エミコさんもスティーブも、私と同じように髪に白髪が混じり、少し歳もとったけど、昔と同じように目をキラキラさせて頑張っている様子に、とても嬉しくなってオットに話して聞かせ、そしてしばらくして少々自分が恥ずかしくなった。
エミコさんが頑張っている間に、私はといえば。。。

ま、それは置いといて、とにかくエミコさんのこれからの旅が無事でありますよう祈りたい。ほんと頑張って!!

そして世界一周とはいかないけれど、まあ私の身の丈にあった、ささいな目標でも「継続」とか「努力」とか、少し頑張ってみようと勇気をもらい、あらためてエミコさんに感謝した夜だった。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

鰯とアボカドのグレープフルーツマリネ

060730image

<本日の献立>
鰯とアボカドのグレープフルーツマリネ
豚肉と南瓜の炒め煮
トマトの煮浸し
おかひじきのお浸し 辛子醤油
茶豆(枝豆)
残り物味噌汁
5種の雑穀入ご飯


買い物に出てきれいなお刺身用鰯に出会ってしまった。
大羽と呼ばれる大きいのもあったけど、いい値段。
それを横目に小振りな方を買って帰り、急遽献立変更の晩ご飯。


●鰯とアボカドのグレープフルーツマリネ

060730_1_3

これは私の好きな濃厚な素材の組み合わせで、ノンオイルマリネ。
計量する余裕がなかったけど、だいたいこんな感じメモ。

まずお刺身用のイワシを3枚におろして(手開きでもいいのです)小骨を抜いたら軽く塩をふって冷蔵庫で15分置く。

その間に、玉葱をスライス(私はアーリーレッドも半分混ぜたの)し、水にさらす。
玉葱を漬けるマリネ液は、できればリンゴ酢4:砂糖1(ぐらいかな?)と塩胡椒。
2杯酢ぐらいにしたら、グレープフルーツの絞り汁をその1/3〜半分ぐらい入れて混ぜ、水にさらした玉葱を漬け込み冷蔵庫で20分。
玉葱から水が出るので最初は少し酸っぱいかな?ぐらいでいいの。

アボカド1個は1cm幅ぐらいに切り、レモン汁1/2個分をかけて色止めしたらグレープフルーツの絞り汁少々。

鰯は出た水分と塩をペーパーで押さえたら1cm幅に切り、こちらもグレープフルーツの果汁を絞り、5分ぐらいなじませたら、しんなりした玉葱とアボカドを混ぜ合わせて器に盛ればできあがり。薄味にね。

リンゴ酢とグレープフルーツのフルーティーな酸味と玉葱から出た水分でオイルなしで柔らかい酸味の玉葱。
それに脂がのった濃厚な鰯と森のバターと言われるアボカドを一緒にいただく。

鰯とグレープフルーツの相性が好きで、寿司飯にも入れてるの。(→こちら)
このコンビは、あまり濃いめの味にしない方が、鰯の味を堪能できて美味しいと思うのは私の好みなんだけど、
「舌で素材の味を確かめる感じがいい」とオットも表現してた。
フルーツの香りで鰯の匂いも全然気にならない。
あ〜、冷酒にも合うわ〜。

アーリーレッド、色がすごくきれいになるのよ、もっと入れれば良かった〜。


●豚肉と南瓜の炒め煮

060730_2

南瓜は6、7mm厚ぐらいの小さめに切ったら軽く蓋をしてレンジで3分。
野菜炒め用とかバラ肉とか少し脂身のあるお肉を炒めて、出た脂を一度ペーパーでふきとり、ピーマンとチンした南瓜を加える。
甘辛な感じで、酒、砂糖、醤油を入れて味をしっかりつけて炒め混ぜ合わせ、その後だし汁とみりん少々を加えてさっと煮て、南瓜の黄色い汁気を絡ませて器に盛ったの。
汁が少し残るぐらいに仕上げると美味しい。。。


●おかひじきのおひたし 辛し醤油あえ

060730_3

お刺身のツマにもする? おかひじき、食べた事あるかな?
さっと茹でて、からしと醤油とだし汁で和えたおひたし。
急な献立変更で何も考えられなかった〜。
何ってことはないけど、このブログには初登場なので。


●トマトのお浸し

前にオクラと一緒に登場したけど(→こちら)、今日はトマトだけ。
今日は熱い汁の中に入れて丸のまま浸して半日冷ましたもの。
丸のままだと、たっぷり汁が必要だわ〜。


★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックしてね!

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。



| | コメント (12) | トラックバック (2)

2006年7月29日 (土)

トマトとしらすの冷製和風パスタ

060729image

<本日のブランチ>

トマトとしらすの冷製和風パスタ
シナモンメープルトースト
コーヒー

今日はバルサミコをやめて、ノンオイル青紫蘇ドレッシング使ってみたよ〜。 ん?これも使わない? 

 

●トマトとしらすの冷製和風パスタ

ノンオイル青紫蘇ドレッシング大2.5、レモン汁大1、塩小1/3〜1/2、砂糖小1、胡椒を混ぜて、EXバージンオリーブオイル大3を少しづつ入れてよく混ぜる。

トマト完熟(もしくはフルーツトマト)2個、種をのぞいてサイコロに切り、しらす(またはしらす干し)30g、と一緒にソースにつけて冷蔵庫で30分ぐらいマリネ。

青紫蘇4枚刻んでアクをぬく。

カッペリーニ(1.2mm)などの細いパスタ160gをたっぷりの塩を入れて指定の時間どおり茹でたら水で洗って冷やし、ざるにあげる。

青紫蘇の半分ぐらいをマリネしたパスタソースとまぜて、パスタを一度その中に絡めて器に盛り、最後に残りの青紫蘇と、半ずり炒り胡麻をトッピング。

私はレモンの酸味もちょっと足したけど、青紫蘇ドレッシング増やしてもいいと思うわ。好みで。
しらすの塩気で塩は調整してね。
でも、パスタは洗うから、しっかりめに塩をきかせた方がいいみたい。

ジャコなら一度さっと湯に通して使えばいいと思うな。
オリーブオイルも控えめにすると美味しくないわよ〜。

やっと買ったカッペリーニだけど、これは素麺と太白胡麻油なんかでアレンジしても美味しいよな〜、っていうか、素麺の方が良かった???

あっという間に食べちゃって、オットからは「これはサラダだ!」と言われたので、さらに甘いトーストを焼いたのでした。

さ、出かけよ!


★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックしてね!

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

炊飯蒸し鶏★すり流しに菊花の割烹風?

060727image_1

<本日の献立>
蒸し鶏といんげんとパプリカの胡麻だれ
焼厚揚げと揚げ茄子の土佐生姜
海老しんじょうとアスパラのすり流し そら豆添え
菊花と大根のなます
自家製セロリの即席粕漬け
カニカマ、巻き麩、三つ葉のお吸い物
ゆかりご飯

最近野菜が高くて、20時すぎスーパーに行っても、特売の野菜の棚だけは空っぽ。
仕方なしに食べたかった茄子を買ったら、見切り品の棚で菊花を発見!
ちょっと早いけど好きなの、菊の花。

あとは残り物でニセ割烹風にまとめちゃおうっと。


●蒸し鶏といんげんとパプリカの胡麻だれ

060727_1_1

3日ぐらい前に同じような材料で洋風に食べた組み合わせ、今日は冷凍しておいた2回目の炊飯蒸し鶏。 今度はちゃんと温度計ったよ!

炊飯器は15分ぐらい前に保温スイッチをON。
鶏胸肉2枚は皮をとり、1cmぐらいの厚さに均一に開いてナイロン袋に平に入れ、酒40〜50ccとスライス生姜1片分、葱の青いぶぶん20cmほどひらいて鶏肉にはりつけて軽く揉んで15分ほどおく。

炊飯釜に熱湯少しと重し用の皿を入れて一度温め、湯を捨てる。

平にして空気を抜きながら袋をしっかり縛った鶏肉に重しの皿をのせて、熱湯を注ぎ保温すること1時間10分後、70度に保ててた。

念のため最後炊飯モードでさらに10分。胸肉が厚過ぎたら時間は調整して。

冷めてきたら葱と生姜を取り出して肉を割き、汁気と一緒に冷凍したわ。

食べる時もレンジで一気に温めちゃだめみたい。
室温でもいいから解凍して、ちょっとレンジにかけるぐらいがいいよ。

うん、うん、やっぱりレンジでチンするより柔らかいよ〜!

茹でたいんげんと一緒に1分半チンしたパプリカを盛り、買って来た素麺用の胡麻ダレに胡麻油と薄口醤油(あれば練り胡麻も)を少々足した胡麻ダレと半ずり炒り胡麻をかけて食べた。

絶対胡麻油は入れた方が美味しいわ!


●焼厚揚げと揚げ茄子の土佐生姜

060727_3_1

残り半分の厚揚げを焼いたのと、茄子1本半分にして揚げた盛り合わせ。
添えたのはすりおろし生姜にたっぷりの鰹節を混ぜた物。

醤油とだし汁を1:1で割った物をかけて。
いつももろみ味噌だったから、久しぶりに普通に焼厚揚げ食べたかも?


●海老しんじょうとアスパラのすり流し そら豆添え

060727_2_1

この前胡瓜酢で思い出したけど、こういうのはすり流しって言って、和食のお店でいただくよね。
ちゃんとした作り方は知らないので、自己流で。

2本だけ残していたアスパラは、下茹でして頭を残しフードプロセッサーで細かくし、だし汁と少々の薄口醤油、塩、酒でひと煮した汁に入れて水溶き片栗粉で餡にする。

海老しんじょうは、ケチって豆腐入。
ムキエビ100g、木綿豆腐50g、卵白1/2個分、片栗粉大1、塩少々、今日はアスパラを味わいたいので葱や生姜とかなし。

ムキエビの1/3ぐらいは粗く刻んで食感を残し、水をきった豆腐や他の材料はフープロでよく混ぜ、最後に1/3の海老も一緒にして6個丸めて揚げる。

2本しかないアスパラの頭だけでは寂しいので、冷凍そら豆を解凍。
最後にアスパラのすり流しあんをかけて完成!

餡をつけて食べると、アスパラをそのまま入れるよりもアスパラの風味を感じることができるかも?塩は控えめに。
プロのみたいにはいかないけど、おいし〜。


●菊花と大根のなます

060727_4_1

私の桜好きは何度かお話したのだけど、菊花の酢の物も大好き。
こういう香りもの全般に目がない。
こんなに花を食すのは、日本人だけだろうか?

今日は大きな1パック100円の見切り品、オットに花びらをとってもらった。
「これ食べるの?」とかなり驚いているが、和食のお店でもちょっとあしらってあるのは食べたと思うけど?
ヤツは卵だと思ってたのか???

田舎では沸騰させなかったような気がしたのだけど、パックの裏に沸騰させた湯に入れるとあったのでその通りにした。でも酢を入れ忘れちゃった。

酢大3、だし汁大2、砂糖大1、薄口醤油小1、あとは塩で調整。半分ほど塩でもんでから洗って絞った大根と混ぜてなますに。

もっと入れれば良かったかな。
だしと合い重なってほんの〜り菊の香り。日本人で良かった〜〜。

今日は長野の『辛口生一本 真澄』をちょっと冷やして。。。


★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックしてね!

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

鰹のカルパッチョ風サラダでビール!

060726image

<本日の献立>
鰹のカルパッチョ風サラダ
厚揚げとししとうのオイスターソース炒め
オクラとえのきの明太和え
セロリの粕漬け(自家製)
素麺胡瓜のお吸い物
7種の雑穀入ご飯

わ〜い、やっと晴れた〜〜!! 気持ちいい〜ね〜。
今日は汗もかいて風邪もふっとんだよ。コメントありがとう。
もう頭の中は昼からビールのことばかり。。。


●鰹のカルパッチョ風サラダ

060726_1

今年は鰹が今さら来た?またまた安くなってるね。
ビールにあわせて、初鰹で食べたいカルパッチョ風に。

お刺身用の冊はフライパンに薄く油を塗って高温で表面だけ焼き付けたら、氷水にとってたたき用にして冷蔵庫で冷やす。

玉葱1/2個スライスして水にさらし、青紫蘇8枚(6枚じゃ少なかったわ)、茗荷2個、それぞれ切って混ぜて盛る。鰹ものせて軽く胡椒をかける。

ドレッシングは美味しいバージンオリーブオイルとポン酢を1:1、にんにくすりおろし少々、塩胡椒しっかりめにきかせる。
好みでポン酢をオリーブオイルの半分でもいいかも。
鰹にかけてさらにちょっと冷やせば食べごろ。

もう1回ぐらい鰹、食べれるかな?


●厚揚げとししとうのオイスターソース炒め

060726_2

厚揚げとししとうたくさん、あとはパプリカと残っている舞茸で炒め物。
ビールにはちょっと甘辛系が一つ欲しいもんね。

舞茸はさっと湯をかけて水をきる。
厚揚げとししとうを炒めたら酒大1、オイスターソース大2:醤油大1、砂糖小1〜2(好みで)と塩胡椒にすりおろし生姜。

舞茸を加えて、水大2に片栗粉小1弱を溶いたものでたれを絡ませさっと混ぜればできあがり。

ししとう、沢山使えて良かったわ!


●オクラとえのきの明太和え

060726_3

さっと湯に通したえのきと下茹でしたオクラ。
辛し明太子と和えて、薄口醤油少々と塩で味を整えただけ。

ツルツル〜、ビールの後はこの和え物と、セロリの漬物でご飯を食べたわ!


●素麺胡瓜のお吸い物

060726_4

本当は麺も食べたかったのよね。
お吸い物に素麺と胡瓜で満足したかな。
田舎では太胡瓜のお吸い物をよくしてたけど、こちらは千切りなので火をとめてから入れただけ。

満足、満足。

★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。


| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

風邪っぴきの簡単ホッケ焼き定食

060725image_1

<本日の献立>
ホッケの開干し焼 大根おろし添え
お刺身こんにゃくの酢みそがけ
オクラキムチ奴
小松菜のとろろ昆布和え
茄子ともやしのお味噌汁
赤米入ご飯


ごめんね。ご心配のコメント、ありがとうございます。
扁桃腺もちだからね、39度ぐらいの熱は大人になってもよく出るの。
それでもご飯たべるところがえらいでしょ。
もう平気よ!、でも鼻が〜〜。

風邪薬で妙に眠くて、なんだか冴えないご飯? おまけに今日は写真も今イチ。

 

●ホッケの開干し焼き 大根おろし添え

060725_1

北海道産のホッケ、天気も悪いし、妙に食べたくなって買ったの。
大きくて皿に入りゃしない! 一年中売ってるけど、ホッケの旬は春かな?
でもとっても久しぶりのホッケ、美味しかった。
やっぱり風邪には焼き魚と大根おろしだな〜。


●お刺身こんにゃく酢みそがけ

060725_2

いつ食べようか、ずっと冷蔵庫で待っていたお刺身こんにゃくの登場。
酢みそだけは作ったわ。
白みそ4:砂糖1:みりん1:だし2を混ぜてレンジで20秒、一度かき混ぜてもう20秒、ポッテリとしたらその1/3ぐらいの酢を入れて混ぜてるの。

これも久しぶり。


●オクラキムチ奴

060725_3

刻んだキムチにゆでたオクラと鰹節、それから刻み葱をまぜてのせたもの。
お醤油ちょいとかけていただきました。
ネバネバとキムチパワーが必要かなと思って。。。


●小松菜のとろろ昆布の和え

060725_4

だし汁に少々の酒と薄口醤油、塩で味をつけた浸し地を冷まし、茹でた小松菜を切り、水を絞ってから浸す。
汁気をしぼらずに小松菜をボールに移してとろろ昆布を少しづつ混ぜ、山葵醤油で和えたお浸し。
最後にとろろ昆布をトッピング。

あとは茄子の味噌汁とご飯で今日はおしまい。
ホッケが大きくてお腹いっぱい。簡単あっさりの晩ご飯でした。


★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックしてね!

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

*****

またまた早々に寝てしまったので、また後でブログをお持ちの皆さんのところにもおじゃましま〜す。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

鶏といんげんのタンドリー風炒め

060724image_1

<本日の献立>
鶏といんげんのタンドリー風炒め
スモークサーモンのマリネ
トマトとセロリのスープ(私だけ 写真なし)
ガーリックトースト(私だけ 写真なし)

なんか、いつもより少ない? どうやら風邪をひいたみたい。

帰ってきたら熱が37度7分ほどの微熱だったけど、食欲も旺盛。

11時までオットを待ったけど、お腹が減ってもうダメ。
1本のビールと共に先に食べてしまった。
すると頭が痛くなってゾクゾク悪寒、洗い物もせずすぐ寝てしまった。

上の写真はオットが帰ってきてから撮影してくれたもの。
スープもパンにも気がつかないまま、オットは冷蔵庫のご飯をチンして納豆で食べたらしい。

ついでに洗い物もしてあった。
たまに具合が悪いといいこともあるもんだ。


●鶏といんげんのタンドリー風炒め

060724_1

この前作った、ケチャップとマヨとトンカツソースの即席ソースが美味しかったので、それで鶏肉200gをいためることに。
野菜は下茹でしたいんげん10本位とパプリカ1/2個。

トマトケチャップ大1、マヨネーズ大1、トンカツソース小1、塩胡椒。
何かひと味足りなくて、少しづつ味見しながら、色々試してみたの。
粒マスタード小1と酒大1でといたコンソメを入れたところで辞めてもよかったんだけど、さらにカレー粉適量も加えてみたらこりゃ旨い!

タンドリーチキンみたいだけど、もっと好きかも〜〜。


●スモークサーモンのマリネ

060724_2

オットのリクエストだったのだけど、マリネ液は自己流。
サーモンマリネには、白ワインビネガーなんか使うのよね?
瓶が増えるのが嫌で、最近買ってないのだけど、今日はりんご酢でつくってみたの。
ケッパーも最近は1回分の小袋で売ってるから助かるわ〜。

水にさらした玉葱スライス1/2個、セロリ葉以外1本、ケッパー適量、スモークサーモン切り落とし約100g、レモンスライス適量。

適当なマリネ液はりんご酢大2、レモン汁大2、オリーブオイル大2、少しアルコールをとばした白ワイン大2(いつもそのままだったりするの)、砂糖小2、塩小1/2と胡椒。

野菜だけ先に冷蔵庫でマリネして後からサーモンを混ぜてできあがり。
熱があったせい?自己流マリネでもおいしかったわよ。


★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックしてね!

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。


*****

久しぶりに早々寝て、だいぶ調子よくなったみたい。

さ、仕事しよ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

ビックリ煮?イカとまるごとピーマン煮

060722image

<本日の献立>
アスパラと豚ロースの味噌漬け焼
ビックリ煮?イカ 胡瓜添え(suwaroさんレシピより)
まるごとピーマン煮
たたき長芋の梅肉和え
茄子の即席辛し漬け
千切り野菜のすまし汁(レタス、人参、胡瓜)
5種の雑穀入ご飯

朝、徳光さんのTV番組で取材していた目黒不動の「にしむら」という鰻屋さんにはスッゴイ長い行列ができていた。私もたまに食べる時はここの。
普段は行列なんて全然ないのに。。。

うちはというと、一昨日とはうって変わって、シンプなのおかずたち。
簡単すぎて、あっという間に晩ご飯準備完了〜〜。


●アスパラと豚ロースの味噌漬け焼

060722_1

豚ロース肉はフォークでブスブス刺して筋も切り、今日は味噌3:酒1で混ぜた物をぬりつけラップで半日〜一晩。
アスパラも茹でずにそのまま同じ味噌をからめてラップし、冷蔵庫で一晩。

アスパラは味噌を洗い流し、水分をふいてから薄く油をひいたフライパンで弱火で焼き、次に豚肉も油を温め弱火で少々の焦げ色を感じる程度に両面焼く。
酒少々を鍋はだからまわしかけ、フライパンに蓋をして少々蒸し焼きに。

私は普通の信州味噌を使ったのだけど、フライパンについている焼けた味噌が酒で溶けていいソースに!、肉を絡めて器に盛ればできあがり。

アスパラ、美味しい〜。
漬物のアスパラの味噌漬けは、さっと固めにゆでてから味噌につければいいのだけど、これは焼くから茹でないの。
そういえば、味噌漬け食べてなかったわ〜。胃袋は一つなり。


●煮?イカ 胡瓜添え

060722_2

私の実父は、毎晩晩酌をしたので、煮イカやタコなんかは食卓にかかせなかったし、私も好きなのだけど、すっかり食べ忘れていた。
今まで酒を入れてさっと茹でていたのだけど、suwaroさんのお宅では蒸しているというのでびっくり!
まだまだお安いスルメイカで試したら、これまたふっくらビックリ煮?イカ!!
少し茹でたのも用意し、比べてみたのだけど、皮の張りも良く切った後もご覧のとおりキレ〜イな表面、身の厚さがそもそも違うよ。

イカを茹でる時は酒を入れた湯で茹でたから、蒸す時はイカの中に酒をかけてしばらくおき、拭き取ってから蒸したのだけど、意味ないかな?
なんにしても美味しくて、これからは蒸し派!と決めたのでした。

suwaroさん、とってもナイス情報ありがとう〜〜!!実家の母にも教えよっと。


●まるごとピーマン煮

060722_4

茄子煮はブログのお友達のところでも見たけど、これ、まだ見てないような。。。

この田舎煮、庭先の畑で作ったピーマンがとれすぎた時なんかに母が作ってくれたが、私は子供の時は茄子よりもこのピーマン煮が大好きだった。
ガブっとかじると、中に入っている汁が口の中にいっぱいに広がる。
少々色は悪いけど、種やヘタまで丸ごと食べれちゃうのよ。

ピーマンはへこんだ筋の部分各3箇所ぐらいずつとおしりに竹串で穴をあける。
(全部で10個以上の穴をあけるのよ)

煮汁は、田舎風だと砂糖少々も入れて少しだけ甘め。
だし汁にお醤油1:みりん1:酒1ぐらいと塩少々。好みでお醤油と砂糖少々足すと田舎風。茄子煮と同じかんじでいいと思うよ。
落としぶたをし、時々返しながらピーマンがクタッとしてくるまで煮る。
最後にヘタを下にして冷ませば、ヘタまで食べれちゃう!

今日は田舎風に普通の醤油使ったけど、薄口醤油できれいに煮てもいいんじゃないかな。
豚肉と一緒に煮てもまた美味しいよ〜〜。


●たたき長芋の梅肉和え

060722_3

昨日お話した「たたき長芋の梅肉和え」。
トロトロっと粘りと、シャキシャキ感と両方楽しめて、すくった時に梅もうまくからんでくれる。

梅もたくさん入れ、後は薄口醤油と砂糖少々、胡麻油も少々。
うちの梅肉和えにごま油を入れ始めたのは、うちの梅嫌いだったオットの為だったのだけど、私まですっかりこれにはまっているよ。

梅によって塩気は調整してね。



●茄子の即席辛し漬け

060722_5

茄子のからし漬けが食べたいんだけど、粉からしを買うと残りそうで、つい練りからしで即席漬けにしてしまう。
アクヌキしてからたっぷりめの塩で冷蔵庫で休ませ、水を絞ってから食べる直前にたっぷりの練りからしとみりん少々で和えた。

鼻にツ〜ンとくるぐらい辛いのがおいしいのよ。。。


★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。


*****

鹿児島や九州の方も大雨のニュース。
これ以上被害がでないことを祈るばかりです。

早く晴れますように。。。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

太刀魚の八幡巻きと南瓜椀でおうち懐石?

060721image

<本日の献立>
太刀魚のセロリ八幡巻き オクラと豆腐ソース添え
南瓜椀のあんかけ蒸し物 (鶏つくね、海老、茶豆)
胡瓜酢の酢の物盛りあわせ (わかめ、たたき長芋、カニカマ、花麩)
炒り卵のわさび漬け和え
黒ごま豆腐 (市販品 写真なしでオットのみ)
白菜の自家製浅漬け 柚子風味
豆腐としめじの赤出し
7種の雑穀入ご飯

今日のお題は太刀魚と可愛い小さなかぼちゃ。いいかげん使わなないと!
後は家にあるもので簡単?手抜き?のなんちゃっておうち懐石を目指すわよ。


●太刀魚のセロリ八幡巻き オクラと豆腐ソース添え

060721_1

太刀魚は上品な白身の魚で大好きだけど、小骨をとってチマチマ食べるのが面倒。
板前の竹さんのブログで太刀魚を三枚おろしにして巻いたお料理を見たので、私も3枚おろしに挑戦してみた。

まず太刀魚の幅に合わせて牛蒡をやや細めに切り、酢水にさらしたらだし汁とお醤油とみりん、三温糖で甘辛くたいて、最後にセロリもさっと煮ておく。

太刀魚は、内臓処理がしてある17cm位に切られた物。
半冷凍状態にして、裏表とも固い背びれの上に包丁を入れれば意外と簡単。
でもお安い太刀魚の身がだいぶ中骨に。また唐揚げにでもしよう。。。

おろした太刀魚は軽く塩をふってラップの上で並べ、牛蒡とセロリを芯に巻いて、レンジで1分30秒(竹さんのようにうまく巻けず、小分けにラップ)。
その後片栗粉をつけてフライパンにサラダ油でまんべんなく焼き、牛蒡を煮た汁をまわしかけて少し煮詰めればOK。

水切りした絹ごし豆腐1/3丁に塩と薄口醤油少々ですりつぶしたソースをお皿に敷き、タレをからめた太刀魚と塩ゆでしたオクラでものせればできあがり。

竹さんのと中身は全然違うけど、太刀魚をこんなパクッと食べたのは初めて。
こんな美味しい魚だったんだと実感!
お豆腐の使いみちにこまって作った簡単ソースも、太刀魚や、中の牛蒡やセロリにも合って美味しかったわよ〜。


●南瓜椀のあんかけ蒸し物 (つくね、海老、茶豆)

060721_2

良く練った鶏挽肉に溶き卵少しと片栗粉、酒、塩とすりおろし生姜少々で大きめのつくねを作って、切った南瓜、茶豆(枝豆)と一緒に蒸したの。
その間に海老は背わたをとって酒を入れた湯でさっと茹でて殻をむいておく。

蒸し上がった南瓜の水分をふき、器にみんなもりあわせて、料亭の銀あんもどき(だし汁1カップ、みりん大1、薄口醤油大1、塩少々、片栗粉大1/2を水大1にといたもの)をかけただけ。

銀餡もどきは、かぼちゃに塩味がないから塩も入れて少し濃いめに味付けしたの。

もうひとひねりあれば良かったかしらね〜。材料がないからこんなもん。
南瓜も皮まで柔らかく食べれて、おいしかった。

オットは、蒸して盛り合わせただけの簡単あんかけを見てビックリしてたよ。
そんなもんなのね〜。


●胡瓜酢の酢の物盛りあわせ (わかめ、長芋、カニカマ、花麩)

060721_3

この手の酢の物盛りは、実家でもよく作っていた、あるもの利用の盛り合わせ。

最初にわかめ適量と花麩をもどし、胡瓜1本すりおろして水気をきり、冷凍していたカニカマは切っておく。
長芋適量酢水にさらしたら、1.5cmぐらいのサイコロ状に切ってビニール袋に入れ、
たたいて粗くつぶす。

三杯酢(酢3:だし汁2:薄口醤油1、砂糖1)を多めにつくっておき、そのうちの50ccぐらいに花麩を浸し、残りは軽く水気を絞った胡瓜のすりおろしに混ぜて、胡瓜酢(←名前がわかんないの)をつくったら器に入れる。

その上に具を盛りつけて、花麩をひたしていた三杯酢を上からかければ完成!

お魚もない盛り合わせだけど、ちょっと豪華に見えるから不思議。

そうそう、みんなやってる事だろうけど、長芋で手が痒くなる人は、皮をむいた長芋を酢水にさらしてそのまま袋に入れてつぶせばいいよ。
長芋の梅肉和えとか、和えるものによるけど、千切りにしないで、粗くたたき長芋にすれば刻んだ梅がよく絡むから私はそうしてるよ。


●炒り卵のわさび漬け和え

060721_4

南瓜椀の鶏のつくねに入れた卵が残ったので、だし汁に薄口醤油とみりんと塩を各少々入れてフライパンに油で炒り卵をつくった。
その上に市販のわさび漬けをのせただけの先付け。

卵焼きにわさび漬け、実家のショボイ民宿では添えてたもん。
合うよ〜。混ぜてちょっとづつ食べると美味しい〜〜。


●黒胡麻豆腐

オットのリクエストで市販の小さな黒胡麻豆腐を出してあげた。
写真に入れれば良かったね〜、残念。


●白菜の自家製浅漬け柚子風味 豆腐としめじの赤出し 7種の雑穀入ご飯

あとは冷凍の柚子皮を使ったお漬物とご飯と残りの絹ごし豆腐を入れた赤出しでごちそうさま。

刺身もない、「ありものでおうち懐石」、あまり参考になりませんが。。。


★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。


| | コメント (9) | トラックバック (3)

2006年7月20日 (木)

鱚とゴーヤの天ぷらせいろで蕎麦屋気分

060720image

<本日の献立>
きすと大葉の天ぷら ゴーヤと小海老のかきあげ
牛肉と薬味野菜のおろしポン酢和え
焼茄子といんげんの胡麻味噌だれ
小松菜と切干し大根の明太子和え
せいろ二八蕎麦(葱、わさび)

蕎麦屋さんでこんなつまみをいただきたい編、第2弾?

オットがなかなか帰ってこないので、冷凍庫の整理をしつつ作ったら、いつもより沢山作った気もしたのだけど、特別変わったものはないわね〜。

●きすと大葉の天ぷら ゴーヤと小海老のかきあげ

060720_1

今日のお蕎麦にはちょっと夏向けの天ぷら。
揚げるのは上手じゃないからあんまり見ないで〜。

鱚も食べたかったものの一つ。ふっくら大きいのはフワフワっとして美味しいね。
ゴーヤとムキエビを粗く刻んだ小さなかき揚げも作ってみたよ。
ほんの〜りゴーヤの苦みと海老が合うね。
鱚は生姜と大根おろしに蕎麦つゆをかけて、かき揚げは塩でいただきました。


●牛肉と薬味野菜のおろしポン酢和え

060720_2

こちらは、あの時の美味しいお肉!、別に2枚だけ冷凍しておいたのよ。
ウフフ・・・。

何か他のアレンジしようと思ったけど、これは大根おろしなしではいられない。
フライパンで油もひかずさっといためたアツアツに、三つ葉と茗荷、大根おろしとポン酢で和えただけ。

冷凍してたのに、オットが思わず「うまい!」と言ってしまう・・・。


●焼茄子といんげんの胡麻味噌だれ

060720_3

焼茄子は醤油だけじゃなくて、甘味噌や胡麻味噌なんかも好きだな。
今日はお醤油味が多いから、茹でたインゲンと一緒に胡麻味噌だれをかけたよ。

胡麻味噌だれは、久しぶりに買った練り胡麻を使ったので、濃厚まろやかで美味しい!いつもすりゴマを沢山すってもいたけど、やっぱり濃さが違うね。

練り胡麻大1、だし汁大1、味噌小2、砂糖小1〜2、みりん小1/2、混ぜてレンジで20秒弱。私は普通の信州味噌で砂糖小2にして、甘めにしたの。

いんげんともバッチリ!もっと食べた〜い!!


●小松菜と切干し大根の明太子和え

060720_4

はいはい、小松菜まだあるのよ。お年頃の女性はカルシウム採らないとね。
シャキシャキ、コリコリ、切干しとの相性が美味しい。

今日は茹でた小松菜と戻した切干し大根を絞って、酒を入れて一煮立ちした浸し地(だし汁、塩、薄口醤油と酒少々、)に浸して、軽く絞って辛し明太子と薄口醤油少々で和えたもの。

明太子、あんまり見えてないね〜。
明日のオットの朝ご飯用にケチったってバレてる?


●せいろ二八蕎麦

オットが蕎麦湯も飲みたいというのに賛成!
なので、今日は二八蕎麦。

おつまみ料理を食べながら、飲みながら、すすった後に蕎麦湯もいただきました。
なんだかホッとした〜〜。

お腹いっぱい!


★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックしてね!

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

*****

雨による被害、皆様のところは大丈夫でしょうか?
岡谷では大変な被害、ご冥福をお祈りします。

私も長野の両親に電話を入れてみました。
千曲川沿いの畑のりんごの木が、頭50cmを出して水につかったとか。。。
農作物をつくられている皆様や田舎の友達の苦労を考えるだけでもため息が出ます。。。


 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

豚肉とキュウリの青紫蘇炒めと夏野菜揚げ

060719image

<本日の献立>
豚と胡瓜の青紫蘇炒め
夏野菜揚げとししとうのおろし生姜醤油
水菜とトマトのお浸し 豆腐ソース
長芋の醤油漬け
大根と葱の味噌汁
5種の雑穀入ご飯

今日は遅い帰宅で深夜12時のご飯。
夕方おやつもたくさん食べたけど、この時間になるとまたお腹減るの〜。


●豚と胡瓜の青紫蘇炒め

060719_1

今日は豚にしようと思っていたところへ朝、胡瓜の炒め物へのコメント。
メインは決定!!

豚肉炒め用200gは一口大に切って酒大1と醤油小1で下味をつけておき、胡瓜1本薄めの乱切りにし、塩少々をまぶしておく。大葉4枚と生姜1/2片千切りに。

フライパンに油を熱し、生姜をいためたら豚肉を入れて炒める。

胡瓜を加えてさっと炒め、大葉と酒、みりんと 塩少々、粗挽き胡椒をたっぷり入れて混ぜたら出来上がり。

生姜に青紫蘇の香りでさっぱりとした炒め物。おいし〜〜。


●夏野菜揚げとししとうのおろし生姜醤油

060719_2

ごめ〜ん、買って来た市販品の揚げかまぼこよ〜。

夏野菜揚げだって。
入っている野菜は、ジャガイモ、玉葱、パプリカ、カボチャ、アスパラ。

油抜きしてから拭いて、胡麻油を塗ってグリルでカリっと焼いたもの。
ししとうの炒めたのも添えて、大根おろしと生姜でいただきましたよ。

私としてはジャガイモいらないって感じだけど、アツアツが美味しい。

薩摩揚げって一度作ってみたいんだけど、すり身って売ってないの。
みんな白身の魚から作ってるのかしら???


●水菜とトマトのお浸し 豆腐ソース

060719_3

さっと湯に通した水菜を絞って、手抜きの浸し地(だし汁と塩、薄口醤油少々)に漬けたら軽く水気を絞り、切ったトマトとさっくりまぜて器に盛る。

豆腐ソースとか言っちゃったけど、絹ごし豆腐から作ったゆるめの白和え衣。
炒りごま大1をすって、よく水切りした絹ごし豆腐1/3丁、砂糖小1、薄口醤油小1/2と塩少々にだし汁も少し加えて、ミキサーやブレンダーがない人は、心の中で「ウォ〜!」って叫びながらクリーミーになるまですりつぶす。

水菜には多少下味がついてるから、白和え衣より少しゆるい位に仕上げて大丈夫。
塩気はしっかりつけた方が水菜が美味しいかな。

白いのが涼しげかなと思って、白和えにしないでかけてみただけだんだけど、トッピングにアクセントの柚子胡椒。なくてもいいけど。。。


●長芋の醤油漬け

060719_4

朝食べた残り物。濃いめの漬け汁に短時間漬ける即席醤油漬け。
本当の作り方ってよく知らないけど、私は酢も少し入れてる。
長芋の漬物、シャキシャキでおいしいよ!

長芋細め20cmぐらいかな、1.5cm幅の拍子切りにして、酢水に15分ぐらい漬ける。

醤油50cc、みりん50cc、酒大2、酢大1、水で軽く浸した昆布6cm四方位。
鍋に入れて一煮立ちさせたら冷まし、昆布は取り出して細切りに。
密閉袋に長芋と漬け汁を入れて冷蔵庫で1時間もすれば食べれるかな。
時間は味見して相談して。

長芋は縦半分でもう少し長く漬けておいてもいいよ。中がツルっとした感じが残るから。
酢は好みでいれなくても。。。



★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。


| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006年7月18日 (火)

鯖のバルサミコソースにトマトとオクラの煮浸し

060718image

<本日の献立>
ごま鯖のバルサミコソース 水菜・アーリーレッド添え
いんげんとアボカドのタルタル風サラダ(海老、ラディッシュ)
トマトとオクラのおひたし
わかめと玉葱のコンソメスープ
7種の雑穀入ご飯

雨で冷たい麺の予定も先送り。
魚が食べたいというのだけど、今日はちょっと雰囲気を変えてみた。


●ごま鯖のバルサミコソース 水菜・アーリーレッド添え

060718_1

鯖はソテーすれば良かったのだけど、あえてグリルで焼いただけ。

塩をふって15分したら水分を拭き取り、再度塩胡椒して焼いたものに、適当につくったバルサミコソースをかけてみたの。

ソースは水50cc、バルサミコ大3、醤油大1/2、みりん大1/2で煮詰めたもの。
バルサミコ酢ってあまり何もしなくても煮詰めるだけでも美味しいよね。

水菜とアーリーレッドは少々のオリーブオイルとレモン汁と塩胡椒を絡ませただけで、お魚のバルサミコソースを一緒につけていただいた。

どうやら酸味と甘みと塩気がちょうど良かったらしく、この適当料理に、オットの「楽しむ食事」の持論まで飛び出した。

よかったよかった。


●いんげんとアボカドのタルタル風サラダ

060718_2

何ってことのないマヨネーズでタルタルソース風の味付けなんだけど、
パセリ入れ忘れちゃった〜〜!

ゆで卵2個のうち1個は刻んで、刻んだピクルスとマヨネーズ、粒マスタード、レモン汁。
それにケチャップ少々と塩胡椒で味付け。
それにしても、やっぱりパセリ入れたかったな〜。

入っているのは、茹でたいんげん、レモンで色止めしたアボカド、もう1個のゆで卵、酒で茹でたムキエビ、スライスしたラディッシュ。

たまにはこんな濃厚サラダもいいよね。


●トマトとオクラの煮びたし

060718_3

冷た〜く冷やして、煮汁ごと飲めるぐらいにした煮浸し。

だし汁1カップ、砂糖小1、塩小1/4〜1/3、薄口醤油少々(小1/2)、切った甘酢生姜スライス5〜6枚分ぐらい。・・・だと思うけど、ちょっとメモとらなくて忘れちゃったな〜。

小ぶりな湯向きしたトマト2個を1/4に切って、下茹でしてあるオクラ4本を煮えた汁でさっと煮て、鍋毎水ですぐ冷やす。後は冷蔵庫へ。

おいし・・・。

一緒に煮た甘酢生姜も盛りつけたけど、普通の生姜少々でもいいかな。
こちらも酸味と甘みと塩気がうまいこといって良かった。

あとはコンソメスープで和洋折衷ご飯。

 

★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

グリンピースおこわと赤魚の粕漬定食

060717image

<本日の献立>
赤魚の粕漬け ゴーヤの甘酢漬け添え
小松菜とあさりの山葵マヨネーズ和え
五目厚揚げとオクラの含め煮
茄子とピーマンの金山寺味噌和え
しめじと三つ葉のお吸い物
グリンピースおこわ

連休は普段できない掃除なんかの家事をこなしておしまい。

今日はグリンピースおこわの準備だけして出かけ、雨に濡れて帰ってきてからの簡単速攻おかずばかりになってしまったよ。


●赤魚の粕漬け ゴーヤの甘酢漬け添え

060717_1

漬けた状態で売っている赤魚の粕漬け、焼いただけだし〜〜。
でも赤魚の粕漬けって白身がプリっとしてて好き。

添えたのはゴーヤの甘酢漬け。
さっと茹でてから漬けるとこういう色になっちゃうのだけど、オットに食べさせる用のもので苦みも少ない。

苦みが嫌いでなければ、塩もみして3日ぐらい漬けた方が私も好きだけど。。。


●小松菜とあさりの山葵マヨネーズ和え

060717_2

久しぶりのアサリ。旬でもなんでもないけど。。。
前に(→こちら)辛しマヨで和えて美味しかったのを作ろうと思ったのだけど、あわてて山葵マヨで和えちゃった!
でもこれもあり!ん〜、どっちがいいかな?

塩湯でさっとゆでた小松菜を水で冷まし、だし醤油(だし汁1:薄口醤油1)少々をかけてから水気を絞り、酒蒸ししたアサリのむき身と汁気、マヨネーズ、山葵、塩少々で和えるだけ。
アサリの汁気でマヨの濃さを好みに調整。私はあさりのだし汁多めであっさりと。


●五目厚揚げとオクラの含め煮

060717_3

焼いてばかりの厚揚げ、久しぶりに煮たの。
時間がなかったから、鍋毎水に入れて冷まし、再度火を入れ煮含めた。
五目なんていうのもあるんだね〜。最後に一緒に煮たオクラも添えて。


●茄子とピーマンの金山寺味噌和え

060717_4

前に茄子と胡瓜でやったけど、今日はピーマン。
今日はアクをぬいた茄子1本とピーマン1個、塩揉みして水でさっと流ししぼったものに金山寺みそを和えただけ。

私が今食べてる金山寺もろみは茄子と生姜が入っているの。普通のもろみ味噌で和えるなら、ちょっとすりおろし生姜をいれると美味しいと思うな。


● グリンピースおこわ としめじと三つ葉のお吸い物

060717_5

またまたグリンピース!たくさんあるんだも〜ん。
とりあえず生で使いたい分は水に入れて毎日替えてたけどそろそろ使わないと。

グリンピースご飯は数ヶ月前?に皆様のブログでたくさんお見かけしたのだけど、グリンピースおこわもいいかなと思って。(餅米あるの忘れてたし!)

鶏肉入れようと思っていたのだけど、出がけに解凍するのが面倒になり、グリンピースだけのおこわになってしまった。

ご飯ならお醤油いれないのだけど、おこわだからと思って、鰹だしと米2合に対して薄口醤油小2、塩小1/3弱、酒小2、グリンピースも最初に入れて味をつけて炊いた。

豆だけのお赤飯みたいなおこわだけど、おこわも久しぶりで美味しかったよ。
後は明日の朝用に甘辛くジャガイモと煮て、塩茹でした少しを冷凍でおしまい。


★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックしてね!

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。



| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年7月16日 (日)

チーズ入ニラ春巻きと梅風味の鶏飯

060716image

<本日の献立>
チーズ入ニラ春巻き 生野菜添え(レタス、プチトマト)
もやしと胡瓜のナムル風サラダ
白菜キムチ
梅風味のサッパリ鶏飯
アイスクリーム

お昼はしっかり食べ過ぎて、簡単夕飯のつもりだったのだけど、カロリーはとりすぎたかも。和食と中華風のミックス献立。


●チーズ入ニラ春巻き 生野菜添え(レタス、プチトマト)

060716_1

久しぶりの春巻き。
といっても、具は野菜とベーコンにチーズのおつまみ風組み合わせしか作ったことないの。生のまま巻いて揚げられるニラとかみょうがとか、チンしたキャベツとか・・・。

今日はニラ1束、ニラの1/3〜1/4位の量のベーコン、とろけるチーズ2枚を細切りにして塩胡椒と好みのスパイスで混ぜる。
『ミニサイズ』の春巻きの皮10枚分、くるくる巻きにしたら、両端と最後を水溶き小麦粉でしっかりのりづけ。
あとは中のニラに火がとおるよう少しじっくりめに揚げて、最後高温で。

前にね、大きい皮で普通に巻いたらニラに火が通りにくかったから、これはミニサイズで具を多めにくるくる巻きがおすすめ。
大きい皮なら半分に切って薄く巻けばいいね。


●もやしと胡瓜のナムル風サラダ

060716_2

休日恒例の根切りをして、酢を入れた湯でシャキッとゆでたもやし、水で洗った細切りの胡瓜のみ。
味付けは酢大1.5と醤油大1、砂糖大1/2、塩胡椒、胡麻油適量、すりおろし生姜少々と半ずり炒りごまたっぷり。
今日はキムチがあるから辛くしないであっさりめに。


●梅風味のサッパリ鶏飯

060716_3

奄美大島の郷土料理、鶏飯を初めて食べたのはもう12年も前。
昆布と鶏の本格濃厚なスープをとるのはこの時期大変。
最近あちこちで鶏飯を見かけるけど。またはやり?

このところ中華粥にばかりしてたので、久しぶりに簡単手抜き鶏飯作ってみたよ。
先週スモークチキンを作る時、80度以下のお湯でじっくり茹でると柔らかいって勉強したから、レンジでチンせず、炊飯器を使った蒸し鶏もあるし。。。

まず鶏胸肉、ナイロン袋の中に皮をとって薄めに均一な厚さに開き、酒と葱の青い部分、スライスした生姜を入れて15分ほどつけこむ。

炊飯器の保温スイッチを入れて温めておき、そこへ熱湯を入れ、ナイロン袋の空気をぬいた状態で鶏肉をドボン(皿で重しをしたよ)。
1時間ぐらい入れてたかな?
温度が下がってきたから最後の15分位、炊飯モードにしてある程度の温度を保ったけど、後はほったらかしでしっとり柔らかい鶏肉になる。
割いたら汁気につけたまま冷凍しておいたの。

昆布のだし汁600cc、薄口醤油大1/2、鶏ガラスープの素適量、下の椎茸の戻し汁、塩で調味したら、解凍した鶏肉を汁気ごと入れて温めたら肉を引き上げる。
残りのスープは人煮立ちして、ご飯の上に具を盛った丼にかけるの。

具はこの鶏肉と、錦糸卵、レンジで甘辛煮の椎茸(熱湯で洗ってから砂糖水に入れてレンジで2分、この戻し汁はスープへ。そして水と醤油と砂糖、酒、みりんで作った調味液に細切りした椎茸を入れてまたレンジで2分)、小口葱、半ずり炒り胡麻。

刻み海苔がなくて、私の好みで刻んだ大葉と梅干しに山葵でさっぱり夏向け鶏飯。

ところで今まで蒸し鶏って、レンジでチンしてたけど、もっと柔らかくてジューシーな蒸し鶏にびっくり!冷凍してたとは思えないよ〜。
これって、レンジの「強」と「弱」の組み合わせでも再現可能???

またまた試さないと〜〜。

おかわりの具も用意して、キムチの後のアイスクリーム!食べ過ぎ???


★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006年7月15日 (土)

スモークチキンとアボカドのサラダ

 

060715image_1

<本日のブランチ>
グリンピースとスモークベーコンのカレーピラフ風
スモークチキンとアボカドのサラダ チーズドレッシング
オレンジ
オニオンベーグル
アイスティー

先週作ったベーコンとスモークチキン、ココログのメンテナンス中にアレンジして食べてしまい、アップすることもなく、残りわずか。

一度ぐらいアップしなきゃ!と簡単美味しいランチにするべく活用。


●グリンピースとスモークベーコンのカレーピラフ風

昨日大量購入することとなったグリンピース。
下茹でしたまま水に入って冷蔵庫の中に入れておいたもの。

ニンニクのみじん切り少々と玉葱みじん切り、この前作ったスモークベーコン、をバターで炒めて、玄米ごはんとグリンピースを沢山入れて混ぜたら、白ワインに溶いた固形ブイヨン、カレー粉、塩胡椒で調味した簡単カレーピラフ風。

チャーハンとも言う?
ガーリックとスモークベーコンの風味にカレーなんて、またまた食欲でちゃう。

こういう小盛のワンプレートでは私には足りないので、さらに昨日買ったベーグルをサラダと一緒に食べる事となる。


●スモークチキンとアボカドのサラダ

060715_1

スモークチキンとアボカドにトマトの組み合わせが大好き!
スモークチキンを作った目的はこのサラダの為だったりする。

あとオニオンもかかせないな。

切ったレタス、割いてちょっと温めたスモークチキン、レモン汁で色止めしたアボカド、今日は水にさらしたアーリーレッドとプチトマトにチーズのドレッシング。

ドレッシングはレモン汁に入れてレンジで溶かしたクリームチーズ、蜂蜜、ヨーグルトや牛乳がないのでコーヒーフレッシュ1個、塩胡椒、オリーブオイルも少々。
チーズがなければマヨネーズにしちゃう。

これをベーグルやパンにはさんで食べるの。

若い頃、メキシコあたりを放浪してて、香菜(向うじゃ「シラントロー」って言ってたけど)が苦手で、ファーストフードのこんなチキンサンドを毎日食べてた。

普段はスモークチキンがないから蒸し鶏とかで食べてるのだけど、このところ朝はこればかり。

ん〜、おいし。。。

 

★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

鰯の姿寿司とえんどう豆の翡翠煮

060713image

<本日の献立>
鰯の姿寿司
鰯とオクラのなめろう 胡瓜添え
鰯の骨チップス
高野豆腐と長芋の揚げ出し(YOMEちゃんレシピより)
グリンピースと海老の翡翠煮
小松菜のおひたし

この気持ちの悪い蒸し暑さと寿司飯ブームな私の食欲を満たしてくれるものはやっぱりお魚。
今日は大好きな鰯! 
子供に食べさせたいナンバー1のお魚らしいけど、ほんと食べてる?

今日はお魚屋さんでピカピカの新鮮刺身用鰯を6尾買ったから鰯づくしだよ。
さすが身が締まってて大きくてキレイ。手開きしてもボロボロになりにくいねー。


●鰯の姿寿司

060713_1

新鮮なお刺身用鰯で、私が絶対に食べたいもののひとつ、お寿司。
棒寿司? 姿寿司というには大きいな〜。
いつもご飯多すぎるから、今日はだいぶ控えたら丸くてちょっとかわいい?

お皿には3尾分しかのらなかったけど、4尾作ってペロッとたいらげました。

鰯は頭と内臓をとって洗ってから水分をふき、骨をとって手開きにする。
塩をふって30分ぐらい冷蔵庫で休ませたら、ペーパーで水分を押さえとる。

冷えた酢をバットにはり、酢洗いしてペーパーで軽く押さえる
私は軽くしめたカンジがすきだから、すぐペーパーで押さえたけど、好みで時間を調整して。

すし飯は塩をしている間に用意。お魚だから、あっさりめで固めに炊いた米1合に対して、酢大4、砂糖大1、塩大1/2ぐらい、それにグレープフルーツの絞り汁少々。(合わせる量は調整して)。

酢飯にから煎りした白炒りごま大1.5をあわせて、鰯の大きさににぎり、すりおろし生姜と大葉をたて1/2に切ったものをのせてから鰯をのせておさえれば完成・・・
なんだけど、大葉がない、ない、な〜〜い!!

2束も買ったんだよぉ。なんで〜。多分スーパーのかごの中に置いて来たみたい。
またやっちゃったよ〜。というわけで今日は大葉なし。最悪、かなしすぎるっ。

それから背びれの部分、食べにくいかと思ってとってしまったのだけど、はさみで切れば良かったな。
でも脂ののった新鮮な鰯はめちゃおいしー!!


●鰯とおくらのなめろう

060713_2

残りの2尾はなめろうが食べたいな。

手開きして皮をとった鰯中2尾、みょうが1個、刻んだ葱適量、すりおろし生姜適量、味噌も好みで大1/2ぐらい?こまかくたたいてあわせる。

残念ながら今日は青紫蘇がないので下茹でしたオクラとまぜて、下に胡瓜を敷いたの。
これ、なめろうには胡瓜の方がいいわ〜。オクラでさらにねっとり、美味しかったー。


●鰯の骨チップス

060713_3

鰯6尾分の中骨、洗って水気をふき、塩少々を入れた小麦粉にからめじっくり揚げた骨チップス。
これのためにもう1品、揚げ物メニューは必須。

子供のおやつ、お酒のおつまみに。
今日も骨までしっかり食い尽くした我が家でした。


●高野豆腐と長芋の揚げ出し

060713_4

ずっと食べてみたかった高野豆腐の揚げたの。
マクロビやってるまめころりんちゃんの十八番で、バリエーションもいっぱい。

今日はYOMEちゃんがやってた揚げだしをほぼ忠実にレシピ再現。

違うのは、野菜をつけたりする浸し地(だし汁と薄口醤油と塩)が残ってたので、戻した後それに漬けたんだけど、ある程度絞るから意味ないね〜。

片栗粉をつけて醤油とみりんと水のあんをかけて山葵でいただきました。
これは山葵が絶対合うね〜!

長芋は私もかき揚げにするからホッコリ感は知ってたけど、高野は鶏肉みたいな初めての食感。
モッチリしておいしかったよ。
YOMEちゃん、まめころちゃん、ごちそうさまでした。



●グリンピース(えんどう豆)と海老の翡翠煮

060713_5

仲良しのおっちゃんの八百屋さんへ行ったら、おっちゃんがむいたグリンピース1ざる100円だった。1ざるって言ってるのだけど、いつものように、もう全部持って行けと3ざる200円。二人暮らしだって言ってるんだけどね〜。

吸い物がわりに甘くない翡翠煮にしてみたよ。作り置きして冷蔵庫でひんやり〜。

グリンピース300〜350ぐらい、ムキエビひとつかみ用意。
鰹だし2カップ、みりんと酒各大1、薄口醤油小1、塩小1/3で煮汁をつくっておく(塩は調整して)。

ムキエビは背わたをとり、片栗粉と塩で優しくもみ水で洗い流し、酒少々ふっておく。
むいたグリンピースは塩を入れてかきまぜたらそのまま熱湯でさっと下茹でしざるにあげる。
続いてムキエビもさっと熱湯に通して下茹で。
グリンピースは作っておいた煮汁で沸騰してから弱火で4〜5分やわらかくなるまで煮て、海老も最後に入れる。

私は仕上げに片栗粉小1を水大1でといたうすい水溶き片栗粉を入れてるけど、なくてもいいの。
煮えたら鍋毎水で冷やし、煮汁につけたままにするとシワもなく色もきれい。

冷えたら煮汁ごと器にもってさらに冷蔵庫で冷たくし汁ごとスプーンでいただく。
塩は飲むために少し控えめがいいかな。お砂糖入れて、薄甘にするのがホントの翡翠煮かも?

春にあまり食べなかったから、ポクポクお豆と冷たい煮汁にオットも喜んで食べた。



●小松菜のおひたし

茹でて水を絞った小松菜を浸し地につけてから軽くしぼり、鰹節と醤油を少量かけただけのおひたし。
浸し地は白だしを薄めたものやだし汁にお醤油入れただけでもいいのだけど。
水っぽいおひたしにならないで美味しいから、このひと手間がんばっちゃう。


★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。


| | コメント (7) | トラックバック (2)

2006年7月12日 (水)

念願かなったり!鮪のてっぺん焼〜♪

060712image

<本日の献立>
鮪のてっぺん焼 大根おろし・レモン添え
小松菜と油揚げの煮浸し
いんげんとパプリカのカシューナッツ和え
エシャレットのもろみ味噌添え
卵豆腐のお吸い物(三つ葉、葱)
胡瓜と自家漬ガリの細巻き みょうがの甘酢漬添え

今日お昼に、お弁当を買いに出かけたら、すっごいいい香りを漂わせてる巨大な物体を発見!!

みたら「まぐろのてっぺん焼」と書かれている。願っているとすぐ叶う〜。

先日さかなやさんのブログで、鮪の解体ショーを楽しんで、その後カマを塩焼きで食べたっていうの聞いて、食べたくて仕方なかったんだけど、出会ってしまった。
昼だろうが、なんだろうが、即買い!!





●鮪のてっぺん焼

060712_1

こうして写真におさめると、その大きさがわかりづらいのだけど、上の写真でわかるかな? ん〜、長さ23cm×高さ13cmぐらいかな?

たぶん1/6に切ってると思うけど、目のまわりの骨がレモンがすっぽり収まる大きさだから、これは本マグロ?メジマグロ?

もちろん焼いたものを買ったのよ、家のグリルには入らないしね〜。

鮪を焼くってちょっとパサついてしまうイメージがあったのだけど、このカマは全然違った!脂がもう…、もう…ってカンジ。
半分は骨なんだけど、この前、胴切りの立派な鰤カマを食べたの同じ、いやそれ以上の食べごたえに二人と一匹、満足しました〜〜。

ところで、この骨、何か活用できたのかしら。。。


●小松菜と油揚げの煮浸し

060712_2

どでかい鮪があるからあっさり食べれる煮浸し。
今日はノーマルにお揚げにしたよ。

胡麻和えはほうれん草がいいけど、同じ値段だったら小松菜派!
栄養価も高いしね。

冷やして食べるシャキシャキ小松菜、美味しい〜。


●いんげんとパプリカのカシューナッツ和え

060712_3

おつまみのカシューナッツが残っていたので、それで和えてみたの。

カシューナッツひとつかみ弱(私の手は大きい)を刻んでからすりつぶし、そこへクリームチーズを7mm厚ぐらい、だし汁大1、薄口醤油小1、お砂糖少々、胡椒少々まぜてすりつぶす。塩はナッツとチーズに塩気があるからいれなかった。

たまたま、いんげんは昨日他の野菜と一緒に下茹でしてから、浸し地(だし汁と薄口醤油少々に塩)につけておいたもの。量が少ないからパプリカの残りもさっとゆでて、どちらも水気をよくきり混ぜた。

クリームチーズがなければマヨでもいいかも〜。
くるみとかピーナッツ和えなんかでも美味しい組み合わせだね。


●エシャレットのもろみ味噌添え

060712_4

エシャロットは今年3回目かな。
毎回添える味噌が違うんだけど、そんなのオットは気付かない。
私一人の楽しみだわよ。今日は金山寺もろみだけ。


●胡瓜と自家漬ガリの細巻き みょうがの甘酢漬添え

060712_5

だめ〜、なんか真ん中にこない私の巻物。

この前ちらし寿司食べてから、すっかりすし飯モードな私。
小太郎さんがいつもきれいに巻き寿司とか作っていて、慣れるよって励まされて挑戦してみたんだけど、私、細巻きって作ったことなかったかな〜。

そもそも海苔のカットが縦横間違ったみたい。。。
ギリギリ巻いた〜。

入れたのはひと塩した胡瓜と自家漬け新生姜の甘酢漬け。
ガリを添えずに一緒に巻いてみたの。
添えたみょうがも昨日漬けた甘酢漬け。
さっと湯に通すだけで、シャキシャキ感が残っているのが好き〜。


★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

鮭の冷製みぞれがけと紫陽花豆腐

060709image

<本日の献立>
鮭の冷製みぞれがけ
花咲きイカと胡瓜の辛み和え
カボチャとハムと小松菜のサラダ
紫陽花豆腐(柴漬け)
えのきとわかめとみょうがの味噌汁
赤米入ご飯

日曜日のご飯、サーバーのメンテ前に間に合わせられなかったから今さらだけど。
メンテがなくともいつも遅れた更新なの。

子供の時の夏休みの絵日記、あれもたいてい3日は遅れて描き、最後の1週間はまとめ書き。大人になってもそのクセは治ってないらしい。。。


●鮭の冷製みぞれがけ

060709_1_1

昨日食べた大根おろしが美味しかったので、今日はメインでいただく。
柚子なんか入れて冬によく食べるみぞれがけ。今日は冷やしで食べたの。

だし汁に酒、薄口醤油と塩、みりん少々で調味し、絞った大根おろしと椎茸を入れてひと煮する。
火を止めて飾り用の三つ葉の葉少々をのぞき、三つ葉を入れてあら熱をとってから冷蔵庫で冷やす。
鮭は生鮭なら塩胡椒、甘塩の冷凍は胡椒だけして片栗粉を薄くつけて揚げ、冷えたみぞれに絡ませて器にもり、飾り用の三つ葉をちらせばできあがり。

このところポン酢や酢ばかり入れてたので、ちょっと新鮮。
おいしくいただきました。


●花咲きイカと胡瓜の辛み和え

060709_2

辛みといえば豆板醤を使ってばかりいたけれど、今日は青唐辛子で純和風な辛み和え。
格子の切れ目を入れてさっとボイルした花咲きイカと、飾り切りし、塩揉みした胡瓜を、合わせ調味料(酢、薄口醤油、砂糖、胡麻油、塩胡椒、刻んだ青唐辛子)になじませて冷蔵庫でおやすみいただく。

ん〜、冷たい中に唐辛子のピリっとした辛さ、夏にはたまんないね。


●カボチャとハムと小松菜のサラダ

060709_3

ポテサラを食べないかわりに定期的に食べてるカボチャと小松菜のサラダ。
いつもはマヨネーズと塩胡椒だけなんだけど。

レンジ用蒸し器で3分、今日のカボチャはなんだか水っぽい。国産品なのに〜。
ということで、急遽ハムとパルメザンチーズもちょっと入れて旨味をたした。

ホクホクのカボチャサラダの時は逆に玉葱入れるとおいしいよね。


●紫陽花豆腐(柴漬け豆腐)

060709_4

これは6月に食べておくべきだったね。紫陽花みたいでなんだかきれい?

よくざる豆腐の時(→こちら)、柴漬け添えてたべてたんだけど、今日はたっぷり刻んで、水切りした木綿豆腐を手でつぶすように混ぜたもの。

あと、刻んだ大葉と美味しいお塩ひとつまみも忘れずに。
そして食べる時に、ノンオイル青紫蘇ドレッシングをちょっとかけていただくの。

紫陽花祭り、もう終わったのかな〜。


★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックしてね!

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

スモークチキン&ベーコンとゴーヤのクリームチーズ和え

060708image_1

<本日の献立>
おつまみスモークチキン&ベーコン
枝豆&とうもろこし
ゴーヤとトマトのクリームチーズ和え
レタスとグレープフルーツのコールスロー
クラコット
ベーコン入チャーハン(オットのみ)

ゆっく〜りしたい今日は手づくりベーコンとチキンの洋風おつまみにで。

最近保存食がマイブーム(←言い方古い?)なの。

この前の鮎で燻製を作る予定が変わって、10年使っていなかった市販の安いスモーカーでしかけておいたチキンとベーコンを燻した。私は初めての燻製づくり。

ネットで調べると、本格的で大変そうなので、かなり手抜きしちゃった。
それでも時間がかかって、ちょっと長くなるけど、一応今日の記録ね。


●スモークチキン

060708_2_2

スモークチキンというより、あっさり胸肉の本格鶏ハム?

鶏胸肉850g、厚さを均一に開いたらフォークでブスブス差し、一度煮立たせ冷ました液(水800cc、粗塩60g、三温糖30g、醤油50cc、パセリ4本、オレガノ適量、ホワイトペッパー、酒200cc、糖度の低いオレンジジャム大1)とナイロン袋に入れて冷蔵庫で3日漬け込んだ。

流水でよく洗って1時間塩ぬき。
この後チキンは70度のお湯で茹でると柔らかいらしいけど、それは省略。

水気をよく拭いたら、脱水シートにくるんで冷蔵庫で1日半。風乾もこれで省略。

スモーカーに吊るして弱火で15分さらに表面を乾燥。

長時間火を使うのが嫌だったのでスモークウッド(クルミ)1/2本に火をつけ、蓋をして強火で3分、弱火で10分で火をとめる。
その後15〜20分ごとにまた少し火を入れて、中の温度を70度以上に保ち2時間燻した。

まだウッドが燃えていたので、蓋を少しずらして火をとめた状態で1時間放置。

取り出し切ってみると、いい色ですっかりこのまま食べれる状態っぽい。。。

ラップして一晩冷蔵庫で休ませると煙臭さがおさまっていいらしいけど、半日置いて今夜いただく。レンジで温めて食べたけど、中までしっかり燻製されてて感動。

●手づくりベーコン

060708_1_1

脱水シートが意外に高くて大きかったの。急遽翌日ベーコンの仕込み。
こちらはYOMEちゃんの調味液をうちにあるものでアレンジ。

豚バラ肉約450g、一度煮立てて冷ましたソミュール液(水500cc、粗塩30g、三温糖20g、ニンニクと生姜各1片、オレガノ少々、ブラックペッパー、糖度の低いサンダルフォーオレンジジャム大1)に2日漬け込んだ。

後はチキンと同じ行程。
良く洗い、1時間の塩抜きと脱水シートで1日半。
そして一緒に燻した。温燻なんだか、熱燻なんだか微妙だけど。。。

でも豚バラから出る脂がすごくて、ウッドの火が一度消えたの。だから火を入れるときに脂をふきながら、ウッドの上をさけて脂身を上にして網にのせて燻したよ。

塩加減もさすがYOMEちゃん!、ちょうどいいよ。
こちらも半日休ませただけで待てずにレンジで温めていただいた。
チキンの方がちょっと塩がききすぎたかな?漬けた日にちも長いしね。

このベーコン食べたら、次回のチキンはやっぱりもも肉でやりたくなった。
それにしても、美味しい〜〜!「もう少し食べよっか」ときりがない。

茹でた鶉の卵も途中で一緒に燻したけど、お昼に全部食べてしまって写真なし。
オットにはこのベーコンでチャーハンも作ってあげた。
保存食のつもりだったのに、あまり残らない我が家、恐るべし。


●ゴーヤとトマトのクリームチーズ和え

060708_3

4月に今年最初のゴーヤを食べた時、生ゴーヤをオットに食べさせようと思いついたもの。

ゴーヤ1/4本は薄く切って塩でもみ、しばらくしたら水で流し絞る。
少量の甘酢(酢2:砂糖1に塩少々)をつくり、水をきったゴーヤを漬け込むこと1時間(茹でてないから冷蔵庫で半日から1日漬け込んでもいいよ)。

プチトマト小6、7個ぐらいを半分、クリームチーズは1cm角のサイコロ状に切り、室温に戻したら軽く甘酢の汁気をきったゴーヤと混ぜるだけ。
甘酢液は少し混ぜた方が美味しいよ。あとはチーズの塩気で十分。
そして胡椒少々(入れ忘れました)。

ゴーヤの苦みが多少は残っているんだけど、クリームチーズとだとまろやか〜。

●レタスとグレープフルーツのコールスロー

060708_4

グレープフルーツのサラダって好き。
春菊や白菜なんかともコールスローにするけど、今日はレタスで。

刻んだたっぷりレタスを塩少々でしんなりさせて、レタスだけだと味がなさすぎるから、生のパプリカをちょっとみじんきり。

グレープフルーツを剥くときの汁気ももれなく入れて、美味しいオリーブオイルを入れる。後は胡椒を効かせて、塩で整えただけ。

パプリカなければ千切り人参でもいいよね。


★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックしてね!

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

*****

●遊びに来てくださった皆様へお知らせ

予定では7月11日(火)14:00 〜 13日(木)14:00までココログ@niftyの大規模メンテナンスとやらで更新できそうにありません。

コメントもお受けすることができないようで、残念でなりませぬ。

せっかく来ていただいたのに、ごめんなさい。

これに懲りず、また復活しましたら遊びにきてやってくださいませ。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年7月 7日 (金)

鯵刺しと白滝明太の大人ちらし

060707image

<本日の大人の七夕ご飯>
鯵のお刺身(胡瓜、みょうが、人参)
ししとうとエリンギとベーコンのおろしポン酢和え
茄子と胡瓜の辛み和え
鯵と豆腐のふわふわつみれ汁
白滝と明太子のちらし寿司

七夕ご飯とか言っちゃったけど、ただ単にお寿司とか生のお魚が食べたかったの。
7月7日は乾麺の日ってスーパーに書いてあったけど、昨日素麺食べたもん。

でも最近お刺身が高くて、まぐろなんかになかなか手がでない。
しつこいようだけど、今日も小さな安い鯵2尾を買って早々に帰宅。


●鯵のお刺身

060707_1

今日も変わりたたきにしようと思っていたんだけど、こんな小さな鯵でも、
毎週3枚おろしやってたら、だいぶ手早くおろせるようになってきたみたい。

オットの要望ということもあり、急遽この薄っぺらな鯵をお刺身にしてみた。
それでも旬なだけあって、一人1尾食べれれば満足だわよ。

オットは生姜、私はめずらしく山葵、猫のziziは何もつけずにいただいた。
意外と脂もあって、山葵で食べるのが新鮮、美味しかった。

ツマには胡瓜と茗荷と人参、大葉、たっぷり添えたよ。


●ししとうとエリンギとベーコンのおろしポン酢和え

060707_2

最初にししとう10本炒めたらとりだして、エリンギ2本とベーコン2〜3枚炒めたらししとうを戻し入れ、しっかりめに塩胡椒。

大根おろしはオットに頼んで、水気を絞ったら炒めたものを入れて混ぜるの。

あとはポン酢で和えるだけ〜!簡単美味しい。


●茄子と胡瓜の辛み和え

060707_3

水にさらしてアクをぬいた茄子と、軽く塩でもんで水で流した胡瓜、絞って混ぜたら豆板醤、すりおろし生姜、胡麻油、たっぷりの半ずり炒りごま、醤油と塩各少々で味付け。ちょっと中華風。

紫蘇とかみょうがを入れたかったんだけど、他で使っちゃったから入れなかったの。


●鯵と豆腐のふわふわつみれ汁

060707_4

よくいらして下さる皆様はご存知、うちの「鯵の日」のふわふわつみれ汁。

小振りな鯵2尾の中骨部分をグレープフルーツスプーンでこそげとる。
尻尾は捨てて頭と残った中骨を熱湯で一度さっと茹でたら湯をかえてたっぷりめの酒と生姜スライス少々も入れて強火にかける。

沸騰してきたら火を弱めて15分ぐらい煮ておいしい鯵のお出汁をとったら漉す。

つみれはこそげとった鯵をたたき、ペーパーにくるんで水を絞った豆腐少しと、溶き卵少々、片栗粉(量にもよるけど小2ぐらいかな)ですり鉢でする。

量は適当でもなんとかなるよ。手で丸くできないぐらいとろっとしてて平気。
スプーン2つで漉した後沸騰しているだし汁に落とせば固まるから。

味付けは塩と酒だけで再度一煮立ち。
今日は大根入れずに葱と針生姜を添えて。

お魚おろすのは面倒だけど、これができるし安い!
骨までしっかり食い尽くさないと。


●白滝と明太子のちらし寿司

060707_5

これ、ダイエット中によく食べてたちらし寿司。

本当は「たらこ」で作ってたんだけど、冷凍庫から出したのが明太子だったの!
2合で小さめ一腹だから辛くないけど、彩りもないから大人ちらし。

米2合ちらし寿司用にやや固めに炊いて、寿司酢をつくる。
好みだけど、私はちらし寿司には少し甘めで酢8:砂糖3:塩1ぐらいの割合であわせてる。

絹さや10〜12本下茹でし斜めの細切り。
白滝1袋洗ってから茹でてアクを抜き(私はアク抜き済のを買ったけど)、1.5〜2cmぐらいに切る。

テフロン加工のフライパンで白滝をしっかりから煎り。これが重要。
そこへだし汁大4、酒大1、みりん小2、醤油小1で汁気がなくなるまで煮る。

たらこだったら一緒に炒り煮にしてもいいと思うな。

すし飯にしらたきと明太子をあわせて器に盛り、きぬさやと刻み海苔を散らせばできあがり。

白滝入れたって言っても、半分以上食べたから、満腹。
久しぶりのすし飯で美味しかった。

*****

最近すごく調子が悪くて(私じゃなくてココログがね)、更新できないし、コメントも入らなかったりしたみたい。ごめんね〜〜。

★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

一人ご飯の素麺チャンプルー★豚肉編

060706image

<本日のひとりご飯の献立>
素麺チャンプルー(豚肉バージョン)
茄子と胡瓜のピリ辛和え
ダイエットビール

やっとオットが外でご飯を食べてくれるというので大助かり。
一人で野菜も食べたい今日はこれ!まずはうちの豚肉バージョン。


●素麺チャンプルー(豚肉バージョン)

あ〜、どうして麺はいつも大盛り?

いつも麺がベタっとしがちだったけど、今日は油もしっかり入れたよ。

これでうちの二人分の分量。

玉葱1/4個、パプリカ赤・黄各1/4個、ゴーヤ1/2本、全て薄切りに。
豚肉炒め用のお安いの100gを細切りして醤油少々と酒で下味。

素麺200g位を少し固めに茹で上げ水で冷ましたらざるにあげ、塩少々と鰹節をたっぷりかけて混ぜ、今日は胡麻油も麺に絡ませる。

油大1と好みでにんにくみじん切り1/2片で肉と野菜を炒め、酒大1、醤油大1、オイスターソース大1、ラー油小1、すりおろし生姜小1(〜大1/2)で調味したら、素麺と胡麻油を適量鍋はだから入れて混ぜ、塩胡椒(胡椒を効かせ気味に)で整える。

器にもって、さらに鰹節をトッピング。できあがり〜。

野菜はなんでもいいんだけど、豚肉バージョンだとゴーヤと玉葱は必ず入れるかな。
ほんの少しだけ辛みがあるかな〜?ってかんじ。

食べてたらオット、帰ってきたの。
食べてないっていうから、また作ったわよ。

★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

鰆の味噌漬けにブロッコリーとトマトの白和え

060705image

<本日の献立>
鰆の味噌漬け焼 新生姜の甘酢漬け添え(自家漬)
ブロッコリーとトマトの白和え
失敗!白瓜の海老の詰め物
モロヘイヤのおひたし
豆腐とえのきとみょうがのお吸い物
7種の雑穀入ご飯(黒米、大麦、そば米、黒ささげ、きび、あわ、クコの実)

更新が遅れてて息切れ中。。。
皆様豪華七夕ご飯だったのかしら?


●鰆の味噌漬け焼 新生姜の甘酢漬け添え(自家漬)

060705_1

あ〜、危ない、焦がすところだったよ。

先週の豆腐と砂肝の残りのお味噌にみりんと酒少々をたして薄く塗り、1日漬け込んだもの。
お魚の時はこの前の分量よりも酒かみりん少したしてあげた方がいいと思うんだ。

残っていた味噌だから計量してないけど、大丈夫、適当でも。

味噌とみりん(魚や好みでみりんの半量を酒に)が3:1の割合で半日〜1日漬けるを基本にして、あとは自分の好きな味噌と好みで自分のレシピ作ってみればどお?

新生姜の甘酢漬けも今がチャンスだよ〜。
私は酢2:砂糖1に塩少々入れて煮立たせず、砂糖を溶かしたら冷まし、新生姜のスライスを湯にさっと通して、熱いうちに漬けこんでいる。
漬け汁には水とか入れないの。その方が長持ちする気がして。

辛さを柔らかくしたければ、湯に通す時間をちょっと長く調整すればいいの。
まだ店頭にある?今がチャンスだよ〜。
みょうがも同じ。でもみょうがは塩でちょっと揉んで洗ったら、生で漬けたりもするよ。すぐシャキシャキ食べたい時なんかね。


●ブロッコリーとトマトの白和え

060705_2

前は普通のトマトでやったけど、今日はプチトマトがあるからちょうどいい。

ブロッコリー中1個、小房にわけて下茹でする。
プチトマト5〜6個、大きめなら1/4にカットして、ざっと種をとる。

絹ごし豆腐1/2丁はよく水切りして白すりゴマ大2、砂糖小1、マヨネーズ大1〜1.5、塩少々。豆腐の大きさにもよるから好みで調整して。
薄口醤油小1ぐらい入れてもおいしいよ。

●失敗!白瓜の海老の詰め物

060705_3_1

漬物にしようと思って少し塩につけた白瓜だったんだけど、先週和食のお店で食べたお昼で、太い胡瓜に生の魚が詰められたものをいただいたので、それを真似てみた。

でも、お刺身はないので、ゆでたムキエビとすったはんぺんを詰めてみたんだけど、白瓜薄く切りすぎちゃったの。
取れないように片栗粉つけてからさっと湯に通して、氷水で冷やしてみたけど、あらら失敗。めちゃめちゃ中途半端なものになった。

普通に煮ておけば良かったね〜。


●モロヘイヤのおひたし

060705_4

この前つるむらさきを食べた時、知らないって人がけっこういたね。
でもモロヘイヤは知ってるでしょ?
ビタミンB2がほうれん草の20倍、カルシウムは8倍、ビタミンAが3倍だって!

葉の部分だけ切って、さっと茹でて胡麻油とお醤油と鰹節でおひたしに。
これもちょっとネバリがでるね。つるむらさきより食べやすいかも。


★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

豚のトマト巻きフライとカレー風味大根サラダ

060704image_3

<本日の献立>
豚のトマト巻きフライ(キャベツ&パセリ・ブロッコリー添え)
大根とカニカマのカレー風味サラダ
セロリとジャコのきんぴら風
わかめとえのきと玉葱のスープ
赤米入ご飯

昨日はシブいベーシック和食だったから、今日は子供も喜ぶ?メニューよ。

前に買ったトマトに豚巻きカツってレシピがついてたんだけど、捨てたみたい。
巻けばいいのよ、そういえばバジルもあるから、これで巻いてみるわ!


●豚のトマト巻きフライ(キャベツ&パセリ・ブロッコリー添え)

060704_1_1

トマト中サイズ1/6にカット。
豚ロース薄切り6枚に塩胡椒して、トマトをのせたらトマトの種が流れ出さないようバジルを適当に切って一緒に巻いたの。
水分が出ると油が怖いから、両端をお肉でふさげるように少しずらして巻けば安心。
後は普通に小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけてあげるだけ。

このソースには、中濃ソース1:ケチャップ2:マヨネーズ2ぐらいの割合で混ぜた物を添えたんだけど、これがとっても合って美味しかった!

今日はバジル使ったけど、大葉なんかでも美味しいと思うな。
トマトの温度が低いから、じっくりめに豚に火がとおるように揚げてね。


●大根とカニカマのカレー風味サラダ

060704_2_1

私の母は子供用におかずを用意することはなかったけど、大根系(切干し、たくあん、生大根)をカレー味にしたものをよく作ってくれた。
宿の修学旅行用のメニューにも入れたっけ。

大根は繊維にさからって千切り(輪切りスライスしてから千切り)し、塩でもんでしんなりしたら水で流しよく絞る。
今日はカニカマと。1/2にカットしたカニカマを割いて、マヨネーズ、カレー粉、砂糖少々、塩胡椒で混ぜるだけ。レタスの上に盛りつければできあがり。

水分はよく絞らないと水っぽくなって美味しくないよ。
意外とカレー粉多めでも大丈夫だけど、味見しながらやってみて。


●セロリとジャコのきんぴら風

060704_3_1

こちらもよく登場ね。炒り煮かな。
葉付きセロリ1本とジャコひとつかみを胡麻油で炒めて、だし汁(または水)50ccぐらいと砂糖小1、みりん大1/2、醤油大1で水分をとばすようにして炒り煮にする。

仕上げに好みで七味唐辛子。

これでセロリ嫌い克服できないかな?

 

★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックしてね!

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

大好き鮎の塩焼きと初めての赤米

060703image

<本日の献立>
鮎の塩焼き はじかみ(自家漬)・胡瓜酢添え
高野豆腐のはさみ煮とオクラ
茄子とえのきの梅肉和え
セロリのわさび漬け和え
豆腐となめこの赤出し
赤米入ご飯


7月に入って、鮎が解禁になったって聞いてそわそわ。食べた〜い!

でも天然物なんてお目にかかれないし、あっても高くて手がでない。
10年近く食べてないよ。
いつものスーパーで見てるのは、養殖といえども納得いかなくて、今日はたまたま近くに用があったから市場まで行って、たくさん買ったよ。


●鮎の塩焼き はじかみ(自家漬)・胡瓜酢添え

060703_1

養殖だし大きい。身のパンパンなしっかりしたいいのが見つかった。
天然物みたいな香りはしないけど、養殖もすすんでると思う(養殖屋さんも頑張って〜)。それ以前に、食べたい衝動は抑えられないの〜。

問題は焼加減?
鮎なんかも、遠火の強火とか言って、囲炉裏の火で焼くことを言うんだろうけど、家の魚焼グリルって、その逆をいってるよね。
しかもうちのは火力がムラになってて調子悪いんだってば〜。

包丁でうろこはとらずに、ぬめりだけ落としてから(塩で洗うだけでもいいんだろうけど)糞を出して洗い、一応口から踊り串(?)も刺す。木の串しかないけど。
全体にお塩と、ひれにたっぷり化粧塩も忘れない。これだけはしないと。

蓼の葉もないしさ、蓼酢のかわりに胡瓜すりおろして絞ったものに、だし汁とお酢を1:1ぐらい入れたもので済ませた。
でも、この胡瓜酢につけると、ちょっと天然風なあの匂い???

内臓のちょっとした苦み、子供は嫌いよね? 私にはたまんないの!
脂身もあるけど、目が真っ黒、ヌルヌルで、身のしっかりした新鮮な鮎は臭くないよ。実は2尾も食べてしまった!美味しかった。

後の残りを保存食にしなきゃ。。。またのお楽しみ。


●高野豆腐のはさみ煮とオクラ

060703_2

田舎風なベーシックな和食をイメージして、冷めても美味しい高野豆腐の煮物。

高野豆腐3枚をお湯で戻しよく押し洗いして絞る。
今日は具を控えめにしてるけど、鶏挽肉100g、刻んだ椎茸(生があればなお良)と人参を大1.5ぐらいと、刻み葱大1、酒と片栗粉大1/2、すりおろし生姜と醤油、塩を各少々あわせて良く練り、6等分。

戻した高野豆腐を半分に切って、その長辺一辺を切らないように切り込みを入れて、開いたところに薄く片栗粉を塗ってから具を詰める。

煮汁はだし汁500cc位、酒とみりん大2、砂糖と薄口醤油大1、塩少々で煮立ててから高野豆腐を入れる。落としぶたをして8分ぐらいかな。
下茹でしたオクラを入れて、さらに2分煮ればできあがり。
煮汁もたっぷり器に注いで盛りつける。・・・ちょっと器が小さかったみたい。


●茄子とえのきの梅肉和え

060703_3

たびたび登場。
皮を剥き、細長く切り水にさらしアクをぬいた茄子2本をレンジで3分ぐらい。
半分に切り、さっと湯に通したえのき大1/2パック分。
たたいた美味しい梅肉好みの量で和えて、胡麻油と梅の味次第だけど砂糖少々。
薄味の梅ならお塩も少々かな? 今日は大葉も刻んで入れたよ。


●セロリのわさび漬け和え

060703_4

鮎なんかで日本酒をいただく時にほしくなる「わさび漬け」。
お料理ブログではあまり見かけないので、皆さん食べないのよね?

セロリ1本塩を入れた湯でさっと茹でて冷まし、水気をペーパーでよく切ってからわさび漬けとあえるだけ。

この辛さと茹でて甘いセロリが美味しいんだけどな〜。


●赤米入ご飯 豆腐となめこの赤出し

060703_5

いつも食べている雑穀米には黒米が入っていて赤くなるんだけど、今日は初めての赤米入ご飯。

赤米はビタミンB2、鉄分が多くて、身体が温まり内臓が強くなるらしい。
視力回復作用もあるとか。
それに赤米の色素のタンニンが血管の老化を防ぐ効果があるみたいだよ。

夏は冷たいものばかり食べるから、こういうのいいよね。
目も酷使してる毎日だし。

1合に大さじ1杯強だから、味も匂いもそんなにしないけど、玄米みたいな食感が残って美味しかった。


★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。


| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

オット初体験の餃子作りとあっさり中華

060702image

<本日の献立>
野菜がまあまあいっぱいの手づくり餃子
(オットはプチトマト、私はキムチ添え)
花咲きイカとセロリの炒め物
3色ミックスナムル(もやし、人参、ピーマン)
にら玉スープ
コーンご飯
ハーゲンダッツアイスクリーム

今日は辛い物が食べたい気分だった。キムチも買ってあるし、何しようか…。
でも調子が今イチのオットの希望は辛くない中華。

え〜〜!そんなのヤダ〜!と心の中で叫んで、
仕方ないのでいつものヘルシー&あっさり中華風だわよ。


●今日は野菜がまあまあいっぱいの手づくり餃子

060702_1

餃子の中にいつも豆板醤をこっそり忍ばせていたのだけど、今日はそれもなし。
そのかわり?に餃子作りを手伝ってもらう。

毎回野菜が多めなうちの餃子だけど、お肉は控えめだから上ミンチと決めている。

今日入っているのは豚挽肉180g、椎茸2枚、にら1/3束、キャベツの葉2枚、ニンニク、葱のみじん切り大1、生姜とにんにくのみじん切り適量、酒に浸した素干し海老みじん切り大2、塩小1/3、胡麻油小2、胡椒。
きのこがなかったな〜。

具を準備して、オットに包み方を教えるも、なんだか手の動きが〜!
「シワつけなきゃいけないの?」と2個ほどひだのないものができてしまったが、6個目ぐらいからまあまあのできになり、本人も満足そう。

味は悪くないが、私がうまく焼けなくて、今日は羽もない。ごめ〜ん。
私は辛いキムチをたっぷり一人で食べて、アレルギーが出そうなオットにはトマト。


●花咲きイカとセロリの炒め物

060702_2

よくやってるセロリとイカのコンビ。
餃子の日は海老やイカ使用というのが私のパターンらしい。
今日は格子に切れ目を入れてボイルしたロールイカを使用。
胡麻油、鶏ガラスープの素、酒、塩胡椒、葱のみじん切り、水溶き片栗粉少々で調味した簡単あっという間の炒め物。


●3色ミックスナムル(もやし、人参、ピーマン)

060702_3

また〜って言われる?日曜恒例のもやしの根切り。
今日は私が餃子の具を準備している間にオットにやってもらったの。
大活躍だね。

入っているのは酢を入れた湯で茹でたもやし、茹でた人参とピーマン
ナムルの味付けは、半ずり白炒りごま、酢、砂糖、塩胡椒、葱のみじん切り、すりおろし生姜、ニンニクもほんのちょっとだけ、醤油少々、胡麻油。


●コーンご飯とにら玉スープ

060702_4

店頭にトウモロコシが並んで美味しそうだよね。もう食べた?
でもこちらは冷凍コーンなの、ごめんなさいよ。
胡麻入の5種の雑穀入ご飯を炊く時に塩と酒を入れて、炊きあがったら胡麻油少々と解凍したコーン、塩胡椒で混ぜただけのご飯。
暑いと強火でチャーハンを作ったりするのが面倒でね〜。

私はキムチを食べたせいか、アイスクリームが欲しくて夜中に買いに行ってしまった。今日のあっさりが全部取り消しだ〜!


★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックお願いします。

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

食欲増進!夏の野菜のふりかけ『やたら』

060701image_1

<本日の朝食>
目玉焼とロースハム(ハムエッグともいう)
水菜とカニカマの胡麻和え
らっきょの甘酢漬けと梅干し
やたら!
大根と油揚げの味噌汁(葱)
5種の雑穀入ご飯

これからますます暑くなりますね〜。
朝ご飯しっかり食べて、夏バテしないようにしたいもんです。

というわけで、郷土料理になるのかわからないけど、私が子供の時から食べてる、夏の野菜のふりかけ『やたら』のご紹介。


●やたら!

060701_1

なんで『やたら』って言うのか聞いた事ないんだけど、多分「やたらと何でも入れる」の意味じゃないかと・・・、信州の田舎ではそう言ってた。

入っているのは、胡瓜1本、皮を剥いた茄子1本、みょうが1個、大葉2枚、ピーマン1/2〜1個(ししとうでもいいよ)、青唐辛子適量、鰹節たんまり。

全部生よ!刻むだけ!
でも胡瓜は水で流して、茄子は5分ぐらいアクぬき、大葉も水でさっとアクぬき。

お醤油と塩少々だけでもいいし(醤油だけでも)、少し塩をして出た水をきってから麺つゆかけてもいい。ステンレスのボールとかに入れてキンキンに冷やして、野菜に少し味が馴染んだぐらいがベストな食べ頃。

朝作ればいいんだけど、忙しいからさ、いつも夜の洗い物を終えてからトントン刻んで、アクを抜きしたら塩少々をして冷蔵庫で冷やしておくの。
朝起きて出た水分を少しだけきってから、鰹節を入れて、私はたいてい麺つゆかけて、冷凍庫でさらにちょいと冷やす(忘れないで〜〜!)

これをご飯にかけて食べれば、食欲不振とか飲み過ぎとか忘れちゃうよ。

青唐辛子は好みの量、特に細かく刻んでいれるんだけど、このちょっとピリッが、また食欲出るの!

いっつも食べるから、青唐辛子は半分に切って冷凍してる。
辛いのダメな人はししとうかピーマンだけでもあった方が美味しいと思うんだ。

家で作ってたししとうには、たまに辛〜いのがあって、子供の時もそれにあたると、「アタッタ〜〜!!」って朝からゴクゴク水飲んだっけ。
でもまた食べちゃうの。

これね、納豆と混ぜてもいいし、素麺の薬味にもしてて、これをたっぷり入れた器に麺つゆ入れて、素麺をつけて食べるんだ!
そのうち晩ご飯にも登場するよ。

あとは目玉焼きでもあれば(卵焼きは私的にはちょっと面倒)、忙しい朝もモリモリご飯!!

★料理ブログに参加してます。応援してくださる方は、

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックしてね!

NinkiBlogbanner03←こちらも、続ける励みになります。

| | コメント (16) | トラックバック (3)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »